2018年5月10日 (木)

佐藤卓「MASS」展@銀座・奥野ビル

_20180510_221207
久々に銀座1丁目のレトロ建築・奥野ビルへ行きました。

3FとB1のギャラリー「巷房」で開催中の佐藤卓さんの展覧会『MASS』を観るためです。

グラフィックを中心としたデザイナー、アートディレクターの佐藤さんですが、時々こういう現代アート的な表現も発信しています。

いいですねえ、この奥野ビルの外観。

_20180510_221229

エレベーターがまたスゴイんです。外側の木製の扉と、内側の鉄製の扉を手で開けるスタイル。降りたらまた、その二つを手で絞めねばなりません。うわ、たのしい。

_20180510_221402
展覧会タイトルの“MASS”とは、「大量」を意味する言葉。「マスコミ」や「マスゲーム」の「マス」ですね。 どうもこの展覧会においては「大量生産品」(マス・プロダクツ)を意味しているようです。

_20180510_221308

で・・・、なんだこりゃ?ですよね。3Fから観ていくのが正解でしょう。

_20180510_221340カメラのレンズみたいな機械感覚もあり、真ん中の変な形のものが生物的で、おかしくもなまめかしくもあります。

_20180510_221449
B1会場に行くと、ああ、そういうことですか。種明かしですね。

チューブから絞り出された中身がてろんと、出かかっている。そんな様子なのでありました。

比較する物がないのでわかりにくいけど、とにかくこのチューブがでかいんですよ。大男ぐらいのサイズでしょうか。妙にでかくて、笑っちゃいます。これと較べても3Fのやつの方が、更にでかいんですけどね。

_20180510_221433
で、最後の部屋にはでかい水滴のようなもの。これまた比較する物がありませんが、直径2-30cmでしょうか(小さいのは10cmぐらい)。

材質はガラスだと思いますが、その他のチューブてろん系の作品とは趣が違いますね。アメリカに対して日本、みたいな・・・。枯山水的な静謐を感じさせます。

なぜこれがMASSなんでしょう? うーむ。 禅のようであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

「建築の日本展」@森美術館、そして・・・

_20180505_221119
六本木ヒルズの森美術館で開催中の『建築の日本展 その遺伝子のもたらすもの』(~9/17)を観ました。

これ、英語タイトルの“Japan in Architecture”の方がわかりやすいですね。つまり、古今の建築を通して、日本とは何なのかを探求する試み。

会場は9つの章に分かれていて、木造、シンプルさ、屋根、工芸、空間、折衷、集合、外国人の視点、自然との共生といった「日本らしさ」を建築の実例から解き明かしていきます。

Dsc_2617

何ヶ所か撮影OKポイントもあったのですが、この正倉院や桂離宮を思わせる高床建築は、1953年築(現存せず)の丹下健三自邸。冬は寒そうです(まあ、それが古来の日本建築ってもんですが)。

_20180505_220521
そして会場内に原寸大で再現された国宝・待庵! 利休を象徴する傑作、あの二畳の茶室です。並んで待てば入れるというので、「これは待つしかないでしょ!」(待庵だし)と、体験してみました。内部は撮影NGですが、展覧会場内の仮設、いわばレプリカとはいえ、ちょと感動しました。

_20180505_220550

よく聞くように、「狭さを感じない」造りでしたし、躙(にじ)り口も想像したほどちいさいものではありませんでした。

また会場内の暗室では、体験型3Dインスタレーションを上映していて、これが実に新しかったです。正面からもサイドからも、見ることが出来る3D映像による日本建築内部の紹介。つまりサイズ感と位置関係をリアルに見て取れるのです。このシステムって、建築に限らず今後の展覧会で流行するかもって気がします。

知ってる建築も知らない建築も取り交ぜて、古代出雲大社、会津さざえ堂から、旧帝国ホテルやオリンピック競技場を経て、近年の水の教会や鈴木大拙館まで、日本建築のモニュメンタルな傑作を概観できる、素晴らしい企画でありました。

_20180505_190925
会場を出れば、これは特に「日本的建築」とは言えなさそうですが、展望台からの東京タワー。やはりこの赤が効いてるんですよねー、コンクリートとガラスの中で。

_20180505_191025

そして新宿の高層ビル群の向こうには、夕日とマジックアワーの西の空。

Dsc_2626

今、六本木ヒルズは壁や柱など至る所が、カラフルなニットでおおわれています。 アーティストのマグダ・セイエグさんによるアート・プロジェクトなのだそうです。なんかかわいく変容しておりますよ。

Dsc_2625

、ルイーズ・ブルジョワによる蜘蛛の彫刻「ママン」もこの通り。いつものおどろおどろしさは消えて、とってもキュートになっちゃってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

「ジェイン・ジェイコブズ -ニューヨーク都市計画革命-」:ちょっと一方的だけど

363346_001
映画『ジェイン・ジェイコブズ -ニューヨーク都市計画革命-』は、現代東京の視点から見ても、非常に興味深く示唆に富んだドキュメンタリー。現代は“Citizen Jane : Battle for the City”。言うまでもなく『市民ケーン』(Citizen Kane)のもじりであります。そして「市民」ってところが大事なのです。ニューヨーク市民、住民の力の大きさを描いた作品なのですから。

363346_004

ジェインの長きにわたる活動は、ほぼ「都市開発の帝王」として君臨した建築家ロバート・モーゼスとの闘争。近代的都市計画を推進しようとするモーゼスに対し、「ル・コルビュジエの思想を誤解した」などと一歩も引かずに、市民、住民たちを巻き込んで反対し、裁判を起こし、そして勝訴を勝ち取るジェイン。アメリカの司法は行政に配慮し過ぎずに、あくまでも民を尊重しているようで、さすがだなあと思わざるを得ません。

363346_002
映画の中で、モーゼス側が推進した高層の団地がいかに大失敗であったかを丁寧に解き明かしています。これを見てると、確かにそうだよなあ、団地は非人間的で多くの危険をはらみ、十年もたたずにスラム化するものなんだなあと納得せざるを得ません。最後の方で、中国の団地が20世紀アメリカの比じゃないほどスゴイことになっている光景を見ると、本当にぞっとします。どうなっちゃうんだろう、あれ。

363346_003
高層団地の模型を横に倒して、「こうすれば2階建てぐらいの高さになる」と言っている人には、「おお!」と思わされました。なるほど。でも日本だと、そこまで建物の間の空間が広くないので、そうはできないのでしょうけれど・・・。

でもこの作品は、一方的にジェインの側に立ったもの。モーゼスのやった事だって、全てがダメだったわけじゃないと思うんですよね。もう少しニュートラルな視線も入れといた方が、より深い作品になったんじゃないでしょうかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

安藤忠雄展@国立新美術館

Dsc_2172
六本木の国立新美術館で、『安藤忠雄展 挑戦』(~12/18)を観ました。

小生はさほど安藤のファンと言うわけではないのですが、さすがに住吉の長屋とか光の教会とか直島プロジェクトとか渋谷駅とか代表作は知っています。ああ、でもそれ以外にも仙川のプロジェクトだとか国立子ども図書館とか21_21デザインサイトとか表参道ヒルズとかも知っているじゃあないですか。やはり安藤さん、しっかり実績残してます。街に溶け込んでます。

Dsc_2170

ベネッセと組んだ直島プロジェクトのインスタレーション(大型ジオラマ×映像)もありました。

フランス、イタリア、アメリカなど海外での仕事も多く、それらはまたコンクリート打ちっぱなしとは「別の貌(かお)」を持っています。国内でも、北海道は真駒内の大仏の丘などはテイストが違って、面白かったですねー。

Dsc_2166
会場隣接の屋外に、あの「光の教会」が仮設してあってびっくり。さすがは建築家の展覧会です。平日の閉館近くに行ったので、ここなどもゆったりと観ることができました。

ただ展示品の量がかなりあったので、最後の方はちょっと駆け足になってしまいましたけどね。

そういえばしばらく前のTV番組で、安藤さんが「コンクリート打ちっぱなしの家は寒い。マンションは楽。」と、ご自身はマンションに住んでいることを明かしてました。そりゃないよ、安藤さん(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

劇団四季の「SONG & DANCE 65」@自由劇場

_20171026_131603
浜松町の自由劇場で劇団四季のミュージカル『SONG & DANCE 65』を鑑賞。

14461215522771

ここの劇場に来たのは2度目ですが、こじんまりしていて、席の間隔もロビーも狭いってあたり、本場ブロードウェイやウェストエンドの古典的なコヤみたいです。でも感覚的には新しくって、総じて良い劇場です。

_20171026_131510

内装の美意識が高いんですいよね。そしてかなり大江戸の好みに合ってます。ボルドー・カラー(赤寄り)の壁やじゅうたん、丸窓からの採光、サークル状の照明、木製ベンチetc.

_20171026_131453_2

半らせん階段も素敵ですし、手すりはブドウのモチーフです。この劇場、そもそもロゴにもブドウの絵が入っていたりするんですよね。あ、だから内装がボルドー・カラーなのかあ!

_20171026_131544_2

で、この作品は劇団四季の創立65周年(は来年なのですが)の歴史を彩った数々の名曲、名場面集。舞台版『ザッツ・エンータテイメント!』ってところですね。

ただ全38曲中、地味なナンバー、知らないナンバーも多く、またストーリーと切り離されて曲だけが存在している形なので、そこらが難点ですね。頭に「?」マークが出て、ノれません。 圧倒的なダンスとか群舞がはいっているナンバーは楽しめるのですが、ソロとか二人とかの歌だけだと結構しんどくて、正直眠気が襲って来ました。

でもまあ、『パリのアメリカ人』『クレイジー・フォー・ユー』といったガーシュウィンもの、『エビータ』『キャッツ』『オペラ座の怪人』『ライオンキング』などの有名ナンバーは、それなりに楽しめました。

_20171026_131434

ただやはり感情を揺さぶられるまでにはなりません。ミュージカルの楽曲って、やはりストーリーの流れやキャラクターと切り離せないものなのだなあと、改めて知らされました。

20分の休憩を挟んで2時間20分とコンパクト。でも物語の展開に引き込まれるということのないこのスタイルだと、観る方にとってもこれ以上はしんどいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

渋沢栄一ゾーンと動物さんゾーン

_20171002_194827
都電(Tokyo Sakura Tramって言うんですね)の走る街、王子。その飛鳥山にある渋沢資料館を、過日訪れました。

_20171001_120249
明治時代に、現代日本の産業の大元をほぼ一人で作り上げた男=渋沢栄一の生涯と業績を紹介する記念館です。大江戸も初めて訪れました。

1982年開館とのことですが、最近お色直しをしたのでしょう。新築のようにきれいでした。 常設展に加えて、企画展の『渋沢栄一、パリ万国博覧会へ行く』(~12/10)ってのをやっていました。

写真や銅像で見る渋沢栄一って、ちょっと「ひふみん」に似てるなあ、なんて思ったりして・・・。

Dsc_1854

そこを出てから、道を挟んだ所にある「青淵(せいえん)文庫」(重要文化財)に向います。石造りの西洋建築ですが、これ栄一の傘寿のお祝いに贈られた書庫なのだそうです。ただ、現在2階は見ることができなかったので、少しのスペースしか味わえませんでした。まあ、閲覧室などは旧朝香宮邸(庭園美術館)を思わせるものがありましたけどね。

Dsc_1858_2

建物の裏手に回ると、むしろこっちの方が魅力的かもと言えるような感じ。中央の張り出し部分が、良いアクセントになっているのですね。

Dsc_1856

更にその隣にあるのが、「晩香盧(ばんこうろ)」(重要文化財)。こちらは栄一の喜寿を祝って贈られた賓客おもてなし用の洋風茶室なのだそうです。説明書きに「バンガローから取った名前」とあって、びっくりぽんでした。ここも見る所はちょこっとでした。

Dsc_1859

高尚な気分で渋沢ゾーンを去ると、隣は飛鳥山公園の児童エリア。SL(D51)なんかも鎮座してたりします。

_20171001_104250

でも大江戸の目を引いたのは、こっちの変な動物たち。広場の一角に、ある程度集中的に設置されておりましたが・・・、おそらくはコンクリートにペンキ塗装です。

このタコさん、なんかとぼけてていいですよねー。黄色いハチマキがお似合いです。

_20171002_194846

こちらのカメさんも、かなりかわいくて結構です。

_20171002_194939

シロクマさんは、割とリアルなタイプ。でもシンプルそのものです。

_20171002_195001

そしてブタさん。なんか日テレのマークをちょこっとだけ想起。でもなんで青いの?? 青ブタ。アオブタ・ブルーベリージャム?って、それは「アヲハタ」。

いやー、ほかにもありましたが、みんないい感じで乗りたくなっちゃいますです(乗らなかったけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

新富町・鈴木ビルからのGODZILLA

_20170913_221336
新富町駅のそばにこんなレトロな建物があったんですねえ。

地味な場所とは言え、何度か前を通りかかっていたのに気がつかなかったとは、なんて節穴マナコだ!と我ながらあきれております。

下ばっかり見て歩いてたのかなあ。

_20170913_221355

メインの建物の右にあるのは3階建ての小規模な建物。

看板部分に「岩瀬博美商店」と書いてあります。看板両脇のランプもいい感じです。

もう営業はしていないのかなあ。そもそも何の商店なのかなあ。

_20170913_221432

そしてメインの4階建て+屋根裏部屋(ペントハウス?)の見事な建築こそは、かの「鈴木ビル」なのでありました。

_20170913_221241
そう、よく雑誌の「銀座地区のレトロ建築」などの特集に出て来るビルが、実はこいつだったのです。

_20170913_221216

昭和4(1929)年に建てられたようですね。

塗り替えたのでしょうけれど、いい茶色に輝いています。

出窓、丸窓、レリーフなどなど、素敵な意匠に溢れています。やり過ぎぐらいに、いろんなことやってます。

いやー、見飽きない、密度の濃い、素晴らしい建築です。

_20170913_221121 で、その2-3軒左にこんな平家が(「へいけ」じゃないよ、「ひらや」だよ)!

いや、平家も珍しいけど、この奇ッ怪なる樹木は何なのでありましょうや! 

_20170913_221054

このガリガリギザギザのとんがり具合が何かに似てるなあと思ったのですが・・・、そう、アレでした。

Dsc_1783

所替わって新宿副都心の住友三角ビルにワープして気がつきました。

ゴジラっぽいですよね、アレ。 似てるでしょ。

Dsc_1782

よく見れば、「新宿観光特使 GODZILLA」と書いてあります。そうだったんですね?

しかもこのビジュアルは、11月17日公開のアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』ではありませんか。ま、過大な期待はしておりませんが、それなりに楽しみではあります。

そもそも、ゴジラよりもキングギドラっぽいという見方もあるのでしょうけれど・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

(番外編)軽井沢の万平ホテルとタリアセン

Dsc_1592
そういえば「東京温度」なので、東京の外に出た場合は「番外編」と称しているのでした(なぜかサッカー観戦は例外)。

Dsc_1591

さて、昨日のカーリング編でお伝えしたように、軽井沢へ行ったのです。で、本来の目的は「万平ホテル」に泊まること。近年は旅行するならクラシックホテル!と思っておりまして、箱根富士屋ホテル、日光金谷ホテルに次ぐ第3弾ってわけです(まだまだ続きます)。

_20170804_101134

これらのクラシックホテルには必ず資料展示室がありまして、過去からのホテルの遺産や写真、宿帳、設計図などなどが展示されています。万平ホテルの場合も、1Fのバーの奥に資料室がございました。

Dsc_1582

大江戸が泊まったのは、増築した新館ではなくて、一番古くからある(1936年築)アルプス館の2F。ちなみにジョン・レノンも毎年ここの2Fに泊まっていたそうです(ジョンは富士屋ホテルにも泊まっていましたね。やはり育ちの良い「お嬢様」であるヨーコの影響なんでしょう)。

で、ここはこの「猫足バスタブ」が有名なんですってね。

Dsc_1588
お庭の丸い敷石も、楽しいではありませんか。

クラシックホテルに泊まったら、そこのメイン・レストランでディナー(および朝食)ってのが、鉄則であります。今回もその習わしに従い、ついでにメイン・バーにも行ってみました。

_20170804_101435

あと、喫茶室でスイーツもいただきましたよ。

この手のホテルは必ずと言っていいほど、アップルパイが名物になっております。クラシカルで王道のお味です。

_20170804_101544

ロールケーキは、クリームが妙にさっぱりしていて、大江戸の好みではありませんでした。

あと、ここのロイヤルミルクティーは、ジョン・レノンが「こういうのできる?」とレシピを授けてくれた逸品だそうで、確かにおいしゅうございました。

_20170804_101518_2

ディナーのデザートに食べたプリンも、濃厚なタマゴ感といい、ほろ苦いカラメルといい、焼きプリンですよって感じといい、まさに古典的な「ザ・プリン」でした。

_20170804_145045

あとは塩沢湖の周囲を上品なレジャーランド化した「軽井沢タリアセン」って所に行きましたよ。レイモンドやヴォーリズといった高名な建築家の手による洋館を見ることができる(入ることもできる)のです。

_20170804_133559

Dsc_1620

洋館好き、建築好きには結構たまらない穴場でありました。じっくり見てたら、半日じゃあ足りやせん(タリアセン)。

_20170804_145025あとは旧軽井沢をちょこっと見たり、駅の南の広大な(日本最大級だとか)アウトレットを見たりしましたが、何せ一泊二日ですからね。なかなか時間がタリアセンでした。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

「アルチンボルド展」と「ル・コルビュジエの芸術空間」

_20170802_170134
上野の国立西洋美術館で、『アルチンボルド展』を観ました。それほど観たかったわけではないのですが、招待券をもらったので。

ここも久々に来ましたが、世界文化遺産になったってことで、ル・コルビュジエの紹介やら何やらが展示してありました。

『アルチンボルド展』は、この画家の日本初の本格的紹介となる展覧会なのだそうです。意外な気もしますが、考えてみれば確かにやってませんもんね。

_20170802_170047
アルチンボルドと言えば、寄せ絵の肖像画・・・花とか野菜とか魚とかが集まって顔になってるやつ。

ま、正直思った通りというか、期待以上ではなかったというか、そんな展覧会でございました。

Dsc_1580

で、むしろ常設展内で開催していた『ル・コルビュジエの芸術空間』という小展覧会の方が面白かったのです(『アルチンボルド展』の半券で、常設展ともども観られます)。「国立西洋美術館の図面からたどる思考の軌跡」とあるように、ここを設計するにあたってのコンセプトや、建築の思想や、特色や、時系列の変更箇所を図面やスケッチで展示してあり、非常に興味深いものでした。 これは「得しちゃった」気分でしたね。

その後に観た常設展の中には、ル・コルビュジエによる絵画作品もありましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

恵比寿界隈の建築あれこれ

1494164196011
一昨日、恵比寿と目黒間の山手線内側、町名でいうと品川区上大崎2丁目あたりをさすらっておりました。ゴールデンウイークならではですね。

ガーデンプレイスの裏っかわと申しましょうか。大都会の真ん中と思えぬほどに、昔ながらの普通の住宅地なので驚いていると、木造2階建ての、昭和初期(~中期)を感じさせるおうちが突然出て来たりして、素敵でありました。

1494164176891そのおうちに貼ってあった昔の町名表示板がこちら。「渋谷区伊達町」ってことで、属する区も現在と違っていたんですねー。

1494164227678
で、そこらをうろうろしていた本来の目的は、白くて四角いこのおうち。東京都指定有形文化財の「土浦家住宅」。モダニズム建築家として有名な土浦亀城が昭和10年に自邸として設計した建物だそうです。うーん、モダニズム建築ですね。しかも建物の白壁がコンクリートではなくて、木造に塗装。結構こじんまりとしていました。

1494164314728_convert_2017050723010

そのそばの坂道を見やれば、住宅の向こうに赤い球体! おお、目黒の日の丸自動車のビルではありませんか。ちょっとシュールな光景です。

それにしてもこのあたり、旧町名では「長者丸」と言って、豪邸の建ち並ぶお屋敷町です。いやー、本当に豪壮な大邸宅ばかりでしたよ。すごいすごい。

1494164346306_convert_2017050723014

そこから歩いて恵比寿駅周辺に着きますと、駅のそばなのにこんなお蔵が! ビルの合間で、隣は駐車場、道を挟んでオープンエア席もあるカフェ。これまたギャップの大きな風景でした。

1494164395634_convert_2017050723022

そして、そのそばの大通り沿いにあった植物の緑がズラリのビル。これ、救世軍の建物なんですね。かなり印象的な景色です。

いやー、恵比寿あたりって、普段はガーデンプレイスにしか来ませんけれど(映画とか写真美術館とかビール博物館とか)、なかなかに幅が広く奥が深いですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧