2024年5月 6日 (月)

湘南、鳥栖に勝って降格圏脱出!    #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南対鳥栖 #湘南鳥栖 #渡邊啓吾 #田中聡 #福田翔生 #畑大雅 #ソンボムグン

Dsc_1308_copy_1024x791 ゴールデンウィーク最終日、レモンガススタジアムの湘南−鳥栖戦は前節から中2日の厳しい日程。現在Jリーグ最下位のベルマーレとビリから2番目のサガンによる裏天王山でもあります。絶対に勝ち点3を取らねばならない戦いです。 

Dsc_1309_copy_1024x663 先発メンバーを見ると、ルキアンがいません!ベンチ入りもしておらず、ムムムです。

Dsc01552 その代わりと言っては何ですが、来シーズンの入団が発表されたFW渡邊啓吾(桐蔭横浜大学)がベンチ入り。 そして、U23アジアカップ帰りの田中聡はベンチスタート。1試合しか出ていなかったとはいえ、カタールからの遠路帰還で時差ボケもあるでしょうから、まあこれは仕方がありませんね(鳥栖の木村誠二は先発でしたが)。

Dsc01553 試合前には、その田中選手、木村選手を祝福(日本のパリ五輪出場おめでとう)する花束の贈呈がありました。

 

Dsc_1312_copy_1024x718 今日は通常とは逆のエンドで試合開始。13分にCKから鳥栖が先制するも、25分に阿部浩之のクロスを福田翔生が頭で決めて、1-1で前半終了。

Dsc_1310_copy_1024x675 そして、後半開始早々に阿部がゴール右下隅に突き刺す今期初得点で逆転! 先発ツートップが躍動し、得点して、ルキアンの穴を埋めました。

Dsc01562 結局そのまま逃げ切った湘南が、今期ホーム初勝利にして、今期2勝目を達成(なんと12節目)。順位を3つ上げました。勝利のダンスも今期初めてということになります。やれやれ。

 

Dsc01554 田中聡は後半頭からの登場。相手にデュエルで勝ち続け、らしいプレイを見せてくれました。やはり彼がいると、チームが締まりますし、落ち着きます。

Dsc01559 82分からは特別指定の渡邊啓吾が出場。185cmの恵まれた身体を生かしたプレイで、将来を期待させてくれました。

Dsc01555 福田翔生はこれでここ5試合で4ゴール。ルヴァンカップも入れると6試合中5ゴールと、完全に覚醒しました。今日のプレイを見ても、とにかく走るし追うし、攻めるし守るし、どこにでも翔生がいるって感じの大活躍でした。常にゴールを狙う姿勢とか、迷いがなくなりましたね。相手に多くのファウルを誘ってくれるところも、頼もしい限りです。ケガや筋肉系の故障には気をつけてね。

Dsc_1313_copy_1024x658

畑大雅も(2年ほどの)超長い低迷期を脱して、最近はぐんぐん進歩してます。今日は素晴らしかった! あとはソン・ボムグンがファイン・セーブ連発。彼に救われた勝利でもありました。やっぱりベルマーレの正GKは、彼であるべきだと思います。 てか、あれだけ決定機があったんだから、誰か3点目決めといてくれよー。もっと楽に戦えた試合なのに…。

 

順位も3つ上がって、20チーム中17位とひとまず最下位脱出というか、降格圏脱出。さあ、これから調子を上げてまいりましょう!

 

| | コメント (0)

2024年4月20日 (土)

湘南、最後の最後で神戸に敗れる    #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南対神戸 #湘南神戸 #植木繁晴 #石井久嗣 #高橋直也 #馬渡洋樹 

Dsc_1197_copy_1024x721 レモンガススタジアムでの湘南ベルマーレ対ヴィッセル神戸を現地観戦。快晴で暑くも寒くもない絶好の天候の中、15時のキックオフ。

Dsc_1198_copy_991x721 先日逝去した植木繁晴元監督の追悼コーナーがスタジアム外に設置され、サポ席には「アジアの王者 植木さん ありがとう」の横断幕も。1995年に監督代行としてベルマーレ平塚を第6回アジア・カップウィナーズカップ選手権優勝に導いた方ですからね。 試合前には、黙祷も行われました。湘南の選手たちは前節に続いて、喪章を撒いてのプレイです。

Dsc01512 今日の湘南は久々にメンバーをかなりいじって来ました。ソン・ボムグンはレッド明けでベンチ入りしましたが、GKは馬渡洋樹。阿部浩之は久々の先発。今季初先発の石井久継や高橋直也にも期待がかかります。

Dsc_1200_copy_1002x721 前半は拮抗した戦いで、0-0。互いにチャンスはありましたが、最後で決めきれません。シュート数は神戸の方が多かったのですが、内容的には互角と言って良かったでしょう。

Dsc01514 そして後半に入って、選手を交代させてからもそんな状態が続きます。いや、むしろベルマーレのチャンスの方が増えていきます。あと一歩なのですが…。

Dsc01518 そのままスコアレスドローかと思われた3分間のアディショナルタイムも終わろうかという時、サッカーでは時々ある悲劇が起こり、湘南は0-1で敗れました。失点直後に取ったコーナーキックでは、キーパー馬渡まで上がったものの、奇跡は起きませんでした。

Dsc01518_20240420225401 うーーん、悔しいですね。あと2〜30秒持ちこたえたら、神戸相手に勝ち点1が取れたのに。自分的に、こんなに負の感情があふれた負け方は久々のことです。

言いたかないけど、田中聡がU23代表に行ってなければ、前節マリノス戦も今日も勝てたんじゃないかという試合。はい、タラレバです。

Dsc01515 でも馬渡はナイスセーブがあったし(ミスもあったけど)、高橋直也は推進力があって良かったし、久継も悪くありませんでした。鈴木章人も含めて、これからの主力に期待が持てました。ただ、高橋直也の最後の最後での「迷い」が失点につながってしまったことは、返す返すも残念でした。これを糧に、大きく成長してください。

そして、いつもながら山口監督の「引っ張り癖」がねえ…。鈴木章人の投入が遅すぎました。他にも山口采配に関しては、「なぜいつも畑・茨田・池田なの?」(杉岡をはじめ、交代で出た選手の方が全然良かった)など、不満はいろいろあります。 でも、次こそ勝ちましょうよ。ね! (写真下から、馬渡、高橋、石井)

| | コメント (0)

2024年3月25日 (月)

U-23日本のマリ戦とウクライナ戦    #サッカーオリンピック代表候補 #アンダー23男子代表 #日本対マリ #日本対ウクライナ #田中聡

サッカーU-23男子代表の強化試合2連戦、対マリ(3月22日・京都)、対ウクライナ(きょう25日・北九州)をテレビ観戦。

 

1-3で敗れたマリ戦ですが、開始2分にのゴールで先制した時には、マリをフルボッコにして勝つんじゃないかと思っていたら、さすがはパリ五輪出場が決まっているチーム。リーチが長いのもさることながら、90分間勤勉にプレスをかけ続けることができる体力と規律に感心しました。

一方の日本代表は、アナウンサーや解説者はしきりに持ち上げるんだけど、実際のところみんな小粒。過去のこの世代と比べても、そうだと思います。頭抜けた選手がいないし、ディフェンダーがみんなパッとしないし。こりゃオーバーエイジ3人使わないとダメだな。

 

そして今日のウクライナ戦は、前半は0-0。後半、48分と76分のゴールで、日本が2-0勝利。まあ2試合の合計で日本3-3相手国なので、あまり褒められたものではありませんね。特に前半はオリンピック出場枠18人(うちオーバーエイジ3人まで使えるので、たぶん実質的には15人の狭き門)を目指す選手たちがとにかく自分でシュート打って決める意識が高かった(高過ぎた)ようで、無理なシュートを打っては外すことの繰り返しでした。パス出した方が得点の確立が高いだろうときにも、とにかく自分で打っちゃってましたからねえ。

でも、圧倒的に違いを見せた今日のヒーローは、67分に交代出場した田中聡(湘南ベルマーレ)! チームではアンカーなのですが、インサイドハーフの位置で攻守に活躍し、見事な2点目のゴールを決めました。左足からの見事なシュートがネットに収まった時には、興奮しました! 「ウチの子が!」って感じでした。ゴール以外にも、いくつものナイスプレイを見せて、誰よりも輝いておりました。ただ、4月の最終予選とか夏のパリ五輪とかに行かれちゃうと、湘南的にはかなり痛いんですけどね。

 

Dsc_1026_copy_800x652 それはそうと、今日のTBS(1試合目は日テレ)では、サッカー用語の解説が。画面の左上にちょくちょく出ておりました。フリーキック、コーナーキック、スリーバック、フォーバック、サイドチェンジなどの基本用語がコンパクトに説明されておりました(リモコン操作で、消すこともできます)。サッカー・ファンも固定化、高齢化し始めていて、若い層、ライト層の開拓が必要だそうですから、こういう試みも必要なんでしょうね。Dsc_1027_copy_800x531

 

| | コメント (0)

2024年3月17日 (日)

湘南、浦和と殴り合いの4-4ドロー    #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南浦和 #鈴木章斗 #ルキアン #田中聡 #山本修斗 

Dsc_0977_copy_1024x495 レモンガススタジアムで湘南ベルマーレ対浦和レッズ。昨日のWEに続いて、今日はJ観戦。暖かいけど、風がけっこう吹いてます。

Dsc_0978_copy_1024x768 いつもながらレッズとの対戦だと、ホームでも客席の半分(以上?)は赤い人たち。なんか、嫌な「圧」が凄いんです。

Dsc_0983_copy_783x768 試合はまさに「殴り合い」。取ったり取られたりのシーソーゲームの果てに、4-4の引き分けで両チーム勝ち点1を分け合いました。

Dsc_0979_copy_1024x671 今日は湘南の2トップ=ルキアン、鈴木章斗が2点ずつ。ルキアンは移籍後ようやく得点をゲットできましたし、後半開始早々の章斗のミドルシュートは「ストライカー覚醒!」って感じでした。

Dsc_0975_copy_524x768 そして、U-23代表に選ばれた田中聡は、「無双」状態でした。ボール奪取にボールキープに絶妙のパスにゴールのお膳立てまで。特に章斗の1点目を生んだペナ内でのサトシ・ルーレットからのシュートは見事でしたね。

Dsc_0985_copy_1024x755 でも4‐4って、観てる分には面白いけど、バタバタして雑な試合でもありました。レッズがやけに前線からのハイプレスをかけてくるので、湘南のGKやDFがミスしたりボールを奪われたりすることが多かったですねえ。でも、勝てた試合でした。いつもながら、山口監督の交代選手投入が、少しずつ遅いのです。まあ、サポーターの多くからは、堅守浦和相手に4点取ったことに満足しているような空気が感じられれましたが…。

 

Dsc_0987_copy_1024x675 試合終了後には、山本脩斗の引退セレモニーが行われました(開幕戦のコバショーのセレモニーに続いて)。磐田、鹿島、湘南と渡り歩き、鹿島時代には日本代表も1キャップだけ経験しました。

Dsc_0990_copy_948x768 スピーチの後に、ご家族も合流。 これからはアントラーズの強化スタッフとして、第2のサッカー人生を歩むようです。お疲れさまでございました。Dsc_0988_copy_1024x752

| | コメント (0)

2024年2月24日 (土)

湘南、開幕は川崎にモヤモヤの敗戦    #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南川崎 #湘南対川崎 #レモンガススタジアム #古林将太 #キングベル一世

Dsc_0866_copy_600x482 昨日開幕した2024年J1リーグ。昨日の開幕カード=広島-浦和では、湘南から広島に引き抜かれた大橋が2得点+PK獲得(蹴った外国人選手が外した)の大活躍で、かなりモヤモヤ。その分、(福岡から獲得した)ルキアンが活躍してね!

Dsc_0867_copy_502x812 てなわけで、本日はレモンガススタジアムでの開幕カード、湘南-川崎を生観戦。昨日のような氷雨じゃなくてよかったとはいうものの、まだかなり寒いですねえ。完全防寒でも、後半などサムサムでした。でも今期の「湘南の顔」となった田中聡選手、しっかり結果を残してください!

Dsc_0868_copy_512x812 新キャプテンのキム・ミンテ選手も、熱く盛り上げてくれることと思います。

Dsc01325長年試合前には、ベルマーレの坂本紘司社長のご挨拶。この人、サポーターからの評判が良くないからなあ…。

Dsc_0872_copy_600x812 あ、それと大江戸が座った4ゲートのある程度のエリアで、もともとオレンジ色だったイスがライトグリーンに塗り替えられていました(背中側は汚れたオレンジのままです)。

Dsc_0875_copy_600x449 いや、そういうんじゃなくて、さっさと新スタジアム作ってよと言いたくもなりますけどね。

Dsc01328 長年続いたベルマーレクイーンも、今期からなくなりました。でも、試合前のいろんな「儀式」(あおり映像とか歌とゲーム風手拍子とか)は同じ。あ、一年間なくなっていたアウェイチームを温かく迎えるアナウンスと拍手も、復活しました。やめたからって、勝てるわけじゃんかったですもんね。

Dsc_0870_copy_768x502 試合は前半7分に池田の地をはうシュートで、ベルマーレが先制! 幸先良い2024シーズンの幕開けとなったのですが…。

24分にフロンターレ脇坂の超速スーパーミドル・ゴラッソ!で1-1に。そして、56分にGK富居のミスで失点し、そのまま1-2のモヤモヤした敗戦となりました。モヤモヤのわけは、「なんでそんなミスを?!」と思うようなミスだったことと、その後に鈴木淳之介のゴール!…かと思ったら、VAR介入があり、最後にちょっと当たった阿部がオフサイドだったようで、得点取り消しになってしまったため。

Dsc01331 ま、そういうこともありますけど、今年も選手層が厚いとは言えないため、交代選手投入でブーストがかからないのが歯がゆいところです。

Dsc01338 試合終了後には、湘南・古林将太選手の引退セレモニーがありました。コバショー、声を詰まらせて泣いとりました。今後はベルマーレの運営部で仕事をしていくそうです。

Dsc01334 この人、いや神だけは変わりません。キングベルⅠ世(アクアマンの将来)。もしかしたら、毎年残留できてるのも、この神様のおかげなのかも知れませんね。ありがたいありがたい。

| | コメント (0)

2024年1月23日 (火)

「THE SEASON ~2022 信念~」    #THESEASON #湘南ベルマーレ 

Dsc_0707_copy_768x945_20240123230201
毎度恒例、年が明けてシーズン開幕を待ちわびる時期にならないとその前々年シーズンの振り返りブルーレイを観ることができない大江戸です。まっこと不可思議です。ルイス・ブニュエルの映画『皆殺しの天使』で、ドアは開いているのにどうしても部屋から出ることができない人々が出て来るのですが、これと同じような現象なのでしょうか?

いずれにしても、Blu-ray『THE SEASON ~2022 信念~』をようやく見ました。そういえば、これまでの8年間は「ノンストップフットボールの真実」ってタイトルだったのですが、しれっと変わっていたのですね。まあ、山口監督になってから「ノンストップ」とは言えないサッカーになっておりますからね。

(1年前のはこちら ↓ )

「ノンストップフットボールの真実 第8章 -2021 決意-」    #ノンストップフットボールの真実 #湘南ベルマーレ: 大江戸時夫の東京温度 (cocolog-nifty.com)

 

いつも思うけど、懐かしいですねえ。瀬川や米本が新加入選手だし、谷や町野やウェリントンもまだいるし、サポーターたちは(コロナ禍で声出しがNGなので)あの懐かしい手拍子応援(ハリセン応援)だし。こういう思いにひたれるので、時間がたってから見るのも悪いことばかりではありませんね。そうそう、勝利のダンスも手拍子だけでやってましたっけ、あの頃は(ハッ!)。

なんだかんだ12位まで行ったシーズンでした(18チーム中)。町野が13点取って、惜しくも得点ランキング2位(W杯の日本代表にも選ばれました)。大橋もブレイクの予感を漂わせていました。なのに、主力のほとんどがチームに残った2023シーズンがあんなていたらくになろうとは、予想できませんでしたね。

本編のほかに、特典映像としてJ1&ルヴァンカップの「全ゴール集」がついております。そして先行予約特典のDVDは『選手が選ぶ 2022 BEST GAMES』ってことで、神戸戦、ガンバ戦、川崎戦のロングダイジェストが入っておりました。川崎戦なんか後半爆発して4‐0の勝利でしたもんねー。何度見ても気持ちいいです! シャイコー!

それにしてもこのジャケット、どうよ。暗いぞ! 闇に支配されております。

 

| | コメント (0)

2023年12月 3日 (日)

ベルマーレ、残念な今期最終戦    #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南FC東京 #秋春シーズン制反対 #WEリーグ

Dsc_0442_copy_1024x748_20231203224701 前節のアウェイ横浜FC戦でJ1残留を決めた湘南ベルマーレ。今日はFC東京を相手にシーズン最終戦@レモンガススタジアム。

Dsc_0444_copy_1024x768 快晴で思ったよりは暖かかったのですが、やはり日陰の座席に座っているとかなり寒かったです。ヒートテック、ダウン、カイロ、ニット帽、マフラー、手袋、ひざ掛け、クッションなど防寒用品総動員でしたが、それでも寒い。これだから大江戸は「秋−春シーズン制」に反対なのです(実質的には「夏−夏シーズン制」ですが)。東京、神奈川だって12−2月の観戦はメッチャ寒いのです(ひと月のウィンターブレイク程度では足りません)。いわんやもっと寒い地方のチームの試合をや。

Dsc01182 さて試合の方は、ホーム最終戦を勝利で飾れずに0-1敗戦。終盤の好調のまま最後までとはなりませんでした。残留が決まって、ちょっと安心しちゃったんですかね?前節のような必死のプレイが足りなかった気がします。あと一歩、あと30㎝のがむしゃらさが足りない感じ。あとは(累積警告による出場停止で)田中聡がいなかったのが大きかったなあ。

Dsc01188 でも阿部ちゃんは懸命に走り回っていて、素晴らしかったです。昨年も今年の序盤も、こんなに走る選手じゃなかったのに、すっかり変わりました終盤の好成績は阿部ちゃんのおかげでもあります(もちろん、田中聡やキム・ミンテや冨井、ソン・ボムグンのおかげでもあります)。

Dsc_0445_copy_1024x562 大橋はシーズン13点止まり。でもようやく覚醒してくれました。シーズン途中での町野欧州移籍の穴をしっかり埋めてくれました。1990年代のJ1加入初期にしか頼りになる点取り屋がいなかったベルマーレに、二桁ゴールを挙げるストライカーが2年連続で出るなんて! 大橋祐紀、ソン・ボムグン、キム・ミンテ、田中聡、阿部浩之だけは来シーズンも残ってくれ!あとは贅沢言わないからと言いたい大江戸です。

Dsc01196 試合終了後にはシーズン最終戦セレモニーが。どうも負けてからのセレモニーだと、もやっとしますね。大岩一貴キャプテン、山口智監督、坂本紘司社長が挨拶。言っちゃあ悪いけど、社長の話し方じゃなかったなあ、坂本さん。この人が社長で大丈夫なのかと思わせるスピーチでした。

Dsc_0451_copy_1024x642_20231203231301 アンダーカテゴリーの選手たち、アカデミーの選手たち、ガールズの選手たちも勢揃いしてのこの光景は前にも見たことがありますね。湘南名物です。

Dsc01222 その後、すべてのカテゴリーの選手たちが場内を一周。客席からは拍手が送られました。

ゴール裏にはサポーターによる横断幕が掲示され、最初は厳し目に「2年連続目標とかけ離れた順位、エンブレム問題や国立開催までのプロセス、繰り返されるミスや失態。組織の体制、クラブの在り方を見つめ直す時。強く大きい湘南ベルマーレを共に築くために。」という文。いつの間にか途中でかけ替えられて、「時にぶつかり、仲間のために走り切る。闘う責任と覚悟を持ち、2024年過去最強の湘南ベルマーレを共に築こう。」となっていました。

Dsc01230 ガールズの選手たち。いつの日か、ベルマーレの女子チームがWEリーグに参戦することを、大江戸は祈っております。

 

Dsc_0453_copy_1024x622 伊勢原駅に向かう帰りのバスからは、夕陽の富士山が見えました。しばらくはJリーグもお休み。でも小生はWEリーグに行きます(寒いけどね)。皆さんも、せめてJリーグのない期間は、WEリーグのスタジアムに足を運びましょうよ!

 

 

 

 

| | コメント (0)

2023年11月25日 (土)

湘南、激闘を制して残留決定    #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #横浜FC湘南 #裏天王山 #湘南残留決定 #大岩一貴

Dsc_0380_copy_1024x663 いよいよJ1も最終節の一つ前。残留をかけて17位と18位が直接対決、いわば「裏天王山」となったニッパツ三ッ沢競技場での横浜FC対湘南ベルマーレ。公式リセールでチケットを入手し、大江戸も参戦です。三ッ沢も結構久しぶり。

Dsc_0383_copy_1024x751 実は最初、席をまちがえておりまして、キックオフ後にそれが分かった次第。当初はゴール裏の端の方で、久々にこういう所もいいかと思ったのですが、実はバックスタンドの端っこの方でしたー。

Dsc_0382_copy_1024x681

完売したスタジアムは、両チーム・サポーターの熱量が凄くて、只ならぬ異様な雰囲気に包まれておりました。かなり音が反響するスタジアムだし、ちょっと味わったことのないほどの声量が出ていて、時にはブーイングや怒声もあるものだから、お子さんだったらちょっと怖いと感じるんではないかっていう空気でした。ゴール裏のみならずバックスタンドもメインスタンドもそんな感じで、大江戸なんか久々に試合中ずっとチャントを歌ったり声援を送ったりし続けましたよ。

Dsc_0386_copy_1024x700_20231125233301 いやー、激しい試合でした。両チームとも残留がかかっているので、真剣さのレベルが違います。球際の激しさ、フィジカルコンタクトの強さ、ランニングのスピードが、いつもの何割増しかでバチバチやってました。

Dsc_0385_copy_1024x601 それにしてもここは、専用スタジアムの中でも特にピッチが近いですね。プレイの迫力がスゴイです。

Dsc_0387_copy_1024x725 湘南サポのチャントや声やフラッグの波なんかも、レモンガスでやってる時よりもスゴイです。三ッ沢がほぼホーム状態になっておりました。

Dsc_0388_copy_1024x768

試合は後半早々の大岩一貴のゴールを守り抜いたベルマーレが1-0で勝利! 1試合残して、J1残留を決めました。追加点のチャンスを大橋とかも外しちゃって、もう最後までハラハラの勝利。6分のアディショナルタイムの長かったこと! でも、得点シーンや試合終了時に左右の人たちとハイタッチしまくりましたし、十年ぶりぐらいに肩組んで「勝利のダンス」やっちゃいましたよ(いつものメインスタンドやバックスタンドでは、やってないもので)。 

Dsc01176 逆に横浜FCさんはこれで事実上の降格決定(数字の上では微かな可能性があるわけですが)。1年でのJ2戻りとなってしまいました。今日はホーム最終戦セレモニーもあったのに・・・。つらさはよーくわかります。

Dsc_0391_copy_985x768_20231125235601 逆にベルマーレは来シーズン、7年連続のJ1となります。落ちそうで落ちない。前にも書いたけど、本当に受験生用のお守り作って売り出せばいいのに…、「絶対落ちない」って。それにしても毎年最後までひやひやと楽しませてくれます。「たのしめてるか。」って、そういうことじゃないだろ!

まだあと1試合あります。累積警告で田中聡が出られないのは残念ですが、最終節のFC東京戦、しっかり勝って6戦無敗フィニッシュといきましょう!(でも、もっと早くから本気出してくれよー!)

(追記) キャプテン大岩一貴は今期前半に失点がかさみ負け続けていた頃、確かに調子が悪くて、めちゃめちゃ非難されていました。でも終盤は復活して、ミンテ、大野とのスリーバックで守備安定のクリーンシート続出。神戸戦の緊急対応GKで奮闘したかと思えば、この大一番では決勝ゴール。まるで人生を思わせるような、見事な復活ぶりでした。

 

| | コメント (0)

2023年11月11日 (土)

湘南、名古屋に貴重な勝利!    #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南対名古屋 #湘南名古屋 #大橋祐紀 #阿部浩之 #ソンボムグン #ベルマーレクイーン

Dsc_0296_copy_1024x751 いよいよ今シーズンも残り3試合。一気に寒くなったレモンガススタジアムで、湘南ベルマーレ対名古屋グランパスを観戦。スタジアムには選手たちの意気込みを表したメッセージボードも。

Dsc_0297_copy_946x751 今日は試合前にカツサンドを食べました(お供はビール)。勝つサンドです←ここポイント

 

Dsc01052 ベルマーレは故障で3か月近く離脱していた守護神ソン・ボムグンが久々に帰って来ました! 前節・神戸戦のアディショナルタイムに富居が負傷退場(骨折でした!)して、「うわー」と思ったけど、入れ替わるように復活してまずは一安心。

Dsc01018-1 湘南側の客席は試合前からかなり気合が入ってました。選手入場時に振られた一面の旗・旗・旗も、国立の時と同様にゆらゆらとはためいて、イワシの大群のようにも見えました。

 

Dsc01059 Dsc01039 試合は入りからベルマーレがしっかりとやるべき事をやって、好機を生み出します。強度の高いプレスからのボール奪取→素早いカウンターですね。その結果として、15分、23分に大橋が2得点! 阿部浩之もからむ2得点で、これに限らず今日の阿部ちゃんはお見事でした(またもフィニッシュは決められなかったけど)。そして最近のおーちゃんはもう手がつけられないほど点を取ってくれます。一昨年までの借りを返しまくっています。今日で13得点ですよ、故障離脱期間があったのに。こんな覚醒っぷり、なかなか見られるものではありません。

Dsc_0303_copy_1024x725 63分にグランパスに1点返されたものの、しっかりと守り切って2-1の勝利! 終盤は湘南のもう一つの顔である「泥臭い守り」で勝ち点3を死守しました。最近負けませんねー。やっぱり夏は走れないから、湘南らしいサッカーができないってことなのかなあ?

Dsc_0305_copy_1024x660 それにしても、今日の西村主審はちょっと納得しがたい判定が多かったですね。笛を吹くタイミングも遅かったり、ポジショニングが悪くてもろにボールに当たっちゃったり、…そろそろ引退が近いかなあ。それはそうと西村さん、いつの間にあんなバナナマン日村みたいな髪型になっちゃったんすか?

Dsc01100

今日の個人的MVPは、大橋よりも阿部よりもむしろソン・ボムグンでしょう。何度決定的なシュートを止めたことか。さすがは韓国代表です。お見事! 試合後のインタビューで感極まって泣いておりました。ボムグンといいキム・ミンテといい、ウチの韓国人選手はハートのある熱い男たちで、何より頼りになります。

Dsc01090 そして久々に生で見た「勝利のダンス」。いやー、最高です。しっかし今日は横浜FCも鳥栖に勝ったんですよねー。粘るなあ~。いくらこっちが勝っても、最下位横浜FCとの差が開かないという…。そして、次節はいよいよその横浜FCとの直接対決(裏天王山)! 大江戸もアウェイ三ッ沢に馳せ参じます。

 

Dsc01004-1 今日のおまけは、本年もあと最終戦を余すだけとなったベルマーレクイーンのお三方。Dsc01023 今年はなかなか勝利のダンスも踊れなかったわけですが、最後は(今日のようにしっかりと)勝利の女神になってくれることでしょう。Dsc_0301_copy_1024x742 Dsc01042

Dsc01054

| | コメント (0)

2023年10月28日 (土)

湘南、首位神戸と魂のドロー    #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南神戸 #湘南対神戸 #大岩一貴

Dsc_0180_copy_978x695 レモンガススタジアムに行くのは久しぶり。調べてみたら、7月16日の福岡戦以来でした。9月24日の川崎戦は国立競技場でのホームゲームだったので、なんだかんだ3ヶ月以上ぶりだったのですね。珍しいことです。

Dsc_0183_copy_1024x658_20231029001101 気持ちのいい秋晴れのもと、今日のベルマーレのお相手は首位ヴィッセル神戸。大怪我で療養中の齊藤未月をめぐる芳情がある両クラブの対戦です。でも神戸変わりましたよねー。先発メンバー全員日本人でした。ベンチメンバーを入れても2人だけ(お金があるのに)。対する湘南はキム・ミンテ1人だけ(お金がないから)。

Dsc00946 試合は杉岡→阿部→大橋(絶好調!)のゴールで、11分にベルマーレが先制!大橋は今期11点目。本当に、今の大橋は頼りになります。 その後も堅守&カウンター狙いでロングボールも多用したベルマーレが、ヴィッセルよりも多くの決定機を生み出し、試合のペースを握りました。

Dsc00967-1 しかし後半になるとヴィッセルが盛り返してチャンスを増やし、53分にはPKを与えてしまい大迫に決められて同点。そのまま一進一退(むしろ神戸優位)の攻防が続き、結局1-1のドローで勝ち点1を分け合いました。

Dsc00974 まあ、前半は湘南、後半は神戸のゲームだったので、こんなもんかなって気もしますが、勝てた試合でもあったので残念です。あの大橋のシュート、あの阿部のワンタッチ、あの平岡のヘッドが決まっていたら、…押してた時に取りきるって大切ですね。まあ、それができないからこの順位なんですけど。

Dsc00980 それよりも何よりも今日のハイライトは、アディショナルタイムで負傷交代となった湘南のGK富井に代わって急造キーパーとなったDF大岩一貴! ユニフォームのシャツだけキーパー用のピンクのにして、キーパーグラヴをつけて、ゴールマウスを守りました。

Dsc00983 4分前後あったと思うのですが、その間ベルマーレの選手たちは必死に「引き分けのまま終わらせる=シュートを打たれずに時計を進めること」というタスクを遂行しました。急造キーパーの前に鋭いシュートが飛んで来たらまずいですもんね。相手のクロスを大岩がジャンプキャッチした時には「おおー!」という歓声がスタジアム全体に響きました(神戸側も含めて)。そして、守り切りました! ちょっと感動しました。

Dsc00996 このピンチを乗り越えて手にした勝ち点1。これからの残り3試合、この「1」が効いてくるかも知れません。なんかすがすがしく気分の良い引き分けでありました。Dsc00957

| | コメント (0)

より以前の記事一覧