2020年6月22日 (月)

「伊豆の踊子」(1974):ラストの嫌な感じ   #伊豆の踊子 #山口百恵 #三浦友和 #西川克己

Izu NHK-BSPで山口百恵/三浦友和主演の『伊豆の踊子』をやっていたので、1時間22分と短いこともあり、見てしまいました。その後12本を数えることになる百恵ー友和映画の第1弾。山口百恵は当時15歳でした。

うーん、初めて見ましたがまさに昭和ですね。アイドルが文芸映画やるのって、今はありませんもんね。今のアイドルは、ほぼマンガ(たまにラノベ)原作のキラキラ映画ですからねー。でも意外なほど面白かったです。大人の鑑賞に耐えるように作ってある、っていうか今の中高生がこんなの見たら飽きちゃいますけどね(それ以前に驚いちゃって口ポカーンでしょうけど)。そりゃいくら大衆娯楽映画として作っているとはいえ、原作は川端康成先生ですもんね。ある程度の深みはあるのです。

百恵さんはまだ子供っぽいし、(役柄もあって)垢抜けません。そして演技はまだまだ。 一方の友和さんは、スッキリクッキリした「美男子」。イケメンなんてもんじゃなくて、「美男子」です。すがすがしくて爽やかなことこの上ありません。

それにしても書生さんってのは、世の中でかように尊敬されていたのですね。それとは逆に踊子たち旅芸人の人々への差別といったら! 役者たちが「河原乞食」として貶められていたという歴史と遠くない時代だったのですね。

(以降ネタバレあり) ラストカットには驚きました。この時代だからタイトルロールなんてなくて、ストップモーションの絵に「終」だけなんですけど。その絵が、宴席で酔っぱらった刺青男が踊子(百恵)の首に刺青の腕をからめるというもの。まさにイノセントな少女に邪悪なものが襲いかかりつつあることを暗示するような映像なのです。その前に、紅涙を絞るような美しい別れの場面があっただけに、このラストの「嫌な感じ」には唖然。正月映画だったというのに、みんな冷水を浴びせかけられたような気持ちで劇場を後にしたのではないでしょうか。やりますね、西川克己監督。

 

 

| | コメント (0)

2020年6月19日 (金)

のんのオンライン有料ライブ・第2回  #のん #NONOUCHIDEMIRULIVE #のんオンラインライブ #のんともM 

15925783339450 のんさんとひぐちけいさんによる「NON OUCHI DE MIRU LIVE vol.02」の有料ライブ配信が、今日20時~約1時間18分行われました。オンライン・プラットフォームのzaikoで行われたもので、税込1,000円でした。しかも終了後も、22日の20時までは何度でもアーカイブ視聴ができるとのこと。

大江戸はもちろん2回連続の参加(?)です。(全回のはこちら ↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-d7ed94.html

 

前回のテーマはポテチでしたが、今回はカップラーメン。視聴者の投票で決められた衣装は、チャイナ服。のんはエレキ、けいさんはアコギを手に全6曲を熱唱しました。 曲は、『へーんなのっ』『My Day』『I Like you』『私は部屋充』『スケッチブック』。そして予想外のアンコールナンバーとして、新曲の『僕は君の太陽』。今日の中では、尾崎亜美が提供したスローナンバー『スケッチブック』がいちばん沁みました。

最後には大友良英さんとSachiko Mさんがリモートで登場し、これから(のんを加えた3人のユニット)「のんとも。M」が本格活動をすると宣言しておりました。 そして、次回のオンラインライブはこの二人が加わって、7月24日に開催されるそうです。楽しみです。でも、OSOTO DE MIRU 生ライブが早くできるようになりませんかねえ。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

「Wの悲劇」:最高峰!   #Wの悲劇 #薬師丸ひろ子 #三田佳子 #澤井信一郎

Wnh1 NHK-BSPで『Wの悲劇』(1984年)を見ました。角川映画の最高峰にして、大江戸的には「日本映画の最高峰」を『太陽を盗んだ男』『田園に死す』と争う作品でもあります。

何度となく見た名作ですが、久々の鑑賞。やはり惹き込まれます。荒井晴彦と澤井信一郎の脚本による、名セリフの数々。見事としか言いようのない澤井信一郎演出。そして薬師丸ひろ子史上最高の名演と、それを生んだ三田佳子の圧巻芝居。 今見ると、確かに時代を感じさせて、「ちょっと古い」感覚の場面もあったりはしますが、中盤以降はそんな事など気にかからず、この世界に飲み込まれてしまいます。

初めて観た時に「この作品のラストシーンが、薬師丸ひろ子の女優人生のピーク」だと感じましたが、確かにそうだったと改めて思います。カーテンコールのようにスカートの両端を持っての微妙な泣き笑い顔。素晴らしい。映画史上に残る見事なラストショットです。 その前の場面で、天井に貼り残されたポスターに飛びつこうとするあたりの体全体を使った演技は、それまで相米慎二に鍛えられた成果だと言えましょう。

Wnh2 そして、あの(演技を演技する)記者会見シーンの見事な表情とその変化。感動を禁じ得ません。唐田えりかもこれを参考にして記者会見をしていたら、世間からのバッシングがだいぶ違っていたのではと思っちゃいました。まあ、35年の間に世間が不寛容になり、芸能界が品行方正になり、メディアがコンプライアンスと保身でがんじがらめな時代になってしまいましたから…。今だと、あの記者会見でも許されずに炎上しちゃうんでしょうねえ。

ああ、そして日比谷スカラ座の(=東京宝塚劇場の)外階段! ビルの上層階にあった大劇場なので、終映後にはエレベーターとその脇の階段に加えて、ここも開けて客を出しておりました(満員の際は)。宝塚の出待ちプレイスでもありましたね。

まあ、今見ると多少の瑕疵やクサさが目についちゃったりしないこともないのですが、それでも時を超えた傑作に変わりはありません。

それにしても、原作を劇中劇に封じ込めるなどという「超禁じ手」がよくOKになったもんだと、今更ながら感心してしまいます。角川春樹と(原作者)夏木静子の間に、本作の三田と薬師丸のような「取り引き」があったのでしょうか。まさかね…。

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

「のん」の有料オンライン・ライブ   #のん #のんおうちで見るライブ #NONOUCHIDEMIRULIVE #のん有料オンラインライブ

15886815552940 のんさんの有料オンライン・ライブが、faniconというアプリを通して開催されるということで980円を支払って申し込んであったのですが、本日18時からのストリームを視聴しました。題して『NON OUCHI DE MIRU LIVE』ってことで、のんvs.ひぐちけい(のんシガレッツのギタリスト)の対戦形式で行われました。対戦形式というのは、二人がそれぞれオススメをプレゼンして、オーディエンスのナマ投票で衣装や曲を決めるというもの。ちなみに勝負の方は、4勝2敗でけいこさんの勝利でした(プレゼン力の差と言う気もいたしますが)。

有料のオンラインライブって、大江戸は初体験でした。その前に申し込んだクレイジーケンバンドのやつは、開催までの間に状況が悪化したので11人も集まれないってことで延期になってしまいましたから。開始時間の10分前ぐらいにアプリから入場。開演前には『わたしは部屋充』のMVが流れておりました。そして遅延なくスタート。のんさんの髪型はアメリカ先住民的なツインテール。画面には視聴者のコメントもリアルタイムで並んでいきます。その後、投票により二人の衣装はウェスタン調になりました。着替えの間は、画面に「うすしお」(のん)と「コンソメ味」(ひぐち)のポテチが映し出されるというシュールな展開。

そこから先は、視聴者の投票で勝った方の曲を二人が、アコースティックギターとヴォーカルで披露。『やまないガール』『憧れて』など全5曲でしたが、いつものロックなアレンジとは違ってアコギ1~2本で聴くと、曲の表情も違って新鮮でした。残念だったのは、ときどき音声が途切れたり画像が固まったりしたこと。小生の場合、最後の『スーパーヒーローになりたい』では、後半ぜんぜん音が聴こえなくなってしまい、映像も固まって、動き出した時には演奏が終わっちゃいました。そこは無念でしたね。有料なのだから、もう少ししっかりしてもらいたいと思います。inしてたオーディエンスの数も画面で見る限り6百数十人だったので、回線がぶっ飛ぶほどの量ではないと思いますし。

まあそれでも、元気なのんさんを生配信で見られたのは、このご時世において数少ない「アガる」出来事ではありました。長丁場になりそうですから、こういうイベントはこれからどんどん増えていくのでしょうね。また、少しでもアーティストや関係者を支えるためにも、そうあってほしいものです。

40分の予定をオーバーして53分やってくれました。終了後には『涙の味、苦い味』のMVが流れました。次回は1時間以上やってくれてもいいですよん。

 

 

| | コメント (0)

2020年4月26日 (日)

「青空エール」:松本穂香はヒール役   #青空エール #三木孝浩 #上野樹里 #松本穂香

T0020739p 録画してあって未見だった映画『青空エール』を見てみました。2016年8月の公開作なので、もう4年近くたつのですね。監督は、この手の真面目な青春映画の王者=三木孝浩。そうそう、土屋太鳳が主演なのであんまり触手が動かず、公開時に観逃していたのでした。

でも、松本穂香が出ていることを知り、録画しておいたのでした。松本さん、翌2017年4月からの朝ドラ『ひよっこ』の澄子役でブレイクしたので、ここではポスターにも顔が出ないぐらいの小さな役です。しかもヒロインと対立するヒール役。怒った顔ばかりです。しかしながら、メガネつけてます(横長の小ぶりメガネ)。まあ、あんまり冴えませんね。いわゆる「下積み期間」ってやつです。

竹内涼真もまだブレイク前だったので、しかも野球部の高校生役で短髪色黒なものですから、どうも(デカイだけで)パッとしません。いわゆる「サナギ期間」ってやつです。

上野樹里に吹奏楽部の顧問教師を演じさせるって配役がナイス。なにしろあの『スウィングガールズ』の上野さんですからね。ここではすっかり大人になった(当時30歳)彼女が、クールに好演しております。そういえば三木監督は、2013年の『陽だまりの彼女』でも上野樹里を上手に使っているんですよね。

三木演出はそつがなくて行儀良すぎるけど、こういう原作マンガに忠実な映画化には適任なんでしょう。でも、本作はちょっとテンポが悪いんじゃないかなー。このハナシで130分は長過ぎ。あと20分ぐらいつまんだ方が、映画としては良くなったでしょうねえ。そして吹奏楽部を描きながら、演奏のダイナミズムってものをほとんど表せなかったのは、かなり残念なことであります。

| | コメント (0)

2020年4月20日 (月)

美食とラーメン   #美食探偵明智五郎 #行列の女神 #らーめん才遊記 #中村倫也 #小芝風花 #黒島結奈

撮影ができない状況で今後どうなっちゃうんだろう?最終回まで放映できるの?という思いを抱えつつ、4月クールの新作ドラマで面白いのを二つ見ました。

まずは日曜よる10:30~日本テレビの『美食探偵 明智五郎』。日曜劇場の『半沢直樹』が延期になっているのを尻目に、昨夜が第2話でした。中村倫也が主役で、「上の下」程度のカッコ良さを持つ変な探偵をクールに演じます。悪くないです。ちくわの磯辺揚げが好きってあたりも、大江戸と一緒ですね。 彼に絡む小芝風花と小池栄子が「明と暗」というか「陽と陰」というか、コミカル・パートとドロドロ・パートを受け持っておりまして、それぞれの登場場面でほとんど違う作品のようにトーンが異なるのです。で、小芝風花のコメディエンヌっぷりがいいっすねー。今までの彼女とちょっと違う顔のような濃い目のメイクなのですが、キャラクターに合っています。明智から「小林一号」呼ばわりにされる「小林苺」を、極めて明るく演じております。

タイトルの通り美食にからめて描くミステリーなので、食の部分の情報やおいしそうな映像も楽しめます。ポップな色彩感覚もいいですね。そんなに傑作ではないかも知れませんが、けっこう楽しめる作品だと思います。

 

一方、今夜第一話だったのがテレビ東京の『行列の女神 らーめん才遊記』。食べ物に強いテレ東らしさを生かしたお仕事ドラマ。鈴木京香と黒島結奈のダブル主演です。ま、もう一つの主役はラーメンなんですけどね。 で、黒島結奈がハツラツとして好演です。彼女の元気さと、キビキビしたはっちゃけ具合を楽しめそうな作品です。

1話を見た限りでは、思った以上に面白かったです。ダイアローグも演出も、娯楽作として上々です。ラーメンも何種類か出て来ましたが、おいしそうでした(わざとまずそうなやつもありましたが)。

という感じに食べ物を絡めた両作品ですが、どちらもマンガが原作でもあるのですね。気軽に見られそうで、今の気分(気分転換)に合っています。どうか最終回まできちんと撮影できますように! 

| | コメント (0)

2020年4月17日 (金)

「おちをつけなんせ」:のんの監督デビュー作   #のん #おちをつけなんせ #のんたれ 

Ochitsuke 『おちをつけなんせ』は、昨秋YouTube Originalsで公開された「のん」の初監督作品。1時間13分の劇映画です。今もYouTubeでタダで見ることができます。『のんたれ I AM NON』という本作の製作ドキュメンタリーが10本公開されていて(小生は2本見たっきりになっております)、11本目が完成版としての本作だというかたち。

なにせ監督・脚本・衣装・美術・撮影・照明・音楽・編集がのんです。加えて主演ものん。ワンマン映画というか個人映画というか、もう大変なもんです。なんせ1年半かかっているんですから、ちょちょいとお遊びで作った生半可な作品ではないのです。「創作あーちすと」を名乗るのんの実力が、いろんな面で発揮されています。色がキレイでダイナミックな絵も描けるし、ミシンを使って衣装も作れるし、ギター弾きながら音楽も作って歌えるし…素晴らしいマルチぶりです。カメラ(撮影)もいいんですよ。

最初に登場したシーンでは高校生の制服着てる割には、『あまちゃん』の頃に比べても、やっぱり大人になっちゃったねえと感じましたが、見てるうちにどんどん若返っていって、途中からは高校生にしか見えませんでした。やっぱりすごいな、のんちゃん。いつものように瞳もキラキラ光って、魅力的です。深紅のマフラーが似合ってます。『星屑の町』の彼女よりも魅力的ですね。

のん演じる主人公は終始怒っています。のんは「女の子の怒りはポジティブなパワーになる」って趣旨でフェスを企画したり、アート展を開いたり、最近のインタビューでも「喜怒哀楽の感情の中で一番「怒」が好き」とか言ってるように、怒りの人なんです。本作はまさにその本質を出しまくった作品。「処女作には作家のすべてが詰まっている」とか言いますけど、まさにそんな感じ。怒りあり、アートあり、ファッションあり、色の奔流あり、岩手ありの作品になっております。なぜか、せんべい、漬物、きゅうりなどカリッとかパリッとか音がする食べ物へのこだわりも…。

『あまちゃん』でGMTのメンバーとして共演以来交友を続けているという蔵下穂波が出演してますし、なんと監督補佐までやってます。びっくり。あと、桃井かおりさんがおばあちゃん役で出てて、しっかり芝居なさってました。彼女がつき合ってくれるなんて、やっぱり「のん」が人を惹きつけるパワーってスゴイです。

というわけで、ようやく見ました。不思議ちゃんな作品であり、怒りの作品でもあり、面白いイメージもあって、のんらしいなあと感じました。悪くなかったですよ。劇場公開しても良かったのに。 大江戸は通常モードだと家で映画を見ることはまずないので、この状況になってようやっと鑑賞に至ったのでありました。

(『おちをつけなんせ』の鑑賞はこちらから↓)

https://www.youtube.com/watch?v=PtrJl3TGnU8&t=2s

 

 

 

| | コメント (0)

2020年4月14日 (火)

「翔んだカップル」(1980):相米×薬師丸 心の名作   #翔んだカップル #相米慎二 #薬師丸ひろ子 #伊地知啓

15868737447790 普段はめったにDVDなど見ない大江戸ですが、唯一新型コロナ感染者を出していない岩手県の友人が「陣中見舞い」としてなぜか映画『翔んだカップル』のDVDを送ってくれたので、時間があるってことで見ました。まあ、しばらくは映画館も閉まっていることですし、たまっているDVDも片付けて(見て)いかないとね。

1980年の相米慎二監督デビュー作であり、薬師丸ひろ子初主演作であり、鶴見辰吾と石原真理子のスクリーンデビュー作であり、若き尾美としのりも出ています。そういえば、今年は『翔んだカップル』40周年だったのですね。びっくりです。このDVDは、劇場初公開版より16分長い122分の「ラブコールHIROKO*オリジナル版」(これもリバイバルで劇場公開されたもの)です。

(年がバレますが)この映画、映画館でも何回か観て、その後VHS(当時14,000円ぐらいしたんじゃなかったかなあ)を買って、何度も何度も見たものでした。ン十年ぶりに見ても、全てのシーンとほとんどの台詞を覚えておりました。そう、当時の大江戸は薬師丸ひろ子の大ファンだったのですね。今見ると、なんだこの垢抜けない子は?と思わないでもありませんが、その一方では不滅の魅力と輝きを放ってもいます。鶴見とか尾美とかは今と比べると、・・・もう笑っちゃいますよね。

相米はこの作品では割と普通にカットを割っています。でも要所要所で長回しを使って、その片鱗を見せております(あのモグラたたきのシーンとかね)。相米演出も丸山昇一脚本も、「なんだこりゃ?」的ツッコミ所がありまして、ところどころ気恥ずかしいです。ま、そういう「若書き」的部分も含めて、まぶしい作品です。だって、何とも言えない感情をしっかりスクリーンに定着させていますもん。あのクジラ! 終盤の切なさ、やるせなさ、何とも言えない感銘。薬師丸の「また明日。」に込められた万感の思い。尾美としのりの屈折と哀しみ。ラストで成長した表情を見せる鶴見辰吾。いやー、やはり心の名作です。みんな悩んで大きくなった。サヨナラだけが人生だ。

そして大江戸としては、相米さんが生きてるうちに、大人になった薬師丸さんともう1本撮ってほしかったなあと思わずにはいられないのです。

特典映像として、2013年にユーロスペースで行われた相米慎二回顧の特別上映後のトークショー14分が収録されております。プロデューサーの伊地知啓さんと、助監督を務めた榎戸耕史さんがゲストで、本作と相米にまつわるお話をしてました。伊地知啓さん、つい先日お亡くなりになったんですよねえ。プロデューサーとして、にっかつロマンポルノの後に本作や『太陽を盗んだ男』『セーラー服と機関銃』『みゆき』『めぞん一刻』『あぶない刑事』『死んでもいい』『お引越し』などなどを手掛けた方でした。ご冥福をお祈りいたします。 そういえば、本作の円広志の先生って、『太陽を盗んだ男』(相米が助監督の’79年作品)のパロディーなんだと初めて気がつきましたよ。

| | コメント (0)

2020年3月29日 (日)

のん のフェスvol.2をMTVで観た!   #のん #NON #のんおうちフェス #のんシガレッツ

15854881583790 数日前に新聞広告も出ていた「のん」の主催イベント『NON KAIWA FES vol.2』を、MTVが2時間番組としてオンエアしてくれました。2017年の暮れに行われたvol.1には参戦していた大江戸ですが、今回はもともといかない予定でした。だって、前回えらい長時間立ちっぱなしで疲労しちゃったし、フェスなのでメインののんシガレッツに至るまでが長いんだもん。

(vol.1の記事はこちら↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/post-736d.html

今回は「女の子の怒りはポジティブなパワーになる!」というサブタイトルをつけて、ガールズバンドが集合! そして、新型コロナ禍の中で無観客ライブの放送という形になりました。

リーガルリリー、チリヌルヲワカ、阿部真央に続いて、のんシガレッツが登場。のんさん、王冠みたいなかぶりものとひらひら衣装with恐竜のしっぽです。なんか往年の篠原ともえ的なステージ衣装。1曲目の『わたしは部屋充』から3曲はギターなし。それ以降はギターを弾きながらの歌唱でした。デビュー初期とは違って、自身あふれるステージング。歌もギターも、危なげないものです。ただ、たどたどしいMCは相変わらず。これでも、あまりつっかえないだけ上達したもんです。あれは無観客だからたどたどしかったわけじゃなくて、普段通りですからね。

後半にはチリヌルヲワカのユウさんにギター&ヴォーカルで加わってもらって、彼女がのんに提供した『やまないガール』『涙の味、苦い味』をプレイ。RCサクセション『プン・プン・プン』、キリンジ『エイリアンズ』といったカバー・ナンバーも含めて、ラストの『RUN!!!』まで充実の内容。

そして最後に出演バンド勢揃いで、サディスティックミカバンドの『タイムマシンにお願い』(これものんがカバーしてる曲です)。いやー、盛り上がりました。最後にみんなで手をつないで挨拶するあたりでは、感動して目頭が熱くなりましたもん。無観客でこういう形とはいえ、やって良かったライブですよ、これ。ある意味、伝説のライブです。 ただシガレッツのリードギターの人、ほんとうまくてソロとか見事なんですけど、この収録ではろくにギターの音が録れてなくて残念でした。

冒頭をはじめ、随所に挟まれる「のん」(及びゲスト・アーティスト)へのインタビューも貴重で、楽しい2時間番組でありました。

 

 

| | コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

「星屑の町」:のんが帰って来た!   #星屑の町 #のん #戸田恵子

Non02 昨日公開となった映画『星屑の町』は、のん初の実写映画出演。能年玲奈時代からだと、『海月姫』以来6年ぶりです。二十歳から26歳までの6年近くを実写映画/ドラマなしで過ごした彼女。(現在の日本での)女優としての一番いい時期を活動できずに過ごすことを余儀なくされてしまった彼女。本来なら、映画だって10本以上出てただろうし、その中には映画史に残るものや主演女優賞に輝くものもあったかも知れないのに。日本映画界にとっても、大きな損失でした。本当にあの「不当な圧力」と忖度には、のんさんならずとも怒りと憤りしかありません。もっとも彼女の場合は、その憤懣をエネルギーに変えて、音楽活動やあーちすと活動で幅を広げながら地歩を築いたわけですけどね。えらいぞ、のん。

003_20200307231501 本作でものんは、歌います。昭和歌謡を5曲歌ってます。初めて歌う場面である『新宿の女』では、ギター弾きながら歌ってます。そして、その歌に、パフォーマンスに説得力があるというか、「才能の原石」みたいなものを感じさせてくれるんです。さすがは、ミュージシャンとしての実績を積んだだけのことはあります。そして、あの小動物のような表情と目の輝きは健在でした。

それにしても、この女優復帰作が『あまちゃん』以来縁の深い岩手県久慈市が舞台であり撮影地であり、また岩手なまりでしゃべってるなんて、・・・巡り合わせってやつでしょうか。今回の芝居は、特にスゴイものではありませんでしたが、まあ「慣らし運転」ってやつですよ。早く次回作が決まらないかなあ。

 

Non03 物語自体は(長年舞台で人気を博してきたそうですが)、これまた昭和的なオーソドックス感のあるもの。それを杉山泰一監督が昭和的なオーソドックス演出で、のんびりと撮り上げています。往年のプログラム・ピクチャー的と申しましょうか。まあ、『の・ようなもの のようなもの』の監督が手掛けると聞いた時点で、これぐらいの感じなのかなというのは予想できていました。脚本も雑なんですけど、・・・まあ、スクリーンでのんさんに再会できたことで良しとしましょう。 あと、戸田恵子さんがいい味出してるし、歌はうまいし、助演女優賞候補にしたいぐらいでした。

この作品、公開記念舞台挨拶も新型コロナ騒動で吹っ飛んじゃったんですよねー(ま、抽選に外れちゃってましたけど)。のんさんは、主催するフェスも中止になっちゃったし、ついてません。でもこの人の場合、きっと後から「塞翁が馬」になるんだと思います。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧