2020年11月22日 (日)

「ホテルローヤル」:波瑠は当代一のメガネ美人   #ホテルローヤル #波瑠 #メガネ美人

1_20201122225001 映画『ホテルローヤル』は、何と言ってもメガネ姿の波瑠の美しさを堪能する映画。何種類かのメガネをかけてますが、やっぱり波瑠は当代一のメガネ・ビューティーだと再確認しました(当代一のメガネ・キューティーは松本穂香)。伊達に「メガネのパリミキ」のCMやってませんね。高校生時代の彼女の場面で、妙にミセスっぽいメガネをかけてるのが、ちょっと気になりましたけど…。 とはいえ、今放映中のドラマ『リモラブ』や、この春公開された『弥生、三月 君を愛した30年』の彼女に比べて、圧倒的にステキなんです。美しいんです。役柄がフィットしたこともありますが、むしろ「メガネが似合うから」だと思います。

でも、武正晴監督による作品自体は、さほど出来の良いものでもありませんでした。登場人物から哀愁や感慨などのニュアンスが、意外と伝わって来ないのです。武監督の演出って、そういう繊細なニュアンスみたいなものとは得意分野が違うと思うんですよねー。なんか、演出が男っぽいんです。

繊細なセンスがないってことは、音楽に関して一番感じまして…。場面場面にぴったり過ぎる「いかにも」な曲が、かなりの音量で高鳴っちゃうのです。あまりにもありがちな曲がやって来るんで、ちょっと笑っちゃうぐらいでした。コントじゃないんだから、たのんます。

でも、オレンジ色を中心に据えた色彩設計は、なかなかよろしいと思いましたし、きちんとコントロールされてました。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年10月24日 (土)

「星の子」:芦田愛菜の凄さを見る映画   #星の子 #芦田愛菜 #大森立嗣

1_20201024233101 映画『星の子』は、とにかく芦田愛菜を見るための映画。子役からの休業期間を経て、「若い女性」となった現在16歳(撮影時はたぶん15歳)の愛菜さんが、圧倒的な演技を見せます。なんか、素晴らしいものを見せてもらったって感じです。ありがたいありがたい。

多くの観客もそうだと思いますが、新興宗教アレルギーのある大江戸としては、主人公ちひろの両親の行動には頭を抱え、弱りました。まさに、大友康平と池谷のぶえが演じる夫婦のような一般的スタンスです。大森立嗣監督の前作『MOTHER マザー』で長澤まさみが演じた「毒親」とは全く別のタイプですが、この両親もまたある種の毒親なのです。愛情にあふれた毒親なのです。「子供に親は選べない」とは、よく言ったものです。

愛情にあふれているだけに、ちひろもこの親から離れられない、離れる理由がない…でもいつかはきっと離れる日が来るのでしょう、このラストを暖かみのあるハッピーエンドと取るか、絶望感をはらんだアンハッピーエンドと取るか、…大江戸は後者です。

全体的には大森監督、手堅い良い仕事をしましたが、あのアニメーションの使用だけは、失敗だと思いますねえ。なんでああしちゃったかなあ?

001_20201025000701 いずれにしても、無邪気な子供っぽい表情から、衝撃と動揺で目に涙を浮かべた表情、海を見つめる真摯な表情、などなどの力に圧倒されます。心打たれます。 また、彼女が泣きながら走る場面の横移動撮影も名場面です。

芦田さん、この後どれだけ凄い女優になっていくのでしょう。彼女の聡明さがあれば、変な使われ方でつぶされたりはしないと思います。映画を中心に、世界に通用する女優になってくださいね。

 

 

| | コメント (0)

2020年10月17日 (土)

「みをつくし料理帖」:舞台挨拶も見ました   #みをつくし料理帖 #松本穂香 #角川春樹

1_20201017235601 映画『みをつくし料理帖』、丸ノ内TOEI①で舞台挨拶つきの上映を観ました。チケットの抽選販売ではずれてしまったのですが、その後もう1回舞台挨拶が追加されたので、2階席の前から2番目の列がゲットできました。

登場したのは松本穂香、奈緒、石坂浩二、若村麻由美、小関裕太、窪塚洋介、中村獅童、藤井隆、そして角川春樹監督。このご時世なので、一人一人の間に透明なついたてが設置され、マイクは一人一本。撮影のエピソードやら映画本編の解説やらいろいろでしたが、まだ観る前なのにMCの人がちょっとネタバラシし過ぎではありました。 みんな(着物姿の若村さん以外)白い服装に身を包み、本日のセンターは当然松本さんです。ナマの松本さんを見るのは昨年の二宮健監督『疑惑とダンス』のトークショー以来ですけど、あの時はキャパ100人未満のスクリーンだったのに、今回は509席の劇場ですからねえ。松本さん、いつまでも「この場に立っていることが恥ずかしくてしょうがない」という風情なのが、初々しいですね。一つ一つ言葉を選んで真摯に語る姿には、やはり好感が持てます。撮影にあたって、澪(みお)の特徴である「下がり眉」にすべく、顔の表情を練習したそうです(確かに画面では練習の効果が見えてます)。 それにしても角川さん、なんであんなにやせちゃったんでしょう? 大丈夫なのかしらん?

_20201017_203817_copy_1024x695 さて作品は、オーセンティックな「映画らしい」仕上がりになってました。角川監督は、自分の個性を出そうとせずにオーソドックスに撮ったそうですが、文字のフォントでいえば「教科書体」みたいな映画です。大衆娯楽としてわかりやすく、でも映画作りの各パート(美術とか衣装とか撮影とか…)の質は高く、何より主人公の澪(松本)が魅力的なキャラクターとして描かれています。松本もいつものほんわりした芝居プラス「大きめの娯楽作品の主演芝居」ができていました(泣きの芝居をはじめとして)。心に迫る良い表情が、何か所もありました(まだ力不足な場面もありましたが)。角川さんが最後の監督作の主演に選んだぐらいだから、これからもっと伸びていくことでしょう。数年来のファンとしては、感無量(プラス一抹の寂しさ)です。そういえば彼女、1年ほど前の『わたしは光をにぎっている』でも、役名が「澪(みお)」でしたね。

作中に自然な形で江戸版のタピオカブーム、テイクアウトグルメ、ミシュランや食べログみたいなものが出てきて、「ああ、いつの世も変わらないんだねえ」と、現代とのつながりを感じたのでありました。

 

| | コメント (0)

2020年10月12日 (月)

筒美京平先生がぁ… #筒美京平 #裕木奈江

筒美京平大先生が80歳でご逝去されました。1960年代から今日まで作曲活動を続けてきた「ミスター歌謡曲」です。報道によれば、2,800曲もの作品があるようですが、特に'70~80年代にかけては本当に見事な名曲の数々に驚愕します。さすがに’90年代後半以降はヒット曲もほとんどなくなってきましたが、過去からの曲もカバーされたりカラオケで歌い継がれたりして、その偉業は色あせることがありません。不世出の天才でした。

それにしてもヤフー!ニュースの見出しに「スニーカーぶる~す」を使って、一番の代表曲みたいな扱いにしていたのは遺憾ですねえ(書いた人には思い入れがあったのでしょうが)。もっとあれだとかこれだとか、数多くの名曲があるってーのに。

あまりに曲が多すぎるので、ウィキペディアの助けを借りて(当然そこにも全曲出ているわけではありません)大江戸が特に好きな曲名を挙げることで、追悼に代えさせていただきます(順不同・シングル曲に限りましたので、裕木奈江『平塚のうわさ』とかは入ってません)。合掌。

木綿のハンカチーフ(太田裕美)  また逢う日まで(尾崎紀世彦)  さらば恋人(堺正章)  ブルーライト・ヨコハマ(いしだあゆみ)  17歳/潮風のメロディ/早春の港/ひとかけらの純情(南沙織)  初恋のメロディー(小林麻美)  私の彼は左きき/アルプスの少女(麻丘めぐみ)  日曜日はストレンジャー/プリティー・プリティー(石野真子)  半分少女/まっ赤な女の子/魔女(小泉今日子)  センチメンタル・ジャーニー(松本伊代)  夏色のナンシー(早見優)  あなたを・もっと・知りたくて(薬師丸ひろ子)  泣いてないってば/拗ねてごめん(裕木奈江)  AMBITIOUS JAPAN!(TOKIO)

 

 

| | コメント (2)

2020年10月11日 (日)

松本穂香「ジェラートってなに?」展   #ジェラートってなに #松本穂香 #川島小鳥 #渋谷パルコ

_20201011_215518_copy_1024x672 渋谷PARCOの1F「COMONGSOON」(小ギャラリー)で、写真家の川島小鳥さんが松本穂香を撮った写真展『ジェラートってなに?』をやってます(~10/14)。

_20201011_230450_copy_768x1077 これは同名の写真集が11月9日に発売されるのを記念しての展覧会(とは言っても1分もあれば見られるぐらいのものなんですけど)。

 

_20201011_215614_copy_768x1125 会場には大小の写真が壁面に貼られておりますが、なにしろガラス張りの狭いスペースなので、外にいてガラス越しでもあらかたの作品が見られるという…。ま、入場無料だから、いいんですけど。

 

_20201011_215544_copy_768x1206 川島さんらしく、女の子のナチュラルな良さを引き出しております。松本さんのぽわーっとした個性がにじみ出ておりました。色もキレイ。

 

Dsc_4616_copy_1280x720 会場ではこの展覧会グッズも売っているのですが、売り切れ続出のようで、もうTシャツとステッカーぐらいしか現物は残っていませんでした。あとはオンラインショップ買えるとのことでした。ちょっと残念。

 

_20201011_215415_copy_1024x994 入口正面にあったメガネの穂香さんも、割と良かったですね。ま、『ひよっこ』の澄子以来、この人のメガネ姿は無敵ですから。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年9月26日 (土)

「映像研には手を出すな!」:独特の世界を広い層に向けて   #映像研には手を出すな #乃木坂映画 #英勉 #齋藤飛鳥

1_20200926234901 映画『映像研には手を出すな!』は、まあ乃木坂映画なんですけど、人気の原作マンガ~TV版アニメ~TVドラマを経ての映画版(しかもコロナ禍による公開延期を経ての)公開です。

マンガもアニメもドラマも見ていない大江戸にとっては初めて接する世界であり、しかも乃木坂46についてもほとんど知識がないもんで、語る言葉を持ちません。ヘタに語ると、いろいろ突っ込まれそうだし。でも、まあ面白く観ることができました。英勉監督が、広い層の観客が見やすいようにまとめてます。

正直なところ齋藤飛鳥以外の二人は知らなかったのですが、3人の持ち味の違いを生かしてましたね。齋藤はクセの強いコミュ障のオタク役を、「アイドルがここまでやっていいんですかい?」的な振り切れ肩で演じておりました。あとの二人は高校生には見えないんですけど、ゴリゴリのプロデューサー役の梅澤美波が大仕事を終えたところに、『七人の侍』風劇伴が流れるあたりには、ニヤリとさせていただきました。

ロボットをめぐる映像や、終盤の重要な要素である音響効果(『ようこそ映画音響の世界へ』みたいでした)も良かったです。

この作品、浜辺美波、福本莉子、赤楚衛二と、実写版『思い、思われ、ふり、ふられ』の主演4人のうち北村匠海を除く3人が(そんなに大きな役ではないけど)出てるんですよね(浜辺はこなり変わった役です)。エンドタイトルで見て、ひえ~となりました。たまたまなんでしょうけど、どうせなら北村も出てほしかったなあ。

| | コメント (2)

2020年9月 2日 (水)

のんのオンライン・ライブを見逃し視聴   #のん #のんお家で観るライブ #KAIWARECORD

15990552595640 緊急事態宣言以降毎月のように行っている「のん」の有料オンラインライブ。大江戸も第1弾、第2弾は見たのですが、7月の第3弾は公私の事情により生で見られず&3日間の見逃し配信期間を逃してしまいました。残念。 今回は『のん お家で観るライブ3.5-KAIWA(RE)CORD3周年記念』と題しての公演。8月29日にライブ配信されて、やや長めの1時間50分ほどでした。

で、大江戸は今回も生では見なかったのですが、見逃し配信期間が1週間と延びたので、余裕で(2日に分けて)鑑賞いたしました。

いつもの通り、のんとギタリストのひぐちけいによる演奏とおしゃべり。今回はKAIWA(RE)CORDの3年の歩みを振り返って、時系列で思い出を語りながら、折々の代表曲を披露するという趣向。『タイムマシンにお願い』から『この街は』までを、アコギとエレキを取り混ぜながら、ツインギターで聴かせてくれました。そして、今回はのんのおしゃべりもなめらか。彼女のミュージシャンとしての3年間と、バンドや周りの人々との思い出の数々に、すっかり饒舌になったようです。

まあ、なんかほっこりします。次回もやっぱり見ちゃうんでしょうね。

 

 

| | コメント (0)

2020年6月22日 (月)

「伊豆の踊子」(1974):ラストの嫌な感じ   #伊豆の踊子 #山口百恵 #三浦友和 #西川克己

Izu NHK-BSPで山口百恵/三浦友和主演の『伊豆の踊子』をやっていたので、1時間22分と短いこともあり、見てしまいました。その後12本を数えることになる百恵ー友和映画の第1弾。山口百恵は当時15歳でした。

うーん、初めて見ましたがまさに昭和ですね。アイドルが文芸映画やるのって、今はありませんもんね。今のアイドルは、ほぼマンガ(たまにラノベ)原作のキラキラ映画ですからねー。でも意外なほど面白かったです。大人の鑑賞に耐えるように作ってある、っていうか今の中高生がこんなの見たら飽きちゃいますけどね(それ以前に驚いちゃって口ポカーンでしょうけど)。そりゃいくら大衆娯楽映画として作っているとはいえ、原作は川端康成先生ですもんね。ある程度の深みはあるのです。

百恵さんはまだ子供っぽいし、(役柄もあって)垢抜けません。そして演技はまだまだ。 一方の友和さんは、スッキリクッキリした「美男子」。イケメンなんてもんじゃなくて、「美男子」です。すがすがしくて爽やかなことこの上ありません。

それにしても書生さんってのは、世の中でかように尊敬されていたのですね。それとは逆に踊子たち旅芸人の人々への差別といったら! 役者たちが「河原乞食」として貶められていたという歴史と遠くない時代だったのですね。

(以降ネタバレあり) ラストカットには驚きました。この時代だからタイトルロールなんてなくて、ストップモーションの絵に「終」だけなんですけど。その絵が、宴席で酔っぱらった刺青男が踊子(百恵)の首に刺青の腕をからめるというもの。まさにイノセントな少女に邪悪なものが襲いかかりつつあることを暗示するような映像なのです。その前に、紅涙を絞るような美しい別れの場面があっただけに、このラストの「嫌な感じ」には唖然。正月映画だったというのに、みんな冷水を浴びせかけられたような気持ちで劇場を後にしたのではないでしょうか。やりますね、西川克己監督。

 

 

| | コメント (0)

2020年6月19日 (金)

のんのオンライン有料ライブ・第2回  #のん #NONOUCHIDEMIRULIVE #のんオンラインライブ #のんともM 

15925783339450 のんさんとひぐちけいさんによる「NON OUCHI DE MIRU LIVE vol.02」の有料ライブ配信が、今日20時~約1時間18分行われました。オンライン・プラットフォームのzaikoで行われたもので、税込1,000円でした。しかも終了後も、22日の20時までは何度でもアーカイブ視聴ができるとのこと。

大江戸はもちろん2回連続の参加(?)です。(全回のはこちら ↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-d7ed94.html

 

前回のテーマはポテチでしたが、今回はカップラーメン。視聴者の投票で決められた衣装は、チャイナ服。のんはエレキ、けいさんはアコギを手に全6曲を熱唱しました。 曲は、『へーんなのっ』『My Day』『I Like you』『私は部屋充』『スケッチブック』。そして予想外のアンコールナンバーとして、新曲の『僕は君の太陽』。今日の中では、尾崎亜美が提供したスローナンバー『スケッチブック』がいちばん沁みました。

最後には大友良英さんとSachiko Mさんがリモートで登場し、これから(のんを加えた3人のユニット)「のんとも。M」が本格活動をすると宣言しておりました。 そして、次回のオンラインライブはこの二人が加わって、7月24日に開催されるそうです。楽しみです。でも、OSOTO DE MIRU 生ライブが早くできるようになりませんかねえ。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

「Wの悲劇」:最高峰!   #Wの悲劇 #薬師丸ひろ子 #三田佳子 #澤井信一郎

Wnh1 NHK-BSPで『Wの悲劇』(1984年)を見ました。角川映画の最高峰にして、大江戸的には「日本映画の最高峰」を『太陽を盗んだ男』『田園に死す』と争う作品でもあります。

何度となく見た名作ですが、久々の鑑賞。やはり惹き込まれます。荒井晴彦と澤井信一郎の脚本による、名セリフの数々。見事としか言いようのない澤井信一郎演出。そして薬師丸ひろ子史上最高の名演と、それを生んだ三田佳子の圧巻芝居。 今見ると、確かに時代を感じさせて、「ちょっと古い」感覚の場面もあったりはしますが、中盤以降はそんな事など気にかからず、この世界に飲み込まれてしまいます。

初めて観た時に「この作品のラストシーンが、薬師丸ひろ子の女優人生のピーク」だと感じましたが、確かにそうだったと改めて思います。カーテンコールのようにスカートの両端を持っての微妙な泣き笑い顔。素晴らしい。映画史上に残る見事なラストショットです。 その前の場面で、天井に貼り残されたポスターに飛びつこうとするあたりの体全体を使った演技は、それまで相米慎二に鍛えられた成果だと言えましょう。

Wnh2 そして、あの(演技を演技する)記者会見シーンの見事な表情とその変化。感動を禁じ得ません。唐田えりかもこれを参考にして記者会見をしていたら、世間からのバッシングがだいぶ違っていたのではと思っちゃいました。まあ、35年の間に世間が不寛容になり、芸能界が品行方正になり、メディアがコンプライアンスと保身でがんじがらめな時代になってしまいましたから…。今だと、あの記者会見でも許されずに炎上しちゃうんでしょうねえ。

ああ、そして日比谷スカラ座の(=東京宝塚劇場の)外階段! ビルの上層階にあった大劇場なので、終映後にはエレベーターとその脇の階段に加えて、ここも開けて客を出しておりました(満員の際は)。宝塚の出待ちプレイスでもありましたね。

まあ、今見ると多少の瑕疵やクサさが目についちゃったりしないこともないのですが、それでも時を超えた傑作に変わりはありません。

それにしても、原作を劇中劇に封じ込めるなどという「超禁じ手」がよくOKになったもんだと、今更ながら感心してしまいます。角川春樹と(原作者)夏木静子の間に、本作の三田と薬師丸のような「取り引き」があったのでしょうか。まさかね…。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧