2020年5月10日 (日)

「マーラー」:ケン・ラッセルらしさも多いけど…   #マーラー #映画マーラー #ケンラッセル   

15890330174320_20200509230901 ケン・ラッセルの1974年作品『マーラー』をDVD鑑賞(日本では遅れて1987年の公開。シネマスクエアとうきゅうで観ました)。作曲家グスタフ・マーラーの伝記映画ですが、そこはケン・ラッセルなんで、一筋縄ではいきません。独自の自由奔放な想像力を使って、彼流の映画に仕立てています。(ところで「マーラー」と書こうとしたら「麻辣」と変換されて、笑いました)。

なにしろ1911年に50歳で没したマーラーなのに、(ユダヤ人の彼が見る悪夢として)ナチスドイツまで出て来るのですから! ワーグナーの妻コジマがナチのヘルメットかぶって、衣装にはハーケンクロイツ。この夢シーンは、かなりぶっとんだ=ケン・ラッセルらしい演出をしまくっておりますが(翌年の『Tommy トミー』につながるイメージもあります)、そういうラッセル・シグネチャーが全編あちこちに出て来ます。一方で、前後の作品に較べて狂い方が足りない気もいたします。真面目で真っ当な描写も多いのです。でも、冒頭の「サナギ」の映像はカッコイイですよねー。

あとは、コミカルなシーンも挟み込まれていて、序盤の『ベニスに死す』(’71年)パロディーなんかも、「いいのか?」って感じですよね。自作『恋人たちの曲<悲愴>』(The Music Lovers/’70年)へのセルフ・オマージュもあったりして。

まあ、「おいたちと産みの苦しみに葛藤する芸術家」というよくあるパターンの話でありながら、独自の解釈で変な映画にしたラッセルですが、『恋人の曲<悲愴>』ほどには振り切れてないので、どうしても中途半端な位置づけになってしまいます。 マーラー役のロバート・パウエル(『Tommy トミー』のキャプテン・ウォーカー!)は神経質そうな感じの病的な二枚目で、ハマっておりました。

ラスト近くの電車の窓からサインをもらう少女は、監督の愛娘ヴィクトリア・ラッセルですよね。つまり『Tommy トミー』のサリー・シンプソン役の彼女です。見つけて、あっと思いましたよ。

 

 

| | コメント (0)

2020年5月 8日 (金)

CKBの「Spark Plug」(&おまけDVD)   #クレイジーケンバンド #CKB #SparkPlug

15889445349050 今さらですが、クレイジーケンバンドの2014年のアルバム『Spark Plug』(初回限定盤・DVD付)を中古で買いました。いや、これいいです。すごいです。本作と翌年の『もうすっかりあれなんだよね』は、CKBの頂点なんじゃないかって気が致します。とは言っても、小生がきちんと聴くようになったのは『もうすっかりあれなんだよね』ツアーのあたりからなので、まだ未聴のアルバムがあれこれあって、今後が楽しみではあるのですが。

楽曲がみんな洒落ていて粒揃い。フレンチあり、中華あり、アメリカンあり、和風あり(料理ではないけど)、R&Bあり、ボサノヴァあり、ソウルあり、速いのありスローなのあり、明るいのあり暗いのあり…と、CKBならではのバリエーション。しかも本作の中には「あまり好きじゃないなあ」って曲がないんです。しいてあげれば『ごめんね坊や』がアレなんですけど、短いから許せちゃいます。何度聴いても、「飛ばす曲」などない傑作です。

『ドライヴ!ドライヴ!ドライヴ!』の抒情と爽やかさ。『モータータウン・スイート』のメロウさ。『2CV』のドラマチック感。『世界、西原商会の世界!』の懐かしい軽快さ。『スパークだ!』の哀愁とノスタルジア。などなど、派手さはないけど名曲揃い。のっさんのギター・ナンバーも硬軟(緩急)2曲入りです。

白眉は(?)3度にわたって出て来る『あ、すいません』で、これメンバーがしりとりで遊んでるだけなんですけど、そのおかしいこと楽しいこと! 何度聞いても面白いんです。見事な「箸休め」になっております。

で、おまけのDVDは『海賊版!!! 箱根ヨコワケハンサムワールド・ダイジェスト』(約25分)。これまたゴキゲンです。今も開催され続けている(今年は新型コロナの影響で中止になったようですが)恒例イベントの様子を垣間見ることができました。いやー、うらやましい! 同じホテルに泊まりながらのCBKメンバーとファンとの交流。その距離の近さ! 最後の方にはこれも恒例「箱根ヨコワケハンサムワールドat淡路島」の様子も入っていて、旅館の宴会場で浴衣姿で演奏するCKBとファンの近さに(知ってはいたものの)改めて愕然。ああ、行ってみてーなー。

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

「のん」の有料オンライン・ライブ   #のん #のんおうちで見るライブ #NONOUCHIDEMIRULIVE #のん有料オンラインライブ

15886815552940 のんさんの有料オンライン・ライブが、faniconというアプリを通して開催されるということで980円を支払って申し込んであったのですが、本日18時からのストリームを視聴しました。題して『NON OUCHI DE MIRU LIVE』ってことで、のんvs.ひぐちけいこ(のんシガレッツのギタリスト)の対戦形式で行われました。対戦形式というのは、二人がそれぞれオススメをプレゼンして、オーディエンスのナマ投票で衣装や曲を決めるというもの。ちなみに勝負の方は、4勝2敗でけいこさんの勝利でした(プレゼン力の差と言う気もいたしますが)。

有料のオンラインライブって、大江戸は初体験でした。その前に申し込んだクレイジーケンバンドのやつは、開催までの間に状況が悪化したので11人も集まれないってことで延期になってしまいましたから。開始時間の10分前ぐらいにアプリから入場。開演前には『わたしは部屋充』のMVが流れておりました。そして遅延なくスタート。のんさんの髪型はアメリカ先住民的なツインテール。画面には視聴者のコメントもリアルタイムで並んでいきます。その後、投票により二人の衣装はウェスタン調になりました。着替えの間は、画面に「うすしお」(のん)と「コンソメ味」(ひぐち)のポテチが映し出されるというシュールな展開。

そこから先は、視聴者の投票で勝った方の曲を二人が、アコースティックギターとヴォーカルで披露。『やまないガール』『憧れて』など全5曲でしたが、いつものロックなアレンジとは違ってアコギ1~2本で聴くと、曲の表情も違って新鮮でした。残念だったのは、ときどき音声が途切れたり画像が固まったりしたこと。小生の場合、最後の『スーパーヒーローになりたい』では、後半ぜんぜん音が聴こえなくなってしまい、映像も固まって、動き出した時には演奏が終わっちゃいました。そこは無念でしたね。有料なのだから、もう少ししっかりしてもらいたいと思います。inしてたオーディエンスの数も画面で見る限り6百数十人だったので、回線がぶっ飛ぶほどの量ではないと思いますし。

まあそれでも、元気なのんさんを生配信で見られたのは、このご時世において数少ない「アガる」出来事ではありました。長丁場になりそうですから、こういうイベントはこれからどんどん増えていくのでしょうね。また、少しでもアーティストや関係者を支えるためにも、そうあってほしいものです。

40分の予定をオーバーして53分やってくれました。終了後には『涙の味、苦い味』のMVが流れました。次回は1時間以上やってくれてもいいですよん。

 

 

| | コメント (0)

2020年4月19日 (日)

今さらCKB「SPARK SHOW 2014」を見て   #クレイジーケンバンド #CKB #横山剣 #CKBライブ

_20200419_215442 1年以上前に中古で買ったクレイジーケンバンドのアルバム『もうすっかりあれなんだよね』初回限定盤に、特典でついていたDVD『CRAZY KEN BAND SPARK SHOW 2014』をようやく見ました(はい、いつも通りの「なかなか見ない病」です)。その名の通り、この一つ前のアルバム『Spark Plug』のツアー・ファイナル公演(2014年/神奈川県民ホール)を2時間15分程がっつり収録したものです(特典と言っちゃあいけないぐらいのもんですね)。写真は、ケースを覆う紙カバーの裏面です。

2回のアンコールを含めて30曲たっぷり。大江戸はこのツアーの次のツアー(「もうすっかりあれなんだよね」)から行くようになったので、直前ってわけですが、いやー、完成度高いっす。見事なライブです。 「いつもながら」なのですが、曲目や構成で変化をつける所もあり、更にカメラや編集も「わかっている」人がやっている感じで、上々の出来栄えです。

K-1組長のおじぎからの敬礼とか、リクエストコーナーとか、小野瀬雅生ショウとか、剣さんの円盤ぐるぐるとか、お約束はしっかりこなし、次のツアーでもやっていた「キム兄弟」ネタも出していました。剣さんのヴォーカルも、のっさんのギターも円熟の境地です。そして、やっぱり愛子ちゃんですよねー。(申し訳ないけど)アイシャとは役者が違うって感じ。彼女復活しないのかなあ?

最後は『あの鐘を鳴らすのはあなた』のカバーから、『スパークだ!』。いやー、やっぱりいいっすねー、ライブ。うずきます。ずーっとこもりっきりの毎日なので、早くライブ復活の日を迎えられるよう祈るばかりです。何としても10月30日の日本武道館が開催できますように!!!

 

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

忌野清志郎トリビュート ナニワ・サリバン・ショー2020   #忌野清志郎 #キヨシロー #ナニワサリバンショー #のん #仲井戸麗市 #中條卓

昨夜NHK-BSプレミアムで放映された『忌野清志郎トリビュート! ナニワ・サリバン・ショー2020』を見ました。この1月にエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育館をこう呼んでるんですね)で開催されたライブ。ナニワ・サリバン・ショーとは2001年に清志郎が始めたライブイベントで、タイトルは大阪でやるからってんで「エド・サリバン・ショー」をもじったというタダのだじゃれ。ここらのテキトーさが、いかにも清志郎&このメンバーって感じですね。このメンバーってのは、トータス松本、奥田民生、斉藤和義、YO-KING、寺岡呼人、浜崎貴司らで、まあその後の「カーリング・シトーンズ」につながっていくわけですね。あ、宮藤官九郎や間寛平や仲井戸麗市もいます。

で、今回は14年ぶり、そして清志郎がこの世を去ってから初めて行われるということで、メンバーにもリリー・フランキー、渡辺大知、のん らが加わっております。そしてみんながRCサクセションおよび忌野清志郎の曲を歌うトリビュート・ライブなのですが、RCや清志郎ファンの大江戸としては、よく知った曲が多く、体が弾むってもんです。

小生がお目当てののんは、まずトータス松本とのデュエットで『I LIKE YOU』。彼女のソロ・バージョンよりもアップテンポになっていました。 その後にソロで『プン・プン・プン(オコリンボ・リンボ)』。先日MTVで観た『NON KAIWA FES Vol.2』でも歌ってた曲ですね。 終盤には、アーティスト総出演の中で『ドカドカうるさいR&Rバンド』『雨上がりの夜空に』でもギターを弾きながら、ヴォーカルを数小節分担当しておりました。トータスさんはじめ、見事なヴォーカリスト揃いの中ではどうしても不安定な未熟さが目立ってしまいましたが、良い経験になったことでしょう。 昨年2月にクラブチッタ川崎でのんとチャボ(仲井戸麗市)がライブを行い、大江戸も参加しましたが、そのご縁でまた呼んでもらったのでしょうね。のんはキヨシローやRCが大好きですし。何よりも、サイコーに楽しそうにやっておりました。

チャボはMCで「(サックスの)梅津和時がいちばんのんちゃんに会いたがっていた」って事を言っておりました。いや、それにしてもドクトル梅津さん、相当なお年でしょうけれど(調べたら70歳でした!)、見事な肺活量で最高のサキソフォーンを聴かせてくれました。衰え知らずです。 そして、チャボやっぱり若いっす! 1950年生まれってことで、今年70歳になる!というのに、昔とほとんど変わりません。40代ぐらいにしか見えませんもん。スゴすぎます!  あと、インパクトが強烈だったのが、ベーシストの中條卓さん(シアター・ブルック)。GGトップみたいなすっごく長い白髪のヤギヒゲで、スタイリッシュなスーツ姿にメガネと帽子。終始こわばったような顔で、どんだけ年寄りかと思ったら、こちらは55歳でした。うーん、ミステリアスでカッコイイ人です。

キヨシローの大好きなオーティス・レディングの曲をトータス松本が歌ったり、ジェーームズ・ブラウンのマント・パフォーマンスもどきがあったりして、いやー、楽しいっす。 ステージの四方を取り巻いた客席とも一体化して盛り上がり、インタビューを含めて2時間に収めたバージョンではありましたが、大いに楽しめました。 そしてもし清志郎が今生きていたら、この新型コロナ禍の世の中にどういうメッセージを発したろうかとも思いました。 ああ、こういう楽しさをみんなでまた(ナマで)共有できる日が、一日も早く戻って来てくれますように!!

 

 

 

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

伊藤銀次の『MAGIC TIME』   #伊藤銀次 #MAGICTIME 

15858348457800 先日、新アルバム『RAINBOW CHASER』を紹介した伊藤銀次ですが、彼が2017年秋に出していた(ことを最近知りました)アルバム『MAGIC TIME』を買いました。

(『RAINBOW CHASER』の記事はこちら↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-197a6b.html

『RAINBOW CHASER』はミニアルバムぐらいの分量だったのですが、こちらは13曲入りとぎっしり。ほとんどは銀次自身の曲ですが、中に杉真理、売野雅勇、太田裕美らが詞を担当した曲もあったりします。で、相変わらずの銀次ワールドで、甘く軽快なポップ・チューン揃いです。ソロ・デビュー曲『BABY BLUE』を愛する者にとっては、『2017年のBABY BLUE』なんて曲は、こたえられませんね。わお!

しかしながら、1曲1曲の完成度、密度は『RAINBOW CHASER』の方がぐっと上。こっちは曲数が多いだけに、イマイチなのも混ざってますし。まあ、久々の「試運転」的なアルバムだったのかもですね。音の厚みということでは、ちょっと物足りないのです。

ジャケ写は、ジャクソン・ポロックのドリップ・ペインティング的な柄のGINJIギターなのでした。

| | コメント (0)

2020年3月30日 (月)

佐野元春スーパー・ベスト「THE LEGEND」   #佐野元春 #佐野元春LEGEND #佐野元春スーパーベスト

15855762261190 先日amazonで佐野元春の『スーパー・ベスト THE LEGEND - Early days of Motoharu Sano』っていう16曲入りのベスト盤を買いました。数年前に出たのかな?と思っていたのですが、実は2010年に発売されておりました。その間に佐野さんのオリジナル・アルバムは買っていたのですが、これは知りませんでした。しかも調べててびっくりしたのですが、もともとは2002年に出たアルバムの再発的な位置づけなんですね。ますますもって知りませんでした。

1980年のデビューシングル『アンジェリーナ』から89年の『約束の橋』まで、佐野が若く、輝いていた時代の16曲。ま、正直言ってここまでのがあれば、後の時代の曲はそうそう聴かなくてもいいって、(失礼ながら)多くのファンが思ってしまう、そんな圧倒的なベスト盤です。NYに旅立つ前までのベスト盤としては『NO DAMAGE』があるわけですが、ここにはそれ以降の4曲も収められています。

だいたいは時系列で収録されておりますが、ところどころ意図的に時代を変えております。『サムデイ』が結構後ろに出て来るとかね。あとはシングルを中心に収められていますが、『情けない終末』とか『ロックンロール・ナイト』とかの代表曲はやはり入っております。

『ワイルド・ハーツ』が入ってるのに、『トゥナイト』や『コンプリケーション・シェイクダウン』が入っていないとか、いくつかの違和感はありますが、まあこれはこれでいいんじゃないって感じです。いやー、それにしても色褪せませんねえ、永遠に。

このベスト盤から、さらに大江戸のベスト5を選ぶのなら、『ガラスのジェネレーション』、『シュガータイム』、『ハッピーマン』or『スターダスト・キッズ』、『グッドバイからはじめよう』、『約束の橋』ですね。

| | コメント (0)

2020年3月29日 (日)

のん のフェスvol.2をMTVで観た!   #のん #NON #のんおうちフェス #のんシガレッツ

15854881583790 数日前に新聞広告も出ていた「のん」の主催イベント『NON KAIWA FES vol.2』を、MTVが2時間番組としてオンエアしてくれました。2017年の暮れに行われたvol.1には参戦していた大江戸ですが、今回はもともといかない予定でした。だって、前回えらい長時間立ちっぱなしで疲労しちゃったし、フェスなのでメインののんシガレッツに至るまでが長いんだもん。

(vol.1の記事はこちら↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/post-736d.html

今回は「女の子の怒りはポジティブなパワーになる!」というサブタイトルをつけて、ガールズバンドが集合! そして、新型コロナ禍の中で無観客ライブの放送という形になりました。

リーガルリリー、チリヌルヲワカ、阿部真央に続いて、のんシガレッツが登場。のんさん、王冠みたいなかぶりものとひらひら衣装with恐竜のしっぽです。なんか往年の篠原ともえ的なステージ衣装。1曲目の『わたしは部屋充』から3曲はギターなし。それ以降はギターを弾きながらの歌唱でした。デビュー初期とは違って、自身あふれるステージング。歌もギターも、危なげないものです。ただ、たどたどしいMCは相変わらず。これでも、あまりつっかえないだけ上達したもんです。あれは無観客だからたどたどしかったわけじゃなくて、普段通りですからね。

後半にはチリヌルヲワカのユウさんにギター&ヴォーカルで加わってもらって、彼女がのんに提供した『やまないガール』『涙の味、苦い味』をプレイ。RCサクセション『プン・プン・プン』、キリンジ『エイリアンズ』といったカバー・ナンバーも含めて、ラストの『RUN!!!』まで充実の内容。

そして最後に出演バンド勢揃いで、サディスティックミカバンドの『タイムマシンにお願い』(これものんがカバーしてる曲です)。いやー、盛り上がりました。最後にみんなで手をつないで挨拶するあたりでは、感動して目頭が熱くなりましたもん。無観客でこういう形とはいえ、やって良かったライブですよ、これ。ある意味、伝説のライブです。 ただシガレッツのリードギターの人、ほんとうまくてソロとか見事なんですけど、この収録ではろくにギターの音が録れてなくて残念でした。

冒頭をはじめ、随所に挟まれる「のん」(及びゲスト・アーティスト)へのインタビューも貴重で、楽しい2時間番組でありました。

 

 

| | コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

「星屑の町」:のんが帰って来た!   #星屑の町 #のん #戸田恵子

Non02 昨日公開となった映画『星屑の町』は、のん初の実写映画出演。能年玲奈時代からだと、『海月姫』以来6年ぶりです。二十歳から26歳までの6年近くを実写映画/ドラマなしで過ごした彼女。(現在の日本での)女優としての一番いい時期を活動できずに過ごすことを余儀なくされてしまった彼女。本来なら、映画だって10本以上出てただろうし、その中には映画史に残るものや主演女優賞に輝くものもあったかも知れないのに。日本映画界にとっても、大きな損失でした。本当にあの「不当な圧力」と忖度には、のんさんならずとも怒りと憤りしかありません。もっとも彼女の場合は、その憤懣をエネルギーに変えて、音楽活動やあーちすと活動で幅を広げながら地歩を築いたわけですけどね。えらいぞ、のん。

003_20200307231501 本作でものんは、歌います。昭和歌謡を5曲歌ってます。初めて歌う場面である『新宿の女』では、ギター弾きながら歌ってます。そして、その歌に、パフォーマンスに説得力があるというか、「才能の原石」みたいなものを感じさせてくれるんです。さすがは、ミュージシャンとしての実績を積んだだけのことはあります。そして、あの小動物のような表情と目の輝きは健在でした。

それにしても、この女優復帰作が『あまちゃん』以来縁の深い岩手県久慈市が舞台であり撮影地であり、また岩手なまりでしゃべってるなんて、・・・巡り合わせってやつでしょうか。今回の芝居は、特にスゴイものではありませんでしたが、まあ「慣らし運転」ってやつですよ。早く次回作が決まらないかなあ。

 

Non03 物語自体は(長年舞台で人気を博してきたそうですが)、これまた昭和的なオーソドックス感のあるもの。それを杉山泰一監督が昭和的なオーソドックス演出で、のんびりと撮り上げています。往年のプログラム・ピクチャー的と申しましょうか。まあ、『の・ようなもの のようなもの』の監督が手掛けると聞いた時点で、これぐらいの感じなのかなというのは予想できていました。脚本も雑なんですけど、・・・まあ、スクリーンでのんさんに再会できたことで良しとしましょう。 あと、戸田恵子さんがいい味出してるし、歌はうまいし、助演女優賞候補にしたいぐらいでした。

この作品、公開記念舞台挨拶も新型コロナ騒動で吹っ飛んじゃったんですよねー(ま、抽選に外れちゃってましたけど)。のんさんは、主催するフェスも中止になっちゃったし、ついてません。でもこの人の場合、きっと後から「塞翁が馬」になるんだと思います。

 

 

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

伊藤銀次の新アルバム「RAINBOW CHASER」   #伊藤銀次 #RAINBOWCHASER 

_20200212_222052_convert_20200212222411 昨年の12月に出た伊藤銀次のニューアルバム『RAINBOW CHASER』を1月に入手して、けっこうヘビロテで聴いております。いやあ、何を隠そうけっこう好きなんですよ、銀次。で、調べたらなんと今69歳! 帯には「デビュー47周年」と書いてあって、…ぶっとびますね。

だけど、あのバブルガム・ポップというか、スイートなシティ・キッズのための優しい歌は健在。あの(メインヴォーカル向きとは思えぬ)弱っちい声もほとんど変わらず(多少は変わりましたけどね)。

全5曲+ボーナストラック2曲と、ミニアルバム程度の分量。最近はCKBの20曲ぐらい入ってるアルバムに慣れてるもんで、やけに新鮮です。歌詞も相変わらず、照れることなくラブソングど真ん中。そして(以前にも増して)見事にキャッチーなポップナンバー。すごいなあ。

ボーナストラックは、ライブ・バージョンの『こぬか雨』(名曲!)と『DOWN TOWN』(杉真理、EPO、高野寛、佐野元春がゲスト)。この2曲がまた素晴らしい出来。 

色々できる人なんだけど、「伊藤銀次」名義の活動はブレずにコレなんですよね。すごいなあ。昔のCDはウォークマンで時々聴いてたけど、すっごい久々の新譜に、満足しました。やっぱいいわ、銀次。小さい会場でのライブとかは時々やってるようなので、久々に行きたくなりました。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧