« 「ハウス・オブ・グッチ」:重厚で濃密なドラマ    #ハウスオブグッチ #リドリースコット #レディーガガ #アルパチーノ | トップページ | 「エッシャー通りの赤いポスト」:役者の顔って大事ですね    #エッシャー通りの赤いポスト #園子温  »

2022年1月18日 (火)

「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」:あっと驚く仕掛けに感動    #スパイダーマン #ノーウェイホーム #トムホランド

2_20220118220401 映画『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』は、ジョン・ワッツ監督×トム・ホランド版第3作にして、たぶん完結編のはず。2時間28分おなかいっぱいの上質なエンタテインメントです。前作『ファー・フロム・ホーム』が傑作だったのですが、本作もかなり良い出来となっております。

今回はドクター・ストレンジが序盤と終盤にかなり出て来るのですが、それ以上に注目すべきは過去の『スパイダーマン』シリーズに出て来たヴィランたちがごっそり出演する顔見世興行になっていること。そしてそれ以上に・・・

(ここから先はネタバレありありなので、できれば鑑賞後にお読みください) …これまでのサム・ライミ監督版(2002-07年)とマーク・ウェブ監督版(2012-14年)のスパイダーマン2人が登場するのです。そんなこと知らなかったので、あっと驚きましたよ。アンドリュー・ガーフィールドはまだしも、トビー・マグワイヤは(スパイダーマンを演じてた時からいい年だったので)さすがに老けましたね。そしてトム・ホランドを交えた3人スパイダーマンの掛け合いの楽しいこと。『三人吉三』ですか?!  アンドリュー・ガーフィールドなんか、トビーから何度も“amazing”っていじられてましたし。 3人の共闘は、グッと来るものがありました。MJを救ったアンドリューが(救えなかったグウェンのことを思い出して)泣きそうになる場面なんか、こちらも感極まってしまいます。

そして、やるせないラストのほろ苦い味わいなんかも、上等です。スパイダーマンの映画は、どれもこれも質の高い娯楽作として大好きです。大江戸としては、『バットマン』や『アベンジャーズ』シリーズよりもずっと好きです(まあスパイダーマンはアベンジャーズの一員でもあるのですが…)。

本作は、ピーター・パーカーとMJやネッドとのやり取りなど、コメディとしても青春映画としても上出来。もちろんVFXも最高レベル。美点が多いですよね。あ、そうそう、グリーン・ゴブリンのウィレム・デフォーが40年近くの時を越えて、ほぼレイブン(『ストリート・オブ・ファイアー』)になっておりました(笑)。

|

« 「ハウス・オブ・グッチ」:重厚で濃密なドラマ    #ハウスオブグッチ #リドリースコット #レディーガガ #アルパチーノ | トップページ | 「エッシャー通りの赤いポスト」:役者の顔って大事ですね    #エッシャー通りの赤いポスト #園子温  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ハウス・オブ・グッチ」:重厚で濃密なドラマ    #ハウスオブグッチ #リドリースコット #レディーガガ #アルパチーノ | トップページ | 「エッシャー通りの赤いポスト」:役者の顔って大事ですね    #エッシャー通りの赤いポスト #園子温  »