2017年2月13日 (月)

リーパクですか?

1486993106206
これ先日「とちおとめ」のいちごパッケージについていたキャラクター。

「栃木市とち介」って名前のようですね。

でも、これって・・・

1486993097129
かなり島根県の「しまねっこ」ちゃんのパクリだって気がするのですけれど。

しまねっこの頭に乗ってるのは、言わずと知れた出雲大社。では、とち介の頭上のやつは何なの?ってことで、調べてみました。

そしたらわかった驚愕の事実! なんと、とち介は「蔵の妖精」でした。 うーん・・・妖精、ですか。

ちなみにしまねっこは2010年から、とち介は2014年からのキャラクターなのですが、「ゆるキャラグランプリ」での成績は・・・2015年:しまねっこ10位、とち介6位、2016年:しまねっこ10位、とち介4位です! しまねっこの方がかわいいのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

目黒川ラン

1486301445854

26日の東京マラソンも徐々に迫る中、昨日は長いランをってことで目黒川を下ったり上ったりしました。池尻大橋あたりの目黒川が暗渠から出てきた所からスタートします。うん、目黒川らしい風景ですね。桜の時期は最高です。

1486301458368

中目黒らしいおしゃれゾーンをを少し過ぎたあたりの、巨石群のある風景です(巨石ってほどでもないですかね)。

1486301580236

北側の屋上が大胆なスロープになっているこのビル、前から気になってました。調べてみたら、スタンレー電気という自動車機器・電子機器の会社だそうですが、車に興味のない大江戸は知りませんでした。でもこれ、スキーのジャンプ台にしか見えません。冬場に雪が積もるとどうなるのか気になるところです。

1486301572118

うーん、目黒区役所のそばにはとってもオシャレなウォール・ペインティング。ワンダホーです!

1486301464878

目黒新橋(これも「目黒だか新橋だかハッキリしろい!」って感じですが)の脇の鉄の構造物(排気口でしょうか?)上に、ハトがたくさんいました。なんかこのまま鳩の網焼きになってしまいそうな雰囲気なんですけど・・・。

1486301543997_2

目黒新橋から南側(下流)を望む。左奥は雅叙園、右の古城風は目黒エンペラー。ここらへんに来ると、大橋あたりよりもだいぶ広い川幅になっております。


五反田駅近くの古ーい旅館「海喜館」。まだセーフでした。これが残っててくれると、なんだか安心します。頑張ってください。

1486301478599_2

1486301472558

そして大崎と北品川の間、光村印刷があってその先の高架を在来線や新幹線が通ってる所。今回はその後の映画の時間を考えると、ここまででUターンです。海までたどり着けなかったのが、少々残念でした。

家からで2時間35分程走りました。東京マラソンに向けて、調整はまずまず順調なのですが、走り出しや止まった時に左膝の内側がちょっと痛むのが少しばかり不安ですね。 でもまあ昨日は暖かかったので、気持ちよく走ることができて何よりでした。2時間ほど走って疲れた時に飲んだ「缶しるこ」も、いつも通りおいしかったですしね。

1486301536078

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

新しいシューズと都内ラン

1485080191818_4

東京マラソンまであと5週間。年明けから2週間ぐらい風邪ひいてしまって、調整が遅れていたのですが、先週日曜に2時間ほど走って、今週は昨日1時間ちょっと走って、今日2時間40分走って、ようやく自分なりの調整ペースに戻って来ました。普段からいっぱい走っている方々には、「え?そんなもんなの?」って思われちゃうぐらいの走行量の大江戸ですが、いいんです。あんまり走り過ぎると体に悪いし、記録を狙うわけでもありませんから。楽しくケガなく完走できれば、いいんです。

1485080174514
ってわけで、新しいシューズを買いました。何しろ前回(おととし)の東京マラソンでは、ハーフ地点で右のハムストリングス(太もも裏の筋肉)を肉離れしてしまい、そこからが地獄の苦しみだったので、今回は衝撃吸収性を何よりも重視してのチョイスです。色々調べた後に、ショップの店員さんと話し、試し履きもした結果、ちょっと奮発してアシックスのゲルカヤノ23を買いました。アシックスはオシャレじゃないとか、体育会的だとかで敬遠するランナーもいるかと思いますが、小生のように「(練習不足で)脚ができていない」ランナーにとって、背に腹は代えられません。それにデザインもだいぶ良くなってきましたし(色は2色しかないのが不満。ベターなオレンジの方にしました)。 店員さんのお勧めで足のアーチを補正するためのインソールも買ってみました(どうも足の甲のアーチが落ちて=平べったくなっているみたいでした)。更にカカト部には衝撃吸収用のラバーが入っているスグレモノです。

これ、二日連続でもともとのインソールと補正用のインソール(ファンクショナルフィット)を入れ替えて、比較検証してみたのですが、やはり違いますねー。補正用インソールを入れるとフワフワ感はむしろ無くなるのですが、脚や膝へのダメージが少なく、後半の疲労や「落ち」が少ないと感じました。ここらがやっぱりネット販売では味わえないリアル店舗の良さですねえ。長時間走行に耐えるための、足を包み込むようなフィット感にも満足です。

1485079322360さてさて家から表参道~六本木~東京タワーへ。おお、タワーのそばの工事現場のクレーンが、タワーと同じ白とオレンジのカラーリング。何でしょう? 擬態?

1485079310933
右は芝公園から望む坂の上の東京タワー。青空に映えて、やっぱりいいですねえ。スカイツリーのヤツなんざ、こうはいきません(ヤツ呼ばわり)。

で、その先の虎ノ門ヒルズあたりで折り返して、溜池山王~赤坂見附~青山へ。絵画館前のイチョウ並木は、いつ見ても絵になりますね。

1485079174099

1485079159742

外苑前のベルコモンズ跡地が工事フェンスに囲まれて、何にもなくなっていました。何ができるのでしょうか。

1485079288810
そういえば、虎ノ門あたりにも見事に壊されている途中(今日は日曜なので、工事ナシ)のビルがありました。東京は常に新陳代謝していくのでございます。

原宿を通って帰りましたが、人が多過ぎて走れやしませんでした。日曜の午後は迂回しないとダメですね。 代々木公園入口前には、今もまた「ローラー族」が出てるんですね。「ジョニーBグッド」でツイストを踊ってたりしておりました。 また、代々木上原付近では脚本家&映画監督のM.K.さんをお見かけいたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

渋谷のシマウマ、代々木上原のサンバ

1478426861213昨日おとといと渋谷駅では銀座線の線路を数メートル横のものとチェンジする作業をやっていました。銀座線の渋谷ー表参道間を終日運休×2日しての大工事です。

1478523577764_2

ヒカリエ前の現場付近を見やると、・・・ん??

何やら変なものが視界に入りました。

1478523584781

横断歩道とコーディネートしたかのような縞柄。まぎれもなくシマウマ男です。でも、なぜ今? ゼブラーマンでもあるまいし。セリエAのユベントスのユニフォームを着ているので、単に熱烈なサポーターなんでしょか?

1478523623505

一方こちらは、去る10月31日の代々木上原駅前。ハロウィンなのに、なぜかサンバです。寒そうでした。

1478523680164_4

しかも人数的には今一つ物寂しいし、皆様の平均年齢は結構高めに見えましたし、うーん、なかなかです。ちょっと「見てはいけないものを見た」感を醸し出しておりました。くわばら、くわばら。

「渋谷のシマウマ、代々木上原のサンバ」・・・なんだか小説のタイトルみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月13日 (木)

(番外編)台湾のちょっとヘンなもの

1476367134025
仕事の出張で、三日半ほど台湾に行っていたのですが、その際に目にしたちょっと変なものをいくつか・・・。

まずは南部の高雄郊外の客家人の村にあった民族衣装の店。マネキンの表情がユニークというか、ややもするとコワイんですけど・・。

1476367199326
で、そのそばにあった中トトロと小トトロのタイル貼り像。おそらくジブリ非公認でしょうけど、ま、大目に見てやってください。

1476367175757
こちらは台北エリアの駅で見た化粧品の広告。久々の、ヴィヴィアン・スーですー。別に変なものじゃないけど、なつかしいですー。

1476367212442
映画の大ポスターもおかしかったですね。

日本でもまもなく公開されるトム・ハンクスの『インフェルノ』が『地獄』!

まあ、“inferno”を翻訳すれば確かに「地獄」ですし、原作にダンテの『地獄編』との関りもあるのだそうですけど。それにしても「地獄」って(しかも明朝体で)こう書いてあると、なんか笑っちゃいます(中川信夫か?!)。

1476367225283
同じような感じで、こちらは『奇異博士』。日本では来年1月公開の『ドクター・ストレンジ』です。こちらもそのまんまなんですけど、なんか奇異ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月16日 (金)

次回東京マラソン当選!

うきゃー! 来年2月26日(日)の第11回「東京マラソン」、当選しました!!!

1474033660116
倍率は過去最高の12.2倍と聞いていたので、前々回大会(昨年2月)に出てるので、まだ当たらんだろうと思っていたので、びっくりです。2.26事件です。

それにしても我ながら運が強い。これで東京は第1回、第3回、第9回に次ぎ、4度目の出走です。

1474033660116_2

しかも今回からコースが変更ってことで、また新しい東京の景色を楽しめるのです!  (新しいコースはこちら↓)

http://www.marathon.tokyo/about/course/

終盤の橋によるアップダウンがなくなり、ゴールは東京駅前。いやー、楽しみです。

相変わらず、いやいつも以上に練習してないので、これから少しは鍛えなきゃ。特に前回レース途中で痛めて、後半痛みと闘いながら激遅になってしまった原因であるハムストリングス(腿の裏の筋肉)をしっかりさせねば、なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

スターバックス20周年

1470316330431
スターバックス・コーヒーが日本に入ってから20周年なんですって。

日本第1号店は有名ですよね。銀座3丁目の松屋銀座裏(松屋通り沿いの方ね。マロニエ通り沿いにもあるので注意)にある2階建てのお店。ご覧のとおりガラス窓が手描きでデコられてます。

思えばスターバックスの登場以来、日本のコーヒー事情も随分変わったものです。

1470316323792その1:カフェ・ラテが一般化し、グルメ・コーヒーが増えました。  

その2:トールだグランデだと、随分大量のコーヒーを(ちびちびと、たっぷりと)飲むようになりました。  

その3:店でタンブラーに入れてもらって、オフィスのデスクで飲む文化が定着しました  

1470316285667

その4:喫茶店がほとんど無くなりました。

その5:コーヒー店から紫煙が消えました。または分煙が進みました。

で、お隣の松屋銀座では、スターバックス日本上陸20周年を寿ぐイベントを実施中中(~8/7)。

1階の特設スペースに、過去からのさまざまなタンブラーやマグカップが展示してあったり、限定グッズを売ったりしているようです(トートバッグは毎日行列で、すぐ売り切れのもよう)。ま、ちょっとあっさりした展示、あっさりしたスペースではありますが・・・。

1470316247015
さらに地下のコンコースでは、両サイドのショーウインドウを使って、スターバックスの世界を展開。

1470316275440

こうなると、スタバって一つの「文化」ですよね。だから鳥取に出店した時に、あんなにニュースになったのかあ。

1470316268131

思えば、1号店ができてしばらく後にスターバックス・ラテを飲んで、衝撃的なうまさに「おお!」と思いましたもんねー。あれから20年ですかあ。うーむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

(番外編)美しいモダン金沢

1469972021479
先週は2泊3日で初めての金沢を堪能しましたので、「東京温度」番外編としてご紹介を。

まずはお決まりの兼六園。しかしこのシーズンは歩いていると蒸し暑さに閉口します。

1469972035029

「金沢21世美術館」に行くのが、この旅で一番やりたかったことかも知れません。

1469972047864
前庭には半透明のカラー・フィルターのような、歩いて入れる作品(オラファー・エリアソン)。

1469972067531

有名なプールの作品(レアンドロ・エルリッヒ)は、上から見ると眼下を人々がゆらゆら。

1469764065485

でもって、下から眺めると水面の上に人影が。上の人からは自分が見られてるんでしょうね。やっぱり素晴らしい体験です、これ。

Dscn2331_convert_20160801223759_2

館内には直島のベネッセ地中美術館で見たのと同じようなジェームズ・タレルによる空が開いた部屋の作品も。4つの壁に囲まれて座りながら、大気を感じられる哲学的空間です。

1469972093900
金沢城近くの白鳥路という小道には、彫刻作品が多く設置されておりました。その中の一つ、この作品に大江戸は何の迷いもなく、『ヘビー・ローテーション』というタイトルを献上したいと思います。

1469764111238_2

旧石川県庁舎を利用した「しいのき迎賓館」には、ポール・ボキューズのレストランなども入っています。レトロ・モダンな美しい建築です。

1469764253447_2

小体(こてい)ながら、美しさにかけてはこちらの金沢文学館(2階は五木寛之文庫)も負けてはいません。窓からの灯りも素敵ですね。

1469881679788_3

水に浮かぶシンプルな小屋。これは鈴木大拙記念館です。禅の研究で有名な仏教哲学者・鈴木の記念館だけあって、徹底的に削ぎ落としたタテ線とヨコ線だけのデザインです。設計はモダニズム建築の大家、谷口吉生さんです。ミニマムな美しさですね。

1469881667592鈴木大拙記念館を出てしばらく歩くと、こんな滝。小ぶりですけど、滝好きとしてはうれしかったですね。

1470065214228

ちなみに泊まったホテルは、「大正ロマンの宿」と言われる所。部分的な擬古体ですが、内部の佇まいは悪くありません。しかもお風呂が温泉なのがグッドです。

その他、茶屋街や武家屋敷の通りをレンタル着物(夏でも涼しい能登上布)で歩いたりもしたのですが、そういう古き良き金沢は当たり前なので、今回はカットです。あしからず。でも最高でしたよー、やっぱり。

1469764033942あ、申し遅れましたが、行きも帰りも飛行機でした(残念ながら北陸新幹線利用ではありません)。で、行きも帰りも窓外の雲海に、富士山が頭を出していたのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

夏の柴又逍遥

1469621454579_2
昨日、夏休み(早めに取ったら妙に涼しくなっちゃって、もったいない感じなのですが)を利用して柴又に行きました。

10年ぐらい前に行ったことがありますが、相変わらずの柴又です。

まずは駅前で寅さん像がお出迎え。

1469621461437_2

相変わらずレトロな風情の帝釈天参道。

1469621457242_2
帝釈天さまにお参りしました。

1469621460297

なんか古さとか配置とかが、杉並区の妙法寺にちょっと似ているんですよね。

1469621566808

そこから5分ほど歩いて、山田洋次ミュージアムへ。ここ寅さん記念館の隣で、以前訪れたときにはまだありませんでした。

1469621574360_2

2階のエントランスは、カチンコの形。

1469621452579_2

入口には、山田監督のブロンズ像が。

1469621583401_2そして壁紙には、山田作品のタイトルロゴがびっしり。エレベーター内部も(ドアを含めて)この壁紙でした。

館内中央には35mmの映写機あり、ボタンを押すと30秒作動します。その手前にはVHSビデオテープ程度の大きさのハードディスク。これ現在のデジタル上映にあたって、フィルムの代わりを務める記録媒体なのです。

1469621596720

(以前見たのですが)最近リニューアルしたっていうので、寅さん記念館も駆け足で見てみました。くるま屋や朝日印刷のセットの復元だとか、町のジオラマだとか、衣装や小道具だとか、なかなか面白うございました。

1469621694517

そのすぐ先は江戸川。矢切の渡しも見えます。河川敷では花火大会の客席作りを大がかりにやってました。

1469621605925_2

少し歩いてそば屋に入り、ビールの小瓶(枝豆付き)と「もり」で遅い昼食。くー! うまいです。

さて柴又から8-900mほど歩いて北総線の新柴又駅そばに、有名なケーキ屋さんがあるというので行って来ました。

1469621706644

その名は「ビスキュイ」。外観からしてオシャレです。生ケーキも焼き菓子等もあって、販売コーナーと併設のカフェがあるのです。

1469621737056_2
バウムクーヘンや焼き菓子を買った後で、カフェでモンブラン(360円)とコーヒー(310円)でおやつ。いやー、このモンブラン、絶品でしたよ。

てなわけで帰りは新柴又から。 こういう東京歩きを一度ぐらいやっとかないと大江戸の夏休みっぽい気分が出ないんで、今年も楽しく美味しく歩けて喜ばしい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

「怪獣酒場」に行きました!

Photo

数年前の開店時から行きたかった、あの「怪獣酒場」(川崎)に昨日行って来ました!

タイミング的にも「ウルトラマン誕生50周年」ってことで盛り上がってますので、ナイスです。

Photo_2

いまだになかなか予約が取れないほどの大人気だそうですが、昨日の首謀者が6月1日の予約受付日に朝から電話をかけてくれて、見事席取りに成功したのです。

Photo_3
夜7時半から9時半まで2時間の時間制限制。

壁面沿いに、(我々のような予約客以外に)当日の入場待ちの列もできてました。

川崎駅から徒歩1分かからないビルにあって、入口を入るとすぐに身長2mほどのゼットンがお出迎え。

Photo_4
その向かいにはミニチュアのシーボーズもいましたよ。

まずは「真実の口」ならぬ「ジャミラの口」に手を入れて、入場許可を得ます(正義の味方に変身できる者は入れないのです)。

Photo_5

店内もなかなかですよ。カウンター席の前などに、多くの怪獣フィギュアがおりますし。

クール星人もいますし。

Photo_6

排気ダクトに装飾を施して、怪竜ナースに仕立ててあったのが、かなりナイスでした。アイデア賞。

Photo_10
天井画もモノクロームの怪獣たちですし。

Photo_11

席のそばのモニターには常にこのお店オリジナルの怪獣ドラマなんかが映し出されていますし。

1469366857761_convert_2016072422342
席の後ろにはガラスの裏に「ウルトラ怪獣合戦図」みたいな屏風が飾られておりました。

Vs

巨大ケムール人とゴモラが戦ったりしています。その上にブルトンやドドンゴが飛んでいたりして、なかなかシュールな屏風絵です。

Photo_12

箸や皿にも「怪獣酒場」のバルタンマーク入り。

箸置きは持って帰って良かったんですけど、ポール星人じゃねー。いらないです。

Photo_13ドドンゴのジョッキって、ほとんどキリンビールのマークみたいですよね。

ジョッキの絵は他にもペスターとかいろいろありました。

Photo_14

コースターも多くの種類がありました。

ドリンク類を1杯注文すると、1枚もらえるのです。

Photo_15
麦焼酎「ケムール人の挑戦」は、以前小生が買ったことのあるもの(通販で)。福島県の酒屋さんの手になるものです。まあ、あまりうまくはないんですけど(失礼)。

Photo_16

「メフィラス星人の赤ワイン」っていうAOCボルドー・ワイン。これも「ケムール~」と同じ福島の酒屋さんが輸入元でした。

1469368146018

そして「ダダの梅酒」。これも同じ酒屋さん。怪獣力で復興を!ですね。

Photo_17

じゃーん。「ツインテールのエビフライ」。ツインテールは「帰ってきたウルトラマン」の怪獣ですね。海老2尾を使って、頭(顔)の部分の表現に工夫が見られます。おいしいです。

このように食べ物も飲み物も怪獣にひっかけたメニューが揃っているのです。

Photo_18

こちらは「カラータイマー・チャーハン」。ウルトラマンの胸部の模様になっている赤い辛い粉とまぜまぜして食べる辛口チャーハンです。

Photo_19
お誕生月のお客さんだけ入れるスペシャルルームなんてのもありました(メフィラス星人が見えちゃってましたけど)。

そして出口そばには売店も。ここの店のオリジナル商品をはじめ、怪獣グッズがあれこれと。

こんなフェイスパックもありました。顔に着けるとかなり面白そうです。

てなわけで、いやー楽しかったです。2時間はあっという間。

また機会があれば、行きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧