2019年1月18日 (金)

アジア杯2&3戦目の日本代表   #アジアカップ #日本代表

サッカー・アジアカップの第2戦(vs.オマーン)と第3戦(vs.ウズベキスタン)をレアルタイムのTV放送で観ましたが、初戦(vs.トルクメニスタン)も含め、想定通りといった戦いぶりです。

グループリーグは苦しみながらも3連勝できるだろうと感じていましたし、森保監督は3戦目に控え組を出場させてターンオーバーを上手に使うだろうと思った通りでした。まあ、それは多くの人が思う所だと思います。そして、控え組が良いパフォーマンスを見せて勝つだろうというのも想定通り。問題はノックアウト・ステージに入ってからの4試合(あるはず)です。

オマーン戦の判定は(中東の試合にしては珍しく)日本有利の笛となりましたが、そういうこともある!ってところです。 内容的にも悪くなかったので、日本の「判定勝ち」に特段の問題はありません。しかしながら、フィニッシュを決められない悪い癖は、この世代においてもかあ!って感じ。大迫や中島がいたらどうだったろうか?と思わずにはいられなかったです。遠藤航は素晴らしかったなあ。北川航也は消極的で、物足りなかったなあ。

ウズベキスタン戦は、なかなか骨のある相手だったので苦戦しましたが、控え組が勝ちをもぎ取ったのは評価できます。ただその一方で、レギュラー組との実力差も見えてしまいましたし、(これはしょうがないとは言え)連携の悪さからボールロストする場面が多すぎたと思います。そんな中、伊東純也の度重なるスプリントは感動的でさえありました。でもその必死のスプリントを台無しにしていたのが、北川。どうにもこうにも、この人、(少なくとも現在のパフォーマンスは)代表レベルにあるとは思えません。「敵DFを引き付ける動き」で評価されたりしてますが、いやー、それほどのもんじゃありませんでしたよ。もう、代表に呼ばなくてよろしいかと思います。

決勝トーナメントまでに大迫の臀部は回復するのでしょうか? そこが一番のカギです。そして、GKはもうシュミット・ダニエル固定で行くべきだと思ってます、大江戸的には。グループリーグを見ての小生のおすすめ先発メンバーは、「GK=シュミット・ダニエル、DF=酒井宏樹、富安、吉田、長友、MF=遠藤、柴崎(or塩谷)、原口、FW=南野、大迫、堂安」でーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 9日 (水)

アジア杯、日本はなんとか白星発進   #アジアカップ  #日本代表

いよいよ始まりました、(男子サッカーの)アジアカップ! 日本の初陣はトルクメニスタン戦。

この大会の難しさを示すように、26分に凄いミドルシュートで先制された日本。前半は本当に不出来で、トルクメニスタンの方が思い通りのサッカーをやっていたと思います。堅く守って、攻めに転じた時にはパワー全開で、タテに速く、強いシュートを打つ。日本のパスはことごとくカットされ、ボールも奪取され・・・という感じで、第一走ってませんもん。

でもだからこそ前半飛ばし過ぎたトルクメニスタンは後半絶対落ちて来ると思ったら案の定で、日本はそこを突いて素早いコンビネーションで、3点を取って勝負を決めました。とはいえ、79分にPKで2点目を与えてしまい、ヒヤヒヤものではありましたけどね。

大迫が2得点。今年もやっぱり頼りになります。そして3点目の堂安は、見事なトラップ、見事な反転からの見事なシュートで、いやー、スーパーでした。 そして、堂安と同じく20歳の富安が良かったですよ。今日は(普段のセンターバックから)コンバートされてボランチでしたが、自ら持ち上がっての攻撃の積極性は驚くべきものがありました。 一方、吉田麻也の動きが悪く、変なミスが多かったのが気になりました。

まあ、難しい初戦で勝ち点3を取れたことを評価すべきかも知れませんね。 それはそうと、昨日マリノスの中澤佑二とグランパスの楢崎正剛が引退を表明し、しばらく前には小笠原満男と川口能活も引退したってことで、何か一つの時代が終わった感があります。でもまだ現役続行の選手にも、来年あたりは・・・っていう予備軍も多いわけです。中○俊輔とか遠○保仁とか小○伸二とか稲○潤一とか・・・。日本代表に新たに加わる選手が年間何人もいるわけですから、引退する人間だって同様にいるのが当然なのですね。そういうサイクルに入っているってことなのでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月22日 (土)

ベルマーレ50周年レジェンドマッチ   #ベルマーレ  #F.マリノス

_20181222_170116
今日はBMWスタジアムで、「ベルマーレ創立50周年記念レジェンドマッチ 湘南ベルマーレ・レジェンドvs.横浜F.マリノス・レジェンド」、つまりOB戦が行われました。寒い中&雨の中、観戦してまいりました。

_20181222_170147
おお、コンコースには今年勝ち取ったルヴァンカップ(左)と、なんですかこれは?的な銀杯(Jリーグ・カップと書いてあります)が展示されておりました。

20181222231959

今日のベルマーレはいつものライトグリーンでなくて、黄色に濃いグリーンの(ブラジル的な)ユニフォーム。フジタのレジェンダリーなユニってわけですね。ただ、目が慣れてないので、変な感じです。

20181222232052

古ーい選手もいれば、引退したての島村毅もいます。J2などで現役のプレイヤーもいますし、海外からやって来てくれた人たちも。ベルマーレ・レジェンドの監督は、古前田充さんです。

_20181222_171755
対するF.マリノス・レジェンドも、金田喜稔さんから、まだキレキレの石川直宏や坂田大輔までいます。監督は、加茂周さんで、木村和司と水沼貴史がコーチという豪華スタッフ。

_20181222_171318
ずらり並ぶと、やたらいますねー。

_20181222_171429

で、試合はとにかくゆるゆるまったりでした。さすがに親睦顔見世同窓会興行です。それにしても、おじさんたち走れません。今の湘南だったら、即クビですね。パス交換の技術なんかは、いまだにしっかりしてるんですけどね。

_20181222_171919
今日はメインスタンドだけ開放で、3,900人ほどの観客数。F.マリノスのサポーターもそこそこ来場していました。

_20181222_172249

ベルマーレにゆかりの深い河野太郎外務大臣が、ハーフタイムにご挨拶(先日の記者答弁で問題を起こしてましたが、今日のスピーチはナイスでした)。

_20181222_172843_convert_2018122223
一応45分の前後半しっかり戦ったのですが、終盤には動きも落ちてきましたね。横浜・安永と湘南・奈良橋なんか、フリーキックの壁で寝転がっちゃって笑いを誘っておりました。

_20181222_172800_convert_2018122223

試合はベルマーレが阿部喜朗のゴールで先制したものの、結局は2-3でF.マリノスの勝利。マリノスさん、空気読んでよー。50周年なんだからー。

_20181222_172322

_20181222_173029

まあ、マリノスサポの皆さんには、少しだけルヴァン杯のおすそ分けって感じですかね。

_20181222_173130

最後には木村和司さんと小島伸幸さんからメッセージがあり、お開きに。

緊張感など少しもない、ゆっるーい試合でしたが、場内に流れる三村ロンドさんとゲスト選手の実況のおかげで、それなりに笑って楽しめました。

さて、来年は今期以上の成績を! オフの補強はどうなるか、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

J最終節、残留争いのドラマ  #Jリーグ #J1残留

毎年さまざまなドラマが繰り広げられるJリーグ最終節。とは言っても、今年は凄かったです。ここまで意表を突く展開、驚きの結末というのも記憶にないぐらいです。

18位長崎、17位柏の降格は決定済みで、あとは16位になったチームがJ2の挑戦権獲得チーム(横浜FCかヴェルディ)とのプレーオフ一発勝負を戦うというレギュレーション。なにしろ前節までの順位で12位横浜Fマリノスから16位名古屋まで5チームに降格の可能性ありという状態だったのですから。

で、今日はテレビで湘南-名古屋戦に釘付けになっていた大江戸です。前半2-0として「もらった!」と思ったベルマーレでしたが、PK2本で同点とされ、結局2-2で終了。1本目のPKは、ジョーがちょっと触れただけなのにうまく倒れたことが明らかだっただけに残念なジャッジでした。 その試合が終了した時にアナウンサーも、「湘南は残留が決定。名古屋は16位が決定・・・」と言っていたのですが、落ち込む選手たちの一方で、スタンドが??おかしなムード。で、その時、川崎が磐田に勝ったとの情報が入ったのです。アディショナルタイム終了ギリギリの得点だったのでしょう。その結果、グランパスは命拾いして、代わりにジュビロが16位となったのでありました。画面には大喜びする名古屋の選手たち。いやー、こんなの初めてではないでしょうか。

結果、12位から16位まで5チームが勝ち点41で並び、得失点差または総得点の差で順位が決まるというギリギリの攻防でした。ベルマーレも2-0からうまく試合を進めて勝っていれば、マリノスを抜いて12位だったのですけどね。そうするとルヴァンカップ決勝に続いてマリノスを上回れたのですが、ちょっと残念。 それにしてもこれまでは勝ち点40あれば残留安全圏ってことになっていたのですが、今年は41取ってもプレーオフに回ってしまいました。

ジュビロの最後の失点はオウンゴールでした。うーん、何とも言えませんね。 こうなると、来週のプレーオフも、大変な死闘になるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月24日 (土)

湘南、梅崎ゴールで浦和に連勝!!   #ベルマーレ #梅崎司  #島村毅

_20181124_150308
いよいよJリーグも大詰め。ホーム最終戦ってことで、BMWスタジアムの湘南vs.浦和戦に行きました。

この秋新設された「ライザップ・シート」ってのに、初めて座ってみました。ゴール裏のサポーター席両サイドにできた椅子席(それ以外のゴール裏は、バーがあるだけの立ち見応援用)。床や階段は金属製なのです。思ったよりは悪くなかったです。ただ、一番サイドぎりぎりの席だと、メインスタンドやバックスタンドが邪魔して、ピッチの隅など見えない部分が出てしまう難点があります。

_20181124_150148

ベルマーレクイーンの5人(一番左の女性はスタジアムナビゲーターです)は、今日でお仕事納め。今年は結構勝利のダンスも踊れて良かったですね。

_20181124_150113

14,711人入って、かなり前から全席売り切れになっていたこの試合、赤い人たちと黄緑の人たちが、ほぼ半々。

_20181124_170605
入場時のコレオグラフィーもバッチリ決まりました。

_20181124_170502
ベルマーレにいつものアグレッシブなプレッシングが少なくて、最初からレッズに押され気味な展開だったのですが、そういう時こそカウンターのチャンスがあるもの。中盤でボールを奪った梅崎司が独走して見事なシュートで先制! レッズサポの目の前での司のゴールは気分良かったっす! 奴らを黙らせてやったって感じで。

_20181124_150029
そういえば、レッズの選手紹介時に(湘南出身の)武富の名が呼ばれた時には、ベルマーレ側から拍手が起きていたのですが、逆に梅崎の名が呼ばれた時にはレッズ側から大ブーイングでした。ま、お国柄ならぬ「チーム柄」ってやつなんでしょうけれど。

Dsc_3186
後半にも菊地俊介のシュートで加点した湘南は、その後1点を取られたものの、しっかり逃げ切り、2-1と勝利! 浦和には今期アウェイでもホームでも勝ちました!! これまでのベルマーレには考えられない進歩だと思います。

_20181124_170428

これで勝ち点40にまで積み上がったのに、ということは通常の年なら残留できる成績なのに、今年はあまりに接戦のため、最終節まで持ち越しとなりました。

_20181124_170242
試合後にはホーム最終戦恒例のセレモニー。ユースやアカデミーの選手たちも整列してのご挨拶。高山キャプテンや曺監督、水谷社長のスピーチに続いて、突然島村毅の引退が発表されました。

_20181124_170710

今年は若手の成長で出番の少なかったシマさん。強烈な超絶シュートを決める一方で、簡単なのを外すような意外性のある、ちょっとヘンな、愛すべき選手でした。でも、ちょっと話長かったよ、シマさん。

いずれにせよ、次節の名古屋戦できちんと残留してくれないと! まあ、落ちるわけないって気持ちでずっといるんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月20日 (火)

日本代表の2試合と選手の見極め #サッカー日本代表

サッカー日本代表の年内最終強化試合2連戦、ベネズエラ戦とキルギス戦をTVで見ました。来年1月のアジアカップに向けた選手たちの序列も見えて来たと思います。森保監督としても、連れて行く選手の見極めが大体できたのではないでしょうか。

前線の4枚は、大迫、中島、南野、堂安で固まったなって印象。このメンバーが揃うと圧倒的に素晴らしい化学反応が起きることは、今日のキルギス戦での交代前と交代後の差によっても明らかです。あとは原口をどう使うかっていう問題ですね。ぜいたくな悩みですけど。あと、4年後を考えたチーム作りとしては、もう香川も乾も(もちろん本田も)遠慮していただこうってところでしょう。それでいいと思います。

ボランチは遠藤航が一番手になりました。そこに柴崎を絡ませるか、でも三竿も守田(足元の技術が高かった)もいいよね、って感じ。青山はこのチームの初期における森保イズムの伝道師なのでしょう。オシム・ジャパンの最初の頃、JEF千葉の選手が多く使われたのと同じことです。

左サイドバックはもちろん長友ですが、守り重視なら佐々木、攻撃重視なら山中なのでしょう。右は、言うまでもなく酒井宏樹でして、やはり室屋との差はまだ大きいと思います。

センターバックに関しては、吉田、富安で決まりでは? サブとして三浦弦太と槙野。 そしてGKは難しいところですが、経験を重視すれば東口が一番手なのでしょう。でも大江戸は、将来を期待してシュミット・ダニエルを推したいですねー。

何にしても、この2試合で東口以外は全員(しかもそこそこ長い時間)試すことができたというのは、大きかったです。1試合目と2試合目の先発メンバーを全員チェンジしたっていうのは、この時期において正しいあり方だと思います。ま、それを可能にしたマッチメイクも、褒めてあげるべきですけど。

それにしても、今の超絶キレキレの中島翔哉を見てると、この人をロシアW杯で見たかったと思えてなりません(その場合、乾をどうするんだってのはありますけど)。中島選手、好事魔多しですから、怪我にだけは気をつけてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

「砕かれたハリルホジッチ・プラン」:ハリルのロシア大会を観たかった!  #ハリルホジッチ  #サッカー日本代表

_20181114_231846_2
しばらく前、今年の5月に緊急出版された本ですが、星海社親書『砕かれたハリルホジッチ・プラン 日本サッカーにビジョンはあるか?』(五百蔵容)を読みました。

もともとは今夏のW杯における日本戦を読み解くための副読本として出版を予定していたのだそうですが、4月27日の突然のハリルホジッチ解任を受けて、急遽構成を改めて、書き換えたそうです。

本書は極めて冷静に、理論的に、深い洞察力で、ハリルホジッチ監督の就任の経緯からその思想、日本サッカーを本気で良くしようとした思い、戦略家としての実績などを例証し、分析していきます。中でも戦術の分析・解説には、かなりの紙幅を費やしています。 通して読んでみると、ロシア大会に向けて、想定通りの順調な歩みを進めていたことが分かりますし、その3年間の結実として大きな実りを得るはずだったロシア大会に彼がいなかったことが残念でなりません。

かえすがえすも「コミュニケーションの問題」という訳の分からない理由で彼が解任されたことが悔しくてたまりませんし、ロシア大会が「結果オーライ」になっちゃってることが残念です。もしかしたら、その先まで行けたかもしれないのに・・・と思わざるを得ない本なのです。

元日本サッカー協会技術委委員長の霜田正浩氏の証言及びハリルホジッチの遺した話が巻末にあるのですが、それを読むと、いかにハリルホジッチが真剣で、的確で、日本にとって必要な監督だったかが、よくわかります。 まったく(日本サッカー協会会長の)田嶋と(監督をサポートすべき技術委員長だった)西野は、なんてことをしてくれたんだー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月27日 (土)

湘南、ルヴァンカップで優勝!!!  #ベルマーレ #ルヴァンカップ

_20181027_122449
とうとうこの日が来ました。YBCルヴァンカップ決勝で、湘南ベルマーレが初優勝を遂げました! 信じられません。クラブ創立50周年の節目に…。 去年はJ2で戦ってたチームなのに。 決勝という晴れがましい舞台に立ち会えるだけで満足だったのですが、まさに望外のプレゼントでした!

_20181027_122924

大江戸はキックオフ2時間前に埼玉スタジアムに到着し、コンコースで熊本ラーメンを食べたりビールを飲んだりしながら、ゆったりとこの貴重な時間を楽しみました。

_20181027_191459

今日の小生は、バックスタンドの湘南側。コーナーポストに近いあたりの1階席です。ゴール裏のサポ席にしようかとも迷ったのですが、この大事な試合をきっちり(試合として)目撃したかったのと、TV画面に映ったバックスタンドの黄緑比率を少しでも上げたかったので。

_20181027_190606

そして、ああ、長年この景色が見たかったのです。大きなスタジアムのゴール裏がライトグリーンで埋め尽くされる光景。素晴らしかったです。大きな力と平和とを感じました。

_20181027_191202

杉岡のシュートが決まった瞬間の、あの歓喜の爆発! 1点を守り抜く終盤の体を張った泥臭い粘り(これが昨年来の勝ちパターンの一つ)。そして最後まで衰えない走力。打ち合いと予想された試合は、1-0決着となりました。

_20181027_190651
そして4分のアディショナルタイムの果てのホイッスル。湘南がルヴァンカップ初優勝を獲得しました。喜びを爆発させる選手たちを見て、そしてこれまでの長く辛い日々を思って、ちょっと泣きそうでした。

Dscn2736_convert_20181027232637
メインスタンドでメダルを受け、カップを高々と掲げる選手たち。いやあ、優勝って本当にいいもんですね。

優勝賞金は1億5千万円! これがあれば嫌な形で選手を引き抜かれることも防げるのでしょうか?

_20181027_164339_2

勝利のダンスも盛大に、そしてカンピオーネの歌が轟きます。 それにしても、タイトル獲得にはもう2-3年かかると思っていたのですが、あっさり取っちゃいましたねー。さすがは「結果にコミット」するライザップ効果です。J2でも弱かった時のことを思うと、感慨もひとしお・・・。

Dscn2742_convert_20181028000443

ああ、幸せです。次々と続く記念撮影や胴上げなどを見ながら、しばらくスタンドに居残って、しみじみと噛みしめ、味わったのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月26日 (金)

浦和で偶然!  #ルヴァンカップ決勝  #ベルマーレ

_20181026_173630
お仕事で浦和に行きました。駅を出るとすぐ正面に「URAWA SOCCER TOWN」の表示。レッズのバナーは、多くの街灯についております。

_20181026_125516

こんな自動販売機もありました。まあ平塚にはキングベルⅠ世の自販機がありますからね。収益の一部がクラブに入るのでしょう。

_20181026_173820
サッカーボールの次のポールに乗ってるのは、レッズのマスコットです。

_20181026_173607

そして、伊勢丹前の「浦和うなこちゃん」(🄫やなせたかし先生)像。以前小生が見たのは、駅の真ん前にあったもっと小さい黒光りしたやつでした。確か盗難にあったかなんかでなくなっちゃったんじゃなかったかなー。ググればわかるけど、まあいいや。そこまでうなこちゃんに興味ないし。

_20181026_173545
で、ちょっと歩くとこんな昭和アナーキーなお店があったりします。下着・靴下専門店フランス屋・・・トレ・ボンなエスプリが香りますね。豹柄タイツもありました。

_20181026_125457
そもそも何しに浦和に来たかというと、まあ会議なんですけど、会場のロイヤルパインズホテルって所に行ったら、ロビーにYBCルヴァンカップのパネルがズラリ。へーと思ったら、なんと「ルヴァンカップの前夜祭がこのホテルで開かれるので、予定していた会場より小さな部屋に変更となりました。」ですと(笑) 小生にしてみれば、「あ、それだったらいいよ、いいよ。」なんですけど、他の人がどう思ったかは知りません。

_20181026_173845

帰る時には、入口にベルマーレ、マリノスのマークが! いやー、それにしても何たる偶然でしょう。明日はベルマーレが勝っちゃうんじゃんないでしょうか? レッズ出身の梅崎、岡本も絶好調ですしね。

まあ、でも小生は決勝という晴れがましい舞台に立ち会えるだけで満足なんです。長年夢見て来た、というか、ほとんどそんな晴れがましさとは縁がない日々を過ごして来て、ようやく・・・ですから。もし勝てたなら、それは望外の喜びってもんで・・・、おまけみたいなもんです。

帰りはレッズサポの聖地、居酒屋「力(りき)」の前を通りましたたが、黄緑のベルマーレ・ケースを着た小生のスマホで撮影する勇気はありませんでした。くわばらくわばら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月16日 (火)

日本、ウルグアイに素晴らしい勝利! #サッカー日本代表

キリンチャレンジカップ2戦目の日本vs.ウルグアイ戦。いやー、凄いことです。FIFAランキング5位のウルグアイに4-3で勝ってしまいました! ウルグアイは数日前の試合でも韓国に1-2で敗れて、東アジア勢に連敗です。なので、今日はそれなりに本気だったと思うのですが、脅威は感じませんでした。スアレスもいなかったし。

とにかく内容的には完全に勝っていました。日本のやりたい&やるべきサッカーができていた中で、きっちり崩して4点も取れたわけですから。これまでの日本の強みだった「アジリティとコンビネーション」は保ちながら、みんなに「個の力」が備わっておりました(急に備わったはずもないのですが)。そこが現在の凄いところ。大迫や長友のキープ力は言うまでもなく、酒井宏樹も遠藤航(前半はミスも多かったのですが)も、1対1で負けない強さがありました。

そして、前線の新戦力トリオ=南野、中島、堂安の前へ前へという推進力、機敏さ、ドリブル突破力、うまさ! 今更ながらロシアに連れて行っておきたかった3人です。イキが良くて、コンビネーションも合ってて、気持ちいい限りです。「こういう日本サッカーが見たかった」を体現してくれてます。

親善試合で5人まで交代OKなのに、日本は2人しか代えませんでした。そこに、「ウルグアイに勝つ!」という真剣度が現れてますよね。とにかくうまく行ってたので、代えるに代えられなかったって感じでもありましたけど。

いずれにせよ、あの堅守ウルグアイから4点も取ったってのは、スゴ過ぎです。とは言え、3失点というのは課題には違いありません。でも追いつかれてもまた突き放す戦いができたのは、頼もしい限りです。 そして、これだけ上手に世代の融合と世代交代ができちゃったというのも、素晴らしいことです。 もう本田はいらないと、多くの人が確信したことでありましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧