2019年11月 3日 (日)

ラグビー・ワールドカップ日本大会閉幕   #ラグビーワールドカップ #ラグビーW杯

_20191104_001610 2019ラグビー・ワールドカップ日本大会も昨日、南アフリカの優勝をもって閉幕。9月20日の開幕からひと月半近くのお楽しみも、終わってしまいました。

_20190826_235948768x1089

それにしても、南アフリカ強かったですね。イングランドに対して、フォワード戦で有利に立って、ゴリゴリ前進。チャラい外見の割にラグビー知能が高いデクラークからのパスも軽快に回るし、ウイングが走り勝ってのトライも。守りにおいては、50cmを守り通して得点させない鉄壁さ。その弱点のなさは、確かにイングランドよりも勝者にふさわしかったです。

_20191103_141339768x1207

あとは、日本のおもてなしが各国からの来訪者の泯さんに評価され、多くの人が日本を好きになってくれたことも嬉しいニュースでした。互いを知り、違いを認めることから、友好や平和は始まっていくのですから。

_20191103_140755768x1163これなら来年の東京(with札幌)オリンピックも、期待以上に成功するのではないでしょうか。

 

いずれにしても、東京中にガタイのいい欧米系の白人が闊歩していた日々は終わってしまいましたね。

 

てなわけで、大会中(一部は大会前から)の東京の写真で、これまでの大会レポートで紹介していなかったものを一堂に集めました。どうぞ。_20191014_1041101280x718

 

 

 

 

 

 

 

_20190909_1307131024x659

 

 

_20190909_1307571024x647

 

 

 

 

 

 

 

Dsc_38391024x576

_20191014_1041381024x652_20191104004501

 

 

 

 

 

 

 

_20191103_1408251024x635

 

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

桜の日本、旅の終わり   #ラグビーワールドカップ #ラグビーW杯 #日本対南アフリカ 

_20191020_231906600x905
ラグビーワールドカップ、初の決勝トーナメント進出を果たした日本は、3-26で南アフリカに敗れ、1ヶ月間の冒険が終了しました。残念は残念ですが、4連勝でここまで来られたのが出来すぎぐらいでしたから…。ブレイヴ・ブロッサムズ、本当によくやったと思います。拍手!

やっぱり南アフリカは強かった。特にフォワードの力強さがハンパなくって、モール組んだらどんどん前進して来るし、具やラファエレや姫野が突破しようとしても押し戻されちゃいます。

そして9番のデ クラーク、球出しの巧さだけじゃなくて、身体能力の高さが大したものですね、小兵でロックスターみたいな風貌なんですけど。

それでも前半は 日本3-5南ア とロースコアの戦いで僅差に留め、後半に期待をつなげてくれたのですが、じわじわと点差を広げられて、いつの間にか手遅れになっていました。後半はとにかく南アフリカのターンオーバーが多かったです。すっごいジャッカル力(りょく)でした。

9月20日の開幕前は、(4年前でああだったのだから、かなり盛り上がるとは思っていたものの)大江戸もここまで日本中が熱狂に包まれるとは思いませんでした。素晴らしい大会という評価を聞くにつけ、嬉しい気持ちになります。チケットを入手出来て生観戦したのは1試合だけ(9.22アイルランド×スコットランド@横浜国際総合競技場)でしたが、それでも1試合観られて良かったと思います。まさに「一生に一度」と言える自国開催でしたから。

すでに引退を表明しているトンプソン、福岡(東京五輪七人制ラグビーの後)だけではなく、何人もの選手たちが代表から離れていくのでしょう。そういう新陳代謝は当然必要なことです。この結果を残しての引退ということで、悔いはないでしょうね。ほとんど国民栄誉賞モノですから(ベスト8じゃあげられないでしょうけど)。

さて日本代表のメンバーたち、明日からは「時の人」としてテレビ出演などがしばらく大変でしょうね。そして、CMにも引っ張りだことなることでしょう。そして来年1月からのトップリーグの試合、きっとチケット争奪戦になるのでは? 大江戸も行きたいですもん。

 

 

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

ラグビー、日本が感動のベスト8!!    #ラグビーワールドカップ #日本対スコットランド #ベスト8  

_20191014_000707768x1250 ラグビー・ワールドカップ日本大会のグループリーグ最終戦、日本対スコットランド。本当に死闘でした。意地と闘志と執念がない交ぜになった熱いぶつかり合い。ガチ凄かったっす! 守り切った日本、テレビで見てるこちらも体をねじらせながら力が入りました。息が苦しく、はあはあしちゃいました。特に28-21と追い上げられてからの24分程は、本当に緊張・興奮しました。 そして28-21で勝利!! グループリーグ4連勝で、初のベスト8進出!! いやー、見事でした!!

速いパスと両翼のラン、そして負けないフォワード陣。ジャパンらしい戦いで、しっかりと得点し、守り抜き、堂々の勝利をつかみ取りました。残り2分からの攻防なんて本当に力比べで、息詰まる凄さでした。変な反則は絶対しないスコットランドを相手に、その意地をビシビシ感じながらも、総力戦で勝ち切りました。いやー、スコットランドの体力が後半もっと落ちると思ったんですけど、落ちませんでしたねー。両チームとも、サブスティチュートの選手たちが先発に負けず劣らず素晴らしかったことも、この好試合を生んだ要因でしょう。

スコットランドだけが4ネイションズ(イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランド)の中で決勝トーナメントに進めなかったわけですね。辛いでしょうけれど、2勝2敗なんだから納得してください。日本は前回大会で3勝1敗でも進めなかったわけですから(今回も危ないところでした)。それにしても、(何度も繰り返しますが)1勝1敗1分けでも決勝トーナメントに行けちゃうことの多いサッカー・FIFAワールドカップに較べて、なんと厳しいことか。

_20191014_0005441024x565 ベスト8まで行ったら、もう一つ。でも南アフリカには9月のテストマッチで大敗してますからねえ。あれが「油断させる戦法」だったら、いいんですけど。 それにしても、ラグビーのジャパンチームは、最初から「ベスト8が目標」ってことで統一されていましたが、サッカー日本代表って、これまでしばしば「目標は優勝!」とかいう絵空事を堂々と言ってました(特にビッグマウスの方が)し、それを言わないことが弱気みたいな風潮すらありましたけど、それってどうなの? 気合としては必要なのかも知れませんが、でもあまりにも現実離れしていて…。もう少し現実をきちんと見据えた目標を設定して、メデイア、サポーターとの共通認識にしないと、世界から笑われちゃいますよ。

 

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

日本サモアを下して3連勝!   #ラグビーワールドカップ #サモア島の歌 #日本対サモア

_20190921_192640473x732 日本中で熱く盛り上がってるラグビーW杯! 今日の日本-サモア戦も、なかなか力が入りました。どうでもいいけどサモアの国家は、「サモア島の歌」(♪あーおいあーおい空だよ くーものなーい空だよ サモアの島とこなつだーよー)ではありませんでした。

前半はサモアも力強く、また粘っこくジャパンの反則を誘い、だけど今の日本もやっぱり粘っこいチーム。ついに復調した田村のペナルティ・ゴールがじゃんじゃん決まり、後半にはサモアが疲労してきたので、トライも量産できました。

一つ目のトライはサモア出身のラファエレ。ここで早くも、なんだかじんと来ました。それはそうと、ラファエレのイケメン度はすげー高いと思います。

80分のホーン(ドラ)が鳴ってからのジャパンのスクラム~出して回して飛び込んでトライにも興奮、感動しました。前半終わった時点では「今日は無理かも」と思ったボーナスポイントをしっかり取れたので、これは大きいと思います。とにかく4つ目のトライを取るために必死でしたし、見てるこっちも体をよじらせながら力を入れておりました。でもそれで取り切っちゃうところが、今の日本の力量だよなあと感心してしまいます。そもそもモールで押し込むとか、スクラムで勝っちゃうとか、本当に頼りになるフォワード陣が強いんです!

リーチマイケルは、今日もすっごく気合の入った好プレイの連続でした。すごいぞ、えらいぞ!

次のスコットランド戦(13日)は日本が勝ちますよ。一番の理由は日程。日本が中7日間休めるのに対して、スコットランドは中3日でロシア戦。その後、中3日で日本戦なのですから。 スコットランドはロシアに負けないでしょうから、日本としても「絶対負けられない戦い」になって来ます。でも開催国に有利な日程という恩恵は、とっても重要なポイントとして日本に勝利を届けてくれることでしょう。それにしても、4チームで競うFIFAワールドカップのグループリーグに較べて、何と抜け出しにくいことか! それだけに喜びも大きいでしょう。決まった時は、また渋谷が大変でしょうねえ。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年9月28日 (土)

日本のアイルランド戦勝利!!!に泣く   #ラグビーワールドカップ #日本対アイルランド

_20190928_182018800x789 ラグビーワールドカップ日本大会、ジャパンの2戦目はちょっと前までランキング世界1位だったアイルランド(現在2位)。で、周知のとおり19-12で日本が勝ちました。…勝っちゃいました! 前回大会の南アフリカ戦に次ぐジャイアント・キリングではありますが、報道もされているように、もう偶然ではなく「必然」と言えるだけの準備と実力がありました(なんて、観戦歴の浅い小生が語っては申し訳ないのですが)。ジャパン、すごいです。強いです。

大江戸が観に行ったスコットランド戦@横浜では、圧倒的なFWの強さを見せつけ、モールのまま押し込むなどの推進力で圧倒していたアイルランドが、スコットランドに1トライも許さなかったアイルランドが、ジャパンのFWにやられてました。スクラムもモールもジャパンがやや優勢に見えましたし、後半にアイルランドの疲れが出て来ると、日本のパス回しと快足が勝っていました。

前半のうちのマフィの故障交代に心配しましたが、さすがはリーチ。むしろチームのパフォーマンスが上がっていきました。 そして後半、「待ってました!」の福岡堅樹出場! やはり松島、福岡が両翼に位置することで、より快足が生きるってもんです。そして、福岡がやってくれましたもん。あの独走、興奮しました。

逆転してから後は、速く時計が進まないかとハラハラドキドキしながら、力を入れて身をよじらせながら見ておりました。日本の試合運び、見事にうまかったですね。そして、後半40分のホーン(今大会はドラですが)が鳴った後にアイルランドが蹴り出して試合終了にさせたプレイには、解説者ともども「??」と思いましたが、後から勝ち点1を確実に取るためとわかって、感動しました。そこまで、今日の日本は恐れられていたのだと…。

勝った瞬間の嬉しかったこと! 感動しました。大江戸でさえ泣けてきちゃいましたよ。試合後にアイルランドの選手たちが作ってくれた「花道」にも泣けました。ファン歴の長い方々の喜びと感動は、いかばかりかと思います。もともと今日は負けて当たり前、でももしかしたら可能性は十分にあると思っていたのですが、ここまでうまくいくとは! 本当にこの大会に照準を合わせて強化してきた日本代表、見事に強いです。アイルランドの誇る世界最高SOのジョニー・セクストンが故障欠場だったことも幸いしたとはいえ、本当に地力がついていますし、交代選手が活躍している=層が厚いです。そして大江戸の好きなトンプソンじいちゃんも、1戦目、2戦目ともに頼もしい限りでした。

このチームなら気を抜いて格下に敗戦ってことはなさそうです。初のベスト8以上はかなりハッキリと見えて来ました。いやー、素晴らしいチーム、素晴らしい大会です。

 

| | コメント (0)

2019年9月22日 (日)

横浜でラグビーW杯を観戦!   #ラグビーワールドカップ #アイルランド対スコットランド 

_20190922_141226800x537 ついにこの日がやって来ました。ラグビー・ワールドカップを生観戦です! 横浜国際総合競技場に、アイルランド×スコットランド戦を観に行きました。直近の世界ランキングで1位と7位という強豪同士。しかもほとんど「お隣さん」。そして、日本とこれから対戦するプールAの両国です。

_20190922_142350450x429 新横浜の駅に着いた時点で、世界からのラグビー・ファン、とりわけ緑色の人たち(アイルランドびいきの方々ですね)がいっぱい。でも、数少ないスコットランド派の方々(男子)は、キルトをはいていたりするので、やけに目立ちます。

_20190922_1524461024x557 駅前のコンビニやパブの前で早くも缶ビールを開けてグビリとやってる外国人たちもいらっしゃいます。何しろラグビーは、サッカーなど他のスポーツと比べて6倍のビールが消費されるってんですから、驚きあきれちゃいますよね。ま、「ビールを飲みながら」が正しい観戦法だということですから、大江戸も見習わねばなりませんね。

_20190922_161620800x490 サッカーではJリーグでも代表戦でも訪れ慣れたスタジアム(まあ、普段は日産スタジアムと呼んでますが)ですが、ラグビー・ワールドカップですから、国際色豊か。印象としては、全体の3-4割が外国人だったのでは? しかも、東アジアの人たちだったら見てもよくわからないし、アフリカ系の人々も少なかったので、ほぼ白人系。どこかヨーロッパの国に迷い込んだかのような気すらしてきます。

_20190922_194525 入場に時間がかかるから早めにと書いてあったのですが、大したことはなく、割とあっさり入れました。キックオフ2時間近く前にスタジアムに入れちゃいました。ただ、荷物検査は過去に(サッカーでもコンサートでも)経験したことがないほど厳格でしたよ。リュックの中に手を突っ込んで底までくまなくチェックした後に、リュックのポケットを開けさせてのチェック。最後に金属探知機でボディチェック。さすがはW杯。来年の東京オリンピックの練習って意味もあるんでしょうね。

_20190922_1744391024x662  今大会の公式ビールはハイネケン。なので、スタジアムではハイネケンしか売ってません。売店で525ml(だっけ?)1,000円と、大きくて高いのを買って、試合開始を待ちながら、300円のフライドポテトをアテにして飲みますと、気分もアガッてまいります。 結局、後半に入ったところで、客席内の売り子ガールから350ml缶(700円)の普通サイズを買って、つまり計2杯飲みました。インターナショナルな正しい観戦法ができて、ホッと胸をなでおろしたのでありました。

_20190922_1746161024x579 今日の横浜は、64.000人近くの観客で大入り。開始前からずっと雨が降り続けていて、ざあざあ振りの時間帯もあったのですが、大江戸の席はマラソンゲートの上の方で、頭上に2階席がすっぽりかぶさる位置だったので、雨のことは全く気になりませんでした。

_20190922_1946271024x633800x495 いよいよ選手たちが入場し両国国家が流れると、特にどっちのファンというわけでもない大江戸は、なぜか(どっちの国家でも)目頭が熱くなりましたよ。何なんでしょう。それがワールドカップってもんですかね? それにしても客席は緑だらけ。圧倒的にアイルランド・ファンの数が多かったです。

_20190922_194647800x487 試合は結局27-3とアイルランドが地力を見せつけ、トライ0のスコットランドを難なく下しました。うーん、次戦はこのアイルランドと日本が当たるわけです。手ごわいですね、やっぱり。

_20190922_194742 逆に、スコットランドに対しては、十分に勝機ありだと思います。いや、グループリーグ最終戦の激突で、勝って8強入りを決めるしかないと思います。

_20190922_194349800x459

アイルランドが4トライを決めた試合でしたが、密集から押し込んだりねじ込んだりのトライが多く、独走・快走トライが見られなかったのは、ちょっと残念。途中からは判官びいきで、なんとかスコットランにド一つはトライを!と思って観てましたが、なかなかままならないものですね。というわけで、後半は両者決め手を欠き、必死のスコットランドをアイルランドの堅い守備がはね返す展開で、スコアも低め。スペクタクルには欠ける試合でしたが、それでもやはりワールドカップの雰囲気というのは、素晴らしいですね。祝祭感に溢れて、感動的です。

客席は(2つの色に分かれるサッカーとは対照的に)実にカラフル。アイルランドのグリーン、スコットランドのブルー、ジャパンの赤をはじめ、さまざまな色のコラージュでした。そこらが(サポーター席を分けない)ラグビーの「らしい」ところなんでしょうね。 

_20190922_193734443x420 帰り道の歩道を見ると、マンホールの蓋もワールドカップ仕様になっていました。願わくはもう1試合ぐらいスタジアムで観たいところなんですが、まあ、1試合観られただけでも僥倖とせねばなりませんよね。2002FIFAワールドカップ日韓大会の時は、何度かの抽選にすべて外れて、どうしてもチケットが取れなかったのですから(あの頃はインターネットのチケッティングじゃなかったからなあ)、それに比べれば…。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年9月20日 (金)

ラグビー・ワールドカップ開幕!日本快勝!   #ラグビーワールドカップ #ラグビーW杯 #日本対ロシア

_20190920_193129354x502 ついに開幕しましたね、ラグビー・ワールドカップ日本大会! 東京スタジアム(まあ、味スタですね。南千住とは関係ない←古い)での開幕戦=日本vs.ロシアをTV観戦しました。

満員の観客席は赤/白ボーダーの日本ユニフォーム姿でいっぱいでしたが、遠目に見るとほとんど『ウォーリーをさがせ!』でした。

大江戸はもともとラグビーに何の興味もなかったのですが、4年前のワールドカップ以降見るようになって、にわかファンとして成長を続けて来ました。TVで代表戦などをちょこちょこ観ていき、昨年は初めて秩父宮競技場でナマ観戦しましたし、今大会に合わせるように、ようやく基本用語とかポジションとか一般的な反則とか日本代表の主力選手まではわかるようになりました。なんとか「間に合った」って感覚。これで大会が楽しめるってもんです。

で、前半は日本が堅くなっていたようで、やけにミスが多く、ロシアに先制トライを許すなど、けっこうハラハラの展開。でも前半終了間際に逆転して、そこからは安心して観ていられました。終わってみれば、30-10と問題ない勝利。松島のハットトリックは、どの快走トライも気持ち良かったです!

この試合、なんかもう1トライぐらいは取れそうでしたが、まあ4トライでボーナスポイント1を上積みできたのは、予定通りとはいえ大きかったと思います(4年前は3勝1杯だったのに、このボーナスポイントの差で決勝トーナメントに進めなかったわけですから)。良いスタートを切ることができました。 でも、田村の調子が悪い(大会前の南アフリカ戦から)のが、ちょっと気がかりですね。

写真はリポビタンDをファミマで2本買って、もらった6番(リーチ・マイケル)のピンバッジ。

そしてあさっては、横浜でアイルランドvs.スコットランドをナマ観戦するのです! 「一生に一度」ですから!!

| | コメント (2)

2019年9月 8日 (日)

サッカーとラグビーの最終テストマッチ   #サッカー日本代表 #ラグビー日本代表 #パラグアイ戦 #南アフリカ戦

最近のラグビーとサッカーの日本代表戦(テストマッチ)を、それぞれテレビ観戦。

サッカーのパラグアイ戦@鹿島スタジアムは、いよいよ始まる2022FIFAワールドカップの2次予選(日本はここから)の壮行試合的な一戦。ボランチの橋本拳人以外はすべて海外組という、まあベストメンバーが先発。前半に2-0として、それで勝負が決まったことからもわかるように、安心できるメンバーです。ただ、それ以外のメンバーの底上げにも期待したいのですが、6人の交代選手が先発を越えるインパクトを残せたかというと、うーん、それはノーですよね。久保建英も、積極的にゴールを狙っていくのはいいけれど、さすがに意識し過ぎ。もうちょっと味方も使いながら、気張らないプレーをしていけばいいのにね。 日本の現在の力からいって、2次予選には何の心配もありませんので、多くの選手を試してやってくださいね。

ラグビーの南アフリカ戦@熊谷スタジアムは、20日にスタートするワールドカップ日本大会に向けた壮行試合。4年前に日本が起こしたスポーツ史上最大の大番狂わせの相手(南アフリカ)としては、絶対に負けられない戦いだったでしょうが、41-7で南アの完勝。さすがに格の違いを見せつけた感じでした。とにかく日本が前後半とも「あと1m」にまで迫るのですが、南アは絶対そこから前へ通させずに守り切るのです。日本はここぞという時のミスの多さも目立ちました。それにしても、南アのFW陣のデカさ、強さと来たら、只事ではありませんね。あとは前半早々負傷退場した福岡が心配です。 とはいえ、だいたい大きな大会前の試合でうまく行き過ぎちゃうと、ろくなことにならないんです(サッカー日本代表の場合は少なくともそうなんです)。だから、この負けで気が引き締まったり、修正点が見つかったりしたのは、良いことに違いありません。

それぞれの今後が楽しみです。

| | コメント (0)

2019年8月10日 (土)

ラグビーW杯チケット取れた!   #ラグビーワールドカップ #ラグビーW杯

開幕まであと42日に迫ったラグビーW杯。サッカー派の大江戸としては、4年前のフィーバー以降のにわかファンなので申し訳ないのですが、大会コピーにあるように「一生に一度」の自国開催なので、どんな試合でもいいからナマでスタジアム観戦したいと、これまで各種販売に何度もチャレンジしてまいりました。でも、どうしても取ることができなかったんです。抽選に漏れたり、先着順で延々待った末に順番が来ても、売り切れてたり(画面上では残席があることになっているのに、リアルタイム状況の反映が遅いようで、既に取れない)。

いや、正確には第3次の先着順販売では、地方の会場だとかやけに高い席なら残っていたんです。でも、大江戸としてはさすがに交通費や宿泊費かけて関東圏外の会場まで行く気にはなれず、またある程度のラインを越える料金の席は対象外に自主規制したものですから、うまく折り合わなかったってことなんです。その上、なぜか公私の予定とかなりかち合っていて、それを除くとそもそも購買対象の試合が本当に限られておりまして…。

で、本日18時からの第4次(先着順)販売。結局4時間ほど待ってようやく順番が来たのですが、今回はぐっと取りやすくなっておりました。おお、あるじゃないの! 今回は楽じゃないの! ただ(自分にとっての)購買対象試合の少なさって問題がありますので、結局1試合のみ購入しました。

9月22日(日)、横浜国際総合競技場のアイルランドvs.スコットランド戦です。ワールドカップなのに、なぜそんな地域リーグみたいな極地戦を?(笑)って話もあるでしょうけれど、いいんです。ほとんど「参加することに意義がある(ナマで)」なんです。 

あとは、台風とか来ないでね(マジで)。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

(番外編)ラグビーW杯山笠など in 博多   #ラグビーワールドカップ山笠 

_20190717_192228_convert_20190717221330 先日、わけあって福岡県に行きましたので、博多で撮った写真をご紹介。

まずは博多へ向かう鹿児島本線の車内。ドア前の車両中央上部に、こんなサークルが! 吊り革をこんな風にしてあるなんて、面白いですねー。これ握りながら、みんなで内側を向いて会議とかできそうですよね。個数から考えると、ラグビーの先発メンバー全員がミーティングをすることぐらいはできそうです。でも、ガタイがいいんで、ちょっときつすぎるかなあ?(まあ、スクラムだと思えば…)

_20190714_170102_convert_20190717221433 続いては博多駅構内のバッター。ソフトバンク・ホークスの選手のようですが、大江戸は野球のことはまったくわかりません。ただ、すっごいねじれてます。こんなにそり返ってねじれちゃって、大丈夫なんでしょうか?

Dsc_3661768x1365 そして、山笠だったんですよねー。駅前に展示して、というか、置いてありました。「飾り山笠」と言うらしいですね。なんでも13mぐらいになるのだとか。確かにすっごく上の方までありました。高かったです。

この山笠は、川中島の合戦をモチーフにしておりました。

_20190714_175426_convert_20190717221547 その裏側にあったのは、なんとラグビー・ワールドカップ日本大会がモチーフ!

シンボルマークの横にあの連獅子みたいなマスコットがいたり、ユニフォーム姿の選手たちが、キックしたりタックルしたりしております。

九州でも3会場(福岡、熊本、大分)で熱戦が繰り広げられるのですね。

 

 

_20190714_1756041024x1830

東京圏の会場はチケット・ゲットが困難で、大江戸も何度かにわたって申し込んだり、様子をみたりしたのですが現時点で入手出来ておりません(先着順の時も、もう静岡、愛知あたりのしか残ってなかったし、そこまで遠征するほど熱心ではないし)。どうやらTV観戦で終わりそうです。ま、熱心なラグビー・ファンの方がご覧になった方が正しいあり方ですしね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧