« 「ウェディング・ハイ」:目の付け所は良かったが…    #ウェディングハイ #結婚式映画 #大九明子 #バカリズム  | トップページ | 「たぶん悪魔が」:顔が少女マンガの人の苦悩    #たぶん悪魔が #ロベールブレッソン #アントワーヌモニエ »

2022年3月20日 (日)

「猫は逃げた」:こちらもメッチャ面白い    #猫は逃げた #愛なのに #今泉力哉 #城定秀夫

1-1_20220320234101映画『猫は逃げた』は、今泉力哉×城定秀夫のL/R15プロジェクト第1弾(のはず)2作のうちの1本。今泉脚本×城定監督の『愛なのに』がメッチャ面白かったのですが、城定脚本(実は今泉もクレジットされています)×今泉監督の本作も、ほとんど同じぐらい面白かったです。でも、こちらの主要登場人物は4人、『愛なのに』は5人、ってことで、その一人分(?)『愛なのに』の方が勝ったかもです。あ、ベッドシーンの描写も、『愛なのに』の方が勝ってましたね。

(『愛なのに』のレビューはこちら ↓ )

「愛なのに」:愛のコメディ    #愛なのに #今泉力哉 #城定秀夫 #瀬戸康史: 大江戸時夫の東京温度 (cocolog-nifty.com)

両作とも会話劇の面白さを堪能できます。とにかく脚本がよく出来ているのです。ダイアローグのセンスも良いですね。こういう洗練された艶笑コメディーがようやく日本映画にも現れて来たってのは、素敵なことです。

『街の上で』の終盤の登場人物鉢合わせシーンでメチャメチャ笑わせてくれた今泉力哉ですが、本作のクライマックスとも言える4人横並びのフィックス長回しカットでは、何度もマスク越しに声出して笑っちゃいました。台詞も芝居も圧巻でした。天才だな、これ。

昨年末以降、濱口竜介の『偶然と想像』にこの2作(『愛なのに』『猫は逃げた』)を加えて、素晴らしく巧緻なオリジナル脚本の傑作が続いているわけです。うれしいですね。こういう流れが、もっとメジャー作品にまで広がって行かないかなあ。

 

|

« 「ウェディング・ハイ」:目の付け所は良かったが…    #ウェディングハイ #結婚式映画 #大九明子 #バカリズム  | トップページ | 「たぶん悪魔が」:顔が少女マンガの人の苦悩    #たぶん悪魔が #ロベールブレッソン #アントワーヌモニエ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ウェディング・ハイ」:目の付け所は良かったが…    #ウェディングハイ #結婚式映画 #大九明子 #バカリズム  | トップページ | 「たぶん悪魔が」:顔が少女マンガの人の苦悩    #たぶん悪魔が #ロベールブレッソン #アントワーヌモニエ »