« たべっ子どうぶつと久々の対面    #たべっ子どうぶつ #ギンビス  | トップページ | 「猫は逃げた」:こちらもメッチャ面白い    #猫は逃げた #愛なのに #今泉力哉 #城定秀夫 »

2022年3月19日 (土)

「ウェディング・ハイ」:目の付け所は良かったが…    #ウェディングハイ #結婚式映画 #大九明子 #バカリズム 

1_20220319230501 映画『ウェディング・ハイ』は、その名の通り結婚式をめぐる映画。お葬式の映画って、伊丹十三監督の『お葬式』をはじめいろいろありますけど、結婚式の映画ってありそうでなかったですよね。良い目の付け所です。

予告編では篠原涼子主演作って感じでしたが、実際には群像劇。篠原は思ったよりも中心ではなく、他の人たちも一人一人結構な比重で描かれています。ウェディング・プランナーのお仕事映画っていう目の付け所もいいんですけど、だったらもう少ししっかりと描いてほしかったですねえ。「お仕事映画」好きの大江戸としては、ちと物足りなく感じました。いや、そこを深堀して行った方が、もっと面白いものに仕上がったと思うんですよねー。

役者たちは「豪華オールスター」とまでは行かないんですけど、適材適所で納得のキャスティングができています。 監督の大九明子も、もともと娯楽職人寄りの個性なので、達者にこなしておりました。

(以降少々ネタバレあり) ただ、脚本のバカリズムが、終盤に随分なお下品ネタで引っ張っちゃいましたからねー。あれは失敗ではないかなあ。正直引きました。

一番の心残りは、高橋克実演じる部長さんの渾身の大受けスピーチ全編を聞けなかったこと。「23分かかってた」みたいな台詞があったので、それをDVDの特典につけたらみんな買うかもですね(そもそもバカリズムが、そのスピーチ全文を書いていればの話ですが)。

 

 

 

|

« たべっ子どうぶつと久々の対面    #たべっ子どうぶつ #ギンビス  | トップページ | 「猫は逃げた」:こちらもメッチャ面白い    #猫は逃げた #愛なのに #今泉力哉 #城定秀夫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たべっ子どうぶつと久々の対面    #たべっ子どうぶつ #ギンビス  | トップページ | 「猫は逃げた」:こちらもメッチャ面白い    #猫は逃げた #愛なのに #今泉力哉 #城定秀夫 »