2024年4月 3日 (水)

桜・さくら・サクラのスイーツ その2    #桜のお菓子 #春をあじわうさくらゼリー #シナモンロール桜 #月三笠さくら #クリームたっぷり生どら焼

Dsc_1023_copy_800x6003 昨日に続いて、桜の開花を寿いで桜風味のお菓子をご紹介。

まずは蔵王高原農園の『春をあじわう さくらゼリー』。半透明ピンクのキュートなゼリーです。ただ、やけに味が薄い。まあ、桜の味と言われても何だかよくわからないのですが、とにかくかなり淡い。ゆえに手ごたえがない。まあゼリーだから、手ごたえがないのも当然ですけれど、「のれんに腕押し」というか、記憶に残らないというか。まぼろしのようなものですね。究極の「上品」か?

 

Dsc_0935_copy_1024x7683 それならもっとパンチのあるものをってことで、これ。カルディの『シナモンロール 桜』。これは甘いっすよー。

Dsc_0936_copy_1024x7683 センターのピンク色の塊だけではなく、記事 生地にもさくらあんが巻き込まれていて、シナモンロールなんでさくらフレイバーとともにシナモンも感じられます。がっつりの甘さと格闘すること必至です。

 

Dsc_1048_copy_800x529 で、それよりはライトだけど、しっかり甘い桜あんを使ったどら焼、文明堂の『月三笠 さくら』。

Dsc_1049_copy_613x529薄茶色の桜あんは、白いんげん豆のあんをベースに桜葉加工品を使っております。まあ、でもそんなに好きな味ではありませんでした。これなら、普通の粒あんの方がいいな。

 

Dsc_0976_copy_333x6002 そして最後に、ヤマザキの『クリームたっぷり生どら焼』。「桜餅&苺風味ホイップ」と書いてあります。桜と苺はやはり相性がよろしいようです。

Dsc_0977_copy_800x5743 確かにホイップクリームが高々とわんさか挟まれております。こいつぁあ気前がいいや。

Dsc_0978_copy_800x4923 その中には、なんと道明寺桜餅がまるごと入っているじゃああーりませんか!びっくりです。ボリュームはあるし、大判振る舞いの(でも安い)商品です。

あ、ちなみに下の「甘納豆入り小豆風味ホイップ」も同様においしかったのですが、やはり桜餅の圧勝ですね。

ああ、やっぱり桜風味は春の象徴。スキスキスー((c)小野瀬雅生)なのです。

 

 

 

| | コメント (5)

2024年4月 2日 (火)

桜・さくら・サクラのスイーツ&ドリンク その1    #桜のスイーツ #桜のお菓子とドリンク #さくら緑茶 #ほろよい苺さくらんぼ #生八ッ橋桜あん #バウムクーヘンキュートさくら #いちごフィナンシェ

Dsc_0819_copy_399x600 近年になく開花が遅れた桜も、満開へと向かっております。てなわけで、桜(さくら、サクラ)のお菓子やドリンクのご紹介、大江戸はこの手の桜フレイバーが大好きなのです。なので、まずはその1。

伊藤園の『おーいお茶 さくら緑茶』。桜葉の塩漬けを抽出して、緑茶とブレンドしてあるそうです。強く主張することはなく、ふんわりと桜系の香りがして良き。

 

Dsc_0963_copy_515x6002 次もお飲み物で、サントリー『ほろよい 苺さくらんぼ』。さくらんぼは普通の桜とは違うんでしょうけれど、缶にサクラの絵も描いてあることですから、いいんじゃないですかー(♪寛大になりましょう~ 大目に見ましょうー)。

Dsc_0964_copy_479x6002 苺との合わせ技ってことなんで、いかにも「ピンク系の味」。色に味がついているのなら、まさにこういう味だと思うのです。アルコール少な目に3%ってのも、かわいいですね。

 

Dsc_0931_copy_768x6233 続いては、井筒八ツ橋本舗の『生八ッ橋 桜あん』。今気がついたけど、ここんちのは「八つ橋」とか「八ツ橋」じゃなくて「八ッ橋」と「ツ」が小さいんですね。へー。 皮もほのかにピンク色(今、変換時に「川面穂香」となりました。さすがは松本穂香ファンの大江戸ですね)。中身は桜葉を入れたこしあんだってのもおしゃれですね。

 

Dsc_0944_copy_800x6003 そしてこちらは、ユーハイムの『バウムクーヘン キュート(さくら)』。生地に西伊豆産の桜葉が入っていて、コーティングしてあるのはフランボワーズを混ぜたホワイトチョコレート(淡いピンクだけど)。なんかほのかに幸せな風味ですよね。

 

Dsc_0805_copy_800x560最後に、アンリ・シャルパンティエの『さくらフィナンシェ』・・・かと思ったら、これ『いちごフィナンシェ』だったんですね。なんか桜を思わせるイラストがついてるもんで・・・失礼しましたー。

ってことで、「その2」へ続く。

| | コメント (0)

2024年3月 4日 (月)

新富町「萬栄咖喱 」の甘辛黒カレー    #萬栄咖喱 #萬栄カレー #黒カレー

Dsc_0922_copy_564x1024 「萬栄咖喱(まんえいカレー)」というお店が昨年8月に、中央区・新富町にオープンしました。小生は昨秋知って、そのうまさに感激して何度か行っているのですが、なかなか他所では食べられない味ですよ。このブログで、飲食店レポートなどめったにしない大江戸ですが、こればかりは書いておかねば!

そもそもこのお店は大阪発祥。食品の総合卸問屋さんが、店内のレストランで出すカレーが看板メニューになって…って話だそうです。もちろん東京初出店。黒を基調とした店舗デザインも、カッコいいのです。

Dsc_0921_copy_768x595 基本的に「萬栄プレミアムカレー」(1,000円)という黒カレー一本で勝負してます。トッピングを加えた「萬栄プレミアムカツカレー」「萬栄プレミアム野菜カレー」がそれぞれ1,300円(あとは期間限定メニューがある時も)。まあ、やや高めではあるのですが、何せ普通のスタンドカレーとは違います。十分値段に見合う味だと思っております。

アラジンの魔法のランプを切ったような、あのシルバー容器にカレーが入っているタイプです。カレーはかなり黒いです。ターメリックライスは黄色いです。福神漬ではなく、「すぐき」の漬物だってのもオシャレですね。カレーには、小さく刻んだ牛肉が入っております。

Dsc_0684_copy_600x421 甘いです! 辛いです! 甘辛いです! 甘さはかなり甘いし、辛さもかなり辛いという、何とも不思議な味覚体験。辛いの苦手な人にはちょっと厳しいかもですが、大江戸にはちょうど良くって、魅惑のおいしさに陶然となりました。いやいや、これはスゴイ!

カツカレーも、トンカツがしっかりしてておいしいし、野菜カレーは、パプリカとかズッキーニとか蓮根とか野菜のチョイスがオシャレで、それを軽くソテーしてあります。どちらも黒カレーとの相性が良いことは、言うまでもありません。チーズとかタマゴとかのトッピングもありますよ。

Dsc_0923_copy_768x1013 で、先日はお土産用のレトルトを買いました(650円)。このポスターみたいなパッケージです。これまたレトルトとしては高めのお値段ですが、いえいえ、お店のカレーとまったく同じものが入っているので、それぐらいになるのは納得です。家では白いご飯や福神漬と合わせるわけですが、そんなことにはびくともせず、堂々たる甘辛のスーパー黒カレーなのでありました。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2024年2月22日 (木)

すべてが主役の「最強どん兵衛」    #最強どん兵衛 #日清どん兵衛 #すべてが主役 #最強どん兵衛かき揚げそば #最強どん兵衛カレーうどん 

Dsc_0645_copy_600x595 日清の『どん兵衛』シリーズなんですけど、このパッケージ見ただけでは商品名がわかりません! 調べてみたら、『最強どん兵衛』でいいんだそうですけど、その割にはよく見ると「最&強」って書いてありますよね。なんだ「サイ&キョウ」って、「トム&ジェリー」か?「スタスキー&ハッチ」か?

Dsc_0646_copy_600x562 いずれにせよ、こちらは『最強どん兵衛 かき揚げそば』。年末に買ったものです。「すべてが主役」なんだそうです。つまり、太そば、鬼かき揚げ、6種の合わせだし、やげん堀の七味唐辛子が、それぞれ主役ってこと。お湯を入れてからの調理時間5分ってとこにも、こだわりと本格感を漂わせています。

Dsc_0647_copy_600x522 うん、太目でしっかりした麺がいいですね。後乗せでサクサクの鬼かき揚げも、七味もレベル高いです。概して満足のいくカップそばでありました。

 

Dsc_0854_copy_600x602 で、同シリーズからもう一品。『最強どん兵衛 カレーうどん』です。こちらは、極太うどん、大きな一枚おあげ、6種の合わせだし、30種のスパイスの旨みが、みんな主役なんだそうです。

Dsc_0855_copy_600x626 調理時間は驚きの8分! はー、8分ですかあ。これはカップ麺としては異例。最長不倒ではないでしょうか? どんなもんができるのか楽しみです。

Dsc_0856_copy_600x570 でも、割と普通でした。お揚げは大きいしおいしいけど、うどんがねえ…普通のカップうどん程度の太さだし、特にコシが強いわけでもなく、うーん、物足りないです。30種類のスパイスによる上等な香りのカレーで、お味はまずまず結構なのですが、6種の合わせだし(かき揚げそばと同じですね)が必要以上に魚っぽくて、小生が好きなタイプのカレーうどんではありません(好きなのは、古奈屋タイプのミルキーなやつ)。

 

どうやら最強どん兵衛シリーズには、「きつねうどん」もあるらしいのですが、まあ大体の想像がつきますね。特に食べなくても、いいかな。

 

| | コメント (0)

2024年2月16日 (金)

セブンのおにぎり三選    #おにぎり #セブンのおにぎり #ぶたはげ #炭火焼豚丼風おむすび #チャーシューわさび #紅しゃけ西京焼き#八代目儀兵衛 #殺しの烙印

Dsc_0710_copy_1024x7683
コンビニおにぎりだと(質的に)セブンイレブン一強ってのは定説だと思うのですが、また3つをご紹介。

まずは派手系で、『ぶたはげ監修 炭火焼き 豚丼風おむすび』。これ先ごろの北海道フェアの商品なんですが、赤いし、「ぶたはげ」だし、インパクト大。そもそも「ぶたはげ」って何?ですけど、調べてみたら帯広にある有名な老舗豚丼店だそうです。それにしても、当世のコンプラ上どうなの?って思っちゃうような店名ですね。

Dsc_0711_copy_1024x7682
しっかりした豚肉が入ってますね。味付けもけっこうガツンとした甘辛。がっつり食べたいときにぜひどうぞ、って感じです。

 

Dsc_0808_copy_660x600
続いて、『チャーシューわさび』。マヨネーズ入りです。ごろっとした豚肉メインなので、「豚丼風」とちょっとかぶりますね。でもこちらは、ワサビが効いてるところがいい効果出してます。チャーシュー+わさび+マヨネーズ=テッパン、ですね。ごはんも(たぶんチャーシューの煮汁で)味付です。海苔との相性もこの上なくよろしいのです。

あ、ちなみに大江戸はおにぎりに関しては、「パリパリ海苔」よりも(最初から巻きつけてある)「しっとり海苔」派です。

Dsc_0359_copy_800x709_20240216234301
さてさて、こちらは豚ではなくて鮭。『紅しゃけ西京焼き』。最強です(←笑う所)。「京都 八代目儀兵衛監修」と書いてありますけど、誰だその人? また調べてみたら、京都の老舗米店なんですね。こだわりのお米をブレンドして販売したり、飲食店の経営しているそうです。

Dsc_0360_copy_800x566 濃厚な西京味噌にくるまれた、ほっこりした大きな鮭。こだわりのお米なので、海苔は巻いていません。この方が、お米の香りをしっかり楽しめますもんね。鈴木清順『殺しの烙印』の主人公の殺し屋(宍戸錠)は、ごはんが炊ける匂いが大好きだと言ってましたもんねえ。こいつも確かに,米がうまいです。

 

 

| | コメント (0)

2024年1月26日 (金)

明大前ホーム自販機コーナーのカオス    #明大前 #おもしろ自販機 #ヘンテコ自販機 #変わり種自販機 #ポップコーンガチャ 

Dsc_0629_copy_581x845 井の頭線明大前駅ホーム(吉祥寺方面行き)に元はショップだったスペースを使った自動販売機コーナーがあります。

 

Dsc_0630_copy_978x845 いろいろとケッタイな自販機がありまして・・・例えばこの白いやつはカオスですよ。上の方には「ポップコーンガチャ」。ランダムに「プリティMIX」「ジャパンMIX」「セレブMIX」なんてもんが出て来るようですが、800円もするんじゃねえ…。こんなガチャやって、楽しいのかなあ?

Dsc_0631_copy_788x845 その下には煮豆! そして、スパイスや辛いやつ。なんだこの不統一感?

 

Dsc_0632_copy_478x845 不統一感ではこちらも負けていません。上部に鶏もつ煮、うに味噌といった酒肴があるかと思えば、中段は「冷えふわドーナツ」。

Dsc_0633_copy_1024x845 いったいドーナツてるんでしょう、この並び? 明大前限定です。直径9㎝、600円です。ホワイト、ブルー、ピンクの3種類。

そして下段は炭火焼骨付鶏。やっぱりカオスですよね。

 

Dsc_0635_copy_527x845 で、こっちはもっと爽やかな色合いです。いったい何を売っているのでしょう?

Dsc_0636_copy_645x845 ああ、これは入浴剤ですね。「HOTTAB」というブランドです。こういう所で売れるんですかねえ?

 

Dsc_0637 そして一番奥には機械の中で生のオレンジをジュースにしてくれる販売機。ちょうど係の方が、オレンジの皮(しぼりかす?)を回収しているところでした。なるほど、生ジュース作ってるってことは、こういう手間がかかるってことなんですね。そりゃあ高くもなるわ。これ、500円の所もあると思うのですが、ここでは350円でした。

 

まだほかにもいくつかあるのですけど、なかなかのワンダーランドなのでありました。

| | コメント (0)

2024年1月25日 (木)

続・築地の513(コイサン)BAKERY    #513bakery #築地コイサンベーカリー #角食パン #塩パン #昭和の揚げパン #ふわとろクリームパン #大盛り焼きそばパン #牛肉ゴロゴロカレーパン #台湾ドーナツ

Dsc_0684_copy_750x1000 先日ご紹介した築地の513(コイサン)BAKERY、その後も2回行きました。やっぱりなかなかおいしいです。

(先日の記事はこちら ↓ )

築地の513(コイサン)BAKERY    #513bakery #築地コイサンベーカリー #黄金のメロンパン #あんパン #練乳ミルクフランス: 大江戸時夫の東京温度 (cocolog-nifty.com)

Dsc_0689_copy_600x630 大江戸が今回買ったのはですね、まずは「角食パン」。先日はやけに高いのしかなくてビビりましたが、今回は厚切り4枚入りで330円+税とそれなりにリーズナブル。で、お味の方がステキでした。かなり水分を含んで、しっとり重めです。でも生で食べてもおいしいし、トーストしてもさらにおいしいのです。ヘタな高級食パンを凌駕しておりますね。いや、お見事。

Dsc_0685_copy_600x800_20240125230601 次にはシンプルな「塩パン」。小ぶりですが、130円+税とやはりリーズナブル。シンプルなおいしさですね。

Dsc_0688_copy_600x554 続いて、懐かしモードの「昭和の揚げパン(きなこ)」130円+税と、「ふわとろクリームパン」230円+税。どちらも想像通りの味。及第点です。

Dsc_0694_copy_922x529 そして「大盛り焼きそばパン」290円+税。見るからに大盛りでしょ。あふれんばかりです。すごいぞ、炭水化物。ちくわスライスが見えるのもカワイイですね。

Dsc_0695_copy_679x426 で、それに対抗するにはエース投入!ってわけで、「自家製 牛肉ゴロゴロカレーパン」230円+税です。確かに大きめの角切り牛肉が入ってます。カレーやパンの上がり具合も、上出来の部類です。おいしいですよ。

Dsc_0696_copy_914x582 最後にはデザート系?ってわけで、「台湾ドーナツ(ミルク)」270円+税。これ、写真で見るとよくわからないでしょうけど、実物はかなりデカいんです。実装で直径14㎝ほどありました。高さというか、厚みもかなりのもんでして、食べ応え十分。てか、2-3人でシェアすべき大きさなのです。シンプルなパンドーナツ。シンプルな白砂糖味なのであります。

実はこの他に「アミーゴおじさんのフランスパン」(ハーフ)165円+税も買ったのですが、写真撮るのを忘れちゃいましたー。でも、「日本のフランスパン」って感じの、古典的な味わいでした。

| | コメント (0)

2024年1月 6日 (土)

築地の513(コイサン)BAKERY    #513bakery #築地コイサンベーカリー #黄金のメロンパン #あんパン #練乳ミルクフランス

Dsc_0621_copy_800x600 昨日ご紹介した築地の「焼きたてチーズケーキのお店 amigo アミーゴ」の姉妹店として、年末12月26日にオープンしたのがこちらのパン屋『513(コイサン)BAKERY』。 (アミーゴの記事はこちら ↓ )

築地のチーズケーキ「アミーゴ」    #焼きたてチーズケーキのお店アミーゴ #築地アミーゴ #スフレチーズケーキ #マゼランのチーズケーキ : 大江戸時夫の東京温度 (cocolog-nifty.com)

Dsc_0620_copy_446x600 築地駅そば、道を挟んでアミーゴの斜め向かいといった位置関係です。で、こちらも三重県の(株)コイサンズが運営していて、三重県・愛知県に既に11店舗を開いているのだとか。ここらの知識は後からネットで調べたので、店に行って買った時点では全く知りませんでした。アミーゴのそばにあった木村屋という由緒あるパン屋さん(あの銀座木村屋ののれん分け店)が数年前に閉店したので、そこが形を変えて復活したのかと思ったのですが、違いましたね。

Dsc_0622_copy_419x600 平日の昼過ぎに行ったら、入場制限をするほどの盛況。ま、10人も入らないぐらいのお店ではありますけど。外観はこちらもテーマパーク内にありそうな感じ。ドイツとかスイスとかの古典的なパン屋さんみたいです。 で、食パンの値段を見たら、一本で千円ちかくしたので、ちょっとビビッて買いませんでした。さすがは高級食パン店「銀座に志かわ」と同グループのお店ですね。

Dsc_0628_copy_1024x572 なので、何となく名物っぽい「2代目黄金のメロンパン」と「あんパン」と「練乳ミルクフランス」を買いました。うん、さすがにみんな水準高いじゃないですか。おいしいですよ。

Dsc_0628_copy_649x600 メロンパンは皮の感じがパリサクで結構ですし、あんパンはあんこがとってもおいしいです。そして練乳ミルクフランスは、クリーム状の練乳がパンとマッチして、極めて美味。ラインナップを見ると、全体的にクラシカル。 ほかにもカレーパンとか名物パンがまだまだあるようで、これは何回か行ってみないといけませんねえ。

| | コメント (0)

2023年12月28日 (木)

しましまのクロワッサン    #ブールアンジュ #しましまクロワッサン #フランボワーズクロワッサン #マーブルクロワッサン 

Dsc_0512_copy_718x414 これねえ、数年前から渋谷マークシティのお店(東急フードショーの一部)で見かけるたびに食べたかったんです。ブール・アンジュってお店のしましまクロワッサン。でも、ちょっと高めだったんで、ずっと躊躇して買わなかったんです。でも先日、ついに意を決して購入しましま。いや、しました。

だって、赤いしましまで、カワイイじゃありませんか。キレイじゃありませんか。正式な名称は「フランボワーズ・クロワッサン」。

Dsc_0513_copy_677x414 中を割ってみると、ほれ、なんか華麗ですね。気分アガリます。お味の方は、淡い甘ずっぱさ。もう少し甘くてもいいんじゃないかな、このビジュアルなんだから…とは思いますが、まあそこはクロワッサンであってケーキやドーナツじゃないんだから、しょうがないところですね。

 

Dsc_0516_copy_800x414 で、黒いしましまもあるのです。赤黒しましま合戦です。黒い方のお名前は「マーブル・クロワッサン」。

Dsc_0517_copy_663x414 こちらも割ってみれば、ご覧の通り。まあ、赤には負けますね。

お味も、上品で控えめなチョコクロって感じ。あくまでもクロワッサン主体です。

でもこのルックス、赤も黒も『不思議の国のアリス』の世界からやって来たみたいですねー。幸福なビジュアルです。

 

ほかにも黄緑系の「ピスタチオ・クロワッサン」とか、変わり種の「カレー・クロワッサン」とか、もちろんプレーンなクロワッサンも含め、何種類もあるのです。まあ、でもインパクトからいったらこの二つ。特に赤の方でしょうねえ。

| | コメント (0)

2023年12月27日 (水)

タカセの「望」    #タカセ #池袋タカセ #タカセの望 #無添加食パン #シュークリーム #エクレア

Dsc_0462_copy_610x800 池袋駅前の昭和感覚香るパン屋兼洋菓子屋(兼レストラン兼喫茶店)の「タカセ」については、このブログでも何度か書いております( ↓ )

池袋のタカセ洋菓子店: 大江戸時夫の東京温度 (cocolog-nifty.com)

タカセのシュークリームとエクレア    #池袋タカセ #タカセのシュークリーム #タカセのエクレア: 大江戸時夫の東京温度 (cocolog-nifty.com)

老舗菓子屋のロングセラー   #銀座の蜂蜜バームクーヘン #チェリージア #タカセのカジノ: 大江戸時夫の東京温度 (cocolog-nifty.com)

 

そして今回ご紹介するのは、プレーンな食パン。その名も「望(のぞみ)」! タカセさんちの、のぞみちゃんです。

シールに「無添加こだわり食パン」と書いてあるように、原材料は変なもの使ってません。ショートニングとかマーガリンとかは入っていません。 それにしてもこのシール、まっすぐ貼ってないところが「味」ってもんです。

Dsc_0464_copy_712x800 で、お味ですが、これが見事においしいのです。ふわふわと柔らかく、自然な甘さがあって、そのままでもトーストにしても、それぞれ美味。バターを塗ると、さらに引き立ちます。大江戸もいろんな所の無添加食パンを食べておりますけど、これは良いです。うまいです。しかも(大江戸が買った時は)360円と、今日びかなり抑えたお値段。「に志かわ」「乃が美」といった高級食パンよりもうまかった(好みだった)印象です。

 

Dsc_0463_copy_1024x800 当然のように、(食パンだけではなく)ザ・定番の「シュークリーム」と「エクレア」も買いました。前にも書いたので詳細は略しますが、“THE CLASSIC”です。間違いのない基本形のおいしさです。気取らないけど、王者です。それなのにシュークリームは180円! エクレアも220円だか230円だかでした。 原材料も高騰してるだろうに…。やっぱりタカセ、えらいなあ。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧