2022年9月18日 (日)

えびせんあれこれ    #えびせん #かっぱえびせん #湖池屋ザ海老 #香ばしえびせんゆず塩味 #えび塩せん #わさび塩せん

Dsc_0985_copy_593x661 カルビーの『かっぱえびせん』。言わずと知れたロングセラーですね。まあ、これまでにも何度もかっぱえびせんの変化球をご紹介してきましたが、これは正統派の変化球。←?? 「のりしお味」です。まあ、その通りの商品。でも「のりしおポテトチップス」がこれだけポピュラーなんだから、のりしおえびせんだって伸びる可能性アリですよね。その割に、パッケージのエビくんは伸びずに丸まってますけど。←あたりまえ

のりは粉のようにまぶされただけですけど、のりの香りと主張があって、ちょっとビターに感じる香ばしさもあって、なかなか結構です。

 

Dsc_0613_convert_20220918223523 その一方で、こちらは思いっきりの変化球。「ピッツア マルゲリータ味」です。スーパーマーケットのライフとカルビーのコラボのようですね。マルゲリータってだけに、きっちりトマトとバジルがせり出してくる主張の強さで、がんがん攻めてます。でもねー、かなり微妙なお味です。ま、大江戸は普通のかっぱえびせんの方がいいかな、と。

 

Dsc_0810_copy_588x800 で、カルビーのライバル=湖池屋のえびせんはだいぶタイプが違います。その名も『The 海老』。すごい風格ですねー。しかもこのパッケージの堂々としたこと! 「湖池屋は、おつまみから始まった。」というコピーも、強い自負の現れでしょう。

そうは言っても、中央のドーンとしたビジュアルのように、エビ丸ごとをどーんと揚げたわけではなく、パッケージ右上にあるように、六角形の小さな海老練り込み揚げせんべいとなっております。エビ香は強く、味付けはナチュラルです。

 

Dsc_1103_copy_800x450 こちらのえびせんは、『香ばし海老せん ゆず塩味』。カルディに売ってた「もへじ」の商品です。これも海老練り込みせんべいですね。バランスが良いし、エビ香がそんなに強いわけではないし、ゆずも変に主張し過ぎないし、万人受けする良い味に仕上がっております。

 

Dsc_0638_convert_20220918223854 そしてこちらは、木村のあられの『えび塩せん』。ふわっと軽い揚げせんべいタイプです。生えび入りと書いてありますが、このふわっと上がった薄いせんべいの中に生のエビが入っているわけではありません。そうだったら、かなり気持ち悪いです。あんまりエビ感は強くなく、軽さと薄味のせいで、どんどん食べ進んじゃう商品です。

Dsc_0827_copy_450x585

 

(えびせんからは離れますけど)こいつには姉妹品として、ちょっとゴボウ香の強い『ごぼう塩せん』ってのもあるんですけど、大江戸が好きなのはこちらの『わさび塩せん』。

こいつときたら、こんな軽いスナックの割に結構ダイハードにわさびが効いてるんで、驚いちゃいます。でもそこがいいところ。大人の味です。ビールのつまみにもピッタリです。でもそれを言ったら、ここに出ているどれもこれもがピッタリなんですけどね。

| | コメント (0)

2022年9月17日 (土)

エッグタルトが好き♪    #エッグタルト #ボヌールのエッグタルト #成城石井のエッグタルト #オーヴォのエッグタルト #ヤマザキのエッグタルト

Dsc_1123 大江戸は言わずと知れた(そうでもないか?)エッグタルト好き(カスタード好きだしね)。今年食べたのをいくつかご紹介します。

 

まずはチェーン店ですが、ブーランジェリー「ボヌール」の。生地はパイ・タイプ。サイズは大きめです。これは間違いなくうまいですね。カスタードの層が厚くて、たっぷり。そしてちょうどいい甘さの上質なカスタードです。パイ生地もバターたっぷりで、かなりおいしいですね。これが町の商店街のパン屋さんで気軽に手に入るというのは、結構なことですよねー。

 

Dsc_0061 次に登場するのは、「成城石井」のやつ。これもパイ生地タイプ。さすがに発酵バターとか、いい材料使ってます。確かな味わいというか、カスタードもパイも及第点以上のおいしさです。エッグタルトはこれに限らず、ちょっと温めて食べるのが、おいしさアップのコツですね。

 

Dsc_0809_copy_640x600 そしてこいつは、あのおいしいカスタードで有名な「ovo オーヴォ」のもの。ほぼ完全な円形が美しいですね。こいつはタルト生地のタイプです。このルックスといい、ovoの完璧なカスタードを使った味わいといい、完成度の高い商品です。お見事! 文化財に指定したいぐらいですね。

 

Dsc_1077 最後に、「ヤマザキ」のも紹介しておきましょう。スーパーマーケットで売ってました。こちらもタルト・タイプ。まあ、材料にしてもヤマザキらしくマーガリン使用ですが、その一方でエグロワイヤル卵を使用しているあたり健闘しております。お味の方も、けっこう健闘しております。カジュアルに低価格でこのレベルが手に入るってのは、なかなか悪くないと思います。もちろんタルト生地がうまくないとか、カスタードのコクが今一つだとか至らぬ点はあるんですけどね。

 

大江戸は昔はタルト・タイプの方が好きだったんですけど、最近はパイ生地タイプの方がむしろ好きかも知れません。ま、いずれにしても、カスタードのおいしさ(と量)が一番の勝負どころだと思うのであります。

| | コメント (0)

2022年9月 9日 (金)

パイナップルがマイブーム2    #パイナップル #ほろよい冷やしパイン #パイナップルアメ #パイナップルケーキ #ドライパイナップル

Dsc_1100_copy_768x989 しばらく前に、「パイナップルがマイブーム」であるというのを書きました(↓)が、そろそろシーズンも終わるってことで、その続編です。

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2022/08/post-ac7675.html

 

まずはサントリー『ほろよい 冷やしパイン』。ま、松を冷やしてるんじゃないことは絵を見ればわかるから、パイナップルと書かないことに関しては目をつぶってあげましょう。アルコール分3%ってことも含めて、実に「ジュース」に近い飲み物です。甘いっす。むしろ「ジュースなんだ(ちょっと気分が上がるけど)」と思って飲むべきなのかと思います。

 

Dsc_1103_copy_768x1181 で、こちらのレトロ美しいパッケージは、鹿児島のセイカ食品による『パイナップルアメ』。サイドには「鳳梨飴」という表記も入っています。このブルーとイエローの色調がやけに良いのです。何%とは書いていませんが「ゴールデンパイン果汁使用」なのだそうです。これ、超ロングセラーの『ボンタンアメ』や『兵六餅』の姉妹品なので、10個入りの一粒ずつがオブラートで包まれています。今となってはなかなか珍しいですよね。ただ、もち米を使ったりしているので、どうしても餅というか求肥というかもったりした餅の食感で、そこがパイナップルっぽくないのです。果実の爽やかさが、もちもちもったりによってかき消されてしまうのです。まあ、やや珍品ですね。

 

Dsc_1098_copy_768x1266 そしてまたパイナップルケーキです。

カルディに売っていた台湾産、竹葉堂の『Native Pineapple Cake』。台湾原種のダイヤモンド・パイナップルってやつを100%使ってるそうです。原材料はバターをはじめ良いものを使ってます。まあ、お味の方は「普通」でした。中のパイナップルがやや甘過ぎかと感じました(酸っぱいのキライな大江戸が「あと少し酸味がほしい」と思いました)。生地もまあ、あんなもんでしょう(っていうか劇的においしいパイナップルケーキ生地ってもんに遭ってみたい!)。

 

Dsc_1104_copy_768x909 最後には基本に還りましょう、『フィリピン セブ島 ドライパイナップル』です。これもカルディに売っていたものです。まあ、ごく普通のドライフルーツです。でも嫌いではありません。ドライフルーツって意外に高いので、食べ過ぎないようにちびちびとを心がけております。

 

もっと基本に還って、ナマのパイナップルは食べないのかと問われれば、・・・長いこと食べてませんねー。あれ、切るのめんどくさいし、トゲトゲがあるし、口の中に渋い刺激のような感じが残るし…。かと言って、古典的な「パイン缶」も長いこと食べてない大江戸なのでしたー。

 

| | コメント (2)

2022年9月 2日 (金)

アイスクリームあれこれ    #アイスクリーム #ハーゲンダッツ #ブルガリアフローズンヨーグルトデザート #モウプライム #パリパリサンド #チョコバッキー #白バラショコラミルクバー

Dsc_0639_copy_600x10673 夏も終わりに近づいたってことで、アイスクリーム(ラクトアイスやアイスミルクも含みます)を並べてみます。

トップでご紹介するのは、ハーゲンダッツに敬意を表して『チャイミルクティー』。確かにチャイですね。スパイス感もあって。大江戸は結構チャイ好きなんで、気に入りましたよ。

Dsc_0962_copy_1024x5763

 

で、ハーゲンダッツつながりで『クリスピーサンド マカデミアナッツスカッチ』です。ナッツ系のアイスクリームはそんなに好きじゃないし、キャラメル味も好きではないので、これに関しては惹かれませんでした、それでもハーゲンダッツなので、おいしくいただけますけどね。

 

Dsc_0573_copy_1067x6002 続いては、クラシエの『ヨーロピアン ワッフルサンド』。化粧品などのクラシエがこんなもんまで作っていると知ったインパクトは大きいのですが、正直どうってことないっすね。インパクト薄いっす。

 

Dsc_0779_copy_800x449 そして明治の『ブルガリア フローズンヨーグルトデザート』。こいつは、悪くないですね。ブルガリアヨーグルトのブランドを生かしながら、しっかりデザートになっています。酸味は抑えて、上品な甘さがふんわりムードでおいしいのです。LB81乳酸菌も入ってるそうですしね。

 

Dsc_0606_copy_639x6002 で、こちらは森永の『モウ プライム ゴールドラムレーズン』。ゴールドラム酒使用(アルコール0.5%未満)ってことです。「プライム」とついてるぐらいですから、MOWにしちゃあ上出来です。「発酵バターの香り」ってことも書いてあるぐらいですから。ラムレーズンもたっぷり入ってます。でもプライムだからコンビニアイスにしては高いです(190円+税)。

 

Dsc_0428_4_copy_649x576森永のプチ高級路線をもう一つ。『パリパリサンド』です。パリパリバーをビスケット生地でアイスサンドイッチにしたってことなんですね。ベルギー産チョコレート使用ってのがウリのようです。でも、そんんなにチョコの魅力が出てなかったですねー。チョコアイスには定評のある森永だけに、残念です。

 

Dsc_0520_copy_758x6002 さてこちらはシャトレーゼの『リッチ チョコバッキー 発酵バター』です。なんかおいしそうなんですけど、正直それほどでもありませんでした。発酵バター感っていうか、バター感ないし。パリパリチョコもどうってことないし。セブンイレブン独占モノのようですが、だったらパリパリ系ではやっぱり「しましまうまうまバー」の方がいいですねえ。

 

Dsc_0476_copy_916x6002 で、最後に白バラ牛乳さんの『白バラ ショコラミルクバー』。生乳30%使用&ガーナ産カカオ豆使用だそうです。ちょっとおいしそうでしょ。でもねー、普通なんです。かなり普通なんです。悪くはないんですけど、期待値には届かなかった印象。

 

まあ、この暑い夏にはむしろ永遠の定番である「あずきバー」や「白くまバー」の方がおいしかった記憶がございます。←身もふたもない感想

 

 

| | コメント (0)

2022年9月 1日 (木)

お菓子あれこれ    #お菓子 #スイーツ #ポッキーココナッツ #加賀鳶 #銭形平次最中 #ノワドゥブール #エシレ #エッグドシャ #卵明舎

Dsc_1078_copy_768x13654 最近食べたお菓子類をランダムに。

まずはグリコの『ポッキー ココナッツ』。クラッシュココナッツ17%使用です。食物繊維入りです。いやー、ココナッツ感たっぷりです。シャキシャキしてます。チョコとのハーモニーモ抜群です。いいっすねえ。夏のお味だから、冷蔵庫で冷やします。これがまたいい。

 

Dsc_1008_copy_768x13653 続いて、金沢銘菓『加賀鳶(とび)』。まあ、早い話が小ぶりの最中なんですけど、やっぱりあんこがおいしいんですよねー。もなか1個まるまる食べるのはちょっと…という方にもピッタリでございます。

「最中(もなか)を食べている最中(さいちゅう)に」などというフレーズが頭をよぎります。

 

Dsc_0987_copy_600x10672 最中といえば、こちらは神保町はすずらん通りにある文銭堂さんの『銭形平次』という看板商品。平次の投げ銭をイメージした造形です。大納言粒あん、こしあん、栗きんとん、挽茶あんの4種類。大江戸の好みはやっぱり粒あんですけど、他の種類もおいしかったですよ。

 

Dsc_0998_copy_768x13653 そしてこちらは、ノワ・ドゥ・ブールさんのパウンドケーキ。紙包装の上から紐を十文字にかけて、持ち手のループがついているあたり、「酔っぱらいのおみやげ」みたいで結構です。

Dsc_0999_copy_1365x7682 しっとりしてて、生地がおいしいです。ドライフルーツも主張が強過ぎず、良いバランス。スパイス感も本格を感じさせて、さすがですね。

 

 

 

Dsc_0899_copy_1067x6002そしたら次は、エシレのフィナンシェ。これは間違いがありません。てか、むしろ最上のお味。当然バター感たっぷり。

Dsc_0898_copy_1067x6002 いやー、なんともお見事ですね。

 

Dsc_0921_copy_1067x5792 で、最後にご紹介するのがブルーの缶に入ったクッキー。その名も『EGG DE CHAT』(エッグドシャ)。直訳すれば「猫の卵」ですが、そう、「ラングドシャ」=猫の舌 をもじったネーミングなのですね。

Dsc_0920_copy_611x6002 あの卵菓子がおいしい「ovo オーヴォ」を展開する卵明舎さんの商品です。それだけに、タマゴ感がしっかり感じられて、おいしいラングドシャ、おっとエッグドシャとなっております。しかも季節限定缶のイラストが、サーフィンするネコちゃんで、かわいいったらありゃしませんにゃー。

| | コメント (0)

2022年8月23日 (火)

白いクリームの誘惑    #生クリームやミルククリーム #レモンドロップのシュークリーム #クリームボックス #五三焼きろうる

Dsc_0831_copy_662x600 生クリームとかミルククリームとか、白いクリームがたっぷりのお菓子をいくつか。

ほら、たっぷりでしょ。吉祥寺に何店舗かあるあるレモンドロップと言うお店のシュークリーム。巨大なんです。心して大口開けて食します。うん、「クリーム食べてる感」がハンパないっす。カロリーのことは考えずに、夢中で耽溺したい一品です。大江戸はシュークリームなら迷わずカスタード派なのですが、先日紹介した池袋タカセの古典的シュークリームやここんちのは、生クリームでもあっぱれですね。

 

Dsc_0990_copy_600x1067 次にご紹介するのは渋谷にポップアップしていたこのお店。「郡山のご当地パン」と書いてありますね。モンリブランというお店で、商品名は『クリームボックス』。写真および店頭で見る限り「食パンにクリームを塗っただけ」のように見えますが、・・・その通りの商品でした!

Dsc_0991_copy_600x1067 普通の生食パンにミルククリームがたっぷり塗ってあるだけの商品。ある意味潔いとも言えます。うーん、でもねえ、大したことなかったんです。こういうシンプルな商品だけに、その勝負どころであるパンとクリームがそれぞれ圧倒的においしくあってほしいのに、そうでもないんです。どちらもごく普通っていうか、物足りないお味なのです。「さすが!」と言いたかったのに、残念でありました。

 

Dsc_0888_copy_600x1067その点、三つ目のこちらは確かにおいしゅうございました。成城石井で売っていた「五三焼きろうる」。五三焼きカステラ自体も濃厚においしく、ただ出しゃばらない節度でクリームを引き立てています。で、クリームがしっかりと主役を張っています。いいお味です。欲を言えば、あと2-3割クリームが多いともっといいかな。

Dsc_0889_copy_600x1067 岡山県のサンラヴィアンという会社がやっている「御菓子杜氏 ひなた屋」というブランドのお品です。こういう地方の小ブランドの「隠れた名品」を東京でも販売してくれるのが、成城石井さんの大きな功績ですねえ。

| | コメント (0)

2022年8月19日 (金)

驚愕の自販機たち    #珍しい自動販売機 #変な自販機 #ショートケーキ自販機 #唾液ピーシーアール検査キット自販機  

Dsc_0777_copy_576x1024 面白い自動販売機が増えたレポートをこれまでにもしておりますが( ↓ )、今日のやつもなかなかです。

謎過ぎる「おもしろ堂」 in 新富町   #おもしろ堂 #変な自販機 #おでん缶 : 大江戸時夫の東京温度 (cocolog-nifty.com)

だしの自販機/「出汁」表記反対    #だし #だしの自販機 #だし道楽 #日日だし #出汁という表記にノー : 大江戸時夫の東京温度 (cocolog-nifty.com)

自販機進化中    #自動販売機 #自販機 #冷凍ラーメン自販機 #冷凍餃子自販機 #松屋の自販機 #オレンジ生搾り自販機 #全国インスタントラーメン自販機 #福岡みやげ自販機: 大江戸時夫の東京温度 (cocolog-nifty.com)

 

まずはパティスリー OKASHI GAKUの地味な、でもカッコイイ自販機。よく見てみると、なななんと、ショートケーキ売ってます! けっこう衝撃です。

Dsc_0776_copy_576x1024 缶入りで、上部をパカッと開けると、ホイップクリーム、イチゴ、カステラ生地が入っているようです。330mlで1,100円。250mlで980円のもありますね。

ホームページを見ると、冷蔵庫で6時間ほど解凍してから食べるそうです。ってことは、保冷バッグ入りとかで出て来るんでしょうか? 今度見かけたら、買ってみないとね。

 

Dsc_0829_copy_576x1024 続いて、吉祥寺で見かけた「ど冷(ひ)えもん」と書いてある自販機。これもユニークですよ。カレー売ってます!

Dsc_0830_copy_1024x576 ドライカリーやグリーンカレーが1,000円。あとは冷凍生餃子も1,000円で売ってます。現代の潮流ですよね、こうい・・うの。チェーン店じゃなくて、単独店舗(たぶん)でやってるところがミソですね。

 

Dsc_0662_copy_576x863 で、冷凍生餃子といえば、井の頭線明大前駅のホーム(吉祥寺行きの方)にショップがあって、そこに鎮座しているのがこれ。ピンクが目立つ憎いやつです。東京・大阪・京都の餃子対決となっておりま・・・

Dsc_0662_copy_576x863_20220820000501 せんでしたー。よく見ると、この自販機は「有名店の3種の餃子のタレセット」(1,200円)のようですー。まぎらわしー!! 餃子本体はショップ内の冷蔵ケースから買うんでしょうね。びっくりだ。

 

Dsc_1001_copy_768x1227 そして、東京メトロ有楽町線の有楽町駅で見かけたのがこれ。なんと、「唾液PCR検査キット」ですと!

Dsc_1002_copy_768x1365 8月31日までの期間限定設置のようです。ちなみに税込4,950円でありました。

 

いやー、日本ってほんとに自販機文化の国ですねー。

 

 

 

| | コメント (0)

2022年8月 4日 (木)

パイナップルがマイブーム    #パイナップル #パインアップル #パイナップルかりんとう #塩パイン飴 #ガリガリ君ゴールデンパイン

Dsc_0894_copy_600x662 春ごろから、パイナップルがマイブームなんです。まあ、もともと嫌いではない、いやむしろ結構好きではありましたが、これだけ集中的にパイナップルものを食べたり飲んだりしてるのって、初めてのことだと思います。

 

まずは定番「パイナップルケーキ」。有楽町駅のコンコースに期間限定出店していたこの商品は、『旺來酥(オンライソー)』と申します。ほろほろの生地はあんまり好きじゃないんですけど、中のパイナップルジャムと、その噛み応えのある食感がいいんですよねー。

 

Dsc_0570_copy_600x1158 続いて、カルディ・コーヒーファームに売っていた『シリアル・クッキーズ パイナップル』。こちらは、多少パイナップルの香りがしますが、それだけ。ま、まずくはないけど、それほど惹かれる商品でもありませんでした。

Dsc_0922_copy_450x669

 

同じカルディでもこちらはなかなか。『パイナップルかりんとう』です。意表を突いた商品ですね。あ、でもこのシリーズで『イチゴかりんとう』を食べたような気が…。

Dsc_0923_copy_523x450

しっかりパイナップル風味です。後を引くおいしさです。これはアタリでした。いいですね。

 

Dsc_0843_copy_601x600 次はちょっと方向性を変えて、カバヤの『ピュアラルグミ パイン from コスタリカ』です。コスタリカ産パイナップル果汁を使用してるってことで、外側は白いフワフワ食感グミ。内側の黄色いのはプルプル食感グミって寸法です。まあ、突出はしてないけど、手堅くおいしいですね。

 

Dsc_0962_copy_450x526 で、夏場の塩分補給にも最適なのがこちら。愛知県の加藤製菓って所が作っている『塩パイン飴』。ダイソーで売ってました。袋を見ると、クエン酸だとか葉酸だとかナトリウムだとかいろいろ良さそうなものが配合されております。塩は鳴門の塩です。昔からある有名なパイン飴のように穴が開いているのではなく、普通のドロップ型?の飴ちゃんです。まあ、いいと思いますよ。あまりしょっぱすぎたりせずに、しっかりとパイナップル味で。

 

Dsc_0960_copy_540x780 冷たいものとしては、こちらなんかいかがですか? 赤城乳業の『大人なガリガリ君 ゴールデンパイン』。こちらは6本入りパックですが、普通の1本ものも見かけました。「大人な」とついてるだけに、子供だましの味ではありません(ホントか?)。大人って割には、ポケモンコラボみたいだけど。でも、かなりしっかりとパイナップル感があって、良きかなです。

 

Dsc_0306_copy_576x10243 はい、チューハイです。サントリーの『ストロングゼロ ダブルパイナップル』です。アルコールは強めの9%。パイナップル果汁は1%。でもパイナップル感はしっかりとあります。ちなみにプリン体ゼロ、糖類ゼロもしっかりとうたっております。

Dsc_0864_copy_600x877最後にもう一つ、サッポロチューハイ『99.99 フォーナイン クリアパイン』。こちらもアルコール9%。純度99.99%のウォッカを使用しているので、このネーミングだそうです。さすがにスキッとしたシャープな味わいですね。こちらはなんと、果汁0.1%。スキッとしてますねえ。

 

まあ、そんなこんなでおいしいですよね、パイナップル。 それはそうと、さっきから意識して「パイン」と略して書かないようにしているのに、気づかれましたか? だって「pine(松)+apple(リンゴ)=pineapple(パイナップル)」なんですから、その片方だけってわけにはいかないじゃないですか!松みたいなゴツゴツした見てくれと、リンゴのような果実感が合わさってこそのパインアップル=パイナップルなのです。「パインを食べる」なんて言ったら、松の実でも食べるのかと思っちゃいますよね。パインジュースって言ったら、松の木のあの半透明のねばねばした樹液のことかと思っちゃいますよね。 思わない? あ、そう。まあ、いいや。

| | コメント (0)

2022年8月 3日 (水)

タカセのシュークリームとエクレア    #池袋タカセ #タカセのシュークリーム #タカセのエクレア

Dsc_0914_copy_600x10672 池袋のサンシャイン通り入口手前と言ったらいいのかな?東口の駅前に大昔からあるレトロな洋菓子店「タカセ」。

まさに「ザ・昭和」なお店で、この『東京温度』でも何度か取り上げて来ました(↓)。

池袋のタカセ洋菓子店: 大江戸時夫の東京温度 (cocolog-nifty.com)

老舗菓子屋のロングセラー   #銀座の蜂蜜バームクーヘン #チェリージア #タカセのカジノ: 大江戸時夫の東京温度 (cocolog-nifty.com)

Dsc_0917_copy_600x10673

袋も箱もご覧の通り昭和そのものです!

で、そのタカセで先日シュークリームとエクレアを買いました。それがもう…

ウマウマウー!

と、思わず小野瀬雅生さん(CKBギタリスト)の真似をしてしまうぐらいに、超絶おいしかったのです!

Dsc_0916_copy_1067x6003 シュークリームはとにかく、白いクリームがおいしー!のです。もちろん生地も「これぞ代表的なシュー生地ってもんだ」と言いたいほど上出来。これこそ日本のシュークリームだ!と、カスタード好きな大江戸もこの生クリームのシュークリームに関しては無条件降伏してしまうほどのお味なのでした♪

Dsc_0915_copy_1067x6003 そしてエクレア。クリームと生地はシュークリーム同様。で、チョコレートがこれまたうまいんです! チョコとクリームのバランスも抜群。ああ、これまた大江戸が大好きなエクレアです!

なにしろどちらもクリームがたーっぷり入っているのがステキです。それなのに、シュークリーム160円、エクレア210円(ともに税込)という、ウソみたいな安さ!! 素晴らしいです。現代の奇跡です。庶民の味方です。ブラボー、タカセ!!

| | コメント (0)

2022年7月15日 (金)

セブン&アイのチルド・カフェラテ・シリーズ    #カフェラテ #チルドカフェラテ #セブンのチルドカフェラテ

Dsc_0809_copy_668x9412 セブンイレブンの(正確には「セブン&アイ プレミアム」の)チルドカフェラテ・シリーズが、なかなかいい線行ってます。

 

まずは『カフェラテ レギュラー』。はい、王道のカフェラテですね。適度な甘みもついてます。大江戸はチルドタイプのカフェラテでは、『マウウントレーニア カフェラッテ』に全幅の信頼を置いているのですが、こちらもなかなかおいしいのです。

 

Dsc_0845_copy_600x788 続いて、『ミルクたっぷり』。通常のカフェラテより牛乳を多く使ってるのですね。当然、より「コーヒー牛乳感」が出ております。でも大江戸はコーヒーのうまさも楽しめる「レギュラー」の方が好きですねえ。

 

Dsc_0835_copy_566x801 で、逆にミルク少な目&コーヒー濃いめにしたのがこちら。『エスプレッソビター』です。まあ、こういうのを飲みたい時にはどうぞって感じなんですけど、大江戸はあんまり好きじゃありませんねー。やはりコーヒー感(コクや苦み)とミルクのまろやかさのバランスが良くて互いを生かし合ってる「レギュラー」が好きなのです。

 

Dsc_0820_copy_600x801 でも時として(こってりとかガッツリとかの食事をした後)甘さなし、砂糖なしがいいよねってこともあります(むしろそういう時はブラックにすることの方が多いんですけど)。そんな時にはこちらの『ノンスウィート 砂糖不使用』です。これはこれでミルクの自然な甘みがうっすらと感じられて、悪くありません。

 

Dsc_0854_copy_600x804 そして最後に変わり種。『珈琲ゼリー』でございます。ストローもこいつだけ太いのがついております、で、このストローを刺し込んで、出来る範囲でかき混ぜながらちゅうちゅうと吸うのです。ただ、これが結構難しい。どうしても、コーヒーゼリーだけの部分だったり、やかにミルクばかりの部分だったりして、適度にブレンドされておいしく食べられる部分が、妙に少なくなってしまうのです。困ったもんです。たぶん、何度かの修業が必要なのでしょう。やれやれ。

 

でも、セブンイレブンのアイスカフェラテだったら、アイスクリームのケースに入れて売ってる、レジ横のコーヒーサーバーで淹れるタイプのやつが、最高にうまいですよねー! ←身も蓋もない発言

| | コメント (0)

より以前の記事一覧