2017年11月17日 (金)

リトゥンアフターワーズのファッションショー@庭園美術館

Dsc_2085
東京都庭園美術館で展覧会『装飾は流転する 今と向きあう7つの方法』が開催されるのを記念してということでしょう、同展に参加しているファッションデザイナー山縣良和のブランド「writtenafterwards リトゥンアフターワーズ」の2018春夏シーズンのファッションショーが、庭園美術館の建物前スペースで開かれました。

(展覧会のリポートはこちらの記事↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/11-0e83.html

Dsc_2086あたかも陸上競技トラックのような楕円形ランウェイのまわりを取り囲むように客席が設置され、目検討だと立ち見を含め千人を超える観客が集まりました。ホントいつもながら、山縣人気は凄いですね。

Dsc_2091
18時開演予定だったのに、その時点でまだ入場することもできず、結局33分押しでスタート。ランウェイが長いこともあり、ショーは長めの25分でした。

Dsc_2089

ショーのタイトルは『After Wars』。相変わらずと言うか、色々とやってくれました。

Dsc_2095_2

モデルを取り囲むスーツ姿の芸能レポーターたち。 モデルの乗った大八車を引く軍人。 巨大なぼろ布の塊。 赤ずきんちゃんの集団みたいな女の子たち。 棺を引っ張る男。 千羽鶴風ドレスのモデルに率いられた詰襟学生服の男子学生たち。 歩く木! 歩く山!!

Dsc_2097
もう、木や山に至ってはどこがファッションなのかと頭を抱える展開ではありますが、まあそこが山縣さんなので、しょうがないですね。だから、現代美術として観れば、ぜんぜんアリなんです。

Dsc_2098

オーディエンスの空気を観察すると、「期待通り変なものが観られた」「伝説的な場に立ち会えた」という熱気と興奮が大勢を占めた感じでした。特に若い層においては。

Dsc_2099

木とか山とかが通ると、結構(ペンキみたいな)塗料の匂いが漂ってまいりました。

Dsc_2101

フィナーレの最後には山縣さんが登場し、陸上ランナーのように長いランウェイを1周しました。

Dsc_2102

この山縣人気はまだ当分続きそうです。良くも悪くも。まだ「ファッション村」の中の話ではありますけどね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

展覧会「装飾は流転する 今と向きあう7つの方法」:山縣良和の圧勝

_20171117_192210
明日11月18日からスタートする展覧会『装飾は流転する 今と向きあう7つの方法』(~2/25)の内覧会を観に、東京都庭園美術館に行きました。

_20171117_191751

エレベーター改修のため半年ほどクローズしていたという庭園美術館の再開プログラムです。

_20171117_191816

館内がかなりきれいになっていました。この「香水塔」の背後の壁もあんなに鮮やかな色ではなかったんじゃないかなあ。

_20171117_192120

年齢も国籍もさまざまな7組のアーティストによる、「装飾」を切り口とした合同展。近年、コンテンポラリーアートからちょっと遠ざかっているお江戸なので、この中で知っているのはファッション畑の山縣良和さんだけです。

_20171117_192033

でもそれで正解と言いましょうか・・・この展覧会、圧倒的に山縣フィーチャーなのです。圧倒的に目立っていました。

_20171117_192050

獣性と神性を感じさせるもこもこふさふさした人型の作品とか、レースを使った地球儀とか、ニコラス・ローグ『赤い影』を思わせる子供用の真っ赤な衣装とか、人間サイズぐらいのもこもこ地球とか・・・

_20171117_192010_2

いやー、山縣作品って、ファッションショーのランウェイよりも美術館が似合いますねー。これは前から思っていたのですが、やっぱりそうでした。

_20171117_191947

そもそもほとんど服じゃないものが多いし。

主に布や身体装飾を題材にしたコンテンポラリー・アートととらえるべきだと思っています。

_20171117_191926

しかも、ショーやランウェに置いたり写真になった場合には、妙に素人臭い陳腐さがにじみ出てしまうのですが、美術館のスタティックな展示になると、アラが見えなくなり、意図や素晴らしさがハッキリと出るのです。

Dsc_2079

山縣はもっと「現代美術の人」ってことになっちゃった方がいいのになあと思います。まあ、でもファッションのフィールド内でこんなことやってるからこそ異端感が際立つってところはありますけどね。

Dsc_2082

この山縣ワールドの攻め方、派手さに較べますと、他の6人は地味ですよねえ。「これ装飾って言えるんですかい?」ってな作品も含めて、インパクト薄いっす。ヴィム・デルヴォワのゴシック装飾の現代風アレンジメントはそれなりに素晴らしかったですけれど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

南青山の岡本太郎記念館

Dsc_2007
表参道駅下車の岡本太郎記念館に、先日初めて行ってみました。ここはずっと(半世紀近く)太郎さんが住んでいたアトリエ兼住宅を、ミュージアムにしたもの。根津美術館にほど近い南青山6丁目です。

Dsc_2009
家だったわけですから、そんなに広いスペースではありません。普通に狭いです。雑然とした展示の中には、太郎さんの等身大フィギュアもいたりします。

Dsc_2010
アトリエも生前の姿を留めて展示されています。むしろタブローの収蔵庫の役割を果たしています。

Dsc_2012
2階の企画展では、『太陽の塔 1967-2018』(~2/18)をやっていました。来年の3月に、耐震補強工事にに合わせた内部の修復再生を行った太陽の塔が生まれ変わって再公開されるってことで、それを記念した展示。

Dsc_2011

太陽の塔の内部模型だとか、太陽の塔の完成に至る貴重な映像などが公開されていました。

大江戸は去年大阪で太陽の塔を見た記憶も新しかったので、改めて感慨深かったですね。太陽の塔、やっぱりいいなあ。

Dsc_2013
庭に出ると、2階の手すりから太陽の塔が身を乗り出していらっしゃいました。おちゃめですね。

Dsc_2014

いろんな作品が設置されている向こうには、ん?人間??

Dsc_2015
と思ったら、太郎さんの等身大フィギュアでした。顔色悪いです(顔だけじゃないけど)。タンクトップに短パンです。なかなかに「変わったオヤジ」感がにじみ出ておりました。

ちなみにこっちは「記念館」。で、岡本太郎美術館は川崎市にあるのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

劇団四季の「SONG & DANCE 65」@自由劇場

_20171026_131603
浜松町の自由劇場で劇団四季のミュージカル『SONG & DANCE 65』を鑑賞。

14461215522771

ここの劇場に来たのは2度目ですが、こじんまりしていて、席の間隔もロビーも狭いってあたり、本場ブロードウェイやウェストエンドの古典的なコヤみたいです。でも感覚的には新しくって、総じて良い劇場です。

_20171026_131510

内装の美意識が高いんですいよね。そしてかなり大江戸の好みに合ってます。ボルドー・カラー(赤寄り)の壁やじゅうたん、丸窓からの採光、サークル状の照明、木製ベンチetc.

_20171026_131453_2

半らせん階段も素敵ですし、手すりはブドウのモチーフです。この劇場、そもそもロゴにもブドウの絵が入っていたりするんですよね。あ、だから内装がボルドー・カラーなのかあ!

_20171026_131544_2

で、この作品は劇団四季の創立65周年(は来年なのですが)の歴史を彩った数々の名曲、名場面集。舞台版『ザッツ・エンータテイメント!』ってところですね。

ただ全38曲中、地味なナンバー、知らないナンバーも多く、またストーリーと切り離されて曲だけが存在している形なので、そこらが難点ですね。頭に「?」マークが出て、ノれません。 圧倒的なダンスとか群舞がはいっているナンバーは楽しめるのですが、ソロとか二人とかの歌だけだと結構しんどくて、正直眠気が襲って来ました。

でもまあ、『パリのアメリカ人』『クレイジー・フォー・ユー』といったガーシュウィンもの、『エビータ』『キャッツ』『オペラ座の怪人』『ライオンキング』などの有名ナンバーは、それなりに楽しめました。

_20171026_131434

ただやはり感情を揺さぶられるまでにはなりません。ミュージカルの楽曲って、やはりストーリーの流れやキャラクターと切り離せないものなのだなあと、改めて知らされました。

20分の休憩を挟んで2時間20分とコンパクト。でも物語の展開に引き込まれるということのないこのスタイルだと、観る方にとってもこれ以上はしんどいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

渋沢栄一ゾーンと動物さんゾーン

_20171002_194827
都電(Tokyo Sakura Tramって言うんですね)の走る街、王子。その飛鳥山にある渋沢資料館を、過日訪れました。

_20171001_120249
明治時代に、現代日本の産業の大元をほぼ一人で作り上げた男=渋沢栄一の生涯と業績を紹介する記念館です。大江戸も初めて訪れました。

1982年開館とのことですが、最近お色直しをしたのでしょう。新築のようにきれいでした。 常設展に加えて、企画展の『渋沢栄一、パリ万国博覧会へ行く』(~12/10)ってのをやっていました。

写真や銅像で見る渋沢栄一って、ちょっと「ひふみん」に似てるなあ、なんて思ったりして・・・。

Dsc_1854

そこを出てから、道を挟んだ所にある「青淵(せいえん)文庫」(重要文化財)に向います。石造りの西洋建築ですが、これ栄一の傘寿のお祝いに贈られた書庫なのだそうです。ただ、現在2階は見ることができなかったので、少しのスペースしか味わえませんでした。まあ、閲覧室などは旧朝香宮邸(庭園美術館)を思わせるものがありましたけどね。

Dsc_1858_2

建物の裏手に回ると、むしろこっちの方が魅力的かもと言えるような感じ。中央の張り出し部分が、良いアクセントになっているのですね。

Dsc_1856

更にその隣にあるのが、「晩香盧(ばんこうろ)」(重要文化財)。こちらは栄一の喜寿を祝って贈られた賓客おもてなし用の洋風茶室なのだそうです。説明書きに「バンガローから取った名前」とあって、びっくりぽんでした。ここも見る所はちょこっとでした。

Dsc_1859

高尚な気分で渋沢ゾーンを去ると、隣は飛鳥山公園の児童エリア。SL(D51)なんかも鎮座してたりします。

_20171001_104250

でも大江戸の目を引いたのは、こっちの変な動物たち。広場の一角に、ある程度集中的に設置されておりましたが・・・、おそらくはコンクリートにペンキ塗装です。

このタコさん、なんかとぼけてていいですよねー。黄色いハチマキがお似合いです。

_20171002_194846

こちらのカメさんも、かなりかわいくて結構です。

_20171002_194939

シロクマさんは、割とリアルなタイプ。でもシンプルそのものです。

_20171002_195001

そしてブタさん。なんか日テレのマークをちょこっとだけ想起。でもなんで青いの?? 青ブタ。アオブタ・ブルーベリージャム?って、それは「アヲハタ」。

いやー、ほかにもありましたが、みんないい感じで乗りたくなっちゃいますです(乗らなかったけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

「リサ・ラーソン展」@松屋銀座

Dsc_1799
松屋銀座で『リサ・ラーソン展』(~9/25)を観ました。

リサ・ラーソンと言えば、赤シマシマのネコの絵っていうような認識だったのですが、いやいやどうしてどうして、立派な陶芸家さんなのでした。

1931年生まれの彼女の生涯の「陶芸作家」としての代表作(まだ現役ですが)190点を展観します。

ネコあり、家族あり、男と女あり、抽象あり、四角いのあり・・・と、モチーフが変われども、ラーソンらしさは一貫しています。つまり、なんともほっこりした性格の良さに溢れているのです。会場内にリサ・ラーソン本人の映像が流れていましたが、実に作品と共通した素敵なおばちゃんなのでした。性格良さそうで。

Dsc_1792_2

そんな彼女が、「今度生まれて来た時には日本人になりたい」と言っていたのが印象的でした。

で、ここの会場は出口のグッズ・コーナーがいつも凄いのですが、今回はハンパ無かったっす。

Dsc_1794

クリアファイルや一筆箋、ポストカード、ノート、マグカップなどの基本商品に加えて、手ぬぐい、バッグ、衣服、トレイ、お皿、タオルなどなどに加えて、大小の陶器(ラーソン作品のレプリカ。結構値も張ります)まであるのです。小生はもともと買うつもりがないので、なんとか踏み留まりましたが、展覧会で気分がアガッてるところにこんなもん見たら、もうひとたまりもないって感じの圧倒的品ぞろえでした。あ、あれも、キャー!これもと、気がついたら散財していそうですね。うーむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

「おさるのジョージ展」@松屋銀座

_20170814_184454
松屋銀座で『おさるのジョージ展』(~8/21)を観ました。あの『ひとまねこざる』ですね。

サルには何の思い入れも無い大江戸ではありますが、絵本のこの子はかわいいですよね。薄い顔で愛嬌があります。絵のトーンも洗練されております。

この第1作がアメリカで出版されたのって、1941(昭和16)年ですよ。太平洋戦争開戦の年。うーん、やっぱりアメリカですね。

作者であるマーガレット&ハンス・レイと戦争にまつわるエピソードも最後の方で出て来て、そのビデオを見て結構胸に来ましたよ。この夫妻、ドイツ生まれのユダヤ人で、大変な目に遭ったのです。まさか『おさるのジョージ』で泣きそうな感動を覚えるとは思いませんでした。

マーガレット夫人は、やけにキャサリン・ヘップバーンに似ているのですが、ジョージの絵のモデルも務めていたそうで、あの愛嬌のある表情は彼女のものだったってことなのですね。

_20170814_184550_2

しかしですよ、最後のコーナーに『おさるのジョージ』のアニメーション(アメリカの制作で、2008年からNHK-Eテレでも放映)が紹介されているのですが、こいつ何でこんなに顔が違うんですか?? 全然かわいくないじゃないですか。この撮影OKのフィギュアもアニメ版のタイプなのですが、こっちの方が絵よりもまし。とは言え、こっちだってよろしくはありません。絵本版のあのスイカの種みたいな目じゃないし、U字型のかわいい口とも違うし。手足の様子も違いますよね。そう、例えて言えば、アメリカ青春映画に出て来る脇役キャラのバカな高校生みたいな顔です。あまりにも絵本版と系統が違うのです。うーむ。

_20170814_184516

会場を出るとあるグッズコーナーのバリエーション豊かさには、(いつもながら)またも驚嘆。お菓子からファッションから雑貨、文具などなどなど。ファンは散財必至ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

「アルチンボルド展」と「ル・コルビュジエの芸術空間」

_20170802_170134
上野の国立西洋美術館で、『アルチンボルド展』を観ました。それほど観たかったわけではないのですが、招待券をもらったので。

ここも久々に来ましたが、世界文化遺産になったってことで、ル・コルビュジエの紹介やら何やらが展示してありました。

『アルチンボルド展』は、この画家の日本初の本格的紹介となる展覧会なのだそうです。意外な気もしますが、考えてみれば確かにやってませんもんね。

_20170802_170047
アルチンボルドと言えば、寄せ絵の肖像画・・・花とか野菜とか魚とかが集まって顔になってるやつ。

ま、正直思った通りというか、期待以上ではなかったというか、そんな展覧会でございました。

Dsc_1580

で、むしろ常設展内で開催していた『ル・コルビュジエの芸術空間』という小展覧会の方が面白かったのです(『アルチンボルド展』の半券で、常設展ともども観られます)。「国立西洋美術館の図面からたどる思考の軌跡」とあるように、ここを設計するにあたってのコンセプトや、建築の思想や、特色や、時系列の変更箇所を図面やスケッチで展示してあり、非常に興味深いものでした。 これは「得しちゃった」気分でしたね。

その後に観た常設展の中には、ル・コルビュジエによる絵画作品もありましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

青山のうなぎ「大江戸」

_20170517_133754
しばらく前に行った外苑前というか、青山墓地のそばにあるうなぎの「大江戸」。この店名なので、小生としては取り上げないわけにはまいりません。

246を青山墓地方面に入った所から細い道に折れてしばらく行った所に「大江戸」の看板。隣が普通に民家、ってぐらい地味な場所です。

Dsc_1287

いや、いい感じではありませんか。文字を含めて看板がいい。のれんもいい。行燈もいい。柳もいい・・・と、いいこと尽くし。店内に入っても、もちろん壁から天井からもろもろいいのです(小さな店ではありますが)。

_20170517_133657

言うまでもなく、うなぎはなかなかのレベル。やわらかく、たれも良く(小生の好みだと、あと少し甘い方が更に良いのですが)、ごはんも良い粒具合と良い炊き具合(適度な硬さ)でした。

で、重箱の蓋の裏には店名がこういった具合。小生の落款に転用したいような「大江戸」なのでありました。

実はこの店の大元であるところの日本橋の「大江戸」にはまだ行ったことがないのです。近い将来に行きたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

若冲のSTETECO

Dsc_1344
新聞折込チラシで、ユニクロ×芸艸堂(うんそうどう)のコラボ・ステテコ(STETECO)、それも若冲柄や北斎柄が790円+税で発売というのを知り、さっそくユニクロのお店に行きました。調べてみたらこのシリーズ、3年ぐらい前にも発売されていたのだそうですね。

何種類かありましたが、やはりチラシでも一番目立っていた若冲の鶏柄を購入。いや、なかなかカッコイイっす。ちょっと羽裏(羽織の裏地)みたいな感覚で。

思えば、夏場にスーツのパンツ(ズボン)の下にステテコをはくようになったのは、ここ5年かそこらのこと。はいてみると、「これまではなんでそうしなかったんだろう?」と思うほど、良いのです。良いというのは、パンツの裏に汗がたまらない、パンツの布地が痛まない、脚の肌感覚がさらりと快適といったところ。しかも真夏は部屋着として活用できるってわけです。

Dsc_1345_2

従来大江戸が好んでいたのは、キース・へリング柄などのポップなタイプ。今回のような日本系の柄は、一歩間違えるとヤクザっぽくなってしまうので、遠慮しておったのです。でもまあ、いいじゃありませんか。粋なもんです。

こいつはやや厚めの生地で、両脇にポケットがあり、いわゆる「社会の窓」が開いてないタイプ。つまり、「下着」というよりは(アウターとは言わないまでも)「部屋着」用途を重視したタイプです。なので、トイレで立って用を足すときは、ちょっとだけ不便(下着のパンツごとずり下げないといけない)なのですが、ま、しょうがありませんね。

それにしても若冲さん、まさか自分の絵がステテコにされようとは思わなかったでしょうねえ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧