2020年1月15日 (水)

「特撮のDNA ガメラと大映編」 in 蒲田   #特撮のDNA #ガメラ #ガメラ展 #大魔神 #大映

_20200112_1313541280x760 先日、蒲田の日本工学院専門学校「ギャラリー鴻(こうのとり)」で開催中の展覧会『特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮』を観ました。昨年はゴジラでしたが、今年はガメラってわけです。

(昨年の『特撮のDNA』はこちら↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post-5ca1.html

_20200112_131659768x1249 土曜の昼前に行きましたが、まあゆったり観られる客数。いきなりガメラさんがお出迎えです。

実は大江戸は、ゴジラよりもガメラの方が好き。「ゴジラ検定」中級は持っているものの、むしろ「ガメラ検定」できないかなあと思っていたりするのです。

_20200112_1315361280x861

ガメラと言っても、今回の展覧会で中心をなすのはいわゆる「平成ガメラ」(1995~1999)の三部作。樋口真嗣らによる特殊造形の数々が展示されております。

ガメラヘッドもたくさん。

_20200112_1316141024x634

ギャオスヘッドだってあります。なんか左官屋さんが使う道具みたいですね。

 

_20200112_1319181024x1495 そして、やっぱりガメラの全身着ぐるみの雄姿!タイプ違いがいくつかもあります。やっぱりカッケーです。

なにしろ金子修介監督による「平成ガメラ」は、大人の鑑賞に耐えるリアルな災害&戦闘シミュレーションとして、『シン・ゴジラ』の先駆的な役割を果たしておりましたからねえ。3作とも、素晴らしい出来で面白かったです。

 

 _20200112_134547800x780 場内にはこんな表示も! 「監視ガメラ」って…。

 

_20200114_1911461024x651 立体物ばかりではありません。シナリオだとか、朝日ソノラマのソノシート付出版物も。ここらへんの展示物は、昭和ガメラが中心です。

Dsc_40731024x576 プラモデルやソフビ人形もいろいろありました。

 

考えてみれば、「昭和ガメラ」関係の造形物って、残ってるわけもないんですよね。ゴムや糊が劣化して崩壊しちゃってるし。

_20200114_1913561280x720 でも、絵や写真やポスターはあるので、そこらに関してはバッチリ展示してありました。いいなあレトロで。怪獣の解剖図とかもありました(笑)。

 

 

Dsc_40711280x720 小生はバルゴン、ギャオス、バイラスが大好きなのです。特にバイラスのユニークな「イカ感」なんて、サイコーです。

 Dsc_40801024x18201024x1820768x1365 そして大魔神! ガメラに次ぐ大映の二番手はやはり、大魔神ですから。いやー、いいですね。ユニーク&パワフルです。

 

_20200114_2140421280x929 ポスターの復刻パネルには、大映の奇想特撮作品のもありまして、『鯨神』だとか『風速七十五米』(裕次郎より30mも多い)だとか『透明人間と蠅男』だとか『透明剣士』だとか『東海道お化け道中』だとか、タイトルを見ただけでわくわくしちゃうものが並んでおりました。

_20200114_2137421280x9041024x723

そして最後に、大映のスタジオをミニチュアにした、このような展示物も。

この他にも、あれやこれや-レギオンやら妖怪百物語やらパイロン星人やら-もありました。おっと最後には、かわいいガメラの着ぐるみくんも会場内をうろうろして写真に収まっておりました。_20200112_130641600x952

なんだかんだ言って、やっぱり怪獣&特撮好きには堪えられない展覧会なのでありました。

 

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

いつもの都内ラン   #都内ラン #蚕糸の森公園 #妙法寺 #缶しるこ

_20200113_222847523x790 2月16日の青梅マラソンに向けて、いつも通り年明けから長めの距離を走って、何とか間に合わせようとしている大江戸です。本来なら、レースになんか出ちゃいけないぐらいいつもサボっているのに、長年の経験で何とかかんとか30㎞の完走はやっちゃうんです(遅くても)。それとても、体力的にはとっても苦しいんですけど。

 

_20200113_222812600x946 まずは家から新宿方面に走ります。久々に都庁の脇を走ります。そこから歌舞伎町に向かい、TOHOシネマズ新宿へ。いえ、TOHOシネマズの1ヶ月フリーパスポートは劇場窓口で予約するしかない(ネット不可)ので、午後の回を予約したのです。家に戻ってから、また出直すのです。都心の劇場は土日祝だと、ふらりと行って席が空いてることはまずないのです。府中あたりまで行けば大丈夫なので、そういうこともするのですけどね。

 

_20200113_222740600x956 ここまでで出発してから45分ぐらい。で、その後は青梅街道を西へと走ります。中野坂上→鍋屋横丁→東高円寺へ。その途中で、冬の長距離ランのお供=缶しるこを買って、飲みます。伊藤園の粒入り、130円。暖かくて、甘くて、こいつにはいつも救われます(それか、缶ココアね)。

 

_20200113_2229181024x672 東高円寺の手前の街道沿いには、こんな古式ゆかしき建物も。昔はお店だったみたいですが、今は民家なのでしょうか。異彩を放っております。

 

_20200113_2234091024x557 そばには蚕糸の森公園ってのがあって、昔は蚕糸試験場だったそうです。入口の門が立派ですね。なんか、大学の門みたいです。

_20200113_223444768x1319600x1030 門の向かい側には、こんな立派な照明用の塔(行燈といっていいのでしょうか?)が。ポストと比べてもらえばわかるように、かなりデカいんです。

_20200113_2235431024x665

 

で、環七で左折して向った先は、杉並区堀之内の妙法寺。三百数十年の歴史を持つ由緒あるお寺です。なかなか良いお寺ですよ、ここ。

_20200113_1512161024x628 今さらですが、初詣。今年何度目かの初詣です。

 

_20200113_151148600x867 手水舎には、立派な竜! 長いです。

 

その後は家へ。家の近くでぐるぐるしながら走って、トータル2時間10分。もろもろのタイムロスを差っ引いて、2時間ちょうどぐらい走ったわけです。まあ、今日はこれで良し。再来週あたりに、今度は3時間ぐらいをやっとかないとですね。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年1月 3日 (金)

新・渋谷駅と渋谷スカイ   #渋谷駅 #渋谷スカイ #SHIBUYASKY #渋谷展望台

Dsc_40111024x576 年末からの工事が無事完了して、本日から東京メトロ銀座線の渋谷駅が新しくなりました。従来の駅よりも130m表参道寄りに移って明治通り上に駅が存在する形。天井の曲線アーチが何とも未来的です。ここの口は、スクランブルスクエアの2階入口のすぐそば。

_20200103_1529081024x630 で、旧駅はこちら。新駅改札の反対側に見えております。東急東横店のどてっ腹が駅でしたよね。思えば高校時代は、ここから地下鉄で外苑前まで行ってましたっけ。

 

Dsc_40121200x2133768x1365 で、本題はこちら。昨秋の渋谷スクランブルスクエア開業時には早々と見物に行きましたが、予約でいっぱいだと聞いていた展望台「渋谷スカイ(SHIBUYA SKY)」にはまだ上っておりませんでした。で、本日やっと行ってまいりました。昨日のうちにネット予約して、20分ごとの時間帯のうち午後4:20~40の回をゲット。この時間内に入場すれば、あとはいつまでいてもいいのです(当日券を並ぶ手もあるのですが、ネット予約の方が早くて確実です)。

Dsc_40261024x576 14階からエレベーターで展望台へ。ここの高さは230mです。とにかく素晴らしい眺めでしたよ。実は今日の東京の日没は午後4:40ってことで、展望台で東京の昼景~夕暮れ~夜景と「一粒で三度おいしい」状態。トクしちゃいました。

Dsc_40201600x900 230mって高さは、ちょうどいいですね。あまり高すぎると、スカイツリーみたいに、いろんなものが遠くなり過ぎちゃいますし、雲の影響も出て来ます。低いと遠くが見えません。この高さなので、そして渋谷なので、東京の繁華街や道路やランドマークの数々がよく見えますし、東京湾も見えてました。あ、もちろん新国立競技場も見えますよ。

_20200103_2041231600x961 で、まさに夕暮れ時だったもんですから、西の彼方に沈み行く夕日と富士山がキレイに見えておりました。肉眼では富士山はもっと大きく見えます。オレンジ色の空と紫の雲が美しゅうございました。人々も鈴なりで、西側のガラス柵の前やウッドデッキに集まって撮影してました。

とにかくここは、ガラス柵はあるものの、その上は何もないので、風を感じながら眼下の東京の360度パノラマを楽しめるのです(雨だとダメでしょうけどね)。

_20200103_1829081200x1933768x1237 マジックアワーの富士山と空、暗くなるほどに輝きが増す東京タワー、渋谷ネオンやイルミネーション、首都高や幹線道路の灯り…。東京は美しい街ですね。

_20200103_1824341024x1768768x1326 東京タワーや六本木ヒルズの展望台を抜いて、東京一になりましたね、ここが。いやー、思い立って、来て良かったです。冬場なので、おまけに正月の休みなので、空気が澄んできれいだったこと、晴天だったことも幸いしました(夜景は普段の方がもっとキレイだったかも)。

 

_20200103_1828341600x1064 で、寒くなって来て展望台から降りると、暖かい展望フロアになっておりました。ビルの半周以上をガラス越しに見ることができて、これまた絶景でした。この階にはカフェやグッズ&おみやげショップもありました。

この展望台、ネット予約で大人1,800円ですが、十分にその価値はありますよ。堪能いたしました。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

2020年の挑戦(ケムール人のTシャツその3)   #ケムール人 #ケムール人のTシャツ #2020年の挑戦

あけましておめでとうございます。2020年も『大江戸時夫の東京温度』をよろしくお願いいたします。

さて、2020年と言えば『2020年の挑戦』です。それは、決まりです。何だかわからない人のために解説しますと、『2020年の挑戦』というのは、かの『ウルトラQ』の第19話、ケムール人が出て来るエピソードのタイトルです。この作品の放映は1966年。はるか未来である2020年のケムール星からやって来たケムール人が、地球人をさらっていく(ゼリー状の液体に触れると転送されてしまう)というお話。ケムール人がフォフォフォ…と笑い(?)ながら、パトカーの前を走っていく場面や、巨大化して夜の観覧車の前に立つ場面などは忘れがたいインパクトを持っております。

_20200101_2306191280x983 で、大江戸はそんなケムール人が大好きなもので、過去にも2度Tシャツを購入したことをご報告しましたが、昨年の晩秋にもTシャツ専門店グラニフが作ったやつを買いました。「ケムール人と観覧車」のバージョンです。これで3枚目。どんだけ好きなんだ!?

 

過去のケムール人Tシャツ記事はこちら↓

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/post-46ec.html

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/tt-f274.html

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)

完成した国立競技場(&ホープ軒)   #国立競技場 #新国立競技場 #ホープ軒

_20191218_1426581280x571 先日完成した国立競技場(のまわり)に、昨日行ってきたのです。まだ周囲は覆いつきの柵に囲まれて、上の方しか見えなかったのですが、それでも大体のことはわかります。ついに完成したんですねえ。

_20191218_1422331280x677

千駄ヶ谷方面に近いブリッジあたりから見ると、こんな感じ。

 

_20191218_1422061280x667 そしてゲートの向かいにあるスケート場は、リニューアルしてこんなにオシャレになってました。これ、普通に撮った写真なんですけど、完成予想のCGみたいなキレイさです。

 

Dsc_39851280x720 千駄ヶ谷門はこんな感じ。チケット売場もありますね。各階にグリーンも目立ちます。

 

_20191218_1424111024x638 信濃町寄りの一角には、前の国立競技場のメインスタンドにあった「野見宿禰 (のみのすくね)像壁画」が移設されておりました。2枚のうちもう1枚も、どこかにあるのでしょうか?

 

Dsc_39991280x720 さすがに周囲も広いです。外形的には5層ぐらいになっているのですが、木材を多用していることがよくわかります。

 

あさって21日には嵐なんかも登場する完成お披露目イベントがあるそうなのですが、そのリハーサルらしき音響が流れておりましたよ。

 

_20191218_1348161024x1364 「杜(もり)のスタジアム」というコンセプトなんだそうですが、確かに各階層に植物が配されて、木材とともに「森感」を出しております。設計は隈研吾さんだから、「森のくまさん」ってことですね。

 

_20191219_1311581280x828 おまけに、新宿高島屋の13F庭園から撮った遠景です。うーん、完成しましたね。願わくはラグビー・ワールドカップに間に合わせてあげたかった(ゴタゴタさえなければ…)。

大江戸的には、一度は決まったザハ・ハディド案を推していましたし、今も「あれを見てみたかった」という思いは消えていません。でも、もうそれを言ってもしょうがないのでしょうから、今は早くこのスタジアムでサッカーを見てみたい思いでいっぱいです。上層階はけっこう角度があってすり鉢タイプなので、意外に見やすいスタジアムだというマスコミ評もありますしね。

 

_20191219_130901600x940 で、ついでにホープ軒でラーメンを食べました。久々だったけど、やっぱりうまいよねー。もやしとメンマとチャーシューだけのシンプルな具、そしてもっちり太麺に豚の背油たっぷりのスープ。油ギッシュに見えるけど、そんなにしつこくないんです。いいです。昔から、大江戸の好きなラーメンの双璧は、ここ「ホープ軒」と熊本ラーメンの「桂花」なのであります。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

渋谷スクランブルスクエアとシモキタエキウエのオープン   #渋谷スクランブルスクエア #シモキタエキウエ

 _20191102_165502600x837 きのう11月1日に渋谷駅上というか、もとの東急東横線渋谷駅跡地あたりにオープンした「渋谷スクランブルスクエア」。さっそく様子を見に行ってきました。

 Dsc_3872464x825 45階建てプラス展望設備ってことで渋谷あたりじゃひときわ高いビルディングです(地上約230m)。特徴的なのは、ビルの壁面に斜面や切り込みが取り入れてあったり、壁面下部のガラス窓がそのまま映像設備になっていたりすること。

このビルのB2~14Fが商業施設で、この部分が「渋谷スクランブルスクエア」なのですね。上層階はオフィスです。

_20191102_160627800x389 夕方に行ったのですが、246側というか渋谷川方面というか、裏の方から列を作って入店させておりました。ロープポールで列をジグザグに蛇行させて、何往復もしてからようやく入店できました。スムーズに進んではおりました。でもこれ、ピーク時にはもっとすごかったんでしょうねえ。

_20191102_1654041024x662 各フロアの広さは、ヒカリエに毛が生えたくらいじゃないかなあ。ただ14階まであるので、全部見ようと思うと大変です。館内はやはり相当な混雑だったので、大江戸はエスカレーターで一番上(14階)まで行き、「ああ、ここが展望台へのエレベーター乗り場なんだな」などと眺めながらも、「ネット予約しなきゃいけないから、そのうち来よう」と思って通り過ぎました。

_20191102_162026800x473 NHKの展示ギャラリーがあったりして、チコちゃんのお顔が見えてました。さすがはお膝元の渋谷ですね。

ファッションを中心に、雑貨やビューティー関係、そしてフーズまでを揃えており、ヒカリエよりもポピュラーなブランドやラグジュアリーブランド、有名ショップなどが入っております。これの誕生で、ヒカリエって結構厳しいことになるんじゃないでしょうか(今も既に厳しそうですが)。

_20191102_1831091024x584 食品ゾーンなど、あまりの混みように嫌になって、すぐ出て来ちゃいました。本当なら、パンとかケーキでも買ってみたいところではありましたが…。

まあ、しばらくたって落ち着いたところでじっくり見てみないと、まだ軽く眺めただけでよくわからないってところです。ただ、テイスト的にはヒカリエとか銀座東急プラザのような、最近の東急っぽさが漂っておりました。

 

Dsc_38741024x576 さてさてついでに、改装なった小田急線下北沢駅の駅上商業施設もきのう1日にオープンしました。題して「シモキタエキウエ」。そのまんまです。

Dsc_38731024x576 こちらには16店舗しか入ってないので、そう大したもんではありません。中央の吹き抜けから駅構内を見下ろせるようになっていて、ぐるりを囲むように、飲食店やらファッション雑貨屋やらが入ってます。店の選択も下北らしくカジュアルで、立ち飲み屋とかも入ってます。

Dsc_38751024x576 柱や壁やエスカレーターのガラスなど随所に、線画で人物を描いたオシャレなイラストレーションが入ってます。

 

Dsc_3851464x825

 

 

で、最後にオマケ。開催中の東京国際映画祭のバナーなんですけど、ご覧ください。題字が英語で「Tokyo FILM」ともカタカナで「トーキョー フィルム」とも読めます。あら不思議。面白いですね。

 

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

天皇の表紙/泡/わりばし袋   #ビッグコミック #天皇の表紙 #ロイヤルリミテッド #BOSSふんわりカプチーノ #わりばし袋

_20191014_173757294x410_20191028231301
先週の即位礼拝殿の儀の前から駅の売店などで見かけていた『週刊ビッグコミック』。なんと天皇陛下が表紙! これにはびっくり。いいんでしょうか? まあ公人だからいいのかなあ。英王室とかなら珍しくもないのですが、日本ではおそらく「初」なので、ちょっと驚きました。こんなふうにゴムで十文字に縛っちゃっていいんでしょうか? 余ったら返本して断裁しちゃったりしていいんでしょうか? なかなかですね。

_20191028_230232600x867

で、やはりその頃から売っているのがこちらアサヒの『スーパードライ ロイヤルリミテッド』。「令和元年-特別醸造-」とあります。色々と紅白でおめでたい感じですね。別に皇室ファンではありませんが、1本買って、即位礼の日に飲んでしまいました。

それはそうと、スーパードライが2020東京オリンピックのオフィシャルビールになったとかで、大江戸的にはショックです。サッポロ、キリン、サントリーのビアは好きなのですが、スーパードライはねえ…。あのコクのない薄い味が日本代表の味になって、各国の人をもてなすなんて・・・。うーむ。

 

_20191028_230630768x1126 サントリーといえば、BOSSの『カフェ・ド・ボス 振って泡立つふんわりカプチーノ』を試してみました。振ってみました。

_20191028_230546768x932 うーん。結構振ったんですが、なんだこりゃ。一応泡はできましたが、一番上の層だけで、すぐ消えてしまいました。パッケージ写真のイメージとは随分違いますね。これぐらいで商品にしちゃうなんて、ちょっと努力不足なんでないかい?

 

 

_20191028_2304031024x435 そして最後に、こんなわりばし! 中野の古いビストロで出て来ました。

オールカラーでバラの絵入りです。インサイドはバラと同じローズピンク。わりばし自体は普通。いやー、すごい! 鮮烈&斬新。長年生きて来て、初めておめにかかりました。カラー絵入りのわりばし袋ってもんが、そもそも初めてかも知れません。普通はコストを考えて、1色かせいぜい2色刷りですもん。 それにしても、こんな「未開の分野」があったのですね。これからはわりばし袋の絵で差別化する時代かも知れません。ま、エコじゃないけどね。

| | コメント (0)

2019年9月 6日 (金)

新しいスタバとプリンチのパン:スターバックス リザーブ(R)   #スターバックスリザーブ #スターバックスR #プリンチ

_20190905_232037768x1263 銀座三丁目のマロニエ通り沿いに9月4日にオープンしたスタバのニューコンセプトストア「スターバックス リザーブ(R)」に、よく5日に行ってみました。と言いつつも、夜遅めだったので飲食のコーナーはも入れず、おみやげにパンを買うのみでした。

_20190906_223022800x739 ってゆーか、通りかかった時にパンが目に入って、パンを買いに入ったってのが本当のところ。

店頭にはあの緑色のサインがありません。代わりに、☆とRのサインが、新機軸を物語っております。このお店、その名の示す通り「座席の予約もできる」ってのがウリ。とは言っても、予約可能な席は12しかないそうですけど。

_20190906_222827800x490 あとは食事系の強化をしたそうで、それと共に1Fのパン売場がえらく充実。イタリアはミラノの「プリンチ」というベーカリーが入ったのです。壁面にはパン・ド・カンパーニュとかバゲットとかが並んでいて、手前のケース内にはクロワッサンやブリオッシュなどが並んでおりました。お値段はなかなかです。銀座価格ですね。

_20190906_223106800x586 で、クロワッサンとブリオッシュ1個ずつとバゲット1本を買いました。

実はパンの隣にケーキも数種類あったのですが、1ピース700円前後だったので、うーむと今回は見送りました。なかなか強気のお値段ですね。

_20190906_2226391024x800 で、パンですが、さすがにおいしかったですよ。ブリオッシュの生地のクリーム感(クリームが入ってるわけではありません)。クロワッサンの空気たっぷりの柔らかさとじゅわっと来るほどのバター感。バゲットは、生地の酸味がかなり強いので、軽くトーストして食べるのがよろしいです。バターにもチーズにも当然合います。みんな「良い素材を使った良い製法の良いパン」という実力がビンビン伝わって来るものでした。

今度はコーヒーとお食事も試さないとね(できればケーキも)。

 

| | コメント (0)

2019年9月 5日 (木)

カフェイン強化コーラ×2   #コカコーラエナジー #エナジー #ペプシリフレッシュショット

_20190903_115235800x515

訳あってここ1週間ばかり、集中力を要求される仕事を連日長時間続けておりまして&普段よりもだいぶ遅くまでやっておりまして、結果睡眠時間も減っておりまして。でも、眠くなるわけにはいかないので、そうなるとカフェイン注入となりますよね。

てなわけで、コーヒー、紅茶、緑茶も飲みましたが、加えてこの夏新発売となった『コカ・コーラ エナジー』(190ml缶)を試してみました。自販機で160円とかです(150円とか140円で出てる場合もあり)。この手のドリンクは『レッドブル』にしても『モンスター・ドリンク』にしても、結局カフェインなんですよね。だから大江戸は、基本飲まないようにしております。だって、大量に飲み続けて心臓発作か何かで死んじゃった人もいたぐらいですから。でも、飲んじゃいました。夜飲んで眠れなくなってはいけないので、朝飲みました。うーん、変な味。コカ・コーラの味とは言えないですよね、これ。うまい!とは思えませんです。ま、クスリだと思って飲む感じでしょうか。カフェインは100mlあたり32mg入りです。

 

_20190905_232210800x517 で、別の日にこちらも試してみました。これは数年前から出ている『ペプシ リフレッシュショット』(200ml缶)。カフェインは100mlあたり19㎎入り・・・ってことは、コークの『エナジー』の方が、相当強いわけですね。でもこっちは、自販機で130円でした。お味はこっちの方がおいしいと思います。

てなわけで、薬効を取るか味と経済性を取るかみたいな話でしょうか? まあ、どっちの方が効いたのかよくわかりませんけど、どちらもその後眠くならなかったことは確かです(コーヒーやお茶も眠くならなかったのですけどね、てへ)。

| | コメント (0)

2019年8月31日 (土)

檜原村で滝めぐり   #滝めぐり #檜原村 #三頭大瀧 #夢の滝 #九頭龍の滝

_20190831_090559600x870 そんなに多くを見てはおりませんが、実は滝好きの大江戸。でも自動車に乗らないもんで、なかなか滝に巡り合う機会がなかなかないんですが、友人たちが日帰りで「滝見の会」をやるというので、東京都の西の最果て=檜原(ひのはら)村まで行って来ました。夏の終わりの滝めぐりです(ま、「めぐり」と言っても、結局3つしか見られなかったんですけどね)。

中央線で立川まで行き、そこから青梅線で拝島へ。そこから五日市線で終点の武蔵五日市へ。そこからはバスに45分程乗って、都民の森という所へ着きました。

バスの中に立っていたおじさんが、帽子の後ろにトランジスタラジオをくくり付けていたので、思わず笑ってしまったのですが、後から山に詳しい友人が言うには、「1.(音が)クマよけになる 2.落雷をいち早くキャッチできる(ガリッというノイズが入るのでしょうね) 3.好きな音楽を聴きながら登山できる」という3つの効用があるのだそうです。 ひえー、そんな事とはつゆ知らず。失礼いたしました。_20190831_115603294x392

  都民の森のスタート地点に、確かにこんな「ツキノワグマ出没注意」の貼り紙があったんですよ。東京もすごいな。

 

 

 

 

_20190831_220635371x622 そこから30分ぐらいゆっくり歩いて、まずは「三頭(みとう)大滝」。秋川水系の中で一番上流にある滝であり、かつ35mと最も高い滝です。それを吊り橋から見下ろすのです。うーん、良いです。細身の滝が、緑の中を落下していきます。なにしろ檜原村は「面積の93%が森林」なのだそうです! でも、もうちょっと近くから見たかったかな。

_20190831_221159 続いて向かったのは、「夢の滝」。途中の道路わきには、(クマは出なかったけど)30㎝にも満たない蛇のこどもがおりました。

 

_20190831_220954800x490 で、夢の滝ですが、車道のすぐ脇にあるのです。比較的幅広の滝で、川中の岩に乗ったりもできます。やっぱり夏場の水場はいいですね。しかしながら「夢の滝」というほどにドリーミーでもロマンティックでもありませんでした。かなり大胆なネーミングですね。

 

_20190831_221043371x636 そして3つ目は「九頭龍の滝」。これも道路からほど近いのですが、いいですねー。雰囲気のある三段の滝です。すぐそばに九頭竜神社ってのがありまして、その参拝者がここの滝に打たれて身を清めたのだとか。

_20190831_221404  これが今日の3つの中では一番近くに迫れる滝です。涼しいですね、やっぱり。マイナスイオンたっぷりって感じ。水の流れは美しく、気持ち良く、ずーっと見ていられます。やっぱりいいですね、滝って。ま、東京なんでみんな比較的小ぶりではありましたが。

 

その後は「数馬の湯」という温泉施設で、入浴(サウナにも入りました)と、飲食。いやー、疲れた体に、湯上りの生ビールのうまいこと! 最高ですね。

もうちょっと近い所にこういった滝があれば、いいんですけどねー。都内は王子の名主の滝とか、等々力渓谷の滝みたいにミニサイズですからねえ…。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧