« 柳月の「酪農みるくバターケーキ」    #酪農みるくバターケーキ #柳月 #バタークリームケーキ | トップページ | 展覧会「戦後デザイン運動の原点 デザインコミッティーの人々とその軌跡」    #戦後デザイン運動の原点 #デザインコミッティーの人々とその軌跡 #デザインコミッティー #川崎市岡本太郎美術館 #松屋 »

2022年1月 8日 (土)

「ジャネット」「ジャンヌ」:珍妙/良質な2部作    #ジャネット #ジャンヌ #映画ジャネットとジャンヌ #ジャンヌダルク

1_20220108232101 映画『ジャネット』と『ジャンヌ』は、ジャンヌ・ダルクの幼年期と従軍後の異端審問を描いた2部作。2017年と2019年の作品となっており、1時間52分と2時間18分。まあ、2時間前後の作品の2本立てだから普通なんですけど、4時間10分の作品を前後編に分けて上映していると考えると、なかなかの大作ですね。

しかも2作とも(驚くことに)ミュージカルなのです。しかもヘヴィーメタルとかプログレとかの方面。『ジャネット』ではやたらとヘッドバンギングの踊りが出て来ます。踊りはすべてにわたって、ゆるゆるで適当。なんか「コントですか、これ?」って感じなのです。普通に失笑してしまうようなヘンテコさが続くのです。

ジャンヌ・ダルクを演じるリーズ・ルプラ・プリュドムは、『ジャネット』の撮影時に8歳、『ジャンヌ』の撮影時に10歳だったそうですが、『ジャネット』の後半には別の女優さんが15歳のジャンヌを演じていたりもします。なので2本連続して観ると、ジャンヌが大人っぽくなったのにまた子供に戻っていて、かなり面食らいます。

1-1_20220109000101 2作のトーンは結構違います。『ジャネット』は、えらく珍妙。ミュージカル比率も高く、珍作と呼ぶのがふさわしい微妙な出来。ちょっと退屈もします。 一方の『ジャンヌ』は、結構シリアスに異端審問を描いていたりして、会話劇の割合が高いものですから、ぐいぐい引き込まれます。こっちはほとんど普通に「良い映画」です。面白いです。ただ審問中、忘れていた頃にいきなりミュージカル場面が始まって、唖然としてしまいましたけど…。そして、審問の場となるのが歴史の古そうな本物の壮麗な教会。やっぱり「場の力」「本物の力」ってものが出ています。

宗教的な考察は大江戸にはできませんが、トリッキーな形を取ることによって、むしろ本質への問いかけをしっかりと行っているのではないでしょうか? また、今日的なジェンダー論の側面も出てきてますし。  『ジャンヌ』だけ観てもいいかも、なんて思ってしまいました。

 

 

|

« 柳月の「酪農みるくバターケーキ」    #酪農みるくバターケーキ #柳月 #バタークリームケーキ | トップページ | 展覧会「戦後デザイン運動の原点 デザインコミッティーの人々とその軌跡」    #戦後デザイン運動の原点 #デザインコミッティーの人々とその軌跡 #デザインコミッティー #川崎市岡本太郎美術館 #松屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柳月の「酪農みるくバターケーキ」    #酪農みるくバターケーキ #柳月 #バタークリームケーキ | トップページ | 展覧会「戦後デザイン運動の原点 デザインコミッティーの人々とその軌跡」    #戦後デザイン運動の原点 #デザインコミッティーの人々とその軌跡 #デザインコミッティー #川崎市岡本太郎美術館 #松屋 »