« 「658km、陽子の旅」:何かと辛いロード・ムービー    #658km #陽子の旅 #菊地凛子 #コミュ障 #オダギリジョー | トップページ | 「夢見る校長先生」:自由な勇者たち    #夢見る校長先生 #子どもファースト  »

2023年8月15日 (火)

「しん次元! クレヨンしんちゃん THE MOVIE 超能力大決戦 ~とべとべ手巻き寿司~」:大人も楽しめて感動    #しん次元クレヨンしんちゃん #映画クレヨンしんちゃん #大根仁 

1-1_20230814221301 映画『しん次元! クレヨンしんちゃん THE MOVIE  超能力大決戦 ~とべとべ手巻き寿司~』(なっがいタイトル!)は、初の3DCGアニメーションによるクレしん。脚本・監督は大根仁!  ウソかホントか、製作期間7年だそうです。

で、期待を裏切らない出来でした。面白かった。まあ、3DCGのしんちゃんを観たいわけではないし、あの絵で3DCGという違和感は否めないんですけど、でもアクションや終盤に出て来る怪獣(エヴァの使徒風?)には上手に生かされていました。

今回は(というか今回も)現代社会の問題を、コミュ障の成年への偏見や差別だとか、不景気で若者に明るい未来がない「この国」だとかを通して、リアルに訴えかけています。そこらへんが、何でも家族愛で解決しちゃう近年のこのシリーズ作品よりも、骨太で優れているのです。でも、もちろんおバカもブリブリ―もひろしの靴下も健在。しっかりとエンタテインメントであり、終盤にはけっこう感動もさせてくれちゃいます。ウェルメイドですね。ま、いつもよりちょっと大人向けかもしれませんが、過去には明らかに大人向けな『オトナ帝国の逆襲』とか『アッパレ!戦国大合戦』といった名作もありましたからね。

それにしても、松坂桃李が声を演じたあいつの役名が「非理谷 充(ひりや みつる)」って、最初は??だったけど、じっくり考えたら「非リヤ充」→「非リア充」ってことだったのですね。なるほど。

 

 

|

« 「658km、陽子の旅」:何かと辛いロード・ムービー    #658km #陽子の旅 #菊地凛子 #コミュ障 #オダギリジョー | トップページ | 「夢見る校長先生」:自由な勇者たち    #夢見る校長先生 #子どもファースト  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「658km、陽子の旅」:何かと辛いロード・ムービー    #658km #陽子の旅 #菊地凛子 #コミュ障 #オダギリジョー | トップページ | 「夢見る校長先生」:自由な勇者たち    #夢見る校長先生 #子どもファースト  »