2022年5月12日 (木)

変わり種ビールをいくつか    #しもきたカオスビール #プレモル香るエール #プレモルグランアロマ #パーフェクトサントリービール #エビスプレミアムホワイト #スーパードライ生ジョッキ缶

Dsc_0482_copy_600x896 割と最近の変わり種(ってほどでもないのもあるけど)ビールあれこれ。

まずは一番珍しいところで、『下北沢 CHAOS BEER (しもきたカオスビール)』。IPAってやつです。アルコールは6.5%と高め。お値段も350ml缶で390円+消費税と高め。限定20万本なんだそうです。地ビール感がっつり。濃くフルーティー。でもあんまり好きじゃないんですよねー、こういうの。

 

Dsc_0471_copy_584x896 Dsc_0366_copy_588x896 次はサントリー「プレミアムモルツ」の『<香る>エール』と『グランアロマ』です。青と赤です。『ウルトラマン』の青い怪獣と赤い怪獣=バニラとアボラスみたいです(わかる人にはわかる!)。

こいつらも地ビール感は強いんですけど、さすがはサントリーというべきか、日本人の好みに寄せたモデラートな仕上がりとなっております。かなりいい感じです。「ちょっとだけ高級」な差別化戦略です。

 

Dsc_0475_copy_600x839 そして、同じサントリーでも健康志向の方に寄せたのがこちらの『パーフェクト サントリービール』。「本格ビールのうまさで糖質0」と大書してあるのが、とにもかくにも絶対のセールスポイント。でもねえ、飲んでみるとやっぱり普通のビールよりも発泡酒っぽい味なんですよねー。まあ、それでも健康と天秤にかけて、良しとするや否やといったところでしょう。

 

Dsc_0304_copy_576x1024 で、こちらはしばらく前からあるエビスビール『プレミアムホワイト』。なんかいいですよね、この白缶。金色のエビスよりもフルーティー&マイルド。香り高く、マイルドテイストなのです。でも大江戸的には、やっぱり普通のエビスのがいいかな。

 

Dsc_0250_copy_555x896 さてさて、最後にご紹介するのは、アサヒ「スーパードライ」の『生ジョッキ缶』です。

「日本初/全開!/生ジョッキ缶」と書いてあるように、上の部分が缶詰みたいにパッカーン!と開きます。で、そこからクリーミーな泡が盛り上がって来るという…。

Dsc_0251_copy_825x600 いやー、なかなかの泡立ち、なかなかのインパクト、なかなかの差別化ですね。なんで蓋パッカーンだと泡がこうなるのかは知りませんが、スーパードライ嫌いの大江戸も、「これならいいかな」って気になりましたもん。やっぱりビールのうまさにとって、泡って大切なんですよねー。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2022年2月17日 (木)

イチゴのチューハイ    #イチゴのチューハイ #氷結ストロベリー #博多あまおうチューハイ #ほろよい練乳いちご

Dsc_0064_copy_768x1147 近年、いろんな果実がチューハイにミックスされておりますが、今年の冬はイチゴがかなり来ておりました。

 

まずはキリンの『氷結 ストロベリー』。以前からあったかと思います。アルコール分4%、果汁は0.4%です。氷結独自の、あのクシャクシャ缶です。

Dsc_0070_copy_786x768飲んでみれば、いやー、確かにイチゴ味。でも淡いんですけどね。ただ、液体の色はほとんど透明で、よく見ると微かに淡ーいピンクがかかっています。ま、確かに「女子供の」ってイメージが覆せない(てか、それを狙っている)代物ですね。

 

Dsc_0021_copy_768x1365 続いては、ふくれんの『博多あまおうチューハイ』。こちらもアルコール分は4%。いちご果汁も入っておりますが、何%かは定かではありません。

Dsc_0020_copy_1365x768 液体の色は濃い目です。確かにイチゴだと主張しております。まあ、でもイチゴのチューハイ以上でも以下でもないお味です。

 

Dsc_0191_copy_576x858 そして、サントリーからは『ほろよい 練乳いちご』。いやー、練乳ですよ。それをお酒にっていう発想は、なかなかですね。アルコール分は更に軽く、3%です。

Dsc_0192_copy_1024x5762 で、色の方は確かにそれっぽい方向性。淡ーいピンクに、うっすらと白濁感が感じ取れます。味と香りにも、うっすらと練乳いちごが再現されております。もちろん、練乳のあの濃厚さはみじんもないわけですが。

 

3つに共通して言えることは、「あまーい」。大江戸だから、「これはこれで」って感じで、少な目アルコールのジュース系(?)チューハイとして受け止めますが、のんべの方々にとってはただの邪道なんでしょうね。それに、アテとして合うもの、合わないものが難しくなってまいります。 やっぱりチューハイには、レモン、グレープフルーツあたりが最適だと再認識いたしました。

 

 

| | コメント (0)

2021年11月19日 (金)

ナス/ヌーヴォー/グッチ×バレンシアガ    #変なナス #ボジョレーヌーヴォー #グッチとバレンシアガ #ハッカープロジェクト

Dsc_0528_copy_576x619 晩秋、いろんなことがあります。こんなナスがありました。

Gonsu なんだこいつ、変なヤツだなー。与一と名付けてやりましょうか。でも手塚治虫のマンガに出て来る「おむかえでゴンス」ってヤツにそっくりです。

Horizon_0001_burst20211119190601483_cove いったい何者なのか? 前世がきになりなす、いやなりますね? ヘアスタイルも独特ですし。

 

Center_0001_burst20211118202951877_cover それはともかく、昨日は11月の第3木曜日、そうボージョレー・ヌーヴォーの解禁日でした。前夜遅くにニュースで見るまで、すっかり忘れてましたよ。ま、一応今年もちゃんと新酒ができましたってことを寿いで、ハーフボトルを1本買いました。ボージョレー・ヌーヴォーより上等なボージョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーですが、最近買っていた安いペットボトルのやつがどこにも無かったので、何件か回って唯一千円未満のものを買ったってわけ(消費税を入れると超えちゃったけど)。どこに行っても、小さな販売スペースで、ヌーヴォー狂騒曲も今は昔ってところ。誰も騒いでないから、当然ですね。まあ、それでもめでたい初物ってことで、大江戸は毎年なんだかんだ買ってます。それにしても、今年のはまずかったなあ。でも、めでたいめでたい。

 

Dsc_0520_copy_906x576 話変わって、松屋銀座の正面口ショーウインドーでぶっとびました。なんかウインドー面いっぱいにスプレーでいたずら書きがしてあるのかと思えば、それは「GUCCI」という文字。

Diagonal_0001_burst20211115125919233_cov で、ウインドーの隅にあった文字を読んでみると、どうもバレンシアガとグッチが手を組んだ「ハッカー・プロジェクト」ってことのようです。

Center_0001_burst20211115130101289_cover で、地下鉄方面に降りて行くと、そこにも同様のウインドーが。バレンシアガのロゴが入った台の前のガラス面には大きなGUCCIの殴り書き文字。いやー、攻めてますね。

Horizon_0001_burst20211115130107837_cove ウインドーだけじゃなくて、ポスターボードこんな感じ。グッチの象徴である赤と緑のラインのバッグの上にBALENCIAGAの落書き文字。

あれ、今写真見て気がついたけど、このポスターボードの枠の装飾、左上の方に変なお顔がありますね。隠れキャラなんですね?

Dsc_0522_copy_803x576 グッチ、バレンシアガともにケリング・グループのブランドだからできたってことのようですが、まさに奇跡の(無謀な?)コラボレーションです。まあ、「キングコング対ゴジラ」(「ゴジラvsコング」?)みたいなもんでしょうかね。それとも「バットマンvsスーパーマン」?

 

| | コメント (0)

2021年9月29日 (水)

ステキなコンビニアイスと…   #パルムジェラートミックスベリー #北海道濃厚ミルクバー #幸水アイス #まるごと梨

Dsc_04202_copy_800x441 去り行く9月を偲んで、コンビニアイスのミニ特集。

まずは森永の『パルムジェラート ミックスベリー』。パルムシリーズ初のジェラート・タイプなのだそうです。果肉・果汁30%でございます。ストロベリーとラズベリーのミックスです。

Dsc_04212_copy_800x476  ご覧の通り「ドギツイ」と言えるほどに強い色です。ベリーの甘酸っぱさがハンパなくて、いいですねえ。ジェラートにもいちご果汁とラズベリーピューレを使っているので、どこからどこまでもベリーベリーしているのです。お口の中がベリーダンスやー、って、そのベリー(belly)はberryとは違いましたね。

 

Diagonal_0001_burst20210927214411480_cov 続くのは、「イチゴには牛乳だろ」ってことで、ローソン・ウチカフェの『北海道濃厚ミルクバー』。外側は硬いアイスで、内側はとろけるミルキーさが感じられます。北海道産の牛乳を100%使ってます。でも岡山のオハヨー乳業の製品です。まあ、ミルク風味が好きな人には間違いのない商品ですね。

 

Dsc_04232_copy_800x472 そしてウチカフェからもう一つ。『日本のフルーツ 長野県産 幸水』だなっしー!(←いささか古い) 

Dsc_04242_copy_715x487 「梨果汁36% うち、長野県産幸水を原料とした果汁66%使用」と、いささかわかりにくい表示がありましたが、いずれにせよ梨果汁をたっぷり使っている模様です。こちらもミルクバー同様硬いのの内側にとろりん感がありました。で、こちらは埼玉県深谷市の赤城乳業さんが製造。実に「梨」でありました。

 

 Dsc_04252_copy_487x544 そして、秋の味覚「梨」を尊重して、もう一品プラス。サントリーの缶チューハイ「-196℃」シリーズの『The まるごと梨』です。アルコール7%です。でも梨果汁はたったの0.6%です(まるごとじゃないじゃん)。上のアイスとの差に、ちょっと唖然としてしまいます。なのになのに、梨感はたっぷり。むしろこっちの方が、梨感強いっす。合成香料の技術って、すごいですねえ。まあ、でも季節の味わいとしては、結構好きだったりしております。大江戸にしては珍しく、ワンシーズンに2回も飲んでしまいました。

| | コメント (0)

2021年9月16日 (木)

アサヒ生ビール 通称マルエフ   #アサヒ生ビール #マルエフ #アサヒ生ビールマルエフ #新垣結衣 #ガッキーのビール

Dsc_03963_copy_450x725 新垣結衣が初のビールCMに登場!ってことで話題の『 アサヒ生ビール 』。通称「マルエフ」と書いてあります。

いかにも古典的(レトロ)&本格的な匂いを漂わせているのですが、「マルエフ」って何でしょうね?

まあ、「○F」なんだとは予想がつきますが、じゃあそれって何かと問われると…Fine? Fantastic? Fujiyama??

調べてみると、このビール1986年に発売されたものなんだそうです! で、その翌年に発売されて今に続く大ヒット商品「アサヒスーパードライ」の足掛かりとなった商品なんだとか!! そしてマルエフとは、「Fortune Phoenix(幸運の不死鳥)」を意味する社内の開発記号だったそうです!!! いやー、びっくりエピソードですねえ。家庭用の缶としては、1993年以来28年ぶりの復活なんだそうです。

Dsc_03973_copy_466x450 それにしても大江戸はこの商品の存在をぜんぜん知りませんでした。缶の裏の説明を読みますと、「今でも限られた飲食店でしか味わえない幻の生ビール」って書いてあります。幻すぎるぜっ!

CMではガッキーさんが「日本のみなさん、おつかれ生です。」って言ってます。オトナな感じです。流れる曲は竹内まりやの『元気を出して』です。疲れてる日本人に元気を出してもらいたい(ビールとガッキーで)っていうコンセプトなんでしょうね。

実際に飲んだ感想は、悪くありません。確かに懐かしくも本格派って感じです。でも、やや酸味が強めかなあ。まあそこらは個人の好みでしょうけれど、大江戸の好みとしては、やはりもう少し苦みとコクがしっかりしたビール=キリンラガーやサッポロ黒ラベルの方が上に来ますねえ。でも、スーパードライなんかよりはずっといいと思いますよ(「なんか」というのは、個人の見解です)。これから長い間生き残っていくのかどうか、気になるところではあります。

 

| | コメント (0)

2021年9月 6日 (月)

「アナザーラウンド」:酒には飲まれるな   #アナザーラウンド #酒飲みの映画 #マッツミケルセン

1_20210906221301 映画『アナザーラウンド』は、アカデミー賞の国際長編映画賞を受賞したデンマーク映画。酔っ払いどもの話なんですけど、デンマークって家の中なら子供でも飲酒が許されるんですってね。エンドロールの最後にも「デンマークでは16歳以上に酒の購入が認められている」とか字幕が出て来ました。

てなわけで、序盤からいきなり高校生がビール飲んじゃあ吐いたり、授業中にみんなの前で相当な飲酒量をカミングアウトしたりしています。そういうお国柄の作品なんだなあって感じです。

で、仕事中に飲んじゃうのは4人の先生たち。これもねえ、ジンなんか飲んでたら、絶対アルコールが匂ってわかっちゃうと思うんですけどねえ。映画とは関係ないけど、そういった意味では今の世の中は飲酒を隠しやすいと思いますよ。①アルコールで手指を消毒するので、匂いがあってもそっちの方だと思う。 ②マスクのおかげで、息が他人に届かない。 ③マスクで顔の赤さがバレにくい。

話を元に戻しますと、「血中アルコール濃度0.05%サイコー!説」という珍学説の実証実験に入って以降の展開は、まあ予想通り。アルコールの善悪についてどっちにも加担しないスタンスでありながら、やっぱり「デンマーク・バイアス」がかかっているので、(アルコールの悲惨も、一応見せておきつつ)最終的にはアルコール・オッケー!ってな結論です。後ろの席で、呑ん兵衛と思われる男性がエンドタイトルで拍手をしていたぐらいですから。一方では、飲酒運転で大切な人を失った人とかアルコール依存症の家族を持つ人にとっては、「ふざけんな!」って映画だよなあなどとも思ったのでありました。

(以降少々ネタバレあり) マッツ・ミケルセンがいい味出してるんですけど、ラストに突如として見事なダンスを披露します。なんと、彼ってダンサー出身だったんですってね。びっくり。これは一見の価値ありですよ。

 

 

| | コメント (0)

2021年8月31日 (火)

パイナップルのチューハイとパイ   #パイナップル #キリン氷結パイナップル #パインアメサワー #大地のパイ #春華堂

Dsc_03563_copy_600x985 大江戸は最近、パイナップルが結構好きです。好きな果物ベスト3を問われれば、イチゴ・ブドウ・パイナップルと答えるでしょう。ちなみに好きな野菜ベスト3は、(ホワイト)アスパラガス・カリフラワー・サツマイモあたりでしょうか。プラス1でキノコ類を加えるとすれば、キクラゲですね。

で、去り行く夏をしのんで、パイナップル特集。

まずはキリン『氷結』の「パイナップル」。毎年夏に出てますね。まあ、でもチューハイにはレモンとかグレープフルーツとかの方が、やっぱり合いますね。だって、ちょっと甘ったるいんだもーん。ちなみに果汁は1.6%しか入ってません。アルコールは5%です。

Dsc_00032_copy_600x983 続いてこちらは、なんと『パインアメサワー』! あのロングセラーにして、今も有名コンビニの定番となっている「パインアメ」をサワーにした勇気ある商品。ちなみに、こんなのでさえ果汁2%入ってます。アルコールは4%です。三菱食品(株)って所の商品です。

でもねー、1回飲んだらもういいや。だって、かなり甘ったるいんだもーん。

 

Dsc_03622_copy_600x646  そしてこちらは、台湾土産の定番であるパイナップルケーキです。その名も『大地のパイ パイナップル』。いや、実はパイナップルケーキじゃなくて、その名の通りあくまでも「パイ」だったのですが、大江戸はなんだか頭の中でパイナップルケーキだと信じ込んでしまっていて、食べるまで気がつきませんでしたというお粗末。

これ、実は春ごろから新宿駅のルミネエスト地下コンコースあたりにある売店やNewDaysで売っていて、パイナップルケーキ好きの大江戸はすぐ注目したのですが、長いこと買うかどうか逡巡しておりました。と言うのも、結構高めなんです。バラ売りは1個194円(税込)。写真の3個入り袋は、648円(税込)なんです(3つまとめた方が、バラで3個買うより高い?! 袋代ですかね)。そんなに大きくないだけに、「普通のパイナップルケーキよりは随分高いよなあ。そりゃあ、南青山とか銀座シックスとかに、高級パイナップルケーキの専門店があることは知ってるし、いつの日か買いたいと思っているけれど、その前にどうしようかな、これ?」と思いは千々に乱れていたのでした。

Center_0001_burst20210827212642073_cover で、何か月も悩んだ挙句、「夏が去る前に」ってことで、清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入しました。おお、これが「大地のパイ」かあ。なるほど、パイです。普通のパイナップルケーキのような生地ではなく、パイ生地です。大江戸はそうじゃない方が好きなんですけどねー。ま、パイもケーキの仲間ってことですかね。

Tripart_0002_burst202108272128583722_cop 中には、かなりゴロンと(甘く煮た)パイナップルが入ってます。果実感ガッツリです。台湾のパイナップルケーキよりも、ここにはこだわっているようですね。なにしろ台湾の安いやつだと、パイナップル・ジャムみたいなのが少ししか入ってないような悲しいパターンもあるものでね。

でもパイ生地は合わないなー。てか、個人的に好みではありません。

Dsc_03633_copy_985x600 などと思いながらふとパッケージ裏を見たら、なんとこれ、春華堂の商品ではありませんか! はい、あの夜のお菓子『うなぎパイ』で有名な、浜松の春華堂です。そりゃーパイにしますわな。

事のついでに、春華堂さんの電話番号が「210481 ニホンイチオイシイパイ」だってことも知ってしまいました。そりゃーパイにしますわな。

 

| | コメント (0)

2021年7月 1日 (木)

冷やして愉しむ洋酒チョコ「M's BAR」   #明治エムズバー #エムズバーラムオレ #エムズバーブランデーオレ

Center_0001_burst20210510211626308_cover 近年は冬場の洋酒チョコが好きなお江戸です。では、夏場は?

てなわけで試してみました、冷やし洋酒チョコ。だってパッケージに堂々と「冷やして愉しむ洋酒チョコレート」って書いてあるんですから。まずはこちらの紫パッケージ。明治の「M's BAR  ラム・オ・レ」(Mはもちろん明治のMですね)。チョコレート」の中に、ラム酒を効かせたミルククリームが入っていて、その中にラムレーズンが散りばめられています。「ラム酒パウダー使用」ってことで、アルコール分は3.6%。

実は冷やす前に常温でも食べてみたのですが、やっぱり冷やした方がいいと感じました。でも、期待したほどのことはなく、むしろ洋酒のキツさ(苦いような味)が立ってしまい、その分チョコが負けてしまい、「どうなんだろ、このバランス?」って感じでした。

 

Dsc_02782_copy_896x695 で、次に食べたのは同シリーズの「M's BAR  ブランデー・オ・レ」。こちらは「ブランデーパウダー使用」で、アルコール分3.1%。チョコの中のミルククリームはブランデーが効いていて、中には蜜漬けオレンジピール入り。うーん、こちらも結構ブランデーが強く効いてます。どちらも、お子様は排除するオトナの味ですね。大人って、苦いなあ。

そしてどちらも、冬場の洋酒チョコにはかなわないのでしたー。ま、そういうものなんでしょうね。

| | コメント (0)

2021年2月18日 (木)

銀座ライオンビヤホールスペシャル(缶ビール)にがっかり   #銀座ライオンビヤホールスペシャル #サッポロビール #黒ラベルエクストラモルト #銀座ライオン

Center_0001_burst20210131183511078_cover

ずーーーっと長いこと、お店で飲んだりはしておりません(飲食店さん、ごめんなさい)。てな時にこのパッケージを見て、当然買いました。サッポロの「銀座ライオン ビヤホールSPECIAL」。あの銀座7丁目の由緒あるビヤホール(「ビアホール」じゃないんですね)の名を冠したビールともなれば、それはもう期待せざるを得ないじゃないですか。それに、かなり長いこと行ってませんもん、銀座ライオン。あの銭湯みたいな店内が懐かしい。

350ml×6缶入りのパッケージには、「あのビヤホールの生をご家庭で。」と書いてあるじゃないですか。どれだけうまいんだろうと、喉が鳴るってもんです。

 

Center_0001_burst20210131183629839_cover でもねえ、鳴らなかったんですよねえ。これなら、普通のサッポロビール=黒ラベルの方が断然うまいです。あれはオーセンティックなキリリとした直球の魅力を持ってますから。

それに比べてこの製品は、コクはないし、変に酸味が強めだし、どうもピシッとしません。だらしない味です。こんなのに、「銀座ライオン」の名をつけたりしちゃあいけませんや、サッポロさん(自社の象徴であり精神的支柱である店だと思うのですが)。いくら何でも違い過ぎるし、ブランドを棄損してしまうじゃないですか。

 

_20201128_230321_copy_600x897 昨年出た赤い缶に黒丸+金の星=「黒ラベル エクストラモルト」はうまかったのです。へたすりゃ白缶の黒ラベルよりもうまいんじゃないかってほどうまかった。馬買ったら競馬ファンは大喜び。 それはともかく、やけに若々しくユニークなデザインの缶(結構好きです)でしたが、製品自体が限定販売の名に恥じぬエクストラな価値を持っておりました。黒ラベルの剛毅さを持ちながら、爽やかで華やかでもあるのです。こちらは限定販売の価値を残しながら、ロングセラーとして残ってほしいものだと思うのでありました。

 

| | コメント (0)

2021年2月 2日 (火)

ロッテの洋酒チョコ:イチゴとコーヒー   #ロッテの洋酒チョコ #ストロベリーブランデーチョコ #コーヒーリキュールチョコ

昨年10月にロッテの洋酒チョコのロングセラー、「バッカス」と「ラミー」の話をしました↓

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2020/10/post-8d1f1f.html

それに先立つ2月には、ロッテの洋酒チョコ4種類と、明治メルティーキッスについても書きました↓

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/vsmelty-kiss-72.html

Center_0001_burst20210202213622762_cover で、今回はロッテの新参者2種類についてです。

まずは昨年2月にも紹介した『ストロベリーブランデー』。しかしながら、驚くべきことに大きな変化が3つありました。パッケージが変わったなんてことじゃありませんよ。

まずは、形状が変わりました。以前は一粒一粒独立していた(不二家LOOKチョコ形式)のですが、新しく3連の板チョコ形式になりました。 2番目には、「苺とラズベリーのおいしさ」というコピーが書いてあったのに、今回はイチゴだけです・ラズベリーはどっか行っちゃいました。原材料にもありません。 そして3つ目は、アルコール分が2.5%だったのに、大幅にダウンして0.8%になっちゃいました。かなりヤワになりましたね。お子様用でしょうか?

てなわけで、洋酒チョコというよりは、洋酒風チョコって感じなのであります。

 

Center_0001_burst20210202213658992_cover そして、ロッテの新製品、昨年11月に発売となったばかりの「コーヒーリキュール」です。こちらは一粒づつのタイプで、10粒入り。アルコール分も2.6%あります。オトナ向けです。

コーヒーの香りとブランデーの味わいが感じられます。そしてチョコレートの甘さ。うーん、でもどうでしょうか? なんかイマイチ感がぬぐえません。ま、ここらへんは完全に個人の好みの範疇だとは思いますけれど…。

 

とか言いながら調べてるうちに、な、なんとロッテの洋酒シリーズには「ラズベリーリキュール」も存在するのでしたあー。ストロベリーから独立したってわけですね。しかも、アルコール分2.8%といちばんオトナなのでしたあー。 その上、小生の大好きなはずの「チェリーブランデー」なる製品まであるのでしたあー。 それ、早く言ってよおー。

探求の旅は、さらに続きます…。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧