2017年5月21日 (日)

U-20W杯、日本白星発進!

サッカーU-20男子のワールドカップが韓国で始まりました。今日は日本の初戦(vs.南アフリカ)ということで、夕方5時(日本時間)キックオフの中継をBSフジで見ました。ちょうどこの世代が2020東京オリンピックの代表(U-23)になるわけですから、注目度大です。

アウェイ・ユニフォームの日本は序盤、攻撃の形は作れているものの動きがぎこちなく、特に相手がアタッキング・サードまで入って来ると、そのスピードを全然捕えられません。遅い上に、間合いが遠すぎます。危ないなあと思っていたら、案の定(オウンゴール気味でしたが)先制されてしまいました。

でも時間は十分にありますし、その後守備も修正されて来たので、負ける気はしませんでした。ただ、なかなか得点できずに前半を0-1で折り返します。でも後半早々48分に同点にできたのが大きかったですね。後は59分に15歳の久保建英を投入すると、72分に久保→堂安で崩して2点目。結局それを守り切って、初戦を勝利で飾りました。久保はファーストタッチが決定的なスルーパスで(得点には至らなかったが)、場内をどよめかせました。2点目のアシストも見事だったし、このお兄さんチームの重要なピースとなっております。しかしながら、体の小ささ、弱さはいかんともしがたく、ボールロストもかなり多かったです。ま、チームとしてはそれを承知で使う、そういう戦い方をするということになりますが、それでも使う価値があることは言うまでもありません。

勝ったとはいえ、特に前半30分ぐらいは「こいつらヘタだなー」って思わざるを得ない調子で、見ててイライラしちゃいました。攻撃も遅いし、中盤のボールロストが多過ぎるし、守備は緩くて遅くて・・・。後半もDFがずるずる下がって危ないゾーンに侵入されることもあったりして、むしろ南アフリカの決定力の無さに助けられました。もう少しピリッとしないといけませんね。

ベルマーレから唯一選出されているDF杉岡大暉は出番なし。まあ暑い中、ハードな日程の総力戦になるので、必ず出番は来ることでしょう。ヤツの堂々と安定した守備と、流麗なオーバーラップに期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

湘南、山口を下し2位浮上及びバックスタンド増設

1493803790261_convert_2017050323324

BMWスタジアムのバックスタンド中央、時計塔の下の部分に観客席がたぶん500席ぐらい増設されました。今日はそのこけら落としってんで、いつもより早くスタジアムに着いて、なんとか1席を確保しました。

1493803955575

確保したらば腹ごしらえってわけで、フードパーク出店が物珍しかった「フェッシュ&チップス」を買ってみました。

1493803942570

レギュラーサイズ800円ですが、フィッシュは大きめなフライ(パン粉をつけたもの)と小さめな天ぷら風のもの(パン粉なし)が入っていて、あとはポテトフライがゴロゴロ。ワインビネガーをかけていただきます。けっこうボリュームありました。ビール飲みながらこういうの食べてると、気分はプレミアリーグですね。

1493803934498_convert_2017050323313

早めに行くと、ベルマーレクイーンも物販のお手伝いなんかをやっています(写真は天野春香さん)。

1493821364917_convert_2017050323442

新発売の「湘南ベルマーレカレー」とやらを買ってみました。平塚市のフリーデンの商品で、神奈川県のやまと豚を使った中辛です。1人前500円と高めですが、売上金の一部がクラブ支援金になるそうなので文句は言えません。

1493803972551

新設された席はこんな感じの青色。「近い」感たっぷりで(そりゃあサッカー専用スタジアムのようにはいきませんが) 、見やすいです。ここ、5月中はお披露目サービスだけど、6月以降は指定席になってしまうんですよねー。

1493803857621_2

試合(湘南ベルマーレvs.レノファ山口)は44分にCKから菊地俊介が決めた1点を守り抜いて、1-0でベルマーレの勝利。勝ち点では首位横浜FCに並びました(得失点差で2位)。

1493803839439_convert_20170504001_2

それはめでたいのですが、CB岡崎が前半のうちにケガでバッテンマークを出されて交代したのが心配です。

さらに後半交代出場した斉藤未月が、誰もが「決まった」と思ったキーパーとの1対1をポストに当ててしまい、ノーゴール。これが決まっていれば、もっと楽な試合展開になったでしょうけれど、結局最後まで(怖くはなかったけど)なんだかハラハラしてしまいました。

1493803769090_convert_2017050400330

 

相手バイタルエリアでボールを動かしまくってはいるのですが、なぜかシュートを打てなかった今日の湘南。 あくまでもパスをつなごうとして、クロスを入れなかった山口の拙攻に助けられた感じではありました。

1493803757932_convert_2017050400443

勝利のダンスで祝うサポーター席前の横断幕には、U-20ワールドカップの代表メンバーに選出された杉岡大暉に対するガンバレ!と、落選してしまった神谷優太に対する「ここから世界に這い上がろう!俺達の7番」という応援メッセージが書いてあったのでありました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

「湘南ベルマーレ2016フロントの戦い たのしめてるか。」を読んで

1493299046109
『湘南ベルマーレ2016フロントの戦い たのしめてるか。』(水谷尚人・池田タツ/産業能率大学出版部)を読みました。そのチームとしての在り方が注目されるので、結構出ているベルマーレ本の最新刊です。

湘南ベルマーレの代表取締役社長である水谷尚人のドキュメンタリーをはじめ、2016シーズンのベルマーレのスタート前からJ2での翌期へ向けてのあれこれを描くのですが、特にチームを支えるフロントの面々に焦点を当てているところが珍しい作りです。全スタッフ(といっても20人かそこらですが)へのインタビューを含め、ベルマーレというチームが好きな人以外にも(たとえばビジネス書が好きな人や、裏方が好きな人にも)興味深い内容になっています。

湘南が圧倒的強さでJ2優勝を果たした2014シーズンの先発メンバーのうち3年後の今シーズン、チームに残っているのは菊地俊介ただ一人という衝撃的な事実も書いてありました。あとの10人はみんな、湘南より財政規模の大きなクラブに移籍してしまったわけです。ありていにいえば、給料安いのに「使える」ヤツだから、引き抜かれちゃったのです。つらいですね。もっと多くの移籍金が育成したクラブに残るシステムを、切に望むものであります。

この本を読んで、新しいことも知ることができましたし、ますますベルマーレが愛すべきチームであることを確信できました。大江戸は昔からこういう「小さくても志のあるユニークな」ものが大好きなのです。早く新スタジアム計画がまとまっていくように、願うばかりであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

緑と青の勇者シューズ

1493180137311
大江戸はベルマーレの試合を見にいく時にはライトグリーン(ベルマーレ・カラー)のスニーカーを履くことがほとんどなのです。もちろんそれ以外の普段履きとしても用います。何年か履いていたアディダスのライトグリーンがかなり古くなったのを機に、新しいのを買いました。

ブルックスの「ピュア ケイデンス5」ってやつです。鮮やかな蛍光色のライトグリーンに、アクセントカラーのブルー。まさにベルマーレ的な色使いです。特に青色の編み目的な入り方が何とも素敵なのです。

1493180129059

基本的には街歩き用ですが、試しに走ってみたら、悪くないです。足首周りでフィットして、つま先周りにはけっこう余裕がある感じ。クッション性もかなりあって(歩いていても立っていてもカカトのクッション感がハンパない)、小生にとってはアディダスよりも合っている気がします。

1493180121546
写真よりも実物の方が、より色のインパクトもあってカッケーんですよ。

なんとネットで57%OFFで買いました。お買い得でした、へへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

NHKのゴールキーパー特集

 しばらく前の話で恐縮ですが、4月16日に味の素スタジアムで行われたFC東京vs.浦和レッズの試合で、NHK-BSが「ゴールキーパー特集」を行ってくれました。メインの101チャンネルの方では通常の放送、そしてサブの102チャンネルでこのGK特集という画期的な試みを放送してくれたのです(小生は再放送を録画して、やっと見ました)。

1493041819453_2
いやー、いろんな意味で面白かったです。写真のように分割された画面で両チームのGKを10分ぐらいずつ交代で追っていきます。重要な場面では相手側GKをリプレイで映したり、別のアングルやクロースアップを見せてくれたりして、さらには各種の数値データをリアルタイムで紹介してくれました。画面右下に出る視聴者のツイートも、当意即妙に面白かったです。

しかも解説が小島伸幸さん(元・日本代表GK)と山本昌邦さん。キーパーのあれこれに特化したその解説がいつになくマニアックで、興味深いものでした。試合中のGKの動きやキックの解説はもちろんのこと、時間の使い方とか声を出してのコーチングについてとかプレジャンプについてとか、普通のサッカー中継では絶対にやらないことを、小島さんが水を得た魚のように熱を込めて語っていました。いつものサッカー中継の解説では、今一つパッとしなかった小島さん(失礼!)ですが、さすがにこの放送は圧倒的でした。しかも最後には「これで、キーパーがボールが来ない時でも遊んでるわけじゃないってことがわかってもらえれば、嬉しいです」と謙虚に語っていました。これで何か一皮むけちゃったのか、翌週の実況中継(神戸-鳥栖戦)では今まで以上に良い解説をしていたように思えましたね。

マニアックついでに、ハーフタイムにはキーパーグローブ(手袋)の解説までしてくれておりましたもんねー。だもんで、画面に出るツイートもこの企画やNHK、そして小島さんへの称賛の嵐でした(山本さんは小島さんに花を持たせてましたけど、ちょっとワリ食っちゃいましたね)。確かにいい企画で、面白かったですからねえ。90分がいつもよりかなり短く感じられました。

今後もまたやってもらいたい企画ですし、ポジションごとにこれをやってほしいと思います。センターバック編、サイドバック編、ボランチ編、サイドハーフ編、トップ下編、フォワード編--サッカーの新しい楽しみ方になること確実です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

湘南、大分に「スミ1」敗戦

1492853303317

Shonan BMWスタジアム平塚のバックスタンド時計塔下部分の客席増設工事も、もう見た目は完成。あとはコンクリートをしっかり乾かして強度を出している段階なのでしょうか。完成したらとりあえず座ってみたいものです。

1492853331882

てなわけで、湘南vs.大分戦に行ってきました。 前半5分にCKからトリニータが先制。ベルマーレは、低いボールへの対応が出来ていない感じでした。ダメじゃん。

こうなると大分は固いブロックを作って、カウンター狙いに徹します。そうなると湘南はなかなかフィニッシュに持ち込めません。

1492853354023_2

で、曺監督としては後半の頭からいきなり2枚代えて来るんですね(斉藤未月→ジネイ、石川→表原)。大胆です。 代えた当初はジネイ効果で攻めが活性化して、得点まであと一歩の場面も多く作れました。ただ、そこで決めきれないのが痛かったです。 すると58分に山田→山根の交代。なんとあと30分以上を残して交代枠を全部使っちゃいました。大胆過ぎます。

1492853406506

結局最後までトリニータの守りを崩せず、0-1の敗戦。首位名古屋が敗れていたので、勝てば首位だったのに、逆に2→5位後退です。 惜しい決定機もいくつかありましたが、逆にあわやのピンチを秋元が防いだ場面もいくつかありましたからねえ。 1点取られて時には、まさかそのまま負ける展開になろうとは思いませんでしたが、じわじわと大分の術中にはまってしまった感じです。野球で言う「スミ1」の敗戦です。非常にもやもや感が残りますね。

Rscn2523今日は(ごひいきの)坪井選手が今季初のベンチ入り。出場はなりませんでしたが、アンドレバイアがイエロー2枚で次節出場停止になってしまったので、次こそは出るのではないでしょうか。

Rscn2522

そしてベルマーレクイーンは、ハーフタイムのイベントで場内を1周しておりました。彼女たちにとって初の敗戦(ホームゲームのみなので)でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

新生なでしこの魅力的な船出

サッカー女子日本代表のコスタリカとの親善試合@熊本をTV観戦しました。いやー、高倉ジャパンのメンバー、随分従来の「なでしこ」と様変わりしましたね(アルガルベ杯は見てなかったのです)。

澤や宮間が代表引退したのは知ってましたが、そして年齢的なものから大野や安藤や岩清水もいなくなるのは自然だと思っていましたが、大儀見や川澄や岩渕までいないんですね(もっとも詳しい情報を知らないので、ケガとかチーム事情で来られないのかもですが)。

とにかく初めて見る若手も多く、でもそいつらがとっても良いプレイをするのです。解説の松木さん、大竹さんも興奮気味に語っていたように、「本当に面白いサッカーをして」いて、「これからが楽しみなチーム」です。また、なでしこ残党である阪口、宇津木、中島、熊谷(キャプテン)が頼りになる質の高いプレイで、存在感を見せつけていました。

長谷川唯のゲームメイカー的才能が素晴らしかったです。いちいち気が利いてるんです。そしてラストパスの質の高さ! 女版「俊輔」でしょうか? 熊谷とセンターバックを組んだ市瀬菜々(19歳)も落ち着いた良質のプレイを見せていて、これからが楽しみです。 GK池田咲紀子も落ち着いて、足元の技術も確かで、これからは彼女の時代でしょう。山根と違って、見ていて安心できましたもん。

まあ、コスタリカだから3-0で勝てた、もっと強いチームだったらどうだったろうかってことはありますけど、でも2020年を見据えてはやらねばならない世代交代でしたし、佐々木監督時代には手を替え品を替えトライしたけどうまくいかなかった世代交代が、ようやく進行していきそうです。しかも思ったより順調に、高いレベルで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルマーレ、駒沢でヴェルディに勝利!

1491731839948
駒沢陸上競技場で開催された東京ヴェルディvs.湘南ベルマーレを観戦しました。ここでサッカーを観るのは初めてです。試合前から後半途中までずっと雨模様の天気でして、寒い中カッパを着ながらの観戦となりました。

1491731825123

キングベルも駆けつけてましたが、雨に弱そうだし、上半身ハダカでは寒そうでねえ。

1491731773089

ベルマーレのベンチにはケガで今シーズン絶望の高山キャプテンのユニフォームが掲げらてておりました。

1491731717480

試合はベルマーレが3-2で勝利を手にしたのですが、良い面悪い面両方ありました。

良い面では、若手の積極的な起用と活躍。神谷、石原、杉岡と3人の十代選手が先発しましたし、交代でも18歳の斉藤美月が入って、圧倒的なチェイシングを見せていました。髪を短めにした神谷も、やはりプレイスキックの精度が魅力的です。 そして(もう若手とは言えないけど)岡崎亮平も今季初出場を果たしました。

1491723059363

悪い面では序盤の守りが安定せず、ヴェルディに先制点を許したこと。人数は足りてるのに、守れてませんでした。 そして試合終了間際のロングシュートで2点目を与えてしまったこと。あれは余計な失点でしたねえ(その前に岡本の余計なイエローカード=スローインの際の遅延行為)ってのもありましたし。

1491723068304
でも後半はほとんどゲームを握って有利に進めておりました。そんな中、若手選手にチャンスを与えて、良い経験をさせたことは曺さんらしいマネージメントだったと思います(特に高山の抜けた左サイドハーフに石原を持ってきたあたり)。

ヴェルディ・サポに引けを取らない数が集まった湘南サポにとっても、3点取っての勝利のダンスは格別でしょう。首位名古屋と勝ち点で並びました。

1491731559091どうでもいいけど、ヴェルディの選手たちののぼりをずっと見ていくと、端の方にこんな太ったおじさんとか柴犬(!)とかがありました。何なんすかね、これ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

日本、タイに4-0の順当勝ち

1490707970570

昨晩(28日)、埼玉スタジアムでワールドカップ アジア最終予選の日本対タイを生観戦しました(寒かったけど)。

1490707943949

メインスタンド右端で、目の前はタイの応援席。

1490707795888

在日タイ人が多いからか、結構大勢で盛り上がっておりました。このタイ・サポーターたちは、試合経過と共に なぜか(上半身)ハダカ率が高まって行きました(寒かったけど)。

1490707794228
いつもはスタジアムに入ると冬場でさえ「自動的にビール」なんですけど、今日ばかりはパス(寒かったから)。で、埼スタに「ホットワイン」(500円)なるものがあり、それを買いました。あまり熱くなかったし、甘かったし・・・まあそういうものなのでしょう。

あと、浦和美園駅になぜか「峠の釜めし」を売ってた(1,000円)ので、それを求めました。紙製ボウルに入っていて、漬物は別のプラ容器に入ってるって寸法です。これは間違いのないおいしさでした。

1490707794922

さて試合ですが、香川、岡崎、久保裕也、吉田とそれぞれ素晴らしいシュートが決まって、試合終了間際には川島がPKを止めて(!)結局4-0の完勝でした。タイがガチガチに守りを固めずに、結構ポゼッションして攻めてくれたのも、かえって助かった気がします。 

1490707923091

ただ、完勝と言うには押し込まれている時間があまりに長く、このレベルらしからぬミスも多々ありました。それにしても川島!先日のアウェイUAE戦といい今日といい、ノリノリですねー。昔よりうまくなったんじゃないか?って感じです(クラブでは公式戦に出てないのにねえ)。

岡崎は頭から飛び込んだ「らしい」ゴールで 、ようやく代表50得点を達成しました。 いや、めでたい。

1490707938231

そして久保裕也の2試合連続ゴール! 彼は1,2点目のアシストもあり、いま乗りに乗ってます。顔はかなり「タイ人」なんですけどね。

先発メンバーも故障離脱の大迫、今野に代えて岡崎、酒井高徳を入れただけと、最小限の修正に留めたハリルホジッチ監督。交代も本田、清武、宇佐美と従来型スタンダード。手堅かったですね。

1490707932491

まあこの勝利で、とりあえずB組の暫定首位です(サウジアラビアは今日これからイラク戦 →追記:勝ち点で並び、得失点差で日本が首位に)。ただ日本、サウジ、オーストラリアがしのぎを削る激戦はまだ続きます。うーむ、とにかく1戦一戦を大事に勝っていくしかないです。カラッペとカララにも精一杯応援してもらいましょう! ところで、後ろの席の小学生男子が試合中に話してた言葉--「香川って女子力高いよね。…顔とか。」 もう、ツッコミ所が多過ぎて、どうしたらいいかわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

ベルマーレ首位キープ +日本代表のUAE戦

1490436440025
BMWスタジアムで湘南ベルマーレvs.JEFユナイテッド千葉を観戦。

バックスタンドの時計塔の下を客席に改修する工事も、コンクリートの段々が出来て来ましたね。

1490436584217

JEFは、佐藤勇人とか羽生直剛とか(千葉の黄金期メンバー)はベンチにも入っておらず、ちょっと寂しかったですね(小生は羽生のファンなのです)。

1490436461748

結果は、1万人を超える観客の前で湘南が2-0で勝利しました。ベルマーレは今期まだ無敗で、2節以降首位を守り通しています。

1490436471405

千葉が優勢に立つ時間帯もあったりしましたが、数的優位を作って守ることを徹底させ、攻撃では裏を取る意識やシュートを打つ意識が高く、共に奏功しておりました。

1490436638687

1点目はDFを背負った齋藤美月の粘りから、菊地俊介の低く速いクロスとジネイの見事な飛込みで、小気味良く決まりました。

_20170325_183042

2点目は岡本拓也の縦パス1本から奈良輪雄太のスーパー・シュート! まあ、これで勝負ありでした。

それはそうと、後半途中出場の島村毅のソックスが交代後数分間はやけに短くて、スネ丸出し状態。あれじゃあ接触プレイの時危ないんじゃないかと思っていたら・・・ 

_20170325_183209数分後には普通の高さになっていました。上げるのを忘れてたんですかね? 謎です。

1490436694169

ホームでは2戦連続の「勝利のダンス」。去年の分を取り返すかのようです。このままホームは全試合勝っちゃいましょう!

1490436660853

キングベルってば、今年はやけにベルマーレクイーンに慕われています(「介護されている」などと言ってはいけませんよ)。 主に黄緑の小川さんとオレンジの林さんにお世話になっているようです。

_20170325_183829

p.s.  去る金曜未明の日本vs.UAE戦は、リアルタイムでTV観戦しました。

今野はやっぱり攻守ともにレベルの高い選手、役に立つ選手ですよねー。あの人、顔で損してるというか、軽く見られがちなのですが、本当にチームの勝利に貢献する選手だと思います。

原口の運動量と献身、大迫のポストプレイは相変わらず頼りになります。それに加えて、久保裕也の裏の取り方と決定力。前線は、完全に世代交代の感がありますね。香川、長友、本田が精彩を欠いていたのとは対照的でした。 あと川島も頑張りましたねえ。意地と存在意義を見せつけました(っていうか、西川が今一つ伸びないですからねー)。

ハリルホジッチ監督の首もつながったことですし、これからはますます若手への世代交代を推し進めていただきたいと思います(もちろん今野や川島のようなベテランを上手に併用しながら)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧