2019年1月15日 (火)

大久保-早稲田-雑司ヶ谷ランと、走ることについて  #ランニング #都内を走る #なぜ走る

2月17日の青梅マラソン(30㎞)まで、あとひと月ちょっと。おととしの東京マラソン以来久々にレースに出るので、何とか完走できる程度に調整しようと、昨日は2時間45分程都内を走りました。

_20190114_183401_convert_2019011522
自宅からまずは新宿まで3-40分かけて走りまして、その後は大久保/東新宿あたりから明治通りに入って、西早稲田から雑司ヶ谷方面へ。

都電荒川線(最近は「東京さくらトラム」とか言うんですよね)の新しい車両。おお、休日は今でも正面に国旗なんかつけて走るんですね。

_20190114_183419_convert_2019011522

雑司ヶ谷墓地のそばまで来ての折り返し。すぐそばの鬼子母神をお詣り。この界隈は、『獣になれない私たち』のロケで使われていたんですよねー。

_20190114_184048_convert_2019011522

境内にある駄菓子の上川口屋さんは、いまだ健在でした。

_20190114_183533_convert_2019011522

冬場の神田川は寒そうです。高田馬場の南の方。

_20190114_183635_convert_20190115_2

おお、早稲田松竹だあ! 学生時代は何度も訪れた名画座が、いまだに同じ平屋一戸建てで存在し続けているとは、嬉しいじゃありませんか。すごいなあ。

_20190114_183932_convert_2019011522

そして大久保公園を抜けて、少し迷いながら大久保へ。うわー、凄い人だかり。歩道がほとんど人でぎっしり。歩きにくい状況でした。若い女の子率が異様に高くって、特にブームのホットグ屋さんの前には、長蛇の列! 大久保~新大久保は近年ネパールの進出がめざましいって聞いたのですが、いやいややっぱり韓国です。だって、住宅街の狭い道にまで女の子たちがあふれてましたもん。びっくりです。

てなわけで、ゆっくりのランでしたが、調整は順調。今や、スピードだ記録だはどうでも良くて、とにかく無事完走したい気持ちだけです。なぜ走ってるんだろう?と考えると、最近はシンプルに答えが出て来ます。健康管理と体型維持のためなんですよね。やっぱり少しは走ってないと、体重や体脂肪が増えちゃいますし、筋肉を衰えさせない効果ももちろんあります。そして、体のためにも、体と密接につながっている心のためにも、適度に走るってことは良いことです。精神的にちょっと参ってる時に走ると、重苦しいモヤモヤが確実に汗と一緒に流れ出ていきますもん。 ただ、走り過ぎたり、無理をしたり、何かを目指したりするのは、かえって心にも体にも良くないので、それはもうやめています。「楽しく、ゆっくり、少しだけ」、これからもそういうスローガンで走って行こうと思っております。

じゃあなぜレースに出るのかというと、基本は出なくてもいいんですけど、1年に1回ぐらいレースで普段走らない長距離を走るようにしておかないと、それに備えた練習もしなくなるし、そうすると短い距離のゆっくりジョグばかりになって(おまけに走る頻度も少ないもんだから)、現在の体や筋力をキープできなくなるからなのです。少しはちゃんと走る(練習する)ためのモチベーションとして、なのですね。まあ、そんなもんは年に一度ぐらいってことで(十分とは言えないにせよ)手を打ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 3日 (木)

代々木公園界隈をラン   #代々木公園 #ルイ・ヴィトン #家康、江戸を建てる #国立代々木競技場 

Dsc_3326
昨日、今日と恒例の箱根駅伝をやってるわけですが、大江戸は駅伝ってものに全然興味がないので、昨日はTVを尻目に家の近所を20分ほど走り、今日は代々木公園界隈まで往復1時間コースで走って来ました。

いつものことですが、2月には青梅マラソンがあるので、(いくらサボリ・ランナーとは言え)年明けからは少しは真面目に、長めに走ってみたりするのです。

Dsc_3327ただ、正しい日本の正月の過ごし方として、朝からおせちやお雑煮に合わせて、お屠蘇1杯と缶ビール1本を飲んだ後だったので、心肺停止になったりしないように、ゆっくりと(ま、普段とそんなに変わりませんが)走りました。

代々木公園は冬枯れの景色。でも陽光の下、人々が平和そうに過ごしておりました。

_20190103_132242
『キャッチャー・イン・ザ・ライ』のホールデン・コールフィールドは、「セントラルパークの池の鴨たちは、冬場に池が凍るとどこに行くのだろう?」とか心配していましたが、代々木公園の鴨(?)たちは、今のところ大丈夫です。

_20190103_132413

そのお隣は原宿駅、そして明治神宮なんですけど、まだ大勢の参拝客でごった返しているんでしょうねえ。

_20190103_132323
明治神宮の対角線側の線路際に、こんなルイ・ヴィトン仕様の建物が建築中のようでした。ここ、確か国土計画か何かじゃなかったかなあ。

_20190103_132323_2

なにしろこんな感じですからね。すごいでしょ。

_20190103_132519
で、その向かい側の国立代々木競技場の前に、何かが積み重なっております。

よく見ると、石垣用の石がどっさりあるのでした!

_20190103_132649

一つ一つにナンバーリングがしてあったりして、なかなか見られない光景でした。うーん、『家康、江戸を建てる』みたいですねえ。

そういえばNHKの二夜連続ドラマ『家康、江戸を建てる』は、原作小説の持つ『プロジェクトX』的な良さを生かさずに、勝手に付け足したドラマ部分の出来が良くなくて、がっかりでした。

この体育館、現在耐震工事中でして(そういえば、正月はよくジャニーズの公演とかやってたんですけどねえ)、その一環で石垣も安全なものに造り替えるのでありましょう。

Dsc_3335
青い工事囲いに覆われて、工事中なのであります。妙にきれいな色。

_20190103_132810

そのお隣ではNHKを背景に、FC東京のサッカースクールをやっておりました。へー、こんな所でやってるんだー。未来のJリーガーが出て来るのかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

平成最後の年明け

_20181229_203651
旧年中は『大江戸時夫の東京温度』をご愛読いただき、誠にありがとうございました。

_20181229_203732

2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

_20181229_203918

平成最後のお正月ですね。平成最後の元日でもあります。これからはもう「平成最後の」が、使いたい放題ですね。 

Dsc_3313
お写真は恵比寿ガーデンプレイスですが、今いるわけではなくて、12月29日のものです。あしからず。

Dsc_3314

ともかく、良い年になりますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

萬金と慶楽の閉店    #萬金閉店  #慶楽閉店

_20181225_131525中央区の新富町に、「萬金」という中華屋というか定食屋というかみたいな店があります。古典的な店です。小生は見ていなかったのですが、ドラマ『ロング・バケーション』に登場して、キムタクや山口智子が「萬金集合~」とか言ってた店だそうです。

_20181226_131424

縁あって、しばしばここで昼食を食べていました。特に紙を貼りだすとかではなかったのですが、今月初めに常連さんと店のおかみさんとの会話で、12月27日に遂に閉店と知って、軽くショック。

_20181226_131353

うーん、残念です。しょうが焼きとかカツライスとかがおいしかったんですよねー。なにしろ日本橋日山の肉を使ってましたから。また、カレーを普通のラーメンにぶっかけただけの「カレーそば」や、目玉焼きをのっけたポークソテーのファンも多かった店なのです。

_20181228_225954

最後の数日は凄い混雑で、店の前に行列ができておりました。そうなると、行列嫌いの大江戸としては、もうあきらめちゃいました。閉店を知ってから、カツライスとチャーシューメンは食べたのですが、最後にしょうが焼きライスをと思っていたのが果たせずに終わってしまいました。だって最終日の開店10分前に通りかかりましたが、30人以上の行列でしたから。無念です。

_20181228_225925で、ラストデイから一夜明けて、今日の昼時にチェックしたら、のれんが内側に入って扉が閉まってるだけで、何の貼り紙も出てませんでした。まあ、そこらが「らしい」といえば「らしい」ところなんですけどね。

_20181228_230414

そして、今日たまたま有楽町というか日比谷というかを歩いていたら、古典的な広東料理の店「慶楽」の前に行列が! もしやと思って見たら、やはり「今日で閉店」なのでした! こちらも軽くショック。

_20181228_230317

店頭の貼り紙を見ると、昭和25年からの店だったんですね。68歳かあ。

作家や出版業界の人に愛された店でした。かの池波正太郎先生もファンだった店です。小生が最後に行ったのは2年ぐらい前かなあ。

_20181228_230445

真面目でまともなお店が立ち行かなくて、どんどん消えて行っちゃう淋しい時代ですね。こういう店って、ある種の「文化」ですのに・・・。そこらがおかしいよねえ、日本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月23日 (日)

「アリー スター誕生」:クーパーのスローな芝居が残念   #アリー #スター誕生 #レディー・ガガ

364566_006
映画『アリー スター誕生』は、この「正月映画」(というのもほとんど意味をなさなくなってきましたが)の中で、邦画『来る』と並んで期待していたのですが、物足りない結果に終わりました。両作とも予告編が最高だったのに、本編がそれに追いついてないというか、そこを超えられなかった作品です。

364566_005
過去の3つの『スター誕生』の中で、1976年のバーブラ・ストライサンド&クリス・クリストファーソン主演版に近いわけですが、ライブ会場の空撮なんかもあった’76年版の方が、音楽の見せ方とか楽曲の良さとかにおいて上だったと思います。アリーがプロで成功したあたりであと1~2曲、キャッチーな名曲が欲しかったですね。

364566_001
今回の問題点は、ブラッドリー・クーパー(製作も脚本も監督も主演も歌もみーんなやっちゃってること。それゆえに、’76年版に較べても男の方の比重が高まっております。そして演技者としてのブラッドリー・クーパーが、たっぷりと「間(ま)」を取って演じる芝居を、じっくりと見せていくので、特に後半はしんどいです。イライラするほど芝居がスローで、シーンが長くて。 『ボヘミアン・ラプソディ』のテンポを見習ってほしいものだと思いました。 練習の成果で、弾けて歌えるミュージシャンになっちゃったのは凄いんですけどね。

364566_002

てなわけで、本作で評価すべきはやはりガガ様の方。演技もちゃんとできるし、やはり個性の強度があります。魅力的です。歌唱力については、言うまでもありません。彼女の「鼻」が必要以上に何度も強調されていたのは、’76年版のバーブラの鼻へのオマージュなのかしらん?

そして久々に見たサム・エリオットが、(油っ気が抜けて)渋くてカッコよかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (9)

2018年12月18日 (火)

神宮あたりをランニング   #新国立競技場 #絵画館前イチョウ並木 #缶しるこ

_20181218_232351
今日は代休が取れたので、久々に長めに走ってみました。なにしろ二月後(2/17)には青梅マラソンですからね。そろそろ気合入れてかないと。てなわけで、ジャスト2時間走りました。なまけものランナーの大江戸としては、そんなに走ったのは夏の海ラン以来ですねえ。

Dsc_3226
新・国立競技場、だいぶ出来てきましたねえ。来年の11月完成ですから、あと11ヶ月です。近くで見ると本当に巨大です。

Dsc_3229
とにかく凄いプロジェクトでございます。あと少し気合入れて、当初予定通りラグビー・ワールドカップに間に合わせてあげれば良かったのに。森さん、かわいそー。

_20181218_232316
そこから少し走ると、神宮絵画館前のイチョウ並木です。もう散っちゃいましたけど、黄色い木の葉が踏み砕かれたものが黄色いじゅうたんとなっておりました。ほとんど「グッバイ・イエロー・ブリック・ロード」ですね。

_20181218_232255
いつ通っても、この並木道の入口はシンメトリカルで、消失点があるパースになっていて、魅力的ですねー。

Dsc_3236
冬場の長めのランでは、終盤エネルギー切れになるので、だいたい自販機のおしるこかココアを飲みます。今日はアサヒ飲料の「おしるこ」。老舗あんこ屋特製って書いてあります、なんでも、1925年創業の東村山にある遠藤製餡って会社のあんこを使っているようです。大粒の小豆がごろんごろん入っていました。これまで飲んだ缶しるこの中でも、小豆の量に関しては最強だと思います。ただ、小豆があんまり甘くないんですよねー。大江戸の好みとしては、もっと甘く煮て欲しかったところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

ケムール人のTシャツ!   #ケムール人

Dsc_3204
ふぉ、ふぉ、ふぉ、ふぉ・・・ネットで発見して、このTシャツ買っちゃいました。

え、わからない? じゃアップにします。

Dsc_3204_2

はい。これでも、わからない人にはわからない。そんなものです。

『ウルトラQ』の「2020年の挑戦」という回で、ケムール人がパトカーの前を走っている名場面でございます。いやー、小生はこの回、およびケムール人が大好きなんですよ。

Dsc_3205_2

背中側はこんな感じ。カタカナでバッチリ『ウルトラQ』って入ってるのが、ちょっぴり照れ臭いかも。

でもまあいいや。来夏はこれ着て、ケムール走りをしてみようっと♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

学芸大学駅付近とマッターホーン  #学芸大学 #マッターホーン

_20181031_224714
先日、学芸大学駅付近で見た変なものー。

まずは鉄人28号です。なんかの飲食店の前で威嚇しておりました。こうして見ると、鉄人のボディってきれいですね。鉄人じゃなくてプラ人っぽい気もいたしますが…。

_20181031_224833

こちらは「旭くりいにんぐ」。まさか「栗イニング」じゃないでしょうから、「クリーニング」なのでしょう。

なんでひらがななのでしょうか? 謎です。これ見ると、クレイジーケンバンドの『せぷてんばぁ』を連想してしまいます。なんでひらがな?

_20181031_224803

「さくらんぼ皮膚科」ってのも、なかなかですね。トマト銀行と同じぐらいインパクトがあります。錯乱してつけた名前なのでしょうか(だじゃれ)。大塚愛がオーナーなんでしょうか?

_20181031_224921

で、また老舗洋菓子店「マッターホーン」に行って来ました。

(前回、前々回の紹介記事はこちら↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-ca3e.html

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2018/09/post-2e6b.html

_20181031_224943

今回は店の前にオヤジが立っていなかったので、しっかりと撮影できました。またも登場の脱力系イラストです。

_20181031_224624_2

ただ入口前でふと横を見ると、おお、東京タワーの幼い息子だか娘だかみたいなやつが! 調べてみたら、NTTコミュニケーションズ唐ヶ崎ビルっていうもんでありました。

_20181031_225014

マッターホーンで買ったのは、生ケーキ二つ。

一つは「モカ」(330円)。コーヒー風味のバタークリームです。そういうのもいいですよね。上部に「moka」って買いてあるようにも見えるのですが、英語では「mocha」ですよね。ドイツ語を調べてみたら、「mokka」でした。でもkが二つあるようには見えませんよねえ。なんだろ?謎です。

_20181031_225042

そして、「カスタードシュークリーム」(220円)。実に古典的なシュークリームですね。中のカスタードがとても硬いんです。クリームというよりは、かなり固形に近いような感じ。ゆるふわよりもむしろ硬めを好む大江戸ではありますが、これはさすがに「もうちょっと柔らかくてもいいんじゃない?」的な食感でありました。まあ、でも悪くないすよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

サイフ・リターンズ  #落とし物戻る #財布見つかる

いやー、日本っていい国ですねー。 数ヶ月前になくした財布が出て来ました!
8月末に、とある送別会で行ったお店からの深夜の帰途に財布がないことに気づき、翌日お店に電話したけど「無い」ってことで・・・。地下鉄やら私鉄やらの遺失物センターにも電話したり、行ってみたりしたし、ダメ元で交番にも届け出たのですが、全く見つからなかったのです。

現金1万7千円とその他が入っていたのですが、幸いカード入れは別にしてあるので、クレジットカードやキャッシュカードなどは入れておらず、ポイントカードやサービス券みたいなものばかり。そこは不幸中の幸いでしたが、健康保険証が入っていたので、それは差し止め及び再発行をしてもらいました。

その後、3週間ぐらいは100円ショップで買った間に合わせの財布を使っていたのですが、いくらたっても出て来なかったので、しょうがないからってことで、色々厳選して、なくしたものより結構いい(上等な)財布を買ったのでした。その財布を大いに気に入って使う日々を過ごしていたところ、今日の午後職場に電話があって、「お店の大掃除をしたら、ソファーの隙間にはさまってました」ってこと! 仕事帰りに、お礼の菓子を携えて取りに行きました。現金もその他もろもろも無事。ありがたや、ありがたやです。

でもこれって、映画『ひまわり』のアレンジ版というか(ちょっと違うか?)、戦争に行った夫が帰って来なくて再婚したら、数年後に戻って来ましたみたいな話ですね。
いや、サイフならぬワイフが行方不明になって帰らないので、若い女と再婚したら、実は生きてて戻って来ました みたいと言った方が生々しいかしらん(前よりいい財布を買っちゃったってことで)。

それにしても、ベルマーレは優勝するは、財布は見つかるは、タフだと思われた会議はすんなりまとまるはで、なんだか運気が上がってます。 でもこういう時ほど「好事魔多し」だから、色々気をつけないとね。 それと、この後やっぱり新しい財布を使い続けることになりますよねえ。そりゃそうですよねえ。なんか糟糠の妻的なワイフ、いやサイフに申し訳ない気がしてしまいますけれど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

資(すけ)さんうどんを東京で  #資さんうどん #KitaQフェス

_20181021_171110
えー、末広町とか湯島の方です。千代田区外神田に「アーツ千代田3331」っていう廃校になった中学校を使ったアート研究や創作・発表のためのスペースがあるんです。そこで、20日、21日と『KitaQフェス in TOKYO』ってイベントをやっておりまして、・・・まあ北九州市の紹介や企業PR、そして名産品の販売イベントですね。今日行ってまいりました。大江戸はもちろん東京生まれ、東京育ちですが、訳あって北九州の事はよく知っております。

_20181021_171153

とにかく一番の目的は、「資(すけ)さんうどん」が食べたかったのです。北九州ではやたらと有名でそこかしこにあるのに、福岡県外では食べることのできない資さんうどん。

しかーし、お昼前に到着した時には、既に長ーい行列が! やっぱり知ってる人はみんな食べたいんですよねー。東京で食べられる機会は、ないんで。

_20181021_164743
ウッドデッキの階段に蛇行しながら続いている行列の最後尾に着いた時には、「65分待ち」の表示。実際には70分ほど待ちましたが、二日だけのイベントなのに、よく大体正確に割り出せるもんですねー。ちょっと感心しました。ただ太陽さんさんだったので、かなりの暑さと日光の強さに閉口しました。

_20181021_170959
かしわごぼてんうどんを頼みました(2-3種類しかなかったけど)。東京価格で高めの700円。うん、肉もゴボウ天もうまいです。おつゆもいい味。麺に関しては、もっと腰のある讃岐風の方が大江戸の好みなのですが、北九州のうどんと言ったら、こういう「やわい」麺なんですよねー。 おいしゅうございました。

これまでも何度か東京進出の噂や記事が出ては消・・・の資さんですが、どうなんでしょうねえ? まあ東京じゃ食えないから、これだけ人気を呼ぶってこともあるでしょうけれど、讃岐うどんのチェーン店同様に、十分やっていけると思うんですけどね。まあ、あえて商売を広げないって選択もあってしかるべきだとは思います。でも、東京に出て来てくれたら嬉しいんですけどね、ホント。

_20181021_165032
もう一つの資さん名物「ぼた餅」(2個入り300円)を買って、屋上で食べました。いやー、これもあんこたっぷりで、きちんと甘くて、噛み心地も最高なのです。おいしかったなー。ウマウマウー! やっぱり資さん、最高サイキョーです。

_20181021_171049

ちなみに屋上にもいろんなお店が出ておりました。時間を決めて限定数量で「東筑軒のかしわめし」「シロヤのサニーパン」「揚子江の豚まん」といった名物も販売しているようでありました。買えずに残念。

_20181021_222329
アンケートに答えたら、こんな缶バッジをくれました。このメインビジュアル、北九州出身の松尾スズキさんが描いたんですよね。

_20181021_164950

それはともかくこの施設って中学校跡なもんで、水飲み場やら教室やら廊下やらが「いかにも学校」。それをそのまんまにして、ラボやワークショップやギャラリーなどを設置してあるので、あたかも『半分、青い。』の終盤に出て来た、ベンチャー企業の集合オフィス施設みたいなのでした。

_20181021_164759

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧