« ベルマーレ、セレッソに苦杯    #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南対セレッソ #スタジアムビール | トップページ | 「ワン・セカンド 永遠の24フレーム」:映画フィルムへの鎮魂歌    #ワンセカンド永遠の24フレーム #ワンセカンド #チャンイーモウ #リウハオツン #映画フィルム  »

2022年5月30日 (月)

「メイド・イン・バングラデシュ」:岩波ホールのラス前作品    #メイドインバングラデシュ #岩波ホール #三木谷さん前澤さん岩波ホールを支援して

Dsc_0677_copy_600x852 映画『メイド・イン・バングラデシュ』は、岩波ホールのラストから2本目(ラス前)の上映作。大江戸は特にこの劇場への深い思い入れはないのですが、そうは言っても長いことお世話になりました。最後までネット指定ではなく、自由定員制でしたねえ。上映作のチラシをずらりと貼った壁面も相変わらず。予告編の前に「7月29日で閉館」云々という告知が映し出されました。

三木谷さんとか前澤さんみたいな大金持ちがちょっと支援してくれれば、簡単に継続できるであろうに。大した額じゃないんだから。(あんな無駄遣いやこんな道楽をするぐらいだったら)こういう「文化」を支援することで名を残す方がいいと思うんですけどねえ。

さて、映画の方は「発展途上国のパワー」を感じさせるものでした。カオスとエネルギー。描かれてる世界も映画自体も「荒い」んですけど、ストレートな剛力を感じさせます。男権主義の世界の中の「女工哀史」みたいな話。でも女性の権利拡大へのメッセージ性と、搾取への対抗策としての「組合」というストレートさ。それを女性監督(ルバイヤット・ホセイン)がゴリゴリと描きます。

Dsc_0678_copy_789x600 あの有名な「縫製工場の建物崩落事故」が、冒頭の火事(煙だけで処理)に置き換わっています。まあ、これは予算の問題でしょうね。そこから、この国の抱えるいろんな問題が取り上げらていくわけですが、やはり一番比重の大きいのは「男からの(時として女からも)女性への抑圧と、女性の権利拡大への闘争」でしょう。映画として上等な語り口で語ってはおりませんが、粗削りにぶっつけて来ます。

衝撃だったのは、工場でのランチタイムにタッパーウェアに入れた弁当を「匂う。最悪…」とか何とか言いながら、食べちゃうこと。タフな胃腸をお持ちなんでしょうねえ。映画は世界のいろんな事を教えてくれます。 ←あ、これって岩波ホールらしいですね。

|

« ベルマーレ、セレッソに苦杯    #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南対セレッソ #スタジアムビール | トップページ | 「ワン・セカンド 永遠の24フレーム」:映画フィルムへの鎮魂歌    #ワンセカンド永遠の24フレーム #ワンセカンド #チャンイーモウ #リウハオツン #映画フィルム  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベルマーレ、セレッソに苦杯    #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南対セレッソ #スタジアムビール | トップページ | 「ワン・セカンド 永遠の24フレーム」:映画フィルムへの鎮魂歌    #ワンセカンド永遠の24フレーム #ワンセカンド #チャンイーモウ #リウハオツン #映画フィルム  »