2019年7月17日 (水)

(番外編)ラグビーW杯山笠など in 博多   #ラグビー・ワールドカップ山笠 

_20190717_192228_convert_20190717221330 先日、わけあって福岡県に行きましたので、博多で撮った写真をご紹介。

まずは博多へ向かう鹿児島本線の車内。ドア前の車両中央上部に、こんなサークルが! 吊り革をこんな風にしてあるなんて、面白いですねー。これ握りながら、みんなで内側を向いて会議とかできそうですよね。個数から考えると、ラグビーの先発メンバー全員がミーティングをすることぐらいはできそうです。でも、ガタイがいいんで、ちょっときつすぎるかなあ?(まあ、スクラムだと思えば…)

_20190714_170102_convert_20190717221433 続いては博多駅構内のバッター。ソフトバンク・ホークスの選手のようですが、大江戸は野球のことはまったくわかりません。ただ、すっごいねじれてます。こんなにそり返ってねじれちゃって、大丈夫なんでしょうか?

Dsc_3661768x1365 そして、山笠だったんですよねー。駅前に展示して、というか、置いてありました。「飾り山笠」と言うらしいですね。なんでも13mぐらいになるのだとか。確かにすっごく上の方までありました。高かったです。

この山笠は、川中島の合戦をモチーフにしておりました。

_20190714_175426_convert_20190717221547 その裏側にあったのは、なんとラグビー・ワールドカップ日本大会がモチーフ!

シンボルマークの横にあの連獅子みたいなマスコットがいたり、ユニフォーム姿の選手たちが、キックしたりタックルしたりしております。

九州でも3会場(福岡、熊本、大分)で熱戦が繰り広げられるのですね。

 

 

_20190714_1756041024x1830

東京圏の会場はチケット・ゲットが困難で、大江戸も何度かにわたって申し込んだり、様子をみたりしたのですが現時点で入手出来ておりません(先着順の時も、もう静岡、愛知あたりのしか残ってなかったし、そこまで遠征するほど熱心ではないし)。どうやらTV観戦で終わりそうです。ま、熱心なラグビー・ファンの方がご覧になった方が正しいあり方ですしね。

| | コメント (0)

2019年7月11日 (木)

謎過ぎる「おもしろ堂」 in 新富町   #おもしろ堂 #変な自販機 #おでん缶 

_20190705_130015464x728 新富町にある中央区役所のそばに、あやしいお店。おもしろ堂・・・おでん缶販売中・・・おみくじ・・・証明写真。 うーん、支離滅裂。確かにあやしい。

 

_20190705_130151464x754 まあ、中には確かに証明写真ボックスもあったりするんですけど・・・ドリンクやおでん缶の自販機がメインで、何台もあるのでした。

ただ良く見るとけっこうクセがあってですね・・・6番のワンダの缶、めっちゃへこんでるし(普通こんなの見本に使わないでしょー)。

16番のチロルチョコ詰め合わせは、珍しいけど、840円はないでしょー。たかがチロルチョコなのに。

_20190705_130325600x953 最下段には古典的な赤まむしドリンクが入ってたりします。

_20190705_130553600x962

 

続いてのご紹介は、おでん缶の販売機です。

おでん缶にも2種類あって、こてんぐのおでん缶(330円)と塩竃おでん(710円)。

塩竃の方は、「東日本大震災復興応援おでん缶」ってことなんで、だから高いのかしらん? あ、でも「かきのエキス」も入ってるみたいですね。

別の段には、ほていのやきとり缶なんぞもございます。

 

_20190705_130517800x774 それはそうと、発見してしまったのが謎の価格差。

_20190705_130448800x601 別の販売機に入っていた塩竃おでん缶は、なんと770円。これ、710円のと同じですよねー。雑なミス? それとも「あ、こっちが60円も安い。こっち買わなきゃ損!」と、もともと高価格なものを買わせてしまうための心理的ワナ??

 _20190706_160107600x810 さて次の販売機には、なんでも入ってます。せんべいからミートソースからゴム製ボール各種まで。

_20190705_130115702x446 それにしても、なんでミートソース?(唐突すぎます)

それ以上に謎なのが、1番の「ふっくら だし巻き」。なんで突然だし巻き玉子?? しかも890円もする缶詰!

選定基準が謎過ぎる販売機ですう!! いろいろ不思議過ぎて、せんべいが入ってることがナチュラルに見えてスルーしちゃうところでしたが、これも考えてみれば結構不思議。おまけに、こんなに要るのか、大型しょうゆせんべい?

_20190706_160025800x512 ボール類は、そのカラフルさに目を奪われます。ラグビーボールって、落ちた時に変なバウンドをして、取れない所に入っちゃったりしないのかと、ちょっと心配なのでした。

ってか、売れるのかボール? この店のターゲットって、どうなってんだ?

あー、変な店(というか自販機コーナー)。変すぎて、何も買わずに出て来ちゃいました。すんません。

| | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

江口寿史のバナー@吉祥寺サンロード   #江口寿史 #吉祥寺サンロード #美少女バナー

_20190707_1231291024x6491024x649 先日、吉祥寺に行ったら、いいものがありました。

サンロードの上の方にひらめくバナーが、なんと江口寿史先生の絵ではありませんか!

_20190709_130523

左右にピンクとブルーの縦長バナー。センターの所々には横長で大型サイズのバナー。

 

_20190707_122427768x769 商店街のバナーといえば、ダサイものと相場が決まっておりますが、いやー、ダントツクールっす! めっちゃキュートっす!

_20190707_1228121024x681

いったい何種類あるんでしょうね。まあ2ケタは間違いない所だと思いますけど。

そういえば、江口さんの仕事場は吉祥寺のあたりなんでしたっけ。

_20190709_205215 かわいいメガネっ娘のも、ちゃんとあります。

みんな相変わらずのオシャレ感です。

江口さんの美少女って、今回も石原さとみを思わせたり、広瀬すずを思わせたりするものがあるのですが、だからといって決してそっくりの似顔絵にはならない(しない)ところがミソですね。

これ、掲出が終わったら引き取りたいって人、いっぱいいるんでしょうね。ヤフオクにでも出したら、かなり商店街の財政が潤いそうですよね。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月30日 (日)

CKBライブ『ハワイの夜』in 横浜   #クレイジーケンバンド #CKB #ハワイの夜 #のっさん

_20190630_151554800x474 クレイジーケンバンドのライブ『ハワイの夜 2019』がyokohama Bay Hallであったので、仲間と4人で行ってまいりました!

まずは腹ごしらえに、CKBゆかりの店=長者町の「龍鳳」へ。おいしく食べながらビールを飲んで景気づけ。ウマウマウー!でした。

_20190630_144828800x528

窓の外を延々とお神輿が通っておりました。そういうお祭りの日だったようで、伊勢佐木町のメインストリートは、祭り装束の男女で熱気むんむんでした。

そこから中華街経由で会場へ。オールスタンディングのライブハウスです。結構柱が邪魔でした。大江戸は剣さんとのっさんが見られれば、「ストーンズでミックとキースを見られる」みたいなものなんでOKと思い、そんな場所で見ておりました。なので残念ながらジャッカルとアイシャは、ほとんど見られない場所でした。

_20190630_221117600x884 いつも通りぴったりオンタイムでスタートし、2時間10分ほどのショーでした。さすがにオール・スタンディングなので、いつもよりも短め。

タイトルに合わせて、みんなアロハシャツで登場。今年はアルバム『Goldfish Bowl』発売20周年ってことで、序盤では同アルバムからの曲を連打。『ハワイの夜』における剣さんのヴォーカルも堪能できました。その後に8月7日発売のニューアルバム『PACIFIC』から3曲。あとは、リクエストアワーありーの、小野瀬雅生ショウありーの、シンヤマンの出番ありーの、その他いろいろありーので、楽しく過ごさせていただきました。

のっさんファンの大江戸は、のっさんも持っている(ハードコア・チョコレートの)ケムール人のTシャツを着ていったのですが、小野瀬雅生ショウで『フジヤマ・キャラバン』を聴けたのがもうサイコーでした。あのサンタナ・オマージュの泣きのギター。すんげーカッケー!でした。

メジャーどころでは、『タオル』『昼顔』『GT』あたりも聴けたし、アンコールではキャロルのメドレーも聴けたし、ラストの『空っぽの街角』まで、まずは満足の内容でした。でも「ハワイ」というタイトルなのに、『ロコモコ』や『ラ・アメリカーナ』が無かったのは、ちと残念なのでありました。

今度は新アルバムのツアーで10月の中野サンプラザ。これも楽しみです!

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

神保町さぼうる2のナポリタン

_20190416_211304800x633先日神保町シアターに行った際に、この「さぼうる2」で腹を満たしてから鑑賞しました。いやー、ここは当然昔から知っているのですが(もちろん「さぼうる」の方も)、入ったことはなかったんです。やけに混んで並んでたり、タバコで煙そうだったりしましてね。

ただ、ここのスパゲティー・ナポリタンは、量が多くて絶品だという話を聞いていたので、それは一度試さねば!と思ってもいたのです。 で、行ってみると、すぐに入れました(さぼうるは喫茶中心、さぼうる2は食事中心なのだとか)。小さなテーブルの一人席に案内されて、ナポリタン並盛を単品で注文しました(ネットなんかで見ると、通は生いちごジュースとセットで頼んだりするみたいですけどね)。

 

 

 

_20190416_211402800x457で、これです。ミニサラダ付き。高さがかなりあるので、ちょっと触ると崩れて皿の外に落ちてしまいそう。なので、まずサラダを食べて、あいた小皿に少しずつナポリタンを移動させて食しました。

うーん、見事な濃厚ケチャップ味。具は少量のハムと玉ねぎとマッシュルーム。いいんです。そう来なくっちゃ。やっぱりナポリタンってのは、ケチャップ味の麺をたっぷり味わうものなんです。分量は普通の店のナポリタンの倍ぐらいありました。冷凍食品の量少な目で物足りないナポリタンと比較したら3倍ぐらいあったかも知れません。

麺は普通の細さ。大江戸の好みとしては、もっと太い麺(有楽町のジャポネみたいな)を炒めてあるようなのが好きなのですが、この麺にからむケチャップの多さも需要なポイントです。途中からは、味に変化を持たせるべく粉チーズやタバスコを投入。マイルド&ピリ辛で、ナイス味変でした。一気呵成に完食して、満腹になりました。これで700円。さすがは学生の街、神保町です。おいしゅうございました。ナポリの人に食べさせてみたいです。きっとポカン??とするから。

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

湘南、磐田に苦杯&都まんじゅう   #湘南ベルマーレ #都まんじゅう #ルヴァンカップ優勝石碑

_20190406_151702800x513   天気が良くて暖かく、今日は絶好の観戦日和。てなわけで、平塚のBMWスタジアムに湘南vs.磐田戦を観に行ったのですが、今日は少し時間に余裕があったので、一昨年オープンした「ららぽーと湘南平塚」をちらっと覗いてみました。

_20190406_183514600x1108 

見事に広々としたショッピング・モールです。空間が広く、ショップも大きく、アメリカーンな感じ。飲食店も充実していて、これはいいですね。

 

入口脇で、梅崎司選手がお出迎えしてくれました。

 

_20190406_183426800x514 

 

 今日の大原公園は、まだ桜が残っておりました。スタジアム横なんかもご覧の通り、まだ見ごろ。

 

 

 

_20190406_151754600x956_convert_20190406  そして本日除幕式が行われたのが、この「ルヴァンカップ2018優勝記念石碑」! 縦長の石がベルマーレの「B」の字になっていて、サッカーボールのような六角形を連続させた地模様が入っています。うーん、でもモノクロのトロフィーが何か・・・コワイ絵(?)ですね。夜見ると、恐ろしいかもと思いました(すみません)。 いやー、でもこんなのが建つとは、素晴らしいことです。

 

 

Dsc_3538800x450 さて試合ですが、うーん、0-2で負けてしまいました。ミスは多かったものの、そんなに悪くはないと思うのですが、ジュビロの最終ラインの堅い守備に守り切られたって感じ。

_20190406_165116800x551 失点は不運なオウンゴールでした 。点が取れそうで取れずを繰り返して一進一退しているうちに、72分にやられてしまいました。

_20190406_1843301024x626 そこからのジュビロはいやらしく時計の針を進めていきます。そして、90+6分に湘南GK秋元が上がっていったラストチャンスのFKを、磐田GKカミンスキーにキャッチされてからのカウンターで無人のゴールにロングシュートを決められて万事休す。あんなボール蹴っちゃダメだろ、天馬&誰かカミンスキーを妨害に行かなきゃダメじゃん、でした。

 

_20190406_1812421024x702 コンディション面の問題で山崎が出られずに指宿がセンターフォワードで先発したのですが、やはり山崎のクォリティには届いておりませんね。小野田も今日は良くなかったし、武富や菊地も精彩を欠いていたし・・・。まあ、負ける時ってのはそういうものなのでしょう。 

メインスタンド後方には夕日と富士山が…。

 

_20190406_183837800x588

 それはそうと、今日は平塚駅前の「つるや製菓」で『都まんじゅう』を買いました。10個入りの包みで380円。『アド街ック天国』で平塚人のソウルフード扱いで紹介されていた銘菓。大江戸も昔から気にはなっていましたが、初めて購入しました。できたてはあったかくて、白あん入りの素朴なおいしさ(ま、大江戸的にはあずきあんの方が好きですけど)。冷えたのはそのままでもいいけど、電子レンジで10秒あっためると、よりおいしいです。焼き印の絵もカワイイですね。

 

 

| | コメント (0)

2019年3月10日 (日)

ゴジラ検定、初級&中級受けました   #ゴジラ検定 #ゴジラ

_20190310_223554600x832450x624
今日はいよいよ第1回『ゴジラ検定』の実施日でした。昨年末からテキストを買って、一通り勉強した成果が試されるのであります。

大江戸は初級と中級の併願。あ、でも会場も大半の人が併願って感じでした。

_20190310_123801600x713

東京会場は高輪の東海大学。そばには、有名な高輪の消防署(日本榎出張所)があります。レトロなんだけど、ち尖塔がちょっと東宝特撮映画の味を漂わせております。

_20190310_162812800x595600x446

さらには、門の前には「虎屋(とらや)」なる和菓子・羊羹のお店(あの「とらや」=虎屋黒川とは別ものだそうです)。日曜だから閉まっているのかと思ったのですが、調べてみると残念ながら長期休業?中のようですね。本当に素敵な、類例の少ない建物なだけに惜しいです。

_20190310_162932

気を取り直して検定のことですが、100人以上受験できる教室をいくつも使ってやっておりました。全体では何人が受験したのでしょうね(大阪会場もあったそうですし)。

受験者はほとんど男性で、女性は1割程度。小学生から60代ぐらいまで幅広くって感じでした。さすがに70代以上は(小生は)お見かけしませんでした。

マークシート方式の4択で、初級も中級も各100問。試験時間は各1時間です。

テキストに模擬試験が載っていたまんまの問題もありましたが、え?こんなのテキストに無かったじゃんってな問題もありまして、さすがに100問もあると多種多様であります。まあ初級は40分弱、中級は40分強で終わったので、あとは時間まで見直しをしたり、自分の答えを問題用紙に転記したり、アンケートを書いたりしておりました。

試験の記念グッズも販売してましたが、行列が長かったのと、特に買いたい物も無かったのでパス。会場にはもっと報道の人とかいるのかと思ったのですが、誰も来てませんでした。

_20190310_223534800x539
手応えですが・・・概ね65%以上正解で合格という初級はたぶん大丈夫だと思うのですが、それよりも難しい問題で概ね70%以上で合格という中級は、きわどい線かと思います。

家に帰ってからテキストやネットで正答を調べてみたのですが、うーん、実にきわどいです。ギリギリのライン。あとは正答がはっきりわからなかった数問がどうなってるのか次第。さて、どうなりますことやら。

結果発表は5月の中旬だそうです。ずいぶん先だなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月26日 (火)

パンダぐったり   #パンダ

_20190225_135620_convert_2019022622
有楽町駅前にて。

どうしたんだ、パンダ。

_20190225_135641_convert_2019022622

どうしちゃったんだ、パンダ(胴も足も長すぎるし・・・)。

これがほんとの「たれぱんだ」なのか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

青梅マラソンとへそまんじゅう   #青梅マラソン #へそまんじゅう

_20190217_190631

17日(日)は第53回青梅マラソンがありました。昨年はエントリーを忘れてて〆切になってしまい、一昨年は翌週の東京マラソンが当たっていたので、そちらに力を注ぐために走らないでお仲間の応援にだけ行きました。なので、3年ぶりの出場ってことになります。

 

大江戸は30kmを走りましたが、いやー苦しい道のりでした。これまでの青梅で、一番長い時間走りました。グロスで3時間34分ぐらい。でもナンバーカードが10000代だったので、スタート地点まで1040秒ほどかかりましたゆえ、ネットではその分早くなっております。

 

今日のスターターは野口みずき。そのそばには高橋尚子もという金メダルコンビ!

_20190217_190557Qちゃんは全員がスタートし終えると、後方からレースに参戦。ゆっくりランナーの方々に声をかけながらどんどん走っていきます。その際にみんなと手と手でタッチして行くんです。すっごいサービス精神ですよね。で、高橋さんはゴールでも市民ランナーの皆様を迎えて、両手を広げてタッチ。あれだけ多くの人とタッチしたら、手が腫れちゃうんじゃないかしらんなどと思いつつ、大江戸もしっかり往路/復路ともタッチいたしました。けっこう小柄だし、手のひらも柔らかいんだ、これが。

_20190219_221934

ただねえ、やっぱり練習不足は良くありませんね。終了後しばらくして着替えも終わってから、気持ち悪くなって吐いてしまいました。年明けからは、小生にしては結構走って間に合わせる調整はしているのですが、レースよりもかなりゆっくりなジョグですから。で、レースだとなんだかんだ頑張ってラスト1㎞とか500mとかで軽くスパートしたりしちゃうので、それが良くないとはわかっているのですが・・・いざレースになると忘れてしまうのです。てゆーか、青梅だと刷り込まれていて、あの道に入ると体が無理しちゃうんですね。あ、でも吐いたらスッキリして、飲んだり食べたりしましたけどね。

完走メダルはやっぱりいいもんです。金属の程よい重みが気分をアゲてくれます。

_20190219_222005

そしてお土産は奥多摩名物『へそまんじゅう』(8個入り・税込840円)。これ、大好きなんです。近年は青梅に行くと必ず買って帰ります。白と茶色のまんじゅうで、どちらもつぶあんがたっぷり。名前の通り中心にへそのようなくぼみがついてます。ちょっと塩味の感じられるあんこがおいしいんですよねー。煎茶と合わせると、無敵です。 そういえばこのお店、マラソンコースにありまして、お店の前ではズラリと並んだ太鼓部隊が和太鼓を勇壮に叩き続けています。疲れてペースが落ちている時に、この太鼓のテンポに合わせて走ると(一時的であるにせよ)回復するのです。いつもありがとうございます!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月15日 (火)

大久保-早稲田-雑司ヶ谷ランと、走ることについて  #ランニング #都内を走る #なぜ走る

2月17日の青梅マラソン(30㎞)まで、あとひと月ちょっと。おととしの東京マラソン以来久々にレースに出るので、何とか完走できる程度に調整しようと、昨日は2時間45分程都内を走りました。

_20190114_183401_convert_2019011522
自宅からまずは新宿まで3-40分かけて走りまして、その後は大久保/東新宿あたりから明治通りに入って、西早稲田から雑司ヶ谷方面へ。

都電荒川線(最近は「東京さくらトラム」とか言うんですよね)の新しい車両。おお、休日は今でも正面に国旗なんかつけて走るんですね。

_20190114_183419_convert_2019011522

雑司ヶ谷墓地のそばまで来ての折り返し。すぐそばの鬼子母神をお詣り。この界隈は、『獣になれない私たち』のロケで使われていたんですよねー。

_20190114_184048_convert_2019011522

境内にある駄菓子の上川口屋さんは、いまだ健在でした。

_20190114_183533_convert_2019011522

冬場の神田川は寒そうです。高田馬場の南の方。

_20190114_183635_convert_20190115_2

おお、早稲田松竹だあ! 学生時代は何度も訪れた名画座が、いまだに同じ平屋一戸建てで存在し続けているとは、嬉しいじゃありませんか。すごいなあ。

_20190114_183932_convert_2019011522

そして大久保公園を抜けて、少し迷いながら大久保へ。うわー、凄い人だかり。歩道がほとんど人でぎっしり。歩きにくい状況でした。若い女の子率が異様に高くって、特にブームのホットグ屋さんの前には、長蛇の列! 大久保~新大久保は近年ネパールの進出がめざましいって聞いたのですが、いやいややっぱり韓国です。だって、住宅街の狭い道にまで女の子たちがあふれてましたもん。びっくりです。

てなわけで、ゆっくりのランでしたが、調整は順調。今や、スピードだ記録だはどうでも良くて、とにかく無事完走したい気持ちだけです。なぜ走ってるんだろう?と考えると、最近はシンプルに答えが出て来ます。健康管理と体型維持のためなんですよね。やっぱり少しは走ってないと、体重や体脂肪が増えちゃいますし、筋肉を衰えさせない効果ももちろんあります。そして、体のためにも、体と密接につながっている心のためにも、適度に走るってことは良いことです。精神的にちょっと参ってる時に走ると、重苦しいモヤモヤが確実に汗と一緒に流れ出ていきますもん。 ただ、走り過ぎたり、無理をしたり、何かを目指したりするのは、かえって心にも体にも良くないので、それはもうやめています。「楽しく、ゆっくり、少しだけ」、これからもそういうスローガンで走って行こうと思っております。

じゃあなぜレースに出るのかというと、基本は出なくてもいいんですけど、1年に1回ぐらいレースで普段走らない長距離を走るようにしておかないと、それに備えた練習もしなくなるし、そうすると短い距離のゆっくりジョグばかりになって(おまけに走る頻度も少ないもんだから)、現在の体や筋力をキープできなくなるからなのです。少しはちゃんと走る(練習する)ためのモチベーションとして、なのですね。まあ、そんなもんは年に一度ぐらいってことで(十分とは言えないにせよ)手を打ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧