2019年12月19日 (木)

完成した国立競技場(&ホープ軒)   #国立競技場 #新国立競技場 #ホープ軒

_20191218_1426581280x571 先日完成した国立競技場(のまわり)に、昨日行ってきたのです。まだ周囲は覆いつきの柵に囲まれて、上の方しか見えなかったのですが、それでも大体のことはわかります。ついに完成したんですねえ。

_20191218_1422331280x677

千駄ヶ谷方面に近いブリッジあたりから見ると、こんな感じ。

 

_20191218_1422061280x667 そしてゲートの向かいにあるスケート場は、リニューアルしてこんなにオシャレになってました。これ、普通に撮った写真なんですけど、完成予想のCGみたいなキレイさです。

 

Dsc_39851280x720 千駄ヶ谷門はこんな感じ。チケット売場もありますね。各階にグリーンも目立ちます。

 

_20191218_1424111024x638 信濃町寄りの一角には、前の国立競技場のメインスタンドにあった「野見宿禰 (のみのすくね)像壁画」が移設されておりました。2枚のうちもう1枚も、どこかにあるのでしょうか?

 

Dsc_39991280x720 さすがに周囲も広いです。外形的には5層ぐらいになっているのですが、木材を多用していることがよくわかります。

 

あさって21日には嵐なんかも登場する完成お披露目イベントがあるそうなのですが、そのリハーサルらしき音響が流れておりましたよ。

 

_20191218_1348161024x1364 「杜(もり)のスタジアム」というコンセプトなんだそうですが、確かに各階層に植物が配されて、木材とともに「森感」を出しております。設計は隈研吾さんだから、「森のくまさん」ってことですね。

 

_20191219_1311581280x828 おまけに、新宿高島屋の13F庭園から撮った遠景です。うーん、完成しましたね。願わくはラグビー・ワールドカップに間に合わせてあげたかった(ゴタゴタさえなければ…)。

大江戸的には、一度は決まったザハ・ハディド案を推していましたし、今も「あれを見てみたかった」という思いは消えていません。でも、もうそれを言ってもしょうがないのでしょうから、今は早くこのスタジアムでサッカーを見てみたい思いでいっぱいです。上層階はけっこう角度があってすり鉢タイプなので、意外に見やすいスタジアムだというマスコミ評もありますしね。

 

_20191219_130901600x940 で、ついでにホープ軒でラーメンを食べました。久々だったけど、やっぱりうまいよねー。もやしとメンマとチャーシューだけのシンプルな具、そしてもっちり太麺に豚の背油たっぷりのスープ。油ギッシュに見えるけど、そんなにしつこくないんです。いいです。昔から、大江戸の好きなラーメンの双璧は、ここ「ホープ軒」と熊本ラーメンの「桂花」なのであります。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

セブンのキリマンジャロブレンド   #セブンカフェ #キリマンジャロブレンド #セブンのキリマン

_20191209_2242401024x645 セブンカフェのコーヒー、従来はブレンドのみでしたが、12月4日に「キリマンジャロブレンド」が加わりました。普通のブレンドは税込100円ですが、こいつは税込110円とゼイタクです(まあ、1割分)。店頭ポスターのコピーも、堂々と「青の贅沢」ってなってます。

で、カップの色も深いブルー(紺に近い)、セブンのロゴはゴールド、キャップは黒と、随分差をつけてます(ちなみに普通のコーヒーは白いカップに黒いロゴに白いキャップ)。随分とハードル上げちゃってますねえ。

_20191209_224221768x1085

 

しかして、その結果は! ・・・うーん、ハードル上げすぎちゃったんじゃないの? 大騒ぎするほどの事はないというか、そもそも大江戸はキリマンジャロってそんなに好きでもないというか…。

深煎りってことで、確かに澄んだ苦みが立っているんです。でもまあ、それだけ。大江戸的には、もっとコクがあって甘みを感じて適度な酸味もあるコロンビアみたいなふくよかな(愛想のよい)コーヒーが好き。こいつは男性的にソリッド過ぎるっていうかストロング・スタイルっていうか、その対極ですね。

てなわけで、2回試してみましたけど、もう普通のブレンドに戻そうと思います(10円安いし)。でもセブンのブレンドにもそんなに満足してるわけじゃないので、そのうち企画モノ第2弾、第3弾があったら、「コロンビア」とか、高くてもいいから「ブルーマウンテン」とかやってくれたらいいんですけどねえ。

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

「ちくわぶの世界」って本!   #ちくわぶ #ちくわぶの世界 #丸山晶代 #小野瀬雅生

_20191206_2222251024x1350 先日発売されたこの本を買いました。『ちくわぶの世界』っていう魅惑のタイトル! 著者は丸山晶代さん。この人、TBS『マツコの知らない世界』の「ちくわぶ」の回に出てた人です。「ちくわぶ料理研究家」の肩書もお持ちのようです。

大江戸はちくわぶが大大大好き!(ついでにいえば、ほうとうもすいとんも白玉もトッポギもニョッキも好き)  なので、「待ってました!」って感じの本です。B6変型判というのかしら、小ぶりな本です。この表紙で、上の方が角丸になっているあたり、絵本を思わせます。

で、中身はカラーやモノクロの画像を豊富に使いながら、あらゆる角度から「東京下町のソウルフード」である「ちくわぶ」に迫ります。大江戸は実は東京山の手の人間なのですが、子供の頃から大のちくわぶ好き。東京圏は「ONE TEAM」となって、ちくわぶを振興させてまいりましょう!

工場見学レポートやら、おでん屋レポートやら、ちくわぶの歴史やら、小麦粉と粉もの文化の考察やら、ちくわぶ料理のレシピ集やら、まじめに研究してくれちゃってます。マニアックな愛に満ちた本です。

そして、クレイジーケンバンドのギタリスト=小野瀬雅生さん(のっさん)と丸山さんとの対談も! ちくわぶ愛に溢れた素敵な対談でありました。「ちくわぶ」は「CKB(クレイジーケンバンド)」ならぬ「CKWB」なのだと聞いて、うーむと思いました。

ああ、読んでるとちくわぶを食べたくなります。レシピが載っている「ちくわぶのからあげ」「ちくわぶチリソース」「ちくわぶチップス」「ちくわぶのアヒージョ」あたりは、特に食べてみたいですね。専門店作ってくれればいいのに!

 

| | コメント (0)

2019年10月31日 (木)

「シウマイ御弁当」の食べ方   #シウマイ御弁当 #シウマイ弁当 #崎陽軒

_20191019_231845600x829 先日、ニッパツ三ッ沢競技場に行った際に食した崎陽軒の『シウマイ弁当』。包み紙を良く見ると『シウマイ御弁当』と「御」の字が入ってますね。紙紐が十文字にかかってるあたりも、嬉しいじゃありませんか。

「ウマイ」に引っ掛けて、「シュウマイ」じゃなく「シウマイ」なんだそうですけど、とにかく永遠の定番ですね。日本の駅弁(横浜駅)の最高峰と言ってもいいでしょう。なんだかなんだ、年に一~二度食べてます。昭和29(1954)年に登場したってことなので、ゴジラと同い年なんですね。

で、こいつをどこからどういう順番で食べるか?ってのが、数寄者の間でよく語られたりするわけですが、それもこれも「永遠の定番」なればこそですね。

_20191019_231913800x590_20191031223801

大江戸は、やっぱりシウマイから行きます。だって、『シウマイ御弁当』なんですから。そして5個はいっているので、他のものとのバランス上も、まず1個片付けておいた方がいいと思います。

その後は、ごはんを俵の半分ずつぐらい、おかずと交互に食べ進めます。マグロとか鶏唐揚げとかカマボコとかの間に適宜シウマイを差し挟んで、進行させるのです。あ、忘れてならないのがタケノコの甘辛煮の存在。こいつが白ごはんに合うので、そして数が多いので、最初から最後までところどころに挟んでいくのです。

おや、よく見るといつの間にか醤油さしが「ひょうちゃん」じゃなくなってますね。残念です。あ、それと梅干は食べ始めて少し経ったあたりで、真ん中から右上に移動させます。ごはんを左下から食べていくので、最後に残るのは右上だからです。最後のおかずはやっぱりシウマイですね。主役ですから、最初と最後をきっちりとおまかせしなくては。

アンズはやっぱり一番最後まで残しておいて、デザート的にいただきますね。

ああ、いつもいつでも変わらぬ確かなうまさ。冷たくてもおいしく食べられるよう工夫を重ねた味。裏切ることのない永遠のスタンダード。マイシウ(毎週)食べたい『シウマイ御弁当』なのでした。現在、860円(税込)です。

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

天皇の表紙/泡/わりばし袋   #ビッグコミック #天皇の表紙 #ロイヤルリミテッド #BOSSふんわりカプチーノ #わりばし袋

_20191014_173757294x410_20191028231301
先週の即位礼拝殿の儀の前から駅の売店などで見かけていた『週刊ビッグコミック』。なんと天皇陛下が表紙! これにはびっくり。いいんでしょうか? まあ公人だからいいのかなあ。英王室とかなら珍しくもないのですが、日本ではおそらく「初」なので、ちょっと驚きました。こんなふうにゴムで十文字に縛っちゃっていいんでしょうか? 余ったら返本して断裁しちゃったりしていいんでしょうか? なかなかですね。

_20191028_230232600x867

で、やはりその頃から売っているのがこちらアサヒの『スーパードライ ロイヤルリミテッド』。「令和元年-特別醸造-」とあります。色々と紅白でおめでたい感じですね。別に皇室ファンではありませんが、1本買って、即位礼の日に飲んでしまいました。

それはそうと、スーパードライが2020東京オリンピックのオフィシャルビールになったとかで、大江戸的にはショックです。サッポロ、キリン、サントリーのビアは好きなのですが、スーパードライはねえ…。あのコクのない薄い味が日本代表の味になって、各国の人をもてなすなんて・・・。うーむ。

 

_20191028_230630768x1126 サントリーといえば、BOSSの『カフェ・ド・ボス 振って泡立つふんわりカプチーノ』を試してみました。振ってみました。

_20191028_230546768x932 うーん。結構振ったんですが、なんだこりゃ。一応泡はできましたが、一番上の層だけで、すぐ消えてしまいました。パッケージ写真のイメージとは随分違いますね。これぐらいで商品にしちゃうなんて、ちょっと努力不足なんでないかい?

 

 

_20191028_2304031024x435 そして最後に、こんなわりばし! 中野の古いビストロで出て来ました。

オールカラーでバラの絵入りです。インサイドはバラと同じローズピンク。わりばし自体は普通。いやー、すごい! 鮮烈&斬新。長年生きて来て、初めておめにかかりました。カラー絵入りのわりばし袋ってもんが、そもそも初めてかも知れません。普通はコストを考えて、1色かせいぜい2色刷りですもん。 それにしても、こんな「未開の分野」があったのですね。これからはわりばし袋の絵で差別化する時代かも知れません。ま、エコじゃないけどね。

| | コメント (0)

2019年9月 6日 (金)

新しいスタバとプリンチのパン:スターバックス リザーブ(R)   #スターバックスリザーブ #スターバックスR #プリンチ

_20190905_232037768x1263 銀座三丁目のマロニエ通り沿いに9月4日にオープンしたスタバのニューコンセプトストア「スターバックス リザーブ(R)」に、よく5日に行ってみました。と言いつつも、夜遅めだったので飲食のコーナーはも入れず、おみやげにパンを買うのみでした。

_20190906_223022800x739 ってゆーか、通りかかった時にパンが目に入って、パンを買いに入ったってのが本当のところ。

店頭にはあの緑色のサインがありません。代わりに、☆とRのサインが、新機軸を物語っております。このお店、その名の示す通り「座席の予約もできる」ってのがウリ。とは言っても、予約可能な席は12しかないそうですけど。

_20190906_222827800x490 あとは食事系の強化をしたそうで、それと共に1Fのパン売場がえらく充実。イタリアはミラノの「プリンチ」というベーカリーが入ったのです。壁面にはパン・ド・カンパーニュとかバゲットとかが並んでいて、手前のケース内にはクロワッサンやブリオッシュなどが並んでおりました。お値段はなかなかです。銀座価格ですね。

_20190906_223106800x586 で、クロワッサンとブリオッシュ1個ずつとバゲット1本を買いました。

実はパンの隣にケーキも数種類あったのですが、1ピース700円前後だったので、うーむと今回は見送りました。なかなか強気のお値段ですね。

_20190906_2226391024x800 で、パンですが、さすがにおいしかったですよ。ブリオッシュの生地のクリーム感(クリームが入ってるわけではありません)。クロワッサンの空気たっぷりの柔らかさとじゅわっと来るほどのバター感。バゲットは、生地の酸味がかなり強いので、軽くトーストして食べるのがよろしいです。バターにもチーズにも当然合います。みんな「良い素材を使った良い製法の良いパン」という実力がビンビン伝わって来るものでした。

今度はコーヒーとお食事も試さないとね(できればケーキも)。

 

| | コメント (0)

2019年9月 5日 (木)

カフェイン強化コーラ×2   #コカコーラエナジー #エナジー #ペプシリフレッシュショット

_20190903_115235800x515

訳あってここ1週間ばかり、集中力を要求される仕事を連日長時間続けておりまして&普段よりもだいぶ遅くまでやっておりまして、結果睡眠時間も減っておりまして。でも、眠くなるわけにはいかないので、そうなるとカフェイン注入となりますよね。

てなわけで、コーヒー、紅茶、緑茶も飲みましたが、加えてこの夏新発売となった『コカ・コーラ エナジー』(190ml缶)を試してみました。自販機で160円とかです(150円とか140円で出てる場合もあり)。この手のドリンクは『レッドブル』にしても『モンスター・ドリンク』にしても、結局カフェインなんですよね。だから大江戸は、基本飲まないようにしております。だって、大量に飲み続けて心臓発作か何かで死んじゃった人もいたぐらいですから。でも、飲んじゃいました。夜飲んで眠れなくなってはいけないので、朝飲みました。うーん、変な味。コカ・コーラの味とは言えないですよね、これ。うまい!とは思えませんです。ま、クスリだと思って飲む感じでしょうか。カフェインは100mlあたり32mg入りです。

 

_20190905_232210800x517 で、別の日にこちらも試してみました。これは数年前から出ている『ペプシ リフレッシュショット』(200ml缶)。カフェインは100mlあたり19㎎入り・・・ってことは、コークの『エナジー』の方が、相当強いわけですね。でもこっちは、自販機で130円でした。お味はこっちの方がおいしいと思います。

てなわけで、薬効を取るか味と経済性を取るかみたいな話でしょうか? まあ、どっちの方が効いたのかよくわかりませんけど、どちらもその後眠くならなかったことは確かです(コーヒーやお茶も眠くならなかったのですけどね、てへ)。

| | コメント (0)

2019年8月30日 (金)

タピオカの夏   #タピオカ #ココナッツミルクタピオカ #タピオカミルクティー #たぴヤ 

_20190830_231122 この夏は(てかもっと前からですけど)日本中で、気軽にタピオカドリンクが飲めるようになったので、大江戸も少しは飲んでみました。もともと(以前のブームの時から)タピオカって好きなんです。あのもちもち感が!

専門店の「たぴヤ」さん。これは下北沢店です。

_20190830_102945600x922 大江戸の好きな「ココナッツミルク」のタピオカ。Sサイズ340円と(路面店の中では)リーズナブル。

ぶっといストローが示す通り、大玉のタピオカです。昔のブーム時は、もっと小さなつぶつぶでしたもんね。そりゃあ大玉の方がもっちり感が強くて、うまいです。

 

 

 

ドトールコーヒーとかモスバーガーとかフレッシュネスバーガーあたりでも、タピオカがメニュー入りしてましたけど、そこらは試してないんですよねー。

_20190830_231702 で、異色のTOHOシネマズ。これは「タピオカミルクティー」(500円)ですが、マンゴージュースのやつもありました。タピオカドリンクって、粒々を写真に写そうと思うと結構難しいんです。かといって、そんなに気合入れて撮るのも気恥ずかしいし。なので写ってませんが、ここのも大玉でした。

 

_20190827_000023600x822 ここから後は、飲食店系ではなくてコンビニとかに売ってるやつ。

 

ファミリーマートの「タピオカココナッツミルク」。ココナッツミルクはテッパンです。うまいっす。

 

_20190728_213415600x657 そして同じく「タピオカミルクティー」。スタンダードな味ですね。

でも、ファミマのはストローが太い割にはタピオカのサイズは今ひとつでありました。ま、お税込238円と手頃価格だし、いいか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_20190807_183342600x676 こちらはどこのか忘れてしまいました(笑)。セブンイレブンで買ったことは確かです。「タピオカほうじ茶ラテ」。まあ、これはこれで悪くないです。これもタピオカのサイズは今一つですけど。

 

_20190826_235709600x954 あと、スーパーマーケットには缶入り!も売ってました。台湾製です。

_20190826_235727600x963 裏側には英文表記。「Pearl Milk Tea」ですと! 

その台湾語訳は、ほお、「珍珠」ですか。なるほど。

こいつは昔のタピオカのように小粒タイプでした。

でもお味はまあまあ良かったですよ。

てな感じでいろいろあって、タピ好きにとってはブーム様なのでありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年7月31日 (水)

セブンイレブンのフィッシュ&チップス   #フィッシュアンドチップス #セブンイレブン

_20190721_123738800x623 セブンイレブンのお惣菜棚にあったんです、これ。「フィッシュ&チップス タルタルソース付」(税込248円)です。へー、こんなもんができたんですねー。

「電子レンジで温める」と書いてる割には、目安の温め時間が記されていなかったので、適当に1分ぐらいやってみました。正解でした。

白身の魚のフライとざく切りのフライドポテト。ポテトには塩コショウがしてありますので、フライにタルタルソースをつけていただきます。ちなみに魚の表記は「ほきフライ」となっておりました。イギリスではタラ類が主流なんですけどね。そういえば、ホキ徳田って人がいましたね。ヘンリー・ミラーの8人目の妻。関係ないけど。

お味の方は、まあこんなもんですよね。フィッシュ&チップスなんて、もともと大したものではない。新聞紙の袋に入れてもらうと、気分が出るってなもんです(ロンドン暮らしが長かったもんで←ウソ でも実際にロンドンで食べたことはあります)。

(サクサクカリッとはせずに)べちゃっとしてチープ感が出てるあたり、ますます「気分」です。コンビニでカジュアルに手に入るとは有り難いですね。

小生はランチの一部として食したのですが、これ家でビールと合わせた方がぜったい良いですよね。それでこそフィッシュ&チップスってもんです。今度はそうしようっと。

| | コメント (0)

2019年7月11日 (木)

謎過ぎる「おもしろ堂」 in 新富町   #おもしろ堂 #変な自販機 #おでん缶 

_20190705_130015464x728 新富町にある中央区役所のそばに、あやしいお店。おもしろ堂・・・おでん缶販売中・・・おみくじ・・・証明写真。 うーん、支離滅裂。確かにあやしい。

 

_20190705_130151464x754 まあ、中には確かに証明写真ボックスもあったりするんですけど・・・ドリンクやおでん缶の自販機がメインで、何台もあるのでした。

ただ良く見るとけっこうクセがあってですね・・・6番のワンダの缶、めっちゃへこんでるし(普通こんなの見本に使わないでしょー)。

16番のチロルチョコ詰め合わせは、珍しいけど、840円はないでしょー。たかがチロルチョコなのに。

_20190705_130325600x953 最下段には古典的な赤まむしドリンクが入ってたりします。

_20190705_130553600x962

 

続いてのご紹介は、おでん缶の販売機です。

おでん缶にも2種類あって、こてんぐのおでん缶(330円)と塩竃おでん(710円)。

塩竃の方は、「東日本大震災復興応援おでん缶」ってことなんで、だから高いのかしらん? あ、でも「かきのエキス」も入ってるみたいですね。

別の段には、ほていのやきとり缶なんぞもございます。

 

_20190705_130517800x774 それはそうと、発見してしまったのが謎の価格差。

_20190705_130448800x601 別の販売機に入っていた塩竃おでん缶は、なんと770円。これ、710円のと同じですよねー。雑なミス? それとも「あ、こっちが60円も安い。こっち買わなきゃ損!」と、もともと高価格なものを買わせてしまうための心理的ワナ??

 _20190706_160107600x810 さて次の販売機には、なんでも入ってます。せんべいからミートソースからゴム製ボール各種まで。

_20190705_130115702x446 それにしても、なんでミートソース?(唐突すぎます)

それ以上に謎なのが、1番の「ふっくら だし巻き」。なんで突然だし巻き玉子?? しかも890円もする缶詰!

選定基準が謎過ぎる販売機ですう!! いろいろ不思議過ぎて、せんべいが入ってることがナチュラルに見えてスルーしちゃうところでしたが、これも考えてみれば結構不思議。おまけに、こんなに要るのか、大型しょうゆせんべい?

_20190706_160025800x512 ボール類は、そのカラフルさに目を奪われます。ラグビーボールって、落ちた時に変なバウンドをして、取れない所に入っちゃったりしないのかと、ちょっと心配なのでした。

ってか、売れるのかボール? この店のターゲットって、どうなってんだ?

あー、変な店(というか自販機コーナー)。変すぎて、何も買わずに出て来ちゃいました。すんません。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧