« 「探偵マリコの生涯で一番悲惨な日」:笑うに笑えない    #探偵マリコの生涯で一番悲惨な日 #片山慎三 #内田栄治 #歌舞伎町映画 | トップページ | 「遺灰は語る」:うーん…こういう映画もある    #遺灰は語る #パオロタヴィアーニ #タヴィアーニ兄弟      »

2023年7月14日 (金)

なでしこジャパン、壮行試合に完勝    #サッカー女子日本代表 #なでしこジャパン #日本対パナマ #女子サッカーワールドカップ #北村菜々美

仙台で行われたサッカー女子日本代表のW杯壮行試合、日本対パナマをTV観戦。直近のFIFAランキングでは日本が11位、パナマが52位。その差がきっちり出た5-0の勝利となりました。まあ、本番前に景気づけができて良かったです。

清水の1点目が決まったのが33分とけっこう手こずりましたが、終始圧倒的に日本のペースのワンサイド・ゲーム。もっと点が取れたよなあって感じでもありました。収穫もいくつもあったし。

例えば、3バックの右で先発した浦和の石川璃音が特に問題なく使えたこと(でも、ピンチらしいピンチのない試合だったのは割引かないといけませんが)。藤野あおばが代表初得点を決めて、本番に弾みをつけたこと。エース長谷川唯がやっぱりうまかったこと=あの日本2点目のシュートのうまさ! などなど。

1点目:清水、2点目:長谷川、3点目:藤野、4点目:長谷川 とベレーザ出身(藤野は在籍中)の選手ばかりが得点していて、後半から出場の植木理子が「何としても自分で決める!」って感じで強引なシュートを打ちまくっていましたが、決めることはできず。結局、浦和の南萌香が5点目となりました。

まあ、相手が弱すぎたわけですが、長谷川唯、長野風花のダブルボランチは澤&宮間を(少なくとも技術では)上回り、史上最強でしょうね。ワールドカップに期待が持てます。それはいいのですが、マスコミが例によって「優勝をめざす」的な事ばかりいうのがイヤですね。何の根拠もなく、強がりと勢いだけで言ってるんだもん、女子の試合をほとんど見てないだろうに。今の実力と世界の強豪の情勢を見れば、まずはベスト8に残ること。準決勝に残れたら大成功とわかるはずなんですけどね。ただ、選手たちが高めの目標として「優勝」と言うのはかまいませんけど。

何にしても、ようやく昨日NHKが放映権を獲得して、日本のワールドカップ全試合が地上波およびBS-1で見られるようになったのは、喜ばしいことです。世界で一番最後まで引っ張ってようやく決まったのですから、理不尽に強気だったFIFAもある程度は折れたのでしょう。あとは開幕を待つのみ。ただ今回の代表23人は割と順当な選考でしたし、岩淵が落ちたのもここ1年のパフォーマンスを見れば納得できるものです。でも小生のごひいきの北村菜々美さんが入らなかったことはやはり残念で、事あるごとに胸が少しだけ痛むのです。パワフルに走りまくって、激しくプレスをかけて奪い取るプレイを求める池田監督ですから、なかなか北村は難しいのです。彼女とポジションの重なる左ウイングバックで選ばれたのは、遠藤純と清家貴子=ガタイが良くてパワフルで得点力がある。まあ、しょうがないですね。でも4年後には成長した北村が、きっとやってくれますよ! 今から2027年が楽しみな大江戸なのでした。

|

« 「探偵マリコの生涯で一番悲惨な日」:笑うに笑えない    #探偵マリコの生涯で一番悲惨な日 #片山慎三 #内田栄治 #歌舞伎町映画 | トップページ | 「遺灰は語る」:うーん…こういう映画もある    #遺灰は語る #パオロタヴィアーニ #タヴィアーニ兄弟      »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「探偵マリコの生涯で一番悲惨な日」:笑うに笑えない    #探偵マリコの生涯で一番悲惨な日 #片山慎三 #内田栄治 #歌舞伎町映画 | トップページ | 「遺灰は語る」:うーん…こういう映画もある    #遺灰は語る #パオロタヴィアーニ #タヴィアーニ兄弟      »