2019年7月17日 (水)

(番外編)ラグビーW杯山笠など in 博多   #ラグビー・ワールドカップ山笠 

_20190717_192228_convert_20190717221330 先日、わけあって福岡県に行きましたので、博多で撮った写真をご紹介。

まずは博多へ向かう鹿児島本線の車内。ドア前の車両中央上部に、こんなサークルが! 吊り革をこんな風にしてあるなんて、面白いですねー。これ握りながら、みんなで内側を向いて会議とかできそうですよね。個数から考えると、ラグビーの先発メンバー全員がミーティングをすることぐらいはできそうです。でも、ガタイがいいんで、ちょっときつすぎるかなあ?(まあ、スクラムだと思えば…)

_20190714_170102_convert_20190717221433 続いては博多駅構内のバッター。ソフトバンク・ホークスの選手のようですが、大江戸は野球のことはまったくわかりません。ただ、すっごいねじれてます。こんなにそり返ってねじれちゃって、大丈夫なんでしょうか?

Dsc_3661768x1365 そして、山笠だったんですよねー。駅前に展示して、というか、置いてありました。「飾り山笠」と言うらしいですね。なんでも13mぐらいになるのだとか。確かにすっごく上の方までありました。高かったです。

この山笠は、川中島の合戦をモチーフにしておりました。

_20190714_175426_convert_20190717221547 その裏側にあったのは、なんとラグビー・ワールドカップ日本大会がモチーフ!

シンボルマークの横にあの連獅子みたいなマスコットがいたり、ユニフォーム姿の選手たちが、キックしたりタックルしたりしております。

九州でも3会場(福岡、熊本、大分)で熱戦が繰り広げられるのですね。

 

 

_20190714_1756041024x1830

東京圏の会場はチケット・ゲットが困難で、大江戸も何度かにわたって申し込んだり、様子をみたりしたのですが現時点で入手出来ておりません(先着順の時も、もう静岡、愛知あたりのしか残ってなかったし、そこまで遠征するほど熱心ではないし)。どうやらTV観戦で終わりそうです。ま、熱心なラグビー・ファンの方がご覧になった方が正しいあり方ですしね。

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

東京オリンピック チケット当選!   #東京オリンピック・チケット #チケット当選

_20190621_234003551x550 はい、昨日当選しておりました! ふふふ。 メールが来て、3セッション×3名=9枚が当選しておりました。ただ、その内容は公式サイトのマイページみたいな所で確認するってことだったのですが、小一時間待ってようやくつながりました。

で結果は、3つとも「女子サッカー」(笑)。えー!? 開会式も閉会式も男子サッカーも申し込みましたが、見事落選。でも全部で25枚分申し込んだ中で9枚当選ですから、かなり確率はいいんじゃないの?…ってか、女子サッカー、人気ないなー。まあ、収容人数が大きい会場(で、その割に大人気ではない)ってこともあるでしょう。新聞には60枚全ハズレの人なんかも載っていたので、やっぱり大江戸は「持ってる」んでしょうね。

女子サッカーは、一次ラウンド(17:30-22:30ってことは、2試合やるんでしょうね)のA席@東京スタジアム(味の素スタジアムですね)、準決勝のC席@横浜国際総合競技場、そして決勝・表彰式がC席@オリンピックスタジアムってことでした。7/22、8/3、8/7です。

今の時点では出場国も何も決まっていないので、日本戦が含まれるかどうかはわかりません。個人的な読みとしては、一次ラウンドの2試合のうち、どっちかは日本戦だと思ってます。だって、東京スタジアムの開催だし、「DAY-2」つまり開会式二日前の競技先行スタート!って感じだし。で、もちろん準決勝や決勝にも駒を進めていただきたいとは願っておりますよ。

でもいいんです。仮に日本戦じゃなくても、(出るかわかんないけど)スコットランド×ナイジェリアとかそういう地味なカードでも。だって、一生に一度(たぶん)の生オリンピック観戦なんですから♪ しかも決勝は隈研吾の「オリンピックスタジアム」ですもんねー(個人的にはザハ・ハディド設計のスタジアムで観たかったけど)。9枚も取れた分(キャンセルは不可の一括購入)チケット代も結構冷や汗な感じになりましたけど、まあ海外に見に行ったと思えば、そして「一生に一度」のプライスレス体験ですから。 おお!今から楽しみです!!!

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

うめさきつ傘   #湘南ベルマーレ #梅崎司

_20190531_214643361x403 これ、先日のBMWスタジアムで販売されたベルマーレ・グッズ。

題して「うめさきつ傘」!! 

はい、今や湘南のサッカーには欠かせないシンボル的存在=梅崎司(うめさきつかさ)選手のお名前にひっかけた、まあダジャレ傘であります。

ただのビニ傘(ポリエチレン)なんですけど、“Rainbows Come After  The Rain”と背番号7がプリントされてます。「雨の後には虹が出る」、多くの困難を乗り越えて来た苦労人の梅崎選手らしい言葉ですね。

なんか、すぐ売り切れちゃったので、今度再発売されるみたいですよ。

| | コメント (2)

2019年2月28日 (木)

全日本カーリング、中部電力の強さ   #女子カーリング #中部電力 #ロコ・ソラーレ

しばらく前にやっていた全日本カーリング選手権の女子の部を(決勝を含め)何試合かTV(NHK BS-1)で観たのですが、いやー、中部電力強かったですね。何しろ10試合全勝でしたし、決勝を含めこの大会で三度対戦した(平昌オリンピック銅メダルの)LOCO SOLAREに3連勝ですから(カーリングの場合、決勝トーナメントに行ってからが複雑なので、こういうことがあるのです)。

中部電力のメンバーはみな安定していました。それに比べるとLOCO SOLAREは波がありましたね。特に4人目(中部電力はフォース=北澤、スキップ=セカンドの中嶋なので、スキップ対決ではないのですね)の差が出ました。北澤(中部)が安定感+ここぞという時に見事なショットを決めていたのに対して、藤澤(ロコ)は良い試合と悪い試合があり、決勝の勝負どころではミスしたところをことごとく北澤に決められて、大量失点を招いておりました。 あ、でもロコのサード吉田知那美は、凄かったですよ。難度の高いショットを正確無比に決め続け、MVPをあげたいほどでした。

もともと大江戸は「本橋(麻里)さんのチーム」ってことで、LOCO SOLAREを応援してはおりましたが、昨秋「選手活動を休んで、新チームLOCO STELLAのマネージメントに専念」するってことになったので、今大会は北海道銀行推しでした。もともとアンチ藤澤ではあったし・・・。 しかしながら、何試合か観てると中部電力の強さは気持ちが良く、大いにリスペクトしたのでありました。あの両角友佑が昨年12月からコーチに就任したってことが、戦略面でもメンタル面でもかなりプラスに働いたことと思われます。

この強さに更に磨きをかけて、3月の世界選手権で良い成績を挙げてもらいたいものです。あ、もちろん男子優勝のコンサドーレもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

青梅マラソンとへそまんじゅう   #青梅マラソン #へそまんじゅう

_20190217_190631

17日(日)は第53回青梅マラソンがありました。昨年はエントリーを忘れてて〆切になってしまい、一昨年は翌週の東京マラソンが当たっていたので、そちらに力を注ぐために走らないでお仲間の応援にだけ行きました。なので、3年ぶりの出場ってことになります。

 

大江戸は30kmを走りましたが、いやー苦しい道のりでした。これまでの青梅で、一番長い時間走りました。グロスで3時間34分ぐらい。でもナンバーカードが10000代だったので、スタート地点まで1040秒ほどかかりましたゆえ、ネットではその分早くなっております。

 

今日のスターターは野口みずき。そのそばには高橋尚子もという金メダルコンビ!

_20190217_190557Qちゃんは全員がスタートし終えると、後方からレースに参戦。ゆっくりランナーの方々に声をかけながらどんどん走っていきます。その際にみんなと手と手でタッチして行くんです。すっごいサービス精神ですよね。で、高橋さんはゴールでも市民ランナーの皆様を迎えて、両手を広げてタッチ。あれだけ多くの人とタッチしたら、手が腫れちゃうんじゃないかしらんなどと思いつつ、大江戸もしっかり往路/復路ともタッチいたしました。けっこう小柄だし、手のひらも柔らかいんだ、これが。

_20190219_221934

ただねえ、やっぱり練習不足は良くありませんね。終了後しばらくして着替えも終わってから、気持ち悪くなって吐いてしまいました。年明けからは、小生にしては結構走って間に合わせる調整はしているのですが、レースよりもかなりゆっくりなジョグですから。で、レースだとなんだかんだ頑張ってラスト1㎞とか500mとかで軽くスパートしたりしちゃうので、それが良くないとはわかっているのですが・・・いざレースになると忘れてしまうのです。てゆーか、青梅だと刷り込まれていて、あの道に入ると体が無理しちゃうんですね。あ、でも吐いたらスッキリして、飲んだり食べたりしましたけどね。

完走メダルはやっぱりいいもんです。金属の程よい重みが気分をアゲてくれます。

_20190219_222005

そしてお土産は奥多摩名物『へそまんじゅう』(8個入り・税込840円)。これ、大好きなんです。近年は青梅に行くと必ず買って帰ります。白と茶色のまんじゅうで、どちらもつぶあんがたっぷり。名前の通り中心にへそのようなくぼみがついてます。ちょっと塩味の感じられるあんこがおいしいんですよねー。煎茶と合わせると、無敵です。 そういえばこのお店、マラソンコースにありまして、お店の前ではズラリと並んだ太鼓部隊が和太鼓を勇壮に叩き続けています。疲れてペースが落ちている時に、この太鼓のテンポに合わせて走ると(一時的であるにせよ)回復するのです。いつもありがとうございます!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月22日 (火)

アジア杯サウジ戦 からのラグビーW杯チケット取れずの件   #アジアカップ #日本代表 #ラグビー・ワールドカップ

昨夜のアジアカップ、決勝トーナメント第1戦=日本vs.サウジアラビアは、日本が1-0で勝ち上がりましたが、ボール保持率はサウジアラビアが76.3%と圧倒的な数字。ただ、そんなに支配されていたという印象はないので、日本が「持たせていた」という感じです。アタッキング・サードにはあまり侵入させないし、侵入したとしても最後は堅く守るという戦術。攻めに関しては、いつもよりもカウンターとセットプレイに頼りながら、泥臭く、リアリスティックに勝つという選択が成功しました。

富安、頼りになりますねえ。守備の安定感に加えて、この日の決勝点も彼の頭でした。そして20歳とは思えぬ顔だち(おっさんっぽいことに関しては、湘南の杉岡みたいですね)。きちんと吉田の後釜が定まった感じです。 遠藤航はこの日も、効いてました。地味に気の利いたプレイを、随所に出しておりました。 原口の攻守に置ける奮闘とランも、いつもながら感動的です。 一方、権田、南野、堂安がイマイチ冴えませんでした。武藤嘉紀はむしろ守備で効いてましたが、累積警告2枚で次のベトナム戦には出られなくなってしまいました。どうなるのでしょう?大迫の回復が間に合ってくれるのか? そうでなければ、北川が1トップになるのですが、今大会のパフォーマンスは良くないので心配です。 とは言っても、そしてベトナムが強くなってきたとは言え、ここは勝たないとダメでしょ。よろしくどうぞ。

話変わって、今秋のラグビー・ワールドカップ日本大会のチケットですが、なかなかどうして、やっぱり取れやしませんね。まあ、もともと大江戸はラグビーに全然興味が無かったし、だから観て来なかったのですが、前回ワールドカップで日本が躍進して以来ちょこちょことTVで観たりするようになり、昨秋には秩父宮デビューを飾りました、そんなわけで、「熱心なファンには申し訳ないけど、「一生に一度の自国開催なので、もし券が取れるようなら、行ってみようかな」ぐらいの気持ちで、昨年秋の抽選販売に申し込んではずれ、その落選者を対象にした1月半ばの販売も10万人以上のウェイティングで、順番が着た時にはもう券がありませんでした。その直後の第2次一般販売(先着順)でもやはり、10万人以上の待機の果てに順番が着たら、関東圏はどこの会場も車椅子席しか残っていない状態でした(っていうか、大分とか熊本あたりしか残ってなかった)。実は、一般発売の前にコアなラグビー・ファン向けの販売やら、開催地住民向けの先行販売やらが4回ほどあったみたいで、それでも皆さまゲットできないみたいなので、これはよっぽど気合をいれてないと(高額でも買うとか遠隔地でも行くとか)無理なんですね。

まあ、大江戸みたいな生半可な奴がゲットしてっしまっては申し訳ないという気持ちも半分ありましたので、入手できずにホッとしている自分もいるのですけどね・・・。それにしても、日本戦なんか一番良い席は15万円とかですよ。高いですねえ。 ここは切り替えて、TV観戦やパブリック・ビューイングで良しとしましょう。 その分、ちゃんとJリーグに行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

大久保-早稲田-雑司ヶ谷ランと、走ることについて  #ランニング #都内を走る #なぜ走る

2月17日の青梅マラソン(30㎞)まで、あとひと月ちょっと。おととしの東京マラソン以来久々にレースに出るので、何とか完走できる程度に調整しようと、昨日は2時間45分程都内を走りました。

_20190114_183401_convert_2019011522
自宅からまずは新宿まで3-40分かけて走りまして、その後は大久保/東新宿あたりから明治通りに入って、西早稲田から雑司ヶ谷方面へ。

都電荒川線(最近は「東京さくらトラム」とか言うんですよね)の新しい車両。おお、休日は今でも正面に国旗なんかつけて走るんですね。

_20190114_183419_convert_2019011522

雑司ヶ谷墓地のそばまで来ての折り返し。すぐそばの鬼子母神をお詣り。この界隈は、『獣になれない私たち』のロケで使われていたんですよねー。

_20190114_184048_convert_2019011522

境内にある駄菓子の上川口屋さんは、いまだ健在でした。

_20190114_183533_convert_2019011522

冬場の神田川は寒そうです。高田馬場の南の方。

_20190114_183635_convert_20190115_2

おお、早稲田松竹だあ! 学生時代は何度も訪れた名画座が、いまだに同じ平屋一戸建てで存在し続けているとは、嬉しいじゃありませんか。すごいなあ。

_20190114_183932_convert_2019011522

そして大久保公園を抜けて、少し迷いながら大久保へ。うわー、凄い人だかり。歩道がほとんど人でぎっしり。歩きにくい状況でした。若い女の子率が異様に高くって、特にブームのホットグ屋さんの前には、長蛇の列! 大久保~新大久保は近年ネパールの進出がめざましいって聞いたのですが、いやいややっぱり韓国です。だって、住宅街の狭い道にまで女の子たちがあふれてましたもん。びっくりです。

てなわけで、ゆっくりのランでしたが、調整は順調。今や、スピードだ記録だはどうでも良くて、とにかく無事完走したい気持ちだけです。なぜ走ってるんだろう?と考えると、最近はシンプルに答えが出て来ます。健康管理と体型維持のためなんですよね。やっぱり少しは走ってないと、体重や体脂肪が増えちゃいますし、筋肉を衰えさせない効果ももちろんあります。そして、体のためにも、体と密接につながっている心のためにも、適度に走るってことは良いことです。精神的にちょっと参ってる時に走ると、重苦しいモヤモヤが確実に汗と一緒に流れ出ていきますもん。 ただ、走り過ぎたり、無理をしたり、何かを目指したりするのは、かえって心にも体にも良くないので、それはもうやめています。「楽しく、ゆっくり、少しだけ」、これからもそういうスローガンで走って行こうと思っております。

じゃあなぜレースに出るのかというと、基本は出なくてもいいんですけど、1年に1回ぐらいレースで普段走らない長距離を走るようにしておかないと、それに備えた練習もしなくなるし、そうすると短い距離のゆっくりジョグばかりになって(おまけに走る頻度も少ないもんだから)、現在の体や筋力をキープできなくなるからなのです。少しはちゃんと走る(練習する)ためのモチベーションとして、なのですね。まあ、そんなもんは年に一度ぐらいってことで(十分とは言えないにせよ)手を打ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

神宮あたりをランニング   #新国立競技場 #絵画館前イチョウ並木 #缶しるこ

_20181218_232351
今日は代休が取れたので、久々に長めに走ってみました。なにしろ二月後(2/17)には青梅マラソンですからね。そろそろ気合入れてかないと。てなわけで、ジャスト2時間走りました。なまけものランナーの大江戸としては、そんなに走ったのは夏の海ラン以来ですねえ。

Dsc_3226
新・国立競技場、だいぶ出来てきましたねえ。来年の11月完成ですから、あと11ヶ月です。近くで見ると本当に巨大です。

Dsc_3229
とにかく凄いプロジェクトでございます。あと少し気合入れて、当初予定通りラグビー・ワールドカップに間に合わせてあげれば良かったのに。森さん、かわいそー。

_20181218_232316
そこから少し走ると、神宮絵画館前のイチョウ並木です。もう散っちゃいましたけど、黄色い木の葉が踏み砕かれたものが黄色いじゅうたんとなっておりました。ほとんど「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード」ですね。

_20181218_232255
いつ通っても、この並木道の入口はシンメトリカルで、消失点があるパースになっていて、魅力的ですねー。

Dsc_3236
冬場の長めのランでは、終盤エネルギー切れになるので、だいたい自販機のおしるこかココアを飲みます。今日はアサヒ飲料の「おしるこ」。老舗あんこ屋特製って書いてあります、なんでも、1925年創業の東村山にある遠藤製餡って会社のあんこを使っているようです。大粒の小豆がごろんごろん入っていました。これまで飲んだ缶しるこの中でも、小豆の量に関しては最強だと思います。ただ、小豆があんまり甘くないんですよねー。大江戸の好みとしては、もっと甘く煮て欲しかったところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

ラグビー・トップリーグを初観戦! #ラグビー初観戦

_20181020_194525
あと1年足らずでいよいよラグビー・ワールドカップ日本大会ですね。てなわけで、秩父宮ラグビー場にトップリーグの試合を観に行って来ました。なんと、ラグビー初観戦です!(高校ラグビーや大学ラグビーや社会人ラグビーも生で観たことはありません) 

_20181020_222024

実は新聞販売店の懸賞に当たって招待券をゲットしたから来たってのもありますが、そもそも応募したのは、どうせ来年には日本中「にわか」だらけになるんだろうから、少しでも自分の「にわか」度を薄めておこうという努力の姿勢なのであります(えらい)。

実際、前回W杯での日本の躍進以降は、TVでたまーにラグビーを見てたりするのです。いつもサッカーとの違いに「へー、そうなんだー。おもしれー。」と思っている大江戸です。

Dsc_2985

今日は11:30からと14:00からの2試合(1枚のチケットで、居残って2試合観られるんですよん)=NTTコミュニケーションズ×宗像サニックス、サントリー×日野。サントリーの試合はちゃんと観ようと思い、第1試合はのんびりと20分ぐらい過ぎてから入場。

Dsc_2988

まずはゴールポスト裏の席で観てみました。なるほど選手たちがこっちにいる時は良いのですが、あっちサイドに行っちゃうと、確かに遠いですね。

ハーフタイムにいったん外に出て、ラーメン屋でチャーハンを食べてから戻り、今度はバックスタンドのポスト脇の方で観戦。うん、やっぱりこっちの方が良いですね。専用スタジアムなので、ピッチが近いですし。

Dsc_2990

ラグビーって、場内アナウンスの人が「アドバンテージを見ていましたが、ノックオンがありました。」とか「映像で確認して、危険なタックルがあったことが認められました。」とかいちいち説明してくれるので、親切です。まあ、選手が密集してることが多いし、ルールも複雑なので、確かにそうしないと厄介ですもんね。大型ビジョンの映像もほとんどつけっぱなしですし。

_20181020_145244
試合はNTTコムが31-12で勝利。 第2試合の前に売店で生ビールとハーブチョリソを買って、気分を盛り上げます。席も全体を観やすいスタンド上部にしてみました。

Dsc_2993
観客数も第1試合よりもだいぶ増えて、黄色づくめのサントリーのサポーターもけっこうな数揃いました。サッカーのサポーターってゴール裏にいるもんですけど、ラグビーではバックスタンドなんですね。

Dsc_2998_convert_20181020224023
なんでもサッカーと較べちゃうんですけど、応援は素朴です(「Go! Go! サンゴリアス!」とか言うぐらいで、まあ初心者にもとっつきやすい)。ガタイのいい(昔ラグビーやってたんだろうなあって感じの)お客さんが多いのも特徴的。それと、やけに小さい子供連れのファミリーが多かったのも印象に残りました。

Dsc_2999

ボールがスタンドに入ることも多いです(サッカーじゃめったにありません)。練習中にボールがスタンドに飛んでって、立ってたお客さんに当たってぶっ倒れたところも遠目から目撃しました。要注意ですね。

給水要員がいて、プレイが途切れた時に水ボトルを渡しに来て、終わると回収して戻るのですね(サッカーの場合は、ピッチサイドに点々とボトルが置いてあって、勝手に飲みます)。

_20181020_163056

あと面白かったのは、ベンチ。サッカーみたいにちゃんとした造りじゃなくて、なんかビアガーデンみたいなプラスチック椅子が並べてあるだけ。うーん、新鮮。

Dsc_3000

さて試合は、サントリーが50-12と貫禄の勝利。ラグビーって、きっとサッカーよりも番狂わせが起こりにくいスポーツでしょうね。そう思いました。

_20181020_222052_convert_2018102022
色々新鮮で、十分楽しめましたが、やっぱりサッカーの方が小生はいいなあ。トライも、結構ちょくちょく決まっちゃうので、一回ごとの歓喜が薄いような気がするのです、サッカーのゴールの爆発的な歓喜に較べると。 

トライの後のゴールキックの時って、相手チームも味方も、みんなキッカーを放置しておいて、円陣組んで話してるんで、「おいおい、これから仲間がコンバージョン決める大事なところなんじゃないですか?」と思って、その無関心な風情に笑っちゃいました。

Dsc_2994_convert_20181020223754
試合後にはグリーティングタイムってのがあって、選手たちが客席前列のお客さんたちと交流をするのですね。これはなかなかのファンサービスです。

秩父宮ラグビー場の良さは都会の真ん中ってこと。スタンドの後ろに神宮球場(レンガ色&白い照明塔)が見えます。そしてその後ろには、新国立競技場がだいぶ出来上がってまいりました。デザイン問題と費用問題でもめなきゃ、ラグビー・ワールドカップで新国立を使えたのに・・・。まっこと残念であります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

今年も湘南「海ラン」

Dsc_2747
東京の気温が35だか36℃になった本日、毎年恒例の「海ラン」に行って来ました。茅ヶ崎のサザンビーチから出発して、(昨年は平塚方面でしたが)例年のごとく江ノ島水族館まで走っての往復です。

いや、暑い。朝9時15分ぐらいのスタートでしたが、既にガンガンの暑さ。ちょっと走ると、異常に汗が出て来ます。目に入りそうに滴る汗を拭くのが大変でした。経口補水液を飲みながら走っておりました。

Dsc_2749
おまけに「養浜工事」とかで、やけにたっぷりの砂を道の際に積み上げてあるものですから、走るコースは狭くなってるし、砂の上を歩くような箇所も多くて、それでだいぶ消耗しました。

途中の水飲み場にあったのがこれ。「ワンちゃんウォーターカップ」。カップと言うよりはボウルだと思いますが、なるほど愛犬家用のこういう配慮もあるのですね。

Dsc_2746
江ノ島海岸の海の家には「点滴ジュース」なるのぼりが! 確かに点滴パックとそこから伸びる管が吊るしてあり、赤や青の液体が・・・。うーん、ちょっと興味深いですね。

Tenteki

で、後半はバテてしまったメンバーのことも考慮し、歩きを混ぜた超ゆっくりランで帰還。ちょうど12時頃に海の家へ戻り・・・

Dsc_2750
冷え冷えの生ビールで乾杯!! いやー、うまかったこと!!最高です。いつもの烏帽子岩ジョッキです。

Img_0780

あ、それとこの「食いだおれ太郎」のソックスは、過日支援者の方(本日のメンバーの一人)から頂いた大阪土産です。シューズを履いてると、見えません。

実は今日はスマホの充電を忘れてしまって、家を出る時に気づいたら、もう29%しか残っておりませんでした。なのでオフにしながら大切に使っておりました。そのため写真があまりありません。あしからず。あしかがたかうじ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧