2024年5月18日 (土)

「ミッシング」:石原さとみの凄さに震えよ!    #ミッシング #吉田恵輔 #石原さとみ 

1_20240518225701 映画『ミッシング』、想像以上に傑作でした。やっぱり吉田恵輔監督は、現在日本の映画監督の中で5本の指に入る才人、むしろ異才の人です。脚本も吉田恵輔。現代日本の抱えるさまざまな社会問題や人間の在りようへの問題をぶっこんで、観る者に突きつけて来ます。そのえぐ味、容赦のない飲み下しにくさもまた、彼の持ち味です。

とにかく石原さとみが、震えるほどに凄すぎます! 想像のはるか上を翔んでいました。ほとんどすっぴんで、これまでのかわいさを取り払った彼女ですが、過去にそのようにしてイメージチェンジや脱皮を図った女優たちの比ではありません(シャーリーズ・セロンや長澤まさみよりもスゴイ)。息が止まるほどの演技を見せてくれる場面が何か所かあり、観ているこちらも動揺して、感動して、激しく揺すぶられました。あの警察署に駆けつけた場面の圧倒的な凄まじさは、必ずや映画史に残るものです。 もう本年度の主演女優賞は、彼女以外に考えられません。

もちろん、それを引き出した吉田恵輔の脚本と演出手腕も見事です。そして、共演した俳優陣もまた素晴らしいのです。青木崇高の抑えた芝居からにじみ出る深い愛。中村倫也の誠実そうな芝居が放つ、多くの観客にとっての当事者感覚(観客に一番近いのは、たぶん複雑な心情を抱えたこの人)。そして森優作の個性を生かした曲者芝居。

(以降少々ネタバレあり) 『空白』同様、微かな希望の光が感じられるラスト(今回は本当に光が輝いていますが)。この空気、この塩梅もまた吉田恵輔らしさであり、映画だなあ、いいなあと感じさせるものでありました。

てなわけで、1,200円のパンフレットを買ってしまいましたが、これが表紙を含む100ページ(無線綴じ)の大充実パンフ。うち37ページは、シナリオ決定稿がまるまる載っています。これもまたある種の覚悟のようなものが伝わる、素晴らしい仕事だと思いました。

 

 

 

| | コメント (0)

2024年5月15日 (水)

ゴジラ・ストアTokyoのゴジラ像    #ゴジラストアトーキョー #ゴジラ #ゴジラ像 #ゴジラノート

Dsc_1322_copy_712x1024_copy_1200x1724 新宿マルイアネックス(バルト9のビルの1階)にあるゴジラ・ストアTokyoに巨大なゴジラ像が! どうも四月のリニューアル・オープンに合わせて登場したようです。

Dsc_1323_copy_701x1024 これはデカいです。もしも生きていたら、かなり困っちゃいます。絶対に勝ち目はなさそうですもんね。

Dsc_1324_copy_768x1024ゴジラー1.0』バージョンのゴジさんですね。下半身ががっしりしていて、脚は着ぐるみでは不可能な「獣脚(けものあし)」。背びれが立派なのです。

Dsc_1325_copy_760x1024 台座を入れないでも高さが2.3mもあるのだそうです。体躯ががっしりして幅も奥行きもあるので、とにかくデカいという印象です。迫力ありますよー。

Dsc_1316_copy_1024x767 あ、ちなみに大江戸が使用中のゴジラ・ノート(仕事用)がこちら(「こちら」でああって、「ごじら」ではありません)。以前このお店で買ったのですが、先日行った際にはノート類が見当たりませんでした。

Dsc_1317_copy_697x767 で、過去に購入・使用したロルバーンのゴジラ・ノートがこちら。シン・ゴジラ・バージョンですね。

また新バージョンを出していただきたいものです。ま、もっと欲しいのはガメラ・ノートだったり、ケムール人ノートだったりするのですけどね。

| | コメント (0)

2024年5月14日 (火)

「鬼平犯科帳 血闘」:ザ・正統派の時代劇    #鬼平犯科帳 #鬼平犯科帳血闘 #松本幸四郎 #中村ゆり #松本穂香 #時代劇

1_20240514134001 映画『鬼平犯科帳 血闘』は、昨年の『仕掛人・藤枝梅安』2作品に次ぐ池波正太郎生誕百年記念企画(池波先生は1913年生まれ)。でも、この松本幸四郎版鬼平の続きは映画ではなく、テレビでやるみたいですよ。

鬼平ファン、池波ファン、幸四郎ファンには悪いですけど、小生の場合、中村ゆり&松本穂香が出てるという「盆と正月状態」なので観た次第。「おまさ」役のゆりさんは登場場面も多く、彼女の代表作の一つになったかも。本当はもっと笑顔を見たかったところですが、きりっと毅然としてました。 松本さんは登場場面こそ短かったものの、威勢のいい啖呵なども印象的な役柄でした。なお、松本穂香と松本幸四郎は、何の関係もありません。

幸四郎さんが、叔父の中村吉右衛門の代表作でもある「鬼平」を演じたわけですが、48歳になった幸四郎さん、けっこう吉右衛門に似て来ました。でもまだまだかなあ。本物の貫禄が出て来るのはこれからでしょうね。そして幸四郎の息子の市川染五郎が若き日の鬼平を演じるってあたりも、なかなか歌舞伎的です。

正統派の時代劇らしい時代劇で、チャンチャンバラバラの場面もかなり多いのですが、着物を着てあんな大立ち回りするのって大変ですよねー。羽織さえ脱がずに斬り合いになったりしてますもん。しかも何十人も相手に! あれは疲れる。そしてあそこまで勝ち続けられるわけがない。 まあ、ちょっとファンタジーですよね。

 

 

| | コメント (0)

2024年5月13日 (月)

「不死身ラヴァーズ」:チャーミングでエモい佳品    #不死身ラヴァーズ #松居大悟 #見上愛 

1-1_20240513203501 映画『不死身ラヴァーズ』は、松居大悟監督によるチャーミングでポジティブなラブストーリー(&コメディー)。最上の出来ではないけれど、愛すべき佳品だと言えるでしょう。

これ、原作のマンガとは主人公の男女を入れ替えたのだそうで、びっくりです。何の無理もなく、ハマってます。それは何と言っても、見上愛(みかみあい)の好演あったればこそ。元気たっぷりで陽性の彼女が、この映画を明るく照らします(後半、ちょっとダウナーになる時がありますけど)。走るシーンが多いことからもわかるように、まさに恋の暴走機関車。でも、そこがいい所。見方によってはファニー・フェイスなんですけど、基本的に不死身の笑顔なんです、見上さん。

そして「中学・高校と3ピースバンドでギターを担当」していたという彼女だけに、ギターがめっちゃうまいのです。本作の中で披露するギターには、ちょっと驚きながら目と耳を奪われました。

じゅん役の佐藤寛太は可もなく不可もなくでした、むしろ青木柚の「田中」が、いい味出してます。髪型からわかるように、松居監督を投影させた役なんでしょうね。「思いを秘めて…」って感じが何ともやるせくって、良いです。

(以降少々ネタバレあり) 松居大悟らしいエモいシーンも多いのですが、一方でカラオケの場面が笑えたなあ。みんなでソファーの上でジャンプしながら熱唱してるのに、間奏になると座ってまったりと会話して、で、間奏が終わるとまたジャンプ熱唱が一斉に始まるってのが、サイコーでした。

 

 

| | コメント (0)

2024年5月12日 (日)

「水深ゼロメートルから」:脚本の弱さ    #水深ゼロメートルから #山下敦弘 #さとうほなみ 

1_20240512224401 映画『水深ゼロメートルから』は、高校演劇の映画化ということで、『アルプススタンドのはしの方』に続く…とうたっております。タイトル文字の「ゼロ」の「ロ」が「0」になっているのが(映画内のメインタイトルも、広告においても)、タイポグラフィー的には面白い所。

山下敦弘監督ってことで、『リンダ リンダ リンダ』とか『超能力研究部の3人』とかを思わせますね。それにしても山下さん、今年は1月に『カラオケ行こ!』、5月に本作と(31日の)『告白 コンフェッション』の公開と、やけにノッてます。

で、やっぱり山下敦弘らしいというか(もちろん脚本のせいなんでしょうけど)、ゆるーい空気感が流れています。でもね、結局この脚本(当時の女子高生が書いたそうです)が、あまり良くないのです。」ムカつくほど甘っちょろかったり、女子たちの言うことが夜郎自大だったりで、結構イライラしながら観てました。ことに終盤など、妙な強さでジェンダー問題を持ち出したりしてきて、なんだかなあ。高校生が自分たちのことを自分たちの尺度で語っているのかも知れませんが、それがこのような形で映画になると、ちょっとしんどいですね。

ほとんど水のないプール(内田裕也とは関係ナッシング)という限定空間で描かれているのに、映画として飽きさせないのはさすがに山下監督。でも、もし相米慎二だったらどういう作品にしただろう?って思いは、頭の中にしょっちゅう浮かんでました。

4人の女子高生役にもさほど魅力がなく、先生役のさとうほなみの(いつもながらの)うまさだけが際立っておりました。

それにしても、野球部が練習してるだけであんなに砂が飛んでくるって・・・。なのに、プールサイドには全然砂がないって・・・??

 

 

| | コメント (0)

2024年5月11日 (土)

「青春18×2 君へと続く道」:ピュアな恋愛映画    #青春18×2 #seishun18×2 #君へと続く道 #藤井道人 #シューグァンハン #清原果耶

1_20240512002701 『青春18×2 君へと続く道』は、日本と台湾の合作映画。このタイトルを見て、予告編にも電車が出て来るので、てっきり「青春18きっぷ」を使った旅ものかと思ったら、ぜんぜん違いました。今36歳(18×2)の主人公が、18歳の頃の自分を回想する物語なんです。

監督は社会派からエンタテインメントまで、ラブストーリーからバイオレンスアクションまで、多ジャンルを手掛ける藤井道人。監督の父親は台湾にルーツを持つそうで、台湾での映画作りは自ら売り込んだそうです。どちらの国の人が観ても満足できるような作品になっていると思います。

非常に岩井俊二リスペクトな作品であり、露骨に『Love Letter』オマージュな場面もあります。黒木華が出てくるってことも、岩井オマージュでは? 台湾の映画館に『情書』っていう題名でかかっている場面があり、「へー!」と思ってしまいました。情書って言うんだー。

36歳と18歳を演じ分け、とても感じの良いシュー・グァンハン。これまでより少し大人になり、メイクも濃いめの清原果耶。二人ともなかなか良かったです。ピュアな恋愛映画をしっかり成り立たせていました。

(以降少々ネタバレあり) 終盤は思いのほか泣けます。通俗的なんですが、いちおう感動できます。テイスト的には、日本好きな台湾の監督が撮ったみたいな印象。みんないい人ばかりなのも、大江戸的にはプラスです。でも、道枝駿佑の場面って必要あったの? そんな気もいたしました。

| | コメント (0)

2024年5月 9日 (木)

「悪は存在しない」:濱口竜介のたくらみ    #悪は存在しない #濱口竜介 

1_20240509141401 映画『悪は存在しない』は、世界の濱口竜介の新作。昨年のヴェネツィア国際映画祭での銀熊賞受賞も記憶に新しいのですが、賛否の分かれる作品でもありましょう。大江戸はちょっと戸惑いながらも、「賛」です。映画のほとんどが、実に面白かった。

映像は質が高く美しく、でもどこか不穏。石橋英子による音楽も同様で、特にゆったりと流し続けた楽曲をブツっと切る不快さをあえて複数回用いているあたりも、濱口監督のたくらみなのでしょうか。

きれいな水を特長(誇り)として持つ村の開発をめぐる物語ですが、いやー、やっぱり濱口監督作品って、すべての場面、すべての台詞が面白い。もう、ダイアローグのうまさにまいっちゃいます。中にはかなりベタな台詞も混ざってはいましたが(でも、いいこと言ってる)、なんでこんなに魅力的な会話を生み出せるのでしょうか。今回は車中の高橋と黛(グランピング施設開発担当者の二人)の会話が、めっちゃ面白かったです。笑えたし。 そういえば前作『偶然と想像』の第1話でも、タクシー内での古川琴音と玄理の会話が、スリリングに面白かったですもんねー。あ、当然『ドライブ・マイ・カー』にもあったかな。

(以降少々ネタバレあり) 面白さの先に待っていた唐突で不可解なラストに、誰もが戸惑うことでしょう(当然小生も)。でも、考えたって正解なんてないのだと思います(あるいは考えたことのすべてが正解)。しかしながら、この想像を絶する「えっ?!」って感覚はどこかで味わったことがあると思ったら、…そうか『寝ても覚めても』のあの唐田えりかの衝撃的場面と共通するものがあるのです。突然の理解不能な行動がもたらす、天地がひっくり返るほどのインパクト。なるほど、これが濱口竜介の一つの(重要な)側面なのでしょうね。むしろ「たくらみ」と呼ぶべきかも知れません。

| | コメント (0)

2024年5月 8日 (水)

「辰巳」:演出の力、役者の力、映画の力    #辰巳 #映画辰巳 #小路紘史 #遠藤雄弥 #森田想 #倉本朋幸 

1_20240508135601 映画『辰巳』は、小路紘史(しょうじひろし)監督によるハードな裏社会物語。熱量高く、ハードです。そして、極めて質が高い作品です。でも自主映画なんです。完成までに8年かけたのだとか。

この監督の第一作『ケンとカズ』は、評判が良かったようですが、大江戸は観落としてます。 でも本作を観ただけでも、あっと驚く才能であり、パワフルかつ緊密な演出力が見事です。よく考えればきっと低予算なのに、それをみじんも感じさせないクォリティの高さ。いやあ、凄いですよ、『辰巳』。

映像も音響も何もかもが高レベルなのですが、とりわけ役者たちがスゴイ! 俳優陣のツラ魂がハンパありません。辰巳役の遠藤雄弥がこんなに良い役者、カッコイイ役者だとは気づいておりませんでしたし、野獣のような少女役の森田想(こころ)には圧倒されました。しかし、一番驚愕したのは狂犬のようなチンピラ役の倉本朋幸。狂気と暴力性の塊で、マジ怖くて近寄りたくない感じ。観る者に「こいつを殺せ!」という暴力的衝動を抱かせるような、只ならぬ演技でした。そして、この人が実は劇団の主宰者にして演出家だと知ってびっくり。大江戸の今年の助演男優賞はほぼ決まりです。

これ、国際的にも評価される作品だと思います。タランティーノとかが観たら、熱狂するのでは? そしてテイストがインターナショナル。監督が日本的なものを排除していったそうですが、なるほどです。最後の1/4ぐらいは、なんかアメリカン・ニューシネマみたいなテイストがにじんでいました。あとはベッソンの『レオン』とかカサヴェテスの『グロリア』みたいでもありましたし。

ハードで、怖くて、揺るぎなく、美しくもある。実に「映画」です。今年の収穫とも言える1本でしょう。

 

| | コメント (0)

2024年5月 7日 (火)

「キラー・ナマケモノ」:つまらない、怖くない、笑えないの三重苦    #キラーナマケモノ #トンデモ映画 #ドイヒー映画 

1_20240507224701
映画『キラー・ナマケモノ』の原題は、“
Slotherhouse”。Sloth(ナマケモノ)とSlaughterhouse(屠殺場)のミックスですね。『キラー・カブトガニ』『プー あくまのくまさん』『コカイン・ベア』なんかの流れをくむトンデモ作品です。カワイイものが怖いってことにおいては、『M3GAN ミーガン』(古くは『チャイルド・プレイ』)の線でもありますね。

いやー、これはかなりのドイヒー度。設定だけあって、ストーリーも何もあったもんじゃないってぐらい雑。それなら殺戮場面のアイディアとか残酷さが徹底しているのなら、まあそういう映画なんだろうなと納得もできるのですが、そうでもありません。逆に、おバカコメディーとして笑うこともできません。

で、ナマケモノがそうカワイイわけでもないし、学園ドラマ部分なんか使い古しの超凡庸。観る側としては、いったいどうすればいいのでしょうか? ナマケモノがスマホを操ったり自動車を運転したりするに至っては、もう呆れすぎて感想を書く気もなくなるってもんです。だからもう書きませんー。

あ、でも女子学生たち、みんな随分とトウが立っていましたねえ。そこらへんも、本作を好きになれない理由の一つです。

 

 

 

| | コメント (0)

2024年5月 1日 (水)

「秋立ちぬ」(1960年):やるせない子供映画    #秋立ちぬ #成瀬巳喜男 #1960年の東京 

Dsc_1274 映画『秋立ちぬ』(1960年)は、成瀬巳喜男監督の代表作の一つ。神保町シアターで開催中の「戦前戦後ー東京活写」の一本。大江戸は初見です。

今から64年前、戦後15年たった東京(銀座~築地界隈)のリアルな風景が残る記録としても貴重です。当時はまだここら辺にも、民家や空き地が普通にあったのですね。そして川と橋がやたらとあるのも、今との違いです

オープニングは、銀座四丁目交差点。6丁目の銀座松坂屋も何度か出てきます。ここの屋上遊園地で、子供二人が東京湾を眺める描写もあります。車で勝鬨橋を渡って晴海へ。そこから歩いて、東雲の埋め立て地あたりまで行ったりします。一面の空き地で、まだ何にもありません。

よくできた子供映画という印象。まあ、子供映画といっても、子供を通して大人を描き、大人と対比させて子供を描く映画なんですけどね。女の子の台詞なんて、耳年増だったりしてかなり笑えました。でも、辛い話なんですよ。生きていくのはタフだなあ、って話。

 (以降少々ネタバレあり) ラストは「えっ!これで終わるの?」ってぐらいに、救いがなく、やるせないものでした。成瀬巳喜男はその作風から「ヤルセナキオ」と言われたこともあったそうですが、まさにそんなラスト。でもこの少年の境遇は、成瀬の子供時代を反映させているのだそうです。うーん、だからやるせない作風なのかー。

79分なのに、十分な内容でした。映画って、70分~90分で十分ですよね。大江戸はそう思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧