2020年10月20日 (火)

「建築と時間と妹島和世」:映画として建築も人も生かせず   #建築と時間と妹島和世 #大阪芸術大学 #妹島和世 #ホンマタカシ

1_20201020213301 映画『建築と時間と妹島和世』は、妹島和世が携わった大阪芸大の「丘みたいな建物」が建つまでの日々を追った60分のドキュメンタリー。と言いましたが、普通想像できるような仕上がりにはなっておりません。

わかりやすく順序だてて建物が建つまでを描いてくれるわけでもない。建築家(妹島)から「ここはこういう意図で作った」云々というような解説もあまり具体的ではなく、映像を生かしていない(そういう話の時は、妹島を捉えたフィックス映像のみ)。建築に費やした年月の流れも映画的には描かれず、定点カメラで撮ったコマ落とし映像が目まぐるしく流れていくのみ。そもそも完成の瞬間さえ撮られていないし、完成した建物のディテールもほとんど映らない。などなどと、こういう映画を常識的に撮るのなら…というセオリーをことごとく外しているのです。だからといって、それが新機軸とか別の意図のために、ってわけでもなく、観てる側からすると、なぜこうしたのかほとんど意味不明な構成になっているのです。

あえて言えば、妹島和世の言葉や話し方、服装(コムデギャルソン好きなんですね)などから、人物を浮かび上がらせようとしたのでしょうが、それも成功したとは思えません。彼女が建設途中にチェックして回る場面を超ロングショットで延々と撮った場面などは、何が起きてるかわからないし、話の内容も不明だし、ただただ退屈しました。

まあ、監督・撮影のホンマタカシの興味に沿った映画なのでしょうね。彼の本業は写真家なので、写真の場合は興味の赴くままに撮っても、それはそれで面白いものになるのだと思います。でも映画は、ちょっと違うんですよねー。

この映画、製作は「大阪芸術大学」なのですが、完成作を観た時に担当者は頭を抱えてしまったのではないでしょうか? 自由な自由な芸術大学とは言っても、学校というのはけっこう守旧派なところがありますし、それなりのお金も使って、学内の期待もあったでしょうしね。いや、こんな心配が杞憂なら良いのですけれど…。

 

| | コメント (0)

2020年10月 1日 (木)

神保町ビル別館の最期の姿   #神保町ビル別館 #神保町ビル #旧相互無尽会社 #近代建築

_20201001_222510_copy_1200x1654_1 神保町の岩波ホールの裏手にある神保町ビル別館(正式には「旧相互無尽会社」)を、9月21日に撮影しました。スマホでですが。

_20201001_222719_copy_1024x1478 ここ、9月8日から解体工事が始まるってことで、大江戸が訪れた時もビル壁面に貼られた掲示にはそのように書いてあったのですが、9月21日時点ではまだ始まっていないようでした。

_20201001_222654_copy_1200x1937 ネットで調べたら、千代田区が「記憶を継承するための部分保存を所有者(小学館不動産)に要望している」とか「区もビルの調査や、小学館不動産との協議に乗り出した」とか書いてあったので、そこらへんの結論待ちなのかも知れませんね。

_20201001_222743_copy_1200x1777 遠くから見ると、味のある茶色。近寄って見ると、時代を感じさせるスクラッチタイルが全体を覆い、1階のアーチ型窓やX形格子が入った窓など、何んとも素敵な意匠が近代建築好きの心をくすぐります。良いビルです。

_20201001_222852_copy_1200x1939 1930(昭和5)年竣工ということですから、90歳。まあ、よくぞここまでもったものですが、それでも惜しいですねえ。欧米に行けば、もっと古いビルはいくらでもあるわけだし(地震はほとんど無いんでしょうけど)。クリント・イーストウッドがこの年の生まれなんですって。やっぱすげーな、クリント。

普通のオフィスビルなのでかなわなかったけど、できることなら中も見ておきたかったです。

隣の空き地側の壁面は、一部が建物の形にタイルのな状態になっていて、まさに典型的な「原爆型トマソン」でした。

_20201001_222927_copy_1200x1831 前沢友作氏あたりが、土地ごと買い取って、補強とリノベーションをして、この姿を残してくれるといいんですけどねえ!

 

| | コメント (0)

2020年8月19日 (水)

新宿の東西通路と広場と安与ビル   #新宿東西通路 #新宿東口広場 #安与ビル #柿傳

15965137741730 もう一月以上もたつのですが、7月19日に新宿駅の東西自由通路が完成しましたね。JR駅が間に入っているため、東口と西口との間の通行が困難だった新宿ダンジョン攻略の鍵として積年の念願プロジェクトだったようなのですが・・・

15965138242834 お偉方の祝辞なども貼り出してあったのですが、でもねえ、何なんでしょ、これ?

15965137811251 だって、場所が微妙。もう50mも歩けば、もともとある新宿通り地下の東西通路(アルタ前の)が平行に走っているわけでして、だからありがたみが非常に薄いのです。

しかもこの通路の開通と引き換えに、京王線、小田急線からJR構内を抜けて東口から出るルートが使えなくなってしまったのです。新通路は京王、小田急の改札口からけっこう距離があるので、相当不便。大江戸はJR東口へ突き抜けるルートでしばしば武蔵野館やシネマカリテに行っていただけに、不満です。今までギリギリ間に合っていたものが、間に合わなくなってしまいます。

15965138173893 で、東口を地上に出ると、新しく広場が整備されておりました。なんでもルミネエストが整備したようですよ。

15965138112372  ただこれも、アルタから一番遠いサイドの一角のみ(これから広がったりするのかしらん?)。謎の金属的彫刻があったり、彫刻を取り囲むテーブルとイスがあったり、床がキレイにペイントされていたりしますけど、なんだか微妙ですよねえ。いったい何がしたいのか?

 

それよりも大江戸の目が行ったのは、縦長の写真で彫刻の奥にある建物。これ、昔から前を通っていたのにずっと気づいてなかったんですよねー。でも、この前気づいちゃったんです。

15892887973600 はい、京懐石料理の「柿傳」や柿傳ギャラリーの入っている「安与ビル」です。1968年竣工なので、もう半世紀以上もここに佇んでいたのですね。まあ、実はとある会合で、ここの柿傳で食事をしたことも一度あったのですけれど…。はっはっは、目が節穴ですね。

設計者は明石信道。川端康成にも縁のあるビルのようですね。八角形の各フロアがズレズレで傘案っている姿がサザエ堂みたいで、大胆不敵です。

 

15965113579871 あまりにも変わったデザインに、ハローキティ人力車も「口あんぐり」でした(京王百貨店の1Fに置いてありました)。

| | コメント (0)

2020年6月 3日 (水)

「コロンバス」:静かに、じんわりと   #コロンバス #モダニズム建築 #ヘイリールーリチャードソン

008_20200603223901 首長竜になるほど待ちました。4月2日以来まるまる2ヵ月ぶりに、映画館で映画を観ました。6月1日から(東京も)休業要請解除となり多くの映画館が再開したってことで、大江戸も真っ先に映画館に行って応援してあげようと思っていたのです。ところが、(仕事帰りに間に合う)夜の回があまりやってなかったり、(中断前の上映作品や、近年のヒット作の再上映が多いので)もう観ちゃっていたり、たまに新作をやっていても(小生でさえ観る気をそそられないほどに)超マイナーな作品だったりで、なかなかうまくいかなかったのです。で、3日目にしてようやく猛ダッシュで汗だくになりながらギリギリ間に合ったのが、渋谷のシアター・イメージフォーラムでやっている『コロンバス』だったわけです。久々の感慨をかみしめる暇もなく、席について3秒ぐらいで本編が始まりました。

001_20200603224701 モダニズム建築で有名な(って、知りませんでしたけど)インディアナ州コロンバスを舞台に、地元の若い女性と韓国系男性とのドラマが展開します。本作では建築はあくまでもドラマの舞台や背景として存在し、必要以上に主張して来ません。ただ、見事にこの映画の下地というか土台というかになっているのです。モダニズムだから、そんなに感動したり息をのむようなことはなく、淡々と存在していることが多いのですが、時にはユニークな形状のものや一部非モダニズムなものも混ざって、「アメリカらしからぬ」この町の特異な、そしてクリーンな雰囲気を味わせてくれるのです。

「アメリカらしからぬ」というのは、そもそもこの映画自体に言えることです。静かで、ひそやかで、でもゆっくりじんわりと心温まる感じ。そこはかとないユーモアも漂っています。初期のジャームッシュとか、ああいうオフビートな才能を思い出しました。監督・脚本・編集のコゴナダさん(韓国系アメリカ人なのだそうです)は、敬愛する野田高悟(のだこうご=小津安二郎作品の脚本家として知られる)からその名を取ったそうですが、確かに韓国映画じゃなくて日本映画寄りの個性です。フィックスの長回しも多用され、静けさの中にしみじみとした味を醸しています。今後、要注目ですね。

003_20200603230801 そして、主人公の女の子を演じるヘイリ-・ルー・リチャードソンが、素晴らしいのです。「女優」っていう言葉とは正反対のナチュラルな持ち味が、良いのです。ぽやっとしながらも、まじめに一所懸命生きてる感じ。タバコの吸い方も、近年まれに見る感じの良さなのです。奥ゆかしく「普通」なんだけど、味わい深い。今後、要注目ですね。

 

映画が終わると、場内には7-8人ぐらいしかいませんでした(ま、小さい劇場だし、もともと不入りの作品もしばしばあったのですが)。一席おきの販売で、換気も十分行き届いていて、みんなマスクをして会話はせず、対面ではなく同じ方向に向かう映画館。識者も「けっこう安全」と言っている映画館に、皆さんもぜひ足を運んで支援してあげてください。今週末5日からは最大手のTOHOシネマズも営業再開して、新作も封切られていくようですから。

 

 

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

東京のガウディー建築・続編!   #ガウディー #和泉のガウディー #東京の奇観

15891060227359 以前、杉並区和泉にガウディーのような怪異な建築があるというレポートを掲載しました。↓

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-1922.html

15891062579992 

その建物は11年後の現在も健在。

1階のデイリーヤマザキも変わりません。スバラシイです。

壁面の細かな細工とか、カラフルな色遣いも含め、見どころたっぷりです。

 15891061195240 ところがところが、この建物だけで満足してちゃいけなかったのです。

もっと早く気がつくべきだったのです。

 

 

この建物のある商店街を南側、つまり甲州街道に近い方に下っていくと、それはありました。

 

15891058506866 第2のガウディーです!!

15891057194422 いや、どっちが第1だか第2だかはわかりませんが、とにかくスゴイのがもう一つありました!

圧巻のファサード!

スゲーです!

15891057929564 この迫力! このクセ者感!

女の人の体、いったいどうなってんだ??

 

下から上まで、いろんな事やってあります。

 

15891056703321 集合住宅に違いありませんし、1階にも商店が入ったりはしておりません。

 

やっぱり基調はスペイン風なのでしょうか? 魔除けみたいな顔もついてます。

 

棕櫚(シュロ)も妙に似合うし。

15891055970590

たぶん住民の方もアーティスティックな方が多いのでしょうね。外を向いた窓も、こんな感じに何かを表現、発信しております。

 

15891043298191 そしてゴミ捨て場にも、ユニークな掲示が…。監視カメラの横でトランプさんが不法投棄に警告を発しております。

 

15891059958358 と、こんな圧倒的に見どころたっぷりなデーハー建築なのですが、道を挟んだ斜め向かいにはこんな昔ながらの、いや昔すぎる感じの建物が。

いやー、穴場です。

 

15891059505607

このそばには、鉄塔駒沢線が通っており、住宅街に突如高い鉄塔が出現したりもしております。

ぶらぶらする価値があるゾーンだと言えるでしょう。

 

そういえば、少し歩いて環七のそばまで行くと、おととし紹介した「マンホールだらけの小径」もありますぜ。↓

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-2372.html

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

下北沢~世田谷代田の線路跡地   #小田急線線路跡地 #世田谷代田再開発 #ボーナストラック

15864377287336 現在の状況を受けて、当面1日おきの交代勤務になりました。なので、今日は家から1歩も出ず! 「おうちでのんびり」なんてのは大江戸の辞書にはありませんから、(病気の時以外は)初の体験です。接触率80%減どころじゃなくて、99.99%ぐらい減らせてます。

なので、これは数日前に走った時のレポートです。 小田急線の地下化に伴って、東北沢~下北沢~新代田あたりの線路跡地のスペースがいろいろと再開発されておりますね。まだ途上ではありますけど。

写真の中央奥に見えるのは、下北沢駅の南西口(栄えてない場所に新しくできた口です)。そこから世田谷代田方面に向かう最初の区画はまだ手つかずです。

 

15864377222145 でも、その反対側に目をやれば、路面駐車場の向こうにプレハブ的な、でもちょっとオシャレな建物が!

15864376981034 赤いダルマのマークに「BONUS TRACK」というロゴがついてます。これ、1棟だけじゃなくて同じような建物を揃えた長屋的商店街なんですと。飲食店ありーの、物販店ありーのです。

15864376888513 その中庭はこんなになってます。芝生と石畳、植物もこれから育ちそうです。小じゃれてますが、ちょっと住宅展示場テイストを感じないでもありません。

15864376808522  そのお隣には、こんな2階建ての建物。BONUS TRACKも2階建てでしたし、住宅街の中ってことで、景観に配慮しているのでしょうね。あ、それでこちらは保育園&幼稚園になるのだそうです。

その隣の世田谷代田駅そばのスペースはまだ工事フェンスに囲まれておりましたけど、なんと温泉旅館が誕生するそうです! ’20年9月オープン予定とのことです。

15864376710861 世田谷代田駅前には、あのカルディの「カフェ・カルディーノ」。輸入食品のカルディさんは、本社をはじめここらへんが本拠地ですからね。オシャレな黒い建物です。

15864376534880 そして環七を渡ってすぐの所には、東京農業大学の世田谷代田キャンパス。「東京農大オープンカレッジ」と書いてあります。

この先は、テラスハウスとか小さな公園とかが見えます。 うーん、どこまでも2階建てなのでありました。

 

| | コメント (0)

2020年3月 1日 (日)

和田堀給水所の近況   #和田堀給水所 

Dsc_4253 2014年12月だから今から5年以上前に書いた和田堀給水所(京王線・代田橋駅前)に関するものが、このブログの中でもロングセラー的人気記事になっております↓

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-8c45.html

_20191108_151622 で、久方ぶりの続報です。

5年もたってる割には、あまり進展したように見えません。ある意味ほっとしますが、いよいよこれからって気もします。

_20191108_151528 昨年の11月(快晴の写真)と今年の2月(ってか昨日=雲多めの写真)の比較でご覧いただきましょう。

まず裏側のフェンス越しに撮った写真では、ほとんど変化がありません。Dsc_4257季節の変化で、木の葉が落ちてるぐらいの差です。タワーが印象的なメインの古い建物が健在なので、ほっとしますね。

 

Dsc_3869_convert_20200301223933 Dsc_3870_convert_20200301224025 続いて正面から見ますと、昨年11月はまだ何も始まっていない感じです。

でもまあ手前の建物がなくなって、地ならしが行われたんだろうなって感じだったのですが・・・

 Dsc_4250_convert_20200301224059

最近のはこれです。だいぶ土木工事が始まってるなって感じです。 Dsc_4251_convert_20200301224136

 

 

まず手前に新しい施設を作って、その後まだ稼働中のあの歴史的建造物(1号配水池というそうですね)を壊すという順番のようです。哀しいことです。

 

Dsc_4255 とは言え、安全でおいしい東京の水を供給するためには、避けられないことなんでしょうね。

 

Dsc_4249 工事の案内ボードを見ると、完了予定は平成34年3月31日とあります。えーと、今年が平成32年にあたるわけですから…、2年後には完成しているのですね。いったいどんな景色が出現するのでしょうか。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

「前田建設ファンタジー営業部」:面白びっくりの(実話)お仕事映画   #前田建設ファンタジー営業部 #前田建設 #マジンガーZ

018 映画『前田建設ファンタジー営業部』は、お仕事コメディとしてかなり笑えて面白かったです。でも、これが実話に基づいているとは! つまり前田建設ファンタジー営業部ってのが実在する組織だとは! びっくりです。そもそも前田建設が実在することすら知らなかったし。

マジンガーZの格納庫をリアルに作っちゃおう(WEB上でだけど)というトンデモ・プロジェクトを大真面目に(結構ふざけてますけど)遂行するメンバーたち。その検討~調査~問題解決~積算という作業および苦難の道のりを、しっかりしたエンタテインメントとして描いています。これ、映画化前に舞台(ヨーロッパ企画)になっているんですってね。なので脚本はヨーロッパ企画の上田誠です。さすがに演劇的な笑いの取り方は、うまいですね。

 

Photo_20200204230001 おぎやはぎの小木博明をはじめ、上地雄介、岸井ゆきの、高杉真宙、六角精児ら濃い目の役者たちの濃い目のコント的な芝居が、この作品には合っていると言えましょう(見てるうちに慣れます)。そしてプロジェクトチームの面々が出会う社内外のプロフェッショナル達が、映画に推進力を与えています。

ただ、やたらと音楽を盛り上げる場面が多いのですが、台詞とのバランスが悪くて、何を話しているのか聞き取れなくなることが、何度もありました。そこは技術的によろしくありませんでしたね。また、男子トイレの場面が妙に多いのですが、そこでの放尿音が妙にナマナマしくかつ大きいのも、なんだかなーでした。

一方、エンドタイトルはイラスト使用のキュートでしゃれたアートワーク。これは賞をあげたいぐらいステキでした。

 

016_20200204231501 それにしても、今朝の朝日新聞「天声人語」にこの映画の事が書かれていたのにはびっくり。やっぱり仕事には(泥臭い分野であるほど)「夢」の部分が必要なんですよね。

本物の前田建設ファンタジー営業部は、この後も『銀河鉄道999』やら『機動戦士ガンダム』やらのプロジェクトを実施しているようです。それなら映画の方も続編がどんどん作れますよね?

それはそうと、鶴見慎吾って、もうシリアスに演じても『たぶんこうだったんじゃないか劇場』にしか見えなくなっておりますよね。ちょっと悲劇ですね。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年2月 2日 (日)

「東横デパートの思ひ出展」と渋谷東急プラザ   #東横デパート #東横デパートの思ひ出展 #ひばり号 #渋谷東急プラザ

_20200202_165112768x1141614x912

渋谷の東急東横店がまもなく85年の歴史を終える(食品売場だけは営業継続って書いてありますけど)ってことで、3/31まで『東横デパートの思ひ出展』(入場無料)をやってます。

 

_20200201_162749768x1246 第1会場は地下の東急フードショーの外側壁面を使った写真展です。1934(昭和9)年に開店して以来のこの店のあれこれを示す写真が貼られています。

開店の頃の渋谷は、まだ野っぱらだったことがよくわかります。「関東初の私鉄直営ターミナルデパート」だそうです。確かに関西には阪急があったわけですし、私鉄直営でないターミナルデパートとしては浅草の松屋(1931年~)があったわけですもんね。

_20200201_1629591024x701

言うまでもなくもともとは「東横百貨店」という名称だったわけです。あ、東横はもちろん東京-横浜ね。

 

_20200201_1629421024x597 皆さん、懐かし気に、あるいは興味深げにご覧になっていました。

 

 

そして第2会場は、7階エスカレーター脇の特設スペース。

1951(昭和26)年からたった2年だけ存在した空中ケーブルカー「ひばり号」を再現しちゃいました。街の歴史好きの間では有名ですから、大江戸も写真は何度も見ております。本物よりだいぶ小さく作ってありました。

_20200201_162842600x987 '70年代ルックのマネキンも。

その他、包装紙やらTVCMやらジオラマやらポスターやらチラシやらいろんなものが歴史を物語っておりました。

_20200201_162909768x1139 こんなヌードのポスター(クリスマス・パラダイス)も! 解説を読むと、横尾忠則さんのディレクションで'71年に作ったものだそうです。どこがクリスマスやねーん!!

 

_20200201_1627181024x828 そういえば、第1会場の写真パネルにこういうのもあったんです。やはり横尾忠則さんによる’67年の外壁を使った大広告! こっちもヌード。あ、でもこっちは東急本店じゃないですか。なんで混ざってるの?へんなのー。

いやー、それにしても、今ならどっちも完全にアウトですよね。時代が退行したと言うべきか、そういうわけでもないのか…。いずれにしても、人々の寛容さがどんどん失われていくのは悲しいことです。

 

 

Dsc_41421280x720 3月いっぱいの東急東横店。その後には駅上のドーン!と圧倒的な再開発by東急グループが待っております。

そして、昨年11月のスクランブルスクエアに次いで、12月5日にオープンしていた東急プラザ。ようやく行ってまいりました。その上から東急東横店を眺めてまいりました。

 

 

_20200201_170325768x1168 入口のところは、先行の東急プラザ表参道原宿や銀座東急プラザ同様、エスカレーターでゆっくりのぼっていくエントランス。これ、テーマパークのアトラクションっぽいっすよね。

_20200201_170246768x1236 これまでの渋谷東急プラザの古めかしさと庶民感覚に較べると、ずいぶん垢抜けちゃったもんだなと感じずにはいられません。広々とした空間。飲食のスペースなんかも最近の東急の傾向で、日本離れしたゆったり感、大きさがあります。

 

入口入ってすぐに、BEAMS JAPANがあるあたりがナイスですし、全体的に日本の良い物をフィーチャーしております。

_20200201_1700591024x719 なんと「デジタル・ハチ公」なるものもありました。待ち合わせ場所なのだそうです。

そんなこんなで、「東急の渋谷」はこの後もどんどん変わっていくのでありましょう。

 

 

(昨年11月のスクランブルスクエア・オープン時の記事はこちら↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-35fd17.html

 

銀座線の新・渋谷駅と渋谷スカイの記事はこちら↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-56879b.html


_20200201_1628191024x702

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

いつもの都内ラン   #都内ラン #蚕糸の森公園 #妙法寺 #缶しるこ

_20200113_222847523x790 2月16日の青梅マラソンに向けて、いつも通り年明けから長めの距離を走って、何とか間に合わせようとしている大江戸です。本来なら、レースになんか出ちゃいけないぐらいいつもサボっているのに、長年の経験で何とかかんとか30㎞の完走はやっちゃうんです(遅くても)。それとても、体力的にはとっても苦しいんですけど。

 

_20200113_222812600x946 まずは家から新宿方面に走ります。久々に都庁の脇を走ります。そこから歌舞伎町に向かい、TOHOシネマズ新宿へ。いえ、TOHOシネマズの1ヶ月フリーパスポートは劇場窓口で予約するしかない(ネット不可)ので、午後の回を予約したのです。家に戻ってから、また出直すのです。都心の劇場は土日祝だと、ふらりと行って席が空いてることはまずないのです。府中あたりまで行けば大丈夫なので、そういうこともするのですけどね。

 

_20200113_222740600x956 ここまでで出発してから45分ぐらい。で、その後は青梅街道を西へと走ります。中野坂上→鍋屋横丁→東高円寺へ。その途中で、冬の長距離ランのお供=缶しるこを買って、飲みます。伊藤園の粒入り、130円。暖かくて、甘くて、こいつにはいつも救われます(それか、缶ココアね)。

 

_20200113_2229181024x672 東高円寺の手前の街道沿いには、こんな古式ゆかしき建物も。昔はお店だったみたいですが、今は民家なのでしょうか。異彩を放っております。

 

_20200113_2234091024x557 そばには蚕糸の森公園ってのがあって、昔は蚕糸試験場だったそうです。入口の門が立派ですね。なんか、大学の門みたいです。

_20200113_223444768x1319600x1030 門の向かい側には、こんな立派な照明用の塔(行燈といっていいのでしょうか?)が。ポストと比べてもらえばわかるように、かなりデカいんです。

_20200113_2235431024x665

 

で、環七で左折して向った先は、杉並区堀之内の妙法寺。三百数十年の歴史を持つ由緒あるお寺です。なかなか良いお寺ですよ、ここ。

_20200113_1512161024x628 今さらですが、初詣。今年何度目かの初詣です。

 

_20200113_151148600x867 手水舎には、立派な竜! 長いです。

 

その後は家へ。家の近くでぐるぐるしながら走って、トータル2時間10分。もろもろのタイムロスを差っ引いて、2時間ちょうどぐらい走ったわけです。まあ、今日はこれで良し。再来週あたりに、今度は3時間ぐらいをやっとかないとですね。

 

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧