2020年12月 1日 (火)

驚異の「だし道楽」自販機!   #だし道楽 #だしの自販機 #焼きあごだし

_20201128_230637_copy_768x1173 池袋を歩いていて発見した珍なる自動販売機。「だし道楽ってなんなんすかね?」←『モヤさま』風。

 

_20201128_231054_copy_768x1182 おお、上段も下段もそれぞれに、だし! これ、間違って暑い夏に「あー、のど渇いた」って一気飲みして逆噴射しちゃった人はいないんでしょうか?

と思ったら、上段も下段も1本700円なのでした。それじゃあ普通のドリンクと間違えることはなさそうですし、おいそれとは買えませんよね。

ちなみに上段が「焼きあご入り」、下段が「焼きあご・宗田節・昆布入り」です。いやー、本格的。あ、「あご」ってのはトビウオのことです。

てなわけで、ボトルの中には焼きあごが1匹まるごと入ってます。なかなかのビジュアルですね。びっくり!

おお、自販機の下部にはちゃんと「Do not drink.  This is a soup stock.」って書いてありますね(「a」の使い方が間違ってますけど)。

_20201128_173528_copy_1024x797 また、上部の「だし道楽」という文字の下に「NITANDASHOYU」と入っていたので、「はて?煮たんだ醤油とは??」と思ったら、実はこの会社が広島県の二反田醤油なのでした。

それにしても誰が買うんでしょう? 近所の割烹とか日本食の店? 謎です。 これ買って、みんなが水とかお茶とか飲んでる時にポンと出せば、ネタとしては最強ですけどね。

でも、飲食店街の一角だったから、罰ゲームでこれの一気飲みとかさせられた奴、いるんじゃないかなあ?(コロナ禍下では、そんなことも自粛だったでしょうか…)

 

| | コメント (0)

2020年11月27日 (金)

阿波踊り専用エナジードリンク「アワライズ」   #阿波踊り #阿波おどり #アワライズ

_20201017_182125_copy_600x833 有楽町・交通会館の通路で見かけた看板。通り過ぎかけて「え?」となり、立ち止まってしまいましたよ。

「阿波おどり専用エナジードリンク」!!??

そう、ここは徳島県&香川県のアンテナショップだったのです。そうは言っても、なんすか、この「阿波おどり専用」という用途限定は? あまりにもニッチな…。 でも思わず買っちまったですよ。

 

_20201021_181432_copy_600x1144 ネーミングからして攻めてます。「Awa Rise アワライズ」ですからね!  阿波おどりでアゲアゲ! 炭酸飲料の泡が立ち昇って泡ライズ! そんな感じ。 分析するなら、アナライズ! そんな感じ。

シャープなシルバーメタリックの250ml缶に入っております。二つの味があるのですが、買ったのは「ゆず味」(果汁1%だけど)。もう一種、「すだち」があるのです。

踊り手たちのイラストが描かれております。そして缶の下部には「阿波踊り専用エナジードリンク」と明記してあります。ん?看板に貼ってあった紙には「阿波おどり」となっていたのに、こちらは「阿波踊り」と漢字の「踊り」。さてどちらが正しいのかしらん?→公式サイトを見たら「阿波踊り」だったので、そちらが正解とさせていただきます。

 

_20201021_181720_copy_600x1166 缶の逆サイドを見れば、赤い「祭」の文字に「朝まで踊ろや!一緒に踊ろや!」というコピーが…。

ま、レッドブル的なカフェインを中心としたドリンクで、「元気になった気がする」やつですね。

寝不足気味で眠かった日の午前中に飲みました。効いたのかそうでもなかったのか、うーん、よくわかりません。ま、信じる者は救われるのでしょうね。 あ、せっかくだから阿波踊りしときゃよかった!

 

 

 

| | コメント (0)

2020年11月21日 (土)

2006年のオシムと羽生   #オシム #イビチャオシム #羽生直剛 #オシムジャパン

_20201121_235444_copy_768x805 CSの J SPORTS2 に、「蹴球日本代表監督史」という過去の名勝負を観ながら当時出ていた選手が解説したり裏話をしたりする番組があって、夕食時に何も見るもんがないと見たりしています。おととい、2006年8月の日本ーイエメン戦がオンエアされていて、ゲストは元日本代表で当時JEF千葉の選手だった羽生直剛さんでした。もちろんこの試合の監督は、イビチャ・オシム。何を隠そう大江戸は、自分の本棚にオシム・コーナーがあるほどのオシム信奉者なので、思わず最後まで見続けてしまいました。

そもそもあの頃、千葉がナビスコ杯で優勝した時には(オシム監督の時も、オシムが代表監督になったので息子のアマル・オシムが監督してた時も)黄色い服着て、タオマフ巻いて、応援してました(当時のベルマーレはJ2)。その頃から羽生選手は大好きでした。あのプレイスタイル、素敵でした。FC東京に移ってからも、ひいきにしておりました。

で、この試合、日本が雨あられのシュートを打ちながらいつもの決定力不足で、結果的には2-0の勝利。坪井さん、出てましたねえ。しかも、終盤は3バックの真ん中の闘莉王が上がりっぱなしだったので、ツボさんが「1バック」を務めておりました(笑)。

でも試合は面白かったし、それ以上にトークが楽しかったです。オシムが日本代表監督になって2試合目だとのことで、JEFの選手が多く選抜されていました。後半のある時間帯など、阿部、巻、羽生、佐藤勇人が同時にピッチにおりましたよ。そんなメンバーのことや、自虐的に自分のことをボソボソと語る羽生氏。でもやっぱり最高だったのは、オシムさんのこと。例えば、サッカーに関しての話なのに「もっと上を見ろ。空は果てしない。」とか言うんだそうです。そんなこと言うの、オシムさんだけだよなー。でも同時に、「若い時にこの人に接して、サッカーのことのみならず人生にかかわるすべてのことを教えてもらった」的な話をしていました。さすがです。言葉の端々にオシムの偉大さを感じて、羽生のリスペクトも感じて、小生はちょっと泣きそうになりました。

今もなお(誰もが思うことでしょうが)「あのままオシムが倒れずに、彼の作り上げた代表がワールドカップを戦っていたらなあ」と思わずにはいられません。これは、大江戸史上最大の「タラレバ」なのです。

 

 

| | コメント (0)

2020年11月11日 (水)

自由学園 明日館からの地味な観光   #自由学園明日館 #フランクロイドライト #中村彝アトリエ記念館 #佐伯祐三アトリエ記念館 #林芙美子記念館

Dsc_4652_copy_1280x720 昨日紹介した下北沢の温泉旅館「由縁別邸」(↓)からの流れで、地味な東京観光をしました。

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2020/11/post-b6c38a.html

Dsc_4654_copy_768x1365

 

まずは目白と池袋の間にある自由学園・明日館へ。言わずと知れたフランク・ロイド・ライトによる建築で、レトロ建築の本や特集を見ると、必ずと言っていいほど載っている有名物件です。なのに大江戸は初の見学。まあ、新しい体験が多いというのは幸せなことです。

_20201110_230319_copy_1024x609 数年前に修復を終えたってことで、きちんとキレイになってます。でも、椅子とか机とかに歴史が表れております。

Dsc_4657_copy_1280x720 資料室などもあり、この建築やF.L.ライトに関する知識が得られます。この幾何学的な意匠や、斜線の多用がまさにライトですよねえ。

ここって結婚式なんかにも使われているそうですが、なるほど、Dsc_4658_copy_1024x576 それはいい! ここで行う結婚式なりイベントなりに出席してみたいものです。

_20201110_230523_copy_1024x616 新しいグッズ・ショップもあって、ライト関係のグッズやデザイン的、色彩的、コンセプト的に素敵な商品がいろいろと置いてありました。

Dsc_4673_copy_1024x576_1 道を挟んだ反対側には講堂もありまして、そちらもなかなか立派なのでした。

ここは国の重要文化財なのですが、見事に保存されています。1921~27年ごろにかけて作られているので、もうすぐ1世紀ですもんね。保存や修復に尽力した関係各位に敬意を表したいと思います。入館料は400円です。

 

_20201111_224124_copy_1024x596 次に向かったのは、目白から落合方面に向かった住宅街の中にある「中村彝(つね)アトリエ記念館」。大正期に活躍した画家、中村彝の自宅アトリエを記念館に修復したものです。飾ってある作品は、高精度印刷によるレプリカだってのがちょっと残念。ま、しょうがありませんけどね。ここは入館無料です。

_20201111_224232_copy_600x1260_copy_450x そこからしばらく歩いて向かったのは、「佐伯祐三アトリエ記念館」。こちらも入館無料。三角のトンガリ屋根が印象的なアトリエです。まさに普通の住宅地ど真ん中にあるのが印象的でした。ここも展示作品はレプリカです。

Dsc_4678_copy_1280x720 そして落合の駅に向かい西武線で一駅隣の中井駅へ。向かった先は「林芙美子記念館」。こちらは入場料150円ですが、懐かしくも由緒正しい昭和の立派な家屋です。横に長い平屋で、立派な庭が魅力的です。瓦屋根に紅葉の落ち葉がたまっている風情などは、大変結構でした。

_20201111_224430_copy_768x1127

 

いろんなタイプの古い建築を楽しめる地味でナイスなぶらり旅。トータル550円で半日楽しめるってのもいいですよね。

 

_20201111_224646_copy_800x474_20201111234701 で、おまけに自由学園のそばにあった変な床屋。看板には「池袋一技術」と書いてあって、メニューには「ファッションニグロ」「ヒゲニグロ」「アイパーニグロ」なんかがあるようです。「パーマ」じゃなくて「パーム」と表記する英語的教養も大したもんです。あっぱれ!

| | コメント (0)

2020年11月10日 (火)

下北沢の温泉旅館「由縁別邸 代田」   #由縁別邸代田 #下北沢の温泉旅館

Dsc_4651_copy_1280x720 下北沢の隣駅=小田急線の世田谷代田駅から1分ほどの所に先月末オープンした温泉旅館「由縁(ゆえん)別邸 代田」に一泊しました。もちろん下北沢からもぶらぶら行ける距離です。そもそも小田急線を地下化した際に、元線路だったスペースをいろいろと再開発していて、この旅館の手前には依然紹介した「ボーナストラック」とかもあるのです。

_20201110_112220_copy_1280x836 シモキタのちょっとはずれにこんな静かなエリアがあって、そこに上質な温泉旅館があるって、なるほどうまい所に目をつけたものです。随所にガラスや金属を使っているものの、全体的な意匠は古き良き温泉旅館。偽古体です。木と石が効いてます。2階建てで、そんな広くないスペースに32の客室を入れているもので、一部屋のスペースはかなり狭い感じ。でも、木材を主役に用いた素敵なデザインです。あ、そもそもカードキーが木製ですから。

_20201110_231616 温泉は箱根芦ノ湖の湯を運んで来ているそうで、サウナもついてゆったり(女湯はミストサウナだそうです)。露天風呂もあります。食事は食堂というか割烹で食べます。上質な日本料理が味わえます。満足しました。欅の一枚板のカウンターを持つバーもあり、おいてある酒の種類は非常に限られているのですが(セレクトショップみたいなもんですね)、雰囲気は上々です。 温泉の日帰り利用や割烹だけ、バーだけの利用もできるそうです。

1605016160887_copy_1024x768_1 部屋の窓のすぐ向こうは民家や小公園があるというロケーションですが、都会の異世界という感じで、手軽に非日常にトリップできます。お値段はそこそこ高めですが、遠くの観光地まで行く交通費を考えれば、トータルではお安いものです。それに今回は、GO TOキャンペーン+都民向けの開業記念プランみたいなのを使いましたので、非常にお得でした。

実はここ、大江戸の生活圏というか、自宅から徒歩20分程度の場所です。そんな所にこんな非日常があるって、…改めて不思議です。満足できました。

 

 

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

ロルバーンのゴジラノート   #ロルバーン #ゴジラ #ゴジラノート

_20201019_225351_copy_600x774 今年になってから大江戸が仕事で愛用しているロルバーンのノートブック。そう、ゴジラのノートです!

こちらの赤いのがこれまで使ってたやつ。日比谷ミッドタウン内のSmithで買った日比谷限定商品。どこが日比谷限定かというと、まあ色もそうなんですけど、(写真だと見にくいけど)時の部分にうっすらと「ヒビヤ ゴジラ」と書いてあるんです。あ、だからゴジラも『シン・ゴジラ』バージョン。つまり、日比谷のシャンテ広場(ゴジラ・スクエア)に設置されてるやつなんです。 _20201019_230246

カッコイイっすよね。A5変型判といった持ちやすいサイズで、後ろの方に透明ポケットも5枚ついているのです。そういえば、スパイラルの部分もゴジラの背びれを連想させなくもありません。

 

_20201019_225426_copy_600x752 で、赤が終わりになったので新たに購入したのが、こちらの白。おお、ゴジラ巨大化しとります。真っ赤なゴジラってのも、カッコイイっすよね。赤くてもレッドキングではありません。ってか、レッドキングは金色(一部青)じゃないかと思いますよね。私も思います。でも、なぜかそうなってます(気になった人は、自分で調べてください。ウィキとかに載ってます)。

で話を戻すと、この白い方は新宿三丁目のマルイアネックス1Fにあるゴジラストアで買いました。赤と同じ仕様で、お値段も同じ(650円+税)。

ワインじゃないけど、赤と白があります。紅白でめでたしめでたし。

 

| | コメント (0)

2020年8月19日 (水)

新宿の東西通路と広場と安与ビル   #新宿東西通路 #新宿東口広場 #安与ビル #柿傳

15965137741730 もう一月以上もたつのですが、7月19日に新宿駅の東西自由通路が完成しましたね。JR駅が間に入っているため、東口と西口との間の通行が困難だった新宿ダンジョン攻略の鍵として積年の念願プロジェクトだったようなのですが・・・

15965138242834 お偉方の祝辞なども貼り出してあったのですが、でもねえ、何なんでしょ、これ?

15965137811251 だって、場所が微妙。もう50mも歩けば、もともとある新宿通り地下の東西通路(アルタ前の)が平行に走っているわけでして、だからありがたみが非常に薄いのです。

しかもこの通路の開通と引き換えに、京王線、小田急線からJR構内を抜けて東口から出るルートが使えなくなってしまったのです。新通路は京王、小田急の改札口からけっこう距離があるので、相当不便。大江戸はJR東口へ突き抜けるルートでしばしば武蔵野館やシネマカリテに行っていただけに、不満です。今までギリギリ間に合っていたものが、間に合わなくなってしまいます。

15965138173893 で、東口を地上に出ると、新しく広場が整備されておりました。なんでもルミネエストが整備したようですよ。

15965138112372  ただこれも、アルタから一番遠いサイドの一角のみ(これから広がったりするのかしらん?)。謎の金属的彫刻があったり、彫刻を取り囲むテーブルとイスがあったり、床がキレイにペイントされていたりしますけど、なんだか微妙ですよねえ。いったい何がしたいのか?

 

それよりも大江戸の目が行ったのは、縦長の写真で彫刻の奥にある建物。これ、昔から前を通っていたのにずっと気づいてなかったんですよねー。でも、この前気づいちゃったんです。

15892887973600 はい、京懐石料理の「柿傳」や柿傳ギャラリーの入っている「安与ビル」です。1968年竣工なので、もう半世紀以上もここに佇んでいたのですね。まあ、実はとある会合で、ここの柿傳で食事をしたことも一度あったのですけれど…。はっはっは、目が節穴ですね。

設計者は明石信道。川端康成にも縁のあるビルのようですね。八角形の各フロアがズレズレで傘案っている姿がサザエ堂みたいで、大胆不敵です。

 

15965113579871 あまりにも変わったデザインに、ハローキティ人力車も「口あんぐり」でした(京王百貨店の1Fに置いてありました)。

| | コメント (0)

2020年8月17日 (月)

マスクに「神奈川沖浪裏」を描いて…   #マスク #神奈川沖浪裏 #北斎

15976688524761 ふと思い立って、やってみたのです。布製マスクに葛飾北斎の『神奈川沖浪裏』を描いてみました。どーです、なかなかでしょ。

大江戸は小学生高学年の頃に浮世絵、錦絵の類が大好きで、中でも北斎の「富嶽三十六景」の中のこの作品を愛してやまず、繰り返し模写していたのです。なので、今でも何も見ずにだいたいの感じは描けます。

15973736533081 ただ、今回はしっかりお手本を見ながら1時間ぐらいかけて、しっかりと模写しました。

マスクって、かなり立体的なので、そこに描くのは少々難しかったです。デニム系なので比較的描きやすいとはいえ、布だし。ほら、二番目、三番目の写真なんか見ると、立体感がわかるでしょ。

15973742866850 画材は、東急ハンズで買ってきた「マービー ファブリックマーカー」(耐水性布描きマーカー)。「描くだけで布に定着する」とか「選択しても、漂泊しても色落ちしにくい」とか書いてあったので、よし!これだと決めたのです(※選択→洗濯、漂泊→漂白 誤字でした)。青一色で、タッチの強弱のみで描きました(本物は青~紺でも何色か使ってるし、三隻ある舟のあたりでは木の色が使われています)。それにしても、自画自賛したくなる出来です。

 

そういうわけで、今朝は意気揚々と職場にこのマスクをつけて行って、「いいでしょ」と自慢しながら一人悦に入っていたのです。

ところが昼食後に歯を磨く時、マスクを外してみると、・・・ん?鏡に映った自分の首が青いのです。え?青首?青首大根?と思ってよく見れば、首だけじゃなくて白いシャツの衿も青くなってました。これがほんとの「ブルー・カラー」(うまい!?)。 4枚目の写真にもその証拠が見られますね。

15976688766312 激しい色移りでした。なんだよー、「色落ちしにくい」だなんてウソツキだー! がっかりぽんなのでありました。サブで持っていた普通の不織布マスクにつけかえましたよ、もう。そうしないと、「ブルーマン」(六本木で観たっけ)になってしまいますからね。

ただ、帰ってから洗ってみたら、意外にも絵柄は落ちず、にじまず、そのままキープされてました。洗った水は多少ブルーになったけど。ブルージーンズみたいなもんで、一度洗ってからつけた方が良かったのかしらん? もう大丈夫なのかどうか、今度は青いシャツの時に実験してみようかなあ(←冒険野郎)。

 

| | コメント (2)

2020年8月15日 (土)

昭和館の戦後を考える無料展×2   #昭和館 #占領から独立までの軌跡 #東京情景 #師岡宏次

15970473579350 今日は75回目の終戦記念日ですが、先日九段下の昭和館に行って、無料の展覧会を二つ観ました。前から知ってはおりましたが、ここに入るのは初めてです(結局、時間の関係で常設展の方は観ませんでした)。新宿の昭和館には行ったことがあるんですけど(あ、こっちは映画館ね)。

15970478058982 一つ目は戦後75年特別企画展『占領から独立までの軌跡 1945-1952』(~9/6)。GHQによる占領下の日本を写真、文書、印刷物、道具や商品などで総合的に伝える試み。なるほどねえ、です。教科書は様々な資料で見たことのあるものから、「へー」と思うようなものまで、いろいろと。最後にはニュース映画の映像もあって、なるほどねえでした。ちょっと、物足りなくもあったけど、無料の展覧会なんだから文句は言えません。むしろ健闘していたでしょう。

 

15970473943951 もう一つは戦後75年特別企画写真展『東京情景 -師岡宏次がみた昭和-』(~12/20)。こちらも入場無料で、半分屋外みたいな壁面に展示されていました。

東京の写真を撮り続けたことで、もちろん大江戸もその存在を知っていた師岡宏次の写真展。第1期は3/20~7/12だったということで、今回見たのは第2期「焼けあとからの出発」。焼け野原で迎えた終戦から19年でオリンピックやっちゃったわけですから、すごいエネルギーがあったんですよねえ。

うーん、やはり第1期も観たかったって感じました。本当にこういう街の風景や風物を撮っておいてもらったおかげで、我々もその時代を知るための大いなる手助けとなります。今は映像の時代だから、逆に量が多すぎて大変でしょうけれど…。

 

やっぱりそのうち常設展も観なければですね。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

サンシャイン水族館でクラゲとペンギン   #サンシャイン水族館 #クラゲ #ペンギン

15974148596250

かなり久しぶりに、池袋のサンシャイン水族館に行きました。たぶん20年とか、それぐらいの単位でご無沙汰してました。数年来続けている「夏休みに東京近辺の水族館に行く」イベントの2020バージョンです(来年は、先ごろオープンした「かわすい」こと川崎水族館ですね)。

このサンシャイン水族館は社員が3人だけ。あとはバイトで回してます。…すみません、ウソです(三社員)。

15973954927452 新クラゲエリアが7月9日にオープンしたとかで、クラゲファンの大江戸としては期待が高まります。

こういうご時世なので、時間制限による完全予約制です。ネットで当日に数時間後のチケット(=QRコード)を取りました。

15974151401436 ただ、館内はそんなに広くないので、所々「けっこう密じゃね?」みたいな場所もできておりましたが、大江戸はそういう所は足早に通り過ぎて、自衛しておりました。

15973954618780 期待のクラゲは、まあそれほどでもなかったですね。工夫はしてありましたけど、やはりビルの中の水族館ということで、水槽の高さや規模にも限界がありますし…。とはいえ、ミズクラゲは素敵でした。キレイで優雅でした。食事の後らしく、真ん中の4つの円がオレンジ色に光っておりました(最近サカナくんにおしえてもらった豆知識)。

15974151154775 そして、アカクラゲの細長ーい、そうめんのような触手、水槽の中に4-5体が近接して泳いでいるので、「これ、ぜってーからんじゃうんじゃね?」と思って、しばらく見てたのですが、いやー、不思議なことにからまないんですね、これが。自然界の神秘であります。

15973954739081  もちろんクラゲ以外にもいろいろいますし、トカゲだカエルだの爬虫類も充実しておりました。でも、もう一方のスターは、ペンギンなんですね、ここの場合。

ああ、ペンギンが頭上を飛ぶの図。そう、数年前のリニューアルで、屋外エリアにペンギンをフィーチャーしたのは気になっておりましたが、その「天空のペンギン」とやらにお目にかかるのは初めて。15974150623764

ほら、ビルの上を飛び回っているかのようではありませんか。奇景です。楽しくも涼しげ。

 

15974149903703 その隣には、ペンギンたちが立ち並ぶ岩と草のエリアも。この東京の炎天下に大丈夫なのか、ペンギン君たち?(まあ、水や冷気でいろいろ調整してるのだと思いますけど)

 

15974149097161 上空をぐるぐる通ってる樋の上には、(見ていた間には)ペンギンが通ったりすることはありませんでしたが、なぜかその一角にペリカンが並んでました。透明アクリル越しに眺める人々。へんなの。水族館なのにね。

1時間足らずで終了。ま、そんなに広い所じゃないから、しょうがないけど、これで大人2,400円ってのは、ちょっと高いなー。(人を密集させちゃいけないから)すべてのイベントが中止となっていただけに、なおさらそう感じてしまいました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧