2021年3月 6日 (土)

「石岡瑛子 グラフィックデザインはサバイブできるか?」展<後期> #石岡瑛子 #石岡瑛子展 #ggg #コヤニスカッティ

Dsc_01182_copy_1024x665 銀座グラフィックギャラリー(ggg)で展覧会『石岡瑛子 グラフィックデザインはサバイブできるか?』の後期(~3/19)を観ました。後期は「グラフィック・アート編」ってことですが、前期・後期とも出ていた作品もありますし、1Fの展示(真っ赤な空間に石岡の言葉)は全く同じ。湾曲スクリーンに映っていた映像は一応違っていたかなあ。

(前期の記事はこちら ↓ )

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2020/12/post-d838ce.html

Dsc_01132_copy_768x1092 後期になってからずっと仕事が忙しくて来られず、ここ2週間ぐらい毎日「今日こそは仕事を早めに終わらせて駆けつけねば」と思いつつ、結局果たせずにおりました(gggは午後7時閉館)。しょうがないので、仕事が休みの土曜日に馳せ参じた次第(実は2週ほど前の日曜に来たら、休館だったってこともありまして)。

Horizon_0001_burst20210306154725828_cove そしたら、何ということでしょう。入口前にガードマンが立って、入場制限を行ってました! こんなggg、見たことない! しょうがないから10人ぐらいの列について、10分ぐらい待って中に入り、少し待ってから検温・消毒を行い整理券をもらいました。1Fの展示を見ながら15分ぐらい待って、番号順にB1の展示場に通してもらいました。

地下の展示場は前期と共通する作品もありましたが、コッポラと組んだ映画の仕事(ポスター)とか、丸い耳のネズミを使った「HIROSHIMA APPEALS」のポスターとかも紹介されておりました。そもそも、東京都現代美術館の石岡展も観たものですから、ここの前期にどれを観てどれを観てないんだかわからなくなりかけてます。

(都現美の石岡展はこちらの記事 ↓ )

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2020/12/post-64682a.html

Dsc_01162_copy_1024x801 でも嬉しかったのは映画『コヤニスカッティ』のポスターと久々にご対面したこと。これは都現美にもなかったと思います。この映画好きだったんですよー。フィリップ・グラスの音楽、サイコー! シネヴィヴァン六本木で観た後、レーザーディスクで繰り返し追体験したものです。

Dsc_01172_copy_1024x578 そして、フランシス・コッポラの『ドラキュラ』のポスター。何種類か作ってますが、中でも闇に光る血走った眼球ビジュアルの連作が圧巻です。コワ過ぎスゴ過ぎ! この映画、コッポラとしては失敗作だというか、いわば「石岡さんの勝ち」ですね。

やっぱり今度も石岡さんのパワー、迫力に圧倒された感じです。テレビ『日曜美術館』や『美の巨人たち』放映の影響もあるのでしょうが、むしろ石岡さんの凄さを受け止めた若い人たちがSNSで広げた人気のような気がしました。本物は時を超えて伝わりますからね。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年1月 5日 (火)

ドルビーシネマ初体験   #ドルビーシネマ #丸の内ピカデリー    

_20210105_214140_copy_1024x1010 先日、『ワンダーウーマン1984』を観るにあたって、“ドルビーシネマ”=丸の内ピカデリーを利用しました。おととし2019年の10月にドルビーシネマとしてリニューアル・オープンしてから1年以上も機会をうかがっていたというか、行っていなかったのです。普通の映画館より料金が高いしね(そーなんです。プラス600円です。まあ、グランドシネマサンシャインのアイマックスはプラス700円ですけどね)。

Dsc_4751_copy_1024x576 「ドルビーシネマ」というのは、映像、音響、劇場デザインがワンランク上のシアターのことだそうです。

映像においては、ぼやけた黒ではなく「真の黒」が表現できるそうですが、観ていて特に気がつきませんでした、っていうか、忘れてました(笑)。ま、その程度のものです。

音響においては、「ドルビーアトモス」のシステムで、前後左右上下いろんな所にスピーカーが配置してあって、音の移動にもしっかり対応できるのだそうですが、TOHOシネマズなんかにもドルビーアトモスのスクリーン、ありますからねえ。ま、普通に音の良いシネコンの設備って感じ。

_20210105_214231_copy_1024x576 シアターデザインにおいては、確かに黒を基調にしてカッコイイですね。エレベーターの扉が開くと、すぐに真っ黒の空間が広がっています。通路もコンセッションもトイレも黒が基調。場内に入る階段の前には、超横長のイメージ映像が色調を変化させながら輝いておりました。そして場内も真っ黒で、アクセントとしてブルーの光のラインが効いてました。ゆったりとした革張りの椅子も、高級感に溢れておりますね。この黒づくめの感じって、スターフライヤーの飛行機みたいです。ま、大江戸は黒が好きなもので、こういうの嫌いではありません。

Dsc_4750_copy_1024x576 ただ、プラス600円に見合うかというと、うーん、小生はこっちを選ばない気がします。グランドシネマサンシャインのアイマックススクリーンの只ならぬデカさの方が、インパクトありますもんね。あっちだって、音はかなり良いわけですし。大江戸が観た回のお客さんは、心配になっちゃうほど少なかったです。

てな感じですが、まあ話のタネに何度か行ってみてもよろしいのではないでしょうか。丸の内ピカデリーといっても、マリオンのルミネ上層階の方じゃなくて、その脇の別棟の5階。以前「丸の内ルーブル」だった方です。

| | コメント (0)

2020年12月23日 (水)

「石岡瑛子展」@都現美   #石岡瑛子展 #石岡瑛子 #東京都現代美術館

_20201223_115138_copy_1024x756 東京都現代美術館で開催中の『石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか』(~2021.2/14)を観ました。

先日ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)での石岡展(前篇 ↓ )を観て、いよぃよ本丸へ!って感じです。

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2020/12/post-d838ce.html

 

こちらの展覧会は、都現美だし有料だし、そりゃあ規模が違います。石岡瑛子のすべてを網羅した大展覧会です。パルコや角川書店の広告など、かぶるところは結構あります。でもこちらは、そういった企業キャンペーンのグラフィックデザインのみならず、映画やオペラやMVやオリンピック・ユニフォームの仕事までを網羅しているのです。

どの章もそれぞれに面白いのですが、やはり’7-80年代の広告の仕事は圧倒的ですよねえ。デザインの仕事にコンピューターなどない時代の、校正紙への赤鉛筆による指示の細かさと迫力がやはりスゴイです。

『地獄の黙示録』のポスターをきっかけに、映画の仕事もするようになった瑛子さん。本展ではその部分にかなりのスペースを割いているのですが、『MISHIMA』のアートワークをスチル写真で見るだけでもそそられるものがあります。三島由紀夫氏の遺族の圧力でいまだに日本公開が成されていないこの作品を、観てみたいなあと強く思いました。 あと、ビヨークのMVも不思議で面白かったです。

gggの展示でも感じたことですが、石岡さんって本当に「肉体」が好きな人ですねえ。映画や舞台の衣装も肉体の表現だったりしますし。そしてやっぱり鮮烈な「赤」が心に残ります。

1時間半以上かけてじっくり観ましたが、どれもこれも興味深く、石岡瑛子という「巨人」の全体像を浮かび上がらせていました。そしてこちらの会場でも、あの亡くなる少し前のインタビュー肉声をずーっと流していました。

享年73歳。あと数年は良い仕事ができたのではないかとちょっと残念ですが、それはしょうのないことですね。それよりも、この力強きデザインをいろんな人がそれぞれの仕事の中に引き継いでいってもらいたいものだと願ってやみません。

 

 

 

| | コメント (0)

2020年12月 9日 (水)

「石岡瑛子 グラフィックデザインはサバイブできるか」展   #石岡瑛子 #石岡瑛子展 #ggg #グラフィックデザイン

_20201208_191428_copy_1024x670 ggg(スリージー)ことギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催中の展覧会『石岡瑛子 グラフィックデザインはサバイブできるか』前期(~1/23)に行きました。前期は「アド・キャンペーン篇」だそうです(後期は「グラフィックアート篇」)。

尊敬すべきアートディレクターの一人である石岡瑛子さんのデザインを一言でいえば、「強い」だと思う大江戸ですが、この展覧会にもその強さは溢れていました。

 

_20201208_191609_copy_1024x1458 まず会場に入ると、・・・赤い! 壁も床も光線も真紅の世界が広がって(というほど広くはないのですが)います。まあ、赤という色(特に赤と黒のコントラスト)は石岡瑛子を象徴していますからね。

_20201208_191641_copy_1600x989 両サイドの湾曲したスクリーンには、さまざまな作品が映写されておりました。見覚えのあるものが多いですし、どれも見事な傑作で感嘆してしまいます。そして柱というか壁というかには、石岡さんの言葉が書かれています。この言葉がまた、強いんですよねえ。この人の生き方とか作品とかには、「抜き身」の迫力がありますもん。

 

Dsc_4705_copy_1280x720

地下の会場は、パルコを中心としたキャンペーン・ポスターに加えて、雑誌広告、新聞広告、装丁、ジャケットデザインなど。こちらも石岡さんの言葉がつるしてありますし、彼女のナマ声(元の音源はインタビューなのか、講演会なのか?)が流れ続けています。うーん、やっぱり強いです。昔の広告のゲラに石岡が赤を入れたものも展示されており、その精緻かつ厳密な指定におののきながら唸りました。やっぱり凄いです。真剣勝負なのです。

_20201208_191532_copy_1280x720 そして、パルコにしても何にしてもハダカ(ヌード)の広告ビジュアルが平気で出てきます。思えば、昔はそうでした。街にも普通にハダカが出ていました。石岡作品におけるハダカは、もちろん力強いし、美しいし、人間を極めていった究極の本質として迫って来ます。何でもかんでも「ハダカだから表に出しちゃダメ」みたいな近年の風潮は、よろしくないですよねえ。それは、「女性の性を搾取している」とかそういう議論とは別ものです(実際、沢田研二ら男性もハダカにしていますし)。『ヴィーナスの誕生』に服を描き足そうとするようなものです。

_20201208_192612_copy_600x897 ぬるいデザインで溢れた昨今ゆえ、出て来るデザイン出て来るデザインに目を洗われるような気がしました。見ていて、この研ぎ澄まされ方が気持ちいいですし、「広告ってこういうもんだったよな。なんで今は変わっちゃったんだろう?」と思わずにはいられませんでした。バブル崩壊以降の広告って(あるいは、マックのDTPになって以降の広告って)表現が突き詰められていないし、アイディアがないか足りないのです。あるものを表現するにあたって、あまりにも単純すぎるというか、ほとんど何も考えていないというか、一番重要な部分がごっそり抜け落ちているのです。表面的には一応形になっていても、からっぽで芸がなくて、虚しい限りです。コピーライターの力、クリエイティブ・ディレクションの力が弱くなったことも、大いに関係しています。それらが当たり前になっているというのも、また悲しいことですよね(まあ、全ての広告がそうだとは言いませんが)。

そんな時代だからこそガツンと来ました、この展覧会。入場無料なのにありがたや。良いキュレーションですし、良い展示構成・会場づくりでした。映画好きとしては、昔の大映画館を思わせる湾曲スクリーンを見ただけで嬉しくなっちゃいますしね。 2月3日からの後期も楽しみです。そして、東京都現代美術館で開催中の(こっちが本命のはずの)石岡瑛子展も観に行かなきゃです!

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

ぶどうスイーツの秋   #とろける濃厚生チョコラムレーズン #レーズン #ガトーフェスタハラダ #グーテデレーヌ #パッケージに隠れネコ

_20201013_125108_copy_847x550 秋はぶどう。 ってなわけで、ぶどうの2連発。

まずはロッテの「とろける濃厚生チョコ ラムレーズン」。レーズン5%、アルコール分0.4%とあります。オトナですねー。でも形は雪見だいふく!このパッケージに2個入っていて、あのプラスチックの二股ようじみたいなやつで食べます。へんなの。

_20201017_002914_copy_661x351 でお味はですね、うーん、どうなんでしょう? ラムレーズンの含有量がやけに少ないし、ロッテにありがちなアイスクリーム(アイスミルク区分ですが)もチョコレートも今一つ二つっていうパターン。雪見だいふくの白い粉の代わりにチョコの粉末がかけてあったりしますが、これって食べるときに粉が飛び散るのが気になっちゃうんですよねー。期待した割に…ってことになってしまいました。

 

_20201017_001858_copy_800x600 気を取り直して、もう一つのぶどうはガトーフェスタ・ハラダの新作「グーテ・デ・レーヌ」。商品名の意味は「女王様のおやつ」ってことです。期待できますね。パッケージ等のラヴェンダー色もキレイです。

_20201017_002702_copy_800x574 薄切りガトーラスクの間にクリームとレーズンを挟んだ商品。まあ、おいしくないわけはありませんね。おいしいです。

クリームがホワイトチョコレート系なのですが、大江戸の好みから言うと、マルセイバターサンドみたいなバタークリーム系がいいなあ。ま、高望みをするならね…。

あとお値段はちょっと(ハラダの商品の中では)お高め。3個入りで税込540円でした。

_20201017_002450_copy_600x816 でもこれ、パッケージもラヴェンダー色でオシャレですよ。そして、商品がなくなって初めてわかるのですが、おしゃれな窓から覗くはなんとネコちゃん!

_20201017_002553_copy_880x691 これはカワイイ! これはバズりますね。 パッケージデザイナーさん、お見事です!

 

 

| | コメント (2)

2020年10月 5日 (月)

「ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン」:凄い人   #ライフイズカラフル #ピエールカルダン #映画カルダン #高田賢三

1_20201005222601 映画『ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン』は、今年98歳のカルダンのデザイナー人生を追ったドキュメンタリー。オーソドックスな作りですが、面白くて目が離せません。

カルダンって、大江戸の幼き日からライセンス商品がやたらとあって、ロゴ入りのタオルとかスリッパとかしょーもないものも多かったために、低く見ておりました。大丸なんかでオバチャン服として大きく扱っていた印象もあったので。でも、やっぱり凄い人だったんですね。

広告にも出ている彼の5大業績に驚きます。1.プレタポルテを牽引して、ファッションを大衆のものにした。 2.世界で初めてメンズ・コレクションを打ち立てた。 3.時代に先駆けて、日本人や黒人のモデルを起用。 4.ライセンス契約を導入して、メチャメチャ多くの商品をデザインした。 5.社会主義の中国やソ連でファッションショーを敢行。 ね、凄いんです。こういったことを教えてくれるドキュメンタリーなので、面白くないわけがありません。

その人生を証言するメンバーも豪華。ナオミ・キャンベル、シャロン・ストーン、ジャン=ポール・ゴルチエ、フィリップ・スタルク、アリス・クーパーらに加えて、日本からも高田賢三、森英恵、桂由美が登場してカルダンを語りますし、来日時の様子や文化服装学院の授業なども描かれています。

それはそうと、ケンゾーさん亡くなっちゃいましたね(新型コロナで/享年81)。このインタビューでも元気ですし、数か月前の『ぴったんこカンカン』でもパリの自宅で元気な姿を見せておられたのに…。今年はカンサイさんもケンゾーさんも鬼籍に入られました。なんて年でしょう。

カルダンじいさんは、映画で見る限りまだまだお元気そうです。仕事もしてます。凄いなあ。

| | コメント (0)

2020年8月19日 (水)

新宿の東西通路と広場と安与ビル   #新宿東西通路 #新宿東口広場 #安与ビル #柿傳

15965137741730 もう一月以上もたつのですが、7月19日に新宿駅の東西自由通路が完成しましたね。JR駅が間に入っているため、東口と西口との間の通行が困難だった新宿ダンジョン攻略の鍵として積年の念願プロジェクトだったようなのですが・・・

15965138242834 お偉方の祝辞なども貼り出してあったのですが、でもねえ、何なんでしょ、これ?

15965137811251 だって、場所が微妙。もう50mも歩けば、もともとある新宿通り地下の東西通路(アルタ前の)が平行に走っているわけでして、だからありがたみが非常に薄いのです。

しかもこの通路の開通と引き換えに、京王線、小田急線からJR構内を抜けて東口から出るルートが使えなくなってしまったのです。新通路は京王、小田急の改札口からけっこう距離があるので、相当不便。大江戸はJR東口へ突き抜けるルートでしばしば武蔵野館やシネマカリテに行っていただけに、不満です。今までギリギリ間に合っていたものが、間に合わなくなってしまいます。

15965138173893 で、東口を地上に出ると、新しく広場が整備されておりました。なんでもルミネエストが整備したようですよ。

15965138112372  ただこれも、アルタから一番遠いサイドの一角のみ(これから広がったりするのかしらん?)。謎の金属的彫刻があったり、彫刻を取り囲むテーブルとイスがあったり、床がキレイにペイントされていたりしますけど、なんだか微妙ですよねえ。いったい何がしたいのか?

 

それよりも大江戸の目が行ったのは、縦長の写真で彫刻の奥にある建物。これ、昔から前を通っていたのにずっと気づいてなかったんですよねー。でも、この前気づいちゃったんです。

15892887973600 はい、京懐石料理の「柿傳」や柿傳ギャラリーの入っている「安与ビル」です。1968年竣工なので、もう半世紀以上もここに佇んでいたのですね。まあ、実はとある会合で、ここの柿傳で食事をしたことも一度あったのですけれど…。はっはっは、目が節穴ですね。

設計者は明石信道。川端康成にも縁のあるビルのようですね。八角形の各フロアがズレズレで傘案っている姿がサザエ堂みたいで、大胆不敵です。

 

15965113579871 あまりにも変わったデザインに、ハローキティ人力車も「口あんぐり」でした(京王百貨店の1Fに置いてありました)。

| | コメント (0)

2020年8月17日 (月)

マスクに「神奈川沖浪裏」を描いて…   #マスク #神奈川沖浪裏 #北斎

15976688524761 ふと思い立って、やってみたのです。布製マスクに葛飾北斎の『神奈川沖浪裏』を描いてみました。どーです、なかなかでしょ。

大江戸は小学生高学年の頃に浮世絵、錦絵の類が大好きで、中でも北斎の「富嶽三十六景」の中のこの作品を愛してやまず、繰り返し模写していたのです。なので、今でも何も見ずにだいたいの感じは描けます。

15973736533081 ただ、今回はしっかりお手本を見ながら1時間ぐらいかけて、しっかりと模写しました。

マスクって、かなり立体的なので、そこに描くのは少々難しかったです。デニム系なので比較的描きやすいとはいえ、布だし。ほら、二番目、三番目の写真なんか見ると、立体感がわかるでしょ。

15973742866850 画材は、東急ハンズで買ってきた「マービー ファブリックマーカー」(耐水性布描きマーカー)。「描くだけで布に定着する」とか「選択しても、漂泊しても色落ちしにくい」とか書いてあったので、よし!これだと決めたのです(※選択→洗濯、漂泊→漂白 誤字でした)。青一色で、タッチの強弱のみで描きました(本物は青~紺でも何色か使ってるし、三隻ある舟のあたりでは木の色が使われています)。それにしても、自画自賛したくなる出来です。

 

そういうわけで、今朝は意気揚々と職場にこのマスクをつけて行って、「いいでしょ」と自慢しながら一人悦に入っていたのです。

ところが昼食後に歯を磨く時、マスクを外してみると、・・・ん?鏡に映った自分の首が青いのです。え?青首?青首大根?と思ってよく見れば、首だけじゃなくて白いシャツの衿も青くなってました。これがほんとの「ブルー・カラー」(うまい!?)。 4枚目の写真にもその証拠が見られますね。

15976688766312 激しい色移りでした。なんだよー、「色落ちしにくい」だなんてウソツキだー! がっかりぽんなのでありました。サブで持っていた普通の不織布マスクにつけかえましたよ、もう。そうしないと、「ブルーマン」(六本木で観たっけ)になってしまいますからね。

ただ、帰ってから洗ってみたら、意外にも絵柄は落ちず、にじまず、そのままキープされてました。洗った水は多少ブルーになったけど。ブルージーンズみたいなもんで、一度洗ってからつけた方が良かったのかしらん? もう大丈夫なのかどうか、今度は青いシャツの時に実験してみようかなあ(←冒険野郎)。

 

| | コメント (2)

2020年8月 4日 (火)

日時指定制の「ミッフィー展」@松屋銀座   #ミッフィー #ミッフィー展 #松屋銀座

15965471947670

松屋銀座で開催中の『誕生65周年記念 ミッフィー展』(~8/10)を観ました。このご時世なんで、日時指定制を取っております。

15965473460324 おかげで距離をあけながら、快適に観ることができました(いつもはかなりの混雑になるので)。ま、写真のように入口のあたりは記念写真の人とかでそれなりに混んでますが…。あと会場内やグッズ売場にも、ともすると密になりそうな場所がないこともないので、我々は自覚をもって行動せねばなりません。

この会場での「ミッフィー展」は何度目なのでしょうか? ちょくちょくやってますが、今回も「安定の」かわいさ。デザイン性も高いので、松屋銀座という会場との相性が良いのでしょうね。当然のように、女性客ばっかりでした。

ディック・ブルーナさんの原画、スケッチ、映像、プロダクツなどの展示なのですが、終盤に日本のあの人やこの人とブルーナさんやミッフィーとの関わりを見せるコーナーがあって、石井桃子さん、さくらももこさん、酒井駒子さんのあれこれが展示されておりました。

15965472346132 毎度書いてますが、グッズ・コーナーの充実ぶりは圧巻で、衣食住+αに及ぶミッフィー・グッズの数々には、(買うつもりがなくても)かなりそそられてしまいます。

そして店内随所には、床や壁を使って「ミッフィーをもっと知る,65のこと」という企画が。「大きなインスピレーションを受けた作家はマティス」とか「家族は妻、3人の子ども、5人の孫」とか、ブルーナさんのことが書いてるかとおもえば、ミッフィーの本に関する知識だとか、キャラクターの紹介だとか、ブルーナさんの言葉(「日本は、暮らしの中にシンプルが根ざす、世界でも数少ない国」)などもありました。15965472905673

 

そうそう、会期前から松屋銀座の白い外壁がミッフィーになっておりました!_20200723_192908

数年前の展覧会でもそうなってましたけど、面白いなー。かーいーなー。素晴らしいアイディアです。

_20200723_192845

| | コメント (0)

2020年7月31日 (金)

円相のワイン×2   #円相 #円相ワイン #オリヒウム #オーレゼルヴァ

15962019239300 「円相」とは、禅において悟り、真理、宇宙などを表現する円(丸)を一筆で描いたもの。 大江戸は、なんか好きなんです、円相。

で、最近1,000円前後のデイリーワインで、エチケット(ラベル)に円相を描いたものを立て続けに飲みました。なにしろ今年の夏は(これまでのところ)涼しいので、7月でも普通に赤ワインなのです。ついでに言えば、(例年以上に)夏でもホットコーヒーしか飲んでないのです。

15962017119340

まずはスペインの「オリヒウム」。こっちの方が少し高いです。割と濃厚でベリー的な甘みと酸味。悪くないですね。スペイン特有の土臭さがない分、華やかな印象。ベルリンで受賞しているってシールがついておりますね。

 

 

15962017243681 そしてもう1本は、チリの「O(オー)レゼルヴァ」。円相?の絵が先なんだか品名が先なんだかわかりませんが、「O」という名前になってるところが面白いですね。ネットで説明を見たら、「OはOrganicのOでもある」と書いてあり、びっくり。確かにオーガニックワインで、」よく見るとこの円も地球を表してるみたいですね(木が生えてたり、動物がいたり)。

ぶどうはカルメネール。なのにあまりクセが強くなく、むしろ軽やか。こっちもベリー系で、悪くありませんが、あまり印象にも残りません。無難系でしょうか…。

 

2本とも「ジャケ買い」でしたが、まあ当然ながら「値段なり」でもありました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧