2023年2月 1日 (水)

「Mr. Children GIFT for you」:ミスチル30周年ムービー    #MrChildren #ミスターチルドレン #ミスチル映画 #GIFTforyou 

1-2_20230131214701 『Mr, Children GIFT for you』は、ミスターチルドレンの結成30周年を記念したドキュメンタリー映画。2022年コロナ禍におけるライブツアーの様子や、ミスチルファンの方々からのメッセージなどで成り立つ作品です。

大江戸はもともとMr. Childrenのファンでして、なんだかんだ2008年の『SUPERMARKET FANTASY』までのアルバムは全て持っております。ただ、それ以降はとんとご無沙汰しておりました。みんな五十路を超えたんですねえ。

思えばミスチルの映画『【es】Mr, Children in FILM』(1995)はサイコーでした。映画館で2回観たし、レーザーディスクも買いました。それに比べると、本作は映画としてはかなりぬるく甘ったるいものでした。なにしろ、30年を共にしたファンたちとミスチルとの絆を描くような作品なのですから。「私にとってミスチルとは?」みたいな、市井のファンたちへのインタビューがかなりの分量で出て来て、正直なところちょっとうんざりしちゃいます。それを観たかったわけじゃないんだよなー。でも、製作者側のコンセプトはそういうことだったんでしょうから、何をかいわんやでありますが…。

ジェン(鈴木さん)の派手なドラムは健在でした。ザ・フーのキース・ムーンに次いで、世界で二番目に目立つドラマーではないでしょうか? (桜井さんは他のメンバーより尺が長いのは当然ですが)田原さんや中川さんと同じ割合でジェンのカットが入っていても、インパクトが強いので一番多く映っているような気がしちゃうんですよねー。

ベースの中川さんは、髪型や顔が「西島秀俊のジェネリック」のようでありました。

そして、世界有数の地味ギタリスト田原さんは、相変わらず存在感を消していました。若い頃の写真だとほんとに「ハマちゃん」ですね。

桜井さんは、やっぱりMCやスピーチがうまくないなー。

小林武史さんがいた頃も、いなくなってからも、ミスチルの曲って、なんだかみんな同じように聴こえちゃうんですよね(まあ、いくつかのパターンはありますが)。大江戸の場合、それで飽きちゃったところも正直あります。この映画も、やっぱり中盤以降は飽きてしまいました。ファンのインタビューや人生紹介が多いってこともありますしね。まさにファン・ムービーでありますが、映画作品としての高みは得られませんでしたね。 でも『イノセント・ワールド』と『エソラ』は、サイコーでしたー。

| | コメント (0)

2023年1月23日 (月)

「モリコーネ 映画が恋した音楽家」:偉大なるマエストロの業績    #映画モリコーネ #モリコーネ映画が恋した音楽家 #エンニオモリコーネ

1_20230123224001 映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』は、エンニオ・モリコーネの生涯と作品を網羅した157分の長編ドキュメンタリー。監督はモリコーネの代表作の一つ『ニュー・シネマ・パラダイス』のジュゼッペ・トルナトーレで、彼は証言者の一人として出演もしています。

モリコーネを取り巻く人々の証言と、モリコーネ自身の語りと、映画作品のフッテージによって成り立っております。とにかく証言者が豪華。映画監督ではトルナトーレ、イーストウッド、タランティーノ、アルジェント、ベルトルッチ、映画音楽家ではハンス・ジマー、マイケル・ダナにジョン・ウィリアムズ、ミュージシャンではジョーン・バエズやブルース・スプリングスティーンといった人たちが、モリコーネとその業績を讃えます。ボス(ブルース)があんなにモリコーネのファンだとは知りませんでした。

マエストロ・モリコーネの卓越した業績がよくわかります。流行歌から室内楽などの純粋音楽まで、幅広く何でもできた人だったのですね。そして、マカロニ・ウェスタン(英語だとspaghetti western)諸作品から、『1900年』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』『ニュー・シネマ・パラダイス』『ミッション』『アンタッチャブル』などなど名作の数々。それらの映画フッテージを観るだけで幸せな気分になります。

やっぱり『ウエスタン(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウエスト)』って、映像も音楽も傑作ですよねー。あのラストに流れる『ジルのテーマ』の美しさ!を再確認できました。

それと、モリコーネさんは、ピアノとか楽器を使わないで、頭の中で作曲してそれをいきなり譜面に写し取るんですね。びっくりです。

長さが気にならないほど面白い作品でありました。でも冷静に考えると、モーリス・ジャールだってジョン・ウィリアムズだってジェリー・ゴールドスミスだって、同じように偉大だって気もしますけど…。 本作の原題は“Ennio”だけど、邦題は『モリコーネ』。ま、そういうもんなんですよね。

| | コメント (0)

2023年1月 1日 (日)

佐野元春と紅白歌合戦    #佐野元春 #紅白歌合戦 #時代遅れのロックンロールバンド 

あけましておめでとうございます。今年も『東京温度』をよろしくお願いします。

昨夜の『紅白歌合戦』に佐野元春が出ました。もう、大江戸にとっては加山雄三よりもユーミンよりも安全地帯よりもずっと最大のニュースです。「きつねダンス」よりもかなり大きな(?)ニュースです。

あ、でもThe Last Rockstars(YOSHIKI、HYDE、SUGIZO、MIYAVI)はかなりカッコ良かったですけどね。

てなわけで、昨夏に同級生バンド・プロジェクトとして話題を呼んだ「桑田佳祐feat.佐野元春、世良公則、Char、野口五郎」による『時代遅れのRock'n'Roll Band』が紅白のトリ前を飾ったのです。MV同様、皆さん余裕の演奏、余裕の歌唱で、味わい深いオールド・ロックを聴かせてくれました。その前に他の4人が加山雄三の『夜空の星』を弾き語ってコント風に盛り上がってたのには参加しなかったのが、いかにも佐野さんらしかったですね。 ナイアガラ・トライアングルvol.2の『A面で恋をして』もそうでしたが、他の人と合同で歌う曲でも、佐野さんはあの独自の声と歌唱法で持ってっちゃいますから。さすがです。

佐野元春が紅白に出るなんて、意外といえば意外ですが、でも彼はもともと若い頃から「ヒット曲が欲しい」と言っていた人ですから、抵抗はなかったんじゃないかと思います。何しろ昨年は芸術選奨文部科学大臣賞をもらってましたからね(もっとも’21年のライブでは「国はあてにならない!」とか叫んでましたけど)。まあ66歳なんで髪は真っ白になってますけど、若々しく見えました。

そのほかに紅白で思ったこと・・・

・橋本環奈は司会としてまったく危なげなかったですね。妙にわざとらしい大泉洋よりも適任だと思います。

・(水森かおりのパート)「桜衣装」→「櫻井翔」には感心しました。

・むしろ「きつねダンス」を単体で楽しみたかった。

・ヒゲダン(Official髭男dism)にヒゲはやしてる人が1人もいないのは不当表示!

・Saucy Dogは「サウシードッグ」と本人たちが読んでいるわけですが、英語的には「ソーシー」(ソース(sauce)の形容詞ですから)なので、なんか許せないというか、困ったもんです。

・そんな勝手に発音変えていいんなら、King Gnuなんて「キングぐにゅ」です。

・Vaundyって、中学時代のあだ名の「バウンディ」(Boundy…バウンドボールから取った)のBをインパクトのあるVにしたそうですが、いやいや、意味のある英単語を勝手に文字変えちゃいかんだろ。

・MISIAは「紅白ウサ合戦」でした。

・真の流行語大賞はどう考えても「ブラボー!」なのに、それを拾えないタイミングで早々と発表しちゃうユーキャン…。

 

それにしても、サッカー天皇杯決勝のない元日は、物足りないなー(昨年と今年は変則開催のカタールW杯の影響で、早めに決勝を行いました)。

 

 

| | コメント (0)

2022年10月23日 (日)

CKBの中野サンプラザ(最後?の)ライブ    #クレイジーケンバンド #CKB #中野サンプラザ #白川元大 #ライムスター

Dsc_11463_copy_450x762 クレイジーケンバンドの『樹影』ツアーで、中野サンプラザに参戦。サンプラザもようやく来年夏ごろからの取り壊し~新アリーナ・ホール建造が決まったようで、CKB恒例秋のサンプラザもこれで最後のはずです。

オープニングは意表を突いて、『樹影』からのナンバーでも古い時代のナンバーでもなく、『棕櫚』。でも『樹影』っていうアルバムのコンセプトには合った曲ですね。

その後も『樹影』からの曲、昔から最近に至る様々な曲をやってくれました。アンコールを入れて2時間50分弱。楽しませていただきました♪

今回のハイライトは、膝を故障した廣石組長の代役でドラムスを務めた白川玄大(げんた)さん! CKBの中では異質なルックスの、シュッとした30代ぐらいの人。廣石ドラムスの特徴をコピーしながら、自分ならではのテイストも出してました。時々知らない(はずの)曲を無茶ぶりされたりしても、「さすが!」って感じにきっちりこなしておりました。お見事です。会場のCKBファンは、一気に心を掴まれたことお思います。

Dsc_11482_copy_786x450

小野瀬雅生ショウの中で、『コウタイ』の途中に野坂昭如の『マリリン・モンロー・ノー・リターン』をのっさんが歌い出したのにはぶっとびました。また、今回は久々にベイスターズ仕様のギターも登場しましたね。

ゲストとしてライムスターが登場。CKBをフィーチャーした『世界、西原商会の世界!』と『肉体関係part2』を歌って、ガンガン盛り上げてくれました。

てなわけで、今回も大満足のライブでございました。生『ドバイ』とか、良かったなあ。 来年はどこで開かれるのか?廣石K1組長は戻って来るのか? そこらも気になるのでございました。

 

| | コメント (0)

2022年10月18日 (火)

「ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド」:ビートルズの曲は流れません    #ミーティングザビートルズインインド #ビートルズ 

1_20221018224301 『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』は、何ともけったいなドキュメンタリー。なんせ1968年のザ・ビートルズのインド訪問を題材にしながら、ビートルズの曲は一曲も流れないのです!厳密に言えば、作曲家のじいさんがピアノで『Something』の一部を弾き語りますが、その程度。ある意味、「金返せ!」的なビートルズ映画です。

本作の監督でもあるポール・サルツマンさんが’68年、彼が23歳の時にインドに行ったらたまたまビートルズの4人に遭遇して、一緒に瞑想の日々を過ごしたっていう回想のお話。そこに彼が撮ったまま長年ほったらかしになっていた写真が合わさって、関係者のインタビューを加えて、いっちょ上がりって感じ。音楽はシタールなどインド音楽が中心で、ビートルズの曲は流れません。

サルツマンさんが、懐かしそうに自分の23歳の日々を語る「私映画」なんですよね、ほとんど。大江戸のような古くからのビートルズ・マニアは、それなりに「ああ、マハリシ・ヨギね。ほう、ラヴィ・シャンカールね。ふむふむ」と観ていられるのですが、ライトなファンには「???」な映画ですよね。尺は79分とコンパクトですが、それでもちょっと退屈しましたもん。ホワイトアルバムの制作にまつわる話もいろいろ出て来ますけど、ビートルズの曲は流れません。

製作総指揮ガデイヴィッド・リンチ(出演もしてます)、ナレーションがモーガン・フリーマンと、スピリチュアル系の大御所が揃いました。ただ、瞑想世界やその哲学をじっくり描き出すってわけでもありません。何もかもが「うっすらと」でしかありません。ビートルズの曲は流れません。

 

| | コメント (0)

2022年8月30日 (火)

アルバム『樹影』 by クレイジーケンバンド    #樹影 #クレイジーケンバンド #CKB #大野真依

Dsc_1079_copy_600x740
今月リリースされたクレイジーケンバンドのニューアルバム『樹影』、もちろん予約して初回限定盤DVD付のCDを購入いたしました。写真では上が紙の外箱(スリーブ)、下がCDジャケットです。今回はカラーリン昔通っていた喫茶店の名前なんだそうです。

前年の『好きなんだよ』はカヴァー・アルバムだったので、オリジナルは2年ぶり。その分密度が濃くなったのか、かなりイカしてます。オープニングからの『Almond』『ドバイ』の連打は、オシャレだし、しみじみ良く出来た曲です(ついでながら、YouTubeで見られる『ドバイ』のMVで中東のお姫様?に扮している女優さんがとてもいい感じなのですが、調べてみたら大野真依さんといって、「きみとバンド」というバンドのドラマー(モデルや女優もやってる)なんですってね!)。

『莎拉 -Sarah-』や『ヨルノウロコ』の洋楽感もいいですよねえ。CKBの音楽性の高さを示す領域です。『Honmoku Funk』のバリバリファンクや『おじさん』のロッカバラードなども含めて、CKBの守備範囲の広さを示す一枚でもありますね。『夕だち』のボサノヴァや、『ワイキキの夜』のハワイアンまでありますもん。

『The Roots』なんてシニア対応の楽曲で、「終わりに向かって走れ」なんて歌詞もありまして、これからのCKBの方向性を示すものでもありますね。

ただねえ、ラス前ナンバーの『こわもて』が何ともど真ん中の昭和ムード歌謡で、大江戸の嫌いなタイプなんですよ。この曲さえなければ、相当いいアルバムなんですけどねえー。残念です。

そういえば、『ドバイ』と『コウタイ -Koutai-』(のっさんのクラプトンみたいなナンバー)は、CKBにしては珍しくフェイドアウトで終わる曲です。剣さんものっさんも、どういった心境の変化なのでしょうか。また、ライブではどう演奏するのかも気になるところです。

 

さてさて、DVDは昨年11月の中野サンプラザでの『好きなんだよ』ツアー全曲。大江戸も行っておりました。アルバムからのカヴァー曲とCKBのオリジナルナンバーがいい塩梅に混ざっております。アイシャもようやくバンドの一員として、すっかり馴染みましたね。 そういえば来年から建て替えが始まるので、秋恒例のサンプラザは今年で最後。もちろんチケット取ってありますとも!

| | コメント (0)

2022年8月15日 (月)

「チャーリー・イズ・マイ・ダーリン」:1965年の若きストーンズ    #ザローリングストーンズ #チャーリーイズマイダーリン #チャーリーワッツ

1_20220815224401 映画『チャーリー・イズ・マイ・ダーリン』は、昨年の8月に亡くなったチャーリー・ワッツの名がタイトルに入っていますが、チャーリーのみならず、ローリング・ストーンズの5人を均等に描いたドキュメンタリーです。モノクロ63分、2Kレストア版。日本初公開です。あと半年ほどでなくなっちゃうBunkamuraル・シネマで、『ロックン・ロール・サーカス』(↓)と同時公開中です。

「ロックン・ロール・サーカス」:ストーンズもザ・フーも最高!    #ロックンロールサーカス #ザローリングストーンズ #ザフー #ジョンレノン #ジェスロタル: 大江戸時夫の東京温度 (cocolog-nifty.com)

1965年の時代の空気が溢れていますねえ。この時代の変化はめっちゃ速かった。3年後にはヒッピーがのして来て、『ロックン・ロール・サーカス』みたいな世界になって行くのですから。1965年ってことで、1964年の年末にビートルズが発売したアルバム『ビートルズ・フォー・セール』からの2曲(夢の人、エイト・デイズ・ア・ウイーク)をリラックスしたメンバーたちが歌っていたりもします。

そしてこちらでもブライアン・ジョーンズはバッチリ生きております。考えてみれば、もうミックとキースの二人だけになっちゃったんですよねえ。それでもこの二人がいさえすれば成り立ってしまうのが、ストーンズだという真理。

プライベートな場面をだらだらと写してるだけ、みたいな部分もあり、映画としての完成度は低いというか、ファン・ムービーですね、これは。まあ、それでもライブを含めて初期のストーンズをたっぷり拝めることは、意義深いことではあります(『タイム・イズ・オン・マイ・サイド』良かったなあ)。

 

| | コメント (0)

2022年8月14日 (日)

「ロックン・ロール・サーカス」:ストーンズもザ・フーも最高!    #ロックンロールサーカス #ザローリングストーンズ #ザフー #ジョンレノン #ジェスロタル

1_20220814221101 映画『ロックン・ロール・サーカス』は、1968年に撮影された二日間のロック・イベントの記録映画。28年間封印された後に1996年に公開され、日本では今回が初公開となります。2019年に制作された4Kレストア版です。 日曜の午後だというのに、23区内唯一の公開館であるBunkamuraル・シネマはガラガラでした。宣伝が行き届いていないってこともありますが、基本的に映画館の個性や客層と作品が合っていないのではないでしょうか?

とにかく出演アーティストが凄くって、ザ・ローリングストーンズを筆頭に、ザ・フー、ジョン・レノン、ヨーコ・オノ、エリック・クラプトン、マリアンヌ・フェイスフル・・・といたメンバー。監督はビートルズ『レット・イット・ビー』のマイケル・リンゼイ・ホッグです。

みんな最盛期。それぞれの音楽生活の中でも、最高ランクのパフォーマンスを見せています。最初に登場するジェスロ・タルには大江戸も衝撃を受けました。名前は知っていたけど、どんな音楽をやるのかは知らなかったのですが、なんだこれ?!  バンドのフロントマンが横笛って、何なの?  何でこの人、立ちながら横笛吹いて片足を曲げてシェー!みたいにしてるの? 横笛なのになんでこんなにロックなの? 何で横笛なのに、顔がイッちゃってるの? 驚愕すべきヘンテコさでした。

その次にザ・フーが出て来て、『クイック・ワン』を演奏するのですが、これがもう圧巻!ピート・タウンゼントの風車ギターのスピードとキレ!そしてジャンプ。キース・ムーンの狂乱ドラムス。いや、もう狭い場所で凄すぎます。最強のライブです。

この2組が凄すぎて、おあとのタジ・マハールやマリアンヌ・フェイスフルはごくごく普通、あるいは力不足に見えてしまいます。で、ジョン・レノンがダーティ・マックというバンドを組んで、そこにエリック・クラプトンも入っているとか、キース・リチャーズも入ってベース弾いてるとか、ヨーコ・オノが叫ぶ現代アート的な楽曲があるとか、そのバラエティ豊かさも只ならぬものがあります。

で、トリのストーンズだけは何曲も歌うのですが、『無常の世界』や『悪魔を憐れむ歌』が、他のライブにも増して凄かったですよ。ミック・ジャガーがロックそのものでした。そうそう、ブライアン・ジョーンズがまだいて、この半年後に亡くなったのだそうです。 いやー、66分と短いけれど、圧倒的なロック・フィルムでありました。

| | コメント (0)

2022年7月23日 (土)

「エルヴィス」:バズ・ラーマンらしさの抑制    #エルヴィス #エルヴィスプレスリー #バズラーマン #オースティンバトラー #トムハンクス

1_20220722140101『エルヴィス』は、バズ・ラーマンによる「キング」エルヴィスの伝記映画。ずっしりと腹に来る2時間39分。ヘヴィーです。でも面白かったというか、見応えありました。

ゴージャスに彩った画面ではありますが、それでもいつものラーマンの派手さやケレンには至っておりません。そこがラーマン・ファンの大江戸には物足りなくもあったのですが、考え直してみればこれで正解ですね。だって、あくまでも主役であるエルヴィスを、彼のスーパースターぶりを目立たせることが最大の目的なのですから、画面のギミックばかりが目立ってもしょうがないのです。むしろ画面は抑制することによって、エルヴィスの輝きを最大値にすることが正解なのです。

エルヴィス役のオースティン・バトラーは健闘しています。エルヴィス・プレスリーにはそんなに似ていないのですが、髪型とメイク、そして発声やアクションでかなり近づけてます。ステージアクションは見事にエルヴィスっぽいし、顔の骨格は細すぎるのですが横顔が似ていますね。 一番最後だけ、実際のエルヴィスの映像がちょこっと使われていました。

本作に厚みをもたらしたのは、何と言ってもパーカー大尉=トム・ハンクスの存在。見てくれも性格も実に憎々しいヴィランとして、トムが油ギッシュに演じ切ります。近くにいてもらいたくない人です。トム・ハンクス史上最悪の役柄なのではないでしょうか?

’70年代の雰囲気を出すためにスプリット・スクリーンを使ったり、'50~'70年代への時代の変化を服装や髪型などで完璧に見せていくあたりが、さすがです。金かかってます。そこでどす黒い伝説が語られていく本作。本編内ではしゃぎ切れなかった分の仕返し(?)として、バズ・ラーマンはエンドロールの左右両側を絢爛キラキラな図像で彩りました。わははと笑っちゃうゴージャス感であります。

 

| | コメント (0)

2022年7月14日 (木)

夏のチョコは明治ガルボ    #明治ガルボ #ガルボ #手につかないチョコ #グレタガルボ #呉田軽穂

Dsc_0804_copy_800x674
夏場に重宝するチョコレートといえば、はい、明治の『ガルボ』。表面がコーティングしてあって、ピカピカです。なので、溶けにくい&手につきにくい。これなら、夏の日にちょっと持ち歩いてもなんとかなります(もちろん、猛暑の日は無理ですけど)。夏はどうしてもチョコが縁遠くなるので(ま、アイスクリーム関係のチョコはいろいろありますけどね)、貴重です。

Dsc_0640_copy_800x501

 

で、ガルボ家族もいろいろいらっしゃいます。こちらは「ほろにがブラック」。文字通りブラックチョコのほろ苦さが特徴。悪くないです。スタンダード版とどっちを取るかは、お好み次第。大江戸はややスタンダードの方が好きかもですね。

 

Dsc_0641_copy_800x510
そしてこちらはかわいく「つぶ練り苺」。表面にイチゴのつぶつぶ感が表現されておりますが、これはフリーズドライ苺を練り込んだものなんだそうです。適度な甘酸っぱさがイチゴっぽくて、良いです。

 

Dsc_0844_copy_800x561

 

最後に期間限定の「ダブルベリー&ヨーグルト」。こりゃ華やかなパッケージですね。ストロベリー1.6%使用・ブルーベリー0.6%使用だそうです。なかなかカワイイ色合いです。写真で見ると、「詰めた指」みたいですけど…。で、表面がダブルベリー、中のサクサク部分がヨーグルトってことで、テッパンのハーモニーが楽しめます。サワヤカです。

 

このほかにホワイトチョコレート系のやつもあるんですけど、大江戸はホワイトチョコ嫌いなもんで・・・、あしからず。

そもそも「ガルボ」ってネーミング、往年の大女優グレタ・ガルボから取ったんだろうなあと、漠然と思っておりました。でも調べてみると、グレタ・ガルボは“Garbo”で、こっちのチョコは“galbo”なのでしたー。エルとアールを混同する日本人なのでしたー。ついでながら、松任谷由実が『Wの悲劇』の主題歌『Woman』の作詞をした時のペンネームは、グレタ・ガルボから取った「呉田軽穂」なのでしたー(『瞳はダイアモンド』や『赤いスイートピー』もそうなんですね)。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧