2018年8月 4日 (土)

末廣亭で落語など

_20180804_165225
危険な暑さの日々が続いております。ひと時の非日常を求めて、久々に新宿の末廣亭(昼席)に行って来ました。

12時開始で40分ぐらいたってから入りましたが、それでも昼席の終わりまで4時間ぐらい楽しみました(望めば5時からの夜席にも居座って構わないのですが、さすがにやめときました)。

いやー、場内のエアコンが涼しいこと涼しいこと。入場時の汗もすぐ引いて、以降は寒いこと寒いこと。大江戸は常に防寒用に持ち歩いているパーカを着て、途中からはストールもまいておりましたが、それでも最後の方は寒くてまいりました。おまけに、(サイドの桟敷席で、薄い座布団に座り続けていたもので)お尻もかなり痛くなったり、股関節もしんどかったりで、やはりイス席にしときゃ良かったって感じでした。 場内はなかなかの入り。途中からは2階席も開放となりました。入りの方は、寒くなかったってことで(←うまい)。

落語を中心に、奇術や曲ごま、漫才にギター漫談などを楽しみ、中入り前の一席は柳家小さん。それから林家正蔵などが出て、トリは柳家花緑でした。やはり正蔵さん、花緑さん、面白かったし人気もありました(あと、相撲取りから転身したという三遊亭歌武蔵も、かなり笑えましたよ)。 一方で、かなり「この人、大丈夫かなあ?」って感じの「昭和のシーラカンス」的な方もいらっしゃいました(漫談方面で)。いや、まあ、いろいろいらっしゃいます。 客席の方も、最初は高齢男性が多かったのですが、徐々に若年層や女性が増えていき、老若男女が楽しんでおりました。

いやー、寄席ってたまに行くと、やはりいいもんですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

今年も湘南「海ラン」

Dsc_2747
東京の気温が35だか36℃になった本日、毎年恒例の「海ラン」に行って来ました。茅ヶ崎のサザンビーチから出発して、(昨年は平塚方面でしたが)例年のごとく江ノ島水族館まで走っての往復です。

いや、暑い。朝9時15分ぐらいのスタートでしたが、既にガンガンの暑さ。ちょっと走ると、異常に汗が出て来ます。目に入りそうに滴る汗を拭くのが大変でした。経口補水液を飲みながら走っておりました。

Dsc_2749
おまけに「養浜工事」とかで、やけにたっぷりの砂を道の際に積み上げてあるものですから、走るコースは狭くなってるし、砂の上を歩くような箇所も多くて、それでだいぶ消耗しました。

途中の水飲み場にあったのがこれ。「ワンちゃんウォーターカップ」。カップと言うよりはボウルだと思いますが、なるほど愛犬家用のこういう配慮もあるのですね。

Dsc_2746
江ノ島海岸の海の家には「点滴ジュース」なるのぼりが! 確かに点滴パックとそこから伸びる管が吊るしてあり、赤や青の液体が・・・。うーん、ちょっと興味深いですね。

Tenteki

で、後半はバテてしまったメンバーのことも考慮し、歩きを混ぜた超ゆっくりランで帰還。ちょうど12時頃に海の家へ戻り・・・

Dsc_2750
冷え冷えの生ビールで乾杯!! いやー、うまかったこと!!最高です。いつもの烏帽子岩ジョッキです。

Img_0780

あ、それとこの「食いだおれ太郎」のソックスは、過日支援者の方(本日のメンバーの一人)から頂いた大阪土産です。シューズを履いてると、見えません。

実は今日はスマホの充電を忘れてしまって、家を出る時に気づいたら、もう29%しか残っておりませんでした。なのでオフにしながら大切に使っておりました。そのため写真があまりありません。あしからず。あしかがたかうじ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

チ、チ、チ、チ、チ、チ、チ、チェリーの季節

Dsc_2500
東京の桜(ソメイヨシノ)は、今満開。大江戸は桜の香りが大好き。で、近年ではこの時期になると、巷に桜のお菓子や各種商品が並びます。その「旬」を逃さずに買うのです。チェリーの季節を楽しむのです。

まずは『さくらマシュマロ』です。カルディで買いました。販売者は世田谷区代田の「株式会社もへじ」です。なんだ「もへじ」って?? 「へのへの」はどこ行ったんだ?

淡い桜色のマシュマロの中に、さくらあんが入っています。静岡県産の桜葉使用ってことだそうです。まあ桜ですけど、さほどの魅力は感じられませんでした。

Dsc_2501

こちらはカルディ・オリジナルの『さくらあずきチョコ』(販売者は株式会社キャメル珈琲)。ホワイトチョコの中にレーズンって、よくありますよね。あれのレーズンをあずきに代えたやつです。甘じょっぱい桜の風味も感じられて、悪くはありません。

で、ふと気になってもう一度販売者を見てみると、どちらの住所も同一! なーんだ、みんなカルディさんってことですね。ちなみに製造者は、マシュマロが佐賀県の竹下製菓、チョコが山形県のでん六なのでした。

_20180308_201252
さて、こちらはサントリーの『さくらんぼチューハイ』。限定出荷です。山形産「佐藤錦」を使用しております。スイートで爽やかですが、これはまあこんなもんかなって感じです。味を確かめればいいかなって感じですね。

Dsc_2495

そして

こちらはドトールコーヒーの『桜香るホワイトショコラ・ラテ』です。上にかかっているの緑のものは、青海苔じゃなくて抹茶でしょうね。とっても春っぽい飲み物です。桜の香りや桜もち感がしっかりと漂っております。優しいお味で、おいしいですよね。

Dsc_2502
てなわけで、桜の香りがあまりにも好きなもんで、思い立って桜のオードパルファムを買ってみました。天然成分だそうです。でもこれ、ファーストノートは全然桜っぽくないんですよ(爽やかで、悪い香りじゃないんですけど)。 ミドルノートで、かなり濃厚な桜って感じになって来ます。こちらも桜だけじゃなくて、何か混ざってますけどね。 最後に残るラストノートにも、淡い桜が感じられます。とは言え、全体的に「ちょっと違うんだよなー」感がありますけどね。

桜の香りって、本物はかなり淡いだけに、そのまま香水や香料にすると薄すぎてダメなのでしょう。難しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 1日 (木)

のんの「銀河のしずく」ごはん

_20180228_225540
岩手県在住の支援者の方からいただきました。『のんの 銀河のしずく』パックごはんです。「銀河のしずく」は、のんさんがCMにも出ている岩手のブランド米。パックにはご覧のように、敬礼するのんさんの写真入り。いやー、レアです(少なくとも東京では)。

で、お味の方は・・・うん、おいしかったです。小生は米の味を比較・表現できるほどの人間ではないのですが、色は白く、味は甘く、炊き具合はちょうど良く・・・と、とても良いごはんでした。 ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

クレベリンでウィルスに勝つ!

_20180202_161642
巷ではインフルエンザが大流行ってことで、初めて買ってみました。職場に置きました。大幸薬品の「クレベリン ゲル」。

二酸化塩素分子の力で、ウィルスを除去し空間を除菌するってことで、1ヵ月用で1,080円でした(2ヵ月用もあり。 塩素系ってことはノロウィルスなんかにも有効ってことで、いいっすねー、これ。

_20180202_161705_2

で、こんなのもありました。同シリーズの「クレベリン パワーセイバー」。ペン型で、胸ポケットなんかに入れておける、つまり個人を守ってくれるわけなんです。電車の中でも、人混みの中でも、狭い部屋に保菌者と一緒にいたとしても(まあ、注意書きには「屋外では成分が拡散されるため、屋内・室内でご使用ください」と書いてありますが・・・)。

中に入れるスティックは2週間もつそうで、それが2本入っていて1,080円。 絶対休めないこの季節に、心強い味方です。さっそく胸にさしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月31日 (水)

SHE SAID YES!

Dsc_2269
先日うちの近くを走っていたら、ふと目についたこの落書き。

SHE SAID YES!  1/2/18

うーむ、「彼女はイエスと言った 18年1月2日」

ってことですよね。

_20180113_162947

年明け早々、一体何があったのでしょうか?

思わず落書きしたくなるほど嬉しいことだったのでしょうか? イエスって、何に対するイエスなんでしょうか?

そもそも彼女がイエスといったその眼前で(約束みたいな扱いで)書いたのでしょうか? それとも一人になってから、嬉しさに舞い上がって書いちゃったのでしょうか?

これだけで短編小説の1本や2本、ラブソングの1曲や2曲書けそうな気がします。ごはんだったら、1杯や2杯行けちゃいます。

いろんな想像を呼ぶ「記念碑」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月26日 (火)

銀座のウインドウを犬張子が占領?

Dsc_2231
夜の銀座、和光のショーウインドウがベルマーレのようなライトグリーンに輝いてますね。

Dsc_2219

ぐわ~ん! こ、これは・・・

どうやら大迫力の巨大わんわん、いや犬張子ですよ。インパクトあります。

Dsc_2217あの大きな和光のウインドウですからね。そばで見ると、人間を踏みつぶせるサイズってことがわかって(ま、象のようなサイズですね)、畏怖すら覚えるような感覚です。

Dsc_2218_2

まあ、脇にはこんな真っ当なサイズ(?)のやつもいましたけどね。

Dsc_2235

で、そのお向かいの

Dsc_2234

銀座三越のウインドウも犬張子! 

まあ来年が戌年ですから、驚くには及ばないのかも知れませんが・・・。

三越の場合、大型・中型・小型と3パターンのサイズを用意して来ました。

鶴の紋章をつけたり、籠を背負ったり、いろいろしてるようです。

Dsc_2236

Dsc_2221さてさて、三越の対角線ブロック(銀座5丁目)にあるのが、あの鳩居堂。そのウインドウにも犬張子が!こちらは、オーセンティックなものですね。

あれ?こっちにも籠が! これって、一般的な風習なんですかね?

で、調べちゃいました。そしたら何と、籠の材料である「竹」と「犬」とで「笑」ってことなんだそうです(正確には違うと思うけど)。だから、バックパネルに「笑」って字が貼ってあるんですね。

そのほかにも色々と意味があるようで、このサイトに詳しかったです↓

http://wankotabi.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

いやー、勉強になりました。

Dsc_2222

で、そのちょっと先にはまた犬・・・

って、これはいつも通りのソフトバンクのお父さんではありませんか。

戌年関係なーし。 ちゃんちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

50万

あ、右側についているこのブログへのアクセス数のカウンターの数字が、500,000を超えました! 2006年2月~みたいなので、12年近くかかってようやくというスロー・ペースではあります。でも、やはり「継続は力なり」(と小学校の校長先生が卒業アルバムに書いてくれました)ってことです。

昔のを見てみたら、今よりもかなり短文ですね↓

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/index.html

これからもより一層のご愛顧、ご高覧のほどよろしくお願い申し上げます(コメントやトラックバックも歓迎いたします)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

YGPのXマス・イルミネーション

Dsc_2110
大好きな空間、恵比寿ガーデンプレイスの恒例クリスマス・イルミネーションが始まっております。

Dsc_2107

目玉は今年もまたバカラのシャンデリア。随分長いこと続いてますね。もう何年続いているのでしょうか?

Dsc_2108
ここは昼も夜も空間が静かなのが特色。東京の中にあって、貴重な場所です。

Dsc_2109

そんな夜の静けさに、イルミネーションの微かな電気音が聞こえそうな、そんな感じが冬っぽい魅力を放っております。

Dsc_2112_convert_20171118211112
バカラ・シャンデリアに至るスロープの両側もイルミネーション並木になっていて、坂の上(三越の入口前)にはオーセンティックなクリスマスツリーが立っています。

Dsc_2114_convert_20171118211302

横を見やれば、遠景には東京タワーが輝いていて・・・この景色最高です。

Dsc_2113_convert_20171118210949
線路側には青色LEDツリーのゾーンも。これもまた良し。

いろんなタイプのイルミネーションを楽しめるガーデンプレイスなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

渋沢栄一ゾーンと動物さんゾーン

_20171002_194827
都電(Tokyo Sakura Tramって言うんですね)の走る街、王子。その飛鳥山にある渋沢資料館を、過日訪れました。

_20171001_120249
明治時代に、現代日本の産業の大元をほぼ一人で作り上げた男=渋沢栄一の生涯と業績を紹介する記念館です。大江戸も初めて訪れました。

1982年開館とのことですが、最近お色直しをしたのでしょう。新築のようにきれいでした。 常設展に加えて、企画展の『渋沢栄一、パリ万国博覧会へ行く』(~12/10)ってのをやっていました。

写真や銅像で見る渋沢栄一って、ちょっと「ひふみん」に似てるなあ、なんて思ったりして・・・。

Dsc_1854

そこを出てから、道を挟んだ所にある「青淵(せいえん)文庫」(重要文化財)に向います。石造りの西洋建築ですが、これ栄一の傘寿のお祝いに贈られた書庫なのだそうです。ただ、現在2階は見ることができなかったので、少しのスペースしか味わえませんでした。まあ、閲覧室などは旧朝香宮邸(庭園美術館)を思わせるものがありましたけどね。

Dsc_1858_2

建物の裏手に回ると、むしろこっちの方が魅力的かもと言えるような感じ。中央の張り出し部分が、良いアクセントになっているのですね。

Dsc_1856

更にその隣にあるのが、「晩香盧(ばんこうろ)」(重要文化財)。こちらは栄一の喜寿を祝って贈られた賓客おもてなし用の洋風茶室なのだそうです。説明書きに「バンガローから取った名前」とあって、びっくりぽんでした。ここも見る所はちょこっとでした。

Dsc_1859

高尚な気分で渋沢ゾーンを去ると、隣は飛鳥山公園の児童エリア。SL(D51)なんかも鎮座してたりします。

_20171001_104250

でも大江戸の目を引いたのは、こっちの変な動物たち。広場の一角に、ある程度集中的に設置されておりましたが・・・、おそらくはコンクリートにペンキ塗装です。

このタコさん、なんかとぼけてていいですよねー。黄色いハチマキがお似合いです。

_20171002_194846

こちらのカメさんも、かなりかわいくて結構です。

_20171002_194939

シロクマさんは、割とリアルなタイプ。でもシンプルそのものです。

_20171002_195001

そしてブタさん。なんか日テレのマークをちょこっとだけ想起。でもなんで青いの?? 青ブタ。アオブタ・ブルーベリージャム?って、それは「アヲハタ」。

いやー、ほかにもありましたが、みんないい感じで乗りたくなっちゃいますです(乗らなかったけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧