2017年11月23日 (木)

坪井慶介の湘南退団がさみしい

_20170809_211919_convert_2017081123

湘南ベルマーレの坪井慶介選手の退団が、昨日発表されました。契約満了ということですが、ベルマーレでの3年間、お疲れ様でした。35才から38歳の間ということもあり、出場機会は限られていましたが、出れば読みや駆け引きに長けた落ち着きのあるプレイと、周りを鼓舞したり危機をつぶすコーチングで、存在感を見せていました。

Rscn2549_convert_20170625231626_3

最初の2年間はJ1だったので、ヤマザキナビスコカップ(現ルヴァンカップ)や天皇杯に出ることが多かったのですが、今期はJ2でルヴァン杯には出ないので、リーグ戦5試合、天皇杯2試合の出場に止まっていました。まあこれでは来期は無いかもなあと、うっすら思っていたら、「やはり」の発表。ツボさんファンで、スマホケース(ベルマーレ仕様)も20番坪井の大江戸だけに、残念でさみしい思いが続いております。

_20170809_211854_convert_20170811_2

でも今シーズンも、ピッチでの立ち姿や動きに独特の雰囲気があって素敵でしたし、交代のためにアップしている姿も実にカッコ良かったのです。若い時(浦和時代)よりもいい顔になって来ましたもん。 一昨年のナビスコ杯で、プロ398試合でたった2ゴールしかあげていないうちの1ゴール(CKを頭で決めた)をナマで見ることができたのも、いい思い出です。 

数日前の最終戦@BMWスタジアムで、セレモニーの最後にスタンド内通路を場内1周した時に間近で見たのが最後になりました。 でもまだ現役続行しそうな雰囲気を感じてますので、今後の展開(移籍先)に注目しましょう。まだまだやれますもんね、ツボさん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

ベルマーレの今季最終戦

Dsc_2119

いよいよJ2は最終節。来期のJ1昇格(と今期の優勝)が決まっている湘南ベルマーレのホーム最終戦を見に、BMWスタジアムへ。対戦相手はFC町田ゼルビアです。

先着プレゼントで、優勝記念ステッカーをもらいました。あと平塚駅前で、朝日新聞の優勝スペシャル版ももらいました。

_20171119_151624

BMWさんのベルマーレ特別仕様車があってびっくり。何とサポーター・ナンバーの「12」をつけております。ほとんど「イタ車」状態ですが・・・。

_20171119_151647

_20171119_151439

スタジアムの照明塔4基が回収に入っていて、工事足場に囲まれておりました。LEDにでもするんでしょうか? それよりももっと先にやってほしいことがある!ってわけですが、・・・まあ、よろしくお願いしますよ。

Rscn2627

ワンシーズン応援してくれたベルマーレクイーンも今日で卒業。試合前に5人からの挨拶がありました。今年は彼女たちもたくさんのダンスを踊ることが出来ました。

_20171119_151540

_20171119_165210

さて試合は1-1の引き分け。町田のハードプレスと速攻(あたかも2-3年前の湘南のような)に手を焼きました。終盤までプレスの速さ、激しさが衰えなかったですもん。

_20171119_165236

一方ベルマーレの出来はひどいもんでした。ミスの多さはともかく、その頭を抱えるほどの情けなさはしばらく見たことのないもので、特に杉岡の判断の遅さや判断ミス、持ち過ぎのせいで、どれだけピンチになったことか! シーズン序盤のがずっと巧かったですよね、彼は。でも高山との縦の関係がうまくいかず、それが他のプレイにも悪影響を与えていたようでもあり、高山がピッチを去った後は、俄然良いプレイができるようになりました。うーむ。 それにしても優勝が決まった後、残りの3試合で1勝もしないとは、なんて奥ゆかしい!

_20171119_183642

試合後にはホーム最終戦恒例のセレモニー。水谷社長、高山キャプテン、チョウ監督から、お礼の言葉と来期への決意が語られました。

Dsc_2118

その後で選手たちがサインボールを客席に投げ入れる恒例行事。長年縁がなかったのですが、今年は初めてキャッチできました!でも、サインを見てもよくわからず、帰ってから全選手のサインを検索して調べたのに、それでも該当するものがありませんでした。誰のだ、これは?! たぶんこの向きだろうと思うのですが、右下に「7」か「17」が見えるので、神谷か端戸じゃないのかなあ・・・と思ったのですが、二人ともこのサインじゃないんですよねー。それとも神谷のサインのニュー・バージョンなのでしょうか?? もしわかる人がいたら、教えてください。

そして最後に新企画! 全選手、スタッフ、監督が、スタンド内通路を1周しました。間近で見た選手たちは、意外に小さかったですよ。1年間お疲れ様でした。

さあ、来年はJ1で迎える2018シーズンです。そして、藤和不動産サッカー部以来のチーム創設50年の記念すべき年。旋風を巻き起こしてもらいたいものですが、まずは絶対残留!からです。必要な選手たち、(例年のごとく)抜けないでね! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

日本代表のブラジル戦とベルギー戦

サッカー日本代表の国外親善試合2連戦を、どちらも録画で観ました。2連敗ではありますが、まあ当然と言えば当然ですし、この時期の一番のテーマは勝敗ではないので、大江戸としては意味のある2連戦だったと思っています。

まずフランスで行われたvs.ブラジル戦は、彼我の大いなる差に悄然といった試合でしたが、それでいいんです。この時期に妙に調子よくAクラスのチームに勝っちゃったりすると、「勘違い」してロクなことはないんです。過去の例がそれを示しております。国民の期待ってやつも妙に上がっちゃって、優勝だとかベスト4だとかのたわごとが大勢を占めるようになるので、この時期は不安になるぐらいでちょうどいいのです。 実際、プレスのやり方を変えた後半は(いくら相手がペースダウンしたからと言っても)「本来こうあるべき」って感じで、悪くなかったです。

そしてベルギーで行われたvs.ベルギー戦では、守備の修正がしっかりハマってちゃんとしたサッカーができていました。いい試合になっていました。もちろん敵もコマ落ちだったわけですが、日本だって岡崎、本田、香川らがいないわけです。この3人が招集されなかったことが取りざたされてますけど、バッカじゃないの?と思います。現在の調子のままだと先発は外れるでしょうけれど、それでも23人には入っていい選手だと思いますよ。力の程が分かっているから、このタイミングでは外して、当落線上の選手たちを見定めているに決まっているじゃないですか(プラスこのベテランたちに危機感を与える効用)。でも、この人たちをベンチに置いとくとチームマネージメントが難しいと判断するなら、外す決断があっていいとも思います。要は直近のコンディション優先です、やっぱり。 いずれにせよ、1点の遠さ、チャンスを決めきれない精度の低さは相変わらずの課題ですねえ。「違いを生み出す選手」ってやつがいないんです、いつまでたっても。

まあ、でも個人もチームも調子の波ってもんがあるので、(これも過去の例からして)今の時期調子が悪い方が、W杯本番のタイミングで良い調子になるってもんです。「危機感が精いっぱいの力を出させる」面はありますし、日本のサッカーってそうやって初めて機能するってところがありますもんね(W杯出場を決めたオーストラリア戦みたいなもので)。

それにしても、日本って昔から南米チームが苦手で、ヨーロッパ・チームには結構善戦(あるいは勝っちゃったり)しますね。さて、来月決まるワールドカップの対戦相手は、どうなりますことやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月29日 (日)

湘南ベルマーレ優勝決定!!

_20171029_165718
またしても雨のBMWスタジアム。この秋はポンチョの乾く暇がありません(まあ、乾いてたけど)。

_20171029_170128

昨日、福岡が引き分けたことによって昇格が決まったベルマーレですが、今日は優勝をかけてファジアーノ岡山との一戦。ホームで昇格や優勝が決まるのは、なぜか初めてってことで、満員になる予定でしたが・・・台風の影響でかなり本格的な雨ってことで、8,780人に留まりました。でも、こんな日に来てる人こそが、真のサポーターってことで。

Rscn2616_convert_20171029233004
それにしても凄い雨でした。強くなったり弱くなったりしながら、終始降ってましたけど、いやー、ポンチョ着ながらの苦行でありました。

Rscn2614_convert_20171029232924
ベルマーレクイーンもオープニングのコール&レスポンスの時からもう『七人の侍』的な雨の中をポンチョ姿で応援。試合中はいつものように、藤田祥史の懸垂幕の下で飛び跳ねて応援でした。

_20171029_165835
大江戸はバックスタンド中央の今年からの増設指定席で観戦(前から3列目)。いや、ピッチ近いっす。構造上、メインスタンドよりもバックスタンドの方がピッチに近いので(なのに料金は安い)、ここはオススメです。

選手たちは水しぶきを上げながらプレイし、ボールがストップしてしまうという悪条件。さすがにこれでは、真っ当なサッカーができません。消耗も激しそう。

Dsc_1964_convert_20171029232206
結局は前半ジネイ(湘南)が頭で決めた1点を守り切る展開かと思いきや、86分に元湘南の大竹洋平(岡山)のシュートで同点となり、そのまま1-1で終了。まあ、引き分けでも優勝が決まったわけですが、なんとも喜びきれない展開。大竹、空気読めよ!

Rscn2613_convert_20171029232801
盛り上がりに欠けたのには、別の理由もあってですね・・・1.昨日既に昇格が決まっていた 2.雨で気分が重くなる 3.ポンチョで動きにくくなる 4.2位以下のチームと大きな開きがあるので、もうだいぶ前から優勝は既定路線だった ってこと。

Dscn2604_convert_20171029232351

それでもセレモニーで村井チェアマンからシャーレが手渡され、それを菊地俊介が掲げたりすると、やはり嬉しいもんです。

Rscn2611_convert_20171029232644

今日ばかりは曺貴裁監督も、嬉しそうにはしゃぎながらシャーレを掲げていました。

_20171029_163621

まあ、今日だけの事じゃなくて、1シーズンの積み重ねの結果ですからね。高山薫がほぼ1シーズンをケガで棒に振り、菊地俊介もやはりケガでシーズンのかなりの部分を出場できなかった。つまり主軸の二人が欠けていたのに、他のメンバーが穴埋めして勝ち進んだわけです。よくやったもんだと思います。素直に喜んでいい優勝です。2部ですけどね。

_20171029_170836

来期は、前身である藤和不動産サッカー部の創立以来50周年の節目の年。J1のステージで、しっかり暴れてもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

湘南1-0勝利で、昇格に王手!

_20171021_183449
雨だから嫌だったんです。でも行って来ました、BMWスタジアム。終始黄緑のレインポンチョを着て、じっとしていました(除・得点シーン)。だって、動くと服の袖が出たり、ろくなことはないので。じっと苦行に耐えるって感じです。まあ、気温がそんなに低くなかったのが不幸中の幸いでした。

_20171021_183840_2
今日の湘南は愛媛FCとの対戦。愛媛からカエルの一平君も、目つきの悪いみかん野郎も来ていました。

結局今日は勝とうが何しようが昇格がきまるわけではないので&この雨で、観客も少な目(5,896人)。 今日は「インターナショナル・デイ」ってことで、雨じゃなければいろんなイベントがあったようですが、中止になった上に、試合前のアナウンスで「審判紹介」と「アウェイ・チームのメンバー紹介」のみを英語で(ロンドさんが)行っただけしか小生にはその内容が伝わらなかったという、何とも残念な企画になってしまいました。

_20171021_183930
そういえば、雨&16時キックオフってことで、フードパークの各店(各車)も閑古鳥でした。あの、いつもは大行列のローストビーフ屋さんが、すぐ買える状況でしたから。

台風が迫りつつあるってことで、愛媛さんのサポ席も寂しい限り。50人はいたけど、100人はいなかったろうって感じでした。

_20171021_183511

試合は1-0でベルマーレの勝利。昇格に王手をかけました。23分のセットプレイからの1点(by秋野)を守り抜きました。

_20171021_183346

それにしても、愛媛のFWをはじめとする強烈プレスが凄くって、ちょっとビビりましたね。元湘南の白井康介なんか、左サイドで走りまくってプレッシャーかけ続けて躍動していました(昔はなんかぼーっとしたハッキリしない選手だった印象なのに)。

_20171021_183406

1点取って以降は、ほとんど押されっぱなしでした。よく我慢できたもんだって感じです。でも、これだとJ1では失点しちゃってるでしょう。追加点が取れないっていう課題を、むしろ何とかしなくてはです。

_20171021_184502
今日は交代で入った高橋諒がステキなドリブルを見せたりしてくれました。あの技術は来期に期待大ですねえ。 一方で杉岡が冴えず、ミスだらけでした(雨が苦手なのかしらん)。

今日のベルマーレクイーンは、ビニールガッパ姿。でも、勝利のダンスの頃には雨もいったんやみました。

Rscn2594_convert_20171022000842

いよいよ次節の岡山戦で決まります! ホームのBMWスタジアムで昇格や優勝が決まるのは初めてだそうです(まあ、降格もすべてアウェイだったそうですが)。はい、これは期待しないわけには、行かないわけにはいきませんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

ハイチと言えばゾンビでしたね、ってな試合

Dsc_1926
日産スタジアムで、キリンチャレンジカップの日本vs.ハイチ戦を見ました。前売りが売れ残っていたようで、ハリルホジッチ監督や選手たちが色々とPRしていたようですが、結局はフル・キャパシティの2/3ほどの47,420人。メインスタンドはもちろん、ゴール裏もアウェイ側や2階は空席が目立つ状況でした。

Dsc_1927
小生がここでサッカーを見る時は、ベルマーレがマリノスと戦う時ばかりなので、必然的にゴール裏のサポ席となります。なので、バックスタンドの良い席で見るなんて初めてです。

ですけど、ここピッチが遠ーいなあー。陸上競技場のトラックを緑のシートで覆っているもんだから、埼スタあたりに較べると選手たちがはるか彼方です。おまけにスタンドの傾斜は緩いし、(キャパが大きいとはいえ)よくこんな所でワールドカップの決勝をやったもんだと感心しちゃいました(むしろ「寒心」)。

Dsc_1930

試合は前半、日本画ぐいぐい攻めて2点を先取。いったい何点取れるんだろう?と、楽勝の雰囲気でした。

ところが好事魔多し。その後、ゆるゆるだったハイチDFが徐々にコンパクトになり、動きも良くなって来ると、選手交代の影響もあってか、日本の攻撃が機能しなくなります。あれ?おや?まあ?と、気がつけば2-3と逆転されておりました。

Dsc_1931

え?ちょ、何それ??と思ってるうちにアディショナルタイム。まあ、そこで酒井高徳のシュートを香川がコース変えて、なんとか3-3ドローで最悪の結果を免れました。

お粗末な試合というか、昌子も槙野も東口も遠藤航も車屋も、アピールするには程遠い出来。おまけに、こりゃまずいと原口、香川、井手口、大迫を投入しても、期待ほどの効果は得られずで、まあハリルホジッチ監督が怒ったり嘆いたりするのもごもっともという試合でした。でも倉田秋だけは、随分と自信つけたなあっていう印象で、躍動しておりました。

それにしても、奇妙なDsc_1932試合でありました。序盤のハイチは時差ボケで寝てたんでしょうか? 後半との違いの大きさに唖然としてしまいました。 そうか!ハイチと言えばゾンビ伝説の元祖でした。だから、ゾンビのように死んでいたものが、後半甦ったわけですね。

代表戦名物のおみやげ。今日のは。ミニフラッグと、2018ダイアリー(手帳)でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

湘南3-0完勝で、12試合無敗

_20171007_170143

肌寒くなり、ナイトゲームの季節が過ぎて、今日は午後4時キックオフの湘南vs.水戸戦をBMWスタジアムで観戦しました。この季節にしては厚着で行ったのですが、それでちょうどいい感じ。

Dsc_1902
ナイトゲームも照明の光線に芝生が美しく映える良さはありますが、まだ明るいうちの試合の、青空や白い雲の下という開放感って、やっぱり好きですねえ。

_20171007_185458

前半はベルマーレがボールを支配して、シュートも打ってるのに入らない、決められないで0-0という、まるで昨夜の日本vs.ニュージーランド戦のような展開。でも結局は自力で勝る湘南が、3-0で完勝しました。

_20171007_170033

1点目が野田隆之介、2点目が高橋諒という名古屋グランパスからの移籍組のゴールが試合を決めました(3点目は水戸のオウンゴール)。今季加入の野田は今季2点目で、ホームでは初ゴール。そしてこの夏加入の高橋に至っては、初出場&初ゴールです! いや、めでたい。

_20171007_185422

それはそうと、ホーリーホックのFW前田大然選手、噂には聞いておりましたが、すっげー速さです! 攻める時も守る時も、あきれるほどの距離を超速疾走して、ボールを奪うはDFを振り切るはで、あっけにとられました。まあ、ゴールを決められなくて良かったです。

_20171007_185346
4時スタートの試合なので、後半途中からは暗いのです。昼&夜、一粒で二度おいしい感じ。今日は隣の野球場でも試合をやっていて、こっちの照明とあっちの照明が同時についている珍しい光景もありました。

_20171007_185230本日のマン・オブ・ザ・マッチは野田隆之介でした。

これでベルマーレは12試合負けなし! 2位のアビスパとは勝ち点10の差で、優勝へまっしぐらであります。得失点差でも首位に立ちました(徳島と同数の+23)。

Dscn2585_convert_20171007234546

ベルマーレクイーンの皆さんも、毎試合のように「勝利のダンス」が踊れて、今年はいいですね。厳しい年もありますからね(昨年とか)。

Dscn2586_convert_20171007234704

神様(&王様)も孫娘たち(?)に囲まれて、嬉しそうにしておりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

日本が勝ちはしましたが・・・

サッカー日本代表の親善試合、vs.ニュージーランド戦(@豊田スタジアム)をTV観戦。まあW杯出場も決まって、これから23人に絞られる(選ばれるための)競争が始まるのですが、その割に先発メンバーには「今更テストの必要ないじゃん」というメンバーが何人も入ってました(川島、吉田、長友、酒井宏樹、大迫)。もちろんニュージーランドに負けていいわけではないので、クォリティの担保ってもんは必要でしょうけど、GKは中村航輔を見たかったし、左サイドには車屋を使ってもらいたかったですねえ。

さてさて、試合はパッとしませんでした。力の差は明らかなんですけど、シュートも打ててるんですけど、決まらない、決められないという、しばしばあるパターン。香川がねえ・・・いいとこ見せなきゃと思ってのことでしょうが、チームプレイが出来ておりません。久保裕也も代表では、結構長期的に精彩を欠いております。

良かったのは、やはりどこにでも顔を出してピンチをつぶす井手口(まあ、ミスも散見されましたが)と、余人を持って代え難い大迫。いつも通りですね。そして交代でとにかくキレキレに目立ちまくった乾と、「何、その落着きは?」って感じの小林祐希が素晴らしかったです。小林は先発で見てみたいですねえ。

それはそうと、1点取った後にNZに押し込まれて混乱していた時間帯に、同点にされてしまったのはよろしくないですねえ。どうにも落ち着きがなく、やられそうだぞと思ったら案の定でした。あの安定感の無さは、長いこと日本の課題であります。

結局2-1で勝って面目は保ったものの、どうにもスッキリしないゲームでした。「こんなんんで大丈夫か?」って感じで。 10日のタヒチ戦は、スッキリ勝ちたいものですね(更なる新戦力テストをしながら)。

6人目の交代となった遠藤航ってば、ピッチに入ってから15秒ぐらいで終了の笛って、・・・ハリルさん、その交代は何なんですか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土)

雨観戦はつらいけど、湘南無失点勝利!

_20170916_221307雨中のサッカー観戦って嫌いです。ポンチョ着ながら、暑くても寒くても大変です。特に、ここShonan BMWスタジアム平塚においては。なぜなら観客席の95%以上(推定)に屋根がついておりませんから。

_20170916_221929

ポンチョって、視界が狭くなるし、動きにくいし、飲食できないし、撮影もしにくいし、蒸れるし、帰ってから乾かすのが面倒だし、キライなんです。

_20170916_221341

それでも、ベルマーレの試合に行くのは4週間ぶりだし、せっかくの3連休だしってわけで、参戦したのです。台風もまだ到着しないので、ずっと小雨って予報でしたし。

_20170916_221720試合は湘南ベルマーレvs.カマタマーレ讃岐。前半32分のアンドレバイアの1点を守り抜いての1-0で、湘南が勝ったから、まだ雨中観戦がむくわれたってもんです(これで負けたりしたら、風邪ひいちゃいそうです)。

今日の収穫は久々先発の日焼けした神谷優太が、泥臭くボールを追い回し続けて、一皮むけた雰囲気があったこと。できれば1点取ってもらいたかったところです。

_20170916_221438_convert_2017091700

ごひいきの20番・坪井慶介選手は64分から出場。ここのところ(途中出場ですが)出番が増えているのは喜ばしいところです。コーチングの声を出しながら、ラインを高く保って、無失点勝利に貢献しました。この日は38歳のお誕生日なのでありました。

_20170916_221143

これでベルマーレは、7月22日の山形戦での敗戦以来、9試合負けなしです。こうなったら、もうシーズン最後まであと9試合、負けなしで行っちゃいましょう。来シーズンのためにも。

_20170916_220954_convert_2017091700

讃岐には元湘南の馬場賢治選手、永田亮太選手がいたのですが、小生がスタジアムを出た所で、サポーターの「♪ばーばけーんーじー、平塚のーおーとーこー」のチャントが歌われていたところから察すると、少なくとも馬場はサポ席に挨拶に来たんでしょうね。

_20170916_220653

残り9試合で、2位長崎との勝ち点差は11。もう大丈夫って感じです。いつ昇格が決まるのか、いつ優勝が決まるのか、そんな季節が近づいてまいりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

サウジ戦雑感と素敵なスタジアムのこと

少し時間がたってしまいましたが、昨日未明のサッカーW杯2018ロシア大会 アジア最終予選の最終戦(10戦目)、サウジアラビアvs.日本のアウェイ戦は、さすがに(もう出場決定したので)録画で見ました。2:30A.M.キックオフという一番手に負えない時間帯でしたのでね。

結果はご存じの通り0-1で日本の敗戦でしたが、予選を通して初めての無得点でした。てゆーか代表としては25試合ぶりの無得点。あれだけ決定機があったのに悔しい敗戦です。

3トップ+柴崎という攻め方面の駒を入れ替えて臨んだわけですが、やはり大迫のキープ力があるとなしとで大違いってのが改めて認識できました。柴崎も大迫という球の預け所が無かったこともあり、精彩を欠きました。 また前半で交代した本田は、本人も認めていたように全然いいとこ無し。どなたかが書いておりましたが、いいテンポで運んで来ても、彼の所で「ノッキング」を起こしてしまう感じなのです。パスミスも多かったし。

今のこのチームのサッカーは、全員で走り倒してこそ効き目が出るので、中東の地獄のような暑さと湿度の中では難しいところがあります。さすがに前の方から追って行きませんでしたから=高い位置でボールを奪えないってことなので、カウンターが使えないのです。いくら井手口が孤軍奮闘で最後まで走り回っても、なかなかです(井手口はますます株を上げましたけど)。

それにしても、6万人以上入ったサウジのスタジアムが素晴らしかったです。従来の中東のスタジアムって感じじゃなくて、ぱっと見で埼スタに似てます。芝はきれいだし、サッカー専用だし、3層のスタンドだし、傾斜角がかなりあって見やすそうだし、スタンドは全部屋根付きだし、もう最高じゃないですか。

最近、建築中の新国立競技場のスタンド傾斜がゆるい=多くの席がピッチから遠くなる&見下ろす角度の席が少なくなる&前の人の頭が邪魔になる って話(下の記事↓)を読んで憂鬱になった大江戸だけに、正直うらやましい光景でした。いいなあ。さすがお金持ち。

https://news.yahoo.co.jp/byline/sugiyamashigeki/20170828-00075000/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧