2021年9月10日 (金)

ベルマーレのデニム   #湘南ベルマーレ #ベルマーレのジーンズ #ペナルティ #SAAB 

Dsc_03862_copy_568x860 湘南ベルマーレのユニフォーム・サプライヤーはペナルティ。そのコラボ10周年を記念して完全受注生産となったデニム・グッズ。そのジーンズ(税込11,000円)を5月に注文していたのですが、8月末にようやく届きました。

  製造は地元平塚の(株)SAAB。12オンスのワンウォッシュでストレートなんですが、少しテイパードされていて、裾はスリム気味になっています。股上は浅めです。

Dsc_03952_copy_568x932大江戸は脚はそこそこ長め(自称)なのですが、平置きで撮影すると、けっこう短足に見えますね。遺憾であります。ちなみに送って来た商品を全く切らずにロールアップもせずに、ちょうどいいサイズでした。

Dsc_03902_copy_1024x568 ご覧になってわかるように、ライトグリーンのベルマーレ色のステッチを所々に使用しています。でも外側よりも内側に多用してどうすんだ?!って気がしないでもありません。

Dsc_03872_copy_797x568 ヒップの布パッチには、ベルマーレとペナルティの10周年記念マークがついてます。

Dsc_03912_copy_940x568  あとヒップポケットの右側にはベルマーレを象徴する波のマーク。左側のタブはライトグリーンで、「PENALTY」と刺繡で入っています。

Dsc_03852_copy_1024x517 で、これをめくって反対側を見ると、じゃーん、「BELLMARE」と入っているのでありました。いやー、控えめですね。でも全体的に、観戦時だけじゃなくて街で普段着として着やすいことをコンセプトに作られているようで、そのためにあんまりベルマーレベルマーレさせていないんですね。粋なオシャレで、いいじゃないですか。

Dsc_03932_copy_568x804 控えめと言えば、前のポケットの内袋にもベルマーレ、ペナルティ、SAABのマークやロゴがプリントされているのでした。他人様にはわからない仕様でございます。

Dsc_03942_copy_568x793 そしてヒップポケットもですね、隠されたその内側をよーく見ますと、この10周年マークがあったりするのでした。うーむ、奥ゆかしい刻印ですね。羽裏(羽織の裏地)のようで、粋です。

Dsc_03892_copy_568x767 そう見ていくと、ライトグリーン色のステッチも、これぐらい抑え目でちょうどいいのでしょうね。引きの美学ですね。 裾のステッチは普通のブルージーンズのように濃紺でした。これは、自分で丈詰めをしたりする時に、この色の糸がなくて苦労したりしなで済むようにとの配慮なんでしょうね。

シルエットも履き心地も上々。長年愛用できそうな、素晴らしいコラボ・プロダクトなのでした。

 

 

| | コメント (0)

2021年9月 2日 (木)

W杯最終予選の(恒例)黒星発進と湘南の監督交代   #ワールドカップ最終予選 #日本対オマーン #湘南ベルマーレ #浮嶋敏 #山口智

FIFAワールドカップ・カタール大会のアジア最終予選、日本vs.オマーン(吹田スタジアム)をTV観戦。日本が0-1で黒星スタートという、最終予選あるあるパターンでした。しっかりブロックを作って守り、個人技を中心に攻撃も繰り出して来るオマーン・チームを崩せずに、結局終了間際の89分に失点してしまうという、まさに日本が格下に負ける時の黄金パターン。

大迫が全然冴えなかったし、鎌田も消えてました。伊東、長友、遠藤、柴崎は比較的良かったと思うのですが、ドイヒーだったのは植田。昔から植田は代表に入るほどの選手じゃないと思ってる大江戸としては、もう呼ばないでほしいと思います。今日もパスミスやら危ういロストやら決勝点を防げなかった守備など、いくら富安が出られたなったとはいえ、代表レベルに届いてなかったですもん。

あと権田はねー…、あのシュート止められなかったかなあ? あれが190cmの谷くん(湘南)だったら止められたんじゃないか、などというタラレバを思ってしまいました。

オマーンのスカウティングと日本対策は見事でした。監督が優秀なのだと感じられました。

一方で、引いて守られると打開策がないっていう日本の弱点は、昔っから進歩がありませんね。いくらクラブチームじゃないからって、そのための戦術を監督が指示しないってのはいったいどうなんだ? まさに森保監督の限界を示した試合でした。さっさと解任すべきではないでしょうか? ハリルホジッチを解任しといて、この森保を信頼し続けるというのは合点が行きません。

退任といえば、ベルマーレの浮嶋敏の退任と山口智コーチの監督就任が昨日発表されて、ビックリしました。連敗の谷間から調子が上向いてきたこのタイミングでって(2試合前にはセレッソに5-1で大勝してるのに)、どういうことだ?と思いましたが、まあもともと「育成」の人で、2年前のクラブの危機に緊急就任してくれたわけですから、約2年たって、今シーズンに加入した山口コーチもチームに慣れて来たところで、ご本人が潮時と判断したのかも知れませんね。マスコミ対応がいまいちヘタだったんで、あーだこーだ書かれたり言われたりしたこともありましたが、湘南スタイルの継続・進化に尽力してくれたし、積極的な新人起用で谷晃生はじめ多くの有望な若手を育ててくれました。そして得点時の嬉しそうなガッツポーズや笑顔が、人柄の良さを示しておりました。今後ともクラブに関わっていただきたいと思います。あとは山口監督が、更なる進化や勝負強さをもたらしてほしいと願っております。

話をもとに戻すと、最終予選は全10試合の長丁場ですから、特に危機感は感じておりませんが、森保監督のことだけは真面目に考えていただきたいと切望します。でもあの人、結構土俵際で快勝しちゃったりするんですよねー。

| | コメント (0)

2021年8月 3日 (火)

サッカー日本代表、あと一歩で決勝逃がす!   #サッカー日本代表 #サッカー準決勝 #日本対スペイン #谷晃生

Center_0001_burst20210729132355664_cover 東京オリンピックのサッカー男子準決勝の日本vs.スペイン戦は、延長120分の死闘を制したスペインが決勝進出。あと少しでした。延長後半10分の被弾でしたからね。またPK戦になったら、また谷晃生(湘南ベルマーレ)が止めてくれたはずだったのに…。

でも今日の日本はスペインを相手にできる限りの戦いをしていたと思います。少なくとも守備については、文句のつけようがないのではないでしょうか。その中でもGK谷が神がかっていて、何度ファインセーブがあったことか! これはもうヨーロッパに引き抜かれますね(いつもの事とはいえ…、もう少し湘南にいてくださいね!)。それにしても、谷はシュートを打たれるほどに、ピンチになるほどに、良さを発揮しますね。「ベルマーレの日常」が、そんな感じですからね。

攻撃面では、守って守ってカウンターという戦術をこれまでこのチームはほとんどしていないので、そういった意味ではカウンターの精度や勝負どころで駆け上がる人数の少なさやポジショニングに難がありました。前田大然と上田綺世を入れる順番が逆だったんじゃないかなー。それにしても、相手の守備のレベルが上がって来ると、このチームの前線ではなかなか点が取れないってこともよくわかりました。オーバーエイジがもう一人使えるルールなら、ここに大迫か南野を持ってきたかったところです(クラブが出してくれるかどうかはわかりませんが)。あと、ホリエモンが言ってたそうですが、「有観客なら勝てた」って気もしちゃいますよね。

まあしかし、死んだ子の年を数えるようなことをしてもしょうがありません。次の3位決定戦に勝って、53年ぶりの銅メダルを獲得することはものすごく重要です。大会前のテストマッチでは勝てた相手です。前線の選手の爆発に期待します!

| | コメント (0)

2021年7月31日 (土)

サッカー日本男子、PK戦勝利で4強へ!   #サッカーオリンピック代表 #日本対ニュージーランド #谷晃生

Horizon_0002_burst202107271735137884_cop 東京オリンピック・男子サッカー決勝トーナメント初戦=準々決勝、日本対ニュージーランドは、まさかの延長まで0-0のスコアレス・ドロー。ニュージーランドなんかちょろいのかと思ったら、そうではありませんでしたねー。ガタイがデカくて、しっかり守る。日本は前半から「いつでも点が取れそう」って感じを漂わせながら、どうにもこうにもこじ開けられませんでした。前半の遠藤航がボールの当て所を間違ってゴールならず!の場面が、かえすがえす残念でした。

ある意味そんな遠藤を救ったのが、ベルマーレの後輩であるGK谷晃生。一試合ごとに安定感が増していき、今日も全く危なげない落ち着きでした。そして、PK戦での見事なセーブ!! あれでビビッて、ニュージーは次の選手まで外してしまいましたもん。まさにMOMでしょう。日本中が谷に感動し、谷に感謝してるかと思うと、わが子のことみたいに目頭が熱くなってしまいました。GKコーチ川口能活さんから大切なものが継承されたみたいな気もして、その事にもじんと来ましたね。

次は準決勝!相手は今大会直前にテストマッチを行って1-1で引き分けたスペインです。強敵ですが、酒井宏樹も戻って来ます! 準決勝は富安がイエロー累積で出場停止ですが、今大会の板倉は十分その穴を埋められます。決勝目指して、そしてヨーロッパに今の日本の強さを見せるために、そして2年後のワールドカップにつなげるために、しっかりと勝ち切ってもらいたいと思います。

 

 

| | コメント (0)

2021年7月28日 (水)

日本、フランスに圧勝で決勝トーナメント進出   #サッカーオリンピック代表 #日本対フランス #谷晃生

Horizon_0002_burst202107271734502884_cop オリンピック男子サッカー・グループリーグ最終戦、日本対フランスは、4-0で日本が圧勝! 見事です。強いです。U24とはいえ、フランス相手のガチ勝負で、盤石の横綱相撲って感じです。3戦全勝のグループ首位で決勝トーナメント進出とは、誇らしいですね。

久保が3戦連続のゴール! 本当に「久保の大会」になって来ました。その他の3点も全て「流れの中からの」ゴール。攻撃の連動性が見事です。もちろん守備の連動性も。伊達に6月からチーム練習を続けて来たわけじゃないですね。

森保監督の大会マネージメントも冴えてます。過密スケジュールの中、選手を休ませたり、調子を上げさせるために出場させたりが、良い塩梅でできています。三苫や富安もケガから帰って来たし、チームのムードはかなり良い状態だと思います。酒井宏樹がイエローの累積(2枚)で次の準々決勝に出られないことだけが不安ですが、今日の後半に出て来た橋岡が悪くなかったし、対戦相手はニュージーランドだし(相手に恵まれたのでは?)、勝てますよ、きっと!

今日のGK谷晃生(湘南ベルマーレ)は、前半に見せ場が何度かありました。万全のハイボール処理に加えて、近距離からのシュートも阻止するなど、しっかり守ってクリーンシートに貢献しました。ヤツは、攻められるほど、シュートを打たれるほど、良さを発揮するタイプですから、これからますます輝いていくことでしょう。

 

 

| | コメント (0)

2021年7月25日 (日)

サッカー日本代表、メキシコを撃破!   #サッカーオリンピック代表 #日本対メキシコ #谷晃生 #遠藤航

Horizon_0002_burst202107251625272132_cop オリンピック男子サッカーの第2戦、日本はメキシコに2-1で勝っちゃいました! 何しろ前半の6分に久保のダイナミックな先制弾。12分にはVARでもらったPKを堂安が決めて2-0にしたんですから、興奮しました。その後もほぼ完璧な試合運びが後半まで続きましたが、最終盤になって少々押し込まれましたねえ。(たぶんキーパーからブラインドになって見えなかった)フリーキックを上手に処理できなかった1失点はあったものの、その後のGK谷晃生(湘南ベルマーレ)のビッグセーブもあり、勝ち切りました。終盤を除けば、「このチーム、ほんと強いわ」と頼もしく見ていられました。

今日は久保、堂安はもとより相馬、林など前線がみんな良かったし、ある意味先発全員が見事でした。 遠藤航(ベルマーレ出身)は、やっぱりうまかった。圧倒的なパフォーマンスを見せてくれました。ほんとスゴかったですよ。

でも先発組に比べると交代選手が今一つ。前田も三苫も上田も、ほとんど爪跡を残せず、明らかに先発組よりもダウンしてしまいました。課題ですね。

今日は谷くんの出番も多かったのですが、あの失点シーン以外は実に安定していました。ハイボールに強い特長を出していて、キャッチングも見事。最後の強烈シュートを弾いたパンチングも、さすが谷!でした。 このまま勝ち続けて、「谷でも金」をやってほしいものです。

| | コメント (0)

2021年7月22日 (木)

日本男子サッカー、勝利でスタート   #オリンピック日本代表 #サッカーオリンピック代表 #日本対南アフリカ #谷晃生 #審判ドイヒー

Dsc_03093_copy_600x949 東京オリンピック開幕式の前日、先行して開催される男子サッカーの日本vs.南アフリカをTV観戦。東京スタジアム(味の素スタジアム)は無観客。ああ、声援の後押しと興奮・感動の空気が欲しかったですね。

コロナ陽性者が出たことで満足にチームが組めなかったはずの南アフリカは、ベタで引いて守る作戦。日本は雨あられのチャンスを作りながら、最後の一線を崩せません。「おいおい、マジかよ」と引き分けの線すら匂ってきたあたりで、71分に久保建英が見事なシュートを決めてくれました。さすがです。このまま「久保の大会」になっていくのでしょうか?

先発GKはやはり谷晃生(湘南ベルマーレ)。やりました! 今日の試合展開ではあまり出番がなかったけれど、要所で安定したプレイを見せて、ノーミスでしっかりと仕事しました。小生としては参観日の父親みたいな気持ちで、ほっといたしました。

それにしも、今日の主審、腹立ったなー。終盤こそ持ち直したものの、ドイヒージャッジの連続で、試合をコントロールできてなかったというか、あからさまに南ア寄りだったじゃないですか。おかげで、受けないで済んだはずのイエローを4枚ももらっちゃったし(中山なんか、ベンチにいるのにもらっちゃったし)、これが今後嫌な形で効いてこないか心配です。有観客だったら、マスク越しの大ブーイングだったろうになあ。

ま、難しい初戦でしっかり勝ち点3を取れたってことで、まずは良かったです。次はフランスを4-1で撃破したメキシコが相手です。手ごわいですが、しっかり勝ち点を取っていきましょうね。

 

| | コメント (0)

2021年7月17日 (土)

サッカー日本五輪代表、スペインとドロー   #サッカーオリンピック代表 #日本対スペイン #谷晃生

オリンピック本番直前の日本U24代表vs.スペインU24代表のテストマッチ(神戸)をTV観戦。いやー、日本対スペインって、本番ならメダルに絡んできそうな対戦じゃないですか。重要な一戦ですよね。スペインもオーバーエイジ3人入れて、スーパーなメンツで優勝最右翼なわけですし。

で、11人まで選手交代が許された試合だったので、森保さんも(珍しく大胆に)後半頭から一気に7人代えて来たりしてました(結局9人を代えました)。5日前のホンジュラス戦に出なかった上田や橋岡や町田や瀬古や中山や大迫を、ちゃんと使っておいたってところですね。

試合は1-1のドローでしたが、良いテストになったと思います。このタイミングで強豪国と当たっておくというのは、非常にためになるというか、修正点が見えてくるというか、ナイスなマッチメイクです。 久保~堂安で先制点を奪った時は、興奮しましたねー。この二人、今ノッてて、本当に頼もしい限りです。

GKは前半が谷、後半が大迫でしたが、日本もスペインも多くの選手を代えて、前半と後半で試合の趣きが変わってしまったので、どちらが良いとか悪いとか判断できない感じでした。実力伯仲ですね、この2人。ベルマーレのファンとしては、当然谷に活躍してほしいんですけどね。将来的には、川口と楢崎が競っていた時代みたいになるのかも知れません。

さあ、いよいよ本番! でも無観客の本番です。吉田キャプテンや堂安が試合後のインタビューで言及していたように、そこは選手たちとしては何とも残念でしょうし、ホームの利も薄れるというものです。神戸でやった今日の試合は、5,000人の観客を入れてやってるのにね。変なの。

 

 

| | コメント (0)

2021年7月14日 (水)

サッカー男女五輪代表のテストマッチ   #サッカー日本代表 #サッカーオリンピック代表 #サッカー女子日本代表 #谷晃生 #北村菜々美

オリンピック本番直前のサッカー男女日本代表のテストマッチ。 まずはおととい大阪で行われた男子U24代表のホンジュラス戦。3-1で日本が勝ちましたが、点差以上に日本が上だと感じられた試合でした。ホンジュラスも東京オリンピックに出るので、そのあたりからも今の日本チームの充実度が見て取れます。何しろオーバーエイジの吉田・酒井・遠藤が加わってからは、かなり見事なチームになっておりますからねえ。でも弱点はFW。もともと物足りなかったのに、上田が故障で出遅れてるってことで、早くも手薄感が…。代わりに先発した林は、アピールし切れませんでしたし。久保、堂安はいい感じに仕上がって来てるので、ほんと上田が気がかりです。

ベルマーレのGK谷晃生がフル出場しましたが、うーん、最近代表でもクラブでもイマイチな感じ。近距離でオウンゴールになってしまった今日の失点場面もよろしくなかったですよねえ。ま、逆に本番では調子が上がっているかもです。

それにしても、最後の方に出て来た藤田譲瑠チマにはびっくり。「誰?!」って感じでした。次のオリンピックを見据えてチームに帯同させてるサポートメンバーを出場させるなんて、いったいどういことなんでしょうか? 森保監督、わからない人です。

 

そして今日は京都で女子代表のオーストラリア戦。こちらは敵のハンドによるPKで1-0の日本勝利。ま、0-0でもおかしくなかった試合ですね。日本がいい所まで行ってるのに、なかなかシュートに持って行けません。隔靴掻痒です。逆にオーストラリアの攻撃は恐れるに足らずでした。でもゲストの鮫島さんが指摘してたように、日本のMF(特に左サイド)が相手のクロスの出し所をフリーにさせてるケースが多くて、あれは強豪相手なら命取りです。ま、本番には修正してくれることでしょう。

今日の北村菜々美選手は、74分に宮川に代わって出場。TVでは交代の時に岩渕の先制点(PK)のリピート映像が流れていて、北村は全然映らなかったし、その後も寄りのショットは一切なし。プレイ自体もいつも以上に地味だったので、あそこまで奥ゆかしくなくてもいいんじゃないの?と思ったのでありました。

さあ、1週間後の21日には女子の初戦(vs.カナダ)です!  いよいよですねー。

 

| | コメント (0)

2021年7月11日 (日)

湘南、FC東京に苦杯   #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南対東京 

Dsc_03025_copy_946x634 オリンピック中断前の、そして明日からの緊急事態宣言前の最後のJリーグ試合日。レモンガススタジアムで、湘南ベルマーレvs.FC東京を観戦。この後、かなり長いこと生観戦はできなくなりますね。

 湘南のゴールキーパー谷晃生はオリンピック代表チームに行ってるので、今日のGKは前節に続き富居。3センターバックは大岩、石原、大野と、いつもよりは平均身長が高いパターン。そして話題の人=三幸(と大橋)が久々のリーグ戦先発です。 

ベルマーレは7月のホームゲームで着用する七夕ユニフォーム。以前のように真っ黒とかではありません。グリーンを中心に、エコな感じに生態系の健康をイメージしたデザインなのだそうです。

Dsc_03003_copy_1024x634 今日の大江戸は4ゲート・ミックスゾーンの最上段。ここ、以前は手すりがあって立ち見席だったのですが、コロナ対応(指定席にするため)で新しいシートになってました。他の異様に小さい座席と違って、まずまずの広さで良いですよ。斜めに見下ろすビューも、新鮮でした。 

Dsc_03022_copy_1171x634 うーん、なかなか辛い試合でした。結果は0-1でベルマーレの敗戦でしたが、点差以上の差を見せつけられた感じで、逆に言えば、よく80分まで0-0でもったもんだってところ。後半にネットを揺らされた一度目はVAR(珍しく)救われたものの、さすがに二度目はダメでした。石原広教が自陣での危なっかしいキープ(簡単にさばかないで、イキって相手と勝負しちゃうやつ)を奪われて、そこからやられちゃいました。広教、こっちが危ないと思ってもほとんど勝てちゃうんだけど、今日は敵が2人いたんでやられちゃいました。てか、あそこまでリスキーなことしちゃダメですよ、キャプテン。

Dsc_03033_copy_1129x634 Dsc_03063_copy_983x634 今日は前からの守備がはまらなかったし、むしろFC東京にうまく守られて、中盤でボールを奪われることが多過ぎました。三幸も大橋も目立った活躍はなく、畑はドイヒーなプレイの連続だったので頭を抱えちゃいました。

 中断前を敗戦で終えるってのは、気分的にも痛いです。そして、リーグ戦三連敗。こうなると、「引き分けばかりで、勝ちきれない」と言ってた頃が懐かしいですね。引き分け上等! 

 Dsc_02993_copy_634x801 でも後半途中にはすっごい雨も降りましたし(最近ポンチョの稼働率が高いなあ)、まあ「雨降って地固まる」ってことで。中断期間に連係と戦術を深めて、再開後に躍進してくれることを信じております。あと、シュートの練習をしっかりしてね!

 

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧