2019年11月 3日 (日)

湘南、かなりつらい5連敗   #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南対ガンバ

_20191103_185909 ラグビー・ワールドカップも終わったので(ってことでもありませんが)、BMWスタジアムで湘南ベルマーレ-ガンバ大阪を観戦。もうすっかり涼しい、むしろ肌寒い季節になってしまいました。11月ですもんね。

浮島敏新監督の就任後、ホームでは初めての試合。プレーオフ圏の16位に落ちてしまったベルマーレとしては、絶対勝ち点が必要な試合です。もちろんできる限り3点を!

_20191103_1702061024x672 しかし現実は甘くありませんでした。0-3の敗戦。いいとこなし、というか、ガンバとの選手のクオリティ差が如実に出ました。これまではいかに曺監督の魔法が効いていたかってことです。それにしてもガンバのラインナップって東口、三浦弦太、藤春、井手口、遠藤、宇佐美…って、日本代表経験者がズラリ+アデミウソン。サブスティテュートにも渡辺千真、パトリックあたりがいて、むしろこれで上位にいないのが不思議なほど。まともにやっても勝てませんよねえ。

宇佐美の2得点なんて、まさにペナルティエリアで仕事をする男の能力を示すもの。湘南にはこういう人いませんから。

_20191103_1857511024x679 後半の頭から入った梅崎が、高い技術とアイデアでチャンスを作っていましたが、他の選手がねえ…。先日「夏以降、杉岡も坂もヘタになった」と書きましたが、今日の試合を観てると「菊地も山根もヘタになった」と思わざるを得ない感じです。やっぱり魔法が取れちゃったんだねえ。

9割がた埋まったホームの観客の前で、こんな試合を続けてちゃいけませんや。5連敗で8試合勝ちなし。なにしろここのところホームで、0-6、0-5、0-3。つまり3試合で0-14。こりゃあサポーター、ファンとしてはつらいです。1回でも得点シーンがあれば、盛り上がれるのですが…。

_20191103_1854021280x846 ベルマーレクイーンはハーフタイムにキングベルと一緒にバズーカを発射してました(コンフィットシャツ入りのカプセル弾)。彼女たちも残り1試合となりました。

_20191103_170112768x1103

それはともかく、こんなもんを予約販売していてびっくり。側面にベルマーレの紋章が刻印されていて、ステッチ糸がライトグリーンのランドセル(内側も鮮やかにライトグリーンだったりするのかしらん?)! これは、サポーターがお子さんお孫さんに買ってあげちゃいますよねえ。うまいところに目を付けたもんです。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

湘南、新監督で「らしさ」復活   #ベルマーレ #湘南ベルマーレ #湘南対横浜 #浮嶋新監督

_20191019_231913800x590 曺貴裁監督が退任して浮嶋新監督になってからの初戦=vs.横浜Fマリノスってことで、三ッ沢競技場に行って来ました。ラグビーワールドカップ開催で日産スタジアムが使えないためか(今日は試合が無かったけど)久々に三ッ沢での観戦となりました。だからチケットもすぐ売り切れになった試合です。

まずは横浜駅そばで買った崎陽軒の永遠のロングセラー「シウマイ弁当」で腹ごしらえ。横浜を食ってやろう!ってところです。ウマウマウー!

 

_20191019_2315481024x533

今日はゴール裏での観戦。やっぱりこのスタジアム、ピッチが近いです(写真ではわかりませんが)。声援の反響もいいし、傾斜も観やすいし、良い専用競技場ですね。席数の少なさと

場内放送の聞こえにくさが玉にキズですが…。

_20191019_2314301024x618 今日は試合開始前に両チームがサークルになって、先週の台風19号で犠牲になった人たちに黙祷が捧げられました。 それはそうと、先発メンバー11人が日本人の湘南に対して、横浜は11人中6人が外国人選手。うーむ、対照的ですね。

 Dsc_38291024x576-1 午後2時過ぎのキックオフ。試合開始からベルマーレがハードワーク。本来の姿を取り戻したかのようです。ここ数試合の覇気のなさや自信のなさとは大違いでした。

 _20191019_2315141024x644 監督が代わってモヤモヤが晴れたってことなんでしょうね。前線からの守備をガンガン仕掛けて走り回るフォワード陣、球際で負けないミッドフィールダー陣、危機に体を投げ出すディフェンダー陣。そうそう、それでなくっちゃ! そういえば今日は4バックでした。

_20191019_2316531024x556 5分頃に湘南が相手のネットを揺らした場面がありましたが、残念ながらオフサイド。あれが得点になっていれば…でした。

39分に失点するまでは拮抗した展開だったのですが(ポゼッションはマリノスですが)、1点取られてリズムが狂ってしまいました。前半を0-0で折り返せれば、ってところでした。

Rscn2822 で、結局1点目は中川、2点目はマテウス、3点目のPKはマルコスジュニオールの技量にやられちゃったんです。選手のクォリティが違うってことが、勝敗を分けました。資金力の差です。切ないですね。つまんないですね。

でも最後(90+2分)に坂のラストパスを山崎が押し込んで1-3。久々に点取りました。これが次につながるんです。反攻のきっかけの1点です。

_20191019_2317421024x698 今日で降格プレーオフ圏の16位に落ちてしまいました。でも最後の1点のおかげで、そして久々にベルマーレらしいサッカーができていたってことで、気持ちは暗くありません。大丈夫。残り5試合、しっかり勝ち点を積み上げていきましょう!

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

湘南、川崎に0-5の大敗 #ベルマーレ #湘南ベルマーレ #湘南対川崎

_20191006_185014800x435
前節は清水に0-6で敗れ、おととい金曜にはJリーグから曺貴裁監督のパワーハラスメント認定とけん責および5試合の資格停止処分が下った湘南ベルマーレ。ファンとしては非常に憂鬱な気分で迎えた神奈川ダービーの川崎戦です。だからBMWスタジアムに着くまでは、いつになく重い気持ちでした。でもスタジアムに入ると、そこにはいつも通りの楽しさがあるのでありました。

スタジアム周囲の道には、いつもはキングベルの絵ですけど、今日はふろん太くんらフロンターレのマスコットたちが描かれていました。野外は5時半過ぎるともう真っ暗で、季節の移り変わりを実感させられます。なんか肌寒いし。

_20191006_1849171024x774
今日はメンバー発表の前に、ベルマーレの真壁会長が(隣には水谷社長も)「曺監督のパワーハラスメント問題で、ご迷惑をかけた」ということで、お詫びの言葉がありました。

_20191006_1956461024x678
そして、いつものようにふろん太やカブレラも来ておりました。ふろん太くんは、キングベルとハグをして旧交を暖めておりました。

_20191006_1958131280x666
さて、試合。前半出だしは、湘南も気合いの入ったプレイをしていたんです。しかし15分にオウンゴールで川崎に先制されてからは、もうダメでした。35分までに4失点。その後はフロンターレにいいようにボールを回されてあしらわれる時間帯さえありました。

_20191006_1958351024x590
終わってみれば、0-5の大敗。ベルマーレは前節の清水戦でも0-6で負けてますので、2試合で0-11!ボロボロです。

 _20191006_2108281024x617

 

やっぱりヘタなんだから、走らないと。調子がいい時のベルマーレは、とにかく運動量豊富に走り回ってます。なのに今日は…。前線からの守備がまるっきりハマらないし、チーム走行距離は112kmぐらい(良い時は120km台)。スプリント回数に至っては、フロンターレに負けてました。山崎の前からのチェイスがあまり見られなかったし、杉岡と坂は夏以降どんどんヘタになっているんじゃないかなあ。

せめて1点でも取ってくれれば…、観戦中一度でもゴールの興奮を味わえれば…終盤はそれが切なる願いだったのですが…。ゴールは遠かったです。 これでは、せっかくほぼ満員の試合が増えてきたというのに、またお客さんが離れていってしまうのではないでしょうか?

 

 

_20191006_2107151024x665 
高橋健二コーチが指揮を執ってからの6試合で、2分け4敗。16位の鳥栖とは勝ち点も得失点差も並んでの15位と、いよいよ降格がマジやばい状況です。8月上旬までは、誰にこの事態が想像できたでしょうか?_20191006_2109381024x688

後半の開始時からサポーター席前に出た横断幕には、「俺達の湘南 今日も戦おう こんな俺らがついてるのだから どんな時でも何も恐れるな 自分を信じ勝利を掴め」という応援用チャントの歌詞(一部アレンジ)が書かれていました。チームにとっても、サポーターにとっても、試練の時。救世主が欲しいですね。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

湘南、浦和と激闘ドロー   #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南対浦和 #BMWスタジアム

_20190901_1842581024x677 9月1日はBMWスタジアムで、湘南vs.浦和を観戦。今期の埼スタではあの杉岡の幻のノーゴール判定からの大逆転があった、因縁のカード。レッズもその借りを返すつもりで必死に向かってくるはず。しかも試合前時点で勝ち点30で並ぶ10位(湘南)と11位(浦和)の直接対決です。

Rscn0001

ライトグリーンと赤でほぼ満員のスタジアム。今日もベルマーレは、高橋コーチが指揮を執ります。

Rscn2813 対するレッズは大槻親分。蒸し暑くてもベスト着用です。ネクタイも締めてます。終始ピッチ際で、大きな身ぶりで指示を与えておりました。

_20190901_2200541024x673 前半3分にレッズがあっさり先制。やっぱり興梠はうまいですね。得点能力に長けたフォワード…湘南としてはうらやましい限りです。

_20190901_2157501024x609 その後、前後半を通してベルマーレが攻め続け、ポゼッションも多く、数々のチャンスを作りましたが、決めきれません。コーナーキックなんて8本もあったのに…。

_20190901_2032391024x688しかし、90分が迫るタイミングで梅崎が倒されて得たPKで、ついに同点に!

5分間のアディショナルタイムにも逆転のチャンスがありましたし、逆に危ない場面もありましたが、結局1-1のドローとなりました。

_20190901_2204111280x685 両チームとも球際激しく、死力を尽くして走り切り、良い試合だったと思います。いろんな意地や力がぶつかり合っていました。

_20190901_1954231024x586 湘南は昨年から浦和に3勝1分けと、負け知らず。歯が立たなかった数年前までの状況と比べると、大きな進歩を遂げたものです(一方でレッズが下がって来たってこともあるのでしょうけれど)。いずれにせよ、苦手意識がなくなったのは良いことです。 残り9試合、一つでも順位を上げて一ケタ順位で終わりたい、いや、一ケタでフィニッシュするぞ!です。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年8月18日 (日)

湘南、なんとも悔しい惜敗   #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南対鳥栖

_20190817_1820171024x637 曺貴裁監督のパワハラ?調査のゴタゴタに関しては、「あの愛情深き上司の鑑のような曺さんが?!」という思いや、悪意のある報道の多さや事実を知らずに(あるいは誤認して)書いているライターの多さに辟易したり憤慨したりしております。そんな昨日、BMWスタジアムで湘南vs.鳥栖を観戦しました。

_20190817_1956451024x701 二日ほど前にアウェイ席以外は全席種完売となり、大入りのスタジアムは開始前からサポーターたちの熱い思いがヒートアップしていました。サポ席の前には「今このエンブレムのもと、選手・コーチングスタッフ・フロントスタッフと共に1つとなって戦える湘南ベルマーレという愛するクラブを、俺たちはこれからもいつまでも信じている。ベルマーレは俺たちの人生。」という横断幕が掲げらていました。

_20190817_2001081024x446 メインスタンド、バックスタンドの声量や手拍子もいつもより何割か増しで、サポーターたちの団結したパワーがひしひしと感じられました。

_20190817_2150081393x992 しかし指揮を執った高橋コーチに率いられた選手たちは、魂のこもった大きな声援を受けて気合が入り過ぎたのか、前半25分と41分に失点。簡単に両サイドの裏を取られ過ぎちゃってましたし、横の揺さぶりに対処できていませんでした。スタンドの空気が重くなります。しかし今シーズンのベルマーレの劇的展開とここ数試合の複数得点に慣れている大江戸としては、まだぜんぜん行ける!と思っておりました。

_20190817_2033021024x598 で、案の定前半のうちに1点取ると、一気にスタジアムが「行ける!」の雰囲気に変わりました。その勢いのまま湘南が攻勢に出ると、後半12分に2-2の同点に!

_20190817_2201461024x721 その後も何度も決定機を作ってイケイケのベルマーレですが、例によってフィニッシュを外しまくります。バックスタンドに赤い月が見える中、一進一退の攻防が続き、途中出場のクリスランの故障退場もあり(バイシクルシュート着地時に骨折か?心配です)、結局いい所まで行って決めきれないまま6分のアディショナルタイムに突入します。

Dsc_3717800x450 そして90+5分に鳥栖に決められて万事休す。ほどなく笛が吹かれ、異常な蒸し暑さの中の熱戦が終わりました。

うーん、悔しい。チームを取り巻く嫌な空気を振り払うためにも、いつも以上に勝利が欲しい試合だったのに。あれだけあったチャンスの一つを生かして入れば…という試合だったのに。先日の鹿島戦の逆パターンになってしまいました。

引き分けには出来た試合だったと思いますが、流れ的には絶対勝てると皆が思っていたし、そもそも湘南には引き分けのメンタリティーはないですから。

_20190817_1955571024x751 これで勝っていれば、マスコミも美談的に扱ってくれたと思うと、かなり残念です。ベルマーレクイーンの「勝利の女神」パワーも届きませんでした。

ただベルマーレの「らしさ」はきっちり出ていたし、心配する要素は見当たらない試合でもありました。とにかくこのままブレずに続けていくことしかないと思います。終了後の客席からは、大きなベルマーレ・コールが延々と続きました。

 

| | コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

湘南、南米王者に0-4惨敗   #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #アトレチコパラナエンセ #王者決定戦

_20190803_182652768x1193 「JリーグYBCルヴァンカップ/CONMEBOLスダメリカーナ 王者決定戦 2019KANAGAWA 湘南ベルマーレvs.アトレチコ・パラナエンセ」(ふぅ、長い!)を観に、Shonan BMWスタジアム平塚へ。これ、去年までなら「スルガ銀行チャンピオンップ」ってシンプルに言えたんですが、スルガ銀行のすったもんだのせいでこうなっちゃいました。ま、開催してもらえただけめっけもんってところですけど。

_20190807_1801021024x672 で、ずーっと楽しみにしていたのです。代休を取って、余裕を持って馳せ参じました。

蒸し暑いスタジアムの中、試合前の生ビールのうまいこと!

 

_20190807_1836351024x760 で、先発メンバーの発表で唖然。ま、いわゆるBチームです。そこにレギュラーの松田と金子(今日はゲームキャプテンでした)が加わってる感じ。いくら先週末のゲームから中三日、そしてまた中三日でJリーグの試合があるとはいえ、国際大会のタイトルが懸かった試合なのに。勝つと負けるじゃ賞金もだいぶ違うのに。

_20190807_1849331024x581 おまけに復帰したての山田直輝だとか、夏加入のトカチと毛利だとかを先発させて来ました。曺監督らしいやり方です(最後の交代選手として17歳の高校生・若月を出したのも曺さんらしい)。しかも試合が始まってからわかったのですが、鈴木冬一が3バックの左ですよ! 普通に小野田・フレイレ・岡本で並べりゃいいじゃないですか。曺さん、こういうトリッキーなことをしばしばやるんで慣れちゃいましたけど、これはさすがに…。しかも、なんでこの試合で。案の定、鈴木の所がボロボロでした。無理ですって。前半で引っ込んだ山田直輝もひどかったなー。

前節の鹿島戦で得点した3人(山崎、野田、坂)はごほうびに休みを取らせてもらったのか、ベンチにも入っていませんでした。そして、ポスターに出ていた4人(梅崎、秋元、齊藤、杉岡)は一人も先発せず。秋元にいたってはやはりベンチ外でした。うーむ。

_20190807_1949201024x645 平日の夜7時~だし、アウェイ・サポーターはほとんどいないので、1万人をやや割った観客動員ってのも寂しかったですね。ここでベルマーレが臨む国際大会なんて、本当にないことなのに。横文字で書かれた選手名とか、日本語&英語のアナウンスとかも、いつもと違いました。「給水タイム」も“Cooling Break”って表示。

_20190807_193102800x609 そして試合ですが、やはりこのメンバーだと連係が悪いし、今一つ消極的な感じがしました。なんか戸惑ったり、気後れしたりしてる感じ。それでもなんとか持ちこたえていたのですが、41分にアトレチコ・パラナエンセに先制されてしまいます。これがもったいなかった。前半を0-0で終えれば、その上で後半早い時間に先制できれば勝機もあったのに(決して歯が立たない相手ではありませんでしたから。特にいつものメンバーなら)。

_20190807_1952031024x573 そして終わってみれば、なんとも情けない0-4の惨敗。後半頭から古林、齊藤、杉岡を投入したり(今日の交代は6人まで)、打開を試みたのですが、むしろアトレチコ・パラナエンセの方が調子を上げて来て、いいようにもてあそばれてしまいました。トホホです。

_20190807_2148341024x647 これはやっぱりお恥ずかしいですよねー。ブラジルでも放送されるってのに。ベルマーレの評価のみならず、ルヴァンカップや日本サッカーの評価まで下げてしまったのでは…と、厳しいことを言いたくもなります。真壁会長や水谷社長も、今日は肩身が狭かったのでは…などと心配になってしまいました。

 Rscn2807 このハードな気候の中での連戦ってことを考えた上で、曺監督としては後悔のない先発ってことだそうですけど、そうは言ってもねえ…。レギュラー・メンバーでこの相手とどう戦えたのかをこそ観てみたかったです。なんか手応えが欲しかったし、せめて1点取っていてくれたらってところです(トカチの見事なロングシュートがオフサイドじゃなかったらなあ)。

_20190807_2116541024x637 でも金子大毅は良かったですよ。落ち着いて、気の利いたプレイ。 そして金沢から移籍してきたばかりの毛利が左右のウィングバックでも、3バックの左でも、攻守に良いプレイを見せていました。こいつは使えそうです!

Rscn2800_convert_20190807234339 サポーターの願い「ベルマーレらしくみんなで掴もう国際タイトル」は、はかなく消え去りました。

こんな犠牲を払ったんだから、次節の磐田戦には何が何でも完勝してもらいたいものです!

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年8月 4日 (日)

湘南、AT最後弾で鹿島に劇的勝利!!   #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南対鹿島 

_20190803_2000291024x660  Jリーグの中断期間やら公私の用事やらいろいろあって、5月31日以来久々の観戦。BMWスタジアムの湘南vs.鹿島に行って来ました(8月3日)。

14237人と満員のスタジアム。やっぱりいいですねー。蒸し暑いのでビールもうまいってもんです。

_20190803_200209ジーコさまも観戦にいらしてました。でも負けませんからね。

 

_20190803_2001351024x535 鹿島は水曜に試合をしてから中二日の辛い日程。しかも、鈴木優磨とか安部とか安西とかがヨーロッパに行ってしまって、選手が代わっているので、付け入るスキはありそうです。 この蒸し暑さは湘南に有利に働きそうですし。

_20190803_1928401024x748 てなわけで、真夏の「飲水タイム」も入ったこの試合。前半はベルマーレが押し気味に進めました。でも0-0で折り返します。

そして後半、49分と52分に速い展開で崩して山崎、野田という今日先発のFW2人が得点して、2-0と湘南がリード!! ベルマーレってチームは後ろの方の選手が点を取るチームなので(正確にはどこの選手も同じように点を取るチーム)、FWの揃い踏みってのは珍しいパターンです。

_20190803_2223381024x670 しかし、アントラーズってのはしぶといチームなので、61分、73分のゴールで同点にしてしまいます。

_20190803_2226151024x576 そのまま攻防が続き、アディショナルタイムは6分。いよいよ最後に湘南のコーナーキック。梅崎が蹴ったボールを大外でジャンプした坂圭祐(174cm)が頭で決めて、3-2!その直後に終了の笛。ベルマーレの劇的な勝利となりました!!! 興奮しました!

_20190803_2229141024x671 いやー、クロスバーに当たって下に落ちた時点ではラインを越えてませんでしたが、跳ね返って上のネットを揺らしました。ベルマーレってチームは、しばしばこういう奇跡を見せてくれますから、ファンをやめられません!

_20190803_2208001024x481 今日はケガ明けの坂が先発で本格復帰しましたし、やはりケガ明けの岡本拓也も途中出場。中断期間に獲得したクリスランも途中出場しましたし、出番はなかったけどレッズから山田直輝も出戻って来ました。後半戦に弾みがつきそうな気がします。期待大。

 

_20190803_2244271024x681 で、勝利のダンスも盛り上がりました。キングベルもロンドさんもベルマーレクイーンも、一緒に踊ります。

_20190803_2234501280x909 とりあえず11位まで上がって来たし、中三日で水曜に行われる南米カップ戦王者アトレチコ・パラナエンセとの対決がますます楽しみです!

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

うめさきつ傘   #湘南ベルマーレ #梅崎司

_20190531_214643361x403 これ、先日のBMWスタジアムで販売されたベルマーレ・グッズ。

題して「うめさきつ傘」!! 

はい、今や湘南のサッカーには欠かせないシンボル的存在=梅崎司(うめさきつかさ)選手のお名前にひっかけた、まあダジャレ傘であります。

ただのビニ傘(ポリエチレン)なんですけど、“Rainbows Come After  The Rain”と背番号7がプリントされてます。「雨の後には虹が出る」、多くの困難を乗り越えて来た苦労人の梅崎選手らしい言葉ですね。

なんか、すぐ売り切れちゃったので、今度再発売されるみたいですよ。

| | コメント (2)

2019年6月 1日 (土)

湘南、シャツと花火と敗戦   #ベルマーレ #湘南ベルマーレ #湘南-横浜

_20190601_000206467x654 仕事帰りに猛ダッシュで平塚に駆けつけて、BMWスタジアムでの湘南-横浜戦。「フライデーナイトJ」であります。だって、今日は1万人限定で、ベルマーレのベースボールシャツ(前ボタンのやつ)がもらえるという太っ腹デイなのですから!スポンサーのダゾーンさんと日本端子さんに感謝です。

スタジアムの席についたのはキックオフ5分後ぐらいでしたが、シャツはしっかりゲットしました。かなりいいっすよ!実におトクです!(昨シーズンの清水戦でもやってましたが、パジャマみたいな柄だったので行かなかったのです)

今日のスタジアム(ベルマーレ側)はみんなこれ着てました。

_20190531_200021691x404 ベルマーレは、U20ワールドカップで斎藤未月と鈴木冬一を、累積警告の出場停止で山崎凌吾と山根視来を欠くラインナップ。おまけに梅崎も坂もベンチ入りしておりませんでした(ケガ?)。正直苦しいです。

 

 

 _20190531_221616800x507 てなわけで、先発メンバーにレギュラーが半分ぐらいしかいない緊急事態。まあ、そこから火事場の馬鹿力みたいなことが起こってくれたらよかったのですが・・・

 

_20190531_200213800x518 そう甘くはなかったですね。やはり慣れていないメンバー間なので、連携ミスも起きますし、攻撃にしても最後の段階での連動がうまくいきません。

_20190531_195954800x488

後は単純に、いつもの連中の方がうまいです。でもベルマーレらしいプレスは、それなりにしっかり行って、相手をそんなに自由にはさせませんでした。

しかし、先制点はマリノス。最近は先制される悪いクセがついてしまいました。ただ、湘南も前半のうちに同点に持ち込みます。古林将太の粘りからのクロスが見事でしたし、武富もよく合わせました。

 

けれども63分にマリノス仲川が決めて1-2。結局そのまま終了でした。うーん、2週間の中断があるので、なんとしても勝ち点が欲しかったところです。無念。まあ、マリノスさんにはこういう所で貸しを作っておいて、ルヴァン杯決勝みたいな大きな場面で返してもらいましょう。

_20190531_195929448x697

いつもはほとんど日本人選手ばかりのベルマーレなのですが、今日の後半は3人の外国人選手が出場しました(フレイレ、レレウ=先発/デュマス=途中出場)。珍しいことがあるものです…ってぐらいの非常事態だったわけです。

そして後半には、怪我でずっと戦列を離れていた金子大毅がついに復帰しました。これは嬉しいニュースです。

今日のハーフタイムには、花火がドーンと上がりました。いや絶景。そうそう、令和最初の花火ですね!

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

湘南、誤審をぶっ飛ばす「魂の大逆転」!!!   #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #サッカー大誤審

17日(金)はフライデーナイトJってことで、仕事帰りに埼スタへ。浦和-湘南の一戦です。19:33のキックオフではありましたが、ギリギリになる可能性も考えて(ここの湘南戦はいつも「出島」のサポ席なのですが)アッパースタンドのビジター指定席での観戦。改めて埼スタのデカさが体感できるような、でもピッチ全体が非常に観やすい、ベルサポ軍団を見下ろすような場所の席でした。湘南の選手たち、今日はアウェイなのにエメラルドグリーンの第一ユニフォームを着させてもらってました。

Dscn2784_convert_20190518003926 ところが、職場にスマホを忘れて来ちゃったことに電車に乗ってから気づきまして愕然。キックオフ時間も気になったので、もうそのまま来ちゃいました。スマホが無いと不便で、それ以上に不安なもんであります。一応デジカメも持っていたのですが、なんとバッテリー残量がほとんど無くて、だましだまし使って3枚の写真(+どうしようもないピンボケ1枚)が撮れたのみでした。肝腎な時に「撮れません」状態になっていたりして、・・・その件に関しては、トホホな夜でした。

 

で、皆さまご存じのように「世紀の大誤審」が起きた試合でございます。 ACL対策でほぼBチームを出して来たレッズですが(ベルマーレも斎藤未月と鈴木冬一をU-20W杯で欠いております)、序盤は湘南が互角以上。しかし、22分、25分と立て続けに失点してしまい、うーん、やっぱりラストパスの精度やシュートの巧さが違うなあと、ややあきらめムードが漂いかける中、31分に梅崎のパスを受けた杉岡がシュートを決めて1点差! と思いきや、え!?なんで試合が続いてくの??? という大誤審でした。埼スタのビジョンにはリプレイは出ませんでしたが、周りの人たちはスマホでダゾーンをチェックして「完全に入ってる」とざわついておりました。曺監督たちが猛抗議を続けますが、判定は覆らず、途中で副審に聞きに行く選手もいましたが、どうも「入ってない」というジェスチャーみたいでした。審判には湘南サポからの大ブーイング。結局0-2のまま前半を終えると、再びレフェリーへの大ブーイング。家へ帰ってからテレビを見ると、各局のニュースで「世紀の大誤審」を報道してくれていて、何度もボールがゴールインしてサイドネットに当たる場面がリプレイされておりました。ひどいなあ。主審もそうですが、副審の罪は重いと思います。レッズのGK西川だって、決められた時のアクションで、ボールを叩きつけるように投げていたっていうのに…。数年前の川崎戦で菊池大介のゴールが認められなかったミスジャッジを思い出しました(あの時も現場にいました)。なぜ湘南ばかり…。

Dscn2787_convert_20190518004534

後半頭から入った菊地俊介が47分に決めて1点差! まずは嫌な気分をスカッとさせるような一発です。その後も一進一退ながら、だんだんレッズの走力が落ちて来ると、ベルマーレが良い攻めを見せる展開の中、79分に菊地俊介が同点弾!! 興奮しながら、思わず隣の席の見知らぬ男性とハイタッチしてしまいました。よし、行ける!勝てる!

そしてそして、絶対勝てる気が続いていたアディショナルタイムの最後に、ドリブルで抜け出した山根視来がシュートを突き刺して、3-2と大逆転!!!直後に笛が鳴り、湘南が見事な勝利を収めました。 いや、凄い!! 叫びました! 興奮のあまり、お隣さんと今度はハグしちゃいました。 感動です。こんなひっくり返し方!しかも、あの誤審の悔しさを正々堂々のプレイでねじ伏せたような、ドラマチックな「魂の大逆転」! 忠臣蔵的なリベンジが感動を呼びます。こんな仕事をするのがディフェンダーの山根ってあたりも、実に湘南らしいところですね。

Rscn2789_convert_20190518004620

本当に凄いチームです、ベルマーレ。こういう奇跡をやってのけるとは!(給料なんかレッズの選手に較べて、すっごく安いのに)

「勝利のダンス」の時に、カメラが言うことをきいてくれませんでした。まあ、しっかりと目に焼き付けましたが。 そして、インタビューが終わった殊勲の山根がサポ席前に遅れて来ると、「ソロの勝利のダンス」が始まりました。その時はカメラが言うことを聞いてくれたのですが、山根の姿はフラッグに隠れておりました。

周りの人たちも言ってましたが、湘南が勝って一番ホッとしたのはレフェリーではないかと…。でも、だからってこの問題をスルーするわけにはいきません。きちんとした形で抗議し、大きな問題として協議してもらい、改善を形にしてもらいたいと思います。

いやーー、それにしても嬉しい! 最高の気分です。これまで生観戦したベルマーレのベスト・マッチだと思います。昨年のルヴァン杯制覇の時も泣きそうなほど嬉しくて感動しましたが、この試合はそれ以上のものがありました。憤懣を晴らす「魂を見せつけた試合」だったと思います。あー、ベルマーレが好きで良かった!

そういえば、日本代表の森保監督が視察に来ていたそうですね。決してあきらめない湘南の選手たちに感動したとかおっしゃっていたそうです。いやー、よくぞ目撃してくださいました!

 

 

 

| | コメント (0)