2022年9月14日 (水)

「百貨店展」@高島屋資料館    #百貨店展 #高島屋資料館 #夢と憧れの建築史 #白木屋 #心斎橋大丸 #浅草松屋 #東京暗黒街竹の家 

Dsc_1115_copy_720x1061 日本橋高島屋・本館4階の高島屋資料館で、『百貨店展 -夢と憧れの建築史-』(~2023年2月12日/入場無料)を観ました。高島屋資料館が売場の一隅にあるというのは、なかなか大したものですね。高島屋死霊館だったら、もっと凄いですね。

Dsc_1107_copy_980x720 小じんまりしたスペースですが、百貨店の建築にフォーカスした好企画。しかも、解説文に「通常は脇役に留まりがちな年表を主役にするという、挑戦的な展示」とあるように、12社(だったかな)の百貨店の江戸時代から現代に至る年表に、写真をたっぷり入れて、コラムや解説の機能も持たせるという、まさに好事家向けの「読ませる展示」になっているのでした。

Dsc_1109_copy_1058x720 会場内は撮影禁止なのですが、白木屋日本橋店、松屋浅草店、大丸心斎橋店の3つの大型模型は撮影可ということで、撮らせていただきました。

まず白木屋は、角のアールも美しい、モダンな作り。壁面にガラスを使ってモダンな軽やかさを意図した建築になっております。大江戸は東急日本橋店になってからしか知りませんけど、渋谷の東急本店と合わせて『太陽を盗んだ男』のロケ地として使われた印象が強いですね。

Dsc_1113_copy_1280x720Dsc_1110_copy_1075x720 次に、心斎橋大丸。ここはもう、何と言ってもヴォーリズのアールデコ建築だったわけですよ。大江戸が一番好きな百貨店建築はここ(あの時代のね)。黒を基調としたシャープさ、内装から、床から天井から柱から回数表示のサインまで、全てが見どころでした。何しろ建て替えの時に、わざわざ大阪まで行って目(と写真)に焼きつけましたもんね。

Dsc_1111_copy_1280x720

そして、一番大きな(長い)模型は松屋の浅草店。屋上の遊園地をかなりフィーチャーしておりました。今回の模型はどれも、手作り感満載なんですよねー。屋上で遊ぶ人々を(レゴの?)人形で表現したり、なかなか頑張ってくれてます。屋上に数年間あったというロープウェイを再現したりもしていました。百貨店が「アミューズメント・パーク」だった時代をよく表したお店ですよね、ここは。

Dsc_1112_copy_1280x720

『東京暗黒街 竹の家』(1955年/サミュエル・フラー監督)のクライマックス映像もリピート上映されていました。松屋浅草店の屋上遊園地がバッチリ舞台になっていて、スカイクルーザーという遊具で銃撃戦が繰り広げられるのです。貴重な映像資料ですね。大江戸はDVD持ってます。

おみやげとして、都内の百貨店地図(全14枚がつながって、都心全域を表現しているもの)の1枚を持ち帰っていいというので、小生は日本橋&銀座の半分のエリアのをもらいました。てか、これ絶対の一番人気ですよね。会場の高島屋に加えて銀座も入っているし、解説物件も一番多いので。そして、これって14回会場に来ればコンプリートできるわけですよね。ま、小生はやりませんけど…。

 

| | コメント (0)

2022年8月19日 (金)

驚愕の自販機たち    #珍しい自動販売機 #変な自販機 #ショートケーキ自販機 #唾液ピーシーアール検査キット自販機  

Dsc_0777_copy_576x1024 面白い自動販売機が増えたレポートをこれまでにもしておりますが( ↓ )、今日のやつもなかなかです。

謎過ぎる「おもしろ堂」 in 新富町   #おもしろ堂 #変な自販機 #おでん缶 : 大江戸時夫の東京温度 (cocolog-nifty.com)

だしの自販機/「出汁」表記反対    #だし #だしの自販機 #だし道楽 #日日だし #出汁という表記にノー : 大江戸時夫の東京温度 (cocolog-nifty.com)

自販機進化中    #自動販売機 #自販機 #冷凍ラーメン自販機 #冷凍餃子自販機 #松屋の自販機 #オレンジ生搾り自販機 #全国インスタントラーメン自販機 #福岡みやげ自販機: 大江戸時夫の東京温度 (cocolog-nifty.com)

 

まずはパティスリー OKASHI GAKUの地味な、でもカッコイイ自販機。よく見てみると、なななんと、ショートケーキ売ってます! けっこう衝撃です。

Dsc_0776_copy_576x1024 缶入りで、上部をパカッと開けると、ホイップクリーム、イチゴ、カステラ生地が入っているようです。330mlで1,100円。250mlで980円のもありますね。

ホームページを見ると、冷蔵庫で6時間ほど解凍してから食べるそうです。ってことは、保冷バッグ入りとかで出て来るんでしょうか? 今度見かけたら、買ってみないとね。

 

Dsc_0829_copy_576x1024 続いて、吉祥寺で見かけた「ど冷(ひ)えもん」と書いてある自販機。これもユニークですよ。カレー売ってます!

Dsc_0830_copy_1024x576 ドライカリーやグリーンカレーが1,000円。あとは冷凍生餃子も1,000円で売ってます。現代の潮流ですよね、こうい・・うの。チェーン店じゃなくて、単独店舗(たぶん)でやってるところがミソですね。

 

Dsc_0662_copy_576x863 で、冷凍生餃子といえば、井の頭線明大前駅のホーム(吉祥寺行きの方)にショップがあって、そこに鎮座しているのがこれ。ピンクが目立つ憎いやつです。東京・大阪・京都の餃子対決となっておりま・・・

Dsc_0662_copy_576x863_20220820000501 せんでしたー。よく見ると、この自販機は「有名店の3種の餃子のタレセット」(1,200円)のようですー。まぎらわしー!! 餃子本体はショップ内の冷蔵ケースから買うんでしょうね。びっくりだ。

 

Dsc_1001_copy_768x1227 そして、東京メトロ有楽町線の有楽町駅で見かけたのがこれ。なんと、「唾液PCR検査キット」ですと!

Dsc_1002_copy_768x1365 8月31日までの期間限定設置のようです。ちなみに税込4,950円でありました。

 

いやー、日本ってほんとに自販機文化の国ですねー。

 

 

 

| | コメント (0)

2022年8月17日 (水)

荻窪の西郊ロッヂング    #西郊ロッヂング #荻窪のレトロ建築 #旅館西郊

丸ノ内線の車内に忘れ物をして、それが見つかったってことで、荻窪駅に取りに行ったのです。

Dsc_0995_copy_947x576で、普段来ることなどない街なので、何か見ておくべき物件はないか?ということで、ちょっと調べたら・・・ありました。そして、行きました。

西郊(せいこう)ロッヂング。 いいですね、「ロッジング」ではなく「ロッヂング」です。「ビルディング」ではなく「ビルヂング」みたいなもんですね。読んだ話によりますと、1938(昭和13)年からあるとのこと。国の登録有形文化財なんだそうです。

南口を出て3-4分も歩くと、住宅地の四つ角に突然現れます。かなりのタイムスリップ感です。右から「西郊ロッヂング」と書いてあるので、間違いようもありません。変遷を経て、2001年以降は賃貸アパートになっているのだそうです。素敵です。

「郊」って、郊外の郊ですけど、この字自体が「都市の周辺部、町外れ」って意味を持っているのだそうです。なるほど、そのままの名前ですね。

Dsc_0996_copy_669x576 それにしても特徴的な建物です。角のアールだとか、緑青で青くなったドーム屋根だとか。シンプルな格子窓だってモルタルの外壁だって、なかなかいい感じなのです。向かって左手にある出入口あたりも、丸窓だとかランプだとか、良い雰囲気ですね。

Dsc_0997_copy_1024x576 実はさらに左隣りが「旅館 西郊」ってのになってまして(ロッヂングの方にも看板が出てますよね)、今も現役の旅館として営業中なのですが、そこを撮影したつもりの画像がスマホに残っていなかったという不思議…。

何か西郊様のお怒りに触れてしまったのでしょうか? 残念です。 いつの日か、宿泊してみたい気がいたしました。撮影はその時までお預けですね。

| | コメント (0)

2022年8月 8日 (月)

「SEE LV」展@東京ミッドタウン芝生広場    #SEELV #ルイヴィトン展 #ルイヴィトン

Dsc_0961_copy_960x600 六本木の東京ミッドタウン・芝生広場で開催中の『SEE LV』展(~8/21)に行きました。世界巡回展なのだそうです。2020年に中国・武漢を皮切りにスタートしたんだそうですが、よく2020年に武漢でスタートできましたね! そこにびっくりです。

Dsc_0962_copy_814x600

入場無料なのですが、LVの公式LINEにお友達登録して、そこから日時の予約をします。先週予約しようとしたら、三日先ぐらいまで埋まっていて、今日の夕方になったのです。

 

Dsc_0963_copy_968x600 ミッドタウン裏の芝生広場に仮設小屋を作っての展覧会ってことで、展示スペースはさほど広くはありません。そのためにもネット予約は必要なのです。鮮やかなピンクが目だちますね。

 

20世紀初頭からのトランクやバッグもありますが、比較的近年のクロージングが中心。やっぱりスゴイです、ルイ・ヴィトン。

 

Dsc_0964_copy_600x1067 こんな攻めてるモノグラム・スーツもあるし…。

 

Dsc_0966_copy_600x984

こちらには茶系のモノグラム・スーツもあるし。

 

Dsc_0965_copy_600x1067

そのお隣には、青空柄の上下一式の人。キレイです。MOMAの青空傘を連想しましたよ。

 

Dsc_0967_copy_600x884 こんな教会建築男もいました。突飛ですねー。あるいは敬虔なのでしょうか。

 

Dsc_0968_copy_600x829 一方ではこんなリュックも、いや、クリスタル的に輝いてキレイ! さすがです。

 

Dsc_0969_copy_1067x600 まあ、もともと鞄屋さんなんで、バッグ・トランクの歴史はコンパクトに表現してあります。

 

 

はい。(はしょってますけど)ざっとこんなもんでおしまいです。15分もあれば見終えてしまいます(急げば5分)。数年前に紀尾井町でやった「旅」がテーマの無料展覧会よりも、だいぶんコンパクトなのでした。

 

Dsc_0984_copy_600x1067_20220808233001 入口でこんな厚紙のフライヤーとステッカー(右)をくれました。でもこういうステッカーって、どこに貼ったらいいんでしょうか? かなり用途に困る代物なのでありました。

| | コメント (0)

2022年8月 5日 (金)

だしの自販機/「出汁」表記反対    #だし #だしの自販機 #だし道楽 #日日だし #出汁という表記にノー 

Dsc_0896_copy_1024x1775 数年前に池袋で「だし」オンリーの自販機を発見して「おお!」と思ったものですが、相変わらず同じ場所に存在しております。

はい、この「だし道楽」の販売機。種類は三つぐらいに分かれているようですが、何しろ全部500mlペットボトル入りのだしです。

Dsc_0897_copy_1024x1120 トビウオの絵が上部に入ってるから、メインは「あごだし」なんでしょうね。その横の「だし道楽」って文字の下にローマ字が入っていて、何かと思ったら「NITANDASHOYU」ですと。 「煮たんだ醤油」って、倒置法ですかい? いえいえ、やっぱり二反田醬油という広島県江田島の会社でした。

ボトルをよくご覧ください。ほら、魚がボトルの中に! こわいですねー。ちょっとホラーですねー。お茶かと思って間違えて飲んだら、大惨事になりそうですねー。 上段には「Flying Fish」(トビウオですね)の文字、下段には「Sababushi」(鯖節ですね)の文字が入っております。

それにしても繁華街の飲食店街の真ん中に置いてあるってことは、やっぱり飲食店の人が買いに来るんでしょうねえ。あとは、飲み会の罰ゲームで一気に飲まされるとかね。 1本750円とか550円とかでございます。

 

Dsc_0890_copy_1024x1683 で、最近別のだし自販機を新富町界隈で見かけたのです!  「日日だし」と右上に書いてありますが、これって普通の「枠」スペースに無理矢理書いてますよね(笑)。まあ、その分3段構成になっているわけです。種類も8種類入ってますね(ギフトボックス入りまであります)。

Dsc_0892_copy_1003x1775 自販機の脇には大きな文字で、「日日是好日 だしのある風景」というコピーが記してあります。「日」が一つ隠れて、「日日是好だしのある風景」になっちゃってますけど、それはそれで意味が通じます。よし。

Dsc_0891_copy_1024x1033 あごだし、はもチップ入りあごだし、「だしのある風景」という商品の白ラベルと黒ラベルに加え、めんたいソースまであります。下段には「ストレートでそのまま飲めます」という表示があり、すっぽんスープや「うまだし」の缶が入ってます。うまだし・・・馬肉のだしじゃないですよね? 「今日は暑いぜ。だしでも1本行っとくか。(グビグビグビ)クーー!たまらんぜー!」とか飲むのでしょうか? 深いなあ、だし。

 

ところで、大江戸は「だし」を「出汁」と表記する近年の傾向が嫌いです。そんな書き方、十年ぐらい前までは誰も知りやしなかったのに、PCやスマホで変換されちゃうもんだから、なんか漢字を使った方がえらそうな気がして使う人が多かったんじゃないですか。今やテレビのテロップでも、飲食店のポスターでも、なんでもかんでも「出汁」ですもん。 だけどねえ、「だし」はずっと「だし」だったんだよ! 「だし」でいいんだよ! ケッ、「でじる」かよっ!!

| | コメント (0)

2022年8月 3日 (水)

タカセのシュークリームとエクレア    #池袋タカセ #タカセのシュークリーム #タカセのエクレア

Dsc_0914_copy_600x10672 池袋のサンシャイン通り入口手前と言ったらいいのかな?東口の駅前に大昔からあるレトロな洋菓子店「タカセ」。

まさに「ザ・昭和」なお店で、この『東京温度』でも何度か取り上げて来ました(↓)。

池袋のタカセ洋菓子店: 大江戸時夫の東京温度 (cocolog-nifty.com)

老舗菓子屋のロングセラー   #銀座の蜂蜜バームクーヘン #チェリージア #タカセのカジノ: 大江戸時夫の東京温度 (cocolog-nifty.com)

Dsc_0917_copy_600x10673

袋も箱もご覧の通り昭和そのものです!

で、そのタカセで先日シュークリームとエクレアを買いました。それがもう…

ウマウマウー!

と、思わず小野瀬雅生さん(CKBギタリスト)の真似をしてしまうぐらいに、超絶おいしかったのです!

Dsc_0916_copy_1067x6003 シュークリームはとにかく、白いクリームがおいしー!のです。もちろん生地も「これぞ代表的なシュー生地ってもんだ」と言いたいほど上出来。これこそ日本のシュークリームだ!と、カスタード好きな大江戸もこの生クリームのシュークリームに関しては無条件降伏してしまうほどのお味なのでした♪

Dsc_0915_copy_1067x6003 そしてエクレア。クリームと生地はシュークリーム同様。で、チョコレートがこれまたうまいんです! チョコとクリームのバランスも抜群。ああ、これまた大江戸が大好きなエクレアです!

なにしろどちらもクリームがたーっぷり入っているのがステキです。それなのに、シュークリーム160円、エクレア210円(ともに税込)という、ウソみたいな安さ!! 素晴らしいです。現代の奇跡です。庶民の味方です。ブラボー、タカセ!!

| | コメント (0)

2022年7月22日 (金)

「特撮のDNA 東京タワーSOS」@東京タワー    #特撮のDNA #東京タワーSOS #ゴジラ #モスラ #メカゴジラ #東京タワー

Dsc_0906_copy_576x814 金曜は夜9時までやっていると言うので、仕事帰りに行きましたー展覧会『特撮のDNA 東京タワーSOS[ゴジラ・モスラ・東宝特撮 編]』(~8/7)。

Dsc_0895_copy_1024x576 東京タワーも真下からの仰角で見ると、『エヴァンゲリオン』的ですね。

Dsc_0893_copy_669x600 東京タワー地階のタワーホールが会場。18時半ごろ着いたのですが、空いてました。入口では本展のうちわをプレゼントしてくれました。 ←これ、伏線

Dsc_0896_copy_1024x576 この『特撮のDNA』という展覧会は、過去にも蒲田の日本工学院専門学校などで開催され、ゴジラやらガメラやらに関係した展示品の数々に感心したり興奮したりしたものです。

 

Dsc_0897_copy_576x836

今回もまずはゴジラから始まり…

Dsc_0900_copy_1024x1024 メカゴジラ、キングギドラ、モゲラ、バラン、バラゴンなどなどが少しずつ紹介されます。

Dsc_0898_copy_576x1001 ミニラもいました。けっこう中途半端にデカかったです(普通のオトナ男性ぐらいの背丈)。ミニラって、古くは三波伸介、そして峯岸みなみや山下リオを経て、近年では上白石萌音などに似てますよね。まあ、チビ太に一番似てるんだけど。

Dsc_0901_copy_1024x576 展示品(着ぐるみや模型や映画の小道具など)の多くは、数年前の蒲田での展覧会で見たことのあるものでした。

まあ、それはそれでいいんですけど、肝腎な「東京タワーSOS」ってことに関しては、申し訳程度にパネル展示があるだけで、なんか肩すかしでした。そこをもっと大きくフィーチャーしないと、この会場でこのタイトルでやっている意味がないのでは??

Dsc_0903_copy_870x576 これがメインのジオラマ。『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』の「機龍(メカゴジラ)」です。バックの東京タワーは写真パネルです。でも、ここは東京タワーの模型作らないとダメなんじゃないの?

で、驚くべきことにそのすぐ先が「出口」! 「えっ??」と思ってしまいましたね。入口から16分ぐらいで見終わってしまったのです。この展覧会、当日券は大人1,700円(ペア券だと一人当たり1,600円)なので、1分100円以上。うーん、なかなかないですねえ、そういう価格設定。

Dsc_0904_copy_576x964 だって、蒲田の時は同じぐらいの料金で、記憶によれば、この3倍ぐらいの展示品、展示スペースでしたよ。小一時間は楽しめましたよ。いくらインフレとはいえ、これはないんじゃないでしょうか。

出口の外には物販コーナーがありましたが、新宿のゴジラストアで売ってる物にプラスアルファしたような感じ。会場は最後まで空いていて、人がまばら。寂しい空気が流れておりました。

Dsc_0902_copy_798x576 ああ、そうか。あのうちわが600円ぐらいするんじゃね?それ込みの料金なんじゃね?…とでも考えないと、やってられないのでありました。

 

それにしても、このポスター凄いですね。モスラはゴジラ食っちゃってるし、ゴジラは弱そうな顔で叫んでるし、左隅にバャリースが描かれているし(しかも炎の中に)。なかなかのカオスです。

 

この展覧会、8/11からは『特撮のDNA 平成ガメラ3部作 展 東京タワーにギャオス飛来!』と題した第2部が始まるのです。ガメラ好きの大江戸はむしろそっちの方を楽しみにしていたのですが、ほとんど行く気が失せてしまいました。困ったもんであります。

 

 

 

| | コメント (0)

2022年5月11日 (水)

自販機進化中    #自動販売機 #自販機 #冷凍ラーメン自販機 #冷凍餃子自販機 #松屋の自販機 #オレンジ生搾り自販機 #全国インスタントラーメン自販機 #福岡みやげ自販機

Dsc_0075_copy_768x1365 近年の技術の進歩のせいでしょうか、街なかの食品自動販売機が進化を続きております。

 

アツアツのラーメンができちゃう自販機まで現れたようですが、まずは冷凍のラーメンや餃子。渋谷の東急本店の近くにある中華料理店「揚州商人」の入口横に立っているこの自販機です。「24時間販売中」と書いてありますね。

Dsc_0050_copy_768x777 売っているのはタンタン麺やら塩ラーメンやら餃子といったこの店の人気メニュー。自販機の割には高めのお値段ですが、ここんちの味を冷凍で持ち帰って、自宅で好きな時に食べられるってわけですね。

Dsc_0051_copy_1260x768 入口横だけに間違えちゃう人が多いんでしょう。「食券販売機ではありません」との注意書き。

 

Dsc_0499_copy_600x962

餃子といえば、こちらは餃子専門機です。なかなか威圧感のあるブラックボディ。

「冷凍生餃子」って、冷凍だかナマだかよくわかんない気もしますが、まあ焼いてない冷凍餃子ってことなんでしょうね。

Dsc_0501_copy_600x818 じゃーん、壮観です。「しそっこ餃子」と「肉っこ餃子」。どちらも30個入り1,000円です。

ここんちは有名店とかじゃなくて、中身で勝負って感じなんでしょうね。

 

Dsc_0565_copy_600x962

 

で、こっちは有名な「牛丼の松屋」の自動販売機。お店のカラーリングと一緒ですね。

実はこれ、松屋のお店の前に立ってました。

Dsc_0565 つまり、お店の味をご自宅でってやつですね。

牛めしの具はもとより、カレー、ライスバーガー、牛めしおにぎりなんかを売っているようです。

 

Dsc_0054_copy_600x910

 

でもそれらよりも想像を超えて来てぶっとんだのは、こちらの大きな自販機。「FRESH 100% ORANGE」と書かれていますね。

Dsc_0057_copy_600x859 右上のモニターにはいろんな映像が出ております。オーストラリア産ネーブルのフレッシュジュースが出て来るんでしょうね。

お値段は500円と高めですが、その価格に見合う商品なのでしょうか。

Dsc_0059_copy_931x600 それはわかりません! なぜなら大江戸は今日紹介した自販機の商品を何一つ買っていないからなのですー。ひらきなおりー。

でもこの機械の中で、ネーブルを切ったり、絞ったりするわけですよね。すごいことであります。大きめのハコなので、中に小柄な人が入って作業してたら笑っちゃいますけど。

 

Dsc_0512_copy_600x1067

 

最後におまけ二つ。先日羽田空港第2ターミナルにあった全国のインスタントラーメンの自販機。

Dsc_0513_copy_600x1067 そして、福岡みやげの自販機です。福岡以外にも北海道とか富山とか全国各地のみやげものがありました。

 

いやー、自販機ワールド、面白くなってきてますねー。

| | コメント (0)

2022年5月 5日 (木)

(番外編)ジ・アウトレット北九州    #ジアウトレット北九州 #アウトレット北九州 

Dsc_0521_copy_800x4503 イオンモールの手掛ける九州最大のアウトレットが、北九州市八幡のスペースワールド跡地に誕生し(4月28日オープン)、わけあって大江戸も行って来ました。

Dsc_0522_copy_800x4503 JRのスペースワールド駅真ん前。その名も「THE OUTLETS(ジ・アウトレット)北九州」。全156ものテナントが入っているのだとか。

Dsc_0528_copy_715x4502 ショッピングのみならず教育施設や地場産品のコーナーも併設されています。出自のDNAそ汲んで、宇宙関係の施設(スペースLABO)もありました。

Dsc_0523_copy_800x4502 アウトレットの中には、子供のための遊具や気持ちのいい芝生や植栽もあります。

Dsc_0526_copy_800x4502 ここは敷地が広いためか、アウトレットは2階建てではなく平屋。そのため、余計に広々と開放的な印象があります。いいですよね、こういうアウトレット感。アメリカみたいです。

Dsc_0527_copy_800x4502 世界と日本のラグジュアリーブランドからカジュアルブランド、そしてスポーツブランドのあれこれに加えて、家具や食器や寝具のブランドも入っています。

Dsc_0529_copy_800x4502 今風だったのは、フロアガイドマップがないこと! 看板にQRコードが出ていて、それをスマホで読み込んでマップを見る方式で、紙媒体は作っていないのです。これ、ペーパーレスはいいけど、正直かなり不便です。まだ全面廃止は時期尚早じゃないかなあ。お年寄りだって来てるのに。でも、紙パンフ残しておいたら、みんなそっちを使っちゃいますもんねえ。成長の痛みというものか…。

Dsc_0524_copy_800x4502 Dsc_0525_copy_800x4502 中央には大きなフードコートがありました。かなりの広さに、ご当地の焼きカレーの店とか珍しいお店も入ってましたが、連休中の人出のすごさのため、満席。てか、満席なのに順番待ちの列も整理券も何もないので、人々は座席を求めて通路うろうろ。結局、入るのはあきらめました。ここらのオペレーションは改善の余地がありそうですね。

Dsc_0530_copy_800x4502 限られた時間の中で大急ぎで回ったので、隣接のイオンモールやギラヴァンツ北九州が運営するフットサル・パークなどはパス。アウトレットだけをざっと見た感じです。でもアディダスでランニングシューズを半額ぐらいで買ったのでした。ふふふ。 けれども、それはまた別のお話。

| | コメント (0)

2022年5月 4日 (水)

対決?! #ゴジラ #ウルトラマン #シンウルトラマン


Dsc_0508_copy_600x944ゴジラ対ウルトラマン@歌舞伎町

| | コメント (2)

より以前の記事一覧