2022年1月13日 (木)

「サマー・オブ・ソウル (あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)」:裏ウッドストック    #サマーオブソウル #裏ウッドストック #ブラックウッドストック

1_20220113230801 映画『サマー・オブ・ソウル (あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』は、1969年夏の「裏ウッドストック」とも呼べるハーレムでの音楽フェスティバルの記録映画。ほぼ半世紀の間地下室に眠っていたフィルムを発見、編集して世に出した作品です。

2-3日前のネットニュースで、この作品がニューヨークタイムズの2021年映画ベストテンの第1位というのを知って、「だったら、これを観ずに大江戸の2021年テンも選ぶわけにはいかないでしょ」ってわけで、上映館を調べました。そしたら今は全国で2館しか上映しておらず、うち1館である下高井戸シネマに行って観て来たってわけでさあ。

確かに今日的視点からも興味深く、意義のある作品だと思います。でも、フェスティバルの記録映画としてはどうしても『ウッドストック』と比較してしまい、そうすると映像の質にしてもキャメラポジションにしても編集にしても物足りないのです。特に編集においては、『ウッドストック』はマーティン・スコセッシが編集者の一人ですからねえ。

画角が限られていて、言うほど多くの観客がいるように見えません。そんなに広い場所に見えないし。まあ、6月~8月に6回開かれたライブの合計で「30万人が参加」ってことなのでしょうね。それなら1日あたり5万人。1日の間に観客の出入りが結構あったのでしょうから、延べ人数としてそれぐらいになるのでありましょう。 防犯面とかいろいろ事情があるのでしょうが、ウッドストックと違って夜は一切やっていないあたりも、何となく物足りないところです。

でも豪華な出演者たちと有名な曲の数々で、十分に楽しめます。歌い手と結びつかなくても、曲は知ってる!ってケースもいくつかありましたし。スライ&ザ・ファミリー・ストーンは、この後にウッドストックにも出てるんですよね。で、ウッドストックのステージの方が(映画で観る限り)素晴らしいのです、これが(こっちも悪くないんですが)。

半世紀後だから、当時の出演者や観客や関係者がまだ存命中で、そういう人たちの証言が多く含まれているのが本作の価値でありますね。

| | コメント (0)

2021年12月13日 (月)

「ジョン・コルトレーン チェイシング・トレーン」:人となりが見えて来ない    #ジョンコルトレーン #チェイシングトレーン #映画ジョンコルトレーン

1_20211213224601 映画『ジョン・コルトレーン チェイシング・トレーン』は、大江戸が一番好きなジャズのプレイヤーであるジョン・コルトレーンのライフ・ドキュメンタリー。それにしても、今年の11-12月はやけにドキュメンタリーの公開が多いですね。

極めてオーソドックスな作りです。残された多くの映像(演奏場面を含む)や写真などと、多くの有名人によるインタビューで、対象となる人物を描いていくスタイル。珍しいのは、ジョン・コルトレーンが語っているようなナレーションをつけて、その声をデンゼル・ワシントンが担当しているってこと。

インタビュイーの面々が豪華です。ビル・クリントン(!)、カルロス・サンタナ、ドアーズのドラマーさん、ソニー・ロリンズ、マッコイ・タイナーなど。ただ、みんなコルトレーンのことをスゴイ!素晴らしい!と声を揃えて褒めてますけど、あまり面白い証言、驚くべき証言はありませんでしたね。

それは映画全体に関しても言えることで、過不足なくきちんと作られていますが、小生が知っているコルトレーン像を超えるとか裏切るとかするものは、何も出て来ませんでした。いわゆる普通の、教科書的なドキュメンタリーなのです。これなら映画にしなくても、NHK-BSあたりでやってくれればいいやって感じでした。一通り描いてますが、コルトレーンって人に迫っていかないのです。その人間の実態が見えて来ないのです。

終盤に日本人が二人登場して来て、びっくり。彼の最後のツアーである日本公演、特に被爆地・長崎での公演を世話した人と、コルトレーンの大マニアで収集物を収蔵するビルを持っている人。でも、やっぱり「だから何なんだ?」って感じでした。残念なことです。

 

| | コメント (0)

2021年12月 7日 (火)

のっさんカレー    #のっさんカレー #小野瀬雅生 #のっさん #クレイジーケンバンド #ウマウマウー #ウマウマ王

Dsc_05713_copy_657x913 小生が敬愛するクレイジーケンバンドのギタリスト=小野瀬雅生さんが監修したレトルトカレーが12月1日に発売され(ネット通販のみ)、早速買ってみました。その名も『のっさんカレー』。

どうです、この堂々たる似顔絵パッケージ! まあ似顔絵は、小野瀬雅生ショウの2016年のアルバム『カモンレッツゴー』のジャケットの使い回しなんですけどね。よく見ると、のっさんが「ウマウマウー!」と言ってます。

このカレーは釧路市の食肉工房よしやす×らーめん虎×小野瀬雅生のコラボってことで、下の方には「Yoshiyasu Curry」という表記も。コンセプトとしては、出来るだけ広い層の人に食べてもらえるように「からさひかえめ」なのだそうです。

Dsc_05712_copy_1024x657 で、5分間湯煎して実食。豚バラ肉を使用しております。マッシュルームも入っております。色は「そば屋のカレー」のように黄色っぽい感じですね。

お味はですね、・・・うーん、普通です。普通に「ウマウマウー!」です。確かに全然辛くはないので、大江戸的には物足りなかったですねえ。辛みパウダー的なものを足した方が良さそうです。もしも第2弾があるのなら、今度はガツンと辛口のストロングタイプを希望いたします。

それにしても、のっさんはすっかり「焼きそばの人」になってしまったかと思えば、カレーを出したり、B級グルメ方面の人として有名になってしまいましたねー。でも、そうは言っても一番ウマウマ王なのはやはりギターなのであります。

| | コメント (0)

2021年11月27日 (土)

「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」:ショービズの頂点    #嵐 #堤幸彦 #嵐東京ドームライブ映画

1_20211127223101 映画『ARASHI Annivesary Tour 5×20 FILM “Record of Memories” 』は、コロナ前の2019年12月23日に東京ドームで行われた嵐のライブを記録した2時間28分。それにしても長いタイトルですね(全部横文字だし)。数週前からドルビーシネマのみで先行上映していたのですが、昨日から一般のシネコンに拡大公開となったので、観に行きました。時間が長めとはいえ、大学生以上3,300円均一という強気の価格設定です。それはちょっと…と思いますけどね。

大江戸は特に嵐のファンではないのですが、予告編を見てそのライブ映像の質の高さに「おお」と思ったのと、堤幸彦が監督だってことで、鑑賞いたしました(初期の堤幸彦が裕木奈江のコンサートビデオを監督していたことを思い出します)。

いやー、確かに日本のコンサート史上に残る大型ライブです。52,000人の観客と125台のキャメラという規模も、只事ではありません(エンドクレジットではキャメラ担当112名とドローンキャメラの担当2名が出ていましたが…)。べらぼうです。

コンサート映画にありがちな、本番までの準備とか裏方の苦労とか当日のバックステージとかは一切ありません。楽しかったであろうMCもありません。とにかく最初から最後まで嵐がステージ上で曲を歌って踊ってお客さんが盛り上がる、それだけです。シンプルで潔い作りです(1か所だけ、モノクロ映像によるヴィデオクリップ風なものがありましたが)。

ファンでないので、ライブ自体は正直3-4曲で飽きました。だいたい似たようなことの繰り返しですから。それでもずーっと驚きあきれていたのは、お金のかけ方。分割されてかなり長い距離を移動していくガラス(アクリル?)貼りのステージとか、多種多様でハイクォリティなライブ用映像とか、オーケストラ登場させちゃうとか、凝った衣装の数々(ジュニアの分も含めて)とか。ここまでお金かけてるステージって、ローリングストーンズのドーム・ツアー以上ではないでしょうか? 火柱もバシバシ上がるし。 大江戸は移動ステージ上のカメラマンさんが、撮影に集中するあまり落っこちてしまわないかと心配でたまりませんでした。

櫻井翔くんってピアノが上手に弾けるんですね。知らなかったので、感心しました。あとエンドクレジットの最後の方に「Directed by jun Matsumoto」って出て来たので「あれ?」と思いましたが、マツジュンはコンサート・ディレクターっていうことのようですね。

活動休止前の集大成的なライブだったわけですが、コロナ禍で客席数削減ライブが続く今見ると、隔世の感があります。早く「本来の日常」が戻って来ていただきたいものです。でも、これだけの人を興奮させ感動させるエンタテインメントを作り上げた嵐とその周辺のスタッフたち---いやあ、やっぱり「ショウほど素敵な商売はない」ですね。

| | コメント (0)

2021年11月23日 (火)

CKB、2年ぶりの中野サンプラザ    #クレイジーケンバンド #CKB #中野サンプラザ #横山剣 #小野瀬雅生 #のっさん

Dsc_05273_copy_768x11262 クレイジーケンバンドのライブツアー『好きなんだよ 2021-2022』を中野サンプラザで。毎年この時期の中野サンプラザも、昨年はコロナで中止。2年ぶりにこの場所に帰って来ました。大江戸の席は、1F下手側の中程。

9月に発売された初のカバーアルバム『好きなんだよ』のツアーってことで、全体のおよそ2/3ぐらいがアルバムからのカバー曲。そこがちょっと残念というか、コロナ対策でライブの時間がCKBのスタンダードより短めだったこともあり(2時間15分ほど)、終わった時には「もうちょっと聴きたかった」感がありましたねえ。

Dsc_05282_copy_768x10783

でもオープニングの『モンロー・ウォーク』『ルビーの指輪』『プラスティック・ラブ』から、ラストの『ガールフレンド』まで、アルバムのカバー曲の合間にオリジナル曲を挟んでいき、終盤はオリジナルのみという構成でした。 部分的には「歌謡ショー」のようでしたが、なんのかんの言ってもCKBの世界を堪能できました。

しかしながら残念だったのは、「小野瀬雅生ショウ」の曲がアルバムの中の『あまい囁き』(のっさんは演奏せずに、セリフのような歌詞をささやくのみ)だったことで、確かにこのツアーを逃したら二度と生で聴けない曲だと思いますが、その一方でのっさんのギターソロ・ナンバーはナシだったのです。うーん、『あまい囁き』の後に『イカ釣り船』とかソロが欲しかったですねー。そのため、いつもの「素晴らしー。美しー。・・・のっさんのギターはウマウマ王ー!」もなかったし…。でも直後の曲が『雨に泣いている』だったので、その間奏でギターをたっぷり聴かせてくれましたから、それが補完だったのでしょうね。

今日はバンドの11人+ゲストの女性バイオリニスト2人を加えた13人編成(曲によってメンバーは出たり入ったりします)。還暦過ぎても剣さんは元気でした。次に期待するのは、12月の「のっさんカレー」(通販限定)の発売です!

| | コメント (2)

2021年11月22日 (月)

「ミュジコフィリア」:舞台挨拶で久々のナマ松本    #ミュジコフィリア #松本穂香 #ミュジコフィリア舞台挨拶

1_20211122143801

去る19日に公開された映画『ミュジコフィリア』の舞台挨拶付き上映をTOHOシネマズ日比谷で鑑賞。登壇したのは、井之脇海、松本穂香の2人だけという珍しいパターン。で、途中から山崎育三郎さんが映像メッセージで“Happy Birthday”を歌ったり(井之脇さんがあさって26歳の誕生日ってことで)、若手人気ピアニストのCateenこと角野隼斗さんが登場してピアノで5分ぐらいあるアレンジ版“Happy Birthday”を演奏したりしました。で、最近の試写会や舞台挨拶の常で、メディア向けフォトセッションの後に短時間ながら観客向けの撮影許可タイムもあり、SNSなどにも上げていいということでしたので、ここにも貼っときます。距離が遠いけど。Dsc_05373_copy_1501x802_20211123003301

当然、松本穂香さん目当てだったわけですが、ナマ松本も久しぶりです。シネマカリテやユーロスペースといった小さな劇場で目の前にご尊顔を拝していた頃に比べると、大スクリーンで遠くなっちゃいましたね(だから写真もちっちゃい)。ビッグになったもんだとしみじみ…。でも松本さんはやっぱり変わらずほんわかしてました。

Dsc00094

で、映画の方ですが、うーん、大江戸が大林版よりもずっと好きな実写版『時をかける少女』(2010年・仲里依紗主演)の谷口正晃監督作品で、序盤は映像の構図の良さもキマっていてなかなか良かったのですが、残念ながら中盤以降失速してしまいました。

現代音楽という領域をテーマにしたマンガが原作なのですが、実際には音を使えないマンガと違って具体的に音を鳴らさなきゃいけない映画ですから、そこはハードルが凄く高いのです。勇気あるチャレンジとはいえ、果敢過ぎるのです。で、砕け散りました。

いや、現代音楽入門的な部分は健闘しているのです。(原作通りかも知れませんが)言葉による解説と実際のサウンドと映像とで、かなり説得力を持たせて表現できていました。一方で、確執のある異母兄弟が音楽を通して和解するとか、あまりにも安直で説得力がありません。また、松本穂香がMV風に歌うシーンが2度あるんですけど、はっきり言って彼女がかわいそう。緊張感漂うピアノの高度な演奏とか聴かされた後で、地声で勝負させられのは(歌手でもないのに)辛いものがあります。これをやるのだったら、音楽界で活躍しているヴォーカリストを配役しないと成り立ちませんよ。

松本さんの役はかなり変わった子なので、寝ぐせ頭で猫背でぼんやりしてるのに気分屋で、ちょっと「のだめ」っぽくもありました。ただ、申し訳ないけど、今回はあまり成功してなかったですねえ。歌とか、奇異な振り付けとか、相当頑張ってはいるのですが…。

逆に目を見張ったのは、阿部進之介! この人、これまでノーマークでしたが、いやあ面白い。個性的でユニークだし、キャラ的、ポジション的に必要とされるんじゃないでしょうか? 今後ブレイクしそうに思ったのですが…(82年生まれなので、もう四十近いわけですが)。

京都を舞台にした名手・上野彰吾の撮影は上質で、気持ち良かったですよ。

| | コメント (0)

2021年11月15日 (月)

「リスペクト」:王道のミュージシャン伝記もの    #リスペクト #アレサフランクリン #映画リスペクト

1_20211115215301 映画『リスペクト』は、“ソウルの女王”アレサ・フランクリンの伝記映画。この夏公開された『アメイジング・グレイス・アレサ・フランクリン』の教会コンサートが、この映画のラストになっているという寸法。衣装もヘアメイクも完コピしてます。

(『アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン』の感想はこちら ↓ )

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2021/06/post-9a8b2b.html

ハリウッドの作ったミュージシャンの伝記ものの王道といった感じで、146分を飽きさせず突っ走るパワフルな作品です。でも既視感たっぷり。どうして、この手のアーティストは悪い男(DV夫)にさんざん傷つけられ振り回されるのでしょうか? そして自身も心を病んで、狂気に蝕まれていくのでしょうか? 音楽に限った話ではないのかもしれませんが、美しいものを生み出す苦しみは、悪魔と取引したかのようにその人の魂を奪っていくのですね。 (以降少々ネタバレあり) おまけに彼女の場合は、幼き日に受けた性的虐待のトラウマも抱えておりましたし。

生前のアレサ本人が推薦したというジェニファー・ハドソンが見事です。圧倒的な歌唱力と説得力のある演技で、アレサのデビュー前から女王となった1972年までの変化を演じ切ります。その変化には、ヘアメイクや衣装をはじめ、各パートの質の高い仕事も貢献しています。

あとプロデューサーを演じたマーク・マロンは、『スターダスト』に続いて才能の原石を売り出そうと宇する業界人役です。こちらもまた達者な演技でありながら、『スターダスト』とは違う役作りをしていて、あっぱれです。

エンドクレジットにかぶせて流れる晩年のアレサ本人の映像がまた圧巻。二の腕の太さに気絶しそうになりました。

 

 

| | コメント (0)

2021年10月18日 (月)

「スターダスト」:なんで無理して作っちゃったんだろう?   #スターダスト #映画スターダスト #デイヴィッドボウイ #マークマロン

1_20211018221201 映画『スターダスト』は、1971年のデイヴィッド・ボウイ(主にアメリカでの売込みの日々)を描く作品。でもボウイ遺族からの了解が得られず、ボウイの音源は一切使われておりません。そこがどうしても弱みなんですよねー。なんで無理して作っちゃったんだろう?と身も蓋もないことを思った次第。

更には、何と言ってもかんと言ってもボウイ役のジョニー・フリンが「違うんだよなあ」って感じ。髪型、メイク、話し方などで似せようと努力してるのはわかるけど、らしかったのは衣装だけ。そもそもボウイを演じられる人なんていないわけですけど、せめて何らかの「美しさ」は欲しかったですねえ。ベクトルは違っていてもいいから。洗練やシャープさやカリスマ性がなくて、髭剃り跡は濃いという、がっかりな配役でした。なんで無理して作っちゃったんだろう?

冒頭は『2001年宇宙の旅』のスターゲイト・シークェンスのカバー・バージョンです。まあ、今はCGで楽に作れちゃうんですけど、これが作品内容にはほとんど関わりがなくて、まったく困ったもんです。 ラストはライブ。でもジョニー・フリンの歌ですから、なんだかなあですよね。虚しさが募ります。なんで無理して作っちゃったんだろう?

唯一良かったのは、レコード会社のパブリシスト役のマーク・マロン。この酸いも甘いも嚙み分けた感じが見事。全身で悲哀を表現しており、ほとんど助演男優賞ものだってぐらい良い味を出しておりました。

 

| | コメント (0)

2021年9月18日 (土)

CKBの「好きなんだよ」   #クレイジーケンバンド #CKB #好きなんだよ

Dsc_04042_copy_670x5762 先日発売されたクレイジーケンバンドのニューアルバム『好きなんだよ』、大江戸は初回限定版ブルーレイディスク付を買いました。ブルーレイはまだ見ておりません。まあ昨年の10月に参加した武道館ライブと、今年の6月に見に行った友の会ライブの模様を収録してあるので、中身はわかっておりますが、また見た時に何か書きます。

限定版の紙製外箱は、シュロの木陰のランジェリー美女。そして内側のCDジャケットは黒ショーツのヒップ。どちらも、あの山口はるみさんのイラストレーションです。

Dsc_04052_copy_668x5762 で、アルバムの方はCKB初の全曲カバー。王道歌謡曲から演歌、ムード歌謡、和製ポップス、AORなどなど多種多様なジャンルの邦楽を、主に横山剣さんのボーカルでカバーしてます。「主に」と書いたのは、それ以外にもアイシャ(竹内まりやの『プラスティック・ラブ』など)やスモーキーテツニ(柳ジョージの『雨に泣いている』)がボーカル担当の曲もあるため。アイシャのボーカルとのっさんのささやきが絡み合う曲(『あまい囁き』=中村晃子&細川俊之)もあったりします。

でもまあやっぱり剣さん。これまでもライブで披露してきた永ちゃん(『時間よ止まれ』)や五木ひろし『よこはま・たそがれ』もありますが、山口百恵の『横須賀ストーリー』をスカに編曲したバージョンとか、オリジナルラブの『接吻』では名ボーカリストの本領を発揮。そして新鮮だったのは、シュガーベイブの『ダウンタウン』とか、ユーミンの『やさしさに包まれたなら』(アイシャ、テツニと共に)。剣さんがこんな歌を…と思いつつ、でもイメージ違うけど、意外といいんです。

そして森進一の『冬のリビエラ』を朗々と歌い上げる剣さんはシャイコー!です。ここ数日、脳内リフレインしまくってます。

そんな曲知らなかったって感じの『アフリカ象とインド象』(朱里エイコ)なんて珍品も含めて、21曲(うち3曲はいつものジングルみたいなやつですけどね)。やっぱり「エヴァーグリーン」ナンバーとそれを(あまり崩さずに)歌い継ぐ行為って、この世に必要ですよね。

 

| | コメント (0)

2021年8月17日 (火)

「愛が世界を救います(ただし屁が出ます)」@PARCO劇場   #愛が世界を救います #ただし屁が出ます #のん #宮藤官九郎 #クドカン #大江三千里

Dsc_03563_copy_600x874 渋谷のPARCO劇場で、大パルコ人④マジロックオペラ『愛が世界を救います(ただし屁が出ます)』を観ました。宮藤官九郎作・演出・出演によるロック・ミュージカルです(タイトルには「ロックオペラ」と入ってますが、台詞部分も多いので、これは「ロック・ミュージカル」と呼ぶべきでしょう。『トミー』と『ファントム・オブ・パラダイス』の違いみたいなもんですね)。大江戸にとって、渋谷PARCOの建て替えで新しい劇場になってからは初の来場となりました。最後列の座席でしたが、オペラグラスも持参して、のんさんたちの表情もしっかりチェックしました。

そう、当然のんさん目当てです! パンクな彼女が、パンクなクドカンと、パンクなミュージカル!しかも『あまちゃん』以来のタッグ復活ってことで、期待はオーバーヒート気味。しかも、共演が村上虹郎、藤井隆、三宅弘城、荒川良々と伊勢志摩(これまた『あまちゃん』以来ですね)などなど。映像も活用しながら、今のネタを多数取り入れながら、20分の休憩込み2時間45分を駆け抜ける疾走エンタテインメントでした。

のんさんはやっぱり歌って踊って演奏できるので、適任でした。華がありますし、ギター弾くとカッコイイのです。そして、寄り目+しゃくれアゴの変顔!! 物語上これを多用するのですが(って、どんな物語だ!)、さすがでした。キュートでヘンテコリンで様になってました。

でもやっぱり三宅、伊勢、荒川、宮藤という大人計画の面々は、きっちり笑いを取ってくれますねー。これまた、さすがです。

そして藤井隆が演じる大江三千里!これも笑えました。大根仁が『モテキ!』で大江千里の曲を使ったり、クドカンがこんな形で使ったり、往年の千ちゃんファンとしては嬉しいですね。休憩時間には大江千里の曲がずっと流れてましたもん。

Horizon_0001_burst20210817135007219_cove 開演前にすべての座席に謎の物体(「これ」)が置いてありました・・・って、ブーブークッションやないかーい!! 終盤に観客全員を巻き込んで、これを使用する場面があります(笑)。くだらねーなー。

カーテンコールのご挨拶はシンプルに1回だけ。PARCO劇場の外階段を下りる帰り道にも、頭の中ではあのくだらないテーマ曲がリフレインしているのでした。こんな時代に、このくだらなさ。さすがはクドカンさんなのでありましたー。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧