« 「赤穂浪士 天の巻・地の巻」:千恵蔵と歌右衛門の名場面    #赤穂浪士 #忠臣蔵 #市川歌右衛門 #片岡千恵蔵 #新藤兼人 #東映 | トップページ | 「ジョン・コルトレーン チェイシング・トレーン」:人となりが見えて来ない    #ジョンコルトレーン #チェイシングトレーン #映画ジョンコルトレーン »

2021年12月12日 (日)

「ディア・エヴァン・ハンセン」:スッキリしません    #ディアエヴァンハンセン #ミュージカル映画 

1_20211212232801 『ディア・エヴァン・ハンセン』は、トニー賞6部門受賞のブロードウェイ・ミュージカルの映画化。ブロードウェイで初めてSNSを題材にした作品でもあるそうです。

それにしても、随分とモヤモヤしたミュージカルです。悩み多きハイスクール生が主人公だからってことがありますけど、それにしてもカラッと晴れることのない、うじうじといろいろ考え過ぎなミュージカルになっちゃってます。やれやれ。

リアルな世界の中で、台詞の延長として歌に入っていくので、逆に不自然さが際立ちます。アンリアルに振り切っちゃうからミュージカルの表現が成り立つのであって、リアルだと「え?何で歌うの??」ってなっちゃうんです。てか、これ歌わす意味があるのでしょうか?

でも全編この調子で歌なしだったら、暗すぎて誰も観たくないような作品になってしまいますよね。だからこれでいいってことなのかなあ? うーん、どうもそのへんがクリアになりませんね。ラストのスッキリしなさ加減なんて、アメリカのミュージカル映画とも思えぬものでありました(教訓はありますけど)。

見どころはジュリアン・ムーアとエイミー・アダムスによる母親対決(?)。どっちも「さすが」な芝居を見せておりますが、二人の顔合わせの場面はあたかも『キングコング対ゴジラ』というか、『サンダ対ガイラ』というか、「片岡千恵蔵対市川歌右衛門」(昨日の投稿参照)というか、コワイような迫力を発散させているのでありました。

|

« 「赤穂浪士 天の巻・地の巻」:千恵蔵と歌右衛門の名場面    #赤穂浪士 #忠臣蔵 #市川歌右衛門 #片岡千恵蔵 #新藤兼人 #東映 | トップページ | 「ジョン・コルトレーン チェイシング・トレーン」:人となりが見えて来ない    #ジョンコルトレーン #チェイシングトレーン #映画ジョンコルトレーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「赤穂浪士 天の巻・地の巻」:千恵蔵と歌右衛門の名場面    #赤穂浪士 #忠臣蔵 #市川歌右衛門 #片岡千恵蔵 #新藤兼人 #東映 | トップページ | 「ジョン・コルトレーン チェイシング・トレーン」:人となりが見えて来ない    #ジョンコルトレーン #チェイシングトレーン #映画ジョンコルトレーン »