« 羽根木公園の梅園に、菅原道真公が降臨    #羽根木公園梅園 #菅原道真 #飛梅 | トップページ | 宮崎祐治 調布映画地図展    #宮崎祐治 #調布映画地図展 #映画イラストレーター »

2022年2月11日 (金)

「ノイズ」:終始もやもや    #ノイズ #映画ノイズ #廣木隆一

1_20220211221701 映画『ノイズ』は、マンガが原作のサスペンス・ミステリー。で、観てる間は気づかなかったのですが、そうかこれ『デスノート』の藤原竜也/松山ケンイチっていう主演コンビなのですね(だったら黒木華の役も戸田恵梨香で良かったのでは?)。

監督は廣木隆一。あれだけ色々作ってる人なのに、このジャンルは初めてなんですってね。悪い出来ではありませんよ。でも終始もやもやする話ですし、終盤なんかも無理にひねり過ぎなんじゃないかなあ。「スッキリしない感」たっぷりです。 そもそもが序盤の事件に対する初期対応があまりにも「ありえない」感じ。そうしないとお話にならないのはわかりますが、でも説得力ないと思うんですよねー。

役者たちはいいんですよ。藤原竜也もいつもみたいに(物真似ネタになるような)過剰芝居はしてないし、松山ケンイチの言葉少なでダウナーな感じも悪くありません。神木隆之介は今度もまたいい味出してますし、永瀬正敏はさすがの存在感です。

中頃まではなかなか良いテンポで進行していくのですが、後半はゆっくりたっぷり語ったりして、ダメでした。面白い展開の物語として引っ張るタイプの作品なんだから、切々と心情を訴えられてもねえ…。2時間8分ありますけど、1時間50分ぐらいにした方が絶対締まって良くなったろうと思います。 エンディングも含めて、ずーっともやもやでした。

 

                                                                      

|

« 羽根木公園の梅園に、菅原道真公が降臨    #羽根木公園梅園 #菅原道真 #飛梅 | トップページ | 宮崎祐治 調布映画地図展    #宮崎祐治 #調布映画地図展 #映画イラストレーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 羽根木公園の梅園に、菅原道真公が降臨    #羽根木公園梅園 #菅原道真 #飛梅 | トップページ | 宮崎祐治 調布映画地図展    #宮崎祐治 #調布映画地図展 #映画イラストレーター »