« 展覧会「戦後デザイン運動の原点 デザインコミッティーの人々とその軌跡」    #戦後デザイン運動の原点 #デザインコミッティーの人々とその軌跡 #デザインコミッティー #川崎市岡本太郎美術館 #松屋 | トップページ | 「悪なき殺人:偶然に頼り過ぎでは?    #悪なき殺人 #ミステリー映画  »

2022年1月10日 (月)

「マトリックス レザレクションズ」:面白くないなー    #マトリックス #マトリックスレザレクションズ #変な日本

1_20220110224401 映画『マトリックス レザレクションズ』は、シリーズ第3作以来18年ぶりの第4作。ってわけで、キアヌ・リーヴスもキャリー=アン・モスもそれ相応に年取ってます。まあ、その間に監督も「兄弟」から「姉妹」になって、本作はそのうちの一人だけ(ラナ・ウォシャウスキー)が監督しておりますが…。

もともとこのシリーズを面白いと思うことはありませんでしたし、第1作からしてよくわからん話が、回を追うごとに複雑化して行って、もう面倒くさいんで勝手に目の前を流していたって感じでした。毎回、どんな話だったのかよくわかっておりませんでした。

それは本作も同じ。何のことやらよくわからず、それ以上に強力な催眠効果があり、ずーっと眠くてたまりませんでした。その上、マトリックスをゲームとしている世界がセルフ・パロディー的に描かれて、笑えもしないし、脱力してしまうような違和感しかありません。

これまでの3作(特に1作目)のような印象的ビジュアルの発明もなく、延々と既視感のあるアクションが続くだけ。いやー、まったく面白さを感じられなくて、まいりました。退屈しました。キアヌもすっかり脂が抜けちゃって…。

謎の「東京」を走る謎の電車も、久々に見た「ハリウッドが描く変な日本」でありました。

|

« 展覧会「戦後デザイン運動の原点 デザインコミッティーの人々とその軌跡」    #戦後デザイン運動の原点 #デザインコミッティーの人々とその軌跡 #デザインコミッティー #川崎市岡本太郎美術館 #松屋 | トップページ | 「悪なき殺人:偶然に頼り過ぎでは?    #悪なき殺人 #ミステリー映画  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 展覧会「戦後デザイン運動の原点 デザインコミッティーの人々とその軌跡」    #戦後デザイン運動の原点 #デザインコミッティーの人々とその軌跡 #デザインコミッティー #川崎市岡本太郎美術館 #松屋 | トップページ | 「悪なき殺人:偶然に頼り過ぎでは?    #悪なき殺人 #ミステリー映画  »