2018年5月16日 (水)

のん のアルバム『スーパーヒーローズ』

Dsc_2649
5月9日にリリースされたばかりの「のん」のファースト・アルバム『スーパーヒーローズ』。小生は48分のDVD『のんと音楽』がついているバージョンを買いました。

全12曲。5月8日の渋谷クアトロでのライブでも披露していたあの曲、この曲が入ってます。既にシングルとして出ている『スーパーヒーローになりたい』や『RUN!!!』も入ってます。 また12曲中5曲がのんの作詞作曲です! のんって、もともとのおっとりほんわかしたイメージとは逆に、パンクなんです。作る曲も基本タイトなパンクロックです。

シングルカットされたのは矢野顕子作詞作曲の『わたしはベイビー』。これはスローなナンバーで、あっこちゃん節ですが、実に名曲です。 (公式MVはこちら↓)

https://www.youtube.com/watch?v=NQTrVh9T8cA

矢野さんをはじめ、高橋幸宏、尾崎亜美、高野寛、大友良英、真島昌利といった面々が、楽曲を提供しています。以前には、仲井戸<CHABO>麗市、鈴木慶一あたりも協力してくれてましたもんね。すごいぞ、のんちゃん!人望だ。

ヴォーカルもしっかりと個性を出していて、いいんですよねー。『あまちゃん』で歌った時には(CDも買ったけど)えらくヘタで、「音痴?」と思ったものでしたが、いやー、こうなるとは思いませんでした。ロック絶唱の時もいいんだけど、スローなナンバーの時も声の純粋さが生きて、いいんですよねー。

DVDを見ると、大御所ミュージシャンの方々が声を揃えて、「(彼女の)ギターがいい!」と称賛しているのです。カッティングやリズムが良くてカッコイイとおっしゃってます。素晴らしいぞ、のん! このDVDがまた素敵でして、レコーディングやライブ、そして本人や周りの人々のインタビューを通して、のんの音楽および「あーちすと」活動に迫るものです。音楽家としての「のん」は、本物です。まずは9.30の日比谷野音で、伝説を作ってくれることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

のんシガレッツのファースト・ライブ♪!

_20180508_184345
渋谷クアトロで、「のんシガレッツ ファースト・ライブ」! 仕事帰りに、カジュアルに着替えて参戦です。

ファースト・ライブと言っても、正しくは「ファースト・ワンマンライブ」。他のフェスへの参加や、昨年末の(大江戸も観た)「のんフェス」とかはありましたからね。 その記事はこちら↓

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/post-736d.html

10分押しでスタート。そこからアンコールを含め93分を駆け抜けたバリバリのロック・ライブでした。SOLD OUTの会場は、スタンディングの牛ぎゅう詰め。でも小生は比較的前の方で、6m位先にのんがいる状態でした。とはいえ、前の人の頭が邪魔になって見えたりみえなかったりというのは(前の人より小生の方が背が高いのですが)この手のライブの常。手拍子すら満足にできず、なんか揺れている状態でした。それにしても、のんのライブって、結構シニア男性率高いですねえ。

基本パンキッシュなタイトでソリッドなサウンド。のんのギター&ヴォーカルも、年末に観た時よりも堂に入っておりました。シガレッツのメンバーも、更に上達していたようで、演奏に関しては相当に立派なものでした。っていうか、のんのロッカーとしての腰の据え方が見事にビンビンと感じられ、タレント芸などではにことを十分に証明しておりました。

バンドのギタリストがなぜか欠席ということで、KIRINJIの女性ギタリスト弓木英梨乃さんがリードを取っておりました。そして、ゲストは高野寛さんと大友良英さん。のんのファーストシングルとセカンドシングル曲の作者です。2曲ずつとMCで楽しませてくれました。のんは基本脱力系MCで、ヘタ(スリリングとも言う)なんですけど、この人たちに助けられましたね。そして(当たり前だけど)二人ともギターがめっちゃうまい!

_20180508_222754
ほぼロックで押し切り、バラードは3曲ぐらい。アンコールは用意してなかったってことで、会場リクエストにより、『へーんなのっ』を再度演奏。アンコールに入る前には、この夏全国5大都市ツアーが行われ、ファイナルは日比谷野音!との発表もありました。野音といえば、小生にはRCサクセションなどが思い出されるのですが、キヨシロー好き、RC好きののんさんにふさわしい舞台ですね。

_20180508_224131

あと、まもなくパルコのプロモーションのポスターにのんさんが使われることがわかりましたし、そもそも今日のライブはのんの展覧会の最終日に合わせてますし、明日はファースト・アルバムの発売日ですし、・・・いやー、ノッてますねえ。

帰りにはこんなステッカーを配っておりました。いやー、これからもみんなでのんさんを応援しようではありませんか。「大人の事情」になんか負けるな!(それこそがロックだ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月12日 (月)

YKの新たな挑戦:SUPERBEST

_20180312_001035

あのwearerのYK氏が、(wearerは意識的に活動休止中なのですが)なんとエレクトロの活動を始めたというので、びっくらこいてライブに行って来ました。基本的にはトムソー13世くんというお方と二人でSUPERBESTというチームを組んだそうなのですが、昨日のライブにはドラムス、べース、ギター、VJ(ヴィジュアル・ジョッキー)を参加させたバンドとして登場しました。

_20180312_001056_3

あ、会場は渋谷駅南口のというか、並木橋そばのCircusというライブハウス。 あのロック魂にあふれたYKがエレクトロって、いったいどうなっちゃうのかと思いましたが、結局YKはYKでした。東京で、この街で、ブルーで、君が好きで・・・、歌詞はあくまでもセンチメンタルで、歌ってもやはりYKらしいヴォーカルですし、そもそもエレクトロなのにあんなにヘドバンする奴ぁいないよって感じで(笑)。アクションがあくまでもYKでした。

_20180312_001115
トムソーさんとのコンビ感は、あたかも(YKが大好きだという)チャゲアスのようでありました。また、女性ベーシストがかなりメロディアスな分、ギターはリズム・ツール寄りとなっておりました。ドラマーはwearerにいた彼じゃないかなあ。

_20180312_001135
まあ、全体的に「おちゃめ」だと感じました。YKが新しいおもちゃを手に入れて、わーい!って楽しんでる感じ。それでも出ちゃうんですよねー、不変の「YK節」が。

『東京の夜が廻りだす。』のエレクトロ・バージョンも演奏されて、びっくりしました。なるほど、これはこれでアリでした(まあでもやっぱりオリジナルが偉大なのは、言うまでもありませんが)。

_20180312_001154

帰りに2曲入りのCDをもらいました(『You and Me Song』と『あなたがすき』)。なるほど、これを聴くと、YKがやりたかったことが(ライブで聴くよりも)わかります。世界がひとつ広がった感じ。 でもやっぱりwearerのドライブ感や、ギターサウンドや、めいっぱいの感じ、泣ける感じが忘れられない小生なのであります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

CKBライブ@厚木市文化会館

_20180212_165313

厚木市文化会館で、クレイジーケンバンドのライブ『クレイジーケンバンド20th ATTACK!CKB[攻]』を見ました。この会場に行くの初めて。ほぼ中野サンプラザぐらいの大きさです。寒いのでアツギして行きました(だじゃれ)。昨年の横浜赤レンガ倉庫以来続いたコンサート・ツアーの追加公演数本のうちの1本という扱いです。

午後5時ジャストのスタート。CKBってほんとパンクチュアルです。そこからアンコール2回の2時間44分でした。このツアーの常で、1曲目は『スージー・ウォンの世界』。そこから馴染みの曲があれこれと続きます。でも中には横浜赤レンガにも中野サンプラザにも使われなかった曲が数曲あり、2018版の修正を施したライブとなっておりました。

今日は2階席だったのですが、やけにシンヤマンのベースの音量が大きく、一方でのっさんのギターが抑え気味だったように聴こえました。

いつもながらのクケバでしたが、2度目のアンコールでのっさんのギターにびっくり! 今日は最近多いエメラルドグリーンで登場し、途中からライトブラウンに代わっていたのですが、3つ目のギターがどうも白っぽいと思って双眼鏡で見たら・・・! 横浜DNAベイスターズ・モデルでした!! 白地に青のストライプで、星印なんかが入っていて。ベイスターズ大ファンののっさん、ついにここまで来ましたかあ!

てなわけで、ラストの『ジェームズ・ブラウン・メドレー』まで、安定のクォリティでした。それにしても『Loco Loco Sunset Cruise』だけは、小生が行ったライブでは必ず演奏してますねえ。『タイガー&ドラゴン』をやらなくても、『GT』をやらなくても、こいつだけはなぜかやってます。

剣さんのMCで「8月には久々のニュー・オリジナル・アルバムが出る」って言ってました。そして、9月24日には横浜アリーナでのライブ! どっちも楽しみな2018年なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

のんの新曲「RUN!!!」

Dsc_2250_convert_20180101214117

1月1日発売の「のん」のセカンド・シングル『RUN!!!』(c/w『ストレート街道』)です。実は昨日amazonから届きました。

『RUN!!!』はあの『あまちゃん』の音楽を担当した大友良英さんの作曲。疾走感あふれるキャッチーなロック・ナンバーです。 そして『ストレート街道』はのん自身の作詞作曲です。こちらもストレートなロック・ナンバー。間奏のギターがえらくカッコイイのです(年末に観たライブでも、のんシガレッツのリードギタリストはかなりの腕でしたからねえ)。

『RUN!!!』というタイトルにちなんで、ジャケット写真は陸上競技場を走るアスリートのん。たすきには「カイワレ大学」とあります(カイワレコード・レーベルですからね)。シューズはニューバランスなので、「N」の字が入ってます(「のん」の「N」)。 運動音痴な印象のあるのんが選手やってるというミスマッチが面白いです(それ言ったら、そもそも音痴な印象のあるのんが歌&ギターを上手にこなしていることの方がオドロキですけれど)。ブルーのアンツーカー・トラックを持つこの競技場は、女子美術大学のようです。

で、このCDにはおまけでDVDもついておりまして、1曲目は『スーパーヒーローになりたい』のMV。そして2曲目は女子美術大学で演奏した同曲のライブ・バージョンの映像(あ、そういうご縁で女子美の競技場使ってるんだ)。ギター弾くのんは、やっぱりカッコいいっす。いやー、正月からいいもん見せてもらいました。

*なんとMVがオフィシャルにYouTubeで公開されてました↓

https://www.youtube.com/watch?v=D3leIvi72ao

ワンカット長回しです!(実は男性のスーツで真っ黒になる所でカットを割っているものと思われますが。) そして、あの赤いアイドル衣装は、あの作品の・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月29日 (金)

のん、KAIWAフェス@恵比寿

28日夜、恵比寿ガーデンプレイスのThe Garden Hallで催された『のん、KAIWAフェスVol.1 ~音楽があれば会話が出来る!~』に参戦しました(先日の調布のシネコンでの朗読劇はチケットが外れましたけど、こっちは当選したんです)。のんをメインに、銀杏BOYZ、サンボマスター+ゲストの堀込奉行さん(元キリンジ)の出演。

Dsc_2237

もともとは「こんなの2時間ぐらいだろう」と思っていたのですが、まさかの3時間半! 疲れたー!!(ワンドリンクのエビスビールを飲んだだけだったしーー。)

珍しくもオンタイムで7時きっかりにはじまったライブなのですが、だいたいの配分でいくと、堀込30分、銀杏BOYZ1時間強、サンボマスター1時間弱、のんシガレッツ(のんちゃんの女子バンドです)50分程ってところでした。しかも大箱のライブハウス扱いなので、スタンディング・オンリーの立ちっぱなし(開演前からだと4時間近く立ちっぱなし)。途中から結構腰に来てました。おまけに空調が寒くて大変でした。開演前に係員のアナウンスで「場内は暑くなるので・・・」と言っていたから服類はみんなロッカーに預けたのに。しくしく。動き続けていても寒かったんだから。

オープニング及び各アーティストの幕間(楽器セッティングタイム)には、ステージ横のDJブース(ラジオ局のスタジオを模したもの)で、のんと出場アーティストがおしゃべり。このトークが、いやー、弾まない弾まない。のんさんのMCが、基本的にいつものゆるゆるの調子なので、あまりのグダグダぶりにあきれるやら、ハラハラするやらで大変でした。ご本人も言ってましたけど、「しゃべるの苦手」ってことで(→それで芸能界って、アリですか? それでKAIWAフェスって、アリですか?)、とにかくなかなか言葉が出て来ないのと独特の間があるんで、聞いてる方が疲れてしまいます。何か外国人が慣れない日本語で懸命にしゃべってるみたいで…。

堀込さんは、『デイドリーム・ビリーバー』と、のんのCMで使われた『エイリアンズ』をのんと生ギターでデュエットしました。あ、こんな調子のフェスね・・・と思ったら、大間違い。銀杏もサンボも、自分の世界でみっちり1時間前後の演奏を行い、ファンは跳ねて、「ああ、れっきとしたフェスなんだなあ」って感じでした。

で、トリに登場したのんシガレッツは、『スーパーヒーロー』になりたいのシングル盤に収録されている4曲と、新しい自作曲、そして1月1日発売のニューシングル『Run!!!』とそのカップル曲を披露しました。のんの衣装はスーパーヒーローってことで、マーベルか何かのスーパーヒーロー的な全身タイツ+マントのやつ。3人のバンドメンバーも、それに合わせた衣装。 ステージから12~3mぐらいの距離で、演奏し歌う生のんを見ましたが(上半身しか見えませんでしたけど)、いやー、良いです。ロックしてますし、伸びやかなボーカルも堂々と素晴らしく、ギターも見事に弾きこなしてカッコ良かったです。ただ、曲の間のMCが例のごとくゆるゆるぐだぐだで、ロックに上がった気分が一挙に融解するという、まさにのんワールド。

そしてアンコールではのんの『タイムマシンにお願い』に、堀込、銀杏、サンボも参加して合唱(全員お揃いの、このフェスなのTシャツに着替えて)。みっちり210分の濃い時間が終了しました。

いやー、疲れたー! 寒かったー! しんどかったー! 腹へったー! のど渇いたー!  のんさんヘンだったー! でも素敵だったー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

のんの1stシングルCD

Dsc_2162_2
先日発売された「のん」のオリジナル・ファースト・シングル『スーパーヒーローになりたい』(4曲入りCD+DVD)を盛んに聴いております。DVDはタイトル曲のMVなのかと思ったら、主にレコーディング風景(9分ちょっと)なのでした。

1週間限定のYouTube動画でもMV(の一部)が披露されていたのですが、いいですねえ、ロック歌手ののんさん。白いTシャツ+デニム+ワークブーツで、ギター弾きながら歌ってます。ナチュラルな声もステキです。

『スーパーヒーローになりたい』は高野寛作詞・作曲によるミディアムテンポのロックナンバー。キャッチーで、なかなかいいですよ。

2曲目『へーんなのっ』は、のんの作詞・作曲。歌詞にある「大人のルールってなんだよ変だ」「もう気にしないで言ってやる どこもかしこもへーんなのっ」ってあたりに、一連の問題に対するのんさんの心の叫びが聞こえます(もういいかげんに圧力かけるのやめてはどうですか、レプロさん)。ポップでキュートな曲ですけど、ロックの魂が感じられます。

3曲目『I LIKE YOU』は忌野清志郎作詞・作曲によるRCサクセションのカバー。こういうスローなやつもできるっていうことですね。キヨシローとデュエットしてる幻聴が聞こえた気がします。

そして『タイムマシンにおねがい』は、言わずと知れたサディスティック・ミカ・バンドの名曲。のんの伸びやかなロック・ヴォーカルがとても合っています。いいですよ。

総じて、ロック・ヴォーカリストとしてののんは想像以上でした。CD『あまちゃん 歌のアルバム』を持っている大江戸としては、「あんなに音痴(失礼)だったのに!」とびっくりぽん、いや、じぇじぇじぇです。 DVD見ると、ギター演奏も板についてますもんね。いいぞ、のん! この調子だ。やっちまえ!!

調布のシネコンで行われる朗読劇『ラブ・レターズ』のチケットは取れなかったけど、年末ののんライブ@恵比寿にはぜひ行きたいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

CKBツアー・ファイナル@中野サンプラザ

_20171125_222301
クレイジーケンバンドのライブ『20th ATTACK! CKB 攻』のツアー・ファイナルを、中野サンプラザで観ました。ツアー・スタートの9/2横浜赤レンガ倉庫特設ステージを観ているので、最初と最後を押さえたって感じです(ま、もう来年の追加公演が決まっていたりしますけど)。今日は1階席の中ほど、PAのすぐそばの席でした。

_20171125_222238
ロビーにいた剣さん人形は、赤レンガ倉庫前で見たのと同じ。でも、心なしか痩せてるようにみえたんですけど・・・。

さて、ライブは遅刻者対応用の10分押しスタートで、正味2時間53分ほど。アンコール2回+最後に出て来て、全員で手をつないでご挨拶。立ちっぱなしでしたが、疲れることなど無く楽しゅうございました。オープニングは赤レンガの時と同様『スージー・ウォンの世界』でしたが、後は選曲も進行もだいぶ変えておりました。

スペシャル・ゲストで登場したのは、岡村靖幸! ブラックスーツ姿で、ダンスがもうキレッキレでした。 懐かしの昭和歌謡コーナーでは剣さんが寺尾聡の『ルビーの指輪』を熱唱。愛子ちゃんによるユーミンの『中央フリーウェイ』もありました。 あ、それと『あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ』の時は、西田先生とやるときゃダンサーズもゲストとして踊ってくれましたよ。

_20171125_222324
ごひいき「のっさん」は相変わらず惚れ惚れするようなギターを聴かせてくれました。「小野瀬雅生ショウ」では『Boxfish Paradise』と『俺たち海坊主』を披露。それもいいけど、各曲のソロ・パートで聴かせるギターの素晴らしさと言ったらもう!いやー、大好きです、のっさん。『けむり』(実にカッコイイ曲!)や『Loco Loco sunset Cruise』(大好き)や『愛の世界』のギター・ソロなんて、ほとんど神がかりの凄さです。『秋になっちゃった』のソロでは、マジで鳥肌が立ちましたよ。 あ、そうそう物販コーナーで売っていたのっさんのニューアルバム『Press For Green Man』、しっかり買いました(楽しみ♪)。

剣さんがMCで、来年9月24日の20周年(またかよ!)横浜アリーナ・ライブの告知をしておりました。これまた楽しみですね。行かねば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

「オトトキ」:「普通」と矛盾

361548_004
映画『オトトキ』は、ザ・イエロー・モンキーの復活を追った2016年から1年ちょっとのドキュメンタリー。50代に入ったイエモンを撮るのが、彼らより10年ほど年下の注目株・松永大司監督だけに、只ならぬ化学変化が起きるかもとも思ったのですが・・・。

意外と「普通の」音楽ドキュメンタリーでした。ツアーに密着して、オンステージとバックステージを撮り、ファンの人たちにインタビューして、バンドの足跡を追い、メンバーや関係者にもインタビューするという、ごく真っ当な作り。

361548_003

まあ、普通じゃないのはこの映画のために、無観客の渋谷のライブハウス(ラ・ママ)で行った演奏ぐらい。無観客なのに吉井和哉のMCまで入れて、そこらへんがとてもやりにくそうな感じで、観客に囲まれたライブの熱狂とは違う「冷えびえ感」が出ていて、うーん、何のためにこれやったの、松永監督?って感じでした(いくら彼らのバンド活動の原点と言える場所とはいえ)。

あとは、ツアー中に菊地兄弟の父親が亡くなったとかで、そのあたりのインタビューもやや長過ぎでしたねえ。映画のリズムが停滞してしまいました。

361548_002

(以降ネタバレあり) 映画のクライマックスになったのが、ニュー・イヤー・ライブで吉井の声が突然出なくなってしまったアクシデント。あまりのデスパレートな状況下におけるスタッフたちの「うわー、どうしようどうしよう」感があまりにもスリリングで、手に汗握る場面となっておりました。しかしここも最後が妙にうやむやで・・・。で、どうなったんですかい?って感じ。

361548_001

再結成ステージの1曲目を、メンバーの演奏は(シルエット程度にしか)写さず、ほとんどファンたちのリアクション描写で埋め尽くしたように、松永監督には、「普通の」音楽ドキュメンタリーを作る気持ちは無かったのでしょう(『オトトキ』ってタイトル自体、かなり妙です)。でも冒頭に記したように、音楽ドキュメンタリー映画としての構造は非常にオーソドックスです。その一方で、ファンにしてみれば「もっとライブをしっかり(普通に)見せてほしい」と思ったのではないでしょうか。映像作家の創意とアーティストのベクトルが合わなかったというか、いろんな矛盾を抱え込んだ作品になっておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年9月28日 (木)

初めてのワンカラ

_20170928_103324先日、初めて「ひとりカラオケ」ってのに行ってまいりました。新宿の大ガード横の交差点の先にある、あのビルの中に入ってる「ワンカラ」さんです。

_20170928_220723
事前に調べてから行ったのですが、確かに料金的には普通のカラオケよりも割高ですね。でも、1曲あたりのコストは断然安いと思います。だって・・・1時間半で(5分ほど余しましたが)21曲も歌ってしまった(2-3曲、途中でやめちゃったのもありますが)んですから。

Dsc_1837_2

そもそも何で行ったかというと、9月2日の横浜赤レンガ倉庫での20周年ライブ以来、ウォークマンでCKBばかり聴きまくっていて、そのうちに歌いたくてしょうがなくなったていう次第。さあ、心行くまで剣さんをと、気合十分です。

Dsc_1836

受付を済ませた後は、フリードリンクを手にブースへ。カラオケシステムも6種類から選べるというのですが、違いがよく分からない小生としては、「一番曲数が多い」って理由で、ジョイサウンドを選択。あとはもう、ヘッドフォンをつけて、タッチパネルで選曲して、歌いまくるのみ!

Dsc_1843普通の手持ちマイクのほかに、写真のようなコンデンサ・マイクもあります。プロっぽいし、両手が楽でいいですね。結局椅子に座ったまま、ほとんどコレで歌っておりました。

いや、次から次へと歌えるんで、30分ほどたったあたりで、「(1時間半じゃなくて)1時間でよかったなあ」なんて思ったりして・・・。CKBオンリーのつもりでしたが、佐野元春、ミスチル、裕木奈江まで歌っちゃいました。CKB、結構難しいですね。つまり、剣さんが圧倒的な歌唱力と声域の広さで、こぶしやビブラートを効かせながら持たせてる曲が多いので、なかなか素人にはしんどいのです。でも『La Americana』、『流星ドライヴ』、『せぷてんばぁ』、『あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ。』あたりは、非常に気持ちよく歌えました。『肉体関係Part2』(これはCKBじゃなくて、ライムスターの曲として分類されてました)のラップ部分も、意外とイケましたよ。

満足でありました。またそのうち行っちゃいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧