« 「#マンホール」:心理的ジェットコースター    #マンホール #ハッシュタグマンホール #熊切和嘉 #中島裕翔 | トップページ | 「レジェンド&バタフライ」:東映70周年記念失敗作    #レジェンドアンドバタフライ #レジェバタ #織田信長と濃姫 #木村拓哉 #東映70周年 »

2023年2月12日 (日)

「仕掛人・藤枝梅安」:闇の映像美と時代劇の香気    #仕掛人藤枝梅安 #河毛俊作 #豊川悦司 

1_20230212124201 映画『仕掛人・藤枝梅安』は、最初から2部作の前編として作られたもの。豊川悦司の梅安です。

正統派のきちんとした時代劇でした。それ相応の予算をかけてきっちり作れば、このレベルになるというお手本。時代劇の「香気」のようなものが感じられます。演出はフジテレビのベテラン・ディレクター、河毛俊作(70歳)。演出が出しゃばらず、上質な良い仕事だと思います。

豊川悦司の梅安は、体躯がでかい。そこがいいのです。片岡愛之助とのコンビネーションも、剛と柔で文句なし。悲しさも色気もあります。本作のタイトルロールとして、堂々とこの世界を引っ張っていました。

とにかく撮影が素晴らしいのです。撮影は南野保彦。TVドラマを中心に活躍している人のようですが、この闇の深さだとか味わい、そして光と影の美しさ。大したものです。美術や衣装を含め、その他の時代劇スタッフも素晴らしいですし、川井憲次による音楽もこの作品世界に実にマッチしておりました。

粥とか鍋物とか、数度登場する料理がどれもこれも素朴においしそう! ここらはやっぱり池波正太郎の世界を大事にしているって感じで、良かったです。

「2」は4月7日公開。楽しみですね。

|

« 「#マンホール」:心理的ジェットコースター    #マンホール #ハッシュタグマンホール #熊切和嘉 #中島裕翔 | トップページ | 「レジェンド&バタフライ」:東映70周年記念失敗作    #レジェンドアンドバタフライ #レジェバタ #織田信長と濃姫 #木村拓哉 #東映70周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「#マンホール」:心理的ジェットコースター    #マンホール #ハッシュタグマンホール #熊切和嘉 #中島裕翔 | トップページ | 「レジェンド&バタフライ」:東映70周年記念失敗作    #レジェンドアンドバタフライ #レジェバタ #織田信長と濃姫 #木村拓哉 #東映70周年 »