2018年9月15日 (土)

NHK BSの「イニエスタまつり」に思う

今晩のNHK BS-1でやっていたJ1中継、ヴィッセル神戸vs.ガンバ大阪は、『今夜はたっぷりイニエスタ』と題した特別企画でした(普通の中継は102のサブチャンネルでやっていました)。とにかくイニエスタを追って、すべてイニエスタだけに絞ってという企画で、イニエスタだけを追うカメラを4台追加! 早野さんと森岡隆三さんの解説も(実況も)イニエスタのことだけ。画面は2分割、3分割となり、ゲーム映像に加えて、常にイニエスタのショットを映しているという、見たことのない世界でした。

NHKは昨年も浦和-FC東京戦で、両ゴールキーパーに焦点を絞った中継をやってくれて、なかなか面白い試みだったのですが、今回は1選手に絞ったわけです。そういえば、GK篇に続いてCB(センターバック)篇とかSB(サイドバック)篇とかやってくれるのかと思ったのですが、いまだにやってませんねえ。

まあ、基本的に試合の面白さは味わえないので、たまにしか見たくはないけど、たまにならオッケーっすよね。というか、ありがたい企画です。解説者も元一流選手なわけで、その経験から、イニエスタのプレイ一つ一つの分析をかなり細かくやってくれました。技術のこと、プレイの意図、相手選手や味方選手との関係などなど・・・、確かに勉強になります。

イニエスタは「さすが!!」と感心すべきスーパー・プレイをいくつも見せてくれました。そして、後半26分にピッチを去った(まだコンディションが万全ではないため)のですが、その後もけっこうベンチにいるイニエスタの顔を映し出したりしていました。 とにかく次元が違うので、神戸の選手たちが合わせられないのです。スーパーなパスが通っても、なかなかうまくいきません。今日はポドルスキが欠場だったので、ますます一人相撲の感がありました(まあ、神戸の得点シーンだけはうまくいきましたが)。それでも嫌な顔一つ見せずに、淡々とプレイし続けるイニエスタ。人格者です。

びっくりしたのが、71分に退くまで「スプリント回数」が0だったこと! 確かに、常にふらふらとゆっくり歩いているだけみたいな印象でした。 でも、解説者たちは「イニエスタの真似をすることが、子供たちとっても有益」みたいなことを言ってましたが、それは違うんじゃないかなー。彼のプレイスタイルは、イニエスタだからできる、イニエスタだから許されるものであって、そこらの選手や、ましてや子供たちが真似たら、それはサボってる、手を抜いてるってことにしかならないんじゃないかなー。真似しようったて、できるもんじゃありませんしね。 ずば抜けて高い才能のある選手たちがいないので、最初から最後まで一所懸命走って、全員でガツガツ守備をして球際で負けないように張り合って、体を張って守り抜くというベルマーレのサッカーを見慣れているだけに、今日の神戸なんか見てると、「よくこんなんでサッカーができるなあ」と思ってしまいましたもん(まあ、わかっていたことではありますが)。 あ、ちなみにガンバが2-1で神戸に逆転勝ちしました。←サッカーは11人でやるもんだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

森保ジャパン初戦、3-0の完勝!

森保ジャパンの初陣となるキリンチャレンジカップ、日本vs.コスタリカ戦@吹田スタジアムをTV観戦。なにしろ北海道の地震の影響で、札幌でのチリ戦が中止になってしまいましたからね。森保監督も試合に出して試せるるメンバーが減ってしまったのは痛いところでしょう。試合前には黙祷が行われておりました。

てなわけで、代表初選出や二度目の選出が多くてフレッシュな選手たちも「たまっていた」みたいで、目覚ましい動きを見せて3-0と完勝しました。とにかく、これだけ安心して気持ちよく見ていられる代表戦は、かなり久々のこと。世代交代で日本以上に若返ったコスタリカ代表が、かなりゆるかったのは事実ですが、試合に出た日本のメンバーたちがみんな良かったです。

特に前線の南野巧実、中島翔哉、堂安律(律くんですね)といったイキのいい若手メンバーと彼らを生かすベテラン小林悠。いやー、躍動してました。もっと点が入ってもしかるべきパフォーマンスでした。中島も堂安も、すっごく守備をするようになりました。それが効いていますよね。それでいて、シュートの積極性もみんな半端ないし。更には交代で最終盤に投入されて、あっという間に得点しちゃった伊東純也の個人技も、インパクトを残しました。

彼らと並ぶぐらい、もしくはそれ以上に存在感を示したのは、右SBの室屋成! 運動量も攻撃性もセンスも、大江戸も前から買っておりましたが、順調に伸びて来ましたね。 遠藤航も海外に出て成長しましたねー。あの落ち着きは昔からですけど、レッズ時代の悪い癖が抜けて、玄人好みのプレイにも更に磨きがかかってきたようです。

ロシア組がほとんど招集されなかったこのチームがこれだけ機能したのですから(いなかったから機能したってのが本当のところでしょうけど)、これからが楽しみでなりません。むしろ、完全若手切り替えって方向で、東京オリンピック経由カタールW杯まで行っちゃいますかあ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

男子サッカー、死闘の果ての銀メダル

アジア大会男子サッカー決勝、日本vs.韓国は0-0からの延長戦で、1-2で韓国が優勝。日本は銀メダルとなりました。

死闘でした。多くは語りませんが、韓国は23歳以下のチームで、オーバーエイジ枠も3人使ったのに対して、日本は21歳以下のチームでオーバーエイジは使わず(2020東京五輪のために、その年代を育成・強化するための編成)。ある意味負けて当然の試合を、よくぞあそこまで粘りました。押されに押されても、なんとか90分守り抜いていただけに、ひょっとすれば昨日の女子のように・・・という思いもあったのですが、・・・力尽きました。

でも全選手が感動を呼ぶような、懸命の、精一杯のプレイでした(ベルマーレの杉岡も奮闘しました)。 また韓国の選手らも、(優勝による)兵役免除が懸かっているだけに必死だったと思います。免除を勝ち取れて良かったですねとは言っておきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月31日 (金)

アジア大会でサッカー女子日本が優勝!

アジア大会の決勝で、日本女子が1-0で中国を下し、2大会ぶりの優勝を果たしました。大柄でフィジカルが強く、リーチも長い中国に相当手こずりましたが、そんな中粘り強くギリギリで守って、我慢して我慢して速攻を決めるという「なでしこジャパン」の王道での勝利。しかもなんとか守って0-0で来て、90分に決勝点が入るという劇的な展開。いやー、なでしこのプライドと伝統をしっかりつないでくれました。このチームは昔から、劣勢で全員が一所懸命な時ほど「らしさ」が出て、うまくいくのです。

なにしろ今大会は熊谷紗希がいないし、宇津木瑠美がいないし、阪口夢穂がいないし、川澄奈穂美もいないという苦しいメンバーで臨んだ大会だけに、若手を使いながらこれで優勝できたっていうのは、(育成面も含めて)大きかったと思います。一人長老として頑張った鮫島キャプテン、よくやりました!

中島や岩渕の頑張りはいつも通りですが、GK山下のスーパーセーブ連発には本当に救われました! 日本女子代表がGKに救われた試合なんて、まず無かったのでは? ついに、山下がここまで育ってくれたのですね。山根の動けなさにハラハラし憤慨していた時代が終わって、良かったです。そして準決勝、決勝と菅沢の勝負強さ(決定力)にも救われました。

来年は女子ワールドカップがあります。再来年は東京オリンピックがあります。そこにつなげるという意味においても、重要なアジア制覇なのでした。堂々としてきた高倉監督、今後ともよろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月26日 (日)

湘南、FC東京とスコアレス・ドロー

Dsc_2872

蒸し暑かった日のナイト・マッチ。Shonan BMWスタジアム平塚で 、湘南ベルマーレ対FC東京を観戦しました。

数日前にチコちゃんに叱られそうなぐらいボーッとしてて、バックスタンド自由席の(ホーム寄り)7ゲートを買ったつもりでいたのに、間違えて6ゲートを買っちゃったので、両チームのファンが入り乱れて観戦してるゾーンでした(ま、いつもの4ゲートと同じだから、いいけど)。

_20180826_181141

夜になっても蒸し暑く、おまけに1万3千人台と、ここにしてはかなり入ったので、狭い椅子でお隣さんとの密着度も高いため、とても暑苦しい観戦でした。

試合前、夕暮れのメインスタンド向こうには、富士山が! そして湘南サポ席の向こうには、丹沢大山が見えておりました。ピッチには散水が行われ・・・って、あれー、こんな装置がいつの間にかできていたのですね。今年からですよねえ?? 知りませんでした。

_20180826_195826

酷暑につき試合中、前半、後半とも中頃に1分間の「飲水タイム」(洗浄の天皇杯・川崎戦でも体験しました)が設けられ、観客にも水分補給が促されます。

_20180826_200052

そしてハーフタイムには、夏のBMWスタジアム恒例の花火がどーんと打ち上がりました。いやあ、風物詩であります。

_20180826_210617

しかし、得点の花火は上がらず、結局0-0の引き分け。久々に勝ち点を取れたのはいいけれど、うーん、今日のFC東京になら勝てたかもという思いも残る試合でした。

_20180826_195934

とにかく堅い試合でして、剣道で竹刀の先を合わせながら、両者攻めこめないような展開。ただ消極的かと言われれば、そんなことはなく、一所懸命同士がぶつかり白熱した試合でもありました。両チームとも決定的な得点機を決めきれなかったり、キーパーがスーパーセーブしたり(秋元、またも当たってました!)で、まあ妥当のドローでもありました。

_20180826_200013
とは言え、前の人数が足りてなくて、点が入る気がしなかったことも事実。右サイドハーフの岡本も、連戦の疲れが見え見えでしたし、山崎や小川も、ちょっと精彩を欠いてありましたねえ。

_20180826_210426

まあ湘南はリーグ戦3連敗なので、勝ち点1が取れて良かったという考え方もありますが、夏休みの大勢のチビッコたちの前で、ホーム3戦連続スコアレスってどうなのよ? あの、得点シーンの興奮と盛り上がりを、せめて1試合に1度は味わせてあげなきゃダメですよねえ。「暴れん坊」の看板に偽りアリです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

天皇杯:湘南、ラウンド16で敗退

Dsc_2843


等々力陸上競技場での天皇杯ラウンド16、川崎vs.湘南戦を、仕事帰りに見て来ました。

試合前の競技場前には、両チームのバスが。

_20180822_200447

バックスタンドの2階席で観戦。席の上の方には、ベルマーレの旗が揺れておりました。

_20180822_195519
なんとかここを勝ち抜いて、準々決勝に進出してもらいたい!という願いを込めて、競技場内で「カツ(勝つ)カレー」を買い求め、ビールと一緒に試合前のディナーです。

_20180822_195449

今日の入場者は8,553人と、平日とは言え少ないですねえ。川崎側も、湘南側も座席には大いにゆとりがありました。でも、コアなサポーターの熱気はいつも通り。

_20180822_195352_2

さて試合ですが、前半のベルマーレは良かったんですよねー。15分に小川慶治朗のゴールで先制すると、一進一退の攻防を繰り広げながら、そのままフロンターレに大した仕事をさせずに前半終了。GK富井のビッグセーブもたびたびありました(後半も含めて)。

_20180822_221153

しかしながら、後半開始早々の失点(47分OG)で同点になってから川崎にリズムをつかまれ、54分に齋藤学の逆転弾が決まると、その後も猛攻を受け、立て直せませんでした。

_20180822_221133

終わってみれば1-3の完敗。湘南の第98回天皇杯は、ここで終了。

うーん、過密日程で試合が続くもので、今日のスタメンには普段試合に出ていないメンバーが多かったですからねえ(それを言ったら、川崎だってそうなのですが、・・・そこが選手層の厚みの差でしょうねえ)。

_20180822_195300

杉岡もアジア大会で不在だったし・・・まあ、たらればですけど。

それにしても今日は蒸し暑かったですね。前半、後半とも、途中で「飲水タイム」がありました。場内アナウンスで、観客にも水分補給を促しておりましたよ(右の写真は飲水タイムの両チーム)。

ベルマーレは、リーグ戦といい本日といい、良い攻めでシュートまでは打てているのですが、とにかくゴールに入らない状況が続いております。今日も後半には、川崎のGKが5秒ほどの間に3回連続でビッグセーブをしたり、終了近くにはミドルシュートがクロスバーに当たったりと、どうしても決めきれませんでした。みんな、もっとシュート練習してよー!

_20180822_195742

明らかに開幕当初の試合よりも、チームの力がアップしていることがわかるのに、上達しているのに、即戦力の山崎や小川の補強も成功しているのに、ここんとこ勝てないのはなぜなんでしょうねえ? どうも曺監督がライザップで痩せてから調子が悪いような・・・。

関係ないけど、ハーフタイムのマスコットたち。キングベルはイルカとカブを従えて、センターを張っております。さすがキングです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

イニエスタの神戸に湘南が完勝!

6時キックオフの神戸-湘南戦をダゾーンで見たのですが、ベルマーレが3-0で完勝!
この試合、イニエスタの日本デビュー戦になるってことで、世間の注目を浴びていたので、ここで勝てば大いなるアピールになると思っていたのですが(逆にここで負けたらみじめさが目立つぞ、と)、希望以上の結果となりました。

とにかく3ゴールとも見事でしたし、縦への速さ、絶え間ないプレスによるボール奪取、前線からの守備、体を張った最終ラインなどベルマーレの良さを存分に出した試合でした。コンパクト・フィールドを実践できていたので、選手間の距離感がとても良かったです。湘南の今シーズン・ベスト・マッチではないでしょうか。金のない弱小クラブが、金持ちクラブをやっつけたという判官びいき的展開もステキですよね。

後半途中出場のイニエスタには、ほとんど仕事をさせませんでしたし、坂圭祐も齊藤未月も嬉しいリーグ戦初ゴールでしたし・・・いやー、気分いいっす。ビールがうまいっす!

(ダイジェスト動画はこちら↓)

https://www.youtube.com/watch?v=DgET17nM8dQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

J1再開、湘南は鳥栖とドロー

_20180718_211441_convert_2018071823

ワールドカップのため5月中旬から長らく中断していたJ1リーグが、本日から再開しました。ってわけで、仕事帰りにダッシュして平塚へ向かい、駅前の崎陽軒売店でシウマイ弁当を買って、(バスじゃ間に合わそうだったので)タクシーを使って、BMWスタジアムの湘南-鳥栖戦に駆けつけました。入場してビール買って席に着いたら、すぐに円陣組んでキックオフのタイミング。ギリギリセーフでした。

_20180718_234116

で、本日の太っ腹プレゼント。先着1万名にベルマーレ・ビーチサンダルをくれるという企画で、サイズは2種類(ま、男用、女用っていう感じですね)。まあビーサンなんて100円ショップにもあるぐらいだから、高くはないんでしょうけれど、でも入場者プレゼントとしてはかなり良いものですよね。ただ本日の入場者は(鳥栖サポを入れても)9,229人ってことで、(平日にしては健闘したのですが)余っちゃいましたね。

_20180718_211504_2

ナイトマッチなので、暑さはやや和らぎましたが、湿度が異様に高く、多少霧というかモヤというかが発生しており、選手たちも汗かくよなーって気候。で、毎回ワールドカップの後にJリーグ見ると感じることなのですが、あまりの技術の差にめまいがしそうでした。ちょっと違うスポーツのような…とまで言っては言い過ぎでしょうか。とにかく、ボールをきちんと止める、しっかりねらった所に蹴る、という基本技術のレベルを上げるしかないと思います。

_20180718_214853

前半は両チームとも探り合いみたいに慎重なスコアレス。後半にベルマーレが先制するも、サガンが追いついて、結局は1-1のドローでした。  高橋諒の得点が、ジャンプしながら奥の方の足のヒールで流し込むという、おしゃれなシュート! 狙ったんだか偶然なのかわかりませんが、ラブリーな一撃でした。高橋、金髪にしたんで、その効果ですかね?

_20180718_211234
試合終了の笛が鳴ると、湘南の選手の方が多く倒れ込んでいました。蒸し暑さの中、かなり消耗した試合だったのでしょう。 ただ、フェルナンド・トーレスが加わる前の鳥栖には勝っておきたかった気がいたします(豊田もいなかったし)。

それにしても今日のベルマーレのスタメンは、菊地のトップに梅崎と高橋のシャドーという変則布陣。高さが無いし、しんどいですよねー。ケガや何やで、高さのあるフォワードがいない状況なのです。そもそも今日のシュートは6本。少な過ぎます(鳥栖のシュートは10本)。 うーむ、先日神戸からレンタル加入した小川慶治朗選手に、早く活躍してもらいたいものです。

_20180718_211133

そうそう、7月のベルマーレは恒例の「七夕ユニフォーム」着用月間です(ホームのみ)。これまで、これ着ると勝てなかったのですが、昨シーズンはそのジンクスを打ち破りました。今年もその流れで頼んます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

ワールドカップが終わっちゃったぁ

ああ、早くも「ワールドカップ・ロス」って感じ・・・。

フランスの優勝で幕を閉じた今回のFIFAワールドカップ・ロシア大会。全体的に「良い大会」でした。VARの導入で、反則の少ない、フェアな、そして得点数の多い試合が行われました。

前にも書きましたが、大江戸は16強決定時の予想で「決勝はフランスとクロアチアで、優勝はフランス」と見事に的中させました。すごい!えらい! でも決勝戦のTV中継では、クロアチアを応援して見てました。いやー、クロアチア、最後までいいサッカーしてました。走力と組織力とコンビネーション、そして誰もがシューターになれるという、日本が見習うべきタイプのサッカー。ベルマーレのサッカーにも結構似ていますね(もちろんレベルは大違いでしたが)。

クロアチアは敗れたものの、モドリッチがMVPに当たる「ゴールデンボール賞」を受けたのが、嬉しかったです。グリーズマンでもポグバでもなく、彼をMVPに選んだ関係者のはからいというか選考眼に感動しました。グッドルーザーであったクロアチアチームを代表して、という感覚もあったでしょうからね。それに「あの華奢なモドリッチにできるんだったら、日本選手にだってできる」って思えて来るじゃないですかー。 そしてマンジュキッチって、「万寿吉」=いやー、めでたいです。

クロアチアは’98年のフランス大会で3位、今大会で2位ですから、また20年後に初優勝ってことかも知れません。それぐらい果てしなき道です。なのに日本チームでH選手とかが、馬鹿みたいに優勝、優勝と口にするのが恥ずかしいです。自分を鼓舞するためなら、心の中でやっていただきたい。次回は「ベスト8を狙う」と言って、そこへの努力をする選手たちであって欲しいと思います。

あー、早く来ないかなー、カタール大会。←まだ4年あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

決勝はフランスvs.クロアチア(いいね)

FIFAワールドカップ・ロシア大会の決勝がフランスvs.クロアチアと決まりましたね。

ふふふ。実は小生、16強が決まった段階でトーナメント表を見ながら、こことここだとこっちが勝って・・・という予想を行い、決勝はフランスvs.クロアチアと予言していたのです。あら、すごい。皆さまは「今さらそんな事言われたって、知らねーよ」とお思いでしょうけれど、事実そうなのです。 更に言えば、ベスト8が決まった段階で残り試合の「こっちが勝つ」を選んで、これまで1試合以外はすべて当たっております。外したのは、ブラジルがベルギーに負けた試合だけ。

開催地がヨーロッパ(とアジアの間ですが)ということもあり、これまでの例からも南米チームは勝ち進めないと思いましたし、VAR(ヴィデオ・アシスタント・レフェリー)の導入で、ズルが通用しなくなりましたから。

で、小生はフランスが優勝と予想しておりました。これも当たるかどうかは、数日後にわかります。ま、当たっても嬉しいし(何ももらえないけど)、逆にクロアチアが勝っても、大江戸のごひいきチームなので嬉しいって寸法です。 今回のクロアチアは、まず華奢なモドリッチのうまさが素敵ですし、走って組織で守って、テクニックとコンビネーションで球を回して・・・というあたりが、日本のお手本になりそうですし、こういうサッカーが好きなんです。日本が学ぶべきしたたかさも、粘り強さもありますしね。ユニフォームも濃紺地の市松模様と赤ピンクの背番号&ネームで、洗練されたカッコ良さです。

でも決勝までの休養はフランスの方が1日長く取れますし、クロアチアは何と言っても決勝トーナメントで3試合連続120分を戦っておりますからねえ・・・。 しかしながら決勝は特別ですから、どっちがどうなるかはわかりません。楽しみです。

かくいう小生ですが、大会前の優勝候補に推していたのはドイツ! 見事に3試合で散ってしまいました。 そして得点王には、決勝トーナメントに入ったところでエムベパを推したのですが、これも決勝でハットトリックしない限りは無理のようです。さて、どうなりますやら。 残すところ64試合中最後の2試合のみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧