2018年7月17日 (火)

ワールドカップが終わっちゃったぁ

ああ、早くも「ワールドカップ・ロス」って感じ・・・。

フランスの優勝で幕を閉じた今回のFIFAワールドカップ・ロシア大会。全体的に「良い大会」でした。VARの導入で、反則の少ない、フェアな、そして得点数の多い試合が行われました。

前にも書きましたが、大江戸は16強決定時の予想で「決勝はフランスとクロアチアで、優勝はフランス」と見事に的中させました。すごい!えらい! でも決勝戦のTV中継では、クロアチアを応援して見てました。いやー、クロアチア、最後までいいサッカーしてました。走力と組織力とコンビネーション、そして誰もがシューターになれるという、日本が見習うべきタイプのサッカー。ベルマーレのサッカーにも結構似ていますね(もちろんレベルは大違いでしたが)。

クロアチアは敗れたものの、モドリッチがMVPに当たる「ゴールデンボール賞」を受けたのが、嬉しかったです。グリーズマンでもポグバでもなく、彼をMVPに選んだ関係者のはからいというか選考眼に感動しました。グッドルーザーであったクロアチアチームを代表して、という感覚もあったでしょうからね。それに「あの華奢なモドリッチにできるんだったら、日本選手にだってできる」って思えて来るじゃないですかー。 そしてマンジュキッチって、「万寿吉」=いやー、めでたいです。

クロアチアは’98年のフランス大会で3位、今大会で2位ですから、また20年後に初優勝ってことかも知れません。それぐらい果てしなき道です。なのに日本チームでH選手とかが、馬鹿みたいに優勝、優勝と口にするのが恥ずかしいです。自分を鼓舞するためなら、心の中でやっていただきたい。次回は「ベスト8を狙う」と言って、そこへの努力をする選手たちであって欲しいと思います。

あー、早く来ないかなー、カタール大会。←まだ4年あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

決勝はフランスvs.クロアチア(いいね)

FIFAワールドカップ・ロシア大会の決勝がフランスvs.クロアチアと決まりましたね。

ふふふ。実は小生、16強が決まった段階でトーナメント表を見ながら、こことここだとこっちが勝って・・・という予想を行い、決勝はフランスvs.クロアチアと予言していたのです。あら、すごい。皆さまは「今さらそんな事言われたって、知らねーよ」とお思いでしょうけれど、事実そうなのです。 更に言えば、ベスト8が決まった段階で残り試合の「こっちが勝つ」を選んで、これまで1試合以外はすべて当たっております。外したのは、ブラジルがベルギーに負けた試合だけ。

開催地がヨーロッパ(とアジアの間ですが)ということもあり、これまでの例からも南米チームは勝ち進めないと思いましたし、VAR(ヴィデオ・アシスタント・レフェリー)の導入で、ズルが通用しなくなりましたから。

で、小生はフランスが優勝と予想しておりました。これも当たるかどうかは、数日後にわかります。ま、当たっても嬉しいし(何ももらえないけど)、逆にクロアチアが勝っても、大江戸のごひいきチームなので嬉しいって寸法です。 今回のクロアチアは、まず華奢なモドリッチのうまさが素敵ですし、走って組織で守って、テクニックとコンビネーションで球を回して・・・というあたりが、日本のお手本になりそうですし、こういうサッカーが好きなんです。日本が学ぶべきしたたかさも、粘り強さもありますしね。ユニフォームも濃紺地の市松模様と赤ピンクの背番号&ネームで、洗練されたカッコ良さです。

でも決勝までの休養はフランスの方が1日長く取れますし、クロアチアは何と言っても決勝トーナメントで3試合連続120分を戦っておりますからねえ・・・。 しかしながら決勝は特別ですから、どっちがどうなるかはわかりません。楽しみです。

かくいう小生ですが、大会前の優勝候補に推していたのはドイツ! 見事に3試合で散ってしまいました。 そして得点王には、決勝トーナメントに入ったところでエムベパを推したのですが、これも決勝でハットトリックしない限りは無理のようです。さて、どうなりますやら。 残すところ64試合中最後の2試合のみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

「BELLMARE 50th MEMORIAL BOOK 1968-2018」:堂々の五十年史

_20180711_223324
何か月も前に買った本ではありますが、『BELLMARE 50th MEMORIAL BOOK 1968-2018』、その名の通り湘南ベルマーレの創設50周年を記念した180ページ・オールカラーの豪華本です。これで2,000円とは、安過ぎます!

前進である藤和不動産サッカー部以来フジタ~ベルマーレ平塚~湘南ベルマーレという半世紀の歩みを、写真と文章で綴った五十年史。選手や元選手、そしてチーム関係者へのインタビューが充実しています(高田保則の顔なんか久しぶりに見たな)。もちろん中田英寿のインタビューもありますよ。セルジオ越後さんも、藤和時代に在籍していたんですよねえ。

巻末の記録集(チーム記録、個人記録、選手一覧、背番号の変遷)も、じっくり見てしまう面白さと懐かしさです。

歴史を通して、このクラブは「自由」だったし、攻撃好きの「暴れん坊」だったんだなあと再確認もできました。愛すべきクラブです。

今年はライザップとの提携で大きなターニングポイントを迎えたベルマーレ。新たなスタジアム構想も含めて、これからがますます楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

見えていたのに・・・日本のW杯終戦

日本代表のロシア・ワールドカップが終わりました。午前3時キックオフの試合の決着がついた時にはもう明るくなっていましたが、本当にくやしい一戦でした。あと少しで8強に手が届いたのに。見えていたのに・・・。

劣勢の前半を辛抱強く0-0で守り切り、迎えた後半3分と7分の2得点の鮮やかさ! 世界中の人(含ベルギー)が、日本の勝ちだと思ったことでしょう。 原口の疾走と柴崎の見事なパス! ゲームプラン通りといった感じの1点目。そして香川のタメから、乾のワールドクラスのミドルシュート。本当に胸のすくような見事な2得点でした。あのポーランド戦の不名誉トーンを、完全に塗り替えてくれました。

しかし・・・あの、ふんわりぽこんのゴール(ベルギーの1点目)が分かれ目でしたねえ。あれ、川島はなんとかしようが無かったのでしょうか? そして、あと30秒持ちこたえたら延長という場面での失点。あの時間帯で、コーナーキックからのカウンターは一番注意すべきポイントなのに。みんなわかっていたろうに…。なぜ人数を残しておかなかったのでしょうか?ベンチが指示しなかったのでしょうか? そして功名への焦りか、1戦目の大迫ヘッドの記憶の再現だったのか、本田があそこでカウンターしやすいボールをキーパーに蹴ってしまったことが、悔やまれます。 はい、これがサッカーの怖さ、強豪の怖さであります。経験を積み重ねてだいぶ大人になった日本チームでしたが、でもまだ経験の足りない部分もいろいろあるということでしょう。

でも16強進出がフロックではないと示すことができたと思いますし、ほろ苦いけど顔を上げてロシアを去ることができます。世界からも高評価を得られたようで、安堵しました。 出場できなかった大島、遠藤、植田と控えキーパー東口、中村も、お疲れ様でした。くやしかったことと思います。4年後は、これをバネに主力で活躍してください! それにしてもW杯6大会(連続)出場で、うち(半分の)3回が決勝トーナメント進出って、大したもんですよね。

あ、それとセネガルの審判団、見事でした。何も気になる所が無い的確かつスマートなレフェリーイングで、スムーズに試合を裁いてくれました。「日本への恨みで、不利なジャッジをしてくるんじゃないの?」などと、ちらりとでも思ったことが恥ずかしくなるようなフェアー・ジャッジでした。

さて、西野さんの続投(続蹴?)はあるのか? 長谷部の次のキャプテンは誰なのか? などなど、これから先も目が離せませんね。 既に次の2022カタール大会が待ち遠しくてなりません。   ああ、やっぱりフットボールは素晴らしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月29日 (金)

日本16強、微妙だけど次が重要

FIFAワールドカップ、グループリーグ第3戦で、日本は0-1でポーランドに敗れ、しかしながら1勝1敗1分けで決勝トーナメント進出を果たしました。6大会(連続)出場で、うち3大会はベスト16に入ってるって、これけっこうスゴイことです。

でもやはりスッキリしませんし、複雑です。2位通過が決まった時、あんまり喜べなかったですもんねー。 でも、ああいう談合的なボール回しって、サッカーの大会ではしばしばあることです。しかしながら、まだ10数分を残した段階からやるのは、少し早過ぎるのではないでしょうか? しかも、相当のリスクを伴っていたわけですから(セネガルの得点の可能性はそんなに低くはないはず)。  結果オーライになったけど、同じリスクを冒すんだったら、点を取りに行って欲しかったという思いは当然あります。ポーランドの足が止まって来て、取れそうな流れでしたし。まあ、選手たちこそ点を取りに行きたかったでしょうけれど・・・。

いずれにせよ、生涯一度の思い出としてスタジアムにワールドカップを樂しみに来たロシア人観客には申し訳なかったし、1、2戦の健闘と高評価を消し去るような(反スポーツマン的な)印象になってしまったことは残念です。最終戦でドイツに奇蹟の勝利を収め、グループリーグ敗退したのに意気揚々と帰れる韓国代表とは対照的な感じですね。 西野さんも「私のことは嫌いになっても、日本代表の事を嫌いにならないでください」とか言えば良かったのに。

まあ、結局は次のベルギー戦の結果次第ですね。勝てば官軍、負ければ賊軍ってやつです。 ポーランド戦で先発6人を代えた西野さんのチームマネージメントは、決勝トーナメントを見据えた場合、当然だし有効だと思っている大江戸としては、ここでぜひもう1つ勝って欲しいのです(それ以上の高望みはしません)。

最悪のキックオフ時間(午前3時)だけど、見届けねば!

ところで川島、スーパーセーブとか言われて、急に評価が上向きましたけど、横っ飛びにしても前への飛び出しにしても、あれ普通のセーブだと思いますけどねえ。一番の殊勲は、槙野のあわやオウンゴールをきっちり弾き出したことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

日本、セネガルに判定勝ち(があればなあ・・・)

FIFAワールドカップ、日本の2戦目の相手はセネガル。結果はご存じの通り2-2で勝ち点1を手にして、4チーム中1位でポーランド戦を迎えることになりました。大会前には全く予想が出来なかったような好成績です。

でも、確かにいいチームです。前へ、ゴールへと向かう意思が明確で、ハリルホジッチの遺産的な部分とそうでない部分(つないで崩す)のハイブリッド的融合が、非常にうまく行っているのです。それを可能にしたのは、柴崎ではないでしょうか。遠藤保仁が抜けた穴という大きな課題を完全にクリアしました。あの落ち着き、あの展開力、あのスルーパス。しかも危機の芽をつぶしまくる守備への貢献! 「守る遠藤(保仁)」って感じの大活躍です。

そして乾。ドリブルやパスのミスが結構あるとか、倒れすぎるんで時々ファウルを取ってもらえないでピンチを招くとかありますけど、今日も1得点1アシストでしたし、ゴール前で仕事をしてくれる人です。

柴崎、乾=シバイヌが良かったです。そして2試合通して悪くない、いや、かなりいいのが昌子。この活躍は、ちょっとした嬉しいサプライズです。 もちろん香川や長友や酒井宏樹のクォリティが高いのは、言うまでもありません。日本は両サイドが活性化している時は、うまく戦えるのです。

本田の事はさんざん悪く言ってきた大江戸ですが、なんだかんだ言って、「持って」ますねえ、この人。3大会連続ゴールとは、恐れ入りやした。でもあの場面では、手前でつぶれた岡崎が見事でした。 このように好調なベテラン組の中で、ただ一人「頼むから出さないでくれ!」っていうひどさなのが、GK川島。世界中から叩かれておりますが、そりゃあ2試合連続であんなミスやらかしてりゃあね。東口、中村どっちでもいいから、ポーランド戦は代えてね。

「勝てた試合だったよなあ」という気持ちの方が、「負けなくて良かった」という気持ちよりも強かった試合でした。サッカーに「判定勝ち」があれば、日本の勝ちでしたね。 さあて、木曜夜のポーランド戦も、自信を持ってやっちゃってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

西野ジャパン、コロンビアに勝っちゃった!!!

2018FIFAワールドカップ・ロシア大会の日本の初戦=コロンビア戦。先発メンバーは概ね予想通りでしたが、センターバックで吉田と組むのが槙野ではなくて昌子だってのが意外。コロンビアはハメス・ロドリゲスが先発を外れてくれたのが、ありがたい。本田も先発を外れてたのが、ありがたい。

で、前半3分のラッキーなレッドカード(まあ手による決定的な得点機の阻止なので、レッドでいいんですけど)で6分に香川が決めたPKで先制! しかも相手はいきなり10人に! でもコロンビア相手なんだから、ちょうどいいぐらいのハンディキャップでしょ。 しかしながら39分に、今度はアンラッキーなFKから失点。1-1で前半を終えたわけですが、日本、ちょっとパスミス多過ぎでした。ほとんどパスがつながらず、10人になった相手がプレスをかけて来なくなったので、助かった感じ。 それと・・・乾も大迫も、決めとけよなーー!!

しかし後半は10人のコロンビアもどんどん疲弊していき、日本がボールを支配しまくり。だけど、いくつもの決定機を相変わらず決められません。でも73分に本田のCKを大迫が頭でたたき込んで2-1! 普通なら、残りの時間がもっとハラハラドキドキになるのですが、もうコロンビアに力が残っていなかったので、日本が楽にボールを回すことが出来て、とにかくリスクを冒さずに時計を進めていきました。5分と長いアディショナルタイムの後には、望外の勝ち点3が待っていました! いやー、驚いた。希望的観測で「勝ち点1が取れればいいなあ」と思っていたのに、まさかの勝利とは! 西野さんってやっぱり「奇跡を起こす男」なんですねえ。大いなるアップセット(番狂わせ)でした。

ただ最後まで日本のパスはミスが多く、お恥ずかしい限りでした。サイドチェンジのボールの多くは長過ぎてタッチラインを越えて行きましたし。 また長友と乾の息が合わない場面が後半途中までやたらとあって、頭を抱えました。 それと、途中出場の本田はCKで得点をアシストしたものの、それ以外はミスも多く、ポジショニングも悪く、足は遅く、あんまり役に立っておりませんでした。 あと川島、飛ぶ所が違うだろー(最初からゴールライン割ってるぞー)。

最終的には相手が10人だった事に大いに助けられました。ハリルホジッチ擁護派、田嶋会長反対派の大江戸としては複雑なところもあるのですが、いずれにせよたっぷり楽しませていただきました。やっぱりワールドカップは特別ですね。あと2試合で終わらずに、もっと楽しませていただきたいものです。2試合目のセネガル戦は、たぶんメンバーを相当替えて来ると思うんですよね。試合感覚のない中、勝ち抜くための西野流マネージメントってやつです(ま、ほかの監督でもやるでしょうけれど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

本田がいないとうまくいく

昨夜のW杯前最後の親善試合、日本代表vs.パラグアイ代表をTV観戦。周知のとおり4-2で日本の勝利でしたが、結果もさることながら、ここのところ何一つ良い材料が無かった日本代表(数日前のガーナ戦、ひどかったですもんねえ)に、多少の光明が射した試合でした。いわゆる「Bチーム」が先発したわけですが、「Aよりも良かった」という時々あるパターンで、W杯初戦1週間前に、いくつかの示唆と希望が与えられたのです。

一番良かったのは、(前からわかっていたことですが)「本田がいないとうまくいく」ってのがハッキリしたこと。あいつの脚の遅さ、判断の遅さ、ボールロスト、決定力の無さ、そのくせフリーキック蹴りたがることなど、チームにとって害ばかりなのに、何度も使えないところ見せたのに、それでも・・・というインチキな状況から、ようやく脱却できるのでしょうか? それができなきゃ、もう終わりです。ガーナ戦でも、彼が出てる間はチームが全然機能しませんでしたもんねえ。

他の選手たちは良かったですよー。香川も乾も岡崎も。香川の得点シーンは見事な個人技でしたが、一方で絶対外しちゃいけない簡単なシュートを外した場面では驚いてがっかりしましたが・・・。 それと、左SBに入った酒井高徳がやけに良かったなあ(右であそこまで良かったことはないのに)。一方右SBに入った遠藤航は、ミス続きでいいとこなしでした。今回唯一のベルマーレ在籍経験ありの選手なだけに、ちょっと残念です。山口蛍が今年に入ってずーっとミスだらけでスランプなのも、気になります。

西野監督に代わってからの3試合で、どの選手が使える、どの選手が使えないってのが、かなりハッキリしたと思います。さあ、西野さんは勇気ある決断を持って(あの人やあの人を外してくれるといいなあ)、コロンビア戦のスタメンを組んでくれるでしょうか?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

湘南、ライザップ効果で3-0完勝!

_20180602_184859
J1リーグはワールドカップ期間の中断で、2か月近く試合がありませんが、ルヴァンカップと天皇杯は行われるのです。てなわけで、BMWスタジアムに行って来ました。YBCルヴァンカップ・プレーオフステージ初戦の湘南vs.仙台の一戦(6月2日)。

まずはフードパークに出店していたシュラスコ丼でパワーを! 牛肉と鶏肉と上質なソーセージを使用。ソーセージが一番おいしかったなあ。

_20180602_220534

本日は

「ライザップ・スペシャルデー」ということで、いろんなイベントがありましたが、試合前の映像で、なんと曺貴裁監督がライザップのボディメイクにチャレンジすると宣言!! かなりウケてましたが、TVCMにも出ちゃったりするのでしょうか? うーむ。スマートな曺さん、・・・違和感ありますねえ。

_20180602_220554

近くの席では、「その次は会長が」ってな声も飛んでおりました。そうだそうだ。で、その次はキングベルも!

_20180602_220326
更に笑えたのは、背番号のカウントダウンで出て来る「あおり映像」がいつもと違って、黒地に金文字で背番号、そして上半身裸の選手たちがポーズをとって筋肉を見せつけているものだったこと。

_20180602_220310

まさにライザップ! かなり笑えました。最後の曺監督だけはハダカになりませんでした(笑)→肉体改造後には、ぜひ。

Dsc_2678
で、試合は早速「結果にコミット」! 3-0でベルマーレが完勝し、情けない敗北を喫したリーグ戦の仇討ちを果たしました。ベガルタを0点に押さえられたというのも、大きいです(アウェイゴールってことにおいて)。

_20180602_215130
梅崎がついに覚醒して2得点を挙げました。試合後はサポ席前でメガホンで語ったウメが去る時にチャントが鳴りやまず、ちょっと感動的でした。

今日はどのプレイヤーも最高でした。ベルマーレらしいサッカーを体現し、積極性と素晴らしいパフォーマンスで、ベガルタを圧倒していました。日本代表みたいに、走らない、積極的に奪いに行かない、ゴールを目指さないなんてことはなかったので、気持ち良い限りです。

_20180602_215241
野田は先発するようになってからずっと頼もしいし、運動量もキープ力も素晴らしいです。そして、左ウイングバックで先発した表原がキレッキレでした。ドリブルでぐいぐい抜いてって、反転したり狭いところ通したり・・・、あんなにスーパーな表原は初めて見ました。

_20180602_195720_convert_2018060300

これで2ndレグで油断さえしなければ、仙台を下してのベスト8進出が決まります。そうなったら、後は勢いで決勝まで行っちゃいましょうよ! 遠慮は無用。ルヴァンカップは本気で獲りに行っちゃいましょう!

ベルマーレクイーンも喜んで、勝利のダンスなのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

言わんこっちゃない

ワールドカップ・ロシア大会前の国内最終試合、日本vs.ガーナをTV観戦。いやあー、稀に見るひどい試合でした。0-2という結果以上に、内容がドイヒー。 だあーかあーらあー言ったんですよ、3年の積み上げを捨てて大会2か月前に監督を替えたって、「百害あって一利なし」だって。

まあある意味思った通りだったのですが、それにしてもW杯出場国として恥ずかしい試合でした。試合終了時にはTVでもわかるほどのブーイングが起きていましたが、まあ当然ですよね。こんな雨の中、6万4千人も観に来てくれたのに、これではね。 前日のインタビューでは、みんな「気持ちのこもった試合をする」「すべてをかける」みたいなこと言ってたけど、とてもそのようには見えませんでした。

協会や広告会社やスポンサーが期待したであろう本田、香川、岡崎もいいとこなし。柴崎や武藤もミスが多く、期待に届かず。小生が個人的に期待していた井手口は、やはり試合勘が鈍っているのか、これまたミスだらけでいいとこなしでした。 こんなんじゃ、明日の23人メンバー発表に向けての判断材料になりゃしないと思うのですが、どうなんでしょう?

だから、明日のメンバー発表にはサプライズに期待しちゃいます。絶対、中島翔哉や中村憲剛を入れるべきだよなーと思いつつも、そんなことは起きないだろうなあともわかっちゃうのですが、さて・・・。

現時点の26人から3人落とすんだったら、本田、香川、岡崎でいいじゃんなどと思ってしまうわけですが、そうはならないんでしょうね(でも一人二人落ちることはあり得るのでは?)。

いずれにしても、今日の試合ぐらい日本代表を応援できなかったことは初めてですし、ワールドカップ間近なのに、こんなに何も期待できないってことも(悲しいことに)初めてです。 田嶋会長、どうしてくれるんですか!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧