« 展覧会『東京彼女』@東京ッドタウン日比谷    #東京彼女 #江口寿史 #東京ミッドタウン日比谷 #芦川いづみ | トップページ | 「トリとロキタ」:いつものように辛く苦しい    #トリとロキタ #ダルデンヌ兄弟  »

2023年4月22日 (土)

「ザ・ホエール」:ブレンダン・フレイザーが凄い    #ザホエール #ダーレンアロノフスキー #ブレンダンフレイザー     

1_20230422223101
映画『ザ・ホエール』は、ブレンダン・フレイザーが特殊メイクで体重272㎏の男を演じてアカデミー主演男優賞に輝いた作品。観ていてやけに舞台劇風だなあと思ったら、やっぱり舞台劇が原作なのでした。スタンダードサイズの画面も、オーセンティックな小品といった味を醸し出しています。

とにもかくにもブレンダン・フレイザーです。アカデミー賞にも納得。特殊メイクの力を大いに借りているとはいえ、それ以上に鬼気迫るほどの名園です。とにかくその巨体、その動き、その表情から目が離せないのです。顔やTシャツの汗とかを含めて、(スタッフともども)芸が細かいのです。特殊メイクの自然さ、リアルさも、見事でした。

一方、娘のにくったらしさが「悪魔的だあー」(©藤原竜也)って感じ。サマンサ・モートン(老けた!)演じる母親が言う通り“evil”なのです。かなりムカつきながら観ておりました。主人公、親バカですねえ。

ダーレン・アロノフスキー監督の演出は立派なのですが、後半ちょっと長過ぎる感じ。舞台劇的に場面が変わらないのに、たっぷり撮り過ぎていて、少し退屈したところもありました。あと、メルヴィル『白鯨』(Moby Dick)の絡ませ方も、成功しているとは思えませんでした。

それにしても、マツコ・デラックスさん、お体の方は大丈夫かなあ…と心配になってしまいました。

 

 

|

« 展覧会『東京彼女』@東京ッドタウン日比谷    #東京彼女 #江口寿史 #東京ミッドタウン日比谷 #芦川いづみ | トップページ | 「トリとロキタ」:いつものように辛く苦しい    #トリとロキタ #ダルデンヌ兄弟  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 展覧会『東京彼女』@東京ッドタウン日比谷    #東京彼女 #江口寿史 #東京ミッドタウン日比谷 #芦川いづみ | トップページ | 「トリとロキタ」:いつものように辛く苦しい    #トリとロキタ #ダルデンヌ兄弟  »