2022年1月 9日 (日)

展覧会「戦後デザイン運動の原点 デザインコミッティーの人々とその軌跡」    #戦後デザイン運動の原点 #デザインコミッティーの人々とその軌跡 #デザインコミッティー #川崎市岡本太郎美術館 #松屋

Dsc_00012向ヶ丘遊園前の駅から速足でてくてく15分ほど歩き、川崎市岡本太郎美術館で開催中の展覧会『戦後デザイン運動の原点 デザインコミッティーの人々とその軌跡』(~1/16)を観ました。ここを訪れるのは、以前ウルトラマンの展覧会に来て以来二度目です。

Dsc_0002 入口では太郎先生がマスク姿でお出迎え。岡本太郎の常設展会場を抜けると、この企画展の会場が現れます。「デザインコミッティー創立」「国際交流とデザインの普及」「サロンとしてのコミッティー」「デザインギャラリーの展開」の4章に分けた構成で、1950年代から今日に至る日本デザインコミッティー(初期は、国際デザインコミッティー)の活動とメンバーを通して、戦後日本のデザイン史を概観する試みです。岡本太郎も初期のコミッティー・メンバーだったってのが、ここでやる理由です。

それにしても太郎さん、異質です。コミッティーに「巾」をもたらしたという解釈もあるようですが、あくまでもデザインじゃなくてアートの人ですもんねえ。どうしたって、異物なのです。「坐ることを拒否する椅子」なども展示されていましたし、モダンデザインを否定するコメントも掲示してありましたが、モダニズムや機能性と真っ向から対立するこの人をよくメンバーにしていたものです。懐が広い組織だったのですね。

Dsc_0003 今に至るも名作デザインのロングセラーとしてそこかしこで見かける商品(バタフライチェアや白山陶器の醤油さしなど)も展示されていましたし、東京オリンピック(1964)もコーナーを設けてありました。展示会場は撮影禁止でしたが、イサムノグチの灯りのコーナーは撮影可でありました。

往時の日本のデザインが、どれだけ優れていたかの証左みたいな展覧会です。東京オリンピックなんて、今年そのまま使った方がよっぽど良かったろうにと思うようなデザインだらけです。どの作品も、どのデザインも、厳しく突き詰めて洗練を極めています。それに比べて、コンピューター(マック)という道具を手にして以降のデザインの質って…。どうしても、そういう事を考えてしまいますね。

デザインを集積した売場、デザインギャラリーの運営、デザイン展の開催と、デザインコミッティーを長年支え続けた松屋(松屋銀座)の存在も小さくはないなあと思いもしました。

Dsc_00052 展覧会図録が書籍スタイルで、カラー図版もふんだんにあるのに、税込1,200円と超お買い得。当然買いました。中にはこの展覧会の会場風景の写真も入っていて、きっと会期途中からの販売なのでしょうね(この後、香川県立ミュージアムに巡回予定)。

美術館を出た丘の上には、十数メートル規模の岡本太郎作品。壮大です。下の方が『ガメラ対バイラス』(大映)のバイラスを思わせます。そういえば、太郎先生は大映の『宇宙人東京に現わる』でパイラ星人をデザインなさってましたっけ。

 

 

 

| | コメント (0)

2021年11月19日 (金)

ナス/ヌーヴォー/グッチ×バレンシアガ    #変なナス #ボジョレーヌーヴォー #グッチとバレンシアガ #ハッカープロジェクト

Dsc_0528_copy_576x619 晩秋、いろんなことがあります。こんなナスがありました。

Gonsu なんだこいつ、変なヤツだなー。与一と名付けてやりましょうか。でも手塚治虫のマンガに出て来る「おむかえでゴンス」ってヤツにそっくりです。

Horizon_0001_burst20211119190601483_cove いったい何者なのか? 前世がきになりなす、いやなりますね? ヘアスタイルも独特ですし。

 

Center_0001_burst20211118202951877_cover それはともかく、昨日は11月の第3木曜日、そうボージョレー・ヌーヴォーの解禁日でした。前夜遅くにニュースで見るまで、すっかり忘れてましたよ。ま、一応今年もちゃんと新酒ができましたってことを寿いで、ハーフボトルを1本買いました。ボージョレー・ヌーヴォーより上等なボージョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーですが、最近買っていた安いペットボトルのやつがどこにも無かったので、何件か回って唯一千円未満のものを買ったってわけ(消費税を入れると超えちゃったけど)。どこに行っても、小さな販売スペースで、ヌーヴォー狂騒曲も今は昔ってところ。誰も騒いでないから、当然ですね。まあ、それでもめでたい初物ってことで、大江戸は毎年なんだかんだ買ってます。それにしても、今年のはまずかったなあ。でも、めでたいめでたい。

 

Dsc_0520_copy_906x576 話変わって、松屋銀座の正面口ショーウインドーでぶっとびました。なんかウインドー面いっぱいにスプレーでいたずら書きがしてあるのかと思えば、それは「GUCCI」という文字。

Diagonal_0001_burst20211115125919233_cov で、ウインドーの隅にあった文字を読んでみると、どうもバレンシアガとグッチが手を組んだ「ハッカー・プロジェクト」ってことのようです。

Center_0001_burst20211115130101289_cover で、地下鉄方面に降りて行くと、そこにも同様のウインドーが。バレンシアガのロゴが入った台の前のガラス面には大きなGUCCIの殴り書き文字。いやー、攻めてますね。

Horizon_0001_burst20211115130107837_cove ウインドーだけじゃなくて、ポスターボードこんな感じ。グッチの象徴である赤と緑のラインのバッグの上にBALENCIAGAの落書き文字。

あれ、今写真見て気がついたけど、このポスターボードの枠の装飾、左上の方に変なお顔がありますね。隠れキャラなんですね?

Dsc_0522_copy_803x576 グッチ、バレンシアガともにケリング・グループのブランドだからできたってことのようですが、まさに奇跡の(無謀な?)コラボレーションです。まあ、「キングコング対ゴジラ」(「ゴジラvsコング」?)みたいなもんでしょうかね。それとも「バットマンvsスーパーマン」?

 

| | コメント (0)

2021年10月27日 (水)

仲條正義さんのご逝去   #仲條正義 #グラフィックデザイナー #資生堂パーラー #松屋銀座 

Shiseidou_p グラフィックデザイナーの仲條正義さんが亡くなりました。享年88歳。

「花椿」、資生堂パーラー、松屋銀座、東京都現代美術館などなどの見事なデザインワークが思い出されます。

https://mainichi.jp/articles/20211027/k00/00m/040/286000c

ガチンとした構築的なデザイン、硬質で隙のない男性的モダンデザインの人でありながら、時としてあえてやわらかで女性的な有機性を持ち込む唯一無二の個性(ジェンダーPC的には男性的とか女性的とかを固定させる物言いは良くないと知っておりますが、あえて使いました)。ソリッドでありながら、ゆるさ、優しさをも感じさせるという芸当。

Matsuya_20211027234301 東京人ならではの粋と洗練を知りながら、あえてそこを外すことも多くあり、そこが仲條氏の含羞なんだろうなと感じておりました。ただ、思いっきり都会的なソフィスティケーションを表現した松屋銀座みたいな例もありますし、そこでも仲條さんは男性的/女性的の両立という芸当を達成しておりました。そして、「洒脱」なんです。

大江戸としては、葛西薫さんの次に好きなグラフィックデザイナーかも知れません。十数年前にとあるパーティーでお会いした時に、氏が手掛けたある企業のCIに関する謎を質問して、あっさりと回答していただいたことも忘れられません。

お疲れさまでした。安らかにお眠りください。

 

| | コメント (0)

2021年10月21日 (木)

3DCG BAKABON   #天才バカボン #バカボンのパチンコ台 

Dsc_04612_copy_768x1054 パチンコ屋の店先で見かけた看板。

いやー、リアル3DCG版バカボンとバカボンのパパ。すごいですねー。

Bakabon それでもバカボンのきものはぐるぐる模様(ほっぺにもぐるぐる)、パパの歯はこんな具合なのでありました。

パチンコには縁のない人生ですが、AKB48とかエヴァンゲリオンとかバカボンとか、すごいですねー。なんでもありですねー。

| | コメント (0)

2021年9月25日 (土)

「マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”」:孤高のデザイナー総集編   #マルジェラが語るマルタンマルジェラ #マルタンマルジェラ

1_20210925224901 映画『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』は、あの『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』の監督ライナー・ホルツェマーが再びファッションデザイナーを取り上げたドキュメンタリー。ある意味、一昨年公開された映画『We Margiela マルジェラと私たち』(↓)の不満を解消した作品であります。

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2019/02/we-margiela-0e6.html

やっぱりマルタンご本人の顔を拝むことはできないのですが、作品はファッションショーの映像などを通してたっぷり拝めます。さらには創作風景の断片や本人の手も。これならそれほど隔靴掻痒感が募ることもありません。マルタンは英語で、生い立ちからの歴史や創作に対する考え方などを語っています。彼の業績の総集編的な作品だと言えましょう。

歴史上の高名なファッションデザイナーの中でも、「アート寄り」の最右翼がこのマルジェラ。「孤高の」という語が似合う人です。マルタンはやっぱり日本や川久保玲が好きなんだなあということも改めて実感できました。

本作のポスターなどのアートワークは、ごらんのように真っ白。そこに端正な明朝体で両端にタイトルやクレジットが記されています。「なかなかわかっていらっしゃる」って感じのデザインでありました(紙質も良いし)。

 

 

| | コメント (0)

2021年9月10日 (金)

ベルマーレのデニム   #湘南ベルマーレ #ベルマーレのジーンズ #ペナルティ #SAAB 

Dsc_03862_copy_568x860 湘南ベルマーレのユニフォーム・サプライヤーはペナルティ。そのコラボ10周年を記念して完全受注生産となったデニム・グッズ。そのジーンズ(税込11,000円)を5月に注文していたのですが、8月末にようやく届きました。

  製造は地元平塚の(株)SAAB。12オンスのワンウォッシュでストレートなんですが、少しテイパードされていて、裾はスリム気味になっています。股上は浅めです。

Dsc_03952_copy_568x932大江戸は脚はそこそこ長め(自称)なのですが、平置きで撮影すると、けっこう短足に見えますね。遺憾であります。ちなみに送って来た商品を全く切らずにロールアップもせずに、ちょうどいいサイズでした。

Dsc_03902_copy_1024x568 ご覧になってわかるように、ライトグリーンのベルマーレ色のステッチを所々に使用しています。でも外側よりも内側に多用してどうすんだ?!って気がしないでもありません。

Dsc_03872_copy_797x568 ヒップの布パッチには、ベルマーレとペナルティの10周年記念マークがついてます。

Dsc_03912_copy_940x568  あとヒップポケットの右側にはベルマーレを象徴する波のマーク。左側のタブはライトグリーンで、「PENALTY」と刺繡で入っています。

Dsc_03852_copy_1024x517 で、これをめくって反対側を見ると、じゃーん、「BELLMARE」と入っているのでありました。いやー、控えめですね。でも全体的に、観戦時だけじゃなくて街で普段着として着やすいことをコンセプトに作られているようで、そのためにあんまりベルマーレベルマーレさせていないんですね。粋なオシャレで、いいじゃないですか。

Dsc_03932_copy_568x804 控えめと言えば、前のポケットの内袋にもベルマーレ、ペナルティ、SAABのマークやロゴがプリントされているのでした。他人様にはわからない仕様でございます。

Dsc_03942_copy_568x793 そしてヒップポケットもですね、隠されたその内側をよーく見ますと、この10周年マークがあったりするのでした。うーむ、奥ゆかしい刻印ですね。羽裏(羽織の裏地)のようで、粋です。

Dsc_03892_copy_568x767 そう見ていくと、ライトグリーン色のステッチも、これぐらい抑え目でちょうどいいのでしょうね。引きの美学ですね。 裾のステッチは普通のブルージーンズのように濃紺でした。これは、自分で丈詰めをしたりする時に、この色の糸がなくて苦労したりしなで済むようにとの配慮なんでしょうね。

シルエットも履き心地も上々。長年愛用できそうな、素晴らしいコラボ・プロダクトなのでした。

 

 

| | コメント (0)

2021年8月13日 (金)

「ファッション イン ジャパン 1945-2020 流行と社会」展   #ファッションインジャパン #ファッション展 #国立新美術館

Dsc_03553_copy_576x800 乃木坂の国立新美術館で開催中の展覧会『ファッション イン ジャパン 1945-2020 流行と社会』(~9/6)を観ました。本来なら去年の夏に開催する予定だった展覧会が1年ずれて、今夏の東京公開となっております。日本ファッションのあゆみを概観する決定版的な展覧会。きっと東京オリンピック(2020年)で来日する外国人観光客にも観てもらおうって企画だったんじゃないですかね、もともとは。

Dsc_0350_copy_1024x576 戦後(あるいは戦中)のもんぺ姿から今日のサステイナブル・ファッションまで、時代ごとのファッションを歴史的パースペクティブで編集・展示してあります。洋裁学校の時代→アイヴィー→ミニスカート→ヒッピー→世界に羽ばたくデザイナー→DCブランド→渋谷系・原宿系(ストリート)→Kawaii→いいね→未来へという流れです。女性のファッションが中心ではありますが、ところどころにメンズ服への言及もあります。

Dsc_0351_copy_1024x576 実際の服がかなりの数展示されており(撮影できるのは最後のちょこっとだけ)、あとは写真・映像資料・雑誌・広告などで構成されています。編集も悪くありません。

Dsc_03532_copy_939x576 へーと驚くものもあれば、懐かしいなあ&こうだったよねってものもあり、日本ファッション史のお勉強材料としては、かなり有意義です。若い人にこそ観てもらって、目からウロコを落としていただきたい展覧会です。

最終コーナーに集められた未来のクリエイターたち=ユイマナカザト、山縣良和、森永邦彦、サカベミキオといったアーティストたち、そしてその後に控える人たちの作品も面白いのですが、どうも領域が狭すぎたり、街で着れそうになかったり、世界で大きく売れるためのサムシングに欠けているのではと思ってしまいます。そもそも今挙げたのは男性ばかりですし(一つ前のコーナーには、阿部千登勢とか青木明子とか女性も多いのですが)…。

Dsc_03542_copy_1024x530 会場を出たところに、何か異様なものが…。ガラスケースの中に土が敷いてあって、その上に死体?ミイラ? いえ、これは天然素材の服が菌による分解で土に返っていくことを表現しようとしているそうです。どうりでガラスの内側には結露の水滴などもついております。山縣さんらしいといえばらしい、ほぼ現代美術な作品でありました。

やっぱりこれ、世界の方々に観てもらいたい展覧会ですよねー。残念です。あ、それと「やっぱりこれ」の中には「パリコレ」が入ってます。びっくり。

 

| | コメント (0)

2021年8月 6日 (金)

「ココ・シャネル 時代と闘った女」:ドイヒーなシャネルを描く   #映画ココシャネル #ココシャネル時代と闘った女 

1_20210806001101 映画『ココ・シャネル 時代と闘った女』は、「こんな辛口でいいんですかい?」て感じのドキュメンタリー。「時代と闘った」と言うよりは、「時代とうまくやった(男ともね)」女って感じ。彼女のしたたかな人生をシビアに見つめているので、こんな映画を観たらシャネル好きの方々も、洋服や香水を買う気がなくなってしまうのではないかしらん?と心配してしまうほどです。

だって、やけにずる賢いし、ナチスにも協力していたし、晩年にはすっごく性格の悪そうな意地悪頑固ばあさんになっちゃったし、フランソワーズ・サガンからは「ひどい人だった」って暴露されちゃってるし…。まあ、これまでの読み物や映画で知っているシャネル像の数倍もドイヒーな人だったということを描く55分のドキュメンタリーなのです。晩年の顔や口調もやけに攻撃的で意地悪だってのが、映像でわかっちゃいますし。

ファッションについてはさほど深く描かれず、ちょっと残念。まあ原題が「ココ・シャネルの戦争」だから、しょうがないところなんでしょうね。Bunkamuraル・シネマでの単館公開ですが、終映後の場内がなんか微妙な空気でした。わかります、わかります。

 

| | コメント (0)

2021年8月 4日 (水)

「イラストレーター 安西水丸展」@世田谷文学館   #安西水丸展 #イラストレーター安西水丸展 #世田谷文学館 #村上春樹

Dsc_03503_copy_675x576 芦花公園にある世田谷文学館で開催中の『イラストレーター 安西水丸展』(~8/31)を鑑賞。2014年に急逝された安西水丸さん(享年71)の回顧展です。

Horizon_0001_burst20210803152901239_cove 文学館の入口がいつになくゆるくてポップな水丸調になっておりました。

Dsc_03432_copy_959x576

水丸さんって、小生なんぞには村上春樹作品の挿絵や表紙絵をはじめとする仕事が一番なじみ深いのですが、小説、エッセイ、絵本、マンガなど幅広くやっておられたんですねえ。

Dsc_0344_copy_1024x576 村上春樹本に関しては、「おお、みんな持ってるぜ」って感じでしたが、懐かしいですね。

Horizon_0001_burst20210803161331743_cove 会場の壁面が多くの部分で、ベニヤ板むき出し(無塗装)なんですが、そういう感覚がいかにも水丸さんです。壁の上に春樹さんの頭が出ているのなんかもあったりして…。

 

 

Dsc_03452_copy_951x576 全体的に遊び心に溢れた展示となっています。順路もどう見たらいいんだかわからない! まあ、ぐるぐるとご自由にどうぞって感じなんでしょうね。

 

Dsc_03462_copy_1024x513 今まで気づかなかったけど、切り絵の作品なんかもあったんですよね。マティスの影響ですね。だから、彼の色彩って、キレイなんですね。

Horizon_0001_burst20210803155928221_cove 水丸さんにとって重要な三人がフィーチャーされていて、それは春樹さんと嵐山光三郎さんと和田誠さん。和田さんとの合作シリーズなんて、楽しいですよー。

 

Horizon_0001_burst20210803160434853_cove 広告とかデザイン関係のお仕事が多かった水丸さん。デザイン関係のパーティーなどで、お姿をみかけたことが何度かありました。

Horizon_0001_burst20210803155806601_cove でも、旅好きで、酒好きで、お土産物やおもちゃが好きで、スノードームも大好きで、スタイリッシュにおしゃれ。ステキな大人でしたよね。

出口付近に展示してあった彼の愛用バッグが、カッコ良かったなあ。

 

 

Dsc_03472_copy_576x946 意外なほど見どころが多くて、楽しい展覧会でした。ショップで売ってた水丸グッズも、なかなかカワイイものが多かったですよ。

| | コメント (0)

2021年7月28日 (水)

「オリンピック・ランゲージ:デザインで見るオリンピック」展   #オリンピックランゲージ展 #デザインでみるオリンピック #ggg

Dsc_03303_copy_711x600 ギンザグラフィックギャラリー(ggg)で開催中の特別展『オリンピック・ランゲージ:デザインでみるオリンピック』(~8/28・入場無料)を鑑賞。この時期ならではの良い企画でした。すべてが興味深く、じっくりと観てしまいました。

 

Dsc_03392_copy_685x576 オリンピック各大会のシンボルマーク、ピクトグラム、トーチ、メダルなどのビジュアル・アイデンティティについて解き明かす展覧会。1964東京、1968メキシコ、1972ミュンヘン、1994リレハンメル(冬季)、2004アテネの5大会に焦点を絞って、そのデザインワークを比較展示しています。

Dsc_0338_copy_1024x576 本展のポスターや映像はあのグルーヴィジョンズによるもの。五輪を表す5色の丸を用いたシンプルでセンスの良いデザイン。映像の方も気が利いてます。 5つの丸の中で赤が大きいのを見ると、当然思い出すのが1964東京の亀倉雄策によるシンボルマーク。いやー、改めて傑作ですね、あれは。「亀倉が締め切りを忘れていて、たった2時間で作った」とか書いてありましたが、そういうものなのでしょう。全大会のシンボルマーク(エンブレム)がずらりと展示してある壁面もありましたが、パッと見て亀倉作品がベストだとわかりますね。シンプルで力強く、一切のムダがない揺るぎなさ。見事です。Dsc_03362_copy_576x895

1964東京大会で初めて導入されたピクトグラムですが、各大会に個性がありますね。中でも大江戸が気に入ったのは、リレハンメルの競技ピクトグラム。古代遺跡の岩絵に着想を得た作品だそうです。いやー、自由でユニークですねー。 アテネ大会のピクトグラムも、古代の陶器の絵みたいなテイストです。Dsc_03342_copy_569x1024

Dsc_03352_copy_553x1024 聖火トーチの中で一番驚いたのもリレハンメル。縦に長ーいのです! 木の部分は樺材を使っているそうです。トーチの展示は、すべて両面から見られるようになっていたのが良かったです。

全体感として、とてもキレイにコントロールされていたのがミュンヘン大会。ライトブルー、オレンジなど6色のシンボルカラーを設定し、大抵のものをその中で展開しているのです(大会関係者のユニフォームなども)。しかもナチスの遺産としてのベルリン大会からの決別を可視化するために、赤と金は除外して統一したのだそうです。メイン・ポスターなどもオリンピック的には弱い感じですが、そういった意志に基づくものなのでしょうね(ベルリン大会のように重厚な印象にはしないぞ、という)。好きです、この大会の爽やかなビジュアル(残念なことに、ご存じの通り血塗られた大会になってしまったわけですが…)。Dsc_03312_copy_973x600

ほかにも、メキシコ大会のオプ・アート(1968年という時代を反映)的なロゴやビジュアルなど、広くない会場に見どころ満載。それぞれのこだわりやクォリティの高さに感心しました。

それに較べると、今回の東京2020はねえ…。市松模様は悪くないんですけど、それ以外のVI(ヴィジュアル・アイデンティティ)は、全体的には無難過ぎて、既視感もあって、印象に残らないかも。大会委員会が守ってあげなかった佐野研二郎のエンブレム、大江戸はけっこう好きだったんですけどねえ…。それを言ったら、国立競技場だって隈研吾のよりもザハ・ハディド案の方がずーっと好きでした。あれも守ってあげる人がいなかったからなあ…。ネットの中のシロートの意見や暴言のせいで、考えに考え抜いたプロの英知と時間の結晶が、簡単につぶされてしまう。嫌な時代ですねえ。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧