« 「百貨店展」@高島屋資料館    #百貨店展 #高島屋資料館 #夢と憧れの建築史 #白木屋 #心斎橋大丸 #浅草松屋 #東京暗黒街竹の家  | トップページ | 「石子と羽男」「拾われた男」などドラマのこと    #石子と羽男 #拾われた男 #有村架純 #松尾諭 #北香那 #夏ドラマ »

2022年9月15日 (木)

「彼女の思い出/逆さまの森」J.D.サリンジャー    #逆さまの森 #サリンジャー #倒錯の森 #彼女の思い出逆さまの森

Dsc_1123_copy_600x823 この7月25日発行の『彼女の思い出/逆さまの森』(J.D.サリンジャー 金原瑞人訳/新潮社)を読了。1941~48年にかけて、サリンジャーが『Good Housekeeping』や『Cosmopolitan』などの雑誌に発表した作品を集めた短編集。アメリカ本国では、ずーっと出版されていないのに、なぜか日本では出版しているという謎の短編集です。ちょうど9篇を収録しているってことで、帯にも「9つの物語 ナイン・ストーリーズ」って書いてあります。

これ、昔は『倒錯の森』というタイトルでした。荒地出版社版(刈田元司・渥美昭夫訳)を大江戸も持ってます。“The Inverted Forest”が原題ですが、確かに「倒錯」だと言葉が強過ぎるので、今回のタイトルの方が妥当に思えます。

ごく短い作品から、109ページの中編『逆さまの森』まであります。サリンジャーらしい都会派センスは共通していますが、その一方で粗削りな部分も多いと言えるかも知れません。やはりサリンジャーが出版を許可した作品の方が洗練されていて、完成度が高いのです。でも、どの作品も面白い。やっぱりサリンジャーって、(自分でも言っているように)短編作家なのですね、基本的に。実際、長編は『キャッチャー・イン・ザ・ライ』しか書いていませんし。その中にいろんな技巧(時にはトリック)を使ったりしているのです。

やはり白眉は『逆さまの森』。この展開と結末には唸ってしまいますね。人間って、そして人間を描く小説って、不思議で面白いものですねえ。小説って、すごいものですねえ。←淀川さんか?

結局、この(幻の)短編集のサリンジャーも、えらく魅力的なのでありました。

 

|

« 「百貨店展」@高島屋資料館    #百貨店展 #高島屋資料館 #夢と憧れの建築史 #白木屋 #心斎橋大丸 #浅草松屋 #東京暗黒街竹の家  | トップページ | 「石子と羽男」「拾われた男」などドラマのこと    #石子と羽男 #拾われた男 #有村架純 #松尾諭 #北香那 #夏ドラマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「百貨店展」@高島屋資料館    #百貨店展 #高島屋資料館 #夢と憧れの建築史 #白木屋 #心斎橋大丸 #浅草松屋 #東京暗黒街竹の家  | トップページ | 「石子と羽男」「拾われた男」などドラマのこと    #石子と羽男 #拾われた男 #有村架純 #松尾諭 #北香那 #夏ドラマ »