2021年8月29日 (日)

「ドライブ・マイ・カー」:良作以上傑作未満   #ドライブマイカー #濱口竜介 #村上春樹 #西島秀俊 #ワーニャ伯父さん

1_20210829223801 映画『ドライブ・マイ・カー』は、前作『寝ても覚めても』が大江戸のその年のベストワンだった濱口竜介監督の新作だし、カンヌ映画祭をはじめ評判は高いし、大江戸は村上春樹のファンでもあるし、ってことで期待ヒートアップ気味で観ました。何しろチェーホフの『ワーニャ伯父さん』を、予習として読んでしまったぐらいです。

確かに素晴らしい作品でしたし、あの短編がこういう風に濱口映画になるんだなあって感じに翻案されておりました。でも、『寝ても覚めても』や『ハッピーアワー』に較べると、理詰めに計算された感じが強過ぎて、アラはないんだけど衝撃や深い感動は少なかったんです。あくまでも小生の中で、ってことですけど。

ワンカットごとの完成度は非常に高いと感じました。撮影監督の四宮秀俊の見事に映画的な絵が、作品のクォリティや緊密さを支えてくれています。もちろん役者たちの演技も素晴らしいです。西島秀俊、三浦透子、岡田将生は誰もが称賛しておりますが、大江戸的には、『ワーニャ伯父さん』でソーニャを演じたパク・ユリムに感銘を受けました。清楚で感じが良くて、一所懸命に生きている人の美しさがにじみ出ておりました。彼女が(手話で)西島と演じた『ワーニャ伯父さん』のラストは圧巻でした。感動しました。

あと、西島をはじめキャストたちの「喪失感を抱えた」感じと、下世話な生活感がない感じが、いかにも村上春樹作品の登場人物でした。中でも西島の妻を演じた霧島れいかは、いかにも村上作品に出て来る女性の顔です。小説だけど、絶対にそういう顔なんです。と思ったら、彼女はトラン・アン・ユン監督の『ノルウェイの森』にも出てたんですって!(全然覚えておりませんでした。)ほら、やっぱり村上作品的な顔なんですよ。

広島のゴミ焼却所の映像は、なんか良かったなあ。なぜなんだろう? それが映画ってもんかな。 一方で、ラストの韓国シークェンスの意味はよくわかりませんでした。ああとかこうとか想像はできるんだけど、あまりにも観客の想像力に委ね過ぎでは? もう少し観客を導くためのヒントが欲しかったですね。

本作のオープニングタイトルは、物語が進行して45分ほどたったところで出て来ました(もうオープニングじゃないけど)。2時間59分の作品とはいえ、大胆にやってくれましたよね。車の走る映像にかぶせて「西島秀俊」と出て来た時には、何が起きたのかと一瞬驚いてしまいました。

| | コメント (0)

2021年8月 4日 (水)

「イラストレーター 安西水丸展」@世田谷文学館   #安西水丸展 #イラストレーター安西水丸展 #世田谷文学館 #村上春樹

Dsc_03503_copy_675x576 芦花公園にある世田谷文学館で開催中の『イラストレーター 安西水丸展』(~8/31)を鑑賞。2014年に急逝された安西水丸さん(享年71)の回顧展です。

Horizon_0001_burst20210803152901239_cove 文学館の入口がいつになくゆるくてポップな水丸調になっておりました。

Dsc_03432_copy_959x576

水丸さんって、小生なんぞには村上春樹作品の挿絵や表紙絵をはじめとする仕事が一番なじみ深いのですが、小説、エッセイ、絵本、マンガなど幅広くやっておられたんですねえ。

Dsc_0344_copy_1024x576 村上春樹本に関しては、「おお、みんな持ってるぜ」って感じでしたが、懐かしいですね。

Horizon_0001_burst20210803161331743_cove 会場の壁面が多くの部分で、ベニヤ板むき出し(無塗装)なんですが、そういう感覚がいかにも水丸さんです。壁の上に春樹さんの頭が出ているのなんかもあったりして…。

 

 

Dsc_03452_copy_951x576 全体的に遊び心に溢れた展示となっています。順路もどう見たらいいんだかわからない! まあ、ぐるぐるとご自由にどうぞって感じなんでしょうね。

 

Dsc_03462_copy_1024x513 今まで気づかなかったけど、切り絵の作品なんかもあったんですよね。マティスの影響ですね。だから、彼の色彩って、キレイなんですね。

Horizon_0001_burst20210803155928221_cove 水丸さんにとって重要な三人がフィーチャーされていて、それは春樹さんと嵐山光三郎さんと和田誠さん。和田さんとの合作シリーズなんて、楽しいですよー。

 

Horizon_0001_burst20210803160434853_cove 広告とかデザイン関係のお仕事が多かった水丸さん。デザイン関係のパーティーなどで、お姿をみかけたことが何度かありました。

Horizon_0001_burst20210803155806601_cove でも、旅好きで、酒好きで、お土産物やおもちゃが好きで、スノードームも大好きで、スタイリッシュにおしゃれ。ステキな大人でしたよね。

出口付近に展示してあった彼の愛用バッグが、カッコ良かったなあ。

 

 

Dsc_03472_copy_576x946 意外なほど見どころが多くて、楽しい展覧会でした。ショップで売ってた水丸グッズも、なかなかカワイイものが多かったですよ。

| | コメント (0)

2021年7月15日 (木)

「ディープフィクサー 千利休」:荒唐無稽なホラ話  #ディープフィクサー千利休 #波多野聖 #千利休 #歴史のホラ話

Tripart_0001_burst20210715221737283_cove 波多野聖の『ディープフィクサー 千利休』(幻冬舎文庫)を読了。荒唐無稽な娯楽作品です。

まず章の題名を見ていただければわかるのですが--「利休、根回しをする」「利休、ソフトパワーで人を動かす」「利休、人間関係のビジョンを示す」など、あたかもビジネス本のごとし。利休の行為や思想を現代社会のビジネスになぞらえて、彼のフィクサー的な政治力を解き明かしています。

(以降ネタバレあり!) そして、あっと驚きながらあきれかえる大仕掛け! なんと、死んだはずの明智光秀が生きていて、秀吉の庇護のもとに茶頭・千利休として政(まつりごと)の裏側を支配し、世に伝えられる様々な業績を残したというホラ話なのでした。ただ、利休自身が謎多き人物なので、興味深い考察であるとも言えなくはないです。実際、「なんで2畳の茶室・待庵を作ったのか?」「なんで武士でもないのに切腹したのか?」「なんで辞世がやたらと勇ましいのか?」などという利休に関する謎に答を与えているので、ある種の説得力を持ったホラであることも確かなのです。大きな嘘をつくために、細部のリアリティを精緻に作り込んでいるというか。

でも、利休の初心者向けではなく、ある程度彼の生涯や業績やエピソードを知っている人に向けた変化球的な作品です。利休本をやたらと読んでる大江戸は、楽しませていただきました。

| | コメント (0)

2021年6月 2日 (水)

森村誠一の「忠臣蔵」   #忠臣蔵 #森村誠一 #森村誠一の忠臣蔵

1月に「大江戸は『忠臣蔵』が好き」という話を書きました。 ↓

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2021/01/post-3b6873.html

Center_0001_burst20210602215944914_cover で、その後ぐらいに森村誠一の『忠臣蔵 上・下』(朝日文庫)を買ったのでした。ネットで評判が良かったものですから。もう絶版になっている作品で、メルカリで探して買ったのでありました。1993年の第一刷ですが、かなり日焼けして、水分を吸ったような汚れもありましたが、まあしょうがありません。それよりも驚いたのが、そのぶ厚さ。本文最後のページまでが、上巻604ページ、下巻588ページ。上下合わせて1,200ページ超です! しかも今の文庫よりも、文字が全然小さいので、その分量たるや!

元禄時代の、あの事件を生んだ時代背景(綱吉と生類憐みの令やら柳沢吉保やら…)を綿密に描いておりまして、四十七士やその周辺の人物一人ひとりにもけっこうスポットを当てていて、まさに大河ドラマという趣きなのです。

あとはニュートラルで現代的な視点とでも申しましょうか、例えば吉良側の「こっちが被害者だ」という視点にも立って(そこにも説得力を持たせて)描いておりますし、武士の社会の馬鹿らしさや残酷さも(美点とともに)描出しております。更には、大石内蔵助が世間の目を欺くために蕩尽の日々を送ったところも、非常に人間的にというか、かなりの淫蕩三昧であったことを(ウソかホントかわかりませんが)見てきたように描写しております。

まごうことない力作であり、実に面白いので、絶版のままではもったいないと思ったりしてしまいます。でも今、『忠臣蔵』を読もうなんて人はいないのかなあ。面白いのになあ。とはいえ、小生はえらく時間がかかってしまいました。通勤途上でしか読まないし、スマホ優先の時もあるし、その間に『キネ旬』読んだり、ベルマーレの本読んだり、フリーペーパーやら駅のフリーマガジンやらを読んだりもしていたので、なんだかんだ3-4ヶ月もかかってようやくの読了。読書の方も討ち入り同様、なかなか事が進まないのでありました。

 

 

| | コメント (0)

2021年5月20日 (木)

ベルマーレ本「縦の美学Ⅱ」   #縦の美学 #湘南ベルマーレ #湘南スタイル

Center_0001_burst20210520215528235_cover 4月に『たのしめてるか。2020』を紹介(↓)したばかりですが、またも出ましたベルマーレ本。

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2021/04/post-52e18d.html

その名も『湘南ベルマーレ 縦の美学Ⅱ』。そう、2013年に出た『縦の美学』(↓)の第2弾です。

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-f17e.html

第1弾は96ページとかなり薄い本でしたが、今回は倍近い184ページとそこそこあります。でも(書店ルートに流通させるための)バーコードはついておらず、価格も入ってません。きっと関係者やメディアに配ったり、営業用に使ったりするのでしょうね(小生はベルマーレの通販サイトで買いましたが、あとは地元やスタジアムで売ってるようです)。

ベルマーレの歴史やサッカー哲学=縦の美学に関する章に加え、浮嶋敏監督をはじめ、アカデミーダイレクター、育成統括部長、U-12統括、坂本紘司スポーツダイレクターらがベルマーレのサッカーを語る章、齋藤未月・石原広教・田中聡らアカデミー出身選手のインタビュー、水谷社長、眞壁会長の言葉といった内容です。

浮嶋監督の就任以来、従来の「球際で負けずにボール奪取したら走力を生かしてゴールに迫る、縦に早いサッカー」から、次のステップへの進化を目指していますが、今期はそれが形になって来ました。ベルマーレのサッカーの定義が従来より複雑になっていますので、それを解き明かして共有するためにも必要な本なのです。明文化して共通認識にするということは、ブランドを守るうえで最も大切なことなのです。

「湘南スタイル」は、もともとは運営予算が小さく、タレントの少ないクラブが、何とかして勝つための工夫から生まれて来たものだと思います。でもそれはこのクラブの個性(ブランド)として、チームとサポーターと地元を結びつける哲学として、形を少しずつ変えながら進化しています。これからも末永く継承され続けていくことでしょう。

 

| | コメント (0)

2021年5月15日 (土)

「過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道」:本造りのお仕事映画としても上質   #映画森山大道 #過去はいつも新しく未来はつねに懐かしい #写真家森山大道 

1_20210515230701 映画『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』ってタイトルを聞いてまず思ったのは、クレイジーケンバンドの『愛があるなら年の差なんて』という曲の歌詞:「昔誰かが言ってた言葉 過去はいつでも新しくて 未来はつねに懐かしいって なんとなくわかる気がした」ってフレーズ。ググってみたけど、誰の言葉かわかりませんでした。同名の大道さんの本が2000年に出てるので、そこが元なのかなあ?

緊急事態宣言で4月30日の公開が延びてましたけど、ようやく公開された本作、いやー、素晴らしいドキュメンタリーでした。2年前に当時80歳の森山大道に密着して、東京の街でコンパクトカメラ(ニコン・クールピクス)を手に撮り続ける彼の姿と、過去からの作品、そして半世紀前(1968年)のデビュー写真集『にっぽん劇場写真帖』の新生プロジェクトの様子を描きます。

80歳になっても変わらず創作意欲旺盛な大道さんも面白いのですが、実は編集者と造本家と組んだ出版プロジェクトの描写の方が更に面白かったりして、一作で二本分楽しめる構成になっておりました。何しろ造本家が北海道で材料木を伐採するのを見つめるところから本造りが始まっていくし、その木材~製紙~印刷・製本と言う過程の映像が素晴らしく(これだけでもドキュメンタリーになりそうですし)、並行して描かれる編集打ち合わせ~資料の整理~製作~用紙決定~校正~擦り出し立ち会い~完成品チェック~森山さんのチェックという流れも(この方面の隅っこをちっとはかじったことのある大江戸としては)面白くてたまりませんでした(森山さんのチェックの、あの緊張感!)。「お仕事映画」としても上質なのです。あのおしゃれなプリンティング・ディレクターさん、「1㎏中に5gのスミ・インクを足す」という職人の感覚で見事な結果を出すあたり、カッコ良すぎます!

撮影も、音楽も、映画的に上質です。そして大道さんの写真はやっぱり力があるし、凄い。街中で面白いと感じる対象なんて、小生と似ていて、親近感を感じもしました。でも、あんなコンデジであの世界を作ることができるなんて、やっぱりマジックです。

監督・撮影・編集の岩間玄さん、良い仕事をしましたね。

 

| | コメント (0)

2021年5月 1日 (土)

「ブックセラーズ」:紙の本への愛   #ブックセラーズ #映画ブックセラーズ #本への愛

1_20210502001401 映画『ブックセラーズ』は、ニューヨークのブックセラーやブックディーラー、コレクター、さらには古い希少本の周辺の様々な人々をめぐるドキュメンタリー。日本版のキャッチコピーは「本のない人生なんて」ですが、まさに本に人生をかけた人々のあれこれを見せてくれます。

出て来る人たちが、誰も彼も個性的(今は「誰も彼も彼女も」とか言わないと、ポリティカリー・コレクトではないのかなあ?)。それぞれの話やエピソードを聞いていると、みんな本へのこだわりや愛情が強くて、とにかく面白いのです。そして、みんな英語がきれいで、聞き取りやすい。落ち着いて、聡明な話し方なのです。

やっぱり、「本への愛」が誰からも感じられるのが素敵なところ。デジタルではなく、あくまでも物質としての本へのこだわりですし、その物質感こそが素晴らしいのです。重さ、大きさ、革の装幀の美しさ。欲を言えば、もう少し文字(フォント)や紙へのこだわりも見せてもらいたかったところです。でもこの作品はどこもかしこも本への愛に溢れているから、観ていて気持ちの良いチャーミングな映画になっております。

まだ紙の本がなくなることはないでしょうが、もちろん危機感はあります。でも、結局紙ってデジタルよりも残っていくんですよねー、いろんな意味で。だからまあ保存のためには、紙とデジタル・データの2本立てが必要だと思います。それに紙の本の「一覧性」って、本当に便利だと思いますよ。それに愛する対象としては、やっぱり紙の本でしょうから。キンドルで読むデータを愛するってのは、なんか違う気がしますもんね。

だから大人は、紙の本の素晴らしさを若い世代に伝える義務があると思うのです。あ、映画館で観る映画の素晴らしさもね!

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年4月 9日 (金)

「たのしめてるか。湘南ベルマーレ2020フロントの戦い 問われる真価」   #湘南ベルマーレ #たのしめてるか #ベルマーレ

Dsc_01845_copy_600x819 『たのしめてるか。湘南ベルマーレ2020フロントの戦い 問われる真価』(水谷尚人、池田タツ・産業能率大学出版部)は、2016、2018と続いてきたシリーズの第3弾。規則正しく2年ごとに発行されていますね。サポーターとしては、興味深くもちゃちゃっと読めちゃう本です。

今回は2019シーズン後半のパワハラ問題~コロナ禍というドラマチック要素があったため、そこを中心に2019、2020シーズンのベルマーレの戦いを主に裏側、つまりチーム関係者の側から描いていきます。浮嶋敏監督、真壁潔会長、高橋修(サポーターのコールリーダー)、島村毅、坂本紘司スポーツダイレクター、水谷尚人社長らの目から見た苦難の日々を、インタビューを多用しながら構成してあります。

だいたいは「ああ、そうだったよねえ」で、たまに「へー、そうだったのか」が入る感じ。昨年の連敗はやはり従来の湘南の「とにかく縦に早いカウンター・サッカー」から、「従来にプラス、遅攻も織り交ぜたサッカー」への変更において選手間の考え方に差があり、なかなかうなくいかなかったってあたり、「ああ、やっぱり」って感じでなるほどなるほどでした。

監督はじめフロントの方々、負けが込んでくるといつもネットの掲示板なんかでボロクソ言われてますが、これを読むと、かなり擁護した書き方になっているので、両者を合わせるとバランスの良いものの見方ができるような気がします(てか、大江戸はもともと擁護派ですけど)。

毎回思いますが、なかなか勝てないし、毎年良い選手から引き抜かれるし、お金はないし、それゆえに技術の高い優秀な選手は(日本人、外国時共に)なかなか取れないし…。それでも経営、裏方、選手、スタッフ、サポーター、関係者一同が一体となって奮闘しているし、だからこそ応援してあげたくなる魅力を持った特殊なクラブ、それがベルマーレなんですよね。そういった苦労も含めて、「たのしめてるか。」ってことでしょうね。

 

| | コメント (0)

2021年2月 5日 (金)

キネマ旬報2020ベストテンと各賞を見て   #キネマ旬報 #キネマ旬報ベストテン #キネ旬ベストテン2020

Tripart_0001_burst20210204233137184_cove 今年も『キネマ旬報』ベストテン(2020年)が発表となりました。本日が発売日ですが、大江戸は定期購読者なので昨日届いておりました。でもペーパーが1枚入っていて、「情報解禁は2月5日なので、それまではSNSやら何やらで明かしちゃダメ」ってことが書いてあってたので、それに従って5日になったとたんに上げております(笑)。

それと、今回はコロナ禍で読者を招待しての表彰式が開催できないってことで、オンライン生配信での各賞発表を行っていました。終了後すぐYouTubeにアップされたので、大江戸はそっちを飛ばし見しました。司会は笠井伸輔さん、がん闘病の果てに、長年務めたこのイベントの司会に戻ってきたわけです。頭には帽子をかぶりっぱなしでした。

演技賞はだいたい納得のいくものでしたが、2002年生まれの蒔田彩珠がもう助演女優賞を獲ってしまったというのには驚きました。モトーラ世理奈が新人女優賞ってのにも驚きました。次点は『ミッドナイトスワン』の服部樹咲。絶対そっちですよねー。

ベストテンに関しては、まあ、いつものことですが、「うんうん妥当だよね」というのと「何でそれが入るんだよー!」ってのが混在しております。自分の趣味は別としても。でも全体的には「まあまあ、こんなものかな」って感じの年でした。ただ、洋画のテンから『リチャード・ジュエル』が漏れてるってのは、誠に遺憾であります。あと、洋画1位『パラサイト』、2位『はちどり』という韓国ワンツーフィニッシュも1つの事件ですよね。洋画2・3・4位の監督が女性だということも、今の時点ではまだ特記してもいいことでしょう。

でも、圧倒的に驚いたのは「読者のベストテン」(および、その1位作品の監督に与えられる読者選出日本映画監督賞)。なんと、三浦春馬主演の『天外者』が第1位なのです! まったくノーマークでした。未見です。予告編を見た時も、とてもベストテンに入るような映画とは思いませんでした。実際、評論家たちが選ぶベストテンの方には1票(1点)も入ってないんですよ! また、読者のテンの投票者から19人のサンプルが選ばれて掲載されているのですが、1位に入れた2人以外の17人はやはり1点も入れていません。ここらに組織票の匂いを感じてしまうのですが、1.投票ハガキのついてる号の『キネ旬』を買わないと投票できない(ネット投票とかはない)、2.少なくとも日本映画のベストテン10作品を記入しないと無効になる、3.1位の得点が2万点を超えていたということは、10点(=1位)入れたとしても2000通以上が必要。というわけで、組織票のハードルは高過ぎるんですよねー。おそれいりました。

詳しい順位、内容は、ぜひ『キネマ旬報』を買ってお読みください。経営キビシイみたいなので、ご浄財を投じてあげてください。

| | コメント (0)

2020年11月21日 (土)

2006年のオシムと羽生   #オシム #イビチャオシム #羽生直剛 #オシムジャパン

_20201121_235444_copy_768x805 CSの J SPORTS2 に、「蹴球日本代表監督史」という過去の名勝負を観ながら当時出ていた選手が解説したり裏話をしたりする番組があって、夕食時に何も見るもんがないと見たりしています。おととい、2006年8月の日本ーイエメン戦がオンエアされていて、ゲストは元日本代表で当時JEF千葉の選手だった羽生直剛さんでした。もちろんこの試合の監督は、イビチャ・オシム。何を隠そう大江戸は、自分の本棚にオシム・コーナーがあるほどのオシム信奉者なので、思わず最後まで見続けてしまいました。

そもそもあの頃、千葉がナビスコ杯で優勝した時には(オシム監督の時も、オシムが代表監督になったので息子のアマル・オシムが監督してた時も)黄色い服着て、タオマフ巻いて、応援してました(当時のベルマーレはJ2)。その頃から羽生選手は大好きでした。あのプレイスタイル、素敵でした。FC東京に移ってからも、ひいきにしておりました。

で、この試合、日本が雨あられのシュートを打ちながらいつもの決定力不足で、結果的には2-0の勝利。坪井さん、出てましたねえ。しかも、終盤は3バックの真ん中の闘莉王が上がりっぱなしだったので、ツボさんが「1バック」を務めておりました(笑)。

でも試合は面白かったし、それ以上にトークが楽しかったです。オシムが日本代表監督になって2試合目だとのことで、JEFの選手が多く選抜されていました。後半のある時間帯など、阿部、巻、羽生、佐藤勇人が同時にピッチにおりましたよ。そんなメンバーのことや、自虐的に自分のことをボソボソと語る羽生氏。でもやっぱり最高だったのは、オシムさんのこと。例えば、サッカーに関しての話なのに「もっと上を見ろ。空は果てしない。」とか言うんだそうです。そんなこと言うの、オシムさんだけだよなー。でも同時に、「若い時にこの人に接して、サッカーのことのみならず人生にかかわるすべてのことを教えてもらった」的な話をしていました。さすがです。言葉の端々にオシムの偉大さを感じて、羽生のリスペクトも感じて、小生はちょっと泣きそうになりました。

今もなお(誰もが思うことでしょうが)「あのままオシムが倒れずに、彼の作り上げた代表がワールドカップを戦っていたらなあ」と思わずにはいられません。これは、大江戸史上最大の「タラレバ」なのです。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧