2018年9月 6日 (木)

「玉村豊男展」@松屋銀座

_20180906_221908

松屋銀座で開催中の『田園の快楽 玉村豊男展』(~9/10)を観ました。

玉村豊男さんの田舎暮らしを追った展覧会。夕方行った会場内は、その田舎暮らしのムードで・・・つまり、来場客はポツンポツン。展示は、百貨店の会場にしてはやけにゆったりしていて、なんだかのどかなのでした。

_20180906_221815

唐辛子農家をやりながらの玉村氏と奥様の素敵な田園生活(長野県東御(とうみ)市だそうです)のあれこれを展示してあります。

つまり書斎、リビング、厨房、アトリエなどの再現、ブドウや花や農産物などの絵画(ライフアート)、そして玉井夫妻の道のりなどです。展覧会の分量的には、ちょっとゆったりし過ぎというか、観たりない感じがありましたね。

_20180906_221847
最後のスペースは撮影OKの再現ガーデン。こういうのを見て、「わー、ステキ! 私も田舎暮らししたい!」って人も多いのでしょうけれど、大江戸には絶対できませんね。やはり小生は都会暮らしが好きなのです。田舎は二日で飽きるのです。

会場を出ると、グッズの先にワインの催事をやっておりました。こういうカップリングはナイスですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

『東京150年』と江戸東京博物館

_20180902_150202
久々に江戸東京博物館に行って、企画展『東京150年』(~10/8)を観ました。明治になって、江戸から東京に替わってから今年で150周年。その歩みを多くの写真や動画などの資料でたどる展覧会です。大変興味深く、勉強になりました。

Dsc_2893_convert_20180902224725

中でも映像(動画)に関しては、関東大震災とか復興計画とか淀橋浄水所やら湾岸エリアやらと目が離せないものがいろいろありました。白眉は、マッカーサーの専属カメラマンが撮ったという16㎜カラー・フィルムによるGHQ占領下の東京。銀座の和光や三越の前にジープで米軍の連中が乗りつけるような映像だとか、空襲で焼けた東京駅前を歩く勤め人の男女とか。じーっと見入ってしまいました。カラーで残ってるって言うのが、貴重です。建物もさることながら、人間を見ているのが面白くてたまりません。あんな時代でも、カラフルなモンペルックをオシャレに着こなす人がいるし、お化粧してる人も多いのです。男性も伊達男がいますし、いやー、見飽きませんでした。

Dsc_2904_convert_20180902224823

この企画展を1時間ぐらい観て、あとは常設展をざっと1時間ぐらい観ました。中には特集展示の『玉川上水』(~9/24)があり、江戸への上水道の流れと歴史をしっかり教えてくれました。

_20180902_171636

あとはもう江戸の芝居小屋があったり、長屋の暮らしがあったり、浅草十二階の模型があったり・・・久々に目にするとやはり面白いですねー。

_20180902_171706

昭和の庶民の暮らしなんか最高です。まさにタイムマシンのよう。

映画なんかでも「近過去の再現が難しい」と言いますが、こういった庶民レベルの記録と収集は貴重です。

_20180902_170645

_20180902_172018

学校給食なんかも、時代による変遷をしっかりビジュアルに伝えてくれてます。

_20180902_171931_2

コギャル・ファッションやらコスプレやらまで展示されておりました。興味は尽きませんね。

_20180902_1718332_convert_201809022

ミュージアム・ショップにあったこの千社札、なんと外国人の名前を漢字で表したもの! 江戸和亜土(エドワード)とか出仁寿(デニス)とか依頼者(イライジャ)とか恵理座辺寿(エリザベス)とか、それはもう色々ありました。感心しますね。

_20180902_190908

で、帰りの両国駅に隣接する「江戸NOREN」という墨田区の施設で、国技館のやきとりを売っていたので、おみやげに買いました。相撲茶屋のこのやきとりって、冷めてもおいしいんですよね。焼鳥3本、つくね2本のセットで650円。味が肉にしみてて、おいしゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

信藤三雄の回顧展「ビーマイベイビー」

_20180825_150522
先日、芦花公園の世田谷文学館に行って、展覧会『ビーマイベイビー』を観ました。’80年代から今日に至るまで日本のミュージック・シーンで活躍を続けるアート・ディレクター/映像ディレクター/フォトグラファーの信藤三雄さんのこれまでの回顧展です。

_20180827_224150

行くきっかけになった大きな原因が、モノクロの夏帆をフィーチャーした展覧会ポスター(なにしろ夏帆ファンですから)。駅などに貼られていたのが気になって・・・なんですけど、事前に見ていたのは白い服のぼんやりした顔のバージョン。でも展覧会場に置いてあったチラシは黒い服のシャープなバージョンでした。いずれにしても、このポスター・ビジュアルって、展覧会オリジナルで、展示作品には何の関係もないんですけどね。珍しいパターンです。

_20180825_150157

展覧会場は全面的に写真撮影OK。最近はそういうの増えましたよね。SNS効果を期待しての措置なのでしょう。かく言う小生も、小野瀬雅生(CKB)さんのブログを読んで来たって部分もあったんですけどね(ポスターの次の要因として)。

Dsc_2857

タイトルになっている「ビーマイベイビー」ですが、COMPLEXの曲ではなくって、あのロネッツの(フォル・スペクターの)オールディーズ・ヒットのことでした。

_20180825_150345_2なんてったって、信藤さん自身が手書きのあいさつ文の中でそうおっしゃてます。手書きってのも、かなりユニークですよね。

Dsc_2859

信藤さんといえば、日本のミュージック・シーンで、いわゆるJ-POPのビジュアルを担い続けた人、’80年代以降、カッコイイやつ、先鋭的なやつのほとんどは、信藤さんによるものでした。

_20180825_150611

ピチカート・ファイブ、サザン、ミスチル、ユーミン、コーネリアス、ミーシャ、マイラバ・・・。佐野元春やCKBもありましたよ。

Dsc_2863

出品されているのは、現物のCDジャケットや昔懐かしいシングルCDの縦長ジャケット、そしてポスターなど。

_20180825_150314

信藤さんによる書画や和室、更には映像作品(MV)の上映もありました。CKB『タイガー&ドラゴン』のMVもやってましたよ。坂本龍一のMVカッコ良かったなあ(洋服の青山の広告だってのには驚きましたが)。

でもCDやらポスターやらをズラリとまとめて貼ってある展示なので、じっくり観なければ、割とあっさり終わってしまいます。まあ、それでも時代の空気を感じる、懐かしいあれこれを思い出すことのできる展覧会になっておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月24日 (金)

「石原裕次郎の軌跡」展@松屋銀座

_20180824_233428
松屋銀座で開催中の『「石原裕次郎の軌跡」展』(~9/3)を観ました。主催は石原プロモーション、企画制作はなぜか東映です。でも、もちろん日活も「協力」に名を連ねております。

大江戸は裕次郎には特段の思い入れはないのですが、やっぱり凄い「映画スター」だったんだなあと再確認できる展覧会になっておりました。

_20180824_215826

裕次郎も、生きていれば現在83歳ということで、会場内はシニア層の男女でいっぱいでした。

小樽の裕次郎記念館が昨年閉館になったってことで、おそらくそこの展示物が展覧会になっているのでしょうね。

_20180824_215804

写真撮影ができるのは最後のコーナーだけですが、場内には映画関係の資料や映像と衣装の数々が展示され、併せて歌手活動の記録や衣装なども豊富に展示されておりました。

_20180824_215746

またまき子夫人(北原三枝)との結婚式での衣装や、プライベートの衣装もたっぷりありました。ジャケットの裏地にエルメスの派手なスカーフが使ってあったり、キンキラの腕時計が多かったりと、独特の美的感覚は今見ると、ちょっと笑えてしまうような趣味なのですが、それがあの時代であり、裕次郎だったんでしょうねえ。濃い人生を送った、まさに「昭和の大スター」ですね。

そもそも映画『銀座の恋の物語』って、浅丘ルリ子が松屋で店内アナウンス嬢をやっているって設定で、松屋の周辺や店内がたっぷりと写っていますからね。

Dsc_2851

そこらへんをまとめたダイジェスト映像と共に、愛車のメルセデスベンツ300SLガルウイングが松屋1Fの正面口前に展示してありました。

あと、今回もグッズ販売コーナーは盛りだくさんでした。マルベル堂のモノクロ・プロマイドもわんさかありましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」@松屋銀座

_20180809_195003
松屋銀座で『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展』(~8/20)を観ました。アメリカのウォルト・ディズニー・アーカイブス(ま、資料館ですね)。からの所蔵品約420点による展覧会。かなりの点数です。数日前のTVで、ディズニー・マニアの風間俊介が会場で興奮しているところをやってました。

_20180809_215231

いにしえのミッキーマウスから始まり、その後に出て来る実写版ディズニー映画に登場したコスチュームの数々が圧巻です(会場のかなりの部分で撮影OKとなっております)。

_20180809_215420

『アリス・イン・ワンダーランド』や『美女と野獣』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』などの衣装に加え、SFコーナーには『トロン』や『ロケッティア』などマニアックなものが並んでますし、女性ヴィラン(悪役)のコスチュームを揃えたコーナーも。

_20180809_215356

更には『ジャングル・ブック』のCGの元となった(ですよね?)動物の頭部などまであり、かなり「ワオ!」な展示です。

Dsc_2805_2

そして、トム・ハンクスがウォルト・ディズニーを演じた映画『ウォルト・ディズニーとの約束』で使われたディズニーのデスク(再現)も!

_20180809_215329
終盤には、「ディズニーと日本の関係」コーナーもあったりして、なかなか盛りだくさんに楽しめました。

_20180809_215304

、会場を出た後の物販コーナーが、今回はやけに広々とでかくて、あまりの種類の多さにぶっとんだのでありました。こりゃ、ファンは破産ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

末廣亭で落語など

_20180804_165225
危険な暑さの日々が続いております。ひと時の非日常を求めて、久々に新宿の末廣亭(昼席)に行って来ました。

12時開始で40分ぐらいたってから入りましたが、それでも昼席の終わりまで4時間ぐらい楽しみました(望めば5時からの夜席にも居座って構わないのですが、さすがにやめときました)。

いやー、場内のエアコンが涼しいこと涼しいこと。入場時の汗もすぐ引いて、以降は寒いこと寒いこと。大江戸は常に防寒用に持ち歩いているパーカを着て、途中からはストールもまいておりましたが、それでも最後の方は寒くてまいりました。おまけに、(サイドの桟敷席で、薄い座布団に座り続けていたもので)お尻もかなり痛くなったり、股関節もしんどかったりで、やはりイス席にしときゃ良かったって感じでした。 場内はなかなかの入り。途中からは2階席も開放となりました。入りの方は、寒くなかったってことで(←うまい)。

落語を中心に、奇術や曲ごま、漫才にギター漫談などを楽しみ、中入り前の一席は柳家小さん。それから林家正蔵などが出て、トリは柳家花緑でした。やはり正蔵さん、花緑さん、面白かったし人気もありました(あと、相撲取りから転身したという三遊亭歌武蔵も、かなり笑えましたよ)。 一方で、かなり「この人、大丈夫かなあ?」って感じの「昭和のシーラカンス」的な方もいらっしゃいました(漫談方面で)。いや、まあ、いろいろいらっしゃいます。 客席の方も、最初は高齢男性が多かったのですが、徐々に若年層や女性が増えていき、老若男女が楽しんでおりました。

いやー、寄席ってたまに行くと、やはりいいもんですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

「羽海野チカの世界展」&「林明子原画展」でほっこり

_20180723_222512
松屋銀座で開催中の『羽海野チカの世界展 ~ハチミツとライオンと~』(~7/29)を観ました。小生は『ハチミツとクローバー』は実写版映画化作品を観ただけ、『3月のライオン』はNHKのアニメと実写版映画化作品を観ただけで、本筋大元のマンガを読んでいないんですが、それでもやっぱり楽しめました。

_20180723_222540
展覧会全体に、「アットホームな手作り感」があるんですね。羽海野さんの手書きによるメッセージやコメントが随所に散りばめられていて、彼女の私物も多数展示されていて、絵のやさしさ、温かみと相まって、非常にほっこりした気分になってしまうんです。

映画やアニメ版の『3月のライオン』コーナーだとか、コラボレーション・コーナーだとかもあって、盛りだくさんの内容でした。

_20180723_222605
会場出口にあった版画販売のコーナーでは、手ごろな価格で今観て来た絵を版画にしたものが販売されており、かなりの数の売約マークがついておりました。だって、大江戸だって勢いでちょっと欲しくなっちゃったぐらいのものですから。ファンなら絶対(何枚も)欲しくなりますよねえ。買えない人のためには、ポストカードが用意されておりましたよ。

_20180723_222605_2

そして最後の壁面には、羽海野チカさんから直接来場者へのメッセージが黒マジック(?)で描かれていました。こんな感じです。 実は会場の最期のコーナーには羽海野さんへのメッセージを書き込むノートが何冊も用意されていて、ファンがじっくりと言葉を綴っていました。この展覧会を媒体として、作家とファンの理想的な関係が築かれているようで、素敵だと感じました。

_20180723_222445

で、隣接会場で同時開催の『絵本のひきだし 林明子原画展』も観ました。この人はそんなに知らないのですが、おぼろげに知っている『はじめてのおつかい』や『こんとあき』よりも、なぜか『おふろだいすき』の絵を覚えておりました。

絵本を見開きにした横長原画の展示が多数ありましたが、その構図はまさに天才的でした。尖った個性のない、普通の絵なのですが、そこが優しい持ち味となっておりました。こちらもほっこりといたしました。

p.s. あ、そうそう。『羽海野チカの世界展』入口で、入場者に小冊子のプレゼントがありました! その名も『3月のライオン 13.1 あかりの銀座物語』という書き下ろしで、いやー面白い! ポテトサラダ喰いたい! そんなステキな(あかりさん大活躍の)1冊でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

佐藤卓「MASS」展@銀座・奥野ビル

_20180510_221207
久々に銀座1丁目のレトロ建築・奥野ビルへ行きました。

3FとB1のギャラリー「巷房」で開催中の佐藤卓さんの展覧会『MASS』を観るためです。

グラフィックを中心としたデザイナー、アートディレクターの佐藤さんですが、時々こういう現代アート的な表現も発信しています。

いいですねえ、この奥野ビルの外観。

_20180510_221229

エレベーターがまたスゴイんです。外側の木製の扉と、内側の鉄製の扉を手で開けるスタイル。降りたらまた、その二つを手で絞めねばなりません。うわ、たのしい。

_20180510_221402
展覧会タイトルの“MASS”とは、「大量」を意味する言葉。「マスコミ」や「マスゲーム」の「マス」ですね。 どうもこの展覧会においては「大量生産品」(マス・プロダクツ)を意味しているようです。

_20180510_221308

で・・・、なんだこりゃ?ですよね。3Fから観ていくのが正解でしょう。

_20180510_221340カメラのレンズみたいな機械感覚もあり、真ん中の変な形のものが生物的で、おかしくもなまめかしくもあります。

_20180510_221449
B1会場に行くと、ああ、そういうことですか。種明かしですね。

チューブから絞り出された中身がてろんと、出かかっている。そんな様子なのでありました。

比較する物がないのでわかりにくいけど、とにかくこのチューブがでかいんですよ。大男ぐらいのサイズでしょうか。妙にでかくて、笑っちゃいます。これと較べても3Fのやつの方が、更にでかいんですけどね。

_20180510_221433
で、最後の部屋にはでかい水滴のようなもの。これまた比較する物がありませんが、直径2-30cmでしょうか(小さいのは10cmぐらい)。

材質はガラスだと思いますが、その他のチューブてろん系の作品とは趣が違いますね。アメリカに対して日本、みたいな・・・。枯山水的な静謐を感じさせます。

なぜこれがMASSなんでしょう? うーむ。 禅のようであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

「建築の日本展」@森美術館、そして・・・

_20180505_221119
六本木ヒルズの森美術館で開催中の『建築の日本展 その遺伝子のもたらすもの』(~9/17)を観ました。

これ、英語タイトルの“Japan in Architecture”の方がわかりやすいですね。つまり、古今の建築を通して、日本とは何なのかを探求する試み。

会場は9つの章に分かれていて、木造、シンプルさ、屋根、工芸、空間、折衷、集合、外国人の視点、自然との共生といった「日本らしさ」を建築の実例から解き明かしていきます。

Dsc_2617

何ヶ所か撮影OKポイントもあったのですが、この正倉院や桂離宮を思わせる高床建築は、1953年築(現存せず)の丹下健三自邸。冬は寒そうです(まあ、それが古来の日本建築ってもんですが)。

_20180505_220521
そして会場内に原寸大で再現された国宝・待庵! 利休を象徴する傑作、あの二畳の茶室です。並んで待てば入れるというので、「これは待つしかないでしょ!」(待庵だし)と、体験してみました。内部は撮影NGですが、展覧会場内の仮設、いわばレプリカとはいえ、ちょと感動しました。

_20180505_220550

よく聞くように、「狭さを感じない」造りでしたし、躙(にじ)り口も想像したほどちいさいものではありませんでした。

また会場内の暗室では、体験型3Dインスタレーションを上映していて、これが実に新しかったです。正面からもサイドからも、見ることが出来る3D映像による日本建築内部の紹介。つまりサイズ感と位置関係をリアルに見て取れるのです。このシステムって、建築に限らず今後の展覧会で流行するかもって気がします。

知ってる建築も知らない建築も取り交ぜて、古代出雲大社、会津さざえ堂から、旧帝国ホテルやオリンピック競技場を経て、近年の水の教会や鈴木大拙館まで、日本建築のモニュメンタルな傑作を概観できる、素晴らしい企画でありました。

_20180505_190925
会場を出れば、これは特に「日本的建築」とは言えなさそうですが、展望台からの東京タワー。やはりこの赤が効いてるんですよねー、コンクリートとガラスの中で。

_20180505_191025

そして新宿の高層ビル群の向こうには、夕日とマジックアワーの西の空。

Dsc_2626

今、六本木ヒルズは壁や柱など至る所が、カラフルなニットでおおわれています。 アーティストのマグダ・セイエグさんによるアート・プロジェクトなのだそうです。なんかかわいく変容しておりますよ。

Dsc_2625

、ルイーズ・ブルジョワによる蜘蛛の彫刻「ママン」もこの通り。いつものおどろおどろしさは消えて、とってもキュートになっちゃってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月30日 (月)

「“のん”ひとり展 女の子は牙をむく」

_20180430_170902
渋谷スペイン坂のGALLERY X BY PARCOで開催中の『“のん”ひとり展 女の子は牙をむく』(~5/8)を観てきました。

Dsc_2607

昨年来「創作あーちすと」という肩書をつけて、数々のクリエイションを発表しているのん。今回はいちおうその集大成的な作品展です。

_20180430_215550

会場内には、タブローをはじめ、壁画あり、衣服の作品あり、巨大ハムスター(?)あり・・・と、にぎやか。

_20180430_215627

300円のガチャガチャで売ってる「牙ッヂ」なる缶バッヂもありました。販売グッズとしては、他にもトートバッグやらマグカップやら絵はがきやらTシャツやらキーホルダーやらクリアファイルやらがありましたよん。

_20180430_215526
のん画伯の絵は、具象、抽象、マンガ風など取り交ぜていろいろ。きれいな色で描かれた抽象作品なんかは、結構好きでした。色彩に才能が感じられなくもないのです。

_20180430_215733

入口そばでいきなり目立っていた赤い恐竜が牙をむいているような作品などは、かなり力のある秀作でした。

そうそう、この展覧会は入場料500円(おみくじ付)ってことなんですが、入口でもらった栞(しおり)みたいなおみくじには「大牙凶」とありました。ひえ~。

_20180430_223007

PARCO出版による展覧会図録(税込2,700円)を買いましたが、この表紙が牙の生えた口の形に切り抜いてあって、そこからのんの顔がのぞいているというもの。作品と共に、のんの写真も数多く登場し、インタビューもありました。なかなか結構なご本です(帯に「自信作!」と書いてありました(笑))。

展覧会最終日の5月8日には、渋谷クアトロで「のんシガレッツ」のワンマンライブです(行きます)。そして翌9日にはファーストアルバム『スーパーヒーローズ』の発売です(CD+DVD予約しました)。 のってます、のん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧