2018年2月26日 (月)

カーリング男女代表、おつかれさま

平昌オリンピックが閉幕しましたね。カーリング男子代表は、銅メダルの女子の影でさほど目立ってはおりませんが、そもそも今回出場10チームに入れたことがスゴイです。そして、1次リーグの9試合を4勝5敗という成績は、立派なもんです。よく4勝もできましたし、あと1歩で勝てた試合も2つはありました。女子だって1次リーグは5勝4敗だたわけですから、こっちも紙一重の差だったわけです。 両角佑介が安定感のあるスキップに育っていました。超攻撃的と言われる戦術もまた良し。山口の日本人離れしたパワーが効いています。4年後も更に成長しそうなチームですね。女性(長岡はと美さん)がコーチしてるってのも、珍しいですね。

そして女子は、予想以上の成績と予想以上の盛り上がりでした。チーム青森の躍進で、「カー娘」ブームが起きた時以上です。 まあ大江戸は割とアンチ藤沢だったので、むしろ北海道銀行が出てくれた方が嬉しかったぐらいなのですが、こうして毎試合のように見ていると、情も移る、目も慣れるってもんで。まあ、もともと(本橋)麻里ちゃんのチームだし。そう、ロコソラーレ北見の良さは、無類の「明るさ」。ここにマスコミも視聴者も食いつきました。「そだねー」もおやつタイムも、これまでずっと見たり聞いたりしてきたのに、今更爆発的にはやるとは! まあ、オリンピックでしかカーリングを見ないって層がマジョリティーなんでしょうね、やっぱり。

終盤には、新聞のテレビ欄に「カーリング」または「カー娘」と16カ所も書いてある日がありました(14カ所の日もあったし)。「そだねー」もやたら書いてあったし(流行語大賞ノミネート確実でしょうし)。おやつに関しては、本橋発の「もぐもぐタイム」って言葉もはやっちゃいましたし。

ただ韓国で藤沢五月が美人として大人気ってのには、心底驚きました。小生としては、苦手な顔なもんで(そもそも顔、大きいっすよね)。 一方大江戸としては、TVの前にコーチのJ.D.リンドさんに萌える女子がわんさかいたのではと推察しておるのですけれど。まったく、ライアン・ゴズリングがコーチしてるとは、びっくりです。4人も結構英語でコミュニケートしてたので(特に吉田知那美)、それにもびっくりしました。

今回は時差が1時間だけということで、毎晩帰って来てからみっちりと日本の試合(女子なり男子なり)を見ることができました。かつてなかったことです。相当時間を使ったけど、楽しい日々でした(ロスになりそう・・・)。

これでカーリング協会が潤ったり、スポンサーがつくようになったり、日本カーリングの未来にとって良いことがたくさん起きるといいなーと思います(一過性のブームではなく)。東京に常設のカーリング場ができたりすると、最高なんですけどねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

女子カーリング、日本銅メダル獲得!

女子カーリング銅メダル!! やりました! いやー、長年のカーリング・ファンとして、嬉しい限りです。でも正直、この大会のロコソラーレ北見がここまでやるとは予想できませんでした。随分負けても、ショット成功率がやけに低くても、チームワークと決め所を決める要領の良さで、メダルが取れてしまったのですから、他の堅実な実力派チーム(スイスだとかカナダだとか中国だとか)としては、「なんで??」という思いでありましょう。実際、声も身長も、子供のチームと対戦してるみたいだったでしょうし。

でも今日は日本の日でした。スキップの調子の差で決まりました。藤沢が思い通りに決め続けたのに対して、ミュアヘッドが勝負どころでミスを多発して敗れた英国。しかも10エンド、最後の一投で後攻のイギリスがはじいた日本の石をナンバー1の位置に残してしまったという、ラッキーな(イギリスにはアンラッキーな)勝利。昨日の準決勝(韓国戦)は延長11エンド最後の1投で、ギリギリ敗れた日本ですが、今日は幸運が転がって来ました。(どうでもいいけど、ミュアヘッドって8年前には可憐な美少女だったのに、今では魔女みたいになって来ましたよ。)

それにしても今日は、「相手に1点を取らせることに成功」が繰り返されるというしびれる展開。8エンドまで1点ビハインドだった日本が9エンドで1点をスチールし(これもミュアヘッドのミス)、10エンドもスチールという劇的な展開! いやー、カーリングってやっぱり面白いですねー! そだねー。

大会全試合の総括は、また後日に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

Fリーグのベルマーレを初観戦

_20180113_170131
フットサルのFリーグ、ちょっと興味はありながら、大江戸はこれまで生観戦をしたことがりませんでした。でも今日初めて駒沢屋内競技場に行って来ました。Fリーグのリーグ戦は終了したのですが、上位チームが優勝や順位を決める「プレーオフ」ってのがあって、3位湘南ベルマーレvs.4位フウガドールすみだの試合があって、「おお、駒沢なら平塚へ行くより全然近いや」というわけで、初のFリーグ観戦となったのです。

_20180113_223451

チームの旗もユニフォームも、サッカーの湘南ベルマーレとはちょっと違うのですが、ライトグリーンとブルーの配色は一緒なので、客席のサポーターたちの多くは、サッカーのレプリカユニフォームを身に着けておりました。いやー、湘南側のサポーター、多かったっす。東京開催なのに、神奈川のチームの方が応援で圧倒しているのです。

_20180113_195039
その上、応援チャントはサッカーのベルマーレと一緒。なので、普段はサッカーチームのサポの方々もみんなすぐに歌えます。本日の大江戸はリサーチ不足で、熱心なサポ席の上の方にいたのですが、甘かった。試合が始まるとみんな総立ちになって、チャントを歌って応援します。サッカーでアウェイに応援に行った時の感じでした。久々に大声出して歌い続けちゃいました。あまりにも差があって、すみださんちょっとかわいそうでした。

_20180113_223151_2

初めて観るフットサルの試合は、すごくスピーディーで、フィジカルコンタクトが激しかったです。サッカーならファウルを取られるような当たりでも、笛が鳴りません。選手たちとの距離も近いので、迫力があります。ゴレイロ(ゴールキーパー)が至近距離からのシュートを止めまくります。

_20180113_223041

試合は前半0-0で折り返し、後半にベルマーレが先制! その後、すみだが追いつき、引き分け間近の残り時間3秒(!)に、湘南のゴールが決まり、勝利を決定づけました。しかし、フットサルというのは、純粋なプレー時間以外は時計が止まるので、いろんな事が起きます。残り3秒なのに、2つ3つのプレーがあって、残り1秒からのセットプレーですみだに点を取られてしまいました。結果は2-2。でも大会規定により、リーグ戦上位の湘南が準決勝進出となりました!パチパチ。 

_20180113_195147

フットサルって前半20分、後半20分で、だんだん時間が減って行って0になるまで戦うのですが、先述したようにボールが動いていない時は時計が止まるので、結局45分ぐらいずつかかります。なので、ハーフタイムを入れてちょうど2時間弱と、サッカーとほぼ同じ時間がかかっていました。よくできていますね。

_20180113_222805

それにしてもヒヤヒヤする試合でした。すみだはかなり試合を支配していて、ベルマーレは(サッカーとは違って)粘っこく守ってカウンターというチームでした。ゴレイロのフィウーザ選手が何本となく決定的なシュートをブロックしてピンチを救ったことが最大の勝因のように思えました。いや、凄かった。顔面ブロックもあったし。

元ベルマーレの名選手ボラが今はすみだにいるのも、不思議な縁の試合でしたね。

小生も久々に隣の人たちと肩を組んで、「勝利のダンス」(サッカーと同じ)を踊っちゃいましたよ。駒沢のスタンドが揺れたこと思います。 いや、面白い経験でした。のめり込むことはないと思いますが、機会があればまた観てもいいかなと思いました。

ただ(少なくとも駒沢では)場内にはドリンクの自販機があるのみで、食べ物は一切なし。サッカーだといつもビール+フードがマストの大江戸としては、ちょっと物足りなく感じたことも事実なのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

青梅の申し込み、忘れてたぁー!

いや、世の中にはマヌケな話があるもんです。

今日、東京メトロの車内で、たまたま乗り合わせた知人と話しておりました。

A「走ってるんですか?」

大江戸「まあ、ちょこっとだけ。僕の場合、細く長くですから。」

A「レースとかも出てるんですか?」

大江戸「いや、レースはもう年に1回ですよ。だいたい青梅の30キロだけ。まあ東京に当たった時は、そっちに出ますけど、そうそう当たるもんじゃないから。今年も12倍以上だったし。(はずれました)」

などと言いながら、気づいてしまったのです。 ・・・あ、青梅のエントリー、すっかり忘れてた!

その後で慌てて調べてみたら、エントリー期間は9月22~28日で、2次募集の方も既に10日ほど前に終了しておりました。いやー、東京マラソンは中吊り広告とか出てるんで、「ああ、応募しとかなきゃ」って思うんですけど、青梅はねえ・・・。毎年の事なのですが、日々を「いつもの年よりも忙しいなあ」などと思いつつ過ごしているうちに、コロッと漏れておりました。

よく見たら、3万円出して走るチャリティーランってのがありましたけど、青梅走るのにそこまでする気はありませーん!

まあ、しょうがないです。そういう運命だったのでありましょう。 基本、心身の健康と体型維持のために走る感じなので、レースに出なくても別に痛くもかゆくもないのです。まあ「継続は力なり」で、これからも走ることは細々と続けてまいりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

女子カーリング、LS北見の代表決定

来年の平昌オリンピックに出場するカーリング日本女子代表のチームが「ロコ・ソラーレ(LS)北見」に決まりましたね。金土日とNHK-BSでやっていたのは知ってますが、録画してまで見るといくら時間があっても足りないもので、結局第4戦=LSの出場が決まった試合 だけ見ました。

今回は前段階で北海道銀行(小笠原、船山、小野寺、吉村、近江谷)が敗退していたので、今のLS北見と中部電力とならどっちを応援するってこともない感じで、ニュートラルに観戦しておりました。LSには本橋麻里さんがいますが今大会ではリザーヴでしたし、一方ではどうも好きになれない藤澤がスキップを務めておりますからねえ。中部電力も特に好きな選手はいないので、どっちでもいいやと気楽に見ていたのであります。

中電のスキップ松村は勝負どころをことごとくミスってしまいましたねえ(一つ二つ見事なショットはありましたが)。これでは勝てません。結局全体的に安定していたLS北見が、五輪行きの切符を手にしました。ま、ホームの利ということもあったかも知れません。中電も平均年齢22歳と、まだまだ経験不足ですからねえ。

本橋さんが7年前に一から立ち上げたチームの五輪出場、素晴らしいことです。でもその試合に本橋さんが出ていなかったことは、残念です。 平昌ではやはりマリリンを見たい!ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

(番外編)軽井沢でカーリング体験

_20170804_134116
先日、夏休みに軽井沢に一泊二日で行って来ました。まったくもって東京が涼しい時に行って、損した感じです。今なら良かったのに。

_20170804_144858

それはさておき、軽井沢駅の南西、塩沢湖のそばにある風越アイスパークという施設に行き、初心者のカーリング体験をやって来ました!

_20170804_141849

大江戸はテレビでのカーリング観戦が大好き、ってゆーかスポーツではサッカーとカーリング以外はどうでもいいと思っている人間なのです。でも東京ではカーリングのナマ観戦とか体験教室とかって、なかなかご縁がないもので、長い間「一度やってみたいなー」と思っていたのです。

Dsc_1601
ネットで調べて、電話で予約して、1時間の体験コース(2,380円)をやってみました。

真夏ですけど、長袖&厚手のパンツ、ニット帽に手袋など防寒着が必要(レンタルもあります)。大江戸は綿の長袖シャツ+薄手のダウンジャケット+ネックウォーマーなどを持参です。

_20170804_141914
実際、場内に入ってみるとほぼ冷蔵庫って感じで、やけに寒かったです(氷の上に立つと、更に寒い感じだし)。でもテレビで見る、あのカーリング場の風景! いや、素晴らしい!

受講者は総勢12人ほど。レッスンは大学生(高校生?)の女子がやってくれました。40数メートルのシートの半分を使って行います(もう半分は別の組が使ってました)。

_20170804_142526_li_convert_2017080

準備体操、氷の上の歩き方、受け身の取り方から始まり、ストーン(重さ20kg)の投げ方、スイープの仕方を教えてもらい、順番に練習。これ。氷の上を歩くのも結構難しいのです(片足すべらず、片足すべる靴なので)。でもストーンを投げるのは、結構上手にできました。

_20170804_143034_li_convert_2017080

最後には2チームに分かれて、ミニゲーム。一人一投ずつだし、スイープしてもほぼ役に立ってない気もいたしましたが、ともあれハウス内のストーンは何とかそれらしい形になりました。

_20170804_142622_2

最後に、近い距離からストーンを投げて、ハウスの中央に一番近い人が勝ちというゲームをやって、終了。いやー、あっという間でした。楽しかったです! またやりたいです!

一番奥のシートでは「韓国のチームが練習に来ている」ってことでした。

_20170804_133633

会場を出て少し歩くと、おお、1998長野オリンピック・カーリング会場の碑が!

うーん、東大和まで行かなくても、23区内にカーリング場できないかなあ(←無理なお願い)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

(番外編)湘南海ランと平塚七夕

_20170709_170339

毎年恒例の仲間との海ラン。今年も茅ヶ崎サザンビーチに行きました。

ただ、いつもは江ノ島方面に走るのですが、今回は反対方面に走りました。平塚の七夕がまだ残っているというので、それを見てみるという目的もありましてね。

_20170709_171504_2

_20170709_170625

海沿いの道は例年と同じような感じ。トンビも飛んでます。ゾンビは飛んでません。

(烏帽子岩とは反対の)平塚に向かうというのに、コースの所々に烏帽子岩を模したこんなものがあります。車止めですかね。

_20170709_171647

茅ヶ崎市と平塚市を結ぶ湘南大橋。渡るのに結構長い距離があります。

_20170709_171542

で、その下を通る謎の水上バイク軍団。何でしょう? USJの『ウォーター・ワールド』のアトラクションみたいです。

_20170709_171301

平塚駅北口は人でごった返してました。小生もここの七夕をちゃんと見たのって、初めてかなあ2回目だったかなあって感じです。

_20170709_171219

うーん、確かに大きなものがドーンとぶら下がってて、それが連続しているのですね。でもかなり昭和的でありチープ感ありありで、しかも肖像権フリー、著作権フリーな感じが何とも言えません。多くの人が(ゆかた率高し)集い、露店もたくさん勢揃いしてました。

_20170709_171101

ベルマーレのもありましたよ。三角の紙(短冊?)に選手一人一人の自筆で願い事が書かれてました。「J1昇格  点が取りたい 坪井慶介」とかね(笑)。

_20170709_170854

そこからは勝手知ったるルートで、大原の総合公園へ。

平塚球場ではイースタンリーグのDeNA vs. 読売の試合前で、結構な人が並んでおりました。

Dsc_1467

そしてBMWスタジアムでは陸上競技の競技会が開かれておりました。大江戸もサッカー以外でここに入ったのは、初めてです。

隣の人工川では、子供たちがたくさん水遊びをしてました。

この時点でそこそこ疲れておりましたが、まあ何とかかんとか茅ヶ崎サザンビーチまで戻りました。途中に、湘南バンク・平塚競輪場なんてのがありまして、「へー、ここだったのね」って感じでした。

結局ゆっくり2時間50分ぐらいかけて、18.5kmほど走りました(七夕など一部歩きの箇所あり)。炎天下だし、あー疲れた。

_20170709_133317

ということで、海の家でのシャワー後のビールがもう最高! いやー、今年も元気で走れました。飲めました。

_20170709_170518

今日の海は大潮とかで、やけに茶色く汚かったのですが、まあガンジス河よりはましでしょうか。

お仲間のご厚意により持参してくれたモエ・エ・シャンドンやロゼワインもいただきました。

走りもビーチも日焼け止めクリームを塗りながらだったので抑制されてはおりますが、色白の大江戸としては結構日焼けしたのでありました。
あー、疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

緑と青の勇者シューズ

1493180137311
大江戸はベルマーレの試合を見にいく時にはライトグリーン(ベルマーレ・カラー)のスニーカーを履くことがほとんどなのです。もちろんそれ以外の普段履きとしても用います。何年か履いていたアディダスのライトグリーンがかなり古くなったのを機に、新しいのを買いました。

ブルックスの「ピュア ケイデンス5」ってやつです。鮮やかな蛍光色のライトグリーンに、アクセントカラーのブルー。まさにベルマーレ的な色使いです。特に青色の編み目的な入り方が何とも素敵なのです。

1493180129059

基本的には街歩き用ですが、試しに走ってみたら、悪くないです。足首周りでフィットして、つま先周りにはけっこう余裕がある感じ。クッション性もかなりあって(歩いていても立っていてもカカトのクッション感がハンパない)、小生にとってはアディダスよりも合っている気がします。

1493180121546
写真よりも実物の方が、より色のインパクトもあってカッケーんですよ。

なんとネットで57%OFFで買いました。お買い得でした、へへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

東京マラソン、ヨレヨレで完走

1488097385822
今日は東京マラソン。12.5倍をかき分けて当選した「もってる」大江戸です。 なにしろ一昨年のレースでは、20㎞過ぎに右のハムストリングス(もも裏の筋肉)が肉離れ状態になってしまい、後半は大幅なペースダウン及び苦痛との闘いになってしまったので、そのリベンジです。

あ、ちなみにこの写真は荷物預けのトラック(サイド開きのやつ)。これで、ゴール地点まで運んでくれるのです。

1488097401930
スタート地点は人・人・人の波。

1488097425993

結局号砲が鳴ってからスタート地点にたどり着くまでに、11~2分かかりました。スタート台の小池知事の方を見ている赤い魚。何でしょうか?

1488097867194

今回から新しいコースなので、これまで通らなかった場所も通ります。写真の日本橋もその一つ。あとは両国とか門前仲町とか隅田川の向こう側もね。

1488097635741

そういえばこのビル壁面の広告も川向うの清澄白河あたり。「変えるなら奥さんよりも壁の色!」 なるほど。でも国語的には、奥さんだったら「替える」ではないでしょうか?

1488097909267

前回レースを反省して、今回は「がんばっちゃいけない」を旨としてゆっくり走を心掛けましたので、テーピングをしておいた両脚のハムストリングスも、前日にこむら返りを起こした右ふくらはぎも、最後まで無事に持ちました。ハムは5~15kmあたりで、ちょっと「危ない」雰囲気を漂わせていたのですが、スピードダウンをして対応していたら、もう201488097938239㎞すぎからは忘れちゃうほど問題なしでした。

今日は天気も良く、日なたは暑いほどでした。でもやっぱりスカイツリーよりも東京タワーの方がいいなあ。

抑えに抑えたペースで20kmが2時間30分(スタート地点からのネットタイムで2時間18分。なので、まあ想定通り5時間ぐらいでまとまるレースなのかと思っていましたら・・・

1488097972919うーん、抑えた分後半に飛ばすどころか、後半になって失速してしまい、結局ネットで5時間17分ほどかかっての完走。いやー、疲れました。脚や腰も少しは痛かったけど、それ以上に疲弊してしまいました。まあ考えてみれば、トップランナーの2倍半以上もの長時間走をしているわけですもんね。

1488115820962東京駅前がゴールになったのですが、日比谷のペニンシュラ横を曲がって、最後の一本道である丸の内仲通りに入った時、多くの観衆が声援を送ってくれて、それがビルに反響するので、なんだか泣きそうになってしまいました。うん、有明の寂しさと違っていいですよ、これ。

1488118390440

ただゴールしてから後が大変。日比谷公園の方へしばらく歩いて、まず記念タオルをかけてもらい、次に保温フィルムでくるんでもらいます。

1488118397880

1488115231321

それから記念メダルをもらい、続いてポカリスエットだとか水だとかバナナだとかカロリーメイトだとかランチパックだとかを順番にもらって、ようやく日比谷公園近くまで来るのです。寒い日だったら、しんどいよなあ。

で、日比谷公園の向こう側まで行って、荷物をゲットしてから、エアサロンパスをもらって、ようやく着替え用のテントに。これ、有明の時と違って、かなり狭かったですよ。

着替え後にアサヒのノンアルコールビールをもらって、ようやく終了。いやー、ほんとに疲れました。もういやです。 でも、またしばらくたつと次回の応募なんかしちゃうんでしょうねえ。やれやれ。

1488115239015あ、ちなみに今見たら、スマホの万歩計が69,128歩になっていました。やれやれ。

(※2/27追記) ←あ、肝腎の完走メダルを忘れてました。てへぺろりん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

東京マラソン、受付完了

1487859806025
東京マラソンの受付が本日からスタートってことで、仕事帰りに国際展示場(有明)に行きました。本人確認やナンバーカード受け取りはスムーズにできて、あとは「東京マラソンEXPO」という一大イベントへ。

その前にこのリストバンド、今年からなんです。たぶん代走ができないようにってことなんでしょう。受付時に装着されて、切ったり無理矢理外したりしたら失格なので、お風呂もこれしたままです。早めに受付しちゃから、木金土日と足掛け4日もつけっぱなしになります。でも丈夫なんでしょうね。たぶん。

1487859797261
Tシャツはシンプルな白をベースにこんな感じ。特に害がなくて、ありがたいです。前回出場した一昨年のやつは、濃い黄色をベースに赤が加わった、小生の趣味に合わないタイプでした。着てみたものの、あまりの似合わなさに1回で嫌になりましたから。

1487846066300

EXPOは、上の階が協賛スポンサー各社の大型ブースでデモンストレーションやサンプリングを行うというもの。

1487846086845

入口付近には新コースの紹介映像などもありました。 歩いていると、クリアファイル、エアサロンパス引換券、観戦マップ、完走お守り札、ノンアルコールビールなどなど、いろんな物をいただけます。企業のパンフレット共々なので、袋がどんどん重くなります。大会オリジナルグッズやおみやげ品のコーナーもありました。

1487846048007
で、下の階はランニング関連の物販コーナー。大会スポンサーのアシックスの大きなコーナーをはじめ、シューズ、ウェア、グッズ、栄養補給ジェルやサプリ、テーピング、出版、地方のマラソン大会などなど、ランナーとしては見るだけで楽しいあれこれが一堂に会しております。

1487846041012
アシックスの大会オリジナルTシャツの種類の多さときたら!壮観です。

1487859790348

こちらも歩いてると、いろんな物をいただくことができました。 で、今回は結局何も買わなかったのでしたー。

さあて、いよいよ日曜日です。まあ気張らずに、ゆっくり5時間程度の完走を目指して走ることにします。 (その前に明日24日は、『騎士団長殺し』の発売だあ。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧