2021年8月20日 (金)

「浮世絵を うる つくる みる」展   #浮世絵をうるつくるみる #浮世絵展 #日比谷図書文化館

Dsc_03643_copy_576x770 日比谷図書文化館の特別展示室で、特別展『紀伊国屋三谷家コレクション 浮世絵を うる つくる みる』(~9/19)を観ました。この展覧会、前期と後期で出品作を全点展示替えという大胆なことをやっているのですが、8月18日からは後期になっていて、小生が観たのもそっちです。

Dsc_0365_copy_1024x576 浮世絵の展覧会は数あれど、本展がユニークなのはタイトルの示す通り「うる」と「つくる」にもスポットを当てていること。特に「売る」ことに関しては普通だとまず日が当たらないだけに、珍しいと思いました。

なにしろ図書館(まあ「図書文化館」ですけど)で行われる展覧会といえば、低予算の地味なものとなるのでしょうが、「うる」の章では、会場内に江戸時代の錦絵屋(その名も「日比屋」!)を再現しちゃいましたから! そうそう、先日観た映画『HOKUSAI』にも、こんな錦絵屋が出ておりましたよ。

Symmetry_0001_burst20210820180834613_cov 「つくる」のコーナーには版木の展示などもありましたが、興味深かったのは版元を中心に、絵師と彫師と摺師の仕事の流れを図にしたもの。こんなパネル1枚なのですが、普通の展覧会だとわからない部分ですし、現代の広告などの仕事にも相通じるものがあるようで、じっくり読んでしまいました。

Horizon_0002_burst202108201828078994_cop

この展覧会、企画の切り口がユニークなだけではなく、見せ方もしっかりしています。壁面に出ている各章の内容を表した文章も、各行の字切りに注意が行き届いているのです。ご覧のように、できるだけ文節の切りがいい所で改行してあって、語の途中で切れたりはしないのです(まあ、他の章には語の途中で切れてるものもありましたが、気をつけてることはわかります)。学芸員さんや会場デザイナーさんがしっかりした人なんでしょう。

Center_0002_burst202108201842446913_copy 「みる」の章は、当然ながら一番ボリュームが多く、その中で役者絵、武者絵、美人画、名所絵などを紹介しています。

写真は平家の怨霊たちが荒波の間から団体さんで顔を出していたり、人面ガニになって押し寄せていたりする国芳の作品(そういえば「平家蟹」ってありましたね。これのこと?)。面妖な面白さがありますね。

Dsc_03673_copy_886x576_20210821003201 「大江戸美人百科」なんてコーナーもあって、大江戸としては「おっ!」と思いましたが、割と「この人、美人なんですかい?」って感じの絵が多かったですね(前期展示は、もっと美人率が高かったのかしらん?)。

Dsc_03692_copy_1004x576 旅路(名所絵)のコーナーには、広重の「五十三次名所図会」のシリーズが並べてありましたが、「東海道五十三次」で目にする横構図ではなく、縦長構図なのが珍しかったです。しかもこれらの構図がことごとくお見事なんですよねー。

Dsc_03682_copy_576x858 最後のコーナーにはへんてこりんな遊び絵がいろいろ。いやいや、浮世絵にもいろんな種類があるもんですねえ。楽しゅうございました。

 

出口を出て少し行くと、常設展の部屋もありました。今日は時間がなかったので、さっと歩きながらチラ見したら、なかなか面白い千代田区の郷土の歴史や地理がわかる展示の数々がありました。今度の機会に来てみるといたしましょう。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年8月17日 (火)

「愛が世界を救います(ただし屁が出ます)」@PARCO劇場   #愛が世界を救います #ただし屁が出ます #のん #宮藤官九郎 #クドカン #大江三千里

Dsc_03563_copy_600x874 渋谷のPARCO劇場で、大パルコ人④マジロックオペラ『愛が世界を救います(ただし屁が出ます)』を観ました。宮藤官九郎作・演出・出演によるロック・ミュージカルです(タイトルには「ロックオペラ」と入ってますが、台詞部分も多いので、これは「ロック・ミュージカル」と呼ぶべきでしょう。『トミー』と『ファントム・オブ・パラダイス』の違いみたいなもんですね)。大江戸にとって、渋谷PARCOの建て替えで新しい劇場になってからは初の来場となりました。最後列の座席でしたが、オペラグラスも持参して、のんさんたちの表情もしっかりチェックしました。

そう、当然のんさん目当てです! パンクな彼女が、パンクなクドカンと、パンクなミュージカル!しかも『あまちゃん』以来のタッグ復活ってことで、期待はオーバーヒート気味。しかも、共演が村上虹郎、藤井隆、三宅弘城、荒川良々と伊勢志摩(これまた『あまちゃん』以来ですね)などなど。映像も活用しながら、今のネタを多数取り入れながら、20分の休憩込み2時間45分を駆け抜ける疾走エンタテインメントでした。

のんさんはやっぱり歌って踊って演奏できるので、適任でした。華がありますし、ギター弾くとカッコイイのです。そして、寄り目+しゃくれアゴの変顔!! 物語上これを多用するのですが(って、どんな物語だ!)、さすがでした。キュートでヘンテコリンで様になってました。

でもやっぱり三宅、伊勢、荒川、宮藤という大人計画の面々は、きっちり笑いを取ってくれますねー。これまた、さすがです。

そして藤井隆が演じる大江三千里!これも笑えました。大根仁が『モテキ!』で大江千里の曲を使ったり、クドカンがこんな形で使ったり、往年の千ちゃんファンとしては嬉しいですね。休憩時間には大江千里の曲がずっと流れてましたもん。

Horizon_0001_burst20210817135007219_cove 開演前にすべての座席に謎の物体(「これ」)が置いてありました・・・って、ブーブークッションやないかーい!! 終盤に観客全員を巻き込んで、これを使用する場面があります(笑)。くだらねーなー。

カーテンコールのご挨拶はシンプルに1回だけ。PARCO劇場の外階段を下りる帰り道にも、頭の中ではあのくだらないテーマ曲がリフレインしているのでした。こんな時代に、このくだらなさ。さすがはクドカンさんなのでありましたー。

 

| | コメント (0)

2021年8月13日 (金)

「ファッション イン ジャパン 1945-2020 流行と社会」展   #ファッションインジャパン #ファッション展 #国立新美術館

Dsc_03553_copy_576x800 乃木坂の国立新美術館で開催中の展覧会『ファッション イン ジャパン 1945-2020 流行と社会』(~9/6)を観ました。本来なら去年の夏に開催する予定だった展覧会が1年ずれて、今夏の東京公開となっております。日本ファッションのあゆみを概観する決定版的な展覧会。きっと東京オリンピック(2020年)で来日する外国人観光客にも観てもらおうって企画だったんじゃないですかね、もともとは。

Dsc_0350_copy_1024x576 戦後(あるいは戦中)のもんぺ姿から今日のサステイナブル・ファッションまで、時代ごとのファッションを歴史的パースペクティブで編集・展示してあります。洋裁学校の時代→アイヴィー→ミニスカート→ヒッピー→世界に羽ばたくデザイナー→DCブランド→渋谷系・原宿系(ストリート)→Kawaii→いいね→未来へという流れです。女性のファッションが中心ではありますが、ところどころにメンズ服への言及もあります。

Dsc_0351_copy_1024x576 実際の服がかなりの数展示されており(撮影できるのは最後のちょこっとだけ)、あとは写真・映像資料・雑誌・広告などで構成されています。編集も悪くありません。

Dsc_03532_copy_939x576 へーと驚くものもあれば、懐かしいなあ&こうだったよねってものもあり、日本ファッション史のお勉強材料としては、かなり有意義です。若い人にこそ観てもらって、目からウロコを落としていただきたい展覧会です。

最終コーナーに集められた未来のクリエイターたち=ユイマナカザト、山縣良和、森永邦彦、サカベミキオといったアーティストたち、そしてその後に控える人たちの作品も面白いのですが、どうも領域が狭すぎたり、街で着れそうになかったり、世界で大きく売れるためのサムシングに欠けているのではと思ってしまいます。そもそも今挙げたのは男性ばかりですし(一つ前のコーナーには、阿部千登勢とか青木明子とか女性も多いのですが)…。

Dsc_03542_copy_1024x530 会場を出たところに、何か異様なものが…。ガラスケースの中に土が敷いてあって、その上に死体?ミイラ? いえ、これは天然素材の服が菌による分解で土に返っていくことを表現しようとしているそうです。どうりでガラスの内側には結露の水滴などもついております。山縣さんらしいといえばらしい、ほぼ現代美術な作品でありました。

やっぱりこれ、世界の方々に観てもらいたい展覧会ですよねー。残念です。あ、それと「やっぱりこれ」の中には「パリコレ」が入ってます。びっくり。

 

| | コメント (0)

2021年8月 8日 (日)

東京オリンピック閉幕   #東京オリンピック #TOKYO2020 #閉会式 #恥ずかしい閉会式 #知恵とセンス

Center_0001_burst20210729132349620_cover 東京オリンピック閉会式をテレビで見ました。夏休み期間中の「STAY HOME」にかなり貢献したと言われるこのオリンピックですが、小生としてもこんなにオリンピック中継を見たことはなかったですね。

ホッケーとか七人制ラグビーとかスポーツクライミングとか、ふだん目にすることのない競技が面白かったです。ま、それを言ったらハンドボールとかフェンシングとか空手とか競歩とか含めて、ふだん目にすることのない競技だらけで、まさにマイナー競技にとってはオリンピックが唯一無二の晴れ舞台だってのがよーくわかります。

閉会式は開会式ほど長くないので助かりましたが、それでも意味不明な演出が多くて(スピーチも長くて)閉口しました。というか、開会式よりドイヒーな演出ではありませんか! 

だって、古関裕而の『東京オリンピックマーチ』自体は名作ですが、結局それですかい?って感じ。「半世紀以上新しいものを生み出せていない日本」って思わせるものになっちゃってます。で、他の出し物も、開会式と同じ花火に、大道芸に、太鼓に…って、驚く仕掛けや想像を超えるセンスの良い演出が、何もないではありませんか。miletに『愛の讃歌』は荷が重すぎたし、追悼パートって的外れ過ぎて意味不明だし(衣装もドイヒー)、続く日本各地の踊りってのも長過ぎる割に意味不明で、興ざめ過ぎます。さらに今さら『東京音頭』で盆踊りですかい?? そして最後が大竹しのぶと昭和風に見える子供たちの『星めぐりの歌』って、うーん、これは恥ずかしかったです。そんなことしか思いつかないの?って感じで、「子ども会」的な感じで…。

開/閉会式を見ると、北京の時のチャン・イーモウとかロンドンの時のダニー・ボイルとかみたいに、きちんとした責任演出家をつけなかったのが敗因だと思えてしまいます。チームを電通さんがコントロールしたのでしょうけれど、この世界的イベントの大きさとスケールが釣り合わない「国内イベントによくあるサイズ」の演出になっちゃってます。日本って文化的にこんなにダメだったけ?って感じの知恵のなさ、センスのなさを世界に発信しちゃってました。発想がテレビサイズというか、ちんまりし過ぎてて、研ぎ澄まされてないんですよ。あー、恥ずかしい。 一方でパリ大会紹介フィルムはセンス良かったですもんねえ。お金の問題じゃないんです。何度でも言いますが、知恵とセンス(美学)です!

でも、スカパラはまあ悪くなかったです。あと、唯一良いと思った光の粒が変形していって五輪マークになるのも、画面上の合成であって現場では見えてなかった(大型ビジョンには映っていた)って! なんだそりゃ?ですね。 あ、本当に素晴らしいのがひとつありました。男性ソプラノ歌手・岡本知高さんの歌った『オリンピック讃歌』。あれは世界に誇れるものでした。

いずれにしても、17日間+αが幕を閉じました。アスリートをはじめ関係者、ボランティアの皆さん、お疲れさまでした。どうか2024パリ大会は有観客で、マスクなしで、普通に行われますように!

 

| | コメント (0)

2021年8月 6日 (金)

「ココ・シャネル 時代と闘った女」:ドイヒーなシャネルを描く   #映画ココシャネル #ココシャネル時代と闘った女 

1_20210806001101 映画『ココ・シャネル 時代と闘った女』は、「こんな辛口でいいんですかい?」て感じのドキュメンタリー。「時代と闘った」と言うよりは、「時代とうまくやった(男ともね)」女って感じ。彼女のしたたかな人生をシビアに見つめているので、こんな映画を観たらシャネル好きの方々も、洋服や香水を買う気がなくなってしまうのではないかしらん?と心配してしまうほどです。

だって、やけにずる賢いし、ナチスにも協力していたし、晩年にはすっごく性格の悪そうな意地悪頑固ばあさんになっちゃったし、フランソワーズ・サガンからは「ひどい人だった」って暴露されちゃってるし…。まあ、これまでの読み物や映画で知っているシャネル像の数倍もドイヒーな人だったということを描く55分のドキュメンタリーなのです。晩年の顔や口調もやけに攻撃的で意地悪だってのが、映像でわかっちゃいますし。

ファッションについてはさほど深く描かれず、ちょっと残念。まあ原題が「ココ・シャネルの戦争」だから、しょうがないところなんでしょうね。Bunkamuraル・シネマでの単館公開ですが、終映後の場内がなんか微妙な空気でした。わかります、わかります。

 

| | コメント (0)

2021年8月 4日 (水)

「イラストレーター 安西水丸展」@世田谷文学館   #安西水丸展 #イラストレーター安西水丸展 #世田谷文学館 #村上春樹

Dsc_03503_copy_675x576 芦花公園にある世田谷文学館で開催中の『イラストレーター 安西水丸展』(~8/31)を鑑賞。2014年に急逝された安西水丸さん(享年71)の回顧展です。

Horizon_0001_burst20210803152901239_cove 文学館の入口がいつになくゆるくてポップな水丸調になっておりました。

Dsc_03432_copy_959x576

水丸さんって、小生なんぞには村上春樹作品の挿絵や表紙絵をはじめとする仕事が一番なじみ深いのですが、小説、エッセイ、絵本、マンガなど幅広くやっておられたんですねえ。

Dsc_0344_copy_1024x576 村上春樹本に関しては、「おお、みんな持ってるぜ」って感じでしたが、懐かしいですね。

Horizon_0001_burst20210803161331743_cove 会場の壁面が多くの部分で、ベニヤ板むき出し(無塗装)なんですが、そういう感覚がいかにも水丸さんです。壁の上に春樹さんの頭が出ているのなんかもあったりして…。

 

 

Dsc_03452_copy_951x576 全体的に遊び心に溢れた展示となっています。順路もどう見たらいいんだかわからない! まあ、ぐるぐるとご自由にどうぞって感じなんでしょうね。

 

Dsc_03462_copy_1024x513 今まで気づかなかったけど、切り絵の作品なんかもあったんですよね。マティスの影響ですね。だから、彼の色彩って、キレイなんですね。

Horizon_0001_burst20210803155928221_cove 水丸さんにとって重要な三人がフィーチャーされていて、それは春樹さんと嵐山光三郎さんと和田誠さん。和田さんとの合作シリーズなんて、楽しいですよー。

 

Horizon_0001_burst20210803160434853_cove 広告とかデザイン関係のお仕事が多かった水丸さん。デザイン関係のパーティーなどで、お姿をみかけたことが何度かありました。

Horizon_0001_burst20210803155806601_cove でも、旅好きで、酒好きで、お土産物やおもちゃが好きで、スノードームも大好きで、スタイリッシュにおしゃれ。ステキな大人でしたよね。

出口付近に展示してあった彼の愛用バッグが、カッコ良かったなあ。

 

 

Dsc_03472_copy_576x946 意外なほど見どころが多くて、楽しい展覧会でした。ショップで売ってた水丸グッズも、なかなかカワイイものが多かったですよ。

| | コメント (0)

2021年7月28日 (水)

「オリンピック・ランゲージ:デザインで見るオリンピック」展   #オリンピックランゲージ展 #デザインでみるオリンピック #ggg

Dsc_03303_copy_711x600 ギンザグラフィックギャラリー(ggg)で開催中の特別展『オリンピック・ランゲージ:デザインでみるオリンピック』(~8/28・入場無料)を鑑賞。この時期ならではの良い企画でした。すべてが興味深く、じっくりと観てしまいました。

 

Dsc_03392_copy_685x576 オリンピック各大会のシンボルマーク、ピクトグラム、トーチ、メダルなどのビジュアル・アイデンティティについて解き明かす展覧会。1964東京、1968メキシコ、1972ミュンヘン、1994リレハンメル(冬季)、2004アテネの5大会に焦点を絞って、そのデザインワークを比較展示しています。

Dsc_0338_copy_1024x576 本展のポスターや映像はあのグルーヴィジョンズによるもの。五輪を表す5色の丸を用いたシンプルでセンスの良いデザイン。映像の方も気が利いてます。 5つの丸の中で赤が大きいのを見ると、当然思い出すのが1964東京の亀倉雄策によるシンボルマーク。いやー、改めて傑作ですね、あれは。「亀倉が締め切りを忘れていて、たった2時間で作った」とか書いてありましたが、そういうものなのでしょう。全大会のシンボルマーク(エンブレム)がずらりと展示してある壁面もありましたが、パッと見て亀倉作品がベストだとわかりますね。シンプルで力強く、一切のムダがない揺るぎなさ。見事です。Dsc_03362_copy_576x895

1964東京大会で初めて導入されたピクトグラムですが、各大会に個性がありますね。中でも大江戸が気に入ったのは、リレハンメルの競技ピクトグラム。古代遺跡の岩絵に着想を得た作品だそうです。いやー、自由でユニークですねー。 アテネ大会のピクトグラムも、古代の陶器の絵みたいなテイストです。Dsc_03342_copy_569x1024

Dsc_03352_copy_553x1024 聖火トーチの中で一番驚いたのもリレハンメル。縦に長ーいのです! 木の部分は樺材を使っているそうです。トーチの展示は、すべて両面から見られるようになっていたのが良かったです。

全体感として、とてもキレイにコントロールされていたのがミュンヘン大会。ライトブルー、オレンジなど6色のシンボルカラーを設定し、大抵のものをその中で展開しているのです(大会関係者のユニフォームなども)。しかもナチスの遺産としてのベルリン大会からの決別を可視化するために、赤と金は除外して統一したのだそうです。メイン・ポスターなどもオリンピック的には弱い感じですが、そういった意志に基づくものなのでしょうね(ベルリン大会のように重厚な印象にはしないぞ、という)。好きです、この大会の爽やかなビジュアル(残念なことに、ご存じの通り血塗られた大会になってしまったわけですが…)。Dsc_03312_copy_973x600

ほかにも、メキシコ大会のオプ・アート(1968年という時代を反映)的なロゴやビジュアルなど、広くない会場に見どころ満載。それぞれのこだわりやクォリティの高さに感心しました。

それに較べると、今回の東京2020はねえ…。市松模様は悪くないんですけど、それ以外のVI(ヴィジュアル・アイデンティティ)は、全体的には無難過ぎて、既視感もあって、印象に残らないかも。大会委員会が守ってあげなかった佐野研二郎のエンブレム、大江戸はけっこう好きだったんですけどねえ…。それを言ったら、国立競技場だって隈研吾のよりもザハ・ハディド案の方がずーっと好きでした。あれも守ってあげる人がいなかったからなあ…。ネットの中のシロートの意見や暴言のせいで、考えに考え抜いたプロの英知と時間の結晶が、簡単につぶされてしまう。嫌な時代ですねえ。

 

| | コメント (0)

2021年7月15日 (木)

「ディープフィクサー 千利休」:荒唐無稽なホラ話  #ディープフィクサー千利休 #波多野聖 #千利休 #歴史のホラ話

Tripart_0001_burst20210715221737283_cove 波多野聖の『ディープフィクサー 千利休』(幻冬舎文庫)を読了。荒唐無稽な娯楽作品です。

まず章の題名を見ていただければわかるのですが--「利休、根回しをする」「利休、ソフトパワーで人を動かす」「利休、人間関係のビジョンを示す」など、あたかもビジネス本のごとし。利休の行為や思想を現代社会のビジネスになぞらえて、彼のフィクサー的な政治力を解き明かしています。

(以降ネタバレあり!) そして、あっと驚きながらあきれかえる大仕掛け! なんと、死んだはずの明智光秀が生きていて、秀吉の庇護のもとに茶頭・千利休として政(まつりごと)の裏側を支配し、世に伝えられる様々な業績を残したというホラ話なのでした。ただ、利休自身が謎多き人物なので、興味深い考察であるとも言えなくはないです。実際、「なんで2畳の茶室・待庵を作ったのか?」「なんで武士でもないのに切腹したのか?」「なんで辞世がやたらと勇ましいのか?」などという利休に関する謎に答を与えているので、ある種の説得力を持ったホラであることも確かなのです。大きな嘘をつくために、細部のリアリティを精緻に作り込んでいるというか。

でも、利休の初心者向けではなく、ある程度彼の生涯や業績やエピソードを知っている人に向けた変化球的な作品です。利休本をやたらと読んでる大江戸は、楽しませていただきました。

| | コメント (0)

2021年6月18日 (金)

「高田賢三 回顧展 Dreams -to be continued-」   #高田賢三 #KENZO #高田賢三回顧展

Dsc_00582_copy_961x581 新宿の文化学園服飾博物館で、『高田賢三 回顧展 Dreams -to be continued-』(~6/21)を観ました。昨年の10月に新型コロナウィルスによる合併症で急逝した「世界のケンゾー」のデザイナー人生をたどる回顧展です。

高田賢三さんは文化服装学院の出身なので、学園には彼が寄贈した多くの作品や資料があるのです。1970年春のデビューから昨年まで、ちょうど50周年で幕を引いたかたちとなりました。彼がパリモードを牽引した'70~80年代の作品が中心で、多くの作品(実物)に加えて、デザイン画や関連資料の展示も少々。あとはコレクション画像のスライドショー。

マネキンに着せた作品が並ぶ、その後ろにはこの博物館の所蔵品で関連するものがガラスケース内に展示されているというスタイルも面白かったです(たとえば「アフリカ」というテーマの作品の後ろに、「アフリカ」の布や民族衣装が並ぶといった具合)。そして、マネキンもブルーとかグリーンとかラヴェンダーとかに塗られていて、なかなか効果的でした。

Dsc_00592_copy_1024x581 でもやっぱりケンゾーらしいカラフルな作品、その色彩(発色だとか、配色の妙)に「きれいだなあ」と感銘を受けますね。ケンゾーさんならではの色彩感覚です。地味な色遣いも、それはそれで繊細で素晴らしいものがありますし。

学生時代や若い頃の彼の写真を見ると、垢ぬけなかったり、ビジュアル的にパッとしない所がありましたが、年を経るごとにカッコよくなっていき、81歳で亡くなった時には最高にダンディな「カッコイイおじいちゃん」になっていました。地位や名声が人を作る(こともある)ってことなんでしょうねえ。合掌です。

| | コメント (0)

2021年6月 9日 (水)

「HOKUSAI」:田中泯以外は物足りない   #HOKUSAI #北斎 #河原れん #田中泯

1_20210609231101 映画『HOKUSAI』は、コロナでまる1年公開が延期となりました。画狂人北斎の絵描き人生を4つの章立てで綴っております。1章、2章は北斎を柳楽優弥が演じる若き日々。3章、4章は田中泯による晩年です。

この映画を企画し、脚本も書き、北斎の娘役で出演もしている「河原れん」って誰?と思って調べたら、本作の配給を手掛けているスターダストプロモーションの社長夫人だったのですね。もともと作家さんのようですが、マルチにいろいろやってる方のようです。

全編を通して、かなり良い絵が撮れているんですよ(撮影=角田真一)。室内も、風景も、実に時代劇らしく、色も美しい絵が。でも、なんか映画的に躍動していかないんですよねー。それは物語に関しても言えることで、何が悪いってことはないんですけど、ドラマとして引き込まれるものがないし、面白くないんですよねー。

とはいえ田中泯が出て来ると、それだけで画面が引き締まって、映画として成立してしまうので、恐るべしです。田中泯のアップがやたら多いのですが、確かにアップに堪える顔なんですよねー。それに比べると、柳楽を含めて他のキャストは誰も印象に残らないという…。

表現と権力による規制の問題とか、北斎芸術の謎とか、いろいろ描こうとしているのはわかりますが、結局表層的なだけで、その神髄をぐいぐい描くには至っておりません。何かと残念な出来なのでありました。

 

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧