2017年7月24日 (月)

六本木ヒルズのドラえもん軍団

Dsc_1526
六本木ヒルズが今、ドラえもんだらけなんです。

Dsc_1525

老若男女がドラえもんと記念撮影したりして、盛り上がってます。

Dsc_1524

ただそれだけのことですけど、結構現代美術感を醸してたりして、面白いです。

Dsc_1523_2

みんなドラえもんが好きなんだなあ。

Dsc_1518_li_2

黄色いのもいますね。

Dsc_1520

テレビ朝日の屋上に巨大なドラちゃんが鎮座していたのには、驚きました。

Dsc_1521

すごいぞ、ネコ型ロボット!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

ダンディーなメンズ日傘

Dsc_1513

今年の夏はとりわけ暑いようですね。

陽射しも厳しい今日この頃、大江戸はしばらく前からメンズ日傘を使い始めました。

男性用の日傘って、数年前から外回りの多い営業職の人が使ったりしているようなトレンド記事を見かけましたが、実際に街なかでは見たことってありませんでしたよね。

でもネットで調べると、ありました。そして、機能性がスゴイ。

遮光率99%、UVカット率99%とか書いてありまして、スペック的にもスゴイものがあります。こりゃ、買いでしょ。

_20170715_140650_2

持ち運びやすい折り畳み式を買いました。表側はシルバーなツヤ消しメタリック。それなりに悪目立ちしそうで、ちょっとイヤですけど、でもこれで太陽光を反射させる=吸収しないってわけです。

そして内側は黒主体のチェック柄。こちらでは逆に影を作ります。さらに、白系だと反射して顔に光線が当たってしまうので、吸収させるわけです。よく出来ております。

でも傘袋まで外側がシルバーなのは、謎です。ヘンです。

_20170715_140634

で、・・・いいです、これ。強い日差しが頭や顔や肌を射すジリジリ感を、まったく気にしないですみます。日陰を連れて歩いて行くわけですから、楽です。涼しいです。長く徒歩で移動する時などは、最高です。 当然、お肌の老化にも良いはずです。

使い始めの2-3日は、人々の視線がちょっと気にならなくもなかったですけど、その後はむしろ視線を浴びることを誇らしく思うようにしたので、もう全然大丈夫です。「ふんふーん、どうです。いいでしょー。進んでるでしょー。」って感じ。ものの本によると、明治、大正の伊達男は日傘をさしていたそうでありますしね。

大江戸は帽子も好きですが、日傘も悪くありません。ちなみに、数年前から日焼け止めも(春から秋にかけて)塗っております。でもその一方で「海ラン」とかしちゃうから、台無しなんですけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

続・竹下通りの変な物

_20170710_192044

先日のご紹介(↓)に続く原宿・竹下通りワンダーランド。

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-8792.html

まずは原宿駅とは反対側の明治通り沿いから入ります。

ご覧の通りみんな英語の看板ばかり。日本語なんて(ほぼ)ありゃあしません。そんなTakeshita Streetです。

_20170710_192026
いろんなもん売ってますけど、どれも低価格×カラフル×ポップですね。人はそれを「カワイイ」と言ったりします。

まずはタイムリーなパンダ柄のTシャツ。すごい繁殖力です。

_20170710_190931

ブームの続くネコも、ここではなぜかスピリチュアル系。

いいすね、サメTシャツ。これ着たまま海につかると良さ_20170710_190910そうです。

サメ好きのきゃりーぱみゅぱみゅさんが着ても、「いやほい」な感じでしょう。

_20170710_190753

こちらのTシャツはかなり闇が深そうです。脳みそ? 眼球? 肺?

お値段も4,900円と、竹下価格を超越しております。

Dsc_1480

おお、これはその昔「竹の子族」で一世を風靡したブティック竹の子ではありませんか。

その頃よりもっとヘヴィー&グラマラスな感じになって、でもカラフルにイケイケです。

_20170710_190819

前回もご紹介したスシニンジャ・トイレですが、中に入ると壁面にこんなポスターが貼ってありました。

ま、それ以外は普通の公衆トイレだったのが、ちょっとがっかりなんですけどね。

_20170710_190720_2

原宿駅サイドの竹下通り入口。

ゲートの上もカラフル&ポップですね。

_20170710_190634

そして原宿駅駅舎のクラシカルな美しさ。人はそれを「カワイイ」と言ったりします。

いろんなサイズが小さいので、「昔の日本人は小さかった」ことが実感できます。

2020年までに現代的な駅舎に建て替えられてしまうようですが、何とかこのファサードだけでも残しながらという方向でうまいことできないもんですかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

(番外編)湘南海ランと平塚七夕

_20170709_170339

毎年恒例の仲間との海ラン。今年も茅ヶ崎サザンビーチに行きました。

ただ、いつもは江ノ島方面に走るのですが、今回は反対方面に走りました。平塚の七夕がまだ残っているというので、それを見てみるという目的もありましてね。

_20170709_171504_2

_20170709_170625

海沿いの道は例年と同じような感じ。トンビも飛んでます。ゾンビは飛んでません。

(烏帽子岩とは反対の)平塚に向かうというのに、コースの所々に烏帽子岩を模したこんなものがあります。車止めですかね。

_20170709_171647

茅ヶ崎市と平塚市を結ぶ湘南大橋。渡るのに結構長い距離があります。

_20170709_171542

で、その下を通る謎の水上バイク軍団。何でしょう? USJの『ウォーター・ワールド』のアトラクションみたいです。

_20170709_171301

平塚駅北口は人でごった返してました。小生もここの七夕をちゃんと見たのって、初めてかなあ2回目だったかなあって感じです。

_20170709_171219

うーん、確かに大きなものがドーンとぶら下がってて、それが連続しているのですね。でもかなり昭和的でありチープ感ありありで、しかも肖像権フリー、著作権フリーな感じが何とも言えません。多くの人が(ゆかた率高し)集い、露店もたくさん勢揃いしてました。

_20170709_171101

ベルマーレのもありましたよ。三角の紙(短冊?)に選手一人一人の自筆で願い事が書かれてました。「J1昇格  点が取りたい 坪井慶介」とかね(笑)。

_20170709_170854

そこからは勝手知ったるルートで、大原の総合公園へ。

平塚球場ではイースタンリーグのDeNA vs. 読売の試合前で、結構な人が並んでおりました。

Dsc_1467

そしてBMWスタジアムでは陸上競技の競技会が開かれておりました。大江戸もサッカー以外でここに入ったのは、初めてです。

隣の人工川では、子供たちがたくさん水遊びをしてました。

この時点でそこそこ疲れておりましたが、まあ何とかかんとか茅ヶ崎サザンビーチまで戻りました。途中に、湘南バンク・平塚競輪場なんてのがありまして、「へー、ここだったのね」って感じでした。

結局ゆっくり2時間50分ぐらいかけて、18.5kmほど走りました(七夕など一部歩きの箇所あり)。炎天下だし、あー疲れた。

_20170709_133317

ということで、海の家でのシャワー後のビールがもう最高! いやー、今年も元気で走れました。飲めました。

_20170709_170518

今日の海は大潮とかで、やけに茶色く汚かったのですが、まあガンジス河よりはましでしょうか。

お仲間のご厚意により持参してくれたモエ・エ・シャンドンやロゼワインもいただきました。

走りもビーチも日焼け止めクリームを塗りながらだったので抑制されてはおりますが、色白の大江戸としては結構日焼けしたのでありました。
あー、疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

青山のうなぎ「大江戸」

_20170517_133754
しばらく前に行った外苑前というか、青山墓地のそばにあるうなぎの「大江戸」。この店名なので、小生としては取り上げないわけにはまいりません。

246を青山墓地方面に入った所から細い道に折れてしばらく行った所に「大江戸」の看板。隣が普通に民家、ってぐらい地味な場所です。

Dsc_1287

いや、いい感じではありませんか。文字を含めて看板がいい。のれんもいい。行燈もいい。柳もいい・・・と、いいこと尽くし。店内に入っても、もちろん壁から天井からもろもろいいのです(小さな店ではありますが)。

_20170517_133657

言うまでもなく、うなぎはなかなかのレベル。やわらかく、たれも良く(小生の好みだと、あと少し甘い方が更に良いのですが)、ごはんも良い粒具合と良い炊き具合(適度な硬さ)でした。

で、重箱の蓋の裏には店名がこういった具合。小生の落款に転用したいような「大江戸」なのでありました。

実はこの店の大元であるところの日本橋の「大江戸」にはまだ行ったことがないのです。近い将来に行きたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

ガパオライスのコピー

Dsc_1405
築地近辺の某おべんとうチェーン店にかかっていた広告幕--

「初ガパオ」しませんか。

別に何てことないんですが、なんだかじわじわ来るんです。

初ガパオ・・・、当然「初ガツオ」にひっかけてあるんですけど、そこに漂う違和感。日本的な物と非日本的な物のミスマッチ感。

目に青葉 山ホトトギス 初ガパオ

うーん、あなたもじわじわ来ませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

竹下通りの変な物

_20170616_183820_2

先日、原宿の竹下通りに行った時に見かけた変な物---

まずはこちらの「脂肪ちゃん」。マシュマロマン化したキューピーのようですね。

A

実はこの人たち、韓国のCMに出てるキャラクターなんだそうです。

_20170616_185634
こちらは寿司パーカ。イイネ!

みんな「パーカー」って言ってるけど、「parka パーカ」だからね。パーカーは万年筆だからね。

B

で、こっちにあるのは「日本サムライ刀傘」。うーん、スーベニア! 上の方には、折り畳みタイプもありました。 

実は大江戸も日本刀スタイルの長傘を持っていたりするのですが、オール・ブラックでして、こんなにキラキラしていません。こりゃ目立つわ。

_20170616_183848
数年前から東郷神社の入口そばにある「スシニンジャトイレ」。

いやー、凄いネーミングです、スシニンジャトイレ。

_20170616_183916

こんなスシニンジャ・キャラたちがくっついてます。シュールです。扇子の文字が「超」だし。

_20170616_183955
で、ちょいと東郷神社の中に入ってみると、こんなカクカクの狛犬。

なんでこんなにカクカクなの? カクカク調のデッサンをそのまま立体にしちゃった感じです。ユニークですねえ。

そのほかにもあなどれないものがいろいろありましたが、それはまたの機会に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

(番外編)富岡製糸場あたりのモヤる風景

_20170609_133809東京圏以外は「番外」としているこの『東京温度』(なぜかサッカー観戦に関しては外れててもOK)、今日は理由あって富岡製糸場に行ったのですが、このブログですから普通の風景を載せてもしょうがありません。

_20170609_110905

でもブラブラしている時間はほとんど無かったので、基本的にお見せしたい写真は1点のみ。それがこの道路沿いというか、横断歩道前の鳥居。横断歩道を渡ってそのまますぐ参道にって言うのもとぼけてていいですが、ここで言いたいのはそのことではなくて・・・鳥居の奥に覗くサイン。

Torii
そう、ものの見事に「公衆トイレ」のサインが見えております。うーん、昔はよく壁とかに鳥居の絵を描いた横に「立ち小便禁ず」とか書いてあったものですが、これだとその逆ですね(?)。まあ、ちょっとした奇景です。

_20170609_133710

その他には大したものもないのですが、こちらの「ショーパブ シルキードール」さんと「カラオケスナック らりるれろ」さんの並びなんて、いかにもの「地方都市あるある」風景で、爽やかな青空とのコントラストが何とも言えませんね。

_20170609_133731


その近くにある「アルバイトサロン ザ・ブルームーン」って店は、まだ営業しているのでしょうか? この年季の入った建物といい、その前のレトロな街路灯の見事さといい、ファサードのピンク壁の色褪せ具合といい、トマソン的な脇壁面の中ほどに塗った水色ペンキの中途半端具合といい、注目点満載の物件です。いい味出してるなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

歌舞伎町のマック先生

1492090325997
しばらく前になりますが、歌舞伎町ゴジラロードの入口にマック赤坂先生がいらっしゃいまいた。どこかのおじさんが一緒に写真に納まろうとしていました(残念ながら小生ではありません)。足元の空間を照らすカラフルなライトが新ワザですね。

1492090325997_2
アップにしてみると、ますますもってなんだかよくわからない髪型(帽子??)です。星条旗風パンツといい、トランプに対抗しているのでしょうか?

これまで以上に派手度、謎度が高まってるみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

小ネタをいくつか・・・

単独では厳しい小さなネタをいくつか・・・

1.昨日のゼロックス・スーパーカップ、鹿島vs.浦和の一戦

Redsantlers
互いにセカンドのユニフォームを着用したそうですが、共にとんでもない蛍光色のピンクとイエロー! 随分目がチカチカだったようで・・・。これは珍事ですね。

2.その試合で鹿島からは三竿雄斗と永木亮太、浦和からは菊池大介と遠藤航 と、2年前の湘南ベルマーレのレギュラーが4人も出場しておりました。なかなか感慨深いものがありますね。4人とも残っていたら、残す力がクラブにあったら、どんなに強くなっていたかという見果てぬ夢…。

1487496857173

3.先日有楽町線で見かけた西武線の直通列車。NHKでやっているアニメ『3月のライオン』仕様で、絵の部分が将棋の駒の形になっています。小生も途中から見続けているのですが、3月公開の実写版映画(神木隆之介主演)の方も楽しみですね。

1487496859745

4.今日は青梅マラソンの応援に行ったのですが(今年は来週の東京マラソン出場のため、こちらは出なかったのです)、そこで見た謎のピカチュウ軍団。

1487496858000

5.そして「山の神」こと神野選手(日本人1位の3位でゴール)。なぜか口に手をやって走ってます。気持ち悪かったのかしらん?

1487496860428

6.そして青梅でみかけた道路上の照明塔・・・なんですが、その上がヘアブラシ状態!

_20170219_151347

かなりなもんですよ。暴力的と言ってもいいほど

不穏です。 そんなにまで鳩がイヤなのでしょうか? それともあそこにぶら下がるバカな奴がいたりしたのでしょうか? 謎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧